5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

適当

1 : ◆adVr9MCxTw :2008/05/08(木) 17:02:09 ID:WGJL6z0/
無責任に

2 : ◆adVr9MCxTw :2008/05/08(木) 17:04:14 ID:???
考えるか…。

3 :@株主 ☆ ◆MICHY/qrJk :2008/05/08(木) 23:53:29 ID:???
だめだが?>2

4 : ◆adVr9MCxTw :2008/05/09(金) 10:32:02 ID:???
ミッチーだ・・・
なんか凄いね

5 :おいら名無しさんヽ(´ー`)ノ:2008/05/09(金) 13:24:22 ID:???
http://jp.youtube.com/watch?v=NHQ5zWqm27A&feature=related

6 : ◆adVr9MCxTw :2008/05/09(金) 13:50:13 ID:???
何故だか分からない
ただ何となく開いたスレで、あの人達を見付けた

7 : ◆adVr9MCxTw :2008/05/09(金) 13:53:39 ID:???
荒廃した場所でそれを楽しんでいる人達
個性豊かでウィットにとんだレス
互いを認めあった素晴らしい関係

8 : ◆adVr9MCxTw :2008/05/09(金) 13:56:17 ID:???
気がつけば毎日そのスレを楽しんでる自分がいた
そして今でも忘れられない
ドキドキしながらの初めてのレス

9 : ◆adVr9MCxTw :2008/05/09(金) 14:01:29 ID:???
一日一レスが精一杯
そんな名無しだった私に、優しく力強い言葉をかけてくれた

10 : ◆adVr9MCxTw :2008/05/09(金) 14:07:45 ID:???
この文字だけの世界の
実体の見えない人達に惹かれていった

11 : ◆adVr9MCxTw :2008/05/09(金) 14:28:21 ID:???
それから暫くして、他のスレにも行くようになった
その中でチャット状態のスレを見付けた私は、思い切ってレスをした

掲示板ながらリアルタイムでの会話に
とても不思議な感覚に陥った

遠く離れた土地に住む、様々な年齢の人達

また一つお気に入りのスレが増えた

12 :おいら名無しさんヽ(´ー`)ノ:2008/05/09(金) 15:44:38 ID:???
そのスレに常駐する中
ただ一人を除いては、皆好意的にレスしてくれた

ある時、そのスレに荒らしと噂のある固定が来た
今思い出しても、何故その様なことをしたのか分からない

私はその固定にレスをした

13 : ◆adVr9MCxTw :2008/05/09(金) 15:51:32 ID:???
初めはビクビクしたが、レスを続けるうちに
その固定が何故一部の固定に嫌われてるのか分からなくなった

ぶっきらぼうだが人間味溢れるレス
チャット状態は約4時間にも及んだ

だが、その私の行いが以前から私を好ましく思っていなかった住人に火をつけた

14 : ◆adVr9MCxTw :2008/05/09(金) 16:01:11 ID:???
私への度重なる非難に、最初は謝ったり黙ったりしていたが
私の中で何かが切れ、一度反抗した

それから、私の書くスレに安置が着いてくる様になった

名無しである以上は、安置が誰かとは断定できない
確信は胸の中にしまい、誰であるかと言う予想も言わないでおこうと思った

その人を安置にしたのは私が原因なんだからと

15 : ◆adVr9MCxTw :2008/05/09(金) 16:09:16 ID:???
安置に悩まされつつも、私は彼との会話をやめなかった
やめることが出来なかった


その後、偶然が偶然を呼び
まさか掲示板で知り合った人と会うことになるなんて
その時の私は、想像さえしていなかった

16 : ◆adVr9MCxTw :2008/05/09(金) 20:53:36 ID:???
知らないことは悪いことではない
知ろうとしないことが駄目なんだ

17 : ◆adVr9MCxTw :2008/05/09(金) 21:08:40 ID:???
あの頃の私は2chについての知識は皆無に等しかった
age・sage・安価のつけ方・スレの立て方…何も

多くのことを最初に出会った人達や名無しが教えてくれた

2chの事だけじゃない
沢山の知識を与えてくれた

18 : ◆adVr9MCxTw :2008/05/09(金) 21:35:52 ID:???
その内、否定も居たが私を擁護してくれる固定や肯定してくれる名無しができた
不器用ながらも、楽しんでいる私が疎ましかったんだろうか

安置により私を隔離するスレが立てられた

19 : ◆adVr9MCxTw :2008/05/09(金) 21:44:30 ID:???
初めての自スレ

戸惑いながらも、安置の私へのレスに反論し続けた
その最中、ある固定がスレに来た

一見厳しい内容のその固定のレスに優しさが垣間見え
妙に私の心は揺さぶられた

20 : ◆adVr9MCxTw :2008/05/09(金) 21:54:08 ID:???
その固定とは、いつも互いに嫌味たっぷりのレスを交わした

だが決して嫌っていた訳じゃない
たまにしか遭遇しない
リアルタイムに絡んでも数レスだけ

それだけでも楽しくて楽しくて幸せを感じていた

21 : ◆adVr9MCxTw :2008/05/09(金) 23:13:46 ID:???
ある時、延々独り言を続けている固定を見つけた

その洗練された文章、卓越した洞察力に驚愕し
恐れ多くもレスをつけてしまった

その固定とは直接多く絡むことは、なかったが
互いのスレで相手にレスをするという、板を超えた絡みをすることがあった

22 : ◆adVr9MCxTw :2008/05/09(金) 23:26:39 ID:???
私がそういう絡み方を選択した理由は
その固定の類い稀なる文章の羅列を、自分の駄文で汚したくなかったから

ずっと私はその固定を見て、その文章に酔っていた
その固定もまた私を見ていてくれていた事を後に知り感激した

だが、その固定のスレが1000まで消費されたのを最後に
次スレを立てることなく消息を絶った

23 : ◆adVr9MCxTw :2008/05/09(金) 23:41:36 ID:???
先にあげたチャット状態になった固定とは
知り合ってから連日連夜、安置を交えて賑やかに絡んでいた

半月程過ぎた頃だろうか
その固定のスレに別板からの訪問者

後に会うことになる人
初めてオフした相手

その人との出会いが、私の全てを少しずつ変えていった

24 : ◆adVr9MCxTw :2008/05/11(日) 20:22:41 ID:???
その訪問者はチャット状態の固定を攻撃しにきた、私にとっても敵の様な存在に見えた

そこで初めて、その人の住む板に行きスレを見た
住人や名無しに対する丁寧なレスに心を動かされたが
その時の私は、その人を敵だと見做してたこともあり
何とか足元をすくう隙を探していた

だけど本当は、その人と自然に絡むきっかけを探していただけに過ぎない
本当は惹かれつつある自分の心を誰にも悟られないように

25 : ◆adVr9MCxTw :2008/05/11(日) 20:39:52 ID:???
その人のスレを見て
その人をチャット状態の固定のスレに誘導した固定を知った

その固定を初めは怪しく感じていたが、今ではその知識や人格を尊敬し
道標的な存在である

2chで、その固定のレスを発見すると
安堵し、そのレスは心に残る大切な言葉になる

26 : ◆adVr9MCxTw :2008/05/11(日) 20:58:00 ID:???
ある時、度重なる安置の攻撃に私は弱気になっていた

チャット状態の固定のスレで、安置に余裕のないレスを返す私がいた

そんな私に
本来の姿を取り戻すよう叱咤してくれた固定
援護射撃をしてくれた固定

それまで私の事など、気にも留めてないと思っていた
でも気に掛けてくれてた

感謝の気持ちでいっぱいになり胸が熱くなった
今でも忘れられない
これからも忘れる事は絶対ないだろう

27 : ◆adVr9MCxTw :2008/05/11(日) 21:08:31 ID:???
忘れられない
と言えば一番に思い出すのは、半端な私を仲間と呼んでくれた固定

その固定のスレが安置に荒らされた時
一人で安置に反論してくれた

安置による情報操作、連投など物ともせず、最後まで私を擁護してくれた

その固定には他にも沢山助けてもらい
また、楽しむ、ということの意味を教えてくれた

28 : ◆adVr9MCxTw :2008/05/11(日) 21:18:00 ID:???
その固定には多くの仲間がいた

そう、私が最初に見つけたスレの固定達
全てにおいて素晴らしかった

でも、あの頃のメンバーは殆ど何処かへ行ってしまった

29 : ◆adVr9MCxTw :2008/05/12(月) 09:50:27 ID:???
後にオフする事となる>>24の人とは
出会って暫くしてから、ある偶然が重なりメールをすることになった

誠実にみえる内容に私は、その人をもっと知りたくなった
そして、いつからか会いたいと言う願望が生まれていた

だが、その人と仲良くなるのを好ましく思わない固定がいた

30 : ◆adVr9MCxTw :2008/05/12(月) 09:52:09 ID:???
そして事件は起こった

31 : ◆adVr9MCxTw :2008/05/12(月) 10:00:08 ID:???
その事件についてはスレ上だけではなく
リアルも絡むので深くは書けない

少し触れることを許して貰えるなら
その事件が更に>>24との仲を深めたということ
それから
その事件を直ぐさま私に知らせてくれた、ある固定と名無し
この2人からのある事は私が事件から立ち直るのに大いに助けられた

32 : ◆adVr9MCxTw :2008/05/12(月) 10:13:26 ID:???
他にも面白い固定がいた

何故かいつも私の節目となる時に現れる固定
その本質を見抜いたかの様なレス、ユーモアたっぷりのレス

いつもその固定は、何かを私に悟らせるレスをしている様に感じた
その意向をくみ取れていたか否かは、今でも分からない

確かなのは、その固定にも助けられていた事

33 : ◆adVr9MCxTw :2008/05/12(月) 10:24:34 ID:???
多くの個性的な素晴らしい固定との出会い
沢山の感情の交差
特別な個性の無い私を生かしてくれた

あっという間に過ぎた約3ヵ月、私は幸せだった
だが、リアルでのある事由から固定を、名前を捨てた

34 : ◆adVr9MCxTw :2008/05/12(月) 10:28:34 ID:???
名無しになってからも私は彷徨っていた

私と特定を願う固定は少なかったが、それまでの毎日の楽しさにしがみつき
抜ける事は出来なかった

そんな時、一人の天才と出会った

35 : ◆adVr9MCxTw :2008/05/12(月) 10:39:59 ID:???
その固定の研ぎ澄まされた感性、彫刻の様な美しい文章に驚嘆した

その後その固定とは私が原因で衝突することになり
掲示板を超えた絡みを展開するに至った

そして今、その固定の真意は不明だが
それなりには、認識してくれている様に思える

36 : ◆adVr9MCxTw :2008/05/12(月) 10:49:18 ID:???
>>24の人とは
オフをして、互いの想いに偽りがないことを確認しあい、付き合うこととなった

想像以上に大人で抱擁力があり、会う度に惹かれていった
私の毎日は充実し、他に望むものはないと思っていた

だが、2chで出会った人の中で、どうしても会ってみたい固定が2人いた
その内の1人とはメル友だったが、段々疎遠になりつつあった

37 : ◆adVr9MCxTw :2008/05/12(月) 10:52:49 ID:???
他の固定とのオフに>>24の人は、初めは難色を示した
だが最終的に許してくれて、私を快く送り出してくれた

38 : ◆adVr9MCxTw :2008/05/12(月) 10:59:44 ID:???
オフの内容は書けないが
その固定に会うことで、胸の中に残っていた欠片が跡形もなく消えた感じがした

もう2度会うことはない
スレでも話すことはないだろう

遠い想い出、大切な宝物として私の中にしまっておこう

39 : ◆adVr9MCxTw :2008/05/12(月) 11:10:38 ID:???
そして、もう1人

その固定は近寄りがたく
オフなど夢のまた夢だった

時が流れ、思いもしなかった形で絡むこととなるが
全ては遅過ぎる話でしかなかった

そして更に時は流れ
ほんの少しの傷跡が残っている事実は否めないが
これで良かったと心から思う

その固定とも、2度と絡む事はないだろう
少なくとも私からは

40 : ◆adVr9MCxTw :2008/05/13(火) 10:06:48 ID:???
話は前後するが
>>24の人と会おうと決めるまでに、私は長い時間を要した

時折ニュースで流れるネット関係の事件、その人と私を取り巻く固定達の反対意見
それらは私を怖がらせるのに充分だった

だが毎日のメールや電話での相手の真摯な姿勢に、徐々に信頼感を覚えていった

それでも100%には至らない
だが会いたい

考え抜いた結果、私はその人と会うことにした

41 : ◆adVr9MCxTw :2008/05/13(火) 10:23:59 ID:???
会う日取りを決めた後も、私の中には恐れが残っていた

そこで私達とは関係がなさそうな、客観的な意見をくれる年配の固定のスレを訪れた

その固定は自分に娘がいるらしく、親の立場から沢山の意見をくれた
それは後押しするものばかりではなかったが、何故か私を強くしてくれた

この年配固定以外にも、
スレの流れを見てきたROM専だったらしき他の数名の固定も意見をくれた

あの時の感謝の気持ちは
ずっと変わらない

42 : ◆adVr9MCxTw :2008/05/13(火) 10:45:49 ID:???
そして現在
今朝、懐かしい固定のスレを見た
すると私が何故このようなスレを立てたかの理由と、奇しくも似たような状況に陥っていた

だが全てを読み終わり私なりに流れを把握すると、安堵と落胆が押し寄せてきた

いつからだろう
あの固定が横路にそれたのは
かつては穏やかで知的な固定だと思っていたが、今では見る影もない

時既に遅し
違う世界の住人になったようだ

あれがあの固定の楽しみ方なのなら、私の思いは否定に傾きつつあることは否めない
だが、それぞれ楽しみ方は違う訳で、自分が理解に窮するからと言って完全否定はできない

でも、今回のケースの悪質さは後をひくだろう

43 : ◆adVr9MCxTw :2008/05/13(火) 11:15:46 ID:???
固定を殺すにレスは不要

あの固定の場合まさに当てはまる
だが、みんな書かずにはいられなかったんだろう
余りにも悪趣味で侮辱に満ちたあの固定の振る舞いに

44 : ◆adVr9MCxTw :2008/05/14(水) 22:34:00 ID:???
あの頃、多くの助言をくれた固定

博識で面白く堂々としていた
とてもとても強くて、その固定の言葉の一つ一つが私を前向きにしてくれた

文字の羅列でしかないと思っていたこの掲示板で
初めて生を感じ、好意を抱いた

この固定との出会いが無ければ
その後の私は存在しなかっただろう

45 : ◆adVr9MCxTw :2008/05/15(木) 10:21:32 ID:???
>>44であげた固定は>>7で出会った中の一人なのだが
その固定は長い間姿を消していた

リアが忙しかったのか、2chに魅力をなくしていたのかは分からない

名無しであった私に名前をつけてくれた固定

その頃からだろうか
特定の固定達に対して認識を求めたのは

だけど今の私は…

46 : ◆adVr9MCxTw :2008/05/15(木) 10:23:50 ID:???
忘れられるのが怖かった

47 : ◆adVr9MCxTw :2008/05/15(木) 10:30:28 ID:???
だが今は違う

忘れられる私が、彼等にとって所詮その程度の存在でしかなかったんだと思う
諦めとはまた別の感情

それに、忘れて欲しくない固定達に
私は何等かの跡を残したものと自負している

それが彼等にとって取るに足りないものであろうと

48 : ◆adVr9MCxTw :2008/05/15(木) 10:35:45 ID:???
もう大丈夫

だから無理から名前を出してくれなくて良い…
自分の今、大切にすべきものを実らせて守って

お願い
私のことなんて気にしないで

49 : ◆adVr9MCxTw :2008/05/16(金) 11:00:31 ID:???
貴方は誰だったんだろう

名前を捨てた後に起こった私に関する論議
その時に懸命に擁護してくれた名無しさん

文章から
女性の匂いと
私をよく知っていたであろうある固定を彷彿した

だが、名無しである以上は特定は不可能
時折現われては援護してくれていた
あの時、何も言えなかったけれど、貴方の気持ちに感謝しています

貴方は今元気ですか?

50 : ◆adVr9MCxTw :2008/05/18(日) 19:47:58 ID:???
残された時間が分かれば良いのに

自分一人で動ける時間
思考力が平常通りの時間

知りたい
自分が自分であるうちに

51 : ◆adVr9MCxTw :2008/05/19(月) 12:29:29 ID:???
本当は分かっているのかも知れない

いつか必ず訪れる無の世界
実像ではなく虚像と化すこの存在

別離を言える関係
言っても無意味な関係

何が正しくて何が間違いなのか
あやふやな世界でできること

さようなら
この言葉の空虚さに、今は何より依存してとらわれている矛盾

時が近付きつつあること
その時から逃れられないこと

52 : ◆adVr9MCxTw :2008/05/19(月) 14:49:50 ID:???
過ぎ去った時を懐かしみ、戻りたいと願うのは未練がましいこと、なのだろうか

あの時
それぞれのベクトルが互いに向いていて
神経が研ぎ澄まされたコンディション
些細な事さえ大袈裟に拡げる手腕

皆が皆、全ての条件が揃っていた
偶然による産物

懐かしまずにはいられない
だが、過去は過去
これからを見なくては今を否定することに成りかねない

だけど
未来のない人間は一体どうすれば良いのだろう

53 : ◆adVr9MCxTw :2008/05/21(水) 14:13:09 ID:???
生きる上で必要なもの必要でないもの

それは、その時々の状況で変わるのかも知れない
捨てたものを惜しんでも、二度とは手に出来ない

だからと言って、全てを手中に収めるなんて都合良くは生きられない
いつかは過去にしなくてはいけない事がある

その訪れる選択の時
選んだ理由を後悔しないよう
決して流されないよう

自分という一個の人格をしっかり持っていたかった

54 : ◆adVr9MCxTw :2008/05/21(水) 19:43:46 ID:???
あの人は何処に消えたのだろうか

深夜、彷徨える者達が眠りにつくのを見届けることが
己の存在理由だと言った悲しい過去を持った人

僅かな夢うつつの中での出会いだけど
あの人の言葉が耳から離れない

あの人は幸せだろうか
あの人は傷つけられてないだろうか

あの人が眠りにつくまで、そばで見守ってくれる人は居るだろうか

55 : ◆adVr9MCxTw :2008/05/21(水) 19:53:06 ID:???
あの人の手から零れ落ちるもの
それは不幸だけであります様に

56 : ◆adVr9MCxTw :2008/05/24(土) 20:56:15 ID:???
>>42の瞬間、限界まで到達したかに見えた感情は
今では信じられないくらい、跡形もない

怒りを継続することより
何故怒りを誘発させる様な言動をするに陥ったかを考察する

自分に関わることだが、それはその人とは、また別の話

考えてるうち、どうでも良くなってきて
相手が戸惑うほど、何事もなかったかの様になる

この性格で何度か煮え湯を飲まされてきた
けど、それで良かったと今では思う

やはり私は、あの人と属性が同じなんだ
これだけで充分、この世界での良き思い出、冥土の土産になるではないか

57 : ◆adVr9MCxTw :2008/05/24(土) 21:14:02 ID:???
貴方が伝えたいこと

自分の時間を大切に
今、居るべき場所は此所ではない
そして…


さよなら

58 : ◆adVr9MCxTw :2008/05/24(土) 22:01:48 ID:???
ある時、男コテになってみた

気侭に独り言を書いていると
ある女固定がスレに来て話すようになった
その内また一人女固定が来るようになり
最初に来た女固定がいつからか来なくなった

スレの流れが自分の苦手な分野になったからと
最初の女固定が何処かで書いていた

私はあの時どうすれば良かったのだろうか

あの状況で私に出来たことは
再度訪れることはないと分かりつつ、彼女の話題を出し続けることだけだった

あのスレはもう無い
電波の遮断された場所にいる間に無くなってしまった

所詮、消える運命
所詮、その程度

59 : ◆adVr9MCxTw :2008/05/25(日) 18:11:14 ID:???
やはり私は間違ってなかった

あの人は素晴らしい人間だ
私の見る目に狂いがなかったことが実証されたのだ

その思い、感謝します

60 : ◆adVr9MCxTw :2008/05/25(日) 18:17:23 ID:???
賽は投げられた

61 : ◆adVr9MCxTw :2008/05/26(月) 10:57:39 ID:???
あるところに個性的な固定がいた

面白く暖かく、そのレスからは性格の良さが滲み出ていた
初め自スレから出ることを恐れていたが
常駐する固定や名無しに励まされ、色んなスレに行くようになった

そして多くの者に支持され、その固定のスレは賑わいをみせた

他スレ主に必要とされ、そこの常駐者に「来るな」と言われることもあったが
それらの安置に対し意見する固定や名無しの援護もあったからか
その固定も最初は安置に怯えていたが、いつしか本来の個性を取り戻した

どのくらい時が流れただろう
久し振りに見た、その固定は、個性が失われつつある様に感じた

62 : ◆adVr9MCxTw :2008/05/26(月) 11:19:58 ID:???
何があったのか正確な事は分からない

断片的に拾った情報からでしか判断できず、非常に勝手な意見ではあるが
その固定は他の固定達のスレの往来、メール等をするうちに
しがらみができ、他人から見た自分を気にし過ぎて
折角の個性が剥れていった様に思えた

勿論、それがその固定本来の姿であった可能性は否めないが
しがらみから産まれた足枷が、ネットという仮世界での自ら作り出したキャラになるのを邪魔したのかも知れない

そして、裏で繋がってる固定に心理操作されている可能性

この先どうしたいかは、その固定が決めること
外野はその選択を支持するか、しないだけ



あの固定は今を楽しめているのだろうか?
幻影に惑わされ、冷静に考えることが出来なくなっているのではないだろうか?

全てがもう遅いのだろうか?

63 : ◆adVr9MCxTw :2008/05/26(月) 11:49:33 ID:???
あのスレは一見壊滅したかの様に見える

名無しで援護しても、安置に自演扱いされ火に油を注ぐだけ
固定の援護もあるが、状況を読む力が無いのか
逆効果でしかない

その逆効果を狙っているなら話は別だが…


今までスレを往来していた固定達はどうしたのか?
巻き込まれるのを恐れているのか?
その固定の選択を支持できないのか?

いや、その固定が過去に魅せた暖かさを覚えている者は、沢山存在すると思う
いつか状況を打破するチャンスがくると思う

きっと
きっと復活する

64 : ◆adVr9MCxTw :2008/05/26(月) 19:11:02 ID:???
固定で擁護、名無しで攻撃ですか…

必ず反論するであろう場所にさえ降臨しないことから
今は完全に消えてると推測

そして本来の牙を出す

成り済まし、攻撃し、地に貶めるその行為

せいぜい失敗しない事を願います
例によって失敗したとしても貴方は多分こう言うでしょう

「こうでもしないと戻ってこないと思ったんだ」

65 : ◆adVr9MCxTw :2008/05/27(火) 18:56:06 ID:???
名無しと言えば

名無しである以上、何かをしても特定は出来ない

その何かを別の名無しが断定しても
その別の名無しさえ誰だか特定が出来ない場合

所詮あやふやな世界のあやふやな話

その何かが、あやふやな物であれば更にあやふや

真実を知るのは当事者、のみ

66 : ◆adVr9MCxTw :2008/05/28(水) 10:58:08 ID:???
あの人は私の元気の源

今では僅かしか会えなくなったけど、その少しの時間だけで
それまでのモヤモヤした気持ちが吹き飛び、明るくなれる

遠い遠い大切な思い出は、いつまでも
この先どんな素敵な出会いがあっても

最上のものとして
色褪せることなく私を満たしてくれるだろう

67 : ◆adVr9MCxTw :2008/05/30(金) 12:15:15 ID:???
何も分かってない
誰も分かってくれない

文字だけの世界で
正当性を追求する無意味さ
自分の思いを言語化出来ない未熟さ

行間を正確に読める人なんて少ないだろう
見当違いや相手の出方次第で進行する世界

分からないからこそ
好奇心に負け、そこから離れ難くなる

自分こそ相手の何が分かると言うのか?
依存して他人から快楽を求めてるだけのつまらない存在のくせに

68 : ◆adVr9MCxTw :2008/05/30(金) 13:54:25 ID:???
元気に飛び跳ねる私
走れない私

言いたいことを言う私
何も言えない私

深夜の遊戯をする私
消灯時間のある生活をする私

食べたいものを食べたいと言える私
食事制限のある私

馬鹿な私
品行方正な私


相反する世界との往復で辛うじて精神の均衡を保っていたんだ
でも、これからは…

69 : ◆adVr9MCxTw :2008/06/02(月) 11:33:17 ID:???
懐かしい人に何を求める?

空白の時を埋めて、また昔の様に
時間を楽しさを苦しさを共有する?

あの人が誰かに言った言葉を思い出す
「お前が他で楽しんでいる間に、俺にも同じように時間が流れていたことを忘れるな」

過去の産物は所詮想い出として胸の片隅にしまっておくものなのか?
それが美しければ美しいほど、残酷な時の流れによる感情の変貌を目の当たりにしない為にも

私にできるだろうか?
過去を過去として、今を今として受け入れることを

70 : ◆adVr9MCxTw :2008/06/02(月) 12:02:10 ID:???
>>25の固定の伏線は何なのか?

負の要素で魅きつけられた者達に終焉の時はくるのか?
何故レスの正当性をそこまで追求する?
何故一時消えた火をまたつけたのか?

隠したカードの最たる効果的な切り方を知るのは?
伏線回収の時が近付いているかに見える

私には予測不可能だが
あの固定のカードの多さに、必ず驚愕させられる時がくるだろう

遊び方は千差万別
だが代償の伴う遊びには幾重もの伏線と注意を

71 : ◆adVr9MCxTw :2008/06/02(月) 12:13:12 ID:???
「初めまして」と言った瞬間から
「さようなら」を言う日に向かって時が流れる

なんて皮肉

72 : ◆adVr9MCxTw :2008/06/05(木) 18:20:22 ID:???
発作的に消えたくなった

その時あの人を思い出した
あの人の言う言葉は、消えることによって周囲に及ぼす影響と
辛い道を選んでもいつか楽になる時がくる
ことを見通したものなのだろうか


例え今消える選択をしたとしても
時期が早まっただけだよ、ほんの少しね

73 : ◆adVr9MCxTw :2008/06/06(金) 16:32:44 ID:???
言い争いは好きじゃない

目に見えない誰とも分からない相手に
誹謗中傷するのは気分が悪くなりそうであり
私は他人を批判できる程の人間ではないから

どうせなら相手に気持ち良くなって貰いたい
嘘で媚びを売るわけじゃなく、その時感じた素直な感想

私を八方美人と言ったあの人は何を苛ついていたんだろう
もう真意を確かめることは不可能

ひとつ確実なのは、この性格は終わりまで変わらないと言うことだ

74 : ◆adVr9MCxTw :2008/06/06(金) 17:11:11 ID:???
助けて

白く無機質な画面に向かい、何度も繰り返したこの言葉
だけど思いとは裏腹なレスをしていつもの喧騒

馬鹿だ
そのまた向こうの人に伝わるはずないのに
レスに隠された思いを読んで貰いたいなんて勘違いも甚だしい

分かってた
分かってたけれど

それでもいつも叫んでた
「私を助けて」

75 : ◆adVr9MCxTw :2008/06/10(火) 14:10:13 ID:???
あのレスはあの人とは考えられない

幾らでも手段があるし、昨日の今日の話で有り得ないだろう
…となると答はひとつ

あのレスは別人のもの
その人は過去の傷を癒したいが為
消えた過去を呼び戻し、自らの意思を伝えたかったのだろう

だが遅すぎた
その意思は、この世界に訣別し元の世界に戻った人の胸には届くはずもなく
瞼に焼き付いたその行為は二度と消えることはないだろう

悲しいけど
遅過ぎたんだよ

76 : ◆adVr9MCxTw :2008/06/10(火) 14:23:16 ID:???
漆黒の海を思い、横になり目を閉じる

精神を水と交えて無を意識する
深く深く沈んでいく
永遠に

目覚めた時に考える
「もう少しだ」

77 : ◆adVr9MCxTw :2008/06/13(金) 13:24:59 ID:???
他人の状況を顧みずに
終始自分語りをする人がいる

周りに気を配ることを忘れる程
感激してるのは分かるけど
思量浅きその言葉は

ある者にとっては刃に等しきものになるんだよ

嫌われても良いって思っていたとしても
口に出す前に頭で整理してから言えば…と思う


ああいう人間には決してならない様に心掛けよう

78 : ◆adVr9MCxTw :2008/06/16(月) 11:35:45 ID:???
私程度にできることなど、たかが知れたもの

残る傷の深さに差はあるものの
きっと時間が解決してくれるだろう

私にできるのは背中を押すことだけ
再び笑顔を取り戻してくれるよう願うだけ

79 : ◆adVr9MCxTw :2008/06/16(月) 11:39:58 ID:???
きっと誰よりも
彼女を想い、見守り、心配しているあの人

その隙間を埋めるだけでなく
溢れんばかりの幸せを彼女にもたらせるよう

慎重に
でも、あの時私が言った言葉も思い出して

タイミングを間違わないで

80 : ◆adVr9MCxTw :2008/06/19(木) 14:06:21 ID:???
平行線は何処までも交わることなく
同じ方向へ進んでいても理解し合えることなく

行止りを前にした時に
露顕する思考に驚愕し悲哀に襲われるが
どうやっても平行なまま終わりを迎える

いつか交わり
ひとつになる事が出来るのだろうか

いつか…

81 : ◆adVr9MCxTw :2008/06/20(金) 18:18:39 ID:???
こうなることは分かっていた
こうなることを望んでいた

終焉の時が近付きつつある

82 : ◆adVr9MCxTw :2008/06/20(金) 18:21:41 ID:???
幻滅、破滅、惰性、脅迫、屍、無
そして…解放

83 : ◆adVr9MCxTw :2008/06/21(土) 21:48:45 ID:???
己の醜さを暴露し
今まで築き上げてきたものを壊してまで
守りたかったもの

実体の無い現実

84 : ◆adVr9MCxTw :2008/06/21(土) 22:07:28 ID:???
狂気を感じる程のその固執
何がそうさせるのか?

85 : ◆adVr9MCxTw :2008/06/21(土) 22:38:28 ID:???
先手必勝

少しずつ相手の心を溶かしていくつもりだったのか
相手は想像以上に傷は深く、近くの他人に依存を求めている

自信を持って
一歩踏み出して

大切な宝物を奪われない様に、しっかりその手を離さないで

86 :おいら名無しさんヽ(´ー`)ノ:2008/06/21(土) 22:47:37 ID:???
そろそろ常務うざい

87 : ◆adVr9MCxTw :2008/06/22(日) 21:39:44 ID:???
最後に言われたのはいつだろう

ウザイと言われなくなってから
徐々に冷めた目で見るように
なっていったのかも知れない

88 : ◆adVr9MCxTw :2008/06/22(日) 21:51:51 ID:???
馬鹿馬鹿しい
馬鹿馬鹿しい

あの時、不自然な登場であの人を非難した名無し
その後も同じ状況に陥った時、かなりの確率で出てきた

あの時、殆ど出歩かない私が珍しく訪れたスレの存在を教えた
その後、同じように非難して外に出るのを躊躇させた

何故あの時気付かったのだろう
後の祭り

馬鹿だ馬鹿だ馬鹿だ

下らない
底が見える

何も分かってなかった
馬鹿な私

89 : ◆adVr9MCxTw :2008/06/22(日) 21:54:21 ID:???
もう終わりだ

90 : ◆adVr9MCxTw :2008/07/04(金) 20:08:25 ID:???
何故
その場ではスルーしたのに、何時間も経った後
盛り上がってる状況で不自然にレスを返してきたんだろう・・・

その優しさが命取りなんだよ?
しかし、2こ目は私じゃないんだけどね

91 : ◆adVr9MCxTw :2008/07/08(火) 18:21:03 ID:???
何を投下しようとしているのか?

他人を躍らせ自分は蚊帳の外から小馬鹿にする卑怯極まりない姿
いつから提供する方からされる方に変わったのだろう

もうあの頃の人とは違う
過去の栄光の産物を削りながら惰性でのみ己の存在を維持する
愚かさ
みっともなさ

またひとつお気に入りのスレが消えた

92 : ◆adVr9MCxTw :2008/07/09(水) 17:27:40 ID:???
馬鹿馬鹿しい
馬鹿馬鹿しい

悲しくなる程くだらない世界

93 : ◆adVr9MCxTw :2008/07/09(水) 17:30:07 ID:???
やっと抜けられそうだ
最も馬鹿馬鹿しい無意味な存在でしかない私

94 :おいら名無しさんヽ(´ー`)ノ:2008/07/09(水) 17:33:05 ID:???
あの日からもうすぐ一年を迎えようとしている
あの時交わした約束を私は果たせなくなりそうだ

ごめんね

95 : ◆adVr9MCxTw :2008/07/09(水) 17:35:29 ID:???
残された時間の配分を考えるべき時が来ているのかも知れない

96 : ◆adVr9MCxTw :2008/07/11(金) 20:25:32 ID:???
痛い
頭が痛い

97 : ◆adVr9MCxTw :2008/07/14(月) 14:54:38 ID:???
まだ
もう少し

98 :おいら名無しさんヽ(´ー`)ノ:2008/08/06(水) 10:01:08 ID:???
しかし今更ながら酷い文>>1->>97

99 :おいら名無しさんヽ(´ー`)ノ:2008/08/06(水) 10:02:43 ID:???
機種変すっと調子掴めねぇ>>1>>98

100 :おいら名無しさんヽ(´ー`)ノ:2008/08/06(水) 10:04:34 ID:???
やってらんねぇな>>1>>98

101 :おいら名無しさんヽ(´ー`)ノ:2008/08/06(水) 10:06:49 ID:???
ま、いっか
必要ねぇだろーしな

102 :おいら名無しさんヽ(´ー`)ノ:2008/08/06(水) 10:18:34 ID:???
あの流れうさん臭ぇ

スレ上では追いかけ交わす関係と見たね
何故か?
やっと軌道に乗り住人が増え、周囲の認知を得られた奴は
その楽しさから抜け出せねぇ
また過去の経験から、一度甘美を体験した奴へ過度な束縛は誤法度とする奴

全てが見え透いたくだらねえ芝居に見えっぜ?

なんてな
そうであって欲しいっつー勝手な願望でしかねぇな

くだらねえぜ、まったくよ

103 :おいら名無しさんヽ(´ー`)ノ:2008/08/06(水) 10:28:36 ID:???
>>1-100 >>1-100

104 :おいら名無しさんヽ(´ー`)ノ:2008/08/06(水) 10:30:30 ID:???
恥ぃな、オイ>>103
やっぱ潮時かも信ねぇな

105 :おいら名無しさんヽ(´ー`)ノ:2008/08/06(水) 10:31:36 ID:???
やべぇ>>104

106 :おいら名無しさんヽ(´ー`)ノ:2008/08/06(水) 15:57:51 ID:???
おいおい勘弁してくれ

お前の目にはそう見えていたのか
確かに馴れ合いを嫌っていた俺が、魅力ある奴等から離れられず
虚の世界で生きてたのは認める

そんな俺に気付いてくれたのはお前
後にも先にもお前ただ一人

だがよ、所詮一人じゃねぇの?
常に孤独と共に生きるもんじゃねぇの?
無理に忘れようとする必要なんてねぇ
上手く付き合う必要もねぇ
孤独こそ本来あるべき姿なんだからよ

は…やってらんねぇ
そこまで弱くねぇっつーの俺は

107 :おいら名無しさんヽ(´ー`)ノ:2008/08/06(水) 16:12:58 ID:???
しかし頭痛ぇな

108 :おいら名無しさんヽ(´ー`)ノ:2008/08/06(水) 16:24:41 ID:???
今の状況
この茨に囲まれた場所から抜け出さないといけねぇ

策はあるのだろうか

109 :おいら名無しさんヽ(´ー`)ノ:2008/08/07(木) 10:21:00 ID:???
つまんねえものは、何処までイッても
つまんねえんだよ

つまんねえ中から、何かを見つけても
話を広げただけであって
つまんねえもんは、つまんねえよ

興味のある奴は乗るだろーが
それはごく一部の話
大概は無関心

だがそれで成立つ世界
無から何かを作りだし自分の思う形に仕上げていけば良い

だがやはり、つまんねえもんは、つまんねえんだよ

110 :おいら名無しさんヽ(´ー`)ノ:2008/08/07(木) 10:27:11 ID:???
だから、つまんねえもんは
即、切り捨ててテメェの楽しみを見つけりゃ良い

だが、つまんねえもんにしがみつき
抜けられねぇのも、また一興

何かをしようと試みるっつー同じ事の繰り返し
堂々巡りも悪かねぇかもな

俺は真っ平だけどよ

111 :おいら名無しさんヽ(´ー`)ノ:2008/08/08(金) 10:09:21 ID:???
上手くいったのか
元から上手くいっていて、ここらが潮時だと思ったのか

真相を語る日はくるのか
真実か偽りか根拠ねぇ真相を

奴等の遊戯は限りなく無に等しい
少し引っ張り過ぎじゃねぇの?

112 :おいら名無しさんヽ(´ー`)ノ:2008/08/08(金) 10:26:59 ID:???
今の俺に愛は必要ねぇ

113 :おいら名無しさんヽ(´ー`)ノ:2008/08/08(金) 10:42:28 ID:???
頭痛ぇなオイ

114 :おいら名無しさんヽ(´ー`)ノ:2008/08/08(金) 16:04:35 ID:???
つか、あの程度でやり過ぎはねぇだろ
何年やってんだっつー話だぜ

一度深く決め込んだ印象を変えるのは困難
だがマジなら時間を掛けてとことんやれば良い

過去の行為は変えられねぇ
これからを見て貰えるように頑張んな

お前の過去なんて、ぶち壊しちまえ

115 :おいら名無しさんヽ(´ー`)ノ:2008/08/08(金) 16:08:12 ID:???
お前ならできるだろ
過去を未来へ続く仲にすることを

諦めたら、そこまで

116 :おいら名無しさんヽ(´ー`)ノ:2008/08/08(金) 16:15:58 ID:???
俺はもうお前らを見ねぇ
次の場所が賑やかになってきたからな

117 :おいら名無しさんヽ(´ー`)ノ:2008/08/08(金) 20:52:34 ID:???
急速に生まれた釣り橋効果を伴った関係

流れが穏やかになった時
周りが止まって見えた時

その時何を思い何をしたいと思うんだ?

118 :おいら名無しさんヽ(´ー`)ノ:2008/08/08(金) 20:57:25 ID:???
錯覚
惰性

そして
精神の破滅

119 :おいら名無しさんヽ(´ー`)ノ:2008/08/08(金) 21:09:01 ID:???
自分を守る為ならどんな卑怯なことも躊躇なく
都合悪いことには目を伏せ有耶無耶に
結果、堂々巡り

早く間違いに気付けよ
お前は人生を無駄にしてんだぜ?

120 :おいら名無しさんヽ(´ー`)ノ:2008/08/09(土) 22:43:23 ID:???
息苦しいぜ
喉やべぇ

121 :おいら名無しさんヽ(´ー`)ノ:2008/08/09(土) 22:44:32 ID:???
また呼吸困難とか勘弁だぜ

122 :おいら名無しさんヽ(´ー`)ノ:2008/08/10(日) 20:46:27 ID:???
悲しい奴
そこまでして自分に目を向けて欲しいのか?

無視を決め込まれんのに弱ぇのな

お前は攻撃することでしか
自滅の道を選ぶことでしか

謝罪への方向に持っていけないのか?

それだけお前にとってあいつが大きな存在なのは分かるけどよ
あぁ…お前らに共通してること

短気過ぎんだよ

123 :おいら名無しさんヽ(´ー`)ノ:2008/08/11(月) 06:49:00 ID:???
なるほど

無言の重圧できましたか、と

124 :おいら名無しさんヽ(´ー`)ノ:2008/08/11(月) 09:13:10 ID:???
頭痛ぇ

125 :おいら名無しさんヽ(´ー`)ノ:2008/08/11(月) 16:38:57 ID:???
どうしょうもないな、オイ

現状を打破した先に何が手に入ると言うんだ?
今は氷解の時だぜ

見てろ
あいつの方はいずれ終わる

その時にお前があいつにとって、どんな存在か
が、勝敗を決めんじゃねぇの?

すぐに結果を得ようとすんなって

126 :おいら名無しさんヽ(´ー`)ノ:2008/08/11(月) 18:51:06 ID:???
自分は自分
それ以上でもそれ以下でもねぇ

こんな簡単なことが出来ない輩だらけ

もがき苦しむ自分の行動の結果
リセットしたくとも同じことの繰り返し

いつになれば上手く立ち回れるのだろう
いつになれば打算的になれるのだろう

冷静が必ずしも最良とは思わねぇが

127 :おいら名無しさんヽ(´ー`)ノ:2008/08/11(月) 18:52:28 ID:???
打算は未来の自分を守る保険かも知れねぇ

128 :おいら名無しさんヽ(´ー`)ノ:2008/08/11(月) 19:33:32 ID:???
また熱だ
体が熱い時のが多いな
このまま体だけじゃなく
頭も怠くなるんだろーな

129 :おいら名無しさんヽ(´ー`)ノ:2008/08/11(月) 19:35:14 ID:???
文章に現れてんな
やべぇ

やべぇけど、こればっかりは成す術がねぇ

130 :おいら名無しさんヽ(´ー`)ノ:2008/08/12(火) 10:29:21 ID:???
とりあえずボビーでのできごとなのか
それ以外なのかどっちなんだ?

131 :おいら名無しさんヽ(´ー`)ノ:2008/08/13(水) 10:53:42 ID:???
ここの住人の話もあるが主に別板の話だ

本来ならそっちに立てるべきなんだが
規制だか何だか知らねぇが立てられなくてな

取るに足りねぇ俺の思考だが
今の内に残しておきたかっただけだ

すまねぇな
今はこれだけしか言えねぇ

132 :おいら名無しさんヽ(´ー`)ノ:2008/08/13(水) 11:04:32 ID:???
煽られて泣いてる奴がいた
叩かれて引退した奴がいた
振られて基地った奴がいた
裏切られて心底悲しんだ奴がいた

馬鹿だな
ここはネットだぜ?
リアに支障をきたすようならやめちまえ
お前には向いてねぇんだよ

分かっちゃいるけど
分かっちゃいるけど
ここでしか自分の存在意義を見出だせない奴もいる

俺はそんな奴等に何もできねぇ
ただ無責任に祈るだけしか

だが、これも無意味かも知れねぇ
相手に届かねぇんならな

馬鹿馬鹿しいぜ、まったくよ

133 :おいら名無しさんヽ(´ー`)ノ:2008/08/13(水) 11:12:27 ID:???
奴等は画面を通して何を思うのだろうか?
無機質であり
時には心に響く、と感じる文字の羅列に

こんなことを考える俺も
まだ完全には抜け出せてねぇのかもな

だがその時は必ず訪れる
それが俺の意志に反するものでも

134 :おいら名無しさんヽ(´ー`)ノ:2008/08/13(水) 11:18:41 ID:???
俺って矛盾だらけだな

これが焼きが回ったってやつか

135 :おいら名無しさんヽ(´ー`)ノ:2008/08/13(水) 11:23:13 ID:???
あんたサキチとか常務とか名乗ってた固定なのか?

136 :おいら名無しさんヽ(´ー`)ノ:2008/08/13(水) 11:34:04 ID:???
それで>>86か…

お目当ての固定じゃなくて悪ぃが人違いだ
探してるのなら見つかると良いな

137 :おいら名無しさんヽ(´ー`)ノ:2008/08/15(金) 20:49:14 ID:???
あぁ、終わったな

薄々感じてはいたけど一連の絡みは我が目を疑ったぜ
朽ち果て無様なその姿を晒すことを避ける術だけは身に着けたようだな

ゲームオーバー
俺はお前と離れて他の楽しみを見付ける
達者でな

138 :おいら名無しさんヽ(´ー`)ノ:2008/08/15(金) 20:54:47 ID:???
叩き
粘着
口説き
脅迫
騙り

裏切り

139 :おいら名無しさんヽ(´ー`)ノ:2008/08/16(土) 08:43:08 ID:???
今日はマシだな
胸は苦しくねぇ

140 :おいら名無しさんヽ(´ー`)ノ:2008/08/16(土) 08:44:20 ID:???
威風堂堂

奴こそ、この言葉に当てはまるな
痺れたわ

40 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)