5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

MADARA

1 :伏姫麒麟:2008/01/04(金) 13:06:30
MADARA総合スレよ。
MADARAシリーズならどの作品からでも参加してね。
ただし多重人格探偵サイコは別作品なので、
サイコの話題は程々に。

2 :以上、自作自演でした。:2008/01/04(金) 13:20:14
にやにや

3 :以上、自作自演でした。:2008/01/04(金) 14:21:03
にぱー☆

4 :伏姫麒麟:2008/01/05(土) 09:47:57
>2
新年早々楽しそうね。
よければ何があったのか教えてくれる?
楽しいことはみんなで分け合った方がいいでしょ。

>3
あら、あなたも楽しそう。
やっぱり新年は心が晴れやかになるのね。

5 :以上、自作自演でした。:2008/01/05(土) 11:56:43
何?このスレ?総合スレあるじゃんw
ちゃんと検索してから立てろよw
と、言う事でsage

6 :伏姫麒麟:2008/01/06(日) 16:09:10
>5
そうなの?
少なくともこの板には無いみたいだけど…

7 ::2008/01/07(月) 11:57:47
http://anime3.2ch.net/test/read.cgi/rcomic/1182471441/401-500
これそうだよ!んでこのスレ生かすの?
俺はいいぜ!

8 :犬彦:2008/01/12(土) 11:11:32
麒麟どこ行った?

9 :以上、自作自演でした。:2008/01/12(土) 21:43:44
動物園で見た

10 :犬彦:2008/01/13(日) 09:48:28
動物園かサンキュー!って
動物のキリンじゃねぇーかぁぁっ!!
伏姫麒麟どこ行った!

11 :伏姫麒麟:2008/01/13(日) 18:04:54
>7
そこは作品について語るスレで、
このスレは私たち転生戦士たちが質問や雑談に答えるスレだから、
趣旨が違う訳だし重複にはならないわ。
大丈夫よ。

>8
ここに居るわよ。
よく来たわね。

>9-10
こらこら。
年明け早々ベタな漫才なんてして。

12 :犬彦:2008/01/13(日) 18:42:43
お、居たな。
相変わらず気まぐれな性格だが、ようやく見つけたぜ!
さて、他の奴はいないのか・・?

13 :伏姫麒麟:2008/01/20(日) 07:46:14
>12
どうなのかしらね。
今のところ来たのは私と犬彦と名無しだけみたいだけど。

でもその内誰か来そうな気がするわ。
それまで適当に進めていきましょう。

14 :犬彦:2008/01/27(日) 11:08:45
俺は今中国にいる・・・
まぁ、仕事でなんだけど。
一昨日の晩から雪が降ってとても冷える。
つーか、雪が降るとタクシーが値上がりするんだが、なぜだ?

15 :以上、自作自演でした。:2008/02/10(日) 05:08:44
こんなスレあったのか

16 :以上、自作自演でした。:2008/02/10(日) 09:10:43
MANKO

17 :以上、自作自演でした。:2008/02/10(日) 19:20:21
ロキ「ボクがよわいので ごめいわくをかけます
   みなさん がんばってください...」

18 :ヒミカ:2008/02/11(月) 02:05:54
>>17
だよねー☆

19 :以上、自作自演でした。:2008/02/11(月) 03:28:59
ヒミカひでぇw

20 :以上、自作自演でした。:2008/02/12(火) 04:44:12
4時44分
まさにカオス

21 :以上、自作自演でした。:2008/02/12(火) 12:46:12
テクニック☆

22 :マダラ:2008/02/12(火) 15:14:09
あーシャモンのケツん中で小便してえ
あの親父アナルガバガバなんだよな

23 :犬彦:2008/02/12(火) 17:52:01
>>20 次は秒数も狙ってくれ。
そしたらお前は複雑系!

24 :マダラ:2008/02/12(火) 18:19:03
なんでユダヤンはキリンと性交してしまうん?
悔しいからヒミカ犯してきた

25 :以上、自作自演でした。:2008/02/13(水) 00:26:53
セイシンジャを辞めた時からお前は嫌なやつになったよユダヤ

26 :以上、自作自演でした。:2008/02/13(水) 04:44:45
カオス!カオス!カオス!

27 :以上、自作自演でした。:2008/02/13(水) 04:45:32
失敗したからジャミラ犯してきた

28 :犬彦:2008/02/13(水) 17:42:42
ぶwほしい!あと一秒!
もう一回挑戦!

そんでスレ主の麒麟はいなくなったなぁ〜・・・。

29 :以上、自作自演でした。:2008/02/13(水) 17:50:38
いぬぴこさんはセイシンジャ?

30 :以上、自作自演でした。:2008/02/13(水) 20:33:03
ジャミラのまんこ

31 :以上、自作自演でした。:2008/02/13(水) 22:11:04
>>28
168センチ

おちびさん

32 :以上、自作自演でした。:2008/02/13(水) 22:28:18
ゲームの方が好きでした。

33 :ヒミカ:2008/02/14(木) 00:00:03
お兄ちゃんにチョコレート
はいっ☆

34 :以上、自作自演でした。:2008/02/14(木) 04:44:47
六尺褌カオッスオッス
今日リベンジ成功したら俺が真王

35 :以上、自作自演でした。:2008/02/14(木) 04:45:39
失敗したからファミコン版にしかでてこない女犯してきた

36 :以上、自作自演でした。:2008/02/14(木) 04:52:26
ナユタ

37 :犬彦:2008/02/14(木) 11:15:00
>>34リベンジ乙!
お前のチャレンジ精神は見習いたい!
>>33ヒミカ 久しぶりだなぁ〜
ロキにはあげないの?

38 :以上、自作自演でした。:2008/02/14(木) 15:47:40
どういうスレ?

39 :以上、自作自演でした。:2008/02/14(木) 19:19:28
ロキレイプ

40 :以上、自作自演でした。:2008/02/14(木) 19:56:27
ヒミカ100g100ゼニーじゃないもん!

41 :ヒミカ:2008/02/14(木) 19:57:40
ヒミカ100g100ゼニーじゃないもん!
名前書き忘れちゃった

42 :以上、自作自演でした。:2008/02/15(金) 04:44:44
108回転生したからリベンジ
今日がダメならカオスが女全員抱えて爆死

43 :以上、自作自演でした。:2008/02/15(金) 04:46:45
やったーーーありがとう犬彦
リベンジ達成だよ
キリンとヒミカとジャミラとナユタとサクヤと久遠とすばると芙蓉とレラとプレシャと他もろもろは俺の愛人

44 :以上、自作自演でした。:2008/02/15(金) 04:47:17
ついでに44を踏ませてくれ

45 :犬彦:2008/02/15(金) 11:19:03
すっ!すごすぎる!!
よくやった>>42!!
俺も見届けたかいがあったぜ!

46 :以上、自作自演でした。:2008/02/15(金) 21:27:27
自演?

47 :以上、自作自演でした。:2008/02/16(土) 08:00:24
はい

48 :犬彦:2008/02/17(日) 21:24:55
いいえ

49 :以上、自作自演でした。:2008/02/18(月) 06:34:27
ウェッハハハハハハハ

50 :犬彦:2008/02/18(月) 10:51:37
ぶw>>48偽者登場してるし。
俺のスペアか?

51 :以上、自作自演でした。:2008/02/18(月) 16:31:20
このスレって機能してるの?

52 :犬彦:2008/02/18(月) 17:59:50
う; 少し脱線してるよな〜
スレ主の伏姫麒麟がいないようだし・・・

53 :以上、自作自演でした。:2008/02/18(月) 18:06:38
ちゃんとした質問にも答えてやれよw

54 :ヒミカ:2008/02/18(月) 22:22:22
お兄ちゃんがんばれ〜負けちゃダメよ

55 :犬彦:2008/02/19(火) 09:38:24
おいwヒミカ、ちょw時間見て!
22:22:22になってるぞw
と、また脱線してしまったが・・・

スレ主の伏姫麒麟が復活するまで
>>53の言うとおりしばらくここは
「スレ主の伏姫麒麟が復活するまで犬彦が何でもお答えしちゃうスレ+雑談」
でw

56 :以上、自作自演でした。:2008/02/19(火) 21:39:46
ロキみたいな青二才にヒミカちゃん取られてくやしいのうwwwwwくやしいのうwwwwwwww

57 :以上、自作自演でした。:2008/02/19(火) 22:17:09
マダラ実はゲームしかやったことないんだけど犬彦=セイシンジャの生まれ変わりでいいんだよね
犬彦氏はゲームの記憶ある?
ぶっちゃけゲームのマダラやったことある?

58 :以上、自作自演でした。:2008/02/19(火) 22:20:30
あともしゲームの記憶あったら次の女キャラの印象を埋めてみてください

1
キリン:
ジャミラ:
ヒミカ:
ナユタ:

2
すばる:
フヨウ:

2は1のかわいらしい女キャラの絵じゃないけどやられ声とすばるのパンチラでなんとでもなる

59 :以上、自作自演でした。:2008/02/20(水) 01:19:14
なぜ大塚はあなたとキリンをくっつけたんだか

60 :犬彦:2008/02/20(水) 09:51:17
>>57 「聖神邪」→「ゲド・ユダヤ」→「犬彦綬陀矢」になる。
その間にも「犬養犬彦」になったりいろいろ変わってる。
ゲームはFCマダラもSFCマダラ2もやった事あるぜ!
当時はFC版のボスの登場シーンがきれいなグラフィクですごかった。
でもセーブデータが飛んで断念した・・・。
なので>>58の記憶はあまりないけど髪の色が変だったのは覚えてる。
SFC版は最後までやったけどな!戦闘が楽でよかったw
>>59天使篇の話だよな!僕天でもそうか、
ん、何でだろう。マダラ誕生の布石の為か?
以前海賊本Aだかで転生編キャラ(2頭身)の紹介ページあったが
あれに赤ちゃん載ってるんだよね。
裏面には以後登場しないだろうなんて書いてあったけど
実はあれがマダラだったのか?ってふと今書いてて思った。



61 :以上、自作自演でした。:2008/02/20(水) 10:01:38
ロキの件はスルーか
さびしいのうwwwwwさびしいのうwwwwwww

62 :犬彦:2008/02/20(水) 10:51:34
おwごめw>>61
ま、壱では物語上くっついたけど
転生編ではわからんし。
でもロキはサッカー部らしい?のでヒミカはマネージャーか?
僕天では出番ないし、天使篇ではロキは犯罪者扱いw
赤のラストシーンからは想像出来ないほど天使篇ではイカレちゃったから
その辺はイーブンという事でw
もし天使篇の続編が出てもくっつく事はないだろうな。

最初の雑誌連載時「アドベンチャーズ」だっけか?ヒミカはギーと
一緒に登場していて田島の絵もヒミカの顔になってたんだけど
文庫本ではヒミカ→レラに確か名前が差し替えられてたんだよな〜。

63 :以上、自作自演でした。:2008/02/20(水) 11:11:28
転生後はあなた以外男はキチに女はビッチか鬼になってますよね
悲しい

64 :以上、自作自演でした。:2008/02/21(木) 02:00:20
カオスキモス

65 :ヒミカ:2008/02/22(金) 02:22:20
お兄ちゃーん!
ハイパーヒミカタイムに突入だよー(´∀`)

66 :犬彦:2008/02/22(金) 09:06:35
>>63 そうだな・・・。なぜかみんな悲惨な運命をたどるよな。
>>64 カオスも壱はまともで青(ギルガメ)からは悲惨・・・
ファンが少ないのか?
>>65おおwあと2秒かぁ!くぅぅ!ほしい!

67 :以上、自作自演でした。:2008/02/23(土) 08:00:18
一番悲惨なのはマダラ本人
主役降板の上にラストにあんなキャラになって

68 :犬彦:2008/02/23(土) 15:22:23
もう壱のマダラには会えないのか・・・。
田島版「転生編」の2話がそのまま続いていたら会えたかもしれないのにな。

去年「天使篇」が再開の噂が流れたまま終わってしまったけど
今年は何か動きがあるか?

69 :マダラ:2008/02/24(日) 01:11:14
ここにいるぜぇ!

70 :以上、自作自演でした。:2008/02/24(日) 03:27:10
んなっ!ななな何をするぅーー!?ブンカン!!

71 :以上、自作自演でした。:2008/02/24(日) 06:00:38
マダラキャラでバトル・ロワイアルやったら誰が優勝?

72 :犬彦:2008/02/24(日) 09:04:07
>>69その元気のよさは壱のマダラだな!
>>70ブンカンに何された?
>>71やっぱり覚醒してるマダラか?影王+ミロクも倒しちゃってるし。
壱のラストのマダラだな〜。最強はw本家主人公だしw

73 :以上、自作自演でした。:2008/02/24(日) 18:15:10
MANKO

74 :ヒミカ:2008/02/25(月) 03:33:37
お兄ちゃんにまゆ毛書いてあげる(´∀`)

はいっ

75 :犬彦:2008/02/25(月) 09:50:03
どわぁ!眉毛ないのがチャームポイントなんだからw
書かんでいい!wサイコの犬彦みたいになっちゃうぞ!
ハイパーヒミカタイムは不発だったか・・・

76 :ジャミラ(ゼノビア兼大徳寺キサラ):2008/02/26(火) 08:13:18
てめー人の男とりやがって
このホモめ!
死ろす!

77 :ジャミラ(ゼノビア兼大徳寺キサラ):2008/02/26(火) 08:16:42
ちなみに死ろすと書いてころすと読む!
補足だ、このっブタ野郎っ!
アーッ

78 :犬彦:2008/02/26(火) 11:08:04
ジャミラ、あ、あれだあれは同人が悪いんだろ?
「青」の作画の人も同人で書いてるし。
俺も7回殺さなきゃならないし・・・
すべてはカオスの基地外が悪い!
でもジャミラ、天使篇で過去(転生編あたり?)が描かれていた時は
キサラは俺に惚れている感じだったぞ!

79 :以上、自作自演でした。:2008/02/26(火) 12:00:06
ツンデレジャミラっち

80 :ヒミカ:2008/02/27(水) 03:33:33
今日もハイパーヒミカタイム目指して遊びにきたよー(´∀`)
お兄ちゃんはロキが義理の弟になったら悲しい?嬉しい?

81 :ヒミカ:2008/02/27(水) 03:34:54
(゚∀゚)!!

ハイパーヒミカターイム突入ー♪
ハイパーヒミカタイムの効用は…ヒミツ

82 :犬彦:2008/02/27(水) 11:27:33
ついにきたな!!ヒミカタイム!
ロキが弟か・・・。
実際は複雑な所もあるだろうけど、しかし!
何も言わずヒミカが幸せならそれでいいと思うのが俺!
だが、天使篇のロキだったらお兄ちゃんは絶対ゆるさん!!

83 :ロキ:2008/02/27(水) 19:58:42
僕ロキですが自分でも某十頭刑事は認めたくないです。
僕は若くて健気な男の子ってのがウリなはずなのにあれじゃあどうしようもない木偶の坊じゃないですか。
お義兄様もそう思いませんか?

84 :犬彦:2008/02/27(水) 23:28:44
よく来たなロキ!
確かに「天使篇」の十頭はひどいよな。
シャモンも急にあんな基地外になっちまって。
「壱」と「赤」のロキは今で言うと医龍の小池徹平(他の人、イメージちがうかも)
みたいな感じだけど、「天使篇」じゃ黒髪の坊主頭だしなw
もし田島版「転生編」が続いていたら3話はロキかジャミラが登場してたかもな。
あっ、でも2話の最後でカオス出てたから「青のカオス」かも?

てか、お義兄様はまだ早いぞ!

85 :カオス:2008/02/28(木) 02:37:42
ロキをぶん殴って「餓鬼のくせに結婚だと!?一万年早い」と言ってやるのが兄のつとめだ

86 :ロキ:2008/02/28(木) 03:33:36
ロキです><
ヒミカちゃんから、ハイパーロキタイムを発動させたらヒミカちゃんと結婚していいときいてやってきました
83のぼくとは違いますけど殴らずにぼくにヒミカちゃんをください><

87 :ロキ:2008/02/28(木) 03:36:02
#><
頑張ってまた一時間後きます><

88 :ロキ:2008/02/28(木) 04:44:43
「ロキ起きて起きて(´∀`)」

ヒミカちゃんに起こしてもらったので頑張ります><
いけー!ハイパーロキタイムー><

89 :ロキ:2008/02/28(木) 04:46:21
「ロキはダメなんだから┐(´∀`)┌」

うわーんヒミカちゃんにふられました#><

慰めてください><

90 :犬彦:2008/02/28(木) 11:52:18
お!>>85カオス!以外にも初登場だなw
まぁ「赤」でのラスト二人は幸せそうだし、
不幸でなければ何も言わない、本当に必要な時だけ助ける!
ロキ・・・頑張ったなw
振られたのか?大丈夫!次があるさ!って、キリ番の事ね。

91 :以上、自作自演でした。:2008/02/28(木) 13:08:56
赤のユダヤんはセクシー

92 :ヒミカ:2008/02/29(金) 02:29:29
お兄ちゃーん、2月29日の2時29分にレスすると願いが叶うらしいよ(´∀`)
ヒミカが考えたおっまじないー(´∀`)
ちなみにロキは一人で傷心旅行に出かけたのでお休み(´∀`)

93 :以上、自作自演でした。:2008/02/29(金) 09:47:31
実はロキはもう死んでます…哀れ

94 :以上、自作自演でした。:2008/02/29(金) 12:06:03
ジャミラにレイーポされたのか

95 :犬彦:2008/02/29(金) 14:14:56
>>91サンキュー!
>>92ヒミカすごいなぁ〜。いや、マジですごい!
何の願いをしたんだ?
>>93いや、まだあいつはどこかで・・・
>>94ジャミラはロキの事タイプじゃないだろw

96 :以上、自作自演でした。:2008/02/29(金) 16:05:41
ロキなら南の島でモアイと戯れてたよ
セイシンジャさんも一緒にどうです?

97 :ロキ:2008/03/01(土) 01:11:11
まだ死んでません><
勝手にぼくを殺さないで下さい#><
時速4ロキならぬ時速4キロの旅に出てました
それよりみなさんお土産をどうぞ

そしてハイパーロキタイムです><

98 :バカップル:2008/03/01(土) 01:16:34
「わーん、また失敗だ><」
「何言ってるのロキ成功してるよ(´∀`)
 時速4キロの旅したり、ヒミカが願い事した甲斐があったね(´∀`)」
「あ、本当だ嬉しいです><」
「これで結婚できるね(´∀`)」
「うん!というわけでお兄さん、ヒミカちゃんと結婚させてください><」
「えへ(´∀`)」
「大切にします><」

99 :犬彦:2008/03/01(土) 09:09:11
>>96モアイか?ちょっと興味がw
>>97よくやったな`!いやロキ!
ヒミカのその笑顔をみたらダメなんて言えないだろう・・・
よし、祝福してやるぜ!こっちきなロキ!
少龍をおみまいしてやるぜ!!!
って冗談w
今の時代を幸せに過ごすんだな!
話変わるけど壱のロキって最後はカオスの息子に殺されるんだっけ?

100 :以上、自作自演でした。:2008/03/01(土) 09:20:55
聖神邪は?

101 :以上、自作自演でした。:2008/03/01(土) 21:32:11
ロキはじじいになってさあ臨終だって時に、カオスの息子がやってきて
「死んだ父が、天国にきたらマダラや俺たちとまたみんなで過ごそうなって言ってた」
ってカオスの遺言をロキに話しただけのはず
で、それを聞いたじじいロキが子どもの頃の魂に戻ってマダラたちと再会してぽっくりんこ

殺してはなかった…はず

102 :カオス:2008/03/01(土) 22:22:23
ハイパーカオスタイムだ
特に理由はない


103 :カオス:2008/03/01(土) 22:24:18
…チッ…
まあいい
ハイパーカオスタイムだろうとそうじゃなかろうとジャミラは俺の嫁

そうだ、ハイパーカオスタイムを発動させたら、転生後のガイキチ設定を全部抹消させよう
そうだ、それがいい

104 :カオス+ナユタ:2008/03/02(日) 02:22:22
カオス「ハイパーカオスタイ…」
ナユタ「ハイパーナユタタイムです(´ー`)」
カオス「な、なんだ貴様は」
ナユタ「私がハイパーナユタタイムを発動させたらファミコン版マダラがリメイクされます(´ー`)」
カオス「ファミコン版は俺の扱いがクソだから勘弁」

105 :カオス+ナユタ:2008/03/02(日) 02:28:52
ナユタ「やりました!ハイパーナユタタイム発動です(´ー`)」
カオス「…(゚Д゚)」
ナユタ「これでファミコン版リメイクの実現に大きく近づきました(´ー`)」
カオス「……(゚Д゚)」
ナユタ「ちなみに私はゲームにしか出てこないので、みなさん私を知らなかったらごめんなさい(´ー`)」
カオス「あやまれ!おれのハイパーカオスタイムをパクったことにもあやまれ!」
ナユタ「それではまたゲームでお会いしましょう。お休みなさい(´ー`)」

カオス「今の子どもと俺の苦労は一体なんだったんだ…orz」

106 :カオス:2008/03/02(日) 03:33:34
よし!今度こそハイパーカオスタイムだ

107 :カオス:2008/03/02(日) 03:35:12
さっきのガキが…さっきのガキが邪魔さえしなければ…orz

「…(´ー`)」

こ、こら貴様笑うな!

108 :以上、自作自演でした。:2008/03/02(日) 09:16:13
幼女に負けるカオス。犬彦はこんなのといとこであり親友でありライバルでありホモだちだったんだ・・・・。

109 :犬彦:2008/03/02(日) 09:36:26
オィ〜スッ!
今日はみんな出かけてるみたいだなw
スレ主の麒麟は相変わらず行方不明だし・・・
では次の質問!
>>100聖神邪は殺されるのか?って質問な。
今の所発表されてる話じゃ殺される事はないかな?
唯一殺される訳ではないが小説版「死海の〜」では
カオスと共倒れ(心中)するんだよな?確か。

110 :犬彦:2008/03/02(日) 09:39:48
カオスとナユタ!なかなかいいコンビじゃないかw
ファミコンのリメイク版やりたい!
頑張れナユタ!

111 :111げったー:2008/03/02(日) 09:41:46
111

112 :犬彦:2008/03/02(日) 09:52:53
>>108ホモだちは勘弁してくれw

113 :以上、自作自演でした。:2008/03/02(日) 12:00:23
お昼だね
何食べる?

114 :カオス:2008/03/03(月) 01:11:18
ハイパーカオスタイム突入だ
俺の底力を見るがいい

「(´ー`)」

↑貴様は見るな

115 :カオス:2008/03/03(月) 01:13:21
「外しすぎですよ(´ー`)」

だああああ帰れ!↑は帰れ!カプセルに戻れ!

なあセイシンジャ兼ユダヤ兼犬彦、女はやはりジャミラみたいな大人の女じゃなきゃダメだよな

116 :カオス:2008/03/03(月) 02:22:21
ハイパーカオスタイム!
「川´ー`川」


だから帰れ!

「私は姉のクオンです。カオスはいつからそんな子になったの川#´ー`川」

し、しまった…姉さーん!

117 :カオス:2008/03/03(月) 02:24:44
「外したわねカオス川´ー`川」

orz

118 :キリン:2008/03/03(月) 03:33:33
私の誕生日だからハイパーキリンタイム☆

119 :キリン(壱バージョン):2008/03/03(月) 03:35:59
うーん、幸せ…
来世の私たちもこんな風に幸せにしてるのかしら?
あら、あなたもしかしてセイシンジャの生まれ変わり?
未来の私たちも、今の私たちみたいに楽しくやってる?

120 :犬彦:2008/03/03(月) 15:57:23
カオスまたw外したなぁ〜w
普段はクールだが女がいると駄目なのか?
>>115女は、うん、そうだな。
お互い自由でいても、あまり会わなくても、
心は通じていて理解しあえる人がいいなw
クオン久しぶり〜。おまえとは転生しても会わないよな〜・・・
キリン(壱バージョン)誕生日おめでとう!
3月3日に03:33:33はすごいぜ!!
キリンって3月3日が誕生日なんだw知らなかったwごめw
>>113今日はハンバーガー食ったぜ!

121 :以上、自作自演でした。:2008/03/03(月) 21:56:15
神代ハンってマダラの転生体ときいたけど・・・

122 :カオス:2008/03/04(火) 02:22:22
誰もいない
ハイパーカオスタイムするなら今のうちか…!?

123 :カオス:2008/03/04(火) 02:23:50
真王だ!俺は真王になったぞ!
ホモもラリって教祖化も殺人鬼化もみんなみんななかったことになったぞ!

これが俺の実力だ

124 :犬彦:2008/03/04(火) 09:26:53
>>121 四神編では4つに分かれたマダラの一部と言う設定だったな。
斑やすばるは戦いが終わった後も覚醒して別人格って事はないから
マダラ(壱)の転生ってわけではないよな。
だけど4人の集合体のマダラは(壱)のマダラっぽく描かれているから、
当時の設定ではマダラ(壱)=集合体マダラ でいいんじゃないか?
ま、本編のパラレルワールド的な感じだから。
SFCだと微妙だよな。あれはプレーヤーの解釈によって斑=マダラなのか
斑=マダラの力を継承 なのか?俺はどっちかって言うと後者だと
思うんだが。ま、人それぞれでw
>>122カオスおめwしかしおまえの運命までは変わらんぞ!w
お前の罪は俺でしか浄化できない・・・
確か、あと一回・・・

125 :以上、自作自演でした。:2008/03/04(火) 10:10:08
スーファミなんて確か影王が同じ時代に二人いるんだよね

126 :以上、自作自演でした。:2008/03/04(火) 21:36:10
シシマルが俺の眉毛少しやるよって言ってたよ。優しいね

127 :犬彦:2008/03/04(火) 23:21:13
>>125カラとバサラの事か?
まぁバサラも弐の後は時を越えミロクになっちゃうし
そしたら壱は影王二人だしなw
その変は深く考えるとよくわからんが何かしら裏設定でツジツマが
合うようになってるんだよなw
影王の霊性を失った抜け殻バサラにミロクの力が入り込むみたいなw
ごめwあまりよく覚えてないw
>>126そかwあいつの眉毛はすごいからなw
弐ではけっこういい奴だったけど転生編(ラジドラ)じゃ
ちょい悪だったかな?
俺に眉毛か・・・どうなるんだろ?w

128 :以上、自作自演でした。:2008/03/05(水) 10:00:46
(´・ω・`)←こうなる

129 :犬彦:2008/03/05(水) 12:30:48
>>128 うおぉっ!wかわいい眉毛だなw
ちょい眉毛ならいいが、獅子丸のは太すぎw
海苔だな、ありゃ(ボソ)

130 :以上、自作自演でした。:2008/03/05(水) 22:16:30
誰が一番イケメン?
自分って答えは無しでw

131 :以上、自作自演でした。:2008/03/06(木) 04:30:42
バサラとロキが同い年ぐらいなんてありえねー。バサラが老けてるんですか?ロキが童顔なんですか?

132 :伐叉羅:2008/03/06(木) 09:00:18
犬彦、猫彦やうさぎ彦はいないのか。
がっかりだ…orz

133 :犬彦:2008/03/06(木) 09:26:50
>>130 イケメンキャラで狙って描かれてるのはカオスだろうなw
もっとも登場時はそんなでもなかったけどな。
>>131あれはロキが童顔なんだろうなwま、バサラも変に大人びた感じだし。
>>132伐叉羅よくきたな!ジャトがうさぎ彦っぽいなw
だけど「影」だとハゲたおっさんでちょっとショックw


134 :以上、自作自演でした。:2008/03/07(金) 00:12:55
カオスはいい顔っす

135 :シャモン:2008/03/07(金) 01:11:12
ハイパーシャモンタイムに挑戦だよ
どうだろうね

136 :シャモン:2008/03/07(金) 01:12:26
やっぱりハイパーシャモンタイムへの道は厳しいな
成功したら俺の地位が向上するかなとも思ったんだけど…

137 :以上、自作自演でした。:2008/03/07(金) 08:41:41
ショタコンからしたら右手にロキ、左手にバサラを抱いてめろめろになりたい(゚∀゚)

138 :犬彦:2008/03/07(金) 09:15:53
>>136シャモンはいつの時代でもそんな役回りさ・・・
最初はいいお兄さんだったのに・・・
>>137マニアにはたまらないのかもな?俺にはよくわからんぜ!

139 :以上、自作自演でした。:2008/03/07(金) 13:32:12
ショタコンの気持ちをセイシンジャが理解してたらそれはそれでヤバいw

140 :以上、自作自演でした。:2008/03/07(金) 14:23:20
しかしシスコン

141 :以上、自作自演でした。:2008/03/07(金) 21:43:40
生まれ変わってもセイシンジャユダヤ犬彦は168センチなの?

142 :犬彦:2008/03/07(金) 22:10:33
>>139確かにそうだなw
>>140いや!ちがうぞ!ヒミカがブラコンなんだ!
>>141そうかも・・・ん〜ん、微妙だな168ってw

MADARAの設定集みたいのが昔は(今もだけど)ほしかったけどな。
巻末によく乗っていたやつの総集編みたいな感じのやつが!
以前TRPG本の1巻が出て、確か2巻がキャラ設定とかで
出る予定だったけど結局出なかったままだし・・・。
今、キャラ設定を再度やったら身長2センチぐらい増やしてくれるかな?
目指せ170センチ!w

143 :ヒミカ:2008/03/07(金) 22:22:20
ヒミカはブラコンじゃないよ(´∀`)
久しぶりのハイパーヒミカタイムに成功したらお兄ちゃんの背を170cmにしてあげる(´∀`)
あとヒミカの胸もFカップにしてもらう(´∀`)

144 :ヒミカ:2008/03/07(金) 22:23:58
失敗したからお兄ちゃんの背は永遠に168センチ…(´∀`)
ヒミカの胸は永遠に手のひらサイズ…(´∀`)

ぐれちゃうもん(´∀`)

145 :以上、自作自演でした。:2008/03/08(土) 00:10:41
ヒミカがグレたらジャミラとキャラが被るからやめた方がいい

146 :以上、自作自演でした。:2008/03/08(土) 09:38:36
ファーストキスはいつですか?

147 :以上、自作自演でした。:2008/03/08(土) 10:00:27
なでなで

148 :以上、自作自演でした。:2008/03/08(土) 12:00:31
お昼は小さくて可愛いロキとヒミカとナユタを食べるよ

149 :犬彦:2008/03/08(土) 17:16:37
>>143>>144残念!俺の身長もお前の・・・
まぁそのままでいいよw>>145の言うようにグレルのは
やめた方がいいぞw
さて、次の質問!>>146ファーストキスか、これカオスには
内緒だが・・・意外にもジャミラが始めての相手だった。
お互いファーストキス同士だったみたいだ!
ジャミラは無い事にしたがってたなwあっ、ちなみに3歳の時なw
ちょっとした事故でな、ん、まぁそれは次の機会にw
>>147誰なでてるんだ?バサラか?w
>>148食い合わせ悪そうだから胃薬ここに置いとくぜw
よし!以上だな!さて一眠りするかぁ〜!

150 :以上、自作自演でした。:2008/03/08(土) 19:32:17
うんバサラを撫でてたよ。意外と柔らかかった
夜はゆだやんのくれた胃薬を飲みながらバサラとさっき食べなかったロキを食べるよ

151 :ヒミカ:2008/03/08(土) 22:22:22
ヒミカとナユタは>>150さんのお腹の中なの?!
いやー(´∀`)

152 :ヒミカ:2008/03/08(土) 22:25:56
ハイパーヒミカタイムに成功したからヒミカはお腹から脱出だよ(´∀`)
お兄ちゃん、ヒミカ怖かったよー(´∀`)

ナユタ「私はどうなるんでしょうか(´ー`)」

153 :以上、自作自演でした。:2008/03/08(土) 23:19:28
食人か

154 :ナユタ:2008/03/09(日) 01:11:24
狼のお腹の中にいる赤頭巾ちゃんの気分(´ー`)
セイシンジャさんは狼さんですか?男の人はみんな狼さんって本当ですか?
(´ー`)

155 :以上、自作自演でした。:2008/03/09(日) 02:36:42
キリンまだー?

156 :以上、自作自演でした。:2008/03/09(日) 08:23:14
カオスがさっき「ジャミラのファーストキスがあいつだとはどういうことだ?」と血眼でユダヤを探しにいったぞ

157 :以上、自作自演でした。:2008/03/09(日) 09:35:39
アニメでシャモンが泡ふいて死んでるときいて飛んできました
おっさんだせぇwwwwwwwwww

158 :シャモン:2008/03/09(日) 11:11:12
酷い扱いの上におっさんダサい呼ばわりされる俺って…orz

159 :シャモン:2008/03/09(日) 11:13:04
思った通りハイパーシャモンタイムは不発だよ…orz
へこむ…な…orz

160 :犬彦:2008/03/09(日) 12:50:39
>>150やっぱり食い合わせ悪いぞw食べたらいい人に人格変わっちゃうかも?
>>151>>152よかったヒミカ、>>153食人モウキは初めてだな!
>>154ナユタ今助けにいくからな!
そういやカオスはいつの時代だか「白銀の狼」と呼ばれていた事が
あったような?
>>155あいつはまだみたいだな・・・その内現れるさw
>>156げっwカオスにバレたか?!あいつは俺に執着してるからな〜
>>157シャモンのアニメ版はかわいそうだw
>>158>>159大丈夫だwお前はいつだって前向きだろう?

161 :以上、自作自演でした。:2008/03/09(日) 15:56:15
ロキとバサラを食べたらいい人になったよ!
やっぱり小さい子は可愛がらなきゃダメだよね!

162 :以上、自作自演でした。:2008/03/09(日) 18:32:11
犬彦がロキに背を追い越されるのはいつの日ですか?
え?もうロキに追い越された?
それどころかジャミラにも追い越された?
プギャー

163 :以上、自作自演でした。:2008/03/09(日) 20:20:54
ちゅーもしたことのない人って誰かな

164 :犬彦:2008/03/09(日) 22:14:05
>>161俺はいつの時代でもガキによくなつかれたが、
食いはしなかったぞ!
>>162プギャーって、おいおい、まだ俺は負けてない!ハズだぜ・・・
>>163シャモン!あいつはいろんな事考えてそうだが?w以外に奥手な
面があるし、偽善者だからな。そういや影王も浮いた話はないな・・・。

そういやマダラが好きで「僕天」読んで「ロリータ℃の素敵な冒険 」を
読んでいない人がいたら、別に薦めはしないが読んで見てもいいかも?
話の内容は「サイコ」なんだが麒麟と犬彦が登場している。
他の大塚作品にも登場はしてるが、この本だと二人は昔に夢見た
前世の恋人(マダラとはでないが)を探していたとかエピソードが
載っているので、「僕天」や「転生編」の後日談的な感じ。

165 :以上、自作自演でした。:2008/03/09(日) 23:48:39
ゆだやん、いや神よ、可愛いショタっ子やロリっ子になつかれる方法を伝授して下さい
あと幼稚園戦記のセイシンジャ可愛すぎ

166 :以上、自作自演でした。:2008/03/10(月) 00:09:33
シャモソに童貞wって言ったら泣き出しそうな顔でうつむいてたwwwww
その後シャモソが隠れた便所の個室からシャモソの泣き声がしたwwwwwwww
哀れwwwwwwww

167 :シャモン:2008/03/10(月) 01:11:11
エッチなのといじめはいけないと思うよorz
ハイパーシャモンタイムなら俺が悲惨な目から救われて前向きに生きられる

168 :シャモン:2008/03/10(月) 01:12:37
やった…これで幸せになれる…(´ー`)

169 :以上、自作自演でした。:2008/03/10(月) 09:39:01
連続企画・聖神邪ことゲドユダヤこと犬養犬彦こと犬彦綬蛇矢にインタビュー!

自分のこと、どういう人間だと思う?
熱く語ってみて下さい

170 :以上、自作自演でした。:2008/03/10(月) 09:46:58
ついでにもう一問インタビュー!
カオスについて熱く語ってみて下さい

171 :犬彦:2008/03/10(月) 11:08:52
>>165そうだなぁ〜、ガキだからと言って見下さずにちゃんと
話をしてやる事かな。ガキはするどいからなw
>>166シャモンいじけたら始末悪そうだが>>167>>168ほら、前向きだから、
大丈夫!奴はいつだってそれで追いつこうとしてたからな!
>>169おwインタビューか!そうだな、「壱」ではウデがとれたり
散々な役回りだった・・・。「赤」ではシリアスな面もありギャグも
ちょいあり、いい役回りだったな!普段ふざけていても、いざ
やる時はやる!みたいな感じが俺の人気の秘密だなw
だけど、「天使篇」は待ってくれ!シリアスすぎる!クールすぎる!
ギャグがない!あれは「転生編」での戦いが今も悲しみとなって
心の中に残り性格をそうさせてしまったのかもしれない・・・。
>>170カオスは一言で「わがままお坊ちゃん」しかしそんな奴でも
俺にだけは弱い所を見せたり心を開く時がある、一瞬だけな・・・
だから俺も奴を救ってやりたいと思っている。
ホモ疑惑があるみたいだが、あれは噂だからなw!


172 :以上、自作自演でした。:2008/03/10(月) 14:38:59
カオスがバイセクだというのは噂…メモメモ
昼時インタビュー!
元主人公のマダラと、転生後は実質あなたのパートナーになるキリンについてお願いします

173 :以上、自作自演でした。:2008/03/10(月) 14:51:09
そしてあなたの初恋の人だったり、カオスを取られたということで怨まれたり、大変なジャミラさんについても語ってみてください

174 :以上、自作自演でした。:2008/03/10(月) 17:24:26
カオッちゃんの体重85キロとジャミラちゃんの体重47キロが納得いかん。
カオッちゃんは明らかに細身なのに。
ジャミラちゃんはキリンちゃんよりも背が高いのにキリンちゃんよりも体重軽いなんて。
どうよ?

175 :以上、自作自演でした。:2008/03/10(月) 21:35:18
かわいい妹がいてうらやましい

176 :以上、自作自演でした。:2008/03/10(月) 22:14:26
たしか幼稚園児編なんてのもあったような。。。
電撃スーファミに連載されていたっけ?

177 :以上、自作自演でした。:2008/03/10(月) 22:21:07
幼稚園戦記はみんな可愛い。でも確かあの子たちは元祖転生戦士の子どもなんだよね?

178 :犬彦:2008/03/11(火) 00:10:15
>>172マダラか・・・あいつは自分が言えないようなくさい事を
言えちまう、なぜか皆が一緒に居て居心地がいい空気を作っちまう、
そんな奴だな。マダラは最初はギミックで体こそ持っていなかったが
皆が感じる自身のたりない部分をあいつは全部持っていたんだろう・・・
麒麟は強い意志を秘めている。自分の弱みは人に知られたくないタイプ
だなwだから遠まわしに理解してやるのが一番いい。
>>173ジャミラか・・・いい奴だぜ・・うん、
よけいな事言うと刺されるかもしれないからノーコメントでw
>>174バイオギミックが重いんじゃね?
>>175他人から見るとそう思うみたいだけど、実際の兄弟では
そんな風にお互い見ないしなwでも言われるのは悪い気はしないw
>>176>>177「幼稚園戦記」キリンだけ大人で先生w
最後の方はちょっとストーリーがあるけど、あれも「四神編」と
同じでパラレル設定なんだよな。
他にもバサラと芙蓉の話もあり、ゲーム化もされて
なかなか広がったな〜。
個人的には影王のヒョウブと獅子丸が出会うシーン
(ラジドラのおまけ漫画?)が好きだ!

179 :以上、自作自演でした。:2008/03/11(火) 00:12:48
幼稚園戦記もラジオドラマになってたの?

180 :以上、自作自演でした。:2008/03/11(火) 02:19:37
観察眼の鋭さとみんなへの愛情のある聖神邪こと(略)が好きです
ジャミラに対しては頭があがらないのか…w

まだまだインタビュー!
妹のヒミカちゃんと、妹の彼氏になったロキくんのことも熱く語ってください

181 :以上、自作自演でした。:2008/03/11(火) 03:29:25
そして寝る前にもう一個インタビュー!
ファミコンでは共に霊術(符)使いだったハクタクとゲームにしかいないナユタについても熱く語れたら何かお願いします

ではお休みなさい

182 :以上、自作自演でした。:2008/03/11(火) 09:19:15
ユダヤは犬彦ってよりも猫とかライオンとか豹っぽいよな。あと何て呼べば良い?

183 :以上、自作自演でした。:2008/03/11(火) 11:21:28
趣味と特技と偏差値とスリーサイズを教えてください

184 :以上、自作自演でした。:2008/03/11(火) 13:55:30
ハクタク?梟のハクタクことかー


(ネタが聖痕のジョカとは誰も知るまい・・・)

185 :以上、自作自演でした。:2008/03/11(火) 16:00:11
俳句を作ろう

186 :犬彦:2008/03/11(火) 19:28:29
>>179すまない、文面が足りなかったな;「転生編」のラジドラに
付いてたおまけ漫画の事だ。でも確か「幼稚園戦記」もなってた
ような気がしたな。
>>180ヒミカはあれでいて結構人に気遣う優しさがある。
不器用な表現だがな。ロキは今時めずらしい純粋な熱血君だなw
その一方で傷付きやすい面もあり少し心配だな・・・
周りを気にしすぎて自分の力を発揮できない事もあるな。
「天使篇」の十頭では苦しみが溜まりすぎて理性がたもてなかったんだろう、
>>181ハクタクは物語のいつも中心に近い人物、ナユタは・・
何歳ぐらいなんだろう?ヒミカよりちょい下か?
>>182海賊漫画で転生したら皆猫だったと言うのがあったのを思い出したw
今のところユダヤか犬彦がしっくりくるな。
>>183え?俺の?あまり学校は行ってねーし今はギターも触れてない、
現在の趣味は街をぶらつく事か、のんびり自分の足でなw
>>184ジョカは、すまん、知らないw
>>185おw急になんだw新展開か?ぜひMADARAの俳句を作ってくれ!
これもひとつのマダラサーガだしなw

187 :以上、自作自演でした。:2008/03/11(火) 19:36:30
そもそもヒミカちゃんって何歳?
中学生ぐらい?

188 :以上、自作自演でした。:2008/03/12(水) 12:14:32
その前に犬彦は何歳よ

189 :以上、自作自演でした。:2008/03/12(水) 13:23:06
カオスと一緒に寝たことある?

190 :以上、自作自演でした。:2008/03/12(水) 15:05:11
犬彦は保健所行き

191 :以上、自作自演でした。:2008/03/12(水) 18:23:36
ジャミラが昨日全裸でさまよってた

192 :以上、自作自演でした。:2008/03/12(水) 20:01:40
ならおいらはバサラとロキを全裸にしてさ迷わせる!

193 :犬彦:2008/03/12(水) 21:07:50
おぃ〜す!なになに次のお手紙っと・・・ヒミカの年齢、
>>187>>188「壱」登場時は少し低めだが小学生高学年ぐらいじゃないか?
あの頃の漫画主人公って年いってそうでいってないからな、
マダラが13〜15ぐらい?キリンが二つ上、さらに
カオスとユダヤが同じ〜二つ上ぐらいか?(すべて想像)
もしかしたら本に載ってるかな?「転生篇」だと
ま、登場してないけどキリン高3、犬彦留年有り高3、だとしたら
ヒミカ、ロキ、高1ぐらいと予想!
>>189野宿した時にある。あいつはたまにうなされる。
俺は丸まって寝るみたいだなw
>>190なんでだぁぁぁ!!
>>191裸で幽体離脱だなwそりゃ、キリンもあるらしいぞ!(壱参照)
>>192二人とも逮捕するw

194 :以上、自作自演でした。:2008/03/12(水) 21:33:30
逮捕されたバサラとロキがおしおきされる!

195 :マダラ:2008/03/12(水) 22:00:02
俺は15歳だぜ!

196 :ヒミカ:2008/03/13(木) 01:11:12
お兄ちゃーん(´∀`)
四月から通う中学の制服着てみたんだけどかわいいー?

197 :以上、自作自演でした。:2008/03/13(木) 12:09:41
小学校高学年であのオパーイのデカさだったら兄としてはたまりませんよね!?

198 :犬彦:2008/03/13(木) 12:26:21
おはよ〜wって遅いかw
>>194おしおきされたかどうかわからんが、小説版サイコの
世界観ならありえそうで怖いな!
>>195「壱」では15歳か?
>>196おおwなかなか似合っているな、近頃物騒だからな!
しばらくは俺がバイクで送り向かいしてやるぜ!
>>197兄弟だからあまり意識しないぞwまぁ確かに
この頃急にでかく・・・うほん!!なんてなw

今日も麒麟はきてないか・・・。

199 :以上、自作自演でした。:2008/03/13(木) 17:26:15
ヒミカさんのブラのカップを知りたいです



ってロキが言ってるよ

200 :以上、自作自演でした。:2008/03/13(木) 17:31:17
200なら麒麟は俺の嫁

201 :犬彦:2008/03/13(木) 20:37:47
>>199俺は知らないぞ!ロキだったら知ってるぞ!って
ロキが言ってんのかwヒミカのガードの固さにはまいるなw
>>200そうかwだが麒麟は今行方知らずだからなw
夏目エリスにでもなって忘れてるのか?

さて風呂でも入るか・・・

202 :以上、自作自演でした。:2008/03/13(木) 23:00:03
ヒミカと混浴風呂か…羨ましい

203 :ヒミカ&ロキ:2008/03/14(金) 00:00:08
お兄ちゃーん、Fカップなヒミカがやってきたよー(´∀`)

ロキ「ヒミカちゃんは毎日自分はFカップといってますが、それじゃキリンさんより大きくなるので明らかに嘘です><」

ロキうるさいよー(´∀`)
ところでお兄ちゃん、ホワイトデーのお返しちょうだい(´∀`)

204 :ヒミカ&ロキ:2008/03/14(金) 00:01:22
ハイパーヒミカタイムは逃したけどお返しはいただくよー(´∀`)

ロキ「ちなみに僕もヒミカちゃんにお返しあげました><」

205 :以上、自作自演でした。:2008/03/14(金) 19:30:26
雨が凄いね
雨に濡れたユダヤさんは色っぽいね

206 :以上、自作自演でした。:2008/03/14(金) 20:37:07
妹が処女じゃないと知ってどう思った?

207 :犬彦:2008/03/14(金) 22:01:47
>>202混浴だとぉぉ!!俺はいつも一人だぜ!
>>203>>204ヒミカ嘘はいかんなぁ〜、お前はいつでも背伸びするからな!
お返しか、すっかり忘れてたぜw今度カツ丼おごってやるw
>>205サンキュー!なかなか俺も捨てたもんじゃないな!
>>206いや、別に、正直時期がくればありうるからな、
え、動揺してないっスよ〜w

208 :以上、自作自演でした。:2008/03/14(金) 23:29:53
動揺してるとロキにヒミカちゃん寝取られますよ…ああ、ユダヤはキリンさんがいるか…

209 :ロキ:2008/03/15(土) 01:11:10
僕とヒミカちゃんは清い交際です><
キス泊まりです><

って何を言わせるんですか><

210 :以上、自作自演でした。:2008/03/15(土) 08:34:33
MANKO

211 :以上、自作自演でした。:2008/03/15(土) 11:28:57
全員分のインタビューをしたと思ってたらシャモンをすっかり忘れてました…
ということでシャモンについて熱く語ってみてほしいです!

212 :犬彦:2008/03/15(土) 12:38:37
おい〜っす!
今から喫茶店でも行って軽く昼めし済ませてくるぜ!
>>208そうだなw俺には麒麟がいるし、しかしマダラが現れたら
どうなるんだろw
>>209そうか!一応義弟だから信じてやるよw
>>210えろい
>>211シャモンの事か、んじゃ夜じっくりと語らせてもらうぜ!
そいじゃ出かけてくるわ!

213 :以上、自作自演でした。:2008/03/15(土) 19:13:54
マダラの登場人物の中で誰が一番DQN?

214 :以上、自作自演でした。:2008/03/15(土) 19:49:09
むしろDQNじゃないキャラを探す方が難しい

215 :以上、自作自演でした。:2008/03/15(土) 22:54:47
犬彦くんは料理うまい?
友達の中では誰が上手い?

216 :犬彦:2008/03/15(土) 22:58:00
>211シャモンの事だったな。あいつは出会った時から好きになれなかった。
なぜ自分でもそう思うのか不思議だった。
「転生編」で職業が先生で尚更不愉快だった。更に伏姫家の
お抱え家庭教師をしてたのを聞いて気分が悪くなった。
あいつの暗黒面を気づいていたかもしれない。
何度転生しても語り部以上の存在になれなかった事には同情するが、
誰もが望んだ事ではないからな。
とりあえず嫌いだなw
>>213シャモン!見た目はいい人っぽいが裏じゃな・・・
>>214俺は悲しいぜ!だけど一番設定が普通じゃないマダラ「壱ver」が
一番まともかもなw

ちょっと聞きたいが俺の髪型は今まででどれがよかった?
「壱、赤」まぁ基本
「犬養版」少しサラサラになった?w
「犬彦天使篇」短い!個人的にはお気に入り
「カラーズのバンダナしているちょいロン毛版」まぁ若い頃なんで。
これは幼稚園戦記の大人版かな?

217 :シャモン:2008/03/16(日) 00:00:01
(´・ω・`)ショボーン

(´・ω・`)シャモーン



(´・ω・`)嫌われてても構わないさ

218 :ナユタ:2008/03/16(日) 02:22:21
セイシンジャさんも牛乳を飲んで、私と一緒に大きくなりましょう(´ー`)

おちびさん同士、辛い世の中だけどがんばりましょう(´ー`)

ハイパーナユタタイムなら私とセイシンジャさんの身長が2メートルまでのびます

219 :ナユタ:2008/03/16(日) 02:23:06
あうぅ…(´ー`)

220 :以上、自作自演でした。:2008/03/16(日) 09:22:42
坊主以外ならユダヤはかっこいいよ。
某作品での坊主は勘弁だがw
>>218
君は身長よりも胸を(ry

221 :以上、自作自演でした。:2008/03/16(日) 18:20:14
邪兎食っていい?

222 :以上、自作自演でした。:2008/03/16(日) 19:05:36
マダラがキリソとられてかなしがってる

223 :以上、自作自演でした。:2008/03/17(月) 01:39:06
犬彦の髪を剃るか

224 :以上、自作自演でした。:2008/03/17(月) 14:35:35
犬ぴこは今シャモソに闇討ちされてるのか

225 :犬彦:2008/03/17(月) 19:42:23
>>224ふ〜、人目の付く提示版でよけいな事書くもんじゃないな、
シャモンにストーカーされてたぜwず〜と俺の事見てるんだぜ!
電柱の影から・・
あいつはプレッシャーかけるのうまいからな・・・
>>217「壱」「赤」ではそんな嫌ってはないがな!
>>218>>219ナユタ・・・俺はおチビさんじゃない!標準より
ちょい低いだけだ!
>>220そうだな!坊主と眉毛有りはこれからも勘弁!
「サイコ」でマダラのイメージの犬彦と麒麟が出てたら
大塚&田島は神だったんだが・・・、あれは俺じゃない・・・
>>221いいぞ!腹こわすなよw
>>222逃げる!! 


226 :以上、自作自演でした。:2008/03/18(火) 00:43:28
ストーカー?

シャモンはゲイだな

227 :以上、自作自演でした。:2008/03/18(火) 03:08:12
カオスといいシャモンといいユダヤさんはホモと縁が深いですね

228 :ヒミカ:2008/03/18(火) 03:33:34
お兄ちゃーん(´∀`)
シャモンさんを逮捕したよー(´∀`)

えらい?

229 :以上、自作自演でした。:2008/03/18(火) 21:03:55
ほっぺたぺろぺろちゅー

230 :犬彦:2008/03/18(火) 21:10:03
オイィ〜〜〜すっ!
だいぶ暖かくなってきたな、今日はシャモンの話題ばかりだなw
>>226シャモンはなんでもイケそうだからなw
>>227毎回断っておくが!今回も否定するがぁ!!
俺はホモでもゲイでもない!
>>228お前よく逮捕できたなwでもハイパーヒミカタイム逃してるぞ!
シャモンにも逃げられたんじゃないか?

シャモンは意外に人気あるんじゃ・・・基地外な一面が受けるのか?
まさか主役交代なんて事はないよな・・・
過去「魍魎戦記MADARA」現在「魍魎戦記YUDAYA(JUDE)」
未来「魍魎戦記SYAMON]・・・ 
・・・ 
・・・ 。

231 :以上、自作自演でした。:2008/03/18(火) 21:38:42
否。魍魎戦記JAMIRAという作品としてジャミラ女王さまが愚かな野郎共を制裁する話になります

232 :ヒミカ:2008/03/18(火) 22:22:21
お兄ちゃーんシャモンさんに逃げられたよー(´∀`)

ついでにロキがシャモンさんに連れ去られたよー(´∀`)

悲しいけど合掌だね(´∀`)

233 :以上、自作自演でした。:2008/03/19(水) 00:25:21
ショタコンがおいらの他にもいたとは…。幼稚園戦記のシャモンなら許す!

234 :シャモン:2008/03/19(水) 03:33:32
(´Д`)

235 :以上、自作自演でした。:2008/03/19(水) 19:07:23
ロキの頬をつねってたら千切れた
セイシンジャのせいやねん

236 :犬彦:2008/03/19(水) 19:46:50
>>231「魍魎戦記JAMIRA」か、あいつの独裁政治が始まりそうだなw
マリーアントワネットだっけか?実はジャミラが転生した姿かもな?
>>232今度はロキがシャモンに!!ヒミカこの頃調子悪そうだな?w
ロキの件はお前にまかせたぜ!
>>233「幼稚園戦記」シャモンは意外にも同じ幼稚園生!
キリンと一緒に面倒見る先生っぽいんだけどな〜
(ジャミラに続きシャモンの独裁政治が始まるw・・・)
>>234おwシャモン発見!って
そのはずしちまった顔はやめてくれ・・・気持ち悪い。
>>235ちょっwちぎれたってwつねりすぎだぜ!>>235!!
俺のせいにされてもなぁ〜。とりあえず薬でもつけといてくれ!
転生すればなおるだろ?(ちょっとロキには冷たい俺w)

てな感じで!また明日ぁ〜〜

237 :ジャミラ:2008/03/19(水) 20:00:02
あらユダヤじゃないか…
あんたはカレーがなければう○こを食ってればいいのさ

238 :ヒミカ:2008/03/19(水) 22:22:22
ヒミカの調子が悪いのはきっと恋をしちゃったせい(´∀`)

恋してない人がウラヤマシイワ(´∀`)

239 :ヒミカ:2008/03/19(水) 22:23:23
うまくいったー(´∀`)

240 :以上、自作自演でした。:2008/03/19(水) 23:45:19
ユダヤさんの態度が冷たい順に並べてください

マダラ キリン ジャミラ カオス シャモン ヒミカ ロキ ナユタ ハクタク

241 :ナユタ:2008/03/20(木) 02:22:21
私も早く大人になって恋がしてみたいです(´ー`)
ハイパーナユタタイムならイケメンさん百人と恋が出来ます(´∀`)

242 :ナユタ:2008/03/20(木) 02:22:54
…えぅぅ(´A`)

243 :カオス:2008/03/20(木) 03:33:31
ハイパーカオスタイムなら魍魎戦記CHAOSの連載スタート


244 :カオス:2008/03/20(木) 03:34:20
失敗か
ちょっとお前を殴る

245 :以上、自作自演でした。:2008/03/20(木) 16:26:28
http://etc6.2ch.net/test/read.cgi/charaneta2/1166274333/

過去にはこんなスレもあったんだね

246 :以上、自作自演でした。:2008/03/20(木) 19:55:59
犬彦とわたしの10の約束

247 :犬彦:2008/03/20(木) 20:14:05
オィ〜ッす!今日はちとテンション低いぜ・・・。
ま、いろいろあってな。悩みってのは絶えないもんだなw
しかしこれも生きてる証!俺が存在する証でもある!
それではお手紙コーナーいこうか!
>>237ジャミラ、酷い事を・・・昨日カレー食ったばかりだぞw
>>238>>239やったなハイパーヒミカ復活か!
恋はいつだってしてるぜwおこちゃまには秘密だけどなw
>>240ん?俺が冷たい順でいいんだな?
1位ロキ&シャモン3位マダラ4位ハクタク5位ジャミラ
6位ナユタ7位ヒミカ8位カオス9位キリン ってな感じ。
これは現代の犬彦としての意見。
意外にもマダラは上位だなwナユタはよくわからんので真ん中w
カオスは対の存在として気にかける事が多いからな。これも意外か。
キリンはそれ以上だな。
>>241>>242まだまだおこちゃまだなw
>>243>>244「魍魎戦記CHAOS」ってお前「青」でいいじゃね〜か!
おい、やつあたりはよせ!また狂っちまったかw
>>245すまん、見れなかった。どんなスレだったんだ?

以上、犬彦のお手紙コーナーでした〜。
っ、ラジドラみたいなノリになっちまった。

248 :ナユタ:2008/03/21(金) 01:11:07
ナユタはおこちゃまじゃないです(´ー`)

ハイパーナユタタイムでナユタは大人のおねえさまですよセイシンジャさん(´ー`)

249 :ナユタ:2008/03/21(金) 01:12:05
ぁぅぅ…(´ー`)

ヒミカさんにも笑われました…(´ー`)

250 :ヒミカ:2008/03/21(金) 02:22:21
ナユタと違って大人なヒミカが来たよお兄ちゃん(´∀`)

ヒミカよりもキリンさんやあのカオスさんに優しいお兄ちゃんをお仕置きに来たんだよ(´∀`)

ヒミカがハイパーヒミカタイムを起こしながら怒ると超怖いんだよん(´∀`)

251 :ヒミカ:2008/03/21(金) 02:23:05
今日は手加減しただけだよー(´∀`)

252 :マダラ:2008/03/21(金) 03:21:31
3月21の3時21分に来たぜ!
ハイパーマダラタイムならお前から主役を奪い返す

253 :以上、自作自演でした。:2008/03/21(金) 14:38:18
愛ってなんだろニャ

254 :以上、自作自演でした。:2008/03/21(金) 22:09:46
大学生戦記はまだ?

255 :カオス:2008/03/21(金) 22:22:22
ハイパーカオスタイムなら俺は東大合格

256 :犬彦:2008/03/22(土) 00:47:25
オイッス!今ちょっくら飲みに行って来たぜ!
おw今日はいろんな奴がチャレンジしているみたいだなw
まずナユタ!まだまだ大人への道は険しそうだなw
次にヒミカかw調子のいい時と波があるみたいだな。
お仕置きされなくてよかった、よかったw
そしてマダラか、それは当りなのかはずしたのか?
秒数が微妙なのでまたチャレンジだなw
>>253ん〜。好きと愛してるは違うからな、
難しい〜〜〜。次回じっくり語るかw
>>254大学生戦記かwそういえば4コマで受験のパロディがあったなw
ちなみに俺は大学行ってない。転生した奴で行ったのって
麒麟、大徳寺、十頭、ヒミカ、シャモンぐらいか?「天使篇」で
その辺の過去が描かれてたか不明だが予想だとこんなもんだろ。
>>255よっ、東大合格おめでとう〜〜。
頭のいい奴ほどDQNが多いからなwカオス!
ま、お前の頭なら大丈夫だろ!

よし!シャワーでも浴びて寝るか!!
今日の犬彦タイムはこれで終了〜〜〜〜。

257 :カオス:2008/03/22(土) 01:11:12
胴上げされてる途中で床に落とされて体が痛い…

258 :以上、自作自演でした。:2008/03/22(土) 01:26:58
ドラマCDに筑波編ってあったような。茨城つくば 一度はお出で。

259 :ヒミカ:2008/03/22(土) 02:22:24
ハイパーヒミカタイムならヒミカは中学生(´∀`)

260 :ナユタ:2008/03/22(土) 03:33:32
こんばんは(´ー`)
おこちゃまじゃないのです(´ー`)
ハイパーナユタタイムでわたしはEカップです(´ー`)

261 :ジャミラ:2008/03/22(土) 04:44:43
ハイパージャミラタイムだったら犬彦の財産とカオスとヒロインの座を横取りだよ!

262 :以上、自作自演でした。:2008/03/22(土) 19:43:10
ジャトが♀だったら可愛かったのにね。
ぴょんぴょん!

263 :以上、自作自演でした。:2008/03/22(土) 20:37:28
くぴー

264 :以上、自作自演でした。:2008/03/22(土) 21:35:19
モーグリのモグだクポ!

265 :犬彦:2008/03/23(日) 01:27:27
カオス、ミロク校長が落とそうってみんなに相談してたぞ!
>>258茨城はいい所だな!まだガキの頃行った事あるぜ!
まだあの頃のままかなぁ〜。
ヒミカ大丈夫だ、中学まで義務教育だからw
ナユタ、お前は今のままがファンが喜ぶぞw
ジャミラ、俺には財産はないがカオスはやる!
>>262ジャトは男だとオカマだが、女だったら男っぽくなるのか?
見てみたい気もするなw
>>263ん?ムグラか?
>>264なんだモーグリだったのか?つ〜かFFだよなwそれw

ちょい風邪気味なんで寝るわ、
今日も現れなかった麒麟、おやすみ。

266 :さいたま市民:2008/03/23(日) 01:29:31
1000までこのスレを完走させた時、麒麟ちゃんがあらわれるとかあらわれないとか。

267 :ヒミカ:2008/03/23(日) 02:22:21
お兄ちゃんがんばれ(´∀`)

ハイパーヒミカタイムならキリンさんが来る…といいね(´∀`)

ヒミカのお子ちゃまコネクションじゃロキやナユタを呼ぶのでいっぱいいっぱいなの(´∀`)

268 :ナユタ:2008/03/23(日) 03:33:33
ファンの皆様が喜んでくれるならぺたんこでいいです(´ー`)

セイシンジャさんは嬉しいですか?

269 :ナユタ:2008/03/23(日) 03:34:42
こ、ここでハイパーナユタタイムでもご利益はなさそうです(´ー`)

やっぱりスタイルよくなりたいって願えばよかったかしら(´ー`)

270 :以上、自作自演でした。:2008/03/23(日) 17:14:26
キリンレモン
キリンレモン

271 :以上、自作自演でした。:2008/03/23(日) 19:34:24
沙門「はははユダヤはロリコンだなははは」

272 :犬彦:2008/03/23(日) 20:11:56
うぃ〜スッ!ちょい風邪気味の犬彦登場!
喉がちょっとな、ボイス思い出しちまった・・・
名前、そのまんまなのなw
>>266そうかw麒麟が現れるまで続けてやるぜ!
いつのまにかマダラ探しじゃなくて麒麟探しだなw
>>267うお!く〜〜外したか・・・麒麟よいずこへ・・・
>>268よこしまな気持ちを持ったらハイパーできないんだなw
ナユタは今のままでいいぞ!
>>270しばらく飲んでないな〜
>>271シャモンっ!!お前だって人の事言えないだろw
俺はロリコンじゃない!ただガキにもてるだけだ!

さて風呂はいるか・・・ ・・・ ・・・
お湯が出ない??

273 :ヒミカ:2008/03/24(月) 02:22:22
お兄ちゃん元気出して!
ヒミカがキリンさんのコスプレしてあげる(´∀`)

274 :カオス:2008/03/24(月) 03:33:34
ハイパーカオスタイムなら俺もキリンだ
180センチ台・80キロ台のナイスガタイでよければ

275 :カオス:2008/03/24(月) 03:34:47
…チッ……

276 :意外なコンビ:2008/03/24(月) 04:44:44
ジャミラ「でかキリンだよ!」
ナユタ「ちびキリンです(´ー`)」

277 :以上、自作自演でした。:2008/03/24(月) 19:00:34
いっそユダヤンもキリンのコスプレで…

278 :犬彦:2008/03/24(月) 20:24:59
よ〜しっ!みんながやるなら俺もっ!って
何やらす気なんだ!みんな正気に戻れ!!
得にカオス!お前はやらんでいいw気持ち悪い・・・。
まぁヒミカはそこそこ似合うんじゃないの?うんw
ジャミラは・・・、ナユタも・・・、
・・・ 無理はするな、
俺の為を思っての行動だよな。
サンキュー!
でもカオスはやらんでいいw

279 :麒麟:2008/03/24(月) 21:05:37
「ホームレス中学生」好評発売中!
買ってね!


解散〜

280 :シャモン:2008/03/25(火) 01:11:12
「彼女レス高校教師」好評発売中
買ってね


はぁ…

281 :以上、自作自演でした。:2008/03/25(火) 19:20:15
緋巫佳と那由多に「バストレス小学生」を執筆するように依頼してください。

282 :犬彦:2008/03/25(火) 20:03:26
麒麟っ!!ってちがう麒麟か・・・
シャモンも外してるしw
>>281もう意味わからん!!

はぁ・・・。
心ときめく様な話題はないんか?
天使篇再開!とか転生編読みきり連載! とか・・・
噂のあった天使篇再開はなくなったんか・・・
はぁ・・・

283 :ヒミカ:2008/03/25(火) 22:22:22
ハイパーヒミカタイムなら>>281をお兄ちゃんが食べてくれる(´∀`)
ヒミカはちゃんと胸あるもん(´∀`)

284 :ヒミカ:2008/03/25(火) 22:23:33
正義は勝つ(´∀`)


ナユタ「…(´ー`)←微妙に怒っている」

285 :ロキ:2008/03/26(水) 01:11:11
ハイパーロキタイムなら大塚先生がいろいろな出版社や関係者となかなおり><

286 :以上、自作自演でした。:2008/03/26(水) 19:46:48
摩陀羅は壱までだなぁ

287 :以上、自作自演でした。:2008/03/26(水) 20:43:36
せいすぃんじゃやカオスやシャモンは一重まぶただったり二重まぶただったり忙しいですが整形ですか?

288 :犬彦:2008/03/26(水) 22:05:01
ヒミカそんな願いでハイパー出すな!
食べんぞw!
ん、ヒミカは確かにちゃんとあるよな・・・
ナユタはもうちょい牛乳飲んだほうがいいぞw
そいでロキ!よくやった!お前のおかげで今年は
遂にマダラ再開だぁ!!
>>286そか、確かに「壱」以降は話が複雑だし、
その辺が楽しめないと「壱」以外はつらいかもなw
普通のストーリー物感覚で読んでたら話わからんもんな・・・
>>287まぁ、それはあれだ、転生ごとに顔が変わってくるw
え、同じ時代でもあったw?
それはきっと疲れて一重にみえたんだろうw
俺は奥二重なw

289 :ロキ:2008/03/26(水) 22:22:22
妹さんと幼女さんの胸の大きさを把握しているお兄さんにはがっかりです><

ハイパーロキタイムならこっそり女の子たちのスリーサイズを教えて下さい><

ああーヒミカちゃんとナユタちゃんがこっちをにらんでます><

290 :麒麟:2008/03/27(木) 19:49:17
私のスリーサイズは85・53・90よ

291 :以上、自作自演でした。:2008/03/27(木) 20:59:30
ウエストほそっ

292 :以上、自作自演でした。:2008/03/28(金) 00:46:23
コンゴウモアイをあげます

293 :ジャミラ:2008/03/28(金) 02:22:21
特にハイパージャミラタイムでも何も起きないけど、とりあえず白のソーマをやるよ

294 :犬彦:2008/03/28(金) 19:37:56
よう!みんな元気かぁ!
ロキ、スリーサイズ知りたいのか?
知ってどうするんだ?そんなもん。
でも知っててもお前には教えないw
麒麟、確かに>>291が言うようにウエスト細いな〜
胸はもっとある気が・・・あ、見たわけじゃないからw
>>292いらんw
>>293ジャミラ謙虚になったなwお前の事だから
もっとすごい願いしそうだがw
そういやゲームのアイテム系は漫画じゃほとんど
登場しないな。

295 :以上、自作自演でした。:2008/03/28(金) 21:23:31
マダラ「キリンと続編で「ピー」してるくせに」

296 :ちび達:2008/03/28(金) 22:22:22
ロキです!そ、そんなスリーサイズ教えてくれないなんて><

ヒミカ「ヒミカは上から95/45/85だよ(´∀`)」
ナユタ「む!それならナユタは上から150/20/80です(´ー`)」


ロキだけどヒミカちゃんとナユタちゃんが人間をやめたみたいです><

297 :以上、自作自演でした。:2008/03/28(金) 23:13:44
バスト150って身長並みかそれ以上じゃん。

298 :ナユタ:2008/03/29(土) 02:22:23
…夢ぐらい見させて下さい(´ー`)

>>297さんのいじわる(´ー`)

まあどんまいですよね(´ー`)

299 :ジャミラ:2008/03/29(土) 03:33:32
本当はハイパージャミラタイムになったら世界征服したかったんだけどねぇ

そ れ よ り ア タ シ の 好 き な 人 を 取 っ た の は だ れ だ い ?

300 :ジャミラ:2008/03/29(土) 03:34:01
失敗したからカオスしばいてくる

301 :以上、自作自演でした。:2008/03/29(土) 05:15:00
みそラーメン好き?

302 :以上、自作自演でした。:2008/03/29(土) 21:42:24
ホモるなら誰とがいい?

303 :犬彦:2008/03/30(日) 01:50:28
おいおい、今日は荒れてんなw
>>295マダラ、単刀直入な言い方だな・・・
でもそのおかげで新シリーズでもお前が生まれたんだし、
っと事は俺がパパ=ミロク・・・
ま、新設定だとそれはないか;フ〜、危ない危ないw
>>296ちび達、ナユタの天然ボケはかわいいから許すw
ヒミカは理想見すぎwロキはムッツリスケベだったんだなw
>>297まぁ許してやれwそのボケは俺は気に入っているw
>>298ナユタもドンマイ!意外な裏設定が見れた感じで
なかなかいいぞ!w
>>299>>300ジャミラ怖え〜、俺は無罪w
カオスはしばいて良し!7回目はお前にまかせる!
>>301味噌ラーメンってたまに食いたくなるよな!
好きだぜ!そういや一週間前に食ったw
ラーメンは基本的に好きだな、得に冬場はうまい!
>>302そうだな〜・・・って
一応乗ってから言うが俺はノーマル!!

よし!寝るか、
スレ主の麒麟がこれを見る日がくるのか?
マダラ転生編の連載はするのか?
天使篇も少しぐらい原稿ができているのか?
マダラ3のゲームは??その前にリメイクか??
謎が謎を呼ぶマダラシリーズ!
忘れずに待っていれば。。。また会えるはずだぜw

304 :以上、自作自演でした。:2008/03/30(日) 20:13:39
料理出来る?

305 :以上、自作自演でした。:2008/03/30(日) 22:00:14
男キャラで背の順で並ぶと二番目の人乙

306 :以上、自作自演でした。:2008/03/30(日) 23:23:29
自分の体のパーツで好きなところは?

307 :ロキ:2008/03/31(月) 01:11:13
むっつりなのは僕じゃありません><


シャモンさ……ギャー

308 :以上、自作自演でした。:2008/03/31(月) 04:38:30
マダラと影王ってそっくりな双子らしいけどゲーム版以外はそうでもないですよね?
某エドガーとマッシュぐらい容姿に隔たりがあるのですが

309 :以上、自作自演でした。:2008/03/31(月) 20:17:11
ヒミカちゃん以外に兄弟姉妹にするなら誰がいい?

310 :以上、自作自演でした。:2008/03/31(月) 21:32:33
マダラリメイクされてももうしょぼんは書いてくれないだろうしなぁ

311 :ヒミカ:2008/04/01(火) 01:11:13
エイプリルフールだしハイパーヒミカタイムだったらマダラの続編は「魍魎戦記HIMIKA」に決定ね(´∀`)

内容はロキやマダラやカオスさんやシャモンさんや影王がヒミカをとりあうの!きゃー(´∀`)

え?お兄ちゃん?お兄ちゃんは別にいいよ…(´∀`)

312 :ヒミカ:2008/04/01(火) 01:11:52
失敗だよー(´∀`)=3

313 :ナユタ:2008/04/01(火) 02:22:25
四月お馬鹿さんの日ですしハイパーナユタタイムだったら続編は「魍魎戦記NAYUTA」として発売なのです(´ー`)

おとなできれいでナイスバディにお姉さまになったナユタが主人公なのです(´ー`)

ストーリーは全く考えつかないですけどとにかくナユタが主人公なのです(´ー`)

うっとりですね(´ー`)

314 :ナユタ:2008/04/01(火) 02:25:34
ぁぅぅ…とりあえず四月お馬鹿さんの日なので嘘をついてから帰ります(´ー`)

ナユタは悪い魔法で子どもの姿にされちゃいましたが本当はせくしーお姉さまなのです(´ー`)

それではまた(´ー`)

315 :以上、自作自演でした。:2008/04/01(火) 12:19:47
昨日ヤ○オクで麒麟ちゃんが2548526円で売られてました。入札したら?


ちなみにマダラは645円。

316 :犬彦:2008/04/01(火) 20:19:59
どわ〜エラー出て書き込めない??

317 :以上、自作自演でした。:2008/04/01(火) 20:21:26
なんだこの厨スレ

318 :犬彦:2008/04/01(火) 20:26:18
おや?書けたみたいだなw
あ、ごめ、今日は寝るわ。
すまん、また今度な!

319 :以上、自作自演でした。:2008/04/02(水) 00:48:04
chuスレ…キススレか…

320 :犬彦:2008/04/02(水) 21:19:37
そか、昨日はエイプリルフールかw
サクっといろいろ答えてくぜ!
料理はできない、食う専門だなw
身長低い二番目は俺か?いや、ちがうよな・・・
自分で好きな所は手首かな?眉毛がない所とは言わんw
ロキとシャモンはあいうちでw
マダラと影王は初期は似てた(つかほぼ一緒)だったけど
マダラ登場してから区別するために変えたんじゃないか?
兄弟か、やっぱヒミカが一番だなwジャミラのネーちゃんも
おもしろいかもw つづく↓

321 :犬彦:2008/04/02(水) 21:26:44
よっしゃ!つづき
マダラリメイクか・・・最後に書いたマダラは
ミレニアムの表紙か?それともカラーズの観音開きのイラスト?
なんにせよ、また描いてくれるとうれしいけどな!
おwヒミカ、俺をのけものにするから失敗したんだぞw
ナユタも、嘘つくからwでもそれもおもしろい設定かもなw
ヤ○オク?マダラ安いwお買い得だなw
キススレって、お前らそんな事しか頭にないんか?
どうだっていいんだw今の目的はスレ主が現れるまで
続ける事だから!
っと、今日は前後編でwよし、テレビ見るか!

322 :犬彦:2008/04/03(木) 19:49:15
どわっ!今日は誰も来てないのかw
初だなwんじゃひとり言でもw
「ラジドラ転生編」の最後で確かマダラはこの時空だか時代にはいないって
幻影みたいのが現れて言ってた気がするが、
そうすると「天使篇」とは繋がらなくなるよな?
まだしょぼんがサイコ終了後に書くって話があった時は
1話2話もラジドラもなかった事にして新たに
書くつもりだったんかな?
海賊本に構想も新たに連載!みたいな事が書いてあったような・・・
(その頃はまだラジドラやってないが)
ま、もし、しょぼんがマダラ書く事になっても
昔のマダラとは絵も設定もだいぶ変わるだろうな。
「僕天」でイラストも描いていないし
サイコでも名前一緒キャラは絵が違うし・・・
はぁ〜〜。。。
と、犬彦のひとり言でしたw

323 :ヒミカ:2008/04/03(木) 22:22:25
ぶっちゃけ途中からマダラシリーズはちょっと行き当たりばったりでもあるよね(´∀`)
でもヒミカも行き当たりばったりなとこあるから気にしなーい(´∀`)


ロキ「気にして下さい><」

324 :ロキ:2008/04/04(金) 03:33:32
どさくさにまぎれて再開したら僕が主人公だと嬉しいな><

ごめんなさい本音が出ました><

325 :以上、自作自演でした。:2008/04/04(金) 16:35:40
ちん毛まん毛が生えてないキャラいますか

326 :犬彦:2008/04/04(金) 22:10:29
オスッ!
俺はヒミカのそんな所が兄として微笑ましいぜw
ロキ、それはないから安心して寝てくれ!バキュ−ン!!
>>325おいおいwそれはロキw

フ〜、今日は知り合いの誕生日で飲みすぎたw
おやすみ〜

327 :犬彦:2008/04/04(金) 22:36:17
オスッ!
俺はヒミカのそんな所が兄として微笑ましいぜw
ロキ、それはないから安心して寝てくれ!バキュ−ン!!
>>325おいおいwそれはロキw

フ〜、今日は知り合いの誕生日で飲みすぎたw
おやすみ〜

328 :カゲオウ:2008/04/04(金) 23:19:34
なぜ二回いう


329 :ロキ:2008/04/05(土) 01:11:11
うわあああん><

ヒミカちゃんのお兄さんこと小舅のユダヤさんが僕を撃った上に僕の秘密をさらしてます><

裁判です><


ヒミカ「裁判官他はヒミカだよー(´∀`)」

330 :以上、自作自演でした。:2008/04/05(土) 17:06:10
ユダヤは小さい子に好かれる率が高いな。
恋愛相手の対象年齢はどれぐらい?

331 :以上、自作自演でした。:2008/04/05(土) 22:50:12
ご飯食べてでかくなりなさい

332 :犬彦:2008/04/06(日) 00:47:55
夜遅くに登場!!
そそwカゲオウ、なぜか回線の調子わるくてミスったw
ツッコミサンキュー!
>>329その裁判は見ものだなwヒミカが兄弟の俺を取るか
未来の旦那になるロキをとるか・・・俺だよな?
>>330確かにガキにはよく好かれるなw
恋愛相手の年齢か・・・ヒミカより下はないな。
年齢というより精神年齢は高くしっかりしてる方がいいな。
自分がこんな性格だからな。
>>331お〜い3兄弟、331さんが心配してくれてるぞ!
ん?3兄弟か?ヒミカ、ロキ、ナユタに決まってるだろw
俺はこれで十分だ・・・。うん十分;;

333 :以上、自作自演でした。:2008/04/06(日) 00:57:17
むしろ三びきの子豚ちゃんだろ>妹・義理の弟・ロリ

334 :だんご三兄妹?:2008/04/06(日) 01:11:13
ヒミカ「ヒミカはこぶたさんじゃないよー裁判だよー(´∀`)」

ロキ「僕はこれから大きくなります><」

ナユタ「…ナユタはちっちゃいけどぶうぶうさんじゃないのです(´ー`)」

ハイパーだんごタイムならヒミカたちは今から八頭身(´∀`)

335 :だんご三兄妹?:2008/04/06(日) 01:14:14
━(´∀`)(><)(´ー`)━

ヒミカ「ハイパーだんごタイムに失敗したからだんごになってみたよ」
ロキ「串刺しはグロいです><」
ナユタ「食べちゃだめですよ」

336 :犬彦:2008/04/06(日) 12:03:03
おはよう〜って遅いかw
>>333ナユタのロリに笑ったw
だんご三兄弟かw懐かしいな。
左からヒミカ、ロキ、ナユタかw
それでもロキ、間に入って幸せそうだな!バキューン!!
あ、悪ぃ・・・♪

337 :以上、自作自演でした。:2008/04/06(日) 20:25:20
ロキ隠れヤンキー説が出てますがユダヤさん的にはどう思うよ

338 :ヒミカ:2008/04/06(日) 22:22:21
ちょいわるカレシも好き(´∀`)

339 :犬彦:2008/04/06(日) 23:38:16
>>337ロッwロキがwヤンキー!!
そういや、職場でよく十頭に缶コーヒーをパシらせてたが
よくしぶってたなw一度も金払ってないからか?
裏で後輩に同じ事してたのか!あいつは!
俺と奴の仲だから許された行為なのに!!
見つけ次第射殺だなw
>>338ヒミカまた調子悪そうだなw
でもあいつはちょいワルどころか
本当のワルにその内なるからな!
妹を泣かすマネしたら射殺w

340 :ロキ:2008/04/07(月) 02:22:22
殺すなんて酷いです><

ぐれちゃいます><

ハイパーロキタイムなら義理のお兄さまでも容赦なくピコピコハンマーで叩きます><

341 :ロキ:2008/04/07(月) 02:23:35
というわけでぶちますね><

えいっ…ぴこっぴこっぴこっぴこっ><


342 :以上、自作自演でした。:2008/04/07(月) 03:47:59
123

343 :犬彦:2008/04/07(月) 19:17:54
ぶwロキ!冗談だよww
んじゃ俺は鉛入りのこのハンマーでwグシャッ!!
>>342 456・・・??

344 :以上、自作自演でした。:2008/04/07(月) 21:51:54
ギルガメシュサーガは最初はおもしろかったが
結局同人レベルで終わったな ザインとか意味無いし

345 :ヒミカ:2008/04/08(火) 01:11:11
お兄ちゃーんロキがつぶれたよー(´∀`)

ハイパーヒミカタイムならロキ復活、それ以外ならヒミカはマダラかナユタと付き合うよ(´∀`)


346 :ヒミカ:2008/04/08(火) 01:13:36
これが愛の力ってやつだね(´∀`)


ロキ「ヒミカちゃん僕嬉しい><」


ナユタ「…ちっ、なのです(´ー`)」

347 :以上、自作自演でした。:2008/04/08(火) 17:13:13
どこの宗教に入ってますか?

348 :犬彦:2008/04/08(火) 19:47:17
>>344そうだな・・・。
でもあれは大塚さんは監修じゃなくて原作だろ?
何かで「壱」でやれなかった事をすべて描きたいような事
言ってたような。
どうせなら「影」もあのまま完結させてほしかった。
要望が多ければ続き描くような事だったが
少なかったのか?
あの人の絵は別に嫌いじゃないんだが・・・。
>>345>>346おおwヒミカw久しぶりのハイパーだなw
失敗すればナユタと付き合うのかw
あいつとは友達で居ろw
>>346ってナユタの「ちっ」ってwどういう関係だ?
ロキはまた浮かれてるなぁ〜〜・・・「ちっ」
>>347残念ながら入ってない。興味がないな。
宗教が悪いとは言わない。別に人それぞれだしな。
俺の信じる物はおのれの信念かな。
何にすがるかは人によって違うからな。

349 :以上、自作自演でした。:2008/04/09(水) 17:26:29
ま○毛つるつるの人がこのスレにいると聞いてとんで来ました

350 :犬彦:2008/04/09(水) 20:17:07
>>349ぶw今日は349しか来てないのか?
飛んで来たって誰に聞いたんだ。
まぁ誰が来ても俺は歓迎するぜw

まぁたお湯が出ないよ!なにやってんだ管理人は!!
今日は風が強くて肌寒かったからな。
熱いお湯にでもつかってノンビリしたいぜ・・・。はぁ〜〜

351 :以上、自作自演でした。:2008/04/09(水) 20:28:31
君はヒミカと風呂に入るのだろう

352 :ナユタ:2008/04/09(水) 22:22:22
おバカップルなロキさんとヒミカさんを見てると、ちっ…って気持ちになっちゃうのです(´ー`)

胸がもやっとして…ナユタは悪い子ですか?(´ー`)

353 :ヒミカ:2008/04/10(木) 00:00:03
ヒミカはいいこ(´∀`)

354 :以上、自作自演でした。:2008/04/10(木) 18:07:47
カオスってキスうまい?

355 :犬彦:2008/04/10(木) 19:50:53
よう!今日は順調にお湯が出てるぜ!!
あ、そんな事ぁどうでもいいかw
>>351そそw今から。ってまたノリ突っ込みじゃねーかw
入った事はない!
>>352ナユタ、お前はいい子だ。確かに兄から見ても
バカップルだからな。しゃーないな、あれだけはw
あとハイパーおめっ!
>>353お前はいい子だ。だがな、ロキと居ると駄目になる。
兄として心配だ・・・。
>>354さぁ・・・ジャミラが知ってるだろ?
俺も上手だぜw

よし!それじゃ風呂一緒に入るぞ〜〜ヒミカ!嘘!

356 :いい子たち:2008/04/10(木) 22:22:23
ナユタ「いい子って誉めてもらえて嬉しいです(´ー`)」

ヒミカ「でもお兄ちゃん、ロキもいい子だからね(´∀`)」

ナユタ「ロキさんはどうでもいい子…あ、今いけないこといっちゃいましたね(´ー`)」

357 :以上、自作自演でした。:2008/04/10(木) 22:23:23
ハイパー失敗したからお兄ちゃんとお風呂入って来るね(´∀`)

358 :ロキ:2008/04/11(金) 01:11:11
僕も転生を繰り返すまではいい子の鏡です…><

359 :以上、自作自演でした。:2008/04/11(金) 01:22:11
冨樫らろき

360 :以上、自作自演でした。:2008/04/11(金) 02:58:15
サッカー部コスのロキに性的嫌がらせをいっぱいしたい。つるつるちんこ触って泣かせたい。

361 :ロキ:2008/04/11(金) 03:33:33
本当は嫌ですけど坊主の○○警察官になって逮捕しますよ#><

362 :以上、自作自演でした。:2008/04/11(金) 18:59:56
マダラは失恋すますた

363 :犬彦:2008/04/11(金) 19:45:57
ういっス!お湯が出ない・・・
>>356ナユタ座布団一枚!
>>357ヒミカか?すまんな、今日はお湯がまだ出ない。
>>358おwハイパーロキだなwそうだな、未来は変わるぜ!
>>359ん?誰だ?
>>360>>361勝手にやってくれ・・・
>>362何!!マダラが失恋!!麒麟か?
それはしゃーない。俺のほうがいい男だからなw

まだお湯が出る気配がないなぁ・・・。
テレビでも見てノンビリ待つか。それじゃ!!

364 :マダラ:2008/04/11(金) 22:22:21
ハイパーマダラタイムならキリンと主役の座が帰ってくる!


ナユタ「愛をとりもどせ…ですね(´ー`)」

365 :影王:2008/04/11(金) 22:24:21
m9(^Д^)プギャー

366 :以上、自作自演でした。:2008/04/12(土) 19:26:48
お湯がでないなら銭湯に行けばいいじゃない。
麒麟や邪魅羅や緋巫佳やナユタのヘアヌードも拝めるかもよ。

367 :犬彦:2008/04/12(土) 21:56:05
>>364ハイパーマダラかwなんか幼稚園戦記で
にたようなのがあったなw
>>365プギャーって、叫びたくなる気持ちもわかるがw
>>366たまに銭湯行くけどなw
しかし拝めるかもって犯罪だろw

よっしゃー!!飲み行って来るw

368 :ナユタ:2008/04/12(土) 22:22:21
私も早くお酒を飲める大人になりたいです(´ー`)


ヒミカ「ヒミカもー(´∀`)」

369 :以上、自作自演でした。:2008/04/13(日) 21:52:18
幼稚園戦記の聖神邪をだっこ

370 :ちびカオス:2008/04/13(日) 22:22:22
ハイパーカオスタイムなら俺もだっこしてくれ

371 :うちはマダラ:2008/04/13(日) 22:36:05
このうちはマダラの前では、お前等は雑魚同然だ。

372 :犬彦:2008/04/13(日) 23:30:50
>>368まだ二人に酒の味はわからんぜ・・・
酔ったらナユタは寝るタイプだなw
ヒミカは騒ぎそうw麒麟と同タイプw
>>369だっこかw俺は小さい頃もマユなしだからなw
>>370おお!ハイパーチビカオス!!
369だっこしてやってくれw
>>371突然の登場だなwうちは一族の謎がそろそろ
明かされそうだしな、え?ナルト、読んでるよw
十頭がナルト好きだよ。
そそw十頭が職場に持ってくるんでwたまに俺も読んでるw

さて、麒麟も現れないし、少し昔の話をしよう。
物語の空白部分、転生編1,2話、ラジドラを3話として
そこから天使篇までの話。
人それぞれ解釈があるかもしれないし矛盾している部分もあるが
とりあえず俺、犬彦視点で少しづつ紹介していく。

373 :犬彦:2008/04/13(日) 23:36:21
転生編C

犬彦は自宅から少し離れた公園についた。ベンチに腰を下ろす。
コンビニで買った袋から缶コーヒーを取り出しタバコに火を付けながら
もう片方の空いた手で器用に缶コーヒーを開けた。
コンビニの袋にはまだ何か入っている。
犬彦は人を待っていた。

犬彦には友人は多くない。
人に好かれないわけではない。好かれたくないのだ。
少し面倒くさがりの性格が人を寄せ付けないようにしている。
そんな犬彦にお構いなしに近寄ってくる人間。伏姫麒麟。
しかし今、犬彦が待っているのは麒麟ではない。

妹、犬彦が待っているのは妹だ。
犬彦の唯一の家族であり、しかし血の繋がりはない。
同じ孤児院で育ち、犬彦を兄としたっているだけの関係。
いや、それだけの関係ではない。

前世でも妹だった。

少し前、犬彦は麒麟と出会い記憶を取り戻した時に
妹 ヒミカの事も思い出していた。
しかし麒麟、ましては沙門に話してはいない。むろんヒミカにもだ。

ヒミカには知らずに過ごしてもらいたい・・犬彦の願いだった。

374 :犬彦:2008/04/13(日) 23:39:05
ヒミカと会うのは2年ぶりぐらいか。
犬彦は2本目のタバコに火を付けようとした時、近づいて来る人影があった。

麒麟だ。
ヒミカを見ても平静を保つような顔を作っていた犬彦の顔が歪む。
「犬彦 見〜つけたっ」
まだ火を付けてないタバコが犬彦の手からひざに落ちた。
缶コーヒーは落とすと大変な事になるので力強く握った。
一口飲んだ後に麒麟が現れていたら顔に吹きかけたのだが・・・
突然の来訪に固まる。
麒麟は両手を後ろに組んだまま顔を覗き込む。
犬彦の返事を待っている。
「よう・・・」
犬彦のやられたって顔を見ると麒麟は満足だった。
いつも犬彦に振り回される、と思っている。
お互い様なのだ。
「何か用か?」
「今日 日曜日でしょ。犬彦に会いたくて」
・・・嘘だ。
犬彦と麒麟は日本中転校を繰り返し、転生戦士を探している。
次のターゲットが決まり、いてもたってもいられないお嬢様なのだ。
その事をわざわざ伝えに来た。ようするに仕事の話だ。
「よくわかったな、ここが」
「その髪の色は目立つからね」
麒麟は伏姫財閥のお嬢様、財閥の力を使えば友人の位置ぐらい
すぐ把握できる。犬彦は携帯電話を持っていない。

375 :犬彦:2008/04/13(日) 23:41:43
麒麟は犬彦のぶら下げているコンビニ袋からレモンティーの
ペットボトルをおもむろに取り出しグイッと飲んだ。
早い行動だ。犬彦が一言も発する間もなく一連の動作を終えた。
「ふ〜、走ってきたから喉が渇いていたの」
最後の方はお嬢様口調で話した。
走ってもない、財閥の車が公園の外に止めてある。
犬彦はやれやれと思い次の質問にそなえた。
「犬彦君はレモンティー飲まないよね?」
君付けか。犬彦は麒麟に対して普段はぶっきらぼうな性格だ。
犬彦が飲み物を用意して人を待っている。
それが少し麒麟には気に触るようだ。

「妹を待っている・・・」
犬彦は話した。
「え、妹さん?」
「あぁ」
麒麟はこれでいて頭がいい。
かれこれ犬彦とは2年ぐらいの付き合いだが妹の話は始めて聞いた。
犬彦は一度も妹の話をした事がない。
別にそれは不思議な事でも何でもない。話したくなければ話さないだろう。
しかし以前に犬彦は麒麟に家族は一人もいないと話している。
それが犬彦の失敗だった。麒麟に隠していた証拠になる。
「もしかして、その妹さんは・・」
「そうだ、前世でも一緒だったヒミカだ」
麒麟が驚くと同時に背後から声がした。
「お兄ちゃんゴメン!待った?」ヒミカだ。

犬彦が麒麟に妹と会う事を話したのはすぐこの場から立ち去ってほしかったからだ。

376 :犬彦:2008/04/13(日) 23:43:28
遅かった。

麒麟は前世の話をヒミカにしてしまうかもしれない。
どうするか、とりあえず妹の手を取りその場を離れようとした、その時、
「キリンさん?ですよね?」
犬彦の動きが止まった。麒麟の表情も驚いている。
犬彦は麒麟の話をヒミカにした事がない。
しかし犬彦には麒麟ではなく前世の名であるキリンと言ったように聞こえた。

答えは一つだった。ヒミカが前世の記憶をすでに持っている。
次のヒミカの言葉で確定だった。
「この時代でも会えてうれしいで・」
「ヒミカちゃん、いつから・・?」
麒麟がヒミカの質問をかき消すように聞いた。
犬彦もよくわからない状況で頭をフル回転させていたが、
結果的に自分の言いたい事を先に麒麟が発していた。
「私は物心ついた時からすでに記憶があったの」
犬彦は驚いた。まだ自分すら記憶を持っていない昔からヒミカが
前世の記憶を持っていた??
「なぜ今まで話さなかっ・・」
犬彦が途中まで言いかけた瞬間、麒麟が犬彦の腕をつかみ言葉を止めた。
麒麟も犬彦もわかっていた。ヒミカが話さなかった理由・・・

ようするに兄想いなのだ。
犬彦と同じ考え。前世の記憶に縛られずに生きてほしいと。

377 :犬彦:2008/04/13(日) 23:45:13
「やさしいね、ヒミカちゃん。苦しかったでしょ?」
麒麟がヒミカを抱きしめる。同じ境遇の仲間がいる事でヒミカは救われる。

犬彦は麒麟がこの場に居てよかったと思った。


夕方、3人は駅に向かった。その帰りぎわにヒミカが話した。
「私、前世で見た事ある人、知ってるの」
すでにヒミカは転生した仲間を見つけている?
近頃からっきしの伏姫財閥より優秀だ。
「ただ知っているだけで話はした事ないんだけど」
それがいい。犬彦は安堵した。ヒミカに危険な事はさせないつもりだ。

「わかった。そいつの居場所は?」
「今はまだ待ってほしいの、また今度連絡するから」
「?」
犬彦はそれ以上聞かなかった。ヒミカはしっかりしている性格だ、心配ない。
今日はこれ以上いろいろ話しをするのは良くないと判断した。
犬彦はヒミカの今度と言う言葉に従った。

ヒミカを駅まで送り、麒麟と二人になった。

そういや麒麟の用事をまだ聞いていない。
麒麟を見た。笑顔で犬彦を見つめ返す。麒麟は今日満足だった。


378 :以上、自作自演でした。:2008/04/14(月) 08:09:13
このペースで書いてたらクソ長くなるんじゃね?
もっとあらすじ、ダイジェストでいいだろ

379 :犬彦:2008/04/14(月) 12:34:35
おはようって、また遅かったぜw
今日は非番だしなw
>>378感想ありがとう。そうだな、
ついつい余計な事まで書いてしまうなw
まぁ、ノンビリ行こうぜw

タバコがきれたぜ。買って来るw

380 :以上、自作自演でした。:2008/04/15(火) 10:53:17
ヒミカはルーズソックスと紺のハイソどっちが似合うだろう
兄の意見をききたい

381 :犬彦:2008/04/15(火) 11:30:08
あ〜腹減った。
>>380う〜ん、どっちも似合うんだろうが
ルーズの方がヒミカは似合いそうだな。
ハイソは麒麟だろうな。
ルーズ→遊んでるっぽい、ハイソ→お嬢様っぽい
まぁどっちでもいいやwあんま興味ねぇしw

それより腹減ったよ。昼メシ何かなぁ〜〜。

382 :以上、自作自演でした。:2008/04/15(火) 11:32:52
犬彦はプーなのか

383 :以上、自作自演でした。:2008/04/18(金) 14:25:32
犬彦生きてるか?

384 :ナユタ:2008/04/19(土) 02:22:21
お酒を飲んでみたらずっと寝ちゃいました(´ー`)

タイムカプセルいらずです(´ー`)

わたしの知らないところでセイシンジャさんもキリンさんもヒミカさんも皆さんも重い宿命を背負ってるんですね(´ー`)

癒してあげたいです(´ー`)

385 :犬彦:2008/04/19(土) 23:41:55
ご無沙汰〜〜w
いやいや、ちょい出張で留守してたぜ!
今帰宅したばっかり!さて質問コーナーだなw
>>382プーっておいおい、今仕事帰りだぜ!
>>383生きてるぜ!でも108回目だからな、
死なないようにしないとw出張中は接待で酒飲まされて
死にそうだったけどなw
>>384ナユタ〜も久しぶり!酒は未成年はダメだぞw
どうみたってお子ちゃまだろ?実は年上ってか?
ん!それもおもしろいかも?
そうそう、感想ありがとな。

そいじゃおやすみ〜〜

386 :犬彦:2008/04/20(日) 10:46:35
そしておはよう〜w
さて、昔の話でもしようか。
また長くなってしまうかもしれんが、
暇人は付き合ってくれw

転生編D
翌日、犬彦は伏姫家まで出向いていた。
麒麟の相談。昨日麒麟は思いつめたように話した。
「沙門兄さんの事で・・・」
沙門は伏姫家とは縁が深い。麒麟が小さい頃、住み込みの家庭教師をしていたらしい。
また、伏姫家に代々伝わる文献などを解読し助言者とも呼ばれている。

伏姫家の敷地は限りなく広い、その一角を沙門が貸しきり一向に表に顔を出さないようだ。
「ほっとけ」犬彦は言った。
しかし麒麟は心配だった。これでも麒麟は沙門を兄のように慕っている。
それが犬彦にはたまらなく嫌だった。
以前に麒麟が沙門を尋ねたところ、門前払いされたらしい。

結局、犬彦は断りきれず、また、昨日の借りもあった為ここまで来た。
「何日引きこもってんだ?あいつは?」
「もう一ヶ月ぐらい」
「かぁ、ネクラだからな、奴は」
犬彦は笑った。しかし沙門が意味もなく行動しない事はわかっている。
何かをしている・・・それが不安だ。

二人は沙門の居る建物に着いた。
建物は冷たいコンクリートで固められている。窓はない。
「変わった・・・建物だな?」
「沙門兄さんがここに閉じこもる前に古家を改造したの」
すべては沙門の為に作られた城、ますます不気味だ。

387 :犬彦:2008/04/20(日) 10:49:16
麒麟はドアのインターホンを押した。
扉は頑丈な鉄でできている。唯一お互いを確認できるのぞき窓がついている。
牢屋、そうだった。沙門は自分で作り上げた牢屋の中に居る。
ガチャ
覗き窓が左にずれて沙門が現れた。
「沙門兄さん・・・」
覗き窓からは目しか見えない。犬彦は麒麟の後ろから様子を伺っていた。
沙門の目は狂っているような目はしてない。普段通りの目だった。
「ここにはしばらく来ないでくれ」
沙門が話したと同時に後ろの犬彦に気付いた。
「やぁキミもいたのか?よっぽど麒麟は僕が心配みたいだ」
目しか見えないが沙門のにやけた顔が犬彦には想像できた。
「扉を開けな」単刀直入に犬彦は言う。
「無理だな。」沙門は続けて言う。
「今私がしている事は必要な事なんだ。あと少しで完了する」
何が必要で何が完了するのか?
むろん犬彦と麒麟には理解できない、沙門はわざとそうゆう言い回しをする。
気に入らない、やっぱり奴は!犬彦は背中にあった物を取り出した。
クサナギの剣、同時に掌妙勁を剣に流し込んだ!
霊妙剣。犬彦は構えた。
「犬彦っ!やめて」
慌てる麒麟、沙門はまだ平静を保っている。犬彦はそれが気に入らない。
「扉を開けな」犬彦は叫ぶ。
沙門は目を閉じしばらく考えた後で「しょうがない」と扉を開けた。
「今は仲間同士で争う時じゃないからね」
沙門は俺たちを仲間なんて本当に思っているんだろうか?
そんな事はどうでもいい。結局は犬彦が悪者扱いで締めくくられた。

388 :犬彦:2008/04/20(日) 10:51:08
建物の中は異様な寒気とわけがわからない機械の配線が廊下の左右に
無造作に置かれている
沙門、麒麟、犬彦の順に中を進む。
沙門がドアの前で立ち止まり片手でノブを握り話した。
「前もって言っとくがこれは俺たち転生戦士に必要な事なんだ。
見た目だけの現実に惑わされないでくれ」
そう言うと沙門はドアを開けた。

廊下の狭さとは想像できない広い部屋にでる。
室内は暗がりだがわけがわからない機械が多数置かれているのは確認できる。
その中央、大きな縦長の水槽のような物が見えた。
この水槽の為に機械が存在しているのはあきらかだった。
機械の配線はこの水槽に集約されている。
沙門はドアの入口で腕を組み寄りかかりながら、物色している二人を見ている。
麒麟と犬彦は部屋の中央にある水槽に近づいた。
「なっ!」
麒麟と犬彦は同時に声を上げ、麒麟は両手で口を押さえた。
大きな水槽の中にある物、それは人の形をしている。
いや、人の形をしている物ではなく人間だった。
16歳か17歳ぐらいの全裸の女性が水槽の中で眠っているように浮いている。
「沙門っ!!」
犬彦は振り向き叫んだ。沙門は両手をズボンのポケットに入れ近づいて来た。
麒麟は水槽の中の女性をずっと見つめていた。

389 :犬彦:2008/04/20(日) 10:52:43
「この子は・・会った事がある」麒麟が水槽に手を触れてつぶやいた。
「覚えているか麒麟、この子の前世での名は風姫」沙門が麒麟の横に立った。
麒麟はこの子が誰であるか理解した。前世でマダラと旅をしていた時に
結跏珠(聖剣クサナギから光のクサナギへする道具)
をマダラに託してくれた少女だった。
しかし、それがなぜこんな水槽の中にいるのか??
「現世で彼女は結跏珠そのものなんだ。伏姫家の古い文献と
私の研究であきらかになった」
犬彦は意味がわからなかった。今、犬彦の持っているクサナギには
結跏珠がすでに装着されている。
「それはある機関が作り出したコピーだよ、犬彦」
沙門は犬彦をちらっと見て話を続けた。
「しかし風姫が結跏珠そのものだとしても結跏珠にする方法がわからなかった
今まではね。」
「つまりこれは風姫を結跏珠にするに必要な事だって事か?」
「その通り、転生戦士も揃いつつある。そして2本のクサナギ、結跏珠
 これの一つでも欠ければ門(ゲート)は開かない」
ゲート・・・犬彦には久しぶりに聞いた語句だった。
時を越える為にいくつもの門をくぐってきた。しかし今回のゲートは違う。
アガルタとの決戦へと導くゲート。
「もう少しで風姫は消滅し結跏珠へと変化する・・・」
「消滅?・・・」麒麟がつぶやいた。

390 :犬彦:2008/04/20(日) 10:55:06
そうか、犬彦は理解した。沙門の説明ではなく麒麟が犬彦を呼んだ意味を。
わざわざ沙門と犬猿の仲の犬彦を呼んだ理由。
沙門の理屈はいつも正しい、長い付き合いの麒麟はよく知っているはずだ。
今回の件もそうだ。沙門の説明にまちがいはない。
しかし、正しい事だから、古くからの付き合いだから、
伏姫家は・・、麒麟は反論できない。
周りの意思とはお構いなしに沙門は自分の理屈を並べ、従わせる。
犬彦はちがう。自分の判断で、自分の意思で行動できる。
犬彦を呼んだのは麒麟の小さな抵抗だった。
犬彦はクサナギの剣を取り出した。
「よせ、何をするつもりだ」沙門は犬彦の肩をつかんだ。
「気に入らない、やり方がな。だからぶっ壊す」
「私の説明を理解できなかったのか?犬彦っ」

犬彦は今度こそは剣を振り下ろし水槽を破壊した。

中の液体が溢れ出し麒麟が風姫を抱きかかえる。
今回麒麟は犬彦を止めなかった。こういう事か、と沙門は思った。

391 :犬彦:2008/04/21(月) 19:18:49
ウィッス!!
・・・なんだ誰もいないのかw
じゃテレビでも見るかw

392 :犬彦:2008/04/23(水) 16:52:46
今日も俺だけか、じゃ勝手に話を進めるぜw

転生編E
一週間が経った。風姫は伏姫家に引き取られ麒麟が面倒みている。
風姫は喋る事も聞く事もできない状態だった。
ただ、たまに麒麟をうつろな目で見上げるらしい。車椅子の生活だった。
伏姫家も麒麟も今回の事は沙門に問わない。今までどおり沙門は
何食わぬ顔で伏姫家を出入りして研究やら調査だかをしているらしい。

犬彦は今、ヒミカと国立競技場でサッカーを見ている。
スポーツ観戦とか犬彦には興味がなかった。
望んだ退屈ではなく与えられた退屈、苦痛だ。
はしゃいでいるのは妹のヒミカだけだ。周りの観客も含めてだが。
犬彦は足を組み、ひざにヒジをついて手の平に顔を乗せた。寝る準備だ。
だが競技場は熱気に溢れ、とても寝られる状態ではなかった。
なぜ犬彦がここに居るのか?むろんヒミカのお願いだった。
高校生同士の試合、出場選手にとっては引退最後の試合、決勝戦だった。
試合が終わる10分前ぐらいだろうか?突然ヒミカが犬彦の耳元で話した。
「あのシマ模様のユニホーム着ている方の10番、仲間だよ」
犬彦はハッと目が覚めた。寝ていた訳ではないが感覚が鋭くなった。
「この間、知ってると言った人、十頭君、今日で大事な試合が終わるから」
犬彦は身を乗り出して10番を探した。それと同時だった。

393 :以上、自作自演でした。:2008/04/23(水) 16:53:49
大きな光と風が吹き荒れ、でかい爆発音がした。
犬彦と反対側のスタンドが爆発した。
反対スタンドの半分の観客が吹き飛んだ。
平和な時から突然の地獄絵図に変わった。
煙か砂ぼこりかわからない物が立ち上がりさっきまで居た人たちは砕け散った。
「今のは爆弾じゃない、少龍だ・・・」犬彦はヒミカを抱えながら呟いた。
「ヒミカ!お前は周りの人と一緒に非難しろ!」
「お、お兄ちゃん!!」ヒミカの呼び止めにも振り向かず犬彦は
布で包まれた長い筒を持ち反対側のスタンドへ向かった。
今のは少龍、ならば放ったのは前世に関係のある奴だ、
しかしどうも不に落ちない。犬彦は不安を抱え走った。
なぜ?犬彦は不安なのか??
犬彦の目の前で爆発・・・犬彦には何かの合図に見えた。
何の合図か??たぶんそれは犬彦に自分の存在を気付かせる合図。

逃げ惑う人々の中に犬彦を目指して一直線に歩いてくる人影が見える。
足までの長い白色のコート姿で顔はフードに覆われ見えない、だが、
この状況化で平然として歩いてくる、
犬彦はその人影を見て核心した。奴が少龍を放った!

394 :犬彦:2008/04/23(水) 16:55:05
フードの男と犬彦は選手が出入りする通路で向かいあった。
「何もんだぁ!てめーは!」
フードの男の少しだけ見える口元が笑った。
犬彦は布で包まれた長い筒からクサナギの剣を取り出し構える。
「何もんだってっ、聞いてんだろうがよっ!!」霊妙剣を放った。
飛び出した光の刃はフードの男を捕らえる。
だが・・・フードの男の少龍により霊妙剣はかき消された。
「その状態のクサナギの剣では無理だな」男はなぜか残念そうに話した。

「だったらテメーの心臓に突き刺してやるぜぇ!!」
犬彦はクサナギの剣をフードの男に構え走り出した。

フードの男は両手を手前に出し風の防御壁を作った
「ぬぉっ・・」犬彦の動きが止まる、クサナギの剣先が男の胸の直前まできていた。
「くっ、そうっっ・・」犬彦は力を入れ前へ進もうとするが一向に動かない。
その時、犬彦の背後から声が聞こえた。
「お兄ちゃん!」「聖神邪っ!」

395 :犬彦:2008/04/23(水) 16:55:43
一人はヒミカだった。
振り向く余裕がない犬彦にはもう一人が誰だかわからなかった。が、
前世の名を呼んでいた。
「バッ、逃げ・・」犬彦はこの状況下でヒミカの安否を気にしていた。
犬彦の背後から謎の声の人物が走って近づき犬彦の持つクサナギの剣に
手を重ね、フードの男の方へと力を入れ加勢した。
「お前っ!」犬彦が加勢している男を見て気付いた。
「久しぶりです。聖神邪」
「ロキ!」犬彦は剣に力を加えつつもロキの方を見てニッと笑った。
「ぬぅおおおぉぉりゃっっ!!」
クサナギの剣が風の防御壁を突き抜けた。
防御壁が維持できなくなり風が狭い通路に吹き荒れた。
そのまま犬彦とロキはクサナギの剣をフードの男に突きつけた!
クサナギの剣がフードの男の胸に突き刺さる!
いや、突き刺さらなかった。果物ナイフを鉄にあてたような感覚。
「なっ!」
二人は力を入れる。しかしクサナギの剣はそれ以上進まない。
「新型のバイオギミックだよ、ユダヤ・・・」
男のフードが吹き荒れる風によって背中へと移動し顔があきらかになった。

「カ、カオス・・」 犬彦はフードの男の名を呼んだ。


396 :以上、自作自演でした。:2008/04/24(木) 01:57:58
何のスレかわからなくなってるな

397 :カオス:2008/04/24(木) 03:03:22
俺にはわかる

398 :犬彦:2008/04/24(木) 17:14:25
うぃっス!
今日はまだ仕事は終わってない。
けど仕事中ではないからなw休憩じかんだw

>>396確かにそうだなwすまない!
まぁ、マダラって作品は今までの漫画と違って
同人など公認してたから、こう言う進め方でもいいかなってw
先にも書いたが空白部分は人それぞれの解釈があるので
パラレルワールド的な感じで読んでもらえればなと思う。
>>397ようカオス!久しぶり?だなw
わかってくれるなんてお前らしくなくて不気味だが、
まだ付き合ってもらうぜ!

さて、仕事に戻りますか・・・。

399 :犬彦:2008/04/25(金) 18:43:53
この頃めっきり遊びに来る人が減ったな・・・
と、言う事で続き↓

転生編F
カオスは人里離れた山奥の建物にいた。
もう一人、建物の中になにやら大型の機械を操作する老人の姿が見える。
「徐福、」
「お帰りなさいませ、カオス様」
この建物の中にある機械類は何故か沙門が風姫に使用していた物と酷似していた。
同じように中央には縦長の水槽がありカオスの半身が浮いている。
「お会いになられたので?赤の戦士に?」
「ああ」
機械だらけの部屋になぜか置いてあるソファーにカオスは腰を降ろし
両手を組んで除福に話した。
「ユダヤはこの時代でも俺を殺さないだろう・・・。俺の顔を見たとき
奴の剣が鈍った・・・」
カオスは対となる存在、愛する者に7回殺さなければ罪を贖えない。
いや、罪と言うよりアガルタにかけられた呪縛。
しかし対となる存在のユダヤはカオスを6回までしか殺してない。
カオスが狂うか、よっぽどの理由がない限りユダヤは手を出さなかった。
これが最後の転生、108回目の最後の時、もしこの時代で殺されなければ・・
未来永劫アガルタの呪縛に縛られたまま生き続けなければならない。

そう、アガルタの奴隷として・・・カオスは焦っていた・・・。

「そうでございますか。ならばあの計画を遂行するおつもりで?」
「ああ、そうだな・・・」カオスはうつむいた。

400 :犬彦:2008/04/25(金) 18:44:49
場所は変わって都内高級ホテルの一室。車が4、5台は止められる程のスペースがある。
部屋の中は映画で見るセットのような高級なインテリアで飾られていた。
中には沙門と犬彦がいる。沙門は窓際に立ち外を見ていた。
犬彦は組んだ足をテーブルに乗せ座っていた。
「んで、用ってなんだ」
「君に会わせたい人がいてね」沙門は振り向かずそのまま話した。
「もうすぐ来るはずだよ、赤の戦士、青の戦士に縁が深い人物がね・・」
犬彦はその場で立ち上がった。沙門は振り向いた。
「大徳寺貴更、前世での名はジャミラ」
「貴更・・・」
「君はすでに知り合いだったはず」
そう、犬彦はこの時代で貴更とはすでに知り合っていた。
麒麟と会うよりも更に2年ぐらい前、
犬彦はサクリファイスという名のバンドをしていた。
メンバーは4人、活動なんてほとんどしてない。ただ、
4人が自然に集まり飛び入りライブを繰り返しているだけだった。
伝説になっていたサクリファイスの曲。

それに貴更が目を付けた。貴更は一度だけライブを目にした。
どうしてなのか貴更はライブ中ずっと泣いていた。
そしてサクリファイスの音源を残したいと考えるようになった。

貴更は大徳寺グループと呼ばれるいくつもの会社を束ねる代表の一人娘だった。
親からは3つの会社をもらい受け当時経営していた。
その内ひとつ、音楽関係の会社からサクリファイスの音源を発表したかった。
だが、

メンバーの所在はいつも不明だった。

しかし犬彦と貴更は出会った・・・前世の記憶を持たないまま。

401 :犬彦:2008/04/25(金) 18:45:36
犬彦は貴更の会社から音源を発表する計画にOKを出していた。ただ、次はいつメンバーが
揃うかわからないぜと、いつも茶化して犬彦は言っていた。
いつ揃うかわからないメンバー、
貴更は生活のほとんどを犬彦とともに過ごすようになっていた。
懐かしい兄弟のような恋人同士のような感覚、

そしてサクリファイスの音源は一度だけ収録された。
しかし、貴更の受け持っていた会社はすでに倒産していた。

世間ではやり手の女経営者と貴更は呼ばれていたが、男に夢中になり
会社経営をほったらかしていたと週刊誌に冷たく報道された。

貴更の手元にはサクリファイスの音源がある。
これを使い親の力を借りれば会社を再生できる。
しかし貴更は使わなかった。

収録後に犬彦は言っていた。
「これは誰の物でもない、お前の物だ。だからお前の為の演奏だ」
お世辞でも何でもない、犬彦の本心だった。
貴更はこの音源を自分の物だけにしたかったのだ。

それから二人は会っていない。
目的が達成された事で二人が会う理由が見つからなかったのだ・・・。

402 :以上、自作自演でした。:2008/04/25(金) 20:23:30
ふみゅん死んだ?

403 :以上、自作自演でした。:2008/04/26(土) 03:07:37
犬彦ヒマやのう…

404 :犬彦:2008/04/26(土) 12:08:04
オッス!
>>402ふみゅんて誰だ??
>>403言わないでくれw
しばらくは音楽関係の仕事?いや音楽関係の仕事してる奴から
いろいろ頼まれて空いた時間に趣味でやってた時があったが、
今はこれと言って打ち込む物がないからな、
確かに暇かもw
まぁ仕事関係上、あと2,3ヶ月は暇人だなw

さて今日も一日がんばるか!もう午後だけどw

405 :以上、自作自演でした。:2008/04/26(土) 14:00:18
何この日記帳

406 :以上、自作自演でした。:2008/04/26(土) 14:05:24
赤い日記帳@赤組4

407 :以上、自作自演でした。:2008/04/26(土) 19:50:15
途中からマダラの影が薄くなったのにはワロタ
人気投票で負けたから?

408 :以上、自作自演でした。:2008/04/26(土) 20:38:15
影王と聖神邪とカオスに人気が別れたからな

409 :以上、自作自演でした。:2008/04/26(土) 22:04:57
なぜこのシリーズは女キャラ人気が皆無なのか

410 :以上、自作自演でした。:2008/04/26(土) 22:16:03
ヒミカはそれなりに人気あったような

411 :犬彦:2008/04/27(日) 00:28:52
ただいま〜wおw今日は何人か遊びにきてるなw
>>405>>406日記程度に見てくれ。
だけど俺はスレ主じゃないけどなw
少しだけ代理予定なんだが、一向にスレ主が現れんw
>>407>>408それはどの漫画でも言えることだが
主人公の宿命って奴だな。かわいそうにw
>>409>>410個人的には芙蓉の絵柄が一番好きだったな。
って、やっぱり麒麟が一番さw

412 :ヒミカ:2008/04/27(日) 01:11:12
やっほーヒミカのお話があったからきたよー(´∀`)

>>411
お兄ちゃん!ヒミカは!ヒミカは一番かわいくないの!?(#´∀`)


ナユタ「ナユタが一番かわいいのです(´ー`)」


うるさいよ三千五百X歳(´∀`)



ナユタ「(#´ー`)ムッ」

413 :犬彦:2008/04/27(日) 13:37:41
>>412久しぶりだな!ヒミカ!
いや〜やっぱりヒミカが一番だよなw
「風になるまで」のエピソードは好きだぜ!
ナユタは・・・え??・・3千・・・って
本当か?wすごいな、転生いらずだなw

414 :以上、自作自演でした。:2008/04/27(日) 17:46:28
いぬぴこさん、眉毛と身長どちらがほしいですか?

415 :以上、自作自演でした。:2008/04/27(日) 19:26:28
もたい「うぼえ!」

416 :ナユタ:2008/04/27(日) 22:22:23
違うんですセイシンジャさん!
ヒミカちゃんが勝手に私のコールドスリープ中の時間を私の実年齢に加算しただけなんです(´ー`)
だから本当はナユタが一番若いのです(´ー`)


ヒミカ「あはっナユタったらおこちゃまだー(´∀`)」


むっ(#´ー`)

417 :以上、自作自演でした。:2008/04/28(月) 10:52:38
幼稚園戦記ではロキとヒミカの子孫だったな>ナユタ

418 :犬彦:2008/04/28(月) 12:14:36
おはよ〜!
>>415もたいさん 久しぶり!??え?誰?
新キャラ?
>>416コールドスリープか!なるほど。
若作りしてるわけではないんだなwファンも
納得するだろう。
>>417って事はナユタは、壱の時代までコールドスリープで
その後、子孫として転生したって事だな?
そうすると、ロキ、ヒミカ、ナユタのトリオは
おもしろい関係だなw

419 :以上、自作自演でした。:2008/04/28(月) 15:23:35
モアイさん

420 :以上、自作自演でした。:2008/04/29(火) 04:18:20
エロパロから流れてきてるなw

421 :以上、自作自演でした。:2008/04/29(火) 10:46:32
イヌ彦?いいえサル彦です。

422 :犬彦:2008/04/29(火) 13:43:04
オッス!
>>414ごめん、コメント飛ばしてたみたいだwすまない。
身長と眉毛の話しだったな、やっぱり・・・(身長かなw)
>>419>>420おおwそうなのか、何にせよマダラを
まだ覚えてくれてる人が遊びに来るのはうれしいな。
>>421ムキー!!!サルって言うなぁああ!!
でもバナナは好きw

423 :以上、自作自演でした。:2008/04/29(火) 19:09:17
すきな音楽のジャンルは

424 :犬彦:2008/04/30(水) 13:33:03
ウィッス!
世間はGWだが俺は暇なしの仕事だぜw
>>423好きな音楽のジャンルか。
昔は洋楽をよく聞いていたな、「スキッドロウ」とか、
でも歌詞が英語なんでいまいち感情移入できなくてな、
ノリだけで聞いてたなw
今はごく一般のポップス系が好きかな。
音楽はその時の気分で聴くジャンルが変わるな。

425 :犬彦:2008/05/02(金) 18:53:45
他の奴らはGW休みか・・・ ・・・
はぁ〜、もうちっと休みがちゃんとほしいなw
さて、赤い日記帳でも紹介するかw
転生編G
「そうか、あいつが来るのか」犬彦はつぶやいた、何の為に?
「彼女、貴更はすでに覚醒している、君に会いたがっていた。
たぶんだが、カオスの事で君に用事だろう・・」
「!カオス・・?」
「会ったのだろう?犬彦、カオスに?」
「ああ、さすが沙門さんだ。お見通しって訳か」
あの日、サッカー場で相手がカオスとわかった時、犬彦は何もせずにそのまま
立ち去るカオスを見ていた。

「貴更もカオスとコンタクトがあったと私に話したよ、
その事でどうしても君に会いたいと連絡してきた。」
しばらくして犬彦と沙門が待つホテルの一室に貴更が現れた。
「犬彦・・・」
あの頃と何も変わってないな、と犬彦は思った。
貴更は犬彦の方へ歩み寄ると突然犬彦の両腕をつかみ泣き叫んだ。
「お願い、カオスを!カオスを止めて!これ以上罪を重ねてほしくない!」
そうだ、さっき沙門は貴更は覚醒していると言っていた。
今の貴更は大徳寺貴更ではなく前世でカオスを愛した邪魅羅、犬彦は理解した。
「詳しく話せ、貴更」しかし犬彦は邪魅羅ではなく貴更と呼んだ。

426 :犬彦:2008/05/02(金) 18:56:11
カオスの計画、どうして貴更に話したのか?止めてもらいたかった?
いやカオスは犬彦に最後のチャンスをやったのだ。
出来る事なら犬彦、ユダヤの手で終わりたい、それがカオスの望み。

沙門が犬彦と貴更の間に割って入る。「カオスの計画の話をしよう」
「あぁ、頼む」犬彦は聞く準備に入った。
「今のカオスの望みは何だと思う、真王になる事か?アガルタに打ち勝つ事か?
いや違う・・・。今のカオスの望みは赤の戦士に殺される事」
「なっ・・」
「もう理解しているだろう?犬彦、カオスは七度愛する物の手で、赤の戦士に
殺されなければならない、そして今回がカオスにとって最後の7回目」
「あぁ、」犬彦は忌まわしい前世の記憶を思い出していた。
「しかし108度目の転生でカオスは狂う事ができない、そしてサッカー場で
犬彦に会い確かめた。君が殺してくれるかどうかをね・・・」
そうだった、あの時のあいつの目は狂っていない。

「カオスはスペアの存在に気付いている。君を殺し、代わりに覚醒した赤の戦士に
自分を殺させる。赤、青のスペアは今、府中刑務所にいるよ、
名をレオンとグレイシー。前世では蒼炎・颶風」

427 :犬彦:2008/05/02(金) 18:56:49
「スペアに殺してもらうってか・・・」犬彦は別にそれも構わないと思っていた。
俺はもうカオスを殺せない、犬彦も自分に与えられた使命に疲れていた。
「今晩、カオスは府中刑務所に現れレオンとグレイシーを脱獄させる、
それを止めるのが君の使命だ」
「なるほど、どうやって止める、殺せって言うのか?」
犬彦は今回の件は断るつもりだった。
「転生戦士が一人でも欠けたらゲートは開かないし君は殺せない、
カオスに教えてやるんだ」
「?! 何をだ?」
「アガルタに打ち勝てばカオスの呪縛は消える、とね」
沙門の言う事は確かに理屈はあっている、アガルタの呪いならもとを断てばいい、
だが今のままではゲートすら開かない。
「すでに駒は揃っているんだよ、犬彦」沙門は意味ありげに話を続けた。
「ロキ、ジャミラ、沙門、麒麟、ユダヤ、カオス、ヒミカ、影王・・・
そう影王だった光河光は既にいないが、これで八人、そしてマダラ」
「マダラ??」犬彦は沙門の近くへ歩み寄った。
「そう八人の転生戦士とマダラ。犬彦、取引をしよう」
「取引?」
「君がカオスを止める事が出来たなら教えよう・・・マダラの居場所を」

428 :以上、自作自演でした。:2008/05/03(土) 07:49:36
シャムロックきたか

429 :犬彦:2008/05/03(土) 14:52:32
暑い・・・今日マジで暑い。
PCも熱いw仕事にならない、我慢大会w
まだ5月だけどクーラーつけてもいいだろ?・・・
>>428レオンとグレイシーが何で日本の刑務所に??
なんて細かい事は気にしないでくれw
とりあえずすべてが結びつくようにはしてあるんだが
全部描くとすごく長くなるので、全部終了した後に
軽く説明も入れようと思ってる。

暑い中、GWなのに仕事してる人!頑張ろう!!w

430 :以上、自作自演でした。:2008/05/03(土) 18:33:40
ほんと暑いよな

431 :ちび二人:2008/05/03(土) 22:22:21
ヒミカ「アイス食べたい…ディズニーランド行きたい…(´∀`)」

ナユタ「つれていってください(´ー`)」

432 :犬彦:2008/05/04(日) 13:31:53
今日はそんなに天気が良くないから暑くないなw
>>430暑くても水分取りすぎると腹壊すからな、
気をつけようぜ!特に夏の風邪は辛いからな・・・
>>431おwハイパー不発か・・・
よし!!俺からロキにお願いしてやろう!
あ、お兄ちゃんもディズニーシーなら行きたいw

433 :伏姫麒麟:2008/05/04(日) 14:01:14
犬彦いつもありがとう。
犬彦みたいに全レスは出来ないけど、久しぶりに来てみたわ。



434 :ちびたち:2008/05/05(月) 05:55:53
ヒミカ「あ!キリンさんだ!おかえりなさい(´∀`)

ロキ「ディズニーシー計画の真っ最中に運命の再会ですね><」

ナユタ「5月5日5時55(分にハイパーちびっこタイムをとったら奇跡がまたおきますよ´ー`)」

435 :以上、自作自演でした。:2008/05/05(月) 05:57:49
ヒミカ「ありゃ。これはロキのせいだね(´∀`)」

ナユタ「ロキさんのせいでマダラの新作ゲーム&真の完結編発刊がなくなりましたね(´ー`)」

ロキ「濡れ衣です><#」

436 :以上、自作自演でした。:2008/05/05(月) 06:10:12
>>434
ナユタ顔でかすぎ

437 :ちびたち:2008/05/05(月) 11:11:12
ナユタ「(こ、これが子どもの日の奇跡なのです。えへんなのです´ー`)」

ロキ「怖いです><」

ヒミカ「コンゴウモアイもこいのぼりもミロク帝もびっくりだね(´∀`)」

438 :伏姫麒麟:2008/05/05(月) 11:24:19
何か放置してたから答えておくわ。

>14
雪が降ると運転が大変になるとか、
車の中に暖房をかけないといけないとか、
幾つか考えられるけど、
実際のところは運転手さんに聞かないと分からないわね。

>32
私はゲームのSFC版MADARA2から入ったわね。
その後天使篇を読んだり、漫画版を読んだりし始めて、
今に至るっていう訳。
だから私もゲームのMADARAは結構好きよ。
一番好きなのは漫画のMADARA赤かな。

>38
MADARAキャラと名無しが適当に雑談する感じじゃないかしら。
私はさんざん放置してたから、何とも言えないけど。

>58
1は難しすぎて序盤で投げちゃったから、
2だけ答えるわ。

すばる:しっかりした気立てのいい女の子だったわね。
斑くんが守ってあげたいって思うのも分かるわ。

フヨウ:何か大胆な子だったわね。そして意外にも料理が上手い。

>59
神様の考えることなんて分からないわよ。
私は犬彦が好き、犬彦も私が好き。
それだけで十分。

439 :伏姫麒麟:2008/05/05(月) 11:27:27
>63>67
言わんとしていることも分かるけど、
そんなに悲観することでも無いわよ。
まだ完結してないんだし、これからに期待しましょう。


今日はこれくらいにしておくわ。
みんな連休中だけど、くれぐれも事故とかには気を付けてね

440 :犬彦:2008/05/05(月) 13:44:46
オッス!今日も仕事で遅番の犬彦登場wって!?!?
麒麟っ!!!!お帰り!久しぶりだなw
頑張って続けてたかいがあったな!
これもチビたちが盛り上げてくれたおかげだw
麒麟、安心してくれ!お前が忙しい時は俺とチビたちで
雑談してるからなw
>>436ナイスツッコミw>>437ナユタもノリノリでおもしろいぞw

よし!仕事するかぁ〜!

441 :犬彦:2008/05/06(火) 13:41:08
おはようwまた、遅い挨拶だったなw夜勤だからな。
なんだ、あれから誰も来てないのか?
ま、今日は帰省ラッシュみたいだし
あわてずノンビリ行こうぜ!俺は仕事だけどなw

442 :ちびたち:2008/05/06(火) 22:22:23
ロキ「お義兄さん!これいつもの感謝の気持ちを込めたお土産です><」

ナユタ「私もおみやげをもってきました(´ー`)」


ヒミカ「ヒミカはお土産の代わりにハイパーヒミカタイムを出すよー(´∀`)」

443 :犬彦:2008/05/07(水) 13:52:59
オッスゥ!・・・ ・・・
あ!!!チビたち!!俺を置いてきやがったな!!ムキー!!
ま、土産があるから許してやるか、どれどれ・・・
ロキは・・・ん?使用済み入場券・・・
ナユタは?・・・草?ディズニーの草??
ヒミカは、外してるし土産ないし問題外・・・。
お前ら、土産はいいとしてよく遊びに行く金があったな・・・
嫌な予感がしつつ仕事でも始めるか・・・

444 :以上、自作自演でした。:2008/05/07(水) 15:30:35
444

445 :以上、自作自演でした。:2008/05/07(水) 16:13:11
>>444他になんか書けよ

446 :犬彦:2008/05/08(木) 13:49:48
よっ!昨日は地震があったみたいだが
他の奴らは大丈夫だったか?
>>444-445まぁまぁ喧嘩せず楽しくやろうぜw
見に来た奴も何でも書き込んでくれるとうれしいけどなw

447 :以上、自作自演でした。:2008/05/08(木) 19:00:05
マダラの登場人物ってみんな肌綺麗そうだよね

448 :ちびたち:2008/05/08(木) 22:22:25
ヒミカ「お兄ちゃ〜ん地震怖かったよ〜(´∀`)」

ロキ「これもお義兄さんを置いてディズニーに行った僕たちへの天罰でしょうか><」

ナユタ「まあ入場券買うお金しかなくて帰りの交通費も出せなかったわけですが(´ー`)」

449 :犬彦:2008/05/08(木) 23:45:51
ふぅ〜、仕事も一段落だぜ!
あと30分ぐらいしたら帰るかw
>>447確かに言われてみればそんな感じはするな。
バサラなんて色白で女性より実は綺麗で
うらやましがられるかもなwあ、これ俺の想像なw
>>448なんだw帰りは歩きだったのか?
そりゃ土産もないわなw

よし!まだ時間あるし
今週の日記でも披露するかw下へ続く↓

450 :犬彦:2008/05/08(木) 23:50:48
転生編H
その日の夜、犬彦は伏姫財閥の車で府中刑務所に到着した。
運転していたのは執事をしている白沢だ。
今回の件を知っているのは白沢を含めて沙門、犬彦、貴更の四人だけだ。
この場に来たのは運転手の白沢と犬彦だけである。

沙門は高みの見物と言ったところか、あいつは指示だけよこす。
だが沙門は既にマダラの居場所を知っている??
その事について白沢は何も話さなかった。
貴更には付いて来てほしくなかった。話がややこしくなる。

犬彦が車から降り異様な不陰気に気付いた・・・門が開いている?おかしい、
「お気を付けて、犬彦様」白沢はそう話すと少し離れた所へ車を移動させた。
犬彦は門の脇にある光の方へ向かう、守衛室だ。
守衛はうつむいて座っている、「おい?」犬彦が話しかけても返事はない。
犬彦は守衛室の部屋に入った。守衛は全部で三人いた。
しかし誰も反応がない。既に死んでいる。
守衛の額には1cm程の穴が空いて後頭部まで貫通していた。
「バイオギミック・・・カオス、」
犬彦は守衛室をあとにし奥の建物へ向かう。

451 :犬彦:2008/05/08(木) 23:52:47
建物から三人の人影が出てきた。カオスはすでにレオンとグレイシーを従えていた。
二人の頭部にはなにやら機械の配線で張り巡らされた帽子のような物が装着されていた。
どうやらその機械でレオンとグレイシーを操っているらしい事が犬彦はわかった。
バイオギミック、あの機械、またあの爺いが絡んでんのか?
犬彦は徐福の顔を思い出しながらカオスの方へと歩み寄った。

「遅かったな、ユダヤ」
「カオス、何やってるかわかってんのか?」冷静に犬彦は問う。
「わかっている、この時代で俺は狂っていない」
「そうか、なら俺がまたテメーを止めるしかなさそうだな」犬彦は剣を構える。
カオスはうれしそうにバイオギミックを開放し犬彦へと向けた。
「来いぃぃ!!!!ユダヤァァッ!!!!」

貴更は府中刑務所の近くまで来ていた。
もうあの人に苦しい思いをしてほしくない、貴更は走った。
府中刑務所に着いた時、貴更は伏姫財閥の車から白沢が降りてくるのを見た。
「行ってはなりませぬ!貴更様!!」
貴更は静止を聞かず門の中へ入っていった。

452 :犬彦:2008/05/08(木) 23:55:04
そこではカオスのバイオギミックの触手が犬彦をがんじがらめに捕らえていた。
カオスのギミックの肩から三つ矛の武器が飛び出る!
「これでサヨナラだ、ユダヤ・・・」カオスは矛を振り上げる!
「やめて!カオス!!」貴更が両手を広げ犬彦の前に飛び出した。
カオスの動きが止まる。
「どけ、ジャミラ、お前なら理解してくれるはずだ」
「わかってる、でもこれ以上罪を重ねてほしくない、お願い、
もう一度だけマダラと一緒に戦って」貴更は泣き叫ぶ。
「マダラか、この時代にも奴はいないだろう・・・」
「!?」貴更は振り向いて犬彦を見た。
犬彦はカオスにマダラの事を話してない??転生した仲間が揃っている事を。
もう一度貴更はカオスを見る。
「マダラはこの時代にいるのよ!沙門が居場所を知っているわ、みんな、もう揃っている!
アガルタに打ち勝てば貴方の呪縛を解く事ができるわ」
カオスは驚いた表情をしていた。マダラがこの時代にいる?
ようやく追いついたのか??カオスのバイオギミックの力が緩む。
貴更は犬彦を見て
「なぜマダラの事を話さないの?説得する為にここに来たんでしょう?」
もちろん怒った口調で怒鳴りつけた。
緩んだバイオギミックの触手を振り払い犬彦はカオスに近づいた。
「貴更、こいつは何言ったって言う事聞かないさ、昔からこいつはっ!」
犬彦がカオスの顔を殴る。吹っ飛ぶカオス。
「ハァハァ、こいつは一発ぶん殴らなきゃ人の話を聞かない」
犬彦は貴更を見てニッと笑った。

453 :犬彦:2008/05/08(木) 23:57:00
戦いは一時中断した。カオスはまだ何かを考えていた。
貴更は心配そうにカオスを見つめていた。
その時、何かが地中から飛び出してきた。
その姿はいろんな動物の集合体のようで異様な形をしていた。
体調7メートル程で赤い目、4本足なのがわかる。
突然の出来事に動じる事なく3人はジャンプしてその物体から距離をとっていた。
「魍鬼ってか??」犬彦は叫ぶ。
その怪物の左側の目が人の顔に変化した。坊主頭でサングラスをしている。
「あの顔はどっかで・・・」犬彦は考えた。
「お忘れですか?転生戦士のみなさん、邪兎ですよ」
犬彦は思い出した、以前、光河兄弟と接点があった時に何度か見ている。
「まだいたのか?相変わらずしつこいな?」犬彦は言った。
だが姿が変わっている?以前この時代では人間の姿だったが、あれでは怪物そのものだ。
「あなたたち転生戦士のおかげで私はこんな姿にされた」
「?」された?誰に?犬彦は一瞬考えたがすぐ考えるのをやめた。
攻撃が来る。

454 :犬彦:2008/05/08(木) 23:58:37
邪兎の素早い攻撃を犬彦とカオスはかわして行く。
貴更は攻撃の射程外へ非難していた。
レオンとグレイシーは意思の持たない人形のような状態であった為、
その場で棒立ちだったがカオスがバイオギミックで弾き飛ばした。
カオスと犬彦が背中合わせになる。
「また、お前とこういうのも悪くない」カオスが呟く。
「ケッ、まったくお前は」犬彦が笑う。

夜が明ける。戦いは終わった。
赤、青の戦士の前に邪兎では相手にならなかった。

伏姫財閥の車が2台用意されていた。
白沢が説明する。
「カオス様と貴更様はこちらのお車へ、あとの処理は伏姫財閥が致します」
グレイシーとレオンはこのまま刑務所に置いてくようだ。
白沢が犬彦に近づき耳元でささやいた。
「犬彦様は私の方の車へ、マダラ様の所へ案内するよう沙門様から仰せつかっています」
「マダラ・・・」
犬彦は車に乗り込み深い眠りについた。
夢の中で犬彦は孤児院での暮らしを思い出していた。
犬彦は寝つきが悪かった。そんな時はいつもヒミカが歌を聴かせてくれた。
そんな風景を大人の犬彦が幼い頃の二人を見つめていた。
もう進むしかない・・・のか?・・
犬彦はヒミカの歌声を夢の中で聴いていた。

455 :以上、自作自演でした。:2008/05/10(土) 19:10:05
バサラさらってきたからここおいとくね

456 :犬彦:2008/05/10(土) 19:31:39
オッス!
>>455バサラさらわれて来たのか?
外見がさらわれそうなフインキだからなw
もうちょっと喋った方がいいぞ!
まぁ取り合えずここに居てもいいぞw

457 :ヒミカ:2008/05/11(日) 01:11:14
かっこいい…(´∀`)

458 :ちびたち:2008/05/11(日) 02:22:22
ヒミカ「ハイパーヒミカタイムならバサラはヒミカのおむこさんになるの(´∀`)」

バサラ「はいぱぁ…………(´ω`)?」

ロキ「ヒミカちゃああああああああん><」

ナユタ「やれやれなのです(´ー`)」

459 :ちびたち:2008/05/11(日) 02:27:06
♪〜(´∀`)づ(;´ω`)))))

ヒミカ「やったー!結婚、結婚!」

バサラ「???」

ロキ「うわあああああああああああああああああん><」


ナユタ「どろどろの三角関係ですね(´ー`)」

460 :犬彦:2008/05/11(日) 12:39:05
ぶwバサラも取り込まれたかw
チビトリオからおとぼけ四天王にパワーアップかw
これからの行く末が気になるな。
ロキは思いつめると何するかわからんからな・・・。

461 :以上、自作自演でした。:2008/05/11(日) 22:22:27
ロキです><
今やけ食いしながら母の日を祝ってます><
切なくても僕はいいこです><



ナユタ「私のママはもういないので今日なんて関係無いのです…くすん(´ー`)」

462 :以上、自作自演でした。:2008/05/11(日) 22:23:14
バサラ「…ずれすぎ…(´ω`)」

ロキ「><」

463 :犬彦:2008/05/12(月) 13:33:49
オッス!今週も頑張ろうぜ!
ロキVSバサラかwまぁ、バサラの方に分がありそうだが、
ナユタは年齢が確か3千・・・だから母はさすがにいないかw

464 :以上、自作自演でした。:2008/05/12(月) 22:22:23
バサラ「おまえ…ばあさんなのか?(´ω`)」

ナユタ「…食べますよ?(´ー`)」

465 :以上、自作自演でした。:2008/05/12(月) 22:25:21
バサラ「…ばあさんずれてる(´ω`)」

ナユタ「だから私はコールドスリープでおばあちゃんじゃなくて…若くてハイパー不発して…ぁぅぅ…
混乱してきたからとりあえずバサラさんを食べます(´ー`)」

ロキ「やっちゃってください><」

ヒミカ「だめー!お兄ちゃんも止めてー(´∀`)」

466 :犬彦:2008/05/12(月) 23:38:58
う〜、ダメだ・・・風邪引いたみたいだ。
取り合えず風邪でうまく少龍がコントロールできないが
ぶつけておくぞw

467 :以上、自作自演でした。:2008/05/13(火) 02:22:21
ロキ「いたいっ!><」

ヒミカ「とりあえずお兄ちゃんとロキを『ソーマの秘術』で癒しとくよ(´∀`)」

468 :犬彦:2008/05/13(火) 16:40:10
ぅ・・ゴホゴホ、って文章だけどマジで咳がすごい。
おw取り合えず喧嘩は止まったみたいだな!
あとは体が完治してくれればいいんだが・・・。
!!そうか、この風邪をロキに移せばいいのかw

469 :犬彦:2008/05/14(水) 11:07:31
ん!少し具合が良くなった気がするw
だが、まだまだ完治はしてないから、次は誰に移すかw
な〜んてなw良い子はちゃんと周りに迷惑かけないように
マスクをしようぜ!ゴホ・・
以上、風邪気味の犬彦でした・・・

470 :伏姫麒麟:2008/05/14(水) 20:29:36
犬彦大丈夫?
養生しなさいよね。
私も一応医者だからまた何かあったら病院まで来るといいわ。

471 :犬彦:2008/05/15(木) 09:07:01
おはよう〜。
麒麟サンキューな!次回また酷くなったら
寄らせてもらうぜ!
まぁ話は変わるが四川で起こった地震は
どうにかもっといい対応できないんか?
実際はテレビの中の出来事ぐらいに
とらえているのが過半数だと思うが、
実際に自身が生き埋め状態なのに、省の上層部の人間が
他からの人材の派遣を断り金だけ寄こせって言ってたら
どうにもやるせないだろうな、死んだ人も生き埋めの人も
それを見守っている人も。
まぁ、日本は大丈夫だと思うが。

472 :犬彦:2008/05/16(金) 12:12:05
お!おお??誰も来てないのか・・・
ふ〜む、週末は皆忙しいみたいだな、
じゃ、俺の日記の出番だな!
     ↓↓

473 :犬彦:2008/05/16(金) 12:15:56
転生編I
伏姫家の庭園、そこに麒麟と風姫はいた。
庭園には二つの木で出来た馬、二つのブランコ、二つの椅子があった。
どれも子供用のサイズで作られている。
年月が経っているせいか少し腐敗している感じがするが
どれも丁寧に手入れされている。
風姫は大分回復していた。自分で歩けるまでになっていたが言葉は発しなかった。
今日の朝、麒麟は風姫をここへ連れて来ていた。お気に入りの場所だった。
風姫は庭園をしばらく眺めてから麒麟を抱きかかえて涙を流した。
なぜ風姫が突然泣いたのか?麒麟にはわからなかった。
なぜか麒麟は風姫に慰められているような気持ちになった。

犬彦が目を覚ましたときは既に昼過ぎだった。
海の香りがする。海沿いの道を車は走っている。
「到着しました。犬彦様。」車が止まる。
海沿いとは反対側には小高い山があり頂上へ続く長い階段が見えた。
「ここからは歩きでございます」白沢は車を降りた。
竜神寺と看板がある。ここの頂上に寺があるのがわかった。
白沢に続き犬彦は階段を登る。
「マダラは寺で住職でもしてるのか?それとも坊主の修行か?」
「・・・」白沢は黙って階段を登り続けた。
「ケッ」犬彦は強がって見せたが白沢の沈黙に不安を感じた。

474 :犬彦:2008/05/16(金) 12:17:05
頂上に着く。しかし白沢は本堂へ向かわず脇道の方へ進んだ。
黙って犬彦は付いていく、そして白沢の足が止まり目的の方へ手を差し伸べた。
「伏姫龍仁(たつひと)様、摩陀羅様でございます」
犬彦には何の冗談かわからなかった。
白沢が手を差し伸べた先には伏姫龍仁と書かれた墓石がある。
「どういう事だ・・・」犬彦は呆然としながら白沢へ問いかけた。
「龍仁様は5歳の時に亡くなられています。」
「?」摩陀羅は存在していた、俺たちと同じ時代に・・・だが、既に死んでいる??
犬彦が困惑している中、人の気配がした。沙門だ。
「沙門、どういう事だ、マダラがいなければアガルタとの戦いどころか
ゲートすら開かない」犬彦は墓石を見ながら振り向かず話した。
「順を追って説明しよう。伏姫龍仁、ミロク機関、名医タタラの事を。白沢」
「はい、説明致します」白沢の説明が始まる。
「あれは麒麟お嬢様が7歳、龍仁様が5歳の時でございます。
 御二人はある港町から伏姫家へ自家用ヘリで向かう途中、雷雲が立ちこめ
 ヘリは山中へ墜落してしまいました。アガルタの力でございます。
 この時代に転生した龍仁様は完全体摩陀羅でありました。
 その為、ミロク機関の結界でも力を抑えきれずに漏れ出してしまった為に、
 アガルタに存在を気付かれてしまったのです。
 ミロク機関の名医タタラ率いる医療班が到着した時は、パイロットを含め
 3人は即死でした・・・」
 即死??3人?麒麟は?なら、今の麒麟は何だ?

475 :犬彦:2008/05/16(金) 12:18:29
 犬彦が問い詰めようとした時、
「黙って聞いてるんだ、犬彦」沙門は犬彦の言葉を止めた。
白沢は話を続けた。
「龍仁様をかばう様に麒麟お嬢様は抱きかかえておりました。しかし
 ヘリのプロペラの一部がお嬢様の心臓を貫き、更に龍仁様の首を
 跳ねておりました。」
「そこでミロク機関が決断をした」沙門が割って話した。
「ミロク機関ってなんだ」
「転生戦士のサポートをする集団といったところか、君も転生の最中
気付いた筈だ、敵はミロクじゃない、アガルタと言う事を」
確かにそうだ、ミロクは摩陀羅を覚醒させる為の手段を取っていたにすぎない。
「話を続けます、摩陀羅の力が失ってしまえばすべてが終わってしまいます。
 ゲートを開く事も不可能になってしまいます。そこでミロク機関の
下した判断とは・・・摩陀羅の力(チャクラ)の保管でございます。
名医タタラは龍仁様の心臓を麒麟お嬢様へ移植し再生に成功しました」
「なっ!!」犬彦は驚愕した、麒麟の中の心臓は摩陀羅の心臓だと??
「お嬢様は事故の際にすべての記憶をなくしております。」
麒麟は出会えることのない弟を今まで探していたのか。
俺たちも・・・。この時代で出会えるはずだった奴に結局出会えなかった・・・
「犬彦、麒麟だけじゃない、私の目はマダラの目のチャクラ部分を移植してある」
「!」嫌な予感がした。

476 :犬彦:2008/05/16(金) 12:21:57
ミロク機関の下した決断、それはかつて前世で魍鬼八大将軍がおこなったように
龍仁の体を各8つのパーツに分け転生戦士にチャクラと共に移植する計画だった。
犬彦に右腕、カオスに左腕、光河光に顔、麒麟に心臓、沙門に目、
貴更に耳、ヒミカに喉、十頭に両足。
すべては名医タタラによる手術。
ミロク機関ではすでに転生戦士の所在はすべて把握されていたらしい。
ただ、摩陀羅が覚醒する儀式として失われたチャクラと仲間を探す事が
必要らしかった。
そしてミロク機関が用意した現代における魍鬼八大将軍も不要となり
犬彦とカオスに始末させた。そう刑務所に現れた邪兎がそれだ。
何かの集合体のような姿、あれは魍鬼八大将軍の集合体だったのだ。

当初、ミロク機関は失われた龍仁の身代わりとして光河飛雄に
摩陀羅の記憶を植え付け覚醒させようとしたが失敗した。

477 :犬彦:2008/05/16(金) 12:22:28
犬彦が呆然としている中、
「カオス・リヴァイアサンは銃の名手らしいな」沙門が突然話し始めた。
「わかるだろう?犬彦?カオスは左手で銃を撃ち、
キミは右手でギターの弦を弾き演奏した曲は伝説とまで言われ、
その演奏を貴更はその耳で見つけた。
十頭はサッカーで全国大会の決勝まで行き、
私はこの目で歴史を記録する。
そしてヒミカはその声でキミにこもり歌を・・」
「やめろっ!」犬彦が沙門のえり首をつかみ言葉を静止した。
「すべて摩陀羅の力による物とでも言うのか?」沙門を殴り飛ばす。
「犬彦、受け入れなければならない、これが宿命だ」
「クッ・・・」
「一人を除いてこの話は他の皆には通達してある。
 全員集まれば摩陀羅のチャクラが集結しゲートが開くとね」
「一人を除いてだと?・・・」
「麒麟には話していない、他の誰が話しても壊れてしまう可能性がある
 彼女にはキミから話してもらいたい」

犬彦にとって、麒麟にとって、最後の試練だった。
世界が歪む、終焉が近づく、犬彦はこの場からどこかに逃げ出したかった。

478 :以上、自作自演でした。:2008/05/16(金) 18:07:15
おもしろいのぅ

479 :犬彦:2008/05/17(土) 09:07:55
うぃっす!
>>478おw読んでくれたのか?サンキュー!

ふ〜、ようやく明日は休みになるな。
また暑くなってきたし、体調崩さないように頑張らないとな!

480 :以上、自作自演でした。:2008/05/17(土) 19:05:12
龍仁てどう読むの?

481 :以上、自作自演でした。:2008/05/17(土) 21:53:35
誰のおへそが一番かわいい?

482 :以上、自作自演でした。:2008/05/18(日) 03:18:16
>>480
>>474 「伏姫龍仁(たつひと)様


483 :以上、自作自演でした。:2008/05/18(日) 10:06:13
犬彦の話は麒麟や沙門の戦闘シーンがあまり無いのが悲しい。
よく見られる同人と同様、本来のメインストーリーがぼやけてしまい
キャラ設定からの妄想の無理やりな辻褄合わせと設定補完に走ってしまってる。

なんて言いつつ完結まで読んでみたい。

484 :犬彦:2008/05/18(日) 12:20:48
おはよう!昨晩は久しぶりに飲みすぎたぜw
>>480>>482おw質問と答えが既に!サンキュー!
>>481へそ?う〜んあまり意識して見た事ないが
麒麟のが一番かわいいかなw
って、へそのかわいい基準ってなんだ?w
>>483おお!初めてのまともな感想ありがとう!
戦闘シーンは確かに大幅にカットしてあるなw
辻褄合わせって所はかなり鋭い指摘だ!
ぜひ、最後まで読んでくれ!あと2話で終了だ!

485 :犬彦:2008/05/20(火) 14:11:56
オッス!今週から夜勤だぜ!
そうそう、このレス初めてから摩陀羅の本が読みたくなってきたw
今、手元に一冊もないんだwヒミカにでも借りて読むかw

486 :ヒミカ:2008/05/21(水) 03:33:32
やっほーお兄ちゃーん風邪が治ったヒミカが漫画全巻貸してあげるよー(´∀`)っ□


ナユタ「私の知らない世界のこと、たくさんお話してほしくてわくわくです(´ー`)」

ロキ「未だに468の風邪ひいてますが何か><」

487 :犬彦:2008/05/21(水) 13:50:31
おはよう!
ヒミカも風邪引いてたのか?すまなかったな、移しちまったみたいで!
残念ながらナユタは漫画には登場しないんだよなw
幼稚園戦記でなら出ていたっけ?
ロキの喋り方がムカつくのは俺だけか?まぁ養生せいよw

488 :犬彦:2008/05/23(金) 11:49:10
オッス!
今日はちと摩陀羅とは関係ない話するが、
日本では縁起のいい数字ってだいたい「7」だよな。
中国では「8」なんだ。だからオリンピックも
08年08月08日に開始する。
車のナンバーや電話番号なんか8が付く物が人気がある。
これは中国のネットに乗っているらしんだが↓
1月25日 雪災=天災 「大雪災害=天災」天
3月14日 蔵独=人禍 「チベット独立騒乱=人災」人
5月12日 地震=地災 「四川大地震=地災」地
1+2+5=08
3+1+4=08
5+1+2=08 だそうだ。
何を意味してるかわからんけどなw
ただ偶然にしてもこんな事があるんだなと思った。

489 :以上、自作自演でした。:2008/05/25(日) 20:13:49
サル彦の背が190になりますように

490 :犬彦:2008/05/26(月) 16:52:58
ムキ〜!!今日も絶好調だ!
あまりスレがのびなくなったのは少し寂しいが、
ノンビリ進めるか!
身長が伸びるのはいいが、名前まで変わるならこのままでいいやw

491 :以上、自作自演でした。:2008/05/26(月) 17:56:31
川田亜子ちゃんが…

492 :以上、自作自演でした。:2008/05/26(月) 19:14:39
もたい「うぼえ!!」

493 :犬彦:2008/05/26(月) 20:27:58
オッス、今週も夜勤なんでな、今休み時間だw
>>491何の事かわからなかったんでググッたら大変な事になってるな。
実はあまり知らないが、ご冥福をお祈りします。
>>492もたいさん久しぶり〜。ってまた意味不明な事をw

取り合えず今週の日記を紹介しとくぜ!
ちと長いもんでな、以前は読みやすいように改行してたんだが、
今回はあまり改行してないんで、ノンビリと見てくれw

494 :犬彦:2008/05/26(月) 20:29:20
転生編J
静かな夜だった。伏姫家よりさほど離れていない公園のベンチに犬彦はいた。犬彦は麒麟を呼び出し待っていた。犬彦は出会った頃の麒麟とのやり取りを思い出していた。
麒麟に左手を差しのべた時、麒麟は左手を通り過ぎ右手に掴まった。いつも犬彦と歩くときは右側を歩いた。左側に居ても移動した。犬彦はその時、女ってのは変な癖もってんな、と思っていた。
今なら理解できる、俺の右手は龍仁の、摩陀羅のチャクラが宿った物、あいつは知らずに摩陀羅に、弟に引き寄せられていた・・・
麒麟が来た、久しぶりの再会だった。風姫の一件以来、麒麟はずっと看病をしていた。
「よぅ」いつもと変わらず犬彦が話しかける。
「珍しいね?犬彦が呼び出すなんて」麒麟は笑顔だった。
そのまま続けて麒麟は話を続けた。風姫の事だ。大分回復したとか、風姫との日常の話だった。ただの世間話。
「そか、麒麟はそういう医者みたいな仕事が向いているかもな」
犬彦は嫌な顔をせず麒麟の話を黙って聞いていた。いつもなら聞き流していたのだが、麒麟が戦いから離れた生活を送れている事に安堵した。

495 :犬彦:2008/05/26(月) 20:31:00
しばらくして麒麟は思い出したように手を合わせて話した。
「そういえば犬彦の用事って何?」
「あぁ、たいした用事じゃない、聞きたい事がある」
「なに?」
「お前はこれから伏姫麒麟として生きるか?
それとも二ソの杜のキリンとしてマダラを探すか?」
「え?」麒麟は困惑した。犬彦がなぜこんな質問を突然するのか?すべてが終わったあとで伏姫麒麟として生きればいい、そう思っていた。
だけど今、何故かこの場で犬彦が返答を待っている。麒麟は犬彦を見つめて考えた。もし犬彦がこの場での答えを必要としているなら、私はこの場でのこの一瞬に感じた気持ちを伝えようと思った。
「今は、今の私は伏姫麒麟として生きていくわ、犬彦」
それは犬彦への愛情だったのか、マダラではなく犬彦を選んだ事なのか?それは発言した麒麟も犬彦も定かではなかった。が、
「そうか」犬彦が立ち上がり麒麟の頭を2回撫でた。子供みたいな行為だが麒麟には心地よかった。
「それだけだ、じゃあな」
「え?待って、犬彦」
「あとはまかせろ」振り向かず犬彦は立ち去った。麒麟はずっと犬彦の後ろ姿を見つめていた。なぜかその場から彼を追う事ができなかった。

496 :犬彦:2008/05/26(月) 20:31:55
その日の夜、転生戦士は沙門が導いた場所に集結した。そこは崖に隠れたアガルタへのゲートが存在し深い霧に覆われている。
全員がおのれの宿命と向かい合い、戦いを終わらせる為に集結していた。
影王だった光河光はすでに存在してなかったが、機械となっていた光河光の体の一部が移植されている携帯電話を沙門が持っていた。
あと二人、犬彦と麒麟を待つばかりだった。風姫は残念だったがミロク機関の作り出したコピーで沙門は我慢するつもりだった。
沙門はあせっていた。転生戦士が覚醒し始めアガルタに存在を感づかれる事を。

犬彦が現れた。カオスが一歩前へ出て出迎える。
「大丈夫か?ユダヤ」いつもと違う犬彦に気付きカオスが話しかける。
「へっ、余裕」犬彦の言葉に力がなかった。
沙門が犬彦に近づく。「麒麟はどうした?」
「ここには来ない、俺にも無理だ、話したら俺も・・・二人とも壊れてしまう」
沙門の最後の賭けだったが、これで伏姫麒麟、結跏珠の二つを欠いてゲートを開けなければならない。
仕方がない、もう時間がない、そう沙門が思った時人影が見えた。

497 :犬彦:2008/05/26(月) 20:32:35
「マダラ?・・・」皆が口々につぶやく。
深い霧の中から転生戦士に向かって歩いてくる人影、その姿は探し追い求めていたマダラの姿をしていた・・・。マダラの人影は深い霧を抜け、転生戦士の前に現れた時は麒麟の姿になっていた。
「麒麟・・・なぜ?」犬彦が近づく。
「ごめんね、犬彦、私はまだ伏姫麒麟として生きていけない。これを」
麒麟が差し出した物、結跏珠だった。
「彼女は、風姫はすべて理解していたみたい、そして最後に・・・最初で最後の彼女の言葉、」「ごめんなさい」そう言って風姫は結跏珠へ姿を変えて麒麟の記憶を呼び覚ました。
「私だけ逃げる訳には行かない、風姫は自分の身を結跏珠にする事で教えてくれた」
麒麟の顔は泣きそうな、いや、意思が強い表情をしていた。
犬彦は軽く頷いた。

「沙門兄さん、初めて!」麒麟が叫ぶ。
犬彦は沙門から魔剣クサナギを受け取った。そして麒麟から受け取った結跏珠をコピー品と換えて2本のクサナギを重ねた。真のクサナギに姿が変わる。
「犬彦、キミが一番この剣を使用できる。中心に立ち、皆から送られてくる
 掌妙勁を一点にまとめ、ゲートに打ち込むんだ」
「OK〜」皆の力が、想いが、犬彦に流れ込んでくる。

498 :犬彦:2008/05/26(月) 20:33:10
これが最後だ、行くぜ!「開け!!ゲェッートォ!!」
これまで見た事ないような巨大な霊妙剣が放たれる剣から放たれた巨大な光はその姿を変えていった。
「マダラ?」
そう、今度こそその光はマダラの姿に変化しゲートへぶつかった。
「ありがとう、龍仁・・・」麒麟は呟いた。

゛最後の最後で転生戦士はマダラに出会えたのだ

少しずつゲートが開いていく。マダラの姿をした光が消え完全にゲートは開きアガルタへの道が出来た。
遠くの丘から一部始終を見守る二人がいた。現世における弥勒と開耶だった。
「ついに最後の戦いが始まるのね・・・」開耶は悲しそうに話し、弥勒は肩を抱き寄せた。

転生戦士はゲートへ吸い込まれるように入っていく。犬彦、カオス、麒麟はまだその場にいた。カオスは犬彦を振り返り少し見てからゲートへ入った。犬彦も後ろを振り返り麒麟を見た。
「行こうぜ、麒麟」犬彦は龍仁のチャクラの宿る右手を差し出した。
麒麟は黙って犬彦を通り抜ける。そして犬彦の左手をグイッと掴んだ。
「よし!行くよ!犬彦っ!」麒麟が犬彦の左手を引っ張る。

犬彦と麒麟、初めて二人の距離がマダラなしに重なった瞬間だった。

499 :以上、自作自演でした。:2008/05/28(水) 22:22:29
ヒミカ「やっほー久しぶり!ナユタがお兄ちゃんの話に興味持ちすぎて大変だよー(´∀`)」
ナユタ「わくわくわくわくわくわくなのです(´ー`)」

ロキ「そういえば幼稚園戦記のナユタさんは原作より大人っぽいような><」

500 :以上、自作自演でした。:2008/05/28(水) 22:24:07
ロキ「なんという時間のズレ方なんでしょうか><」
ヒミカ「ハイパーヒミカタイムってレベルじゃないね(´∀`)」
ナユタ「しくしくしくしくしくしくなのです(´ー`)」

501 :犬彦:2008/05/28(水) 23:31:52
フ〜・・ようやくもうすぐ帰れそうだぜ!
お、おチビトリオ!久しぶりだなw
そういやナユタってアガルタの女王かなんかの設定であったよな?
あまり記憶に自信がないが・・・。
そういやバサラを見かけないが、どこ行ったんだ?
まさか本当に食べちまったとか?・・・

502 :バサラ:2008/05/30(金) 01:11:12
(´ω`)ノシ

503 :以上、自作自演でした。:2008/05/30(金) 02:22:23
ヒミカ「あれ?おかしいな…確かにバサラの姿を見たような気がしたんだけどお兄ちゃんみなかった?(´∀`)」
ロキ「バサラくんが脱走っていうか失踪してしまったんです!原因はわかりません><」

ナユタ「それはともかく>>501で私がアガルタの女王様兼お姫様ということを覚えていてくれて嬉しいです(´ー`)」

ヒミカ「実質今はただのちびっ娘だもんね(´∀`)」
ナユタ「そういうこといわないでください(´ー`)」

504 :犬彦:2008/05/30(金) 13:37:25
オ〜スッ!
一瞬バサラが現れたぞ!かなりの笑顔だったなw
ナユタが将来上位の立場に戻れるように祈ってやるからw
そういや、ヒミカとロキも千年王国の王と王女だよな?
なんにせよ今はちび三兄弟だがw

505 :犬彦:2008/05/31(土) 17:22:22
今日も夜勤だが、久しぶりに飲みに行きたいんで早くバッくれるゾ!!
はてさて、少し過去の田島版転生編の話をしようw
知っている人もいるかもしれないがな。
コミック版の転生編(全集と完全版)だが、
あれは二話のイラストが一部書き直されている。
なぜ書き直したかは知らないが雑誌連載時とは異なっている。
さらに転生編イラストは他にも描かれていて
ラジドラがやってた頃の電撃にカセットテープ用のイラストが
毎回乗ってたが、ほとんどは依存のイラストの使いまわしだが
2回分だけカラーイラストで転生編キャラの集合がカラーで描かれている。
(昔の記憶だが)確か光河光も描かれていた。
その後、そのイラストは画集にも載る事がなく貴重なイラストになったわけだ。
そして最後にマダラの名刺入れがあってここでも転生キャラが描かれている。
犬彦、麒麟、カオスの3人のイラストだ。
これは海賊本のグッズコーナーに小さく載っているが、
俺はこの頃の田島先生の絵が一番好きだったな。
以上、犬彦の豆知識でしたw

506 :以上、自作自演でした。:2008/06/03(火) 02:16:31
元気か?

507 :犬彦:2008/06/03(火) 15:53:16
あ、ちょっと胃が痛いかも・・・。

508 :犬彦:2008/06/04(水) 19:01:36
オッス、久しぶりだな、誰もいないんで勝手に進めるがw
さて今日は今まで紹介した転生日記の題名を紹介するぞ!
日記は主軸だけ残してカットしてある部分が多いが、
題名だけは最後の方で紹介しようと思ってた。
【各章の題名と主要人物】
転生編1話〜最終話
@赤い綬陀矢(犬彦綬陀矢)
A風の沙門 (兵頭沙門)
B影シャドウ(光河光)
C妣の少女 (桜咲緋巫佳)
D囚われの姫 (風姫)
E地の守護者 (十頭龍鬼)
F悲劇の女帝 (大徳寺貴更)
G檻の中の獣たち(レオンシャムロック、グレイシートーゴー)
H青の夏凰翔(カオス・リヴァイアサン)
I受け継がれる心 摩陀羅(伏姫龍仁)
Jニソの杜の麒麟 (伏姫麒麟)
K翼のない天使 (最終回)

まぁ突っ込む所が満載だが、こんな感じだw
じゃ、また明日なw


509 :犬彦:2008/06/05(木) 09:05:16
転生編K 最終回
ゲートが開いて2ヶ月余りが過ぎ去った。
アガルタ軍との激戦の中、転生戦士は一人、また一人傷つき倒れていった。
転生戦士にアガルタでの死の概念はなかった。死が訪れるとその体は光に包まれ、三つに分裂する。
そのうち二つはマダラの霊性の一部と転生戦士の霊性だった。
二つの光はアガルタの王【アル=アジフ】の城へと飛び奪還される。
もう一つの光は抜け殻となった戦士の体が記憶を消されゲートの外へとはじき出された。

残っている戦士は犬彦、麒麟、カオスの3人だけとなった。
そして3人は今、アガルタの中央に位置する巨大な建造物の中、
アガルタの王、アル=アジフと対面していた。

「ようやくラスボス登場かぁ?」犬彦は既に戦闘体勢に入った。
目の前の階段から仮面を付けた男が登場する。
3人はその容姿、みなぎるオーラからアガルタの王アル=アジフという事がわかった。
「ここまで来られたのはキミたち世界が初めてだ」
「世界?だと??」
「アガルタを中心にいくつもの同系列世界が存在する。そしてそのいくつもの世界にはマダラの力が存在し、アガルタに戦いを挑もうとする。すべては弥勒と呼ばれる男の策略だがね」
「今だ輪廻を繰り返す世界、戦う事から開放された世界、進む事を忘れた世界、自身が宿命を乗り越えた世界、どの世界もここまでは来られなかったよ・・・」

510 :犬彦:2008/06/05(木) 09:05:56
「わけわかんねーんだよ!」犬彦は霊妙剣を放つ、が、
アル=アジフは防御せず霊妙剣が直撃した。しかし無傷だ。
「無駄だよ、既に勝敗は決まっている。私の体に傷をつけるのは完全体のマダラが真のクサナギを使わなければならない。唯一のキミたちの勝算は転生戦士が一人も欠けることなくマダラのチャクラがすべてこの場に揃う事だけだったが、たった3人ではどうにもならんよ」
犬彦、麒麟、カオスは愕然とした。ここまで来て
どうにもならない事を告げられた、すべてが終わりそうな瞬間だった。
「犬彦!カオス!あきらめないで、まだ私たちはやれる!」麒麟は叫んだ
そうだ、犬彦は前を向いた。まだ俺たちは進まなければならない。
アル=アジフは仮面に手を付けて話した。
「そうそう、言うのが遅くなってすまなかったな、
 お帰り・・・わが分身、ユダヤ」

アル=アジフは仮面を外した、その顔は犬彦そのものだった。

「な、なぜ俺の顔と奴の顔が??」

弥勒がアガルタからマダラの霊性を持ち出した際にアル=アジフはそれを阻止する力として自分の一部を送り込んだのだ。
ユダヤの真王殺しの宿命、それはアル=アジフが仕組んだ事だった。

511 :犬彦:2008/06/05(木) 09:06:34
「ちがう、前世での真王殺しはすべて理由がある!俺の意思だ!アガルタの意思じゃない!」犬彦は叫んだ。
「ユダヤ、キミがそう思ってもすべてはアガルタの為、すべてはアガルタの意思なのだよ、
 現世でもキミは結跏珠の復活を阻止した、まぁそれも無駄に終わったが」
犬彦の脳裏に風姫の事が浮かんだ、犬彦は床へ崩れ落ちた。

カオスはアル=アジフに攻撃するがすべてかわされてしまう。
「フッ、カオス、キミの7度殺しもすべて仕組まれた事、7度目はない、6回で終わりなのだよ。ユダヤに7度目は殺せない。そういう設定にしてあるからね」
カオスの攻撃も止まった、呆然と立ち尽くす。

「ダメ!!惑わされないで!ここで私たちが折れたらすべてが終わる!
 私たちの存在も失った仲間の意味もなくなってしまう!」

512 :犬彦:2008/06/05(木) 09:07:02
そうだった、犬彦は気付いた。失ってきた物の大きさを。さまざまな時代でいくつもの血と涙が流された。俺たちは背負っている、みんなの気持ちを。
ありがとう麒麟、俺はアガルタには屈しない。
犬彦は立ち上がり剣を構えた。

麒麟も犬彦の持つ手に重ねる。
カオスはだめだった。もうカオスに俺たちの声は届かない。
「行くぞ、麒麟、俺たち二人でやるんだ!」
「二人じゃないわ、ここに龍仁もいる」麒麟は胸を押さえた。
二人の足元から大気が渦を巻き上空へと舞い上がる。
その姿は天へ昇る龍の姿に見えた。
「ほう、それでもまだ歯向かう力が残っているのか」
麒麟と犬彦はアル=アジフへ矛先を向け突進する。
「言ってもわからないようだな、キミ達では私に傷一つ付けられ・・・ぬ!!!!ぅ!!!おっ・・・」
犬彦と麒麟の持つクサナギがアル=アジフの心臓をつらぬく!!
「ぐぅぅうううぅおぉぉ・・なぜだ????!!!」
「俺たち世界には、イタチの最後っ屁って言葉があるんだよ!!」
犬彦と麒麟は剣を上空へと掲げるように上げ、胸から肩までを引き裂いた。
アル=アジフは残った右手で犬彦と麒麟をはじき飛ばした。

513 :犬彦:2008/06/05(木) 09:07:37
もとの位置まで飛ばされた二人。
「やったぜ、麒麟!!」犬彦は起き上がりながら麒麟をみた。
麒麟の姿は真っ赤に染まっていた・・・
「なっ」慌てて犬彦は麒麟のもとへ行く。
麒麟の心臓には銀色のナイフが突き刺さっていた。
「ごめん、犬彦、しくじっちゃった・・・」
「喋らなくていい、俺がもとの世界へ連れて帰る!!」
「っはっはっ」アル=アジフが立ち上がる。
「なっ、なぜだ??心臓を突き刺した筈だ!?」
「残念だったな、私の体には王の証として心臓が二つある。
 ちなみにその短剣は真王殺しの剣の一部だよ」
麒麟の体が光に包まれていく。
「麒麟!行くな!麒麟」
「また、会えるわ・・・犬彦・・・泣かないで・・」
麒麟の前で始めて見せた犬彦の涙だった。
最後の時まで麒麟は犬彦を見つめていた、
犬彦が抱きかかえる中で麒麟は光に包まれ、そして3つの光が飛び腕の中から消えた。

514 :以上、自作自演でした。:2008/06/05(木) 11:50:55
切ねええええええ

515 :犬彦:2008/06/05(木) 11:54:33
背後からアル=アジフの剣が犬彦を貫く。
「フッ、よくやったよ。君たちは。私も体を再生するのに5年はかかる我がアガルタ軍の侵略は私の体が癒えてからだ」
犬彦も崩れ落ちた。犬彦の体が光り始める。
呆然と立ち尽くしていたカオスだったが、それに気付き犬彦の元へ走る。
「頼む!ユダヤ!俺を、俺を殺してくれ!!」
「すまない、な、カオ・・ス、もう力が入らな・・・」
犬彦の体は3つの光となって消え去った・・・。
「うぉぉっ!!ユダヤァァ!!!」
カオスにアル=アジフが近づく。
「お前の肉体はアガルタの呪縛により滅びる事はない、さぁ、ここから立ち去るがいい」
アル=アジフの少龍でカオスはゲート入口まで吹き飛ばされた。
その際にカオスの体から二つの光、青の戦士とマダラの霊性はアガルタへ吸収された。
しかし、カオスの体は光へ変わらなかった、
記憶を失うことなく、体が朽ち果てる事なく、カオスは生きていかなければならなかった。

カオスが這い出てゲートを出た時、ゲートは鈍い音を立てて閉じていった。
そしてゲートは少しづつ消えていった。

516 :犬彦:2008/06/05(木) 11:55:11
戦いは終わった、いや・・・
カオスは消え去るゲートを見ながら心に誓った。
もう一度・・・、
5年の間にアガルタに対抗できうる力を持った仲間を集め
もう一度だけ・・・戦いへ赴くと・・・。

半年後・・・
アガルタに関わるすべての人物の記憶、力、事件などはすべて抹消された、
侵略は一時的にくい止める事ができた。が、
どことなく平和ではない、不安を抱えた世界の時間が回っていた。

伏姫家、麒麟は朝いつもと変わらない時間に目が覚めた。
珍しく夢を見た。犬彦と旅をしていた頃の夢。
あの頃は私のわがままで犬彦を連れまわしておとぎ話の少年を探していた。
私が旅をやめた時、犬彦は私の前から消えてしまった。
犬彦と最後に話したのは2ヶ月前、少し遠くへ行くと言ったきりだ。
でも最後に犬彦は話した。「またすぐ会えるさ」と・・・。

麒麟はベランダに出て朝日の光をいっぱいに体に浴びた。
左手を空にかざす。雲がつかめそうだった。今度は両手をかざす。
背伸びもしてみた。麒麟は子供のように軽くジャンプした。
翼があればすぐ飛んで犬彦に会いに行けるのに・・・。

麒麟は世界のどこかで犬彦も同じ雲を見ているような気がした。

To be continued 摩陀羅 天使篇

517 :犬彦:2008/06/05(木) 12:01:20
>>514すまん、連続投稿でエラーが出て途中だったw
ま、この日記は無理やりつじつま合わせしただけで
アル=アジフの言った言葉の意味
「今だ輪廻を繰り返す世界」とはSFC版MADARA2や四神編の事、
「戦う事から開放された世界」は花津版「青」のラストで
ユダヤと弥勒が話していた時に登場した世界の事、
「進む事を忘れた世界」は大塚&田島版転生編の事、
「自身が宿命を乗り越えた世界」は「僕は天使の羽根を踏まない」の事で、
ま、どれもいろんな意味の転生編があるって事だなw

518 :以上、自作自演でした。:2008/06/05(木) 13:51:53
それでコレをキャラネタ板でやることに何の意味が?

519 :以上、自作自演でした。:2008/06/05(木) 17:06:26
冷てー

520 :犬彦:2008/06/06(金) 19:43:11
オッス!
確かに>>518の言うようにこの提示版でやる
意味なんてないな。>>519>>518
取り合えずカキコしてくれてサンキューな!
摩陀羅を忘れてない奴が何人か懐かしがって
のぞいてくれるだけでいいんだ。
そいじゃ、また今度な!

521 :以上、自作自演でした。:2008/06/07(土) 02:22:21
(´∀`)っ旦
お兄ちゃんお疲れ様

522 :以上、自作自演でした。:2008/06/11(水) 01:52:58
ovaみたことある?

523 :犬彦:2008/06/11(水) 09:16:00
おはよう〜、久しぶりだなw
>>521ヒミカ サンキュー!気が利くなぁ〜。
>>522OVAは見た事あるぞ。影王の白髪が問題になったあれだな。
まぁ、マダラとキリン以外のキャラはちょっと違和感がある。

524 :以上、自作自演でした。:2008/06/13(金) 23:38:26
あげ

525 :犬彦:2008/06/15(日) 02:35:48
オッス!
>>524わざわざあげてくれたのか?サンキュー!
まぁあまりお客さんも来なくなったがたまに覗いてくれ!
この頃あまり寝れないんでな・・・軽い不眠症か?
夜は飲み歩いてしまう・・・体に良くないよな・・・
もう遅いんで頑張って寝るわ!
ちょい不在だが麒麟おやすみ〜

526 :以上、自作自演でした。:2008/06/15(日) 19:51:18
ロキかわいいよロキ
あんな弟ほしいよ

527 :ヒミカ:2008/06/16(月) 02:22:21
お兄ちゃん、ロキを弟にする気ない?なんでもいうこときくよ(´∀`)

528 :以上、自作自演でした。:2008/06/16(月) 02:24:47
ヒミカ「526さんに便乗してロキをお兄ちゃんにPRしてみたよ(´∀`)」
ナユタ「でもハイパーヒミカさんタイムを逃したのでPR失敗ってところでしょうか(´ー`)」
ロキ「そ、そんなぁ…で、でも、めげないです><」

バサラ「よくわからないけど、がんばれ(´ω`)」

529 :犬彦:2008/06/16(月) 17:08:38
いあいあ、ネットの調子が良くないな。
>>526お母さんとお父さんにお願いしてみろ?!
>>572ロキは大人気だな?
きっとお前の隠された欲望をみんな知らないんだな。
ロキは純情ぶって実はかなりエロいからなw

530 :吉田茂:2008/06/18(水) 23:02:11
この際、糞オナニーでもいいので定期的に書き続けたまえ
君の書き込みがキャラネタを救うのだ

531 :以上、自作自演でした。:2008/06/19(木) 02:22:22
ナユタ「>>529セイシンジャさん、ロキさんってエッチな人なんですか?(´ー`)」
ロキ「違います!言いがかりです><」

バサラ「…ロキの部屋を探してみるか(´ω`)」

532 :以上、自作自演でした。:2008/06/19(木) 02:24:02
ナユタ「こんなネタの日に限ってハイパータイムです(´ー`)」
ヒミカ「いいことあるといいよね(´∀`)」

533 :犬彦:2008/06/19(木) 09:27:01
オッスゥ!
>>530吉田茂さん?いらっしゃ〜い。
すごい発言だなwそうだな、また何か載せてみるぜ。
>>531>>532ハイパー発動か?
これでロキの部屋から何か発掘されるかな?

534 :以上、自作自演でした。:2008/06/20(金) 02:22:21
バサラ「これ、見つかったからユダヤにやる(´ω`)」
ロキ「うわあああああああああああ><」
ヒミカ「…ロキ、エッチなの持ってたんだね…(怒´∀`)」
ナユタ「この女の人、すごく胸が大きいですね…(怒´ー`)」

535 :犬彦:2008/06/20(金) 14:39:12
そかwやはりロキは持っていたかw
あいつはヒミカを好きと言いながら
麒麟の胸ばっか見ていたからな!
お〜怖い怖いw

536 :以上、自作自演でした。:2008/06/22(日) 21:53:05
いやん

537 :以上、自作自演でした。:2008/06/23(月) 01:37:46
幼稚園か小学生の頃にファミコンかスーファミのやってたけど今じゃすっかり『まだら=うちはマダラ』だな。

538 :犬彦:2008/06/23(月) 12:50:49
オッスゥ!
>>536いやんってw麒麟なのか?
あいつは恥ずかしがる前にパンチが飛ぶw
>>537確かに「マダラ」という単語で思い浮かぶのは
うちはマダラの方が多いな・・・

539 :以上、自作自演でした。:2008/06/25(水) 17:03:27


540 :犬彦:2008/06/28(土) 01:21:28
うぃ〜!飲んで帰ってきたぜ〜。
>>539 川って?しばらくスレが続かないと思ったら
また意味不明なw

はてさて、また物語を少しづつ進めようと思う。
上記で長々と紹介した転生編日記では摩陀羅は登場しない。
もし、あの日、
伏姫財閥の自家用ヘリに乗らずにアガルタの攻撃を回避していたなら?
ようは摩陀羅=龍仁が壱のように主人公の転生編もありかなと思っている。
あまり設定にはこだわらず(一部は流用だが)、
そんな転生編も想像してみた。
オリジナルなんでな、突っ込みでもなんでもしてほしいw



541 :犬彦:2008/06/28(土) 01:25:20
MADARA 転生編 龍仁の章

【序章】
 龍仁(たつひと)に両親は居なかった。物心付いたときには海辺の町で老夫婦の養子として引き取られていた。
 なぜ自分に両親はなく養子として現在に至るのか?記憶を辿るには幼すぎた為、その内に考える事はあまりしないようにした。
 龍仁には2歳離れた姉がいた。名をエリスと言った。
 幼い頃、いつも一緒の記憶だけ残っているが、彼女は龍仁が3歳の時に別の家へと養女として行ってしまった。
「必ず向かえに来るからね」
彼女はそう言って龍仁のもとを離れていった。どこへ行ったか場所は聞かされなかった。ただ、龍仁は姉の言葉を信じて出会える事だけ夢を見ていた。
龍仁が5歳の時、姉から手紙が来た。
[一緒に暮らせる様になったよ。○月○日に自家用ヘリで向かえに行くからね]
手紙にはそう書かれていた。5歳ながらにヘリで向かえに来るなんてお金持ちの家に姉は行ったのだと思った。
 龍仁は嬉しかった。姉に再び会える事を。だが、一緒に暮らすつもりはなかった。龍仁は現在の世話をしている
 老夫婦が気がかりだった。今の生活はとても裕福とはいえないが龍仁は二人の事が大好きだった。本当の親にも思えてきていた。自分は今後もこの人達と暮らして何年後かは自分が世話をしてあげるつもりだった。
だから龍仁は老夫婦にこの事を話し、別の家の養子として移動するのをやめた。老夫婦は泣いて感激し龍仁を抱きしめた。二人も龍仁と離れるのが辛かったのだ。
 龍仁は今回の件を断ってよかったと思った。しかし、その為に会えるハズだった姉に会えなくなった。
その後、連絡もこなくなり、龍仁から姉の家の情報は一切隔離された。たった一度の手紙にも送り先などは書かれていなかった。
そして12年の歳月が流れた。 夏目龍仁17歳。

542 :以上、自作自演でした。:2008/06/29(日) 03:33:33
ヒミカ「お兄ちゃんお疲れ様ー!そろそろ夏だしアイスあげる(´∀`)」
ナユタ「冷たくて甘くて美味しいですよ(´ー`)」
ロキ「あ!僕の分までとらないで下さい><」

バサラ「…うまい(´ω`)」

543 :犬彦:2008/06/29(日) 13:34:54
いあ〜今日は暑いな・・・
日曜日なのに出勤だぜ・・・
おwアイスか!食べすぎに注意しようぜ!

544 :犬彦:2008/07/01(火) 12:17:54
【第一部 摩陀羅覚醒篇】
[一]
 一ヶ月に一回、龍仁は病院に通っている。
病院と言っても小さな診療所だがこの小さな町では評判のよい所だ。
龍仁は幼い時に大怪我をした。いや、したらしい。
龍仁に怪我をした時の記憶はなかった。しかし体には無数の傷跡が残っている。
その事から龍仁は昔に怪我をした事を理解はしていた。
だが傷跡が残っているといっても、ほとんどがもう薄く残っているだけで、
身体に別状影響はない。逆に元気なくらいであった。
 診療所ではただいくつかの検査をおこなうだけであった。
ただ老夫婦や町医者が通うようにと言っているので
龍仁は言いつけを守っているだけであった。
「もうすぐ夏休みじゃな。龍仁」
 病院の一室で白衣を着た老人が龍仁の目にペンライトを当てながら話しかけた。
「ああ、タタラ先生はどうせ仕事なんだろ?」
「フォッフォッ、わしは年中無休じゃよ」
「そか。たまに遊びにきてやるからよ」

545 :犬彦:2008/07/01(火) 12:18:44
「夏休みはどうじゃ、またわしの寺で修行でもするか?」
 タタラと呼ばれる老人は町医者ではあるが、
同時に小高い丘に位置する竜神寺という寺の住職もしていた。
「いやいや、勘弁してくれよ。」
龍仁は嫌そうな顔をして体を仰け反った。
以前、龍仁は言われるがままに竜神寺に1ヶ月間行った事があった。
まさしく修行のオンパレードで、それ以来龍仁は寺には近づきたくなかった。
「タタラ先生、この頃、夢をよく見るんだ」
「夢?」
「朝、目が覚めると覚えてないんだ。でも・・・。姉さんの夢のような気がする」
「それはどうしてじゃ?」
「幼い頃の懐かしい感じが目が覚めても残っているんだ。だから姉さんの夢だと思う」
さっきまでの会話とは打って変わって真剣な顔で龍仁は話していた。
「だから、今度の夏休みは町を出て姉さんを探しに行こうと思ってる」
 タタラの検診していた動きが止まる。
「それはダメじゃ、龍仁」タタラはなだめるような口調で話した。
「え?どうしてだよ」
龍仁は予想外のタタラの言葉に驚いた。

546 :犬彦:2008/07/01(火) 12:19:27
いつもはいろいろ助言をしてくれたり龍仁の助けとなってくれるよき理解者であったが、龍仁の思っていた言葉とは全然違う返答だった。
「なぁ、タタラ先生?何か知ってるのか?」
龍仁は唐突に話した。姉の事。
姉の所在は不自然なくらいに龍仁へ情報が入らないようにされていた。
ずっと不思議に思っていた。
しかし龍仁は誰にもこの事を話す事なく胸に秘めていた。
だが、今のタタラの否定に龍仁は思い切って聞いてみたのだ。
「龍仁、今日の検診はこれで終わりじゃ。」
そう言ってタタラは背中を向けた。
龍仁はこれ以上聞くのをやめようと思い、黙って診療所をあとにした。

547 :以上、自作自演でした。:2008/07/02(水) 20:42:28
タタラはマダラに恋をする

548 :犬彦:2008/07/03(木) 10:51:52
オッス!今日も暑いな。
しかしクーラーばっかりじゃ体に良くないな。
>>547あぶないなwそれ!
だが、壱じゃずっと一緒に旅をしていたし
使命感以外に親の愛情みたいなもんがあるだろうな。

549 :犬彦:2008/07/03(木) 17:31:47
[二]
 龍仁の住む港町では高校は一つしかなく、
隣町からも電車を使い通学している者もいる。
龍仁はその高校の2年生であった。
学校では勉強はさほど出来ないものの、
運動などは大好きで明るい少年と言ったところか。
誰からも好かれ友人も多い事が龍仁の一番の印象であった。
 そんな龍仁が夏休みに入る2週間前にある事件に巻き込まれる。
帰宅途中、3人の友人の内ひとりが外道組という俗に言うチンピラの集団5人に
暴行を受けた。周りに人は居なかった。
町外れの古い工場が立ち並ぶ空き地に誘導された。
残りの二人は一人が暴行を受けている最中に逃げ出したが
龍仁は必死に体を張って止めていた。
しかし5対2では一方的にやられるだけだった。
いや、もともと龍仁もその友人も手を上げるつもりはなかった。
ただひたすらこの暴行が終わるのを痛みを我慢してじっと待っていた。
原因はなんだか龍仁にはわからなかった。
ただ外道組が友人を見たとたん始まったのだ。

550 :犬彦:2008/07/03(木) 17:32:31
「そろそろ仕上げといくか」
外道組の一人がそう言うとナイフを取り出した。
「やめろ!なんでこんな事するんだ」
龍仁は叫んだ。しかし別のチンピラが龍仁の発言に反応し龍仁のあごを蹴り上げた。
「理由はない、命令でな、うちのボスのな」
そう言うと一人の男が友人の写っている写真をチラつかせた。たぶんこの写真に写っている人物を狙うよう命令されたに違いない。
龍仁とその友人は取り押さえられ、一人がナイフ片手に龍仁に近づいた。
「先にこっちのガキから始末するか?」
龍仁の顔にナイフが近づく。反射的に目をつむった、その時友人がやめてくれと言わんばかりに龍仁に覆いかぶさる。
「ジャマなんだよ!テメーは後で殺してやる!」
殺す?ナイフなんて出してどこまで本気かわからないが、こいつらの目は正気じゃない。危険な感じがする。
「逃げるぞ、十頭」龍仁はそっと耳打ちした。
龍仁は思いっきり相手の股間を蹴飛ばした。叫び声をあげ一人の男が崩れ落ちる。残りの4人は突然の出来事に一瞬動きを止めた。
「今だ」
龍仁は十頭の手を握り走り出そうとしたが十頭はグイッと上半身が引っ張られるだけだ。
「おい!なにやってんだ!逃げるぞ!」
「ごめん龍仁さん、先に行ってくれ」

551 :犬彦:2008/07/03(木) 17:33:16
十頭の右のももにナイフが突きつけられていた。
龍仁が蹴り飛ばした時に相手はナイフをももに突き刺していたのだ。
「ひひひ、逃がすかよ・・・バカァが・・・」
先ほど崩れ落ちた男が立ち上がり不気味な笑みを浮かべた。
残りの4人も囲むように迫ってきた。
 もうだめだ、絶望的な状況だった・・・
 龍仁と十頭が観念したとき突然バイクの音が聞こえ集団の中に突っ込んできた。
それはちょうど龍仁達とチンピラを区分けするように止まった。
「な〜にやってんだ〜テメーら?」
黒いメットを被った男は5人のチンピラにバイクを降りながら話しかけた。
龍仁は助かったと思った。少なくともこのバイク男は敵ではない。
「いきなり出てきて何様のつもりだ!お前もやられたいのか?!!」
5人の内一人がバイクの男を威嚇した。残りの4人も同じような台詞を繰り返す。
「やれやれ」バイク男はダルそうにメットを脱ぎ捨てた。
「あ・・・赤い髪・・・」「まさか・・」
5人は突然オドオドし始めた。立場が急に逆転したような感じだった。
「外道会は解散した筈だったがな?」
「ユ、ユダヤさん」

552 :犬彦:2008/07/03(木) 17:33:47
かつて外道組はこのバイクの男、
犬彦綬陀矢(いぬひこゆだや)が組織する組であった。
生まれつきの赤い髪、そして喧嘩では負け知らずであった。
部下たちは彼を「ゲド・ユダヤ」と呼んでいた。
外道(げどう)から来ているのであろう。
だからといって彼も好きで組頭をしているわけではなかった。
彼の祖父、犬養(いぬかい)の代から犬彦の代に至るまで受け継がれてきた物だった。
しかし犬彦は団体行動や縛られるのが嫌な性格な為、
2年ほどしてから組織を解散した。去年の冬の事だ。
それからしばらくはこの町から遠のいていた。
「なんでまだ外道組の名使ってるんだ?おい?」
5人は起立の姿勢で下を向いて黙っていた。
犬彦は「ったく」と言いながら頭をかきながら龍仁達に近づいた。
「お前ら、もう行っていいぞ」
「犬彦って言うのか?こいつ怪我してるんだ、そのバイクでこいつを病院まで運んでくれ」
「ムッ、お前、ずうずうしい奴だな、かついで行けばいいだろう?」
「俺だって怪我してるんだよ!」
犬彦は不思議な感じがしていた。犬彦の容姿からだいたい初対面の相手は怯む。
しかしこいつはそんな感じがなく昔からの友人のように犬彦に話しかけている。
犬彦をジッと見つめる龍仁。

553 :犬彦:2008/07/03(木) 17:34:39
「チッ、わーったよ」
「ありがとう、3人は乗れないから俺は歩いて行くよ。十頭を病院まで運んだら引き返して俺を拾ってくれ」
「あああぁぁああぁ!!」犬彦はびっくりしていた。
こいつ何なんだ??犬彦だけではない、
チンピラ達もポカーンと口を開けてやり取りを見ている。
「あー、もうどうでもいいや、はいはい、わかりましたよ」
犬彦と龍仁は十頭に手を差し伸べる。その時一人大柄な男が近づいてきた。
「煉冶(れんじ)さん!」
チンピラ達は急に嬉しそうな顔をしはじめた。犬彦が振り返る。
その男はまるでプロレスラーか何かの格闘家のような筋肉質な体付きをしている。
「甲斐煉冶(かいれんじ)、まさかテメーが外道組の頭ってわけねーだろうな?」
「フッ、その通りだよ、もう一度残党を組織し、俺が外道組を復活させた」
「で、このリンチはなんだ?テメーの差し金か?」
「リンチではない、処刑だよ、俺も運がいい、ここでキミ達3人に会えるとはな」
「3人?」
「だが覚醒させてしまうとこちらが圧倒的に不利になる。ここは一旦引かせてもらう」
そう言うと外道組はこの場から立ち去って行った。
犬彦にも、龍仁や十頭もまったく意味がわからなかった。
しかしようやくこの場から回避出来た事で龍仁は安堵した。
取り合えずこの犬彦って男には感謝しなければ。

554 :犬彦:2008/07/04(金) 11:59:36
[三]
 十頭はこの町で一番大きい病院に入院した。
タタラ先生は竜神寺の住職をしている事もあり随時病院にいる事が少ない為、
入院施設がなかった。
十頭は龍仁より学年が一つ下で取り分け仲が良いわけではないが、
家が近い事もあり通学の時は一緒になる事が多かった。
しかしそれは龍仁の見方であり十頭自身は一人っ子という事もあり、
龍仁を兄のように慕っている。
 龍仁は十頭の入院している病院まで来ていた。
あの事件から3日が過ぎていた。龍仁もケガをしていたが入院するほどでもなく、
自宅とタタラ先生の所を往復して3日を過ごした。
 病室のドアを開ける。
そこにはいくらか全身に包帯をしている十頭ともう一人、
色白で栗色の瞳をした少女が立っていた。
「あ、龍仁さん」
「うわぁ、彼女来てたのか?わりぃ」
龍仁はニヤついた顔で十頭に冗談を飛ばした。
彼女は見た事があった。
十頭の恋人でない事はわかっていた。

555 :犬彦:2008/07/04(金) 12:00:07
それはよく十頭がその彼女の事を話していたからだ。片想いらしい。
十頭の話ではクラスの委員長だかしているらしいのを聞いた事がある。
クラスの代表で今も何かレポートでも届けに来たのだろう。
龍仁の思惑通り十頭の手に何かの書類が握られている。
「あ、彼女は僕のクラスの委員長で桜咲さんです。」
わかっているけど一応ふんふんと話を聞いて龍仁は挨拶をした。
「で、ケガは?」
龍仁は早くこの場を立ち去ってあげようと用件だけ問いただした。
「もうあと少しで退院できそうです。って龍仁さんは?ケガは?」
十頭は龍仁をびっくりしたかのように龍仁をジロジロ見だした。龍仁にはすでにケガの跡は残ってなかった。顔だって何もなかったかのように傷が見当たらなかった。
「なにジロジロ見てるんだよ、気持ち悪いなぁ、じゃ、また来るからな」
そう言うと軽く手を挙げ足早に龍仁は病室を出た。

 十頭の言うように確かに龍仁に三日前の傷は残っていなかった。

556 :犬彦:2008/07/04(金) 12:00:41
病院を出ると昨日の犬彦という男がバイクにまたがり誰かを待っている様子だった。
「やぁ、犬彦」
「かぁ・・またお前か、なんだ?ダチの見舞いか?」
「ああ、犬彦は何してるんだ?俺を待ってたのか?」
「んなわけねーだろ!妹が用事あるっつーから待ってるだけだ!」
「そか、この間はサンキューな、助かったよ」
龍仁は素直に礼を言った。
犬彦は突然お礼を言われ照れくさそうに横を向いたが
次の龍仁の言葉を聞いて照れくさそうにした自分を恥じた。
「それでお願いがあるんだけど」
こいつ、なんなんだ?俺にお願いだと?
なんで俺がこいつの言う事聞かなければならないのだ。
「お断りしマース!」

557 :犬彦:2008/07/04(金) 12:01:04
犬彦は茶化した言い方をしてソッポを向いた。
その先に犬彦は反応する。待っていた人物が来たようだ。
「お兄ちゃんお待たせ〜」
先ほど十頭の見舞いに来ていた桜崎だった。龍仁を見て軽く会釈をした。
「犬彦の妹なのか?」
「まぁな、うらやましいのか?」
と、犬彦はニヤニヤして龍仁を見た。犬彦は妹が結構もてる事を知っている。
龍仁のさっきの反応はそれだろうと思った。
しかし龍仁はただ先ほど会ったばかりの人が犬彦の兄弟というだけの軽く驚いた反応だ。犬彦は龍仁がどんな反応するか楽しみにしていた。
しかし以外にも龍仁は落ち着いた表情で「ああ、うらやましいな」と一言だけ言ってその場を去った。犬彦は龍仁の表情に一瞬くもりがあったのを感じた。

558 :犬彦:2008/07/05(土) 12:30:45
[四]
 結局、犬彦は龍仁の願いを聞く事になった。最初は話だけ聞くつもりだったが。
龍仁の願いとは 姉の捜索 であった。
犬彦はもともと組頭であった為、人脈も多い。
捜索をお願いするには持ってこいの人物だと龍仁は思っていた。
犬彦がなぜ願いを聞く事になったか?それは龍仁に共感したからだ。
自分と似た境遇の持ち主。両親の顔も知らずに育った二人のきょうだい。
しかし龍仁は今一人きりだ。素直に協力してやろうと犬彦は思った。
龍仁が犬彦からの連絡を待ちわびて1週間が過ぎた。
まぁそんなすぐには見つかる訳ないと思っていたが、夏休みまでは残り4日となっていた。夏休みまでに姉の所在の手がかりさえあれば会いに行こうと計画していた。
そんな矢先、タタラ先生から呼び出しがあり診療所に赴いていた。

559 :犬彦:2008/07/05(土) 12:32:02
いつもの診療所、そこには普段と変わらずに座っているタタラ先生と長髪の黒い背広を着た男が立っていた。
「こちらは沙門先生じゃ、先生と言っても医者ではなく家庭教師じゃがな」
「やぁ、よろしく龍仁」
男は手を差し出す。何がよろしくなのか意味がわからなかった。
「今度の夏休みは沙門先生と一緒に過ごしてもらう」
「はぁ?勝手に決めるなよ!タタラ先生」
「龍仁、お前は進学の事も考えなければならないじゃろ?」
「進学なんかするつもりはない、俺は卒業したらこの町の漁師になる」
「何にせよ今のままじゃ勉強は必要じゃ」
「タタラ先生、俺を監視するつもりだな?俺が姉を探しに行かないように」
タタラは一瞬焦った表情をした。沙門は無表情でやり取りを見ていた。見ているというより監視しているような目だった。
龍仁が診療所をあとにし走り去る。そして沙門は腕を組みタタラを見た。
「重症だな、しかしまだ彼をこの町の結界から出すわけにはいかない。姉と会わすのもな」
「わかっておるよ・・・」
タタラは哀れむような目で窓から外を眺め。走り去る龍仁を見つめていた。

560 :犬彦:2008/07/06(日) 02:01:15
オ〜スッ!
しばらくレスが続かないんでな、連続投稿してみたw
こんな時間に今レスしてるのはもちろん飲み帰りだからだw
そいじゃ寝るわw麒麟とチビ四天王、他 名無しさん おやすみ〜

561 :以上、自作自演でした。:2008/07/06(日) 08:10:38
MIDARAにみえた

562 :犬彦:2008/07/07(月) 13:36:21
おw>>561まちがいさん いらっしゃ〜いw
確かに見えなくもないw

563 :ちび四天王@七夕:2008/07/07(月) 22:22:22
ヒミカ「お兄ちゃーん七夕だよー(´∀`)お兄ちゃんは何をお願いした?」

ナユタ「ちなみにナユタは身長とお胸をおっきくしたり、
家族やアガルタのみんなにあったり、かわいいぬいぐるみが欲しいです(´ー`)」

バサラ「そうめん食べたい…(´ω`)」

ロキ「ナユタさんとバサラさんは七夕を勘違いしてるみたいですね><」

ヒミカ「お兄ちゃんのお願い事も聞かせてね!(´∀`)」

564 :ちび四天王@ハイパー七夕まつり:2008/07/07(月) 22:28:11
ヒミカ「やったー!ハイパー七夕タイム突入でみんなのお願い事が叶うよー(´∀`)」

ナユタ「あ!忘れてました!ゲーム版マダラのリメイクもお願いしないと…(´ー`)」

ロキ「これで僕とヒミカちゃんはいつまでも幸せな恋人同士です><」

バサラ「そうめん、そうめん…(´ω`)」

ヒミカ「ちなみにヒミカのお願い事はみんなハッピーになれますように、だよ(´∀`)」

565 :犬彦:2008/07/08(火) 09:13:34
オッス!おチビたち元気だったか??
そういや昨日は七夕だったんだな。
マダラのゲームリメイクはいいな〜
ロキの願いはどうでもいいw
そうめんも関係ないしw
ヒミカの願いはいいな!俺もヒミカと同じ願いだ!

取りあえず昨日は会社に買っておいたアイスが食われてなw
アイスごときだが、かなりへこんだよw

566 :以上、自作自演でした。:2008/07/09(水) 22:46:40
ジャト鍋うめー

567 :犬彦:2008/07/10(木) 09:16:48
くっ・・食ったのか??
>>566食っちまったのか??
次の日起きたらお前の耳が兎の耳になってるぞw
にしてもこの暑いのに鍋か・・・

568 :犬彦:2008/07/10(木) 09:20:05
[五]
 夏休みまで残り一日、また龍仁は姉の夢を見ていた。
いつもは覚えていない夢の中なのにいつもと違う感じがした。
今までは影のようにしか登場しない人物の顔がはっきり見える。
いや、すべてではなかった。一部の人物の顔だけがはっきり見えていた。
犬彦、その妹、十頭もいた。タタラ先生もあの家庭教師の男も。
うしろ姿の少女が立っている。龍仁は思った。エリス姉さんだ。
少女は振り向きながら龍仁に手を差し伸べる。少女の顔が見えそうになった時、
少女は光に包まれ消えていった。少女は龍仁に向かって叫んでいた。
「・・ダ・・・ラ・」
そして目が覚めたと同時に犬彦から龍仁のもとへ連絡がきた。焦る気持ちを抑え犬彦との待ち合わせの公園に龍仁は走る。
 今回の夢はなぜかハッキリ覚えていた。いつもはうろ覚えなのに。姉が助けを求めているような、そんな印象が残っていた。
既に犬彦は公園のベンチに腰を降ろしていた。もう夏だって言うのに今日は心地よい涼しさであった。


569 :犬彦:2008/07/10(木) 09:21:38
「犬彦、何かわかったのか?」
「ああ、その前に龍仁、フルネームで自分の名前を言ってみろ?」
「ん?夏目龍仁だけど?知らなかったのか?」
「いや、この町に夏目龍仁って人物は存在しない。存在するのは伏姫龍仁って名前、お前の事だ」
「な??」
「お前が5歳の時点で苗字が変更されている。何か心当たりあるだろう?」
「俺が姉のもとへ養子に行く話があった年齢だ」
「そうだ、お前は現在伏姫家の養子という事になっている。つまりお前の姉は伏姫という姓の家にいる。」
「養子の話は断った筈なのに・・・。それで姉はどこに?」
「ちょっと待て、場所まではわかっているがお前の姉がそこにいるかまではわからない」
「どういうことだ?」
「伏姫家ってのは資産一千億の伏姫財閥の事だ。お前も聞いた事ぐらいあるだろう。伏姫財閥の家族構成などはすべて隠されている。理由はわからんが、調べてもガードが固すぎて何も調査できなかった」
「そうか、直接行って確かめるしかない。俺の名前の理由も」
「そうだな、場所は東京の武蔵野にある。俺も一緒に行ってやりたいがこれでも忙しいんでな」
「いや、サンキュー犬彦、感謝する」
立ち去ろうとした龍仁が振り返りもう一度犬彦を思い出したように見た。
「そういや外道組はなんで十頭を狙っていたんだ?」
龍仁の質問に犬彦は一瞬困ったような顔をしたが、ま、いいかみたいな顔をして話し始めた。
「俺や十頭、あと甲斐煉冶ってのは古くからの因縁でな」
「古くからの因縁・・・・」
龍仁はその言葉にいつも見る夢の事が一瞬頭をよぎった。
あの夢は現在の時代ではない事がわかっていた。変わった服装や見慣れない風景。
ならあれは前世なのか?この犬彦も登場していた。
なんて名前だったっけ?・・・
なぜか急に考えを張り巡らさなければいけない衝動にかられた。
犬彦は急に考え込む龍仁を不思議そうな顔をして見ていた。

570 :犬彦:2008/07/10(木) 09:22:09
「聖・・神邪・」
龍仁は思わず口に出して呟いていた。なぜ口に出してしまったのか、少し驚いた龍仁だが、それよりも犬彦の方が驚いた表情をしていた。
「なぜ俺の名前を?!!!」
犬彦は龍仁の両肩を興奮したように鷲づかみにしていた。
「ちょ、待ってくれ、俺がお前の名前言ったか?」
確かにそうだ。ごまかそうとそう言った龍仁も不思議だった。犬彦=聖神邪の話しは一切していない。龍仁の夢の中の話だ。だが?なぜ??俺の夢の中の犬彦=聖神邪の事を目の前の犬彦は知っている?
「龍仁、俺は前世では聖神邪と呼ばれていた。これは同じ前世の記憶を持つ物しかわからない事実、外道組の件も前世での因縁で転生していたものが狙われた。」
「前世での因縁?じゃ十頭が」
龍仁は少しだけ理解してきた。夢の中には十頭もいた。だから狙われた?非現実的な会話だが龍仁は素直に理解していった。
「龍仁、お前は前世でなんて呼ばれていた?お前は誰だ?」
半ば興奮気味の犬彦が龍仁に詰め寄る。
一瞬姉の姿が龍仁の頭をよぎりハッと我に返る。夢から覚めたような気分、寝起きのようだった。
 犬彦の両手を振りほどき立ち去ろうとする。振り向き犬彦を見た。
「俺は・・・俺は伏姫龍仁だよ。犬彦」

 その二人のやり取りを遠くから携帯電話を耳にあて監視していた人物がいた。兵頭沙門だ。
「摩陀羅は覚醒してしまったようだよ。タタラ・・・。だが、まだ摩陀羅としては生きていかないらしいが・・・さて、ここからが問題だな」
沙門は携帯電話を切り、近くに止めてあった車に乗り込みその場がら消えた。

犬彦は立ち去る龍仁の背中を見て龍仁に聞こえるように呟いた。
「摩陀羅・・・」
その声に反応した龍仁は立ち止まりゆっくり振り向く。

そして ――摩陀羅は歩き始めた――

571 :マダラ:2008/07/10(木) 12:24:09
でも嘘なんだよ。

572 :犬彦:2008/07/11(金) 09:12:46
>>571マダラ?意味ありげな発言だなw
さて、取りあえずキリが悪いので続けて話しを載せるぜ!

[六]
 今日から夏休みが始まる。龍仁は少し大きめのバッグに必要な物を詰め込んで家を出た。老夫婦には姉探しの事も自分の姓が伏姫なのも話していない。
ただ夏休みの間だけ町を出て行きたいと話しをした。
老夫婦は何も聞かず、一生懸命に龍仁の荷造りを手伝ってくれたりお弁当を作ってくれたりした。
タタラ先生から何か聞いていたかも知れない。でもそんな感じはみせなかった。
最後に龍仁は「いってきます。お父さん、お母さん」と話した。
17年間、龍仁は老夫婦の事をおじさん、おばさんと呼んでいた。龍仁なりに感謝を込め、また自分の気持ちを伝えるべくそう話した。
自分はまた戻ってくる。この今の両親のもとに・・・。
老夫婦にとっては一番うれしく待ち望んだ言葉だった。

573 :犬彦:2008/07/11(金) 09:14:22
港についた。ここから船で移動して町を出る。
しばらく腰を降ろして少しだけ離れるこの町を愛おしくおもい眺めていた。
その視線の先に見慣れた顔ぶれが龍仁に向かって歩いてくる。外道組の連中だ。
人数が多い。ボスの煉冶を中心にその後を10人ぐらいが押し寄せてくる。
「龍仁、少し付き合ってもらいたいんだが?」
 煉冶はニヤリと笑い話しかけてきた。
「頭数揃えないと何もできないのか?漲緋統凱聨(チョウヒトウガイレン)だっけか?」
「ふふふ、やはり覚醒していたかぁぁ!マダラァ!」
そう言い放つと煉冶の左手が膨れ上がり龍仁の首を掴む。
煉冶の左腕だけ怪物の姿へと変化した。爬虫類のような恐竜のような皮膚であった。
「ぐっ、いきなりこれかよ・・・」
龍仁は右手から少龍を足元に解き放つ。
地面が割れ煉冶がバランスを崩した隙に間合いを取る。逃げるつもりはなかった。
これも龍仁の旅の目的、マダラとしての目的でもある。
 前世では魍鬼八大将軍からチャクラを取り戻す為に旅をしていた。
現代では?
この時代でも同じ目的であった。龍仁の体には消えない傷が8つある。
傷と言うより痣、もしくは何かの紋章のような跡が残っていた。
暴行を受けた傷はすぐ完治しているのに記憶にないこの傷は今も消えない。
龍仁は確かめたかったのだ。

574 :犬彦:2008/07/11(金) 09:15:25
この傷はチャクラを抽出した跡だ。俺のちから。
姉を探す旅は本来の俺を取り戻す旅でもある。
 覚醒したあとに記憶の断片が合わさり続ける。今まで出会った人物と夢の人物。
 自身の宿命、この時代に転生した意味を探す旅。

「ほう、もう少龍まで使えるようになっていたのか、面白い!」
 既に煉冶の体はもとの人間の姿を形成していなかった。
体格は3倍ほど膨れ上がり龍仁が前世で見覚えのある姿に変体していた。
周りの手下も次々と怪物の姿になっていく。
 周囲の人は現実離れした光景に絶句し、悲鳴をあげるものもいた。
龍仁に戦いの場所は選べなかった。龍仁の周りには異形の怪物が取り囲んでいる。
 一体づつ距離を持ち確実に倒すしかない。今の龍仁は生身の肉体。
前世のようにバトルギミックは搭載されていない。今の武器は少龍のみだった。
しかし、今の龍仁が放つ少龍は一日7発が限界だった。あと6発。
龍仁は距離をたもち魍鬼の頭めがけて少龍を確実にぶつけていった。
3体の魍鬼が頭部を破壊され赤緑色のゼラチンのようなものをぶちまけて倒れていく。
 龍仁には考えがあった。逃げながら手下を数体倒し隙を見て煉冶にありったけの少龍をぶつけ倒す。そうすれば手下の魍鬼など逃げ出してしまうだろう。

575 :犬彦:2008/07/11(金) 09:16:06
倒れた手下を蹴飛ばしながら煉冶が迫る!
龍仁は突然立ち止まり野球のピッチャーのように突然に煉冶に振り向く。
「おおぉりゃ!食らいやがれ!」
 煉冶の顔面に先ほどよりも大きい少龍がクリーンヒットした。後ずさりする手下達。
龍仁は逃げながら残り3発分の少龍を1発の強力な小龍に練っていたのだ。
「?」しかし煉冶は倒れない!
「忘れたか?マダラ、俺は八大将軍の中でも一番タフなんでな」
「くっ・・そうぉお!!」
龍仁は煉冶のボディに足蹴りする。無意味な事はあとから気付いた。
強靭なボディを持つ煉冶に生身の人間が蹴りを入れても本人が傷つくだけだ。
「ほう、どうやらもう終わりらしいな」
 煉冶は余裕の表情で腕を組み龍仁に近づく。

576 :犬彦:2008/07/11(金) 12:28:14
[7]
 展望台の上に一台の車が止めてあった。
乗っているのは沙門とタタラだ。龍仁の戦いを眺めている。
「これも運命だよタタラ。今はまだマダラをこの町の結界から出してはだめだ。
出ようとするなら消えてしまった方がいい。アガルタに力が渡ってしまうならね」
「し、しかし、まだアガルタに力が渡ってしまうとは決まっておらん」
 タタラは両手を合わせ祈りながら龍仁を見つめている。
マダラ・・・タタラは龍仁に生きてほしいと強く願っていた。
 二人の乗った車に一台のバイクが横付けして止まる。犬彦だ。
「よう、お二人さん。ありゃあんたらの差し金か?」
「私たちではない。弥勒機関(みろくきかん)だ」
「まぁどっちにしたって俺は助けるけどな」
 タタラが車から降りる。
「待ってくれ、ユダヤ、これを龍仁に渡してくれ」
「ん?なんだぁ〜? こっ!これは」
タタラは長い布に包まれた物の紐を解いていく。
「そう・・・闇のクサナギじゃ」
沙門も慌てて車から降りる。
「タタラ!勝手なまねを!」
「わしも龍仁を失いたくないのじゃ、かけてみようじゃないか?あの子に」
「よし!じゃこれはちょーだいするぜ!」
犬彦はタタラから剣を取り上げ龍仁のもとに走る。

577 :犬彦:2008/07/11(金) 12:28:48
煉冶が片腕で龍仁の首を持ち上げる。龍仁は足をバタつかせながらもがくが、
かえってそれが龍仁の首に負担をかける事になる。意識が遠のいていく―――
 目の前が闇に飲み込まれようとしたとき、一瞬白い光が見えた。
龍仁は尻餅する状態で地面に叩きつけられる。
先ほどまで強いちからで龍仁の首を掴んでいた煉冶の腕にちからがない。
目を開け腕の先を見ると綺麗に切断されていた。
「うごぉごばぁ!!!」
 煉冶が痛みにもがき苦しむ。周囲が緑色の血で染まる。
「霊妙剣だ。覚えてるか、龍仁?」
 目の前に犬彦がいた。闇のクサナギを龍仁に放り投げる。
「俺は前世でこいつに腕をやられたからな、これで借りは返した。
あとは龍仁、お前がその剣で決めろ。雑魚は俺にまかせとけ」
「あぁ」ゆっくり立ち上がる龍仁。
「調子にのるんじゃねぇぞ!!!!」
 煉冶が怒りに狂いながら突進してくる。
龍仁は冷静に剣を構え残りの掌妙勁を絞り出しで剣に流し込む。
「これが始まりだ!俺の運命!前世での宿命!すべて俺の手で終わらせる!!」
 霊妙剣を放つ。煉冶の胸元に吸い込まれるように光の刃は体を通り抜け切断される。
断末魔をあげる事なく煉冶の体は上下に分かれ蒸発していく。

578 :犬彦:2008/07/11(金) 12:29:19
「こいつら死ぬと蒸発するんか?まぁこんな化け物の死体あったら
日本中が大騒ぎだろうしな、信じる信じないは別として・・だが。」
 犬彦はすでに手下を倒し足元にまだ蒸発しきれていない魍鬼の肉片を
足でつつきながら話した。その時、龍仁に変化が起こる。
「ぐっ」
 龍仁は胸を押さえ苦しみだす。龍仁の体にチャクラが一つ戻ったのだ。
しばらくしてようやく龍仁は落ち着きを取り戻す。
「ハァハァ、戻ったのか?俺の一部が・・・」
「そうみたいだな、ようやく1つな」
「あと・・・7つか・・」
 遠くから二人に駆け寄る人物がいた。十頭と犬彦の妹だ。
「龍仁さん、大丈夫ですか?」 「お兄ちゃん!大丈夫?」
 それぞれが二人を心配する。
既に十頭はロキとして犬彦の妹はヒミカとして覚醒していると犬彦は話した。

 最初の戦いが終わった。龍仁はこのあと船に乗り込み沈む夕日を眺めていた。
 十頭は一緒に行きたいと言ったが断った。
犬彦はもともと付いて行く気はないようだった。
ただ、龍仁の心には力強い物が宿っていた。チャクラを取り戻したから?
いや、この胸の重みは仲間の絆ができた事のあかしのように思えた。

【第一部 摩陀羅覚醒篇 完】

579 :以上、自作自演でした。:2008/07/11(金) 15:58:05
お疲れさん。
そうめんでもおごるよ。

580 :犬彦:2008/07/12(土) 03:16:14
オッス!またこんな夜中にレスするぜ!
>>579そうめん!やっぱ夏はそうめんだな!
そういやバサラがくいたがっていたっけw

581 :以上、自作自演でした。:2008/07/12(土) 03:17:14
カンチョー

582 :以上、自作自演でした。:2008/07/12(土) 05:03:36
バサラにはザーメンをごちそうしたい

583 :以上、自作自演でした。:2008/07/12(土) 10:15:09
MANKO

584 :犬彦:2008/07/13(日) 01:07:03
おいおいw>>581>>582>>583
お前らときたらw
まちがいさんだらけじゃないかw
あぁ〜、もう寝るぞw!


585 :以上、自作自演でした。:2008/07/13(日) 18:57:32
ヒミカと書いてブラコンと読む

586 :以上、自作自演でした。:2008/07/14(月) 20:13:53
キリンたんのパンティ

587 :犬彦:2008/07/15(火) 09:30:55
オッスゥゥ!
>>585あいつはそんな感じでもないぞ。どっちかといえば
恋人とかできたらデレデレするタイプ
>>586ふ〜また まちがいさん来たか!w

588 :以上、自作自演でした。:2008/07/15(火) 19:16:39
ロキを殴っておいたよ
やったねユダちゃん!

589 :犬彦:2008/07/17(木) 12:20:29
>>588ユダちゃんってw
初めて呼ばれたなwロキの件か・・・
サンキュー!!w

590 :以上、自作自演でした。:2008/07/19(土) 00:02:26
ロキかわいいのにいじめちゃだめだよ

591 :犬彦:2008/07/19(土) 01:01:40
オッス!
>>590そうだな、昔はかわいかった・・・
今は・・・まぁ、よしとしようw

ところで田島版転生編でおかしな所に気づいた人はいるか?
少し解説を入れようw
まず第一話で屋上で俺が不良どもに小龍をぶつけるシーン
左手でぶつけようとしてなぜか次のコマでは右手でくらわしているw
あれはフェイントだw 次!
第二話の見開き表紙でなぜかネックレスが描かれていない
>>505でも話したがあれは描き直されたものなので
描くのを忘れたんだなw 次!
同じく第二話の冒頭部分、俺はギターリストなのに
なぜかベースを弾いている。??なぜだ?
これはさすがに作者もまちがえないだろう??
いあいあ、俺は曲を作るときにまずベースで全体の
コード進行を決めるんだ。ギターやボーカルのメロディーは
頭に入っていて、それにベースを乗せ曲全体のバランスを
調整していくのだ!
ギターはしまってありますw

よし寝るぞ!おやすみ〜

592 :以上、自作自演でした。:2008/07/21(月) 19:45:54
ヒミカたちは夏休み真っ盛りかね?
お兄さんも大変だなぁ。

593 :犬彦:2008/07/22(火) 10:55:13
おはようっス!
>>592そうか、もう夏休みなんだな!
あいつらは4人でどっかに遊びに行ってるだろうw
使われる身としては夏休みが恋しいぜw

594 :犬彦:2008/07/22(火) 12:30:10
MADARA 転生編 龍仁の章
【第二部 邂逅篇】
[1]
 今まで嗅いだ事のない臭いがした。
異臭と呼ぶにふさわしい臭いだと電車に揺られながら龍仁は思った。
化粧品か何か?それにしても電車に人が多すぎる。息が詰まるおもいで電車を降りた。
 東京に着いたのは昨日の夜だった為、ネットカフェで一晩過ごした。
犬彦に聞いた住所を頼りにここからどう行けばいいのかついでに道を調べた。
あと武蔵野にはタタラ先生の兄が住んでいるらしかった。
昨日の騒ぎのあと、タタラと沙門が龍仁の前に現れた。
タタラは兄の居場所を龍仁に教え、そこに泊まる様に話した。
この間まであんなに反対していたタタラだったが。
 そして今日、取りあえず伏姫家の周辺に行ってみようと思った。
場所だけ把握しタタラの兄の所へ行くつもりだ。

595 :犬彦:2008/07/22(火) 18:10:49
[2]
 夏休みの早朝だと言うのに学生服を着た人をよく見かける。
部活動以外にもあきらかに勉強しに学校へ行く者もいた。
龍仁の町では夏休みに学校に行く事など1日ぐらいだ。その1日も休む生徒が多い。
 犬彦に教えてもらった住所に着く。高い塀がずっと続いている。
龍仁はグルっと周りながら門を探す。
門は数箇所あったがどれも閉ざされていて15分程でようやく使用されている門に辿り着く。なんて広さだと思った。
 予想通り門には守衛が一人いた。守衛は龍仁を見るなり
「ど、どうぞ、ミオ様」と言って門を開けた。
 龍仁は顔色一つ変えずに伏姫家の敷地に足を踏み入れる。
しかし心の中では[誰かと勘違いしたらしいが、まぁいいか]と思っていた。
敷地内は何か異様な感じがした。龍仁の町とは正反対の感じ。
何かの結界が張られている?しかも邪悪な?
 敷地内は限りなく広かった。龍仁は道沿いに一番大きい建物を目標に歩いていった。
黒塗りの高級車と執事らしき人物の後姿が玄関前に止まっているのが見える。
 玄関から一人の女性が出てくる。龍仁はその姿を見てドクンと胸が跳ねた。
姉さんだ!幼い頃の記憶しかないが、あれはまぎれもなく姉さんと感じた。
女性と龍仁の目があった。思わず龍仁は声を出しそうになった。

596 :犬彦:2008/07/22(火) 18:12:27
「エリス姉さ・・・」
 しかし龍仁は声を止める。もう一人の女性が玄関から出てきた。
龍仁は目を疑った。もう一人の女性は最初に出てきた女性とうり二つであった。
双子?しかし、外見はそっくりというより、
ほとんど区別が付かないが二人目の女性は何か不快な感じがした。まるで白と黒。
「あれ?由紀姉さん、あの子 ミオにそっくり」
「あらほんと麒麟(きりん)。守衛が間違えて入れてしまったのね」
 最初の女性が麒麟?そして次に出てきたのが由紀だって?姉ではない??
 執事がゆっくり振り向く。
「お二人は先に車にお乗りください」
 執事はニヤリと龍仁を見る。執事の顔が一瞬不気味に見えた。
車が走り去り執事がゆっくり龍仁に近づく。

597 :犬彦:2008/07/22(火) 18:13:47
「私は伏姫家の執事をしております兎屋と申す者です。
よくここまで入り込んだものだ。普通の人間では入れない筈なのに・・・」
 兎屋は不思議そうな顔をして龍仁をしげしげと見ている。こいつ何かやばい感じがする。
「何者です?あなた?」
 そう兎屋が話すと同時に龍仁は振り向き走り出した。案の定、兎屋が追いかけてくる。
「逃がしはしないわよ。まぬけめ!そっちは行き止まりよ」
 龍仁の前には5メートルぐらいもあるヘイがある。
しかし龍仁は止まらずに突っ込む。
「な、なにを?!」
 龍仁は軽々とジャンプしヘイの上に着地した。後を振り向き、
「お前もジャンプして来たらどうだ?兎なんだろ?」
「くぅ〜何者なの?!あんた?!!」
「じゃぁな、ウサギ!」
龍仁は向こう側へ飛び降り伏姫家の敷地内から出た。
そして先ほどの高級車が龍仁の横を通り過ぎる。
車の中の女性と目があった。今のは麒麟って子の方だなと龍仁は思った。
そして取りあえずタタラの兄さんの所へ向かうことにした。

598 :犬彦:2008/07/24(木) 17:58:51
[3]
 タタラの兄、案の定見覚えのある顔が出てきた。
「龍仁か?」
「あぁ、スクネだったよな。この時代でも世話になるぜ」
 スクネの家は今風の家ではなく昔ながらの木のにおいのする家だった。
龍仁は大きく息を吸って吐き、ようやく落ち着ける場所に来たと思った。
 居間へ案内されお茶と菓子をだしてもらった。
ここはスクネ一人だけが住んでいるらしい。
「龍仁、お前の周りに邪悪な臭いが残っておる。伏姫家に行ったのじゃな?」
「別に隠すつもりはないけど、行ってきたぜ」
「何を見たのじゃ?」
「双子の女性、兎屋と言う執事、そして俺はミオと言う奴に間違えられた」
「そうか、本来タタラは私にお前を説得してほしくて
ここに寄こしたみたいじゃが、遅かったみたいじゃな」
 スクネはベランダへ出て座り込んだ。
「我らはいつの時代でも役割を持って転生する。今のわしの役割は伏姫家の監視じゃ」
「何か知ってるのか?」
「ここまで来たら説明せん訳にはいかんじゃろ・・・。心して聞くがいい、摩陀羅よ」
 スクネは龍仁と呼ばず摩陀羅と呼んだ。
龍仁はその呼び名に今回の事は前世にも大きく関わっている事だと認識した。

599 :犬彦:2008/07/24(木) 17:59:23
「伏姫家は既に12年前、アガルタの手に落ちておる」
「な、なに!」
「お前に養子の話がありエリスが伏姫財閥のヘリを使いお前に会いに行ったときじゃ」
「ちょっと待ってくれ、俺は養子の話は断り、姉も会いに来なかった筈だ!」
「いや、会いに行ったのじゃよ、エリスはお前に」
「な、なんだって」
「向かう途中にアガルタの攻撃を受け意識不明の重体となった。
そして目が覚めた時、今までの記憶をなくしみずからを麒麟と名乗った」
「そんな、じゃあ、あの麒麟って女性がやはりエリス姉さん!」
「そうじゃ、そして二ソの杜のキリンでもある。そして伏姫家は
アガルタの手に落ち、麒麟は見た目は通常の生活を送っているが、
すべてはアガルタの監視下による作られた生活」
「早く助け出さないと!なんでこんな重要な事をタタラ先生も言わなかったんだ!」
「時が来るのを待っていたんじゃ、今はまだ事を起こすには早すぎる」
「時ってなんだ!!俺は今すぐにでも姉さんを!」
「落ち着くのじゃ、チャクラを一つしか持たないお主じゃ勝ち目はない。
相手はリリスと影王じゃぞ?」

600 :犬彦:2008/07/24(木) 18:01:00
「由紀って奴がリリスで俺が間違えられた奴が影王か・・・。影王まで・・・なんで?」
「影王はアガルタの闇王(ミオ)として操られておる。
リリスと兎屋はもともとあちら側じゃ。
そして兎屋の前に執事として使えていた白沢は監禁されておる」
「白沢まで・・・、ちくしょおぉぉ!!」
「落ち着くんじゃ龍仁、更にミオは3つのチャクラを取り込んでおる。
アガルタの狙いはスペアの方の覚醒。由紀をキリンに、
ミオを摩陀羅にする入れ替えじゃよ」
「くっ・・・。姉は・・・姉はなぜ生かされているんだ。
奴らの狙いがスペアの覚醒ならば、今のキリンを生かさない筈」
 龍仁は龍仁としてではなく摩陀羅として質問した。
奴らを叩くにはすべてを知る必要がある。
「白沢のおかげじゃ、監禁されながらも強い念でエリスを守っておられる」
しばし沈黙が続いたが龍仁が落ち着いた表情で口を開く。
「サンキュー スクネ。いろいろ話してくれてありがとうな。
だが、ここまで聞いて俺もじっとしてられない!」

601 :犬彦:2008/07/24(木) 18:02:19
龍仁は闇のクサナギを取り出し表へ向かう。
「待つんじゃ!摩陀羅!」
 龍仁が表に出ると一人の男が立っていた。
白い髪?光の当たり方によっては金色に見えなくもない獅子のような髪型
、そして印象的な太い眉。
「おっと待ちな、摩陀羅」
「誰だ?お前?」
「東日流 隼人(つがるはやと)、そこの爺いの言う通り今のままじゃ返り討ちだな」
「お前、見覚えないが、この感じ・・・魍鬼だな?」
「見覚えないって冷たいなぁ〜。まぁ、待て、今の所は敵対するつもりはない。
少し話しを聞いてもらおうか?」

602 :以上、自作自演でした。:2008/07/27(日) 22:48:57
おもしろす

603 :犬彦:2008/07/28(月) 09:29:03
オッス!
>>602サンキュー!ぜひ続きも読んでくれ!

ちょい今風邪気味でな。また風邪かよって感じだw
クーラー病だな・・・こりゃ・・・
皆も気を着けようぜ!

604 :以上、自作自演でした。:2008/07/30(水) 06:40:34
セイシンジャの頭をなでたい

605 :犬彦:2008/07/30(水) 08:57:48
おはよ〜!
>>604なでてもいいが、かなりのクセッ毛でな、手に刺さるぞw
まぁそれは冗談だが、みんなクセッ毛が多いよなw
特に影王!あいつは何もセットしないと前髪まで逆立つからなw

606 :犬彦:2008/07/30(水) 10:52:00
[4]
 スクネは東日流という男を信用していなかった。
しかし龍仁はこの男に着いて行くとスクネに話した。
スクネも結局渋々着いて行く事になり3人は喫茶店へ入った。
「話しってなんだ?」
「お前って案外せっかちなんだな。取りあえず何か頼めや。」
 3人は適当に飲み物を注文して東日流の言葉を待つ。
「俺の前世は蛇括神憑分(ダカツシンヒョウブ)。影王に寄生していた魍鬼だ。
しかしアガルタに取り込まれているわけでもない。どちらかと言えば弥勒機関よりだな」
「弥勒機関?アガルタと弥勒機関ってのはグルじゃないのか?」
「フッ、なんにも知らないんだな?どちらかと言えばお前やスクネ、
お前の港町であった転生した仲間と弥勒機関がペアみたいな物だ。
アガルタは対抗すべき軍団だ」
「じゃぁなぜ力を合わせない?なぜ弥勒機関は港町で俺達を襲ったりしたんだ?」
「宿命だからさ。戦い、最後に残った物がその力でアガルタに攻め勝つ。
そういうシナリオだ。」
 うつむき何かを考える龍仁、スクネが始めて話しに割って入る。
「お主の目的はなんじゃ?」
「そうだな、本題に入ろうか。俺の狙いはミオ。龍仁の狙いはキリン。
手を組もうって事だ」

607 :犬彦:2008/07/30(水) 10:53:40
「手を組むだって?魍鬼のお前と俺が?」
「おいおい、摩陀羅。お前だって似たようなもんじゃないのか?」
「・・・」
「そこでだ。手を組むってもコマが足りない。俺やお前だけじゃさすがに無謀すぎる」
「仲間と力を合わせれば・・・」
「察しがいいじゃないか。しかし転生した仲間はすべて把握できていない」
「そうだ、犬彦なら力になってくれるはずだ」
「残念、そいつぁ今日本にいないぜ。あとそいつの妹は戦闘向きではない。残りは・・」
「十頭と沙門」
「そうだ。奴ら二人を利用する」
「利用じゃない!協力してもらうんだろ?」
「どっちでもいいさ、そいで爺さん?その辺を手配してくれ」
「無理じゃ、こんな無謀な計画に力は貸せん!」
「なら俺は摩陀羅と二人で乗り込むがな」
「くっ、」
龍仁が席を立つ。
「信用していいんだな?東日流・・」
「俺だってこれでも命かけるつもりなんだぜ?」
「わかった。頼むスクネ、協力してくれ」
「仕方がない、タタラと掛け合ってみる事にしよう。
ただしお主たちだけで勝手に事を起こすではないぞ」

608 :以上、自作自演でした。:2008/07/31(木) 01:55:21
お初ですが犬彦さん!すっごく面白いです!
ずっと会いたかったマダラとキリンがいる〜〜〜
続き楽しみにしています(^^)


609 :犬彦:2008/07/31(木) 09:02:51
オッスゥ!
>>608おおw感想サンキューな!
少なからずマダラを忘れないで読んでくれる人がいるとうれしいぜ!

しかし天気が良くないな、しかも蒸し暑い・・・。
水分の取りすぎにも要注意だな、腹壊すぞ!

610 :以上、自作自演でした。:2008/08/01(金) 03:33:32
∀`) お兄ちゃん頑張って!

611 :犬彦:2008/08/01(金) 09:38:18
おはよ〜
>>610おwヒミカか?何か顔半分隠れてるぞ
まさか半分だけ日焼けしたのか?w

612 :犬彦:2008/08/02(土) 16:45:28
[5]
 犬彦は中東に飛んでいた。
自分と対となる戦士がいるとタタラから教えてもらったからだ。
もともと知っていたらしいが今回の龍仁の行動に焦った表情をして犬彦に告げた。
弥勒機関は既に転生戦士の所在の把握ぐらいは出来ていたのだろう。
 そこは戦場だった。
人間同士の戦争?まったく馬鹿げていると犬彦は思いながら一つのキャンプ地に入った。そこには指揮官のカオス・リヴァイアサンがいた。
「よう、カオス」
「ユダヤ、早かったな」カオスは待っていたかのように犬彦を迎える。
「って、お前、俺が来る事わかっていたんか?」
犬彦がカオスに付き添っている老人に目をやる。徐福。
「なるほど、タタラとはメル友ってわけか」
 もう一人、大徳寺貴更がいた。犬彦も現世では知らない仲ではなかったが、
彼女は何年か前に日本を旅立ちカオスと再会、そして旅を続けていたらしい。
カオスにかけられたアガルタの呪縛を解く方法を求めて。
犬彦は貴更に軽く手を上げ挨拶を交わしカオスの方を見た。

613 :犬彦:2008/08/02(土) 16:48:41
「カオス、摩陀羅が現れた。」
カオスは冷静に犬彦を見つめこう言った。
「少し待ってくれ。ユダヤ、お前に協力してもらいたい」
「?」
「この先の景色に見覚えないか?ここは遥か昔、炎の回廊と呼ばれていた」
「炎の回廊跡?まぁ言われりゃそういう霊的な感じは受けるがな」
「今、我々が戦っているのは淒斬刃双臀(せいざんばそうび)を指揮官とする軍団だ。
回廊跡を中心に今も戦争が続いている」
「なるほど、で?回廊跡に何があるってんだ?」
「蒼炎(そうえん)・颶風(ぐふう)」
「魔人の争奪戦ってわけか」犬彦は楽しそうな顔をした。
「そうだ、しかし今眠っている魔人は兵器の体だけで核となる脳がない」
「はぁ?そんなもん手に入れてどうする?」
「彼らは人間として転生しているんだ、ユダヤ。
紹介しよう。魔人のパイロット、レオン・シャムロックとグレイシー・トーゴーだ」
 部屋の奥から大柄な男が二人犬彦の前に現れた。
彼らが魔人に乗り込み操作するのだそうだ。こうなると戦況は互角のように見えたが、
カオスの軍団は魔人を手に入れる戦い。敵は魔人の破壊が目的になる。
そうなれば結果的にカオスの軍団の方が戦い方が限定され不利になる。
破壊だけの戦いと守りながらの戦い。
しかし犬彦が来た事により戦況が一変する可能性が出てきた。

614 :犬彦:2008/08/02(土) 16:49:39
徐福が話しに割って入る。
「カオス様、龍仁様の件はどうします?」
犬彦が徐福を見る。犬彦の鋭い視線に気付いた徐福は話しの矛先を犬彦に向ける。
「今、龍仁様はアガルタの魔に取り込まれた影王とリリスに戦いを挑もうとしております」
「はぁ?あいつ何やってんだか」
カオスが全員に視線を送れる位置に移動する。
「龍仁の事もあるが、今ここを離れれば魔人はやつらの手に渡ってしまう。
タタラが犬彦を寄こしたのは魔人を手中に収め早くに日本に向かえということだ。
更に淒斬刃双臀を討伐できれば日本にいる摩陀羅にチャクラが戻るだろう」
犬彦はカオスの言葉にうんざりして背伸びをしたが、
「ま、お前の仕切りっぷりは相変わらず好きになれないが、協力してやるぜ。
龍仁なら大丈夫だ。俺のダチを送り込んであるからな」
「フッ、驚いた。俺以外に友人がいるとはな」カオスが少し笑った表情を見せる。
「バ〜カ、だが、結構頼りになるぜ!あいつは。もと外道組の副頭 東日流 隼人は」


615 :犬彦:2008/08/05(火) 18:23:14
[6]
 スクネの家、龍仁、東日流の2人がいた。
 2人はスクネの言いつけどおりタタラから連絡が来るのを待っていた。
「東日流はどこの生まれなんだ?」
「お前の故郷と同じだよ。俺もあの港町出身だ。」
「え?そうなのか?」
「ああ、そして12年前、チャクラを埋め込まれ覚醒した」
「チャクラ・・・」
「まぁ、安心しろ。用が済めばこんな物は要らん。お前に返してやる。
俺は前世の記憶を持っているが東日流隼人としての意識の方が強い。
お前だってそうだろ?龍仁」
「そう・・だな、今も前世のキリンではなく姉としてのエリス姉さんを助けたいと
思う気持ちの方が強い」
「それが普通だ。たまに甲斐煉冶のように前世の記憶に取り込まれてしまう奴もいるがな」
「お前は大丈夫なのか?奴と同じように魍鬼なんだろ?」
 東日流はあきれたように立ち上がり両手を広げおどけて見せた。
「言ったろ?俺もお前も似たような物だ。結局は力の入れ物、器にすぎない。
ただそれがお前やミオは俺達より大きく、たくさんの力を入れる事のできる器だって事さ」


616 :犬彦:2008/08/05(火) 18:27:35
「なんか道具みたいな言い方するな・・・」
「俺達は兵器なんだよ、龍仁・・・。だから俺はこの宿業を断ち切る。東日流隼人して」
「お前の目的って影王だったな?」
「俺自身が解放されるには奴と決着をつけなければならない」
「殺すつもりなのか?影王を!」
 東日流はフッと笑う。
「いや、そのつもりは今の所ない。が、今の奴とはダチになれそうにないな」
「意味ありげな言い方だな?」
「遠い昔にな、お前がいなかった時代。耶倭土と呼ばれる地ではダチだった・・・かも」
「かも?っていい加減だな」
 そんなやりとりを知ってか知らずかスクネが二人の部屋に入りこう告げる。
「10日後、伏姫家に突入する。メンバーは4人。お主たち二人と沙門、十頭じゃ。
ただし深追いはするでない。あくまでもエリス奪還が優先じゃ」

617 :以上、自作自演でした。:2008/08/06(水) 21:03:23
マダラたちのアナルから異臭

618 :犬彦:2008/08/07(木) 09:19:21
オッス!
>>617また変なマチガイさんが・・・w
明日からオリンピックだな!
サッカーは引き分けだったみたいだし。
日本がんばれ!

619 :犬彦:2008/08/07(木) 11:14:55
[7]
 炎の回廊跡に砂嵐が立ち込める。そこは瓦礫と砂だけの光景だった。
砂嵐は消える事なく回廊跡を拠点にするように吹き荒れ、
次第にその大きさを拡大させていった。
カオス軍と双臀(ソウビ)軍の戦いは一時中断していた。
しかしそれも砂嵐が消えてしまえば戦いは再び始まる。
砂嵐を遠目で眺める犬彦とカオスが居た。
「ユダヤ、今度の摩陀羅はどうなんだ?」
「ん?ああ龍仁か、いい奴だぜ。それに俺の名を知っていた。聖神邪の方な」
「あの頃のお前の名か・・・真の名を解放する前の」
「いや、別に真の名ゲド・ユダヤを解放したわけじゃない。
聖神邪って名の方を封印したのさ。あの頃の摩陀羅しか知らない名前を」
「そうか、早く会いたいものだな」
 二人が話していると突如砂嵐が弱まってきた。
不自然なぐらいに砂嵐は消えていき、その先に建物が現れた。
地中深く眠っていた炎の回廊が姿を現したのだ。
「な?まだ残ってたのか?」犬彦は驚く。

620 :犬彦:2008/08/07(木) 11:15:42
カオスは冷静に進軍の指揮を出し戦いの準備をする。犬彦の方をちらりと見た。
「地中深く眠っていたのはわかっていた。魔人もあの中だ。
ただ、回廊跡が姿を現したのは意外だった」
「あんまり意外そうな顔してねーじゃねーか」犬彦はカオスに続き装備を整える。
 貴更がカオスに近づく。
「気を付けて、カオス。私はどうすればいい?」
「ジャミラ、合図が来るまでここで待っていろ。」
「カオスの事ならまかしとけって」犬彦が貴更にウインクする。
「あんたが一番危険だよ」貴更は本当なのか冗談なのかわからない顔で答えた。
「よし、皆、行くぞ!」カオスが指揮をとりその後に犬彦、
そして重火器武装した何百の兵士が後に続く。
その中にはレオンとグレイシーの姿もあった。
 カオスの前に除福が飛び出してきた。
「カオス様、あれはくれぐれも最終手段としてお使いください」
「わかっている。では行ってくるぞ」
 犬彦が遠ざかる除福を確認したあと、カオスに話しかける。
「あれって?あれか?」
「あぁ、バイオギミックだ。新型のな。しかしまだ不具合が多いみたいだが。
今まで使用したのは数分しかない。」
「おいおい、大丈夫かよ。お前の頭の中身も暴走しない事を祈るぜ」
「その為にタタラはお前を寄こしたのだろう?」
「・・・」犬彦は聞こえてか聞こえてないかわからない感じで徒歩を進めた。
その時の犬彦の脳裏には前世で狂ったカオスを止める自分の姿が映し出されていた。

621 :以上、自作自演でした。:2008/08/11(月) 21:34:44
いぬひこすきだ

622 :以上、自作自演でした。:2008/08/12(火) 23:56:44
オッスゥ!
>>621おw突然告白されてもな!
まぁいつの時代だって俺はモテモテなわけでw
男だって落ちはよしてくれ;

623 :犬彦:2008/08/12(火) 23:58:01
すまん、いつもとちがうPCでなw
名前が表示されてなかったよ・・・

624 :犬彦:2008/08/14(木) 21:27:50
[8]
 炎の回路に一瞬砂ぼこりが立ち込める。カオス軍は一瞬停止したが、
カオスはそのまま進むよう指示をだして進軍させた。
砂ぼこりの向こうから双臀軍の影だけが見えてきた。
そしてその影はカオス軍に迫ってくるほど人の形はしておらず、既に魍鬼と変体していた。
「油断するな!既に奴らは魍鬼と化している!いくぞ!」
 カオスの号令に伴い数百の兵士が双臀軍に突っ込む。
犬彦も先頭の兵士と共に大群の中に切り込んでいく。
「ユダヤ!雑魚は兵士に任せておけ!レオンとグレイシーを魔人まで誘導するんだ!」
「わーてるって!準備運動だ」
 カオス軍の兵士に紛れカオス、犬彦、レオン、グレイシーが回廊内に侵入していく。
他のカオス軍の兵士達は回廊内へ魍鬼の進入を阻む役目となっていた。
炎の回廊内部は長い間地中深く眠っていた感じはなかった。
まるで過去から時を越えて現代に再び現れたかのように形状を残していた。
 4人は長い廊下に出る。後ろから敵の軍は追いかけてこない。
うまく回避できたようだ。回廊内部は所々火が灯されており意外に明るかった。
「長い間ずっと火がついていたのか?ったく不思議な所だぜ」
「無駄口叩いてる暇はないぞユダヤ!奴らの中に双臀はまだ姿を現していない!」
「へいへい、んじゃ先を急ぎますか」
 長い廊下をひたすら走る。登っているようにも降っている様にも陥る感覚。その先にようやく変化が見えた。人影が見える。
「誰かいる、気を付けろ!」カオスが注意を促す。
「いやあれは子供だよ、カオス」レオンがカオスに目を向け子供に近づく。
子供は浅黒い肌で裸足であり白いシャツを着ていたが既にそれも汚れ、
髪もボサボサである。顔は汚れていて良く見えないが男の子だろう。

625 :犬彦:2008/08/14(木) 21:29:53
「ヘイ!こんな所でどうした?迷子か?」レオンが話しかけても子供は無表情のままだ。
「どうやら耳が聞こえないらしい?目も見えないか?」
 レオンが片膝を地面につき更に少年に近づく。少年は突然目を見開く!
少年の目は両目とも違う色をしていた。右目が赤、左目が青だった。少年が口を開く。
「ようこそ転生戦士たち・・・」
「なに!!」
「気を付けろ!レオン!」グレイシーが叫ぶ。
 突然レオンが鮮血に染まる。少年の背中からもう2本の腕が生え、
その先に持った剣でレオンを串刺しにしていた。
「こいつ、この感じは淒斬刃双臀(せいざんばそうび)!!」
 3人は各々の武器を構える。レオンは既に虫の息だった。
「まずは一人・・・」
 少年は少しづつ魍鬼の姿になっていく。巨大な4本の腕を持つ淒斬刃双臀と変体した。双臀はレオンを串刺しにした剣を引き抜くように壁へ放りなげる。
グレイシーがレオンのもとへ急ぐ
「ケッ、卑怯なマネしやがって」犬彦が怒りをぶつける。
「フフフ、戦場に卑怯なんて言葉はない。生きるか死ぬか、それだけだ」
「そうか、なら生き残るのは俺達だ!行くぜカオス!奴をぶった切ってやるぞ!」
 犬彦がカオスの方を見る。
しかしカオスはその場にいなく、レオンをグレイシーと抱えて来た方の入口へ戻っていた。
「おい!なにやってんだぁ?」
「そいつは任せたぞユダヤ、俺はグレイシーを援護して除福の所までレオンを連れて行く」
「はぁ?そりゃないぜカオス・・・」
「今レオンを失うわけにはいかない。安心しろ、すぐ戻ってくる」

626 :犬彦:2008/08/16(土) 00:53:46
[9]
カオス軍と双臀軍が死闘を繰り広げている同時刻の日本早朝、
伏姫家からさほど離れていない場所に龍仁、東日流そして十頭が合流した。
沙門は来ていなかった。龍仁は「大丈夫、そのうち来るさ」と笑っていた。
東日流が口を開く。
「突入まであと10分程度だ。取りあえず作戦なんて物はないが、
ミオが出てきたら俺が相手をする。リリスの相手はおまえらに任せるぞ」
「なんでお前がリーダー気取りで仕切るんだ!?」十頭がくってかかる。
「まぁいいじゃないか、十頭。誰がリーダーだって」
龍仁は十頭をなだめるように笑いながら話して話題を変えた。
「お前のその上半身に着ている鎧みたいのなんだ?」
 十頭の上半身には鎧のような物が装着されていた。
十頭の話しによるとタタラが作ったギミックスーツらしい。
今回の突入を期にタタラが急造した物だ。
その為に全身である筈のスーツが上半身と両手部分しかない。
「まだ未完成らしいですが、これだけでも30個以上のギミックが搭載されています」
「へぇ〜いいな。それ」龍仁は懐かしげな表情でしげしげと見た。
「よし、時間だ。突入前に確認しておく。お前らはキリンをさらう事に成功したら、
とっとと屋敷から逃走するんだ。俺の事はほっといて構わない。
お前らは目的だけ達成させるんだ」
 十頭が東日流の言葉にまたムッっとしていたが、龍仁は東日流に聞きなおす。
「ほっとけって?お前はどうすんだ?」
「俺の目的はお前らとは違うからな、援護する気もしてもらうつもりもない」
「そうか、ま、その辺は臨機応変にいこう。ただ、ダチが困ったら助けるけどな」
 龍仁は東日流を見て笑った。
東日流は目をキョトンとさせていたが照れくさそうに歩き出した。
十頭は龍仁を不機嫌そうにみていた。龍仁が十頭の背中を叩く。
「よし行こう!姉さんを取り戻しに!頼りにしてるぜ十頭」

627 :犬彦:2008/08/16(土) 00:54:35
 3人はこの間龍仁が飛び越えた付近の塀を越えて伏姫家の敷地内に侵入した。
十頭の顔色が突然変わる。敷地内に貼りめぐされた邪悪な結界を感じ取ったのだろう。
3人はこの間龍仁が姉さんを見かけた大きな建物を目指す。
途中大きな庭園に出る。龍仁が立ち止まる。
「ちょっと待ってくれ、何かおかしい」
「おかしいって?何が?こいつの坊主頭がか?」
 東日流は笑いながら十頭の頭を撫でる。
十頭は夏休み前までは少し茶色のかかったサラサラヘアーだったが、
今回の突入を気に頭を坊主にした。
真面目な十頭は本人なりに気合を入れたつもりなのであろう。
その意気込みは龍仁にも伝わったがあまりにもイメージが変わってしまった為、
龍仁もその件には触れないでおいた。
案の定、十頭は不機嫌そうになり東日流に文句を言い放っていた。
東日流がやれやれと言う顔をして言った。
「ようやく肩の力が抜けたみたいだな?」
 東日流は意外な所でこういうサポートをする。
今回の件だって東日流が居なければ何も出来ないまま龍仁は帰っていただろう。
龍仁はいつの間にか微笑ましい顔をしていたが、それもすぐにやめた。
「この間来たときにはこんな庭園はなかった」
「ん?お前の見間違いじゃないのか?」
「いや、それにもう建物にも着いていいはずなのに、まだあんな先に建物が見える」
「確かに、近づいたって感じはしないな」
「何かのちからが働いているんでしょうか?」
「ああ、十頭の言うようにここにはやはり何かの結界が張られているな」
 3人が喋っていると庭園中央に椅子に座っているような人影が見える。

628 :犬彦:2008/08/16(土) 00:57:18
もとからそこに居たのかどうかは定かではなかった。
周囲に朝日が立ち込めて薄明るくなってきて人影を確認できた。
 人影は座ったまま3人に近づいてくる。椅子に見えたのは車椅子であった。
全身に包帯を巻いた少年が乗っている。包帯からは髪が逆立ち飛び出ていて、
顔の隙間からは片目が覗いていた。その目は鋭い眼光を放っており、
龍仁と同じ目をしていた。
 東日流の表情が一変する。
「ミオ・・・」
 包帯の少年は龍仁の前に近づいてきた。
「ようやく会えたな、弟よ。現世では血は繋がってないが・・・」
「ミオ・・・なんでアガルタなんかと手を組む?」
「知れたこと、力が必要なんだ。何もかも変える事の出来るちからが」
「ちから?そんな物なくてもみんなで力を合わせれば・・・」
 龍仁が一歩踏み出しミオに近づく、しかし東日流の長剣が龍仁の行く手をさえぎる。
「おっと、龍仁、ここは俺に任せてくれる約束だろう?」
「フッ、お前が俺の相手をするのか?憑分(ヒョウブ)?」
「行け!龍仁!お前は姉さんを助け出す為に来たんだろう!」
「クッ、わかった。頼んだぞ東日流!行こう十頭!」
 二人はミオを横切り走り抜けていった。東日流がミオの前に立つ。

629 :犬彦:2008/08/16(土) 00:58:31
「なんだぁ?その全身包帯は?油断させようってか?」
「いや、これは手術のあとだよ。魍鬼八大将軍の内3匹を取り込んだね」
「スクネの話しは本当だったみたいだな、既に3つのチャクラを持っているって話しは」
「本来チャクラを宿している八大将軍が倒れればその力は摩陀羅の所に飛び吸収される。
しかしリリスが倒した禍耳幽羅(カジューラ)、闇界睨魔(オンカイギョーマ)、
貂魎伐跨(チョウリョウバッコ)はアガルタの力によって飛ぶ事を封じられ俺の中に宿している。」
「なるほど、で?お前はアガルタの闇王(ミオ)として生きるのか?」
「それならばお前はどうするんだ?憑分?」
「目覚めさせる・・・お前を伐叉羅(バサラ)として」
剣を構える東日流。ミオは車椅子ごと空中に浮いて戦闘体勢に入る。
武器のような物は持っていない。しかし広げた両手には少龍が準備されている。
「お前から来てくれるとは嬉しいぞぉぉ!憑分!!
八大将軍の頂点にて最強のお前を取り込めば俺はより完全になれる!」
「そんな事させるかよ!馬鹿ヤローがぁ!」

630 :以上、自作自演でした。:2008/08/17(日) 07:46:31
愛ってなんだろニャ

631 :犬彦:2008/08/17(日) 12:17:11
オッスゥ〜!
みんな夏休みは満喫しているかな?
>>630難しい質問だな;
好きとか嫌いって感情はわかるが、愛ってのは説明が難しいよな。
言葉にして言うほど重みが意外に伝わらない場合がある。・・と思う。
ようは自分が「愛してる」って感情を「愛」と とらえるより(←これが難しい)
「愛されているんだな〜」と自然に相手から感じとる事のできるものが
「愛」でいいんじゃないか?


632 :以上、自作自演でした。:2008/08/18(月) 20:03:39
あなたの妹さんたちは毎朝ラジオ体操してますか?
あなたもラジオ体操をしてみませんか?

633 :以上、自作自演でした。:2008/08/19(火) 07:06:39
ロキが坊主なのは頭だけじゃなかった

634 :犬彦:2008/08/19(火) 14:26:45
オッスゥ!
今のマイブームはプリン!たまに食うとうまいんだw
>>632おチビ四天王はやってるかな?俺はどっちかって言うと
夜型なんでな。早起きは遠慮しておくぜw
>>633ぶw見た事ないがそうなのか?w
あいつならそうかもw

635 :以上、自作自演でした。:2008/08/20(水) 19:46:50
眉毛あげる

222 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)