5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

鳴海さん愛してる・第四話

1 :業斗童子 ◆xwI.Gouto. :2008/06/29(日) 23:51:29
此処は大正二十年帝都
漆黒の闇を裂く如く駆ける三つの影があった

悪魔陰謀跳梁跋扈
近代文化百花繚乱
今此の地に新たなる日々が幕を開ける

異界開きの儀にて彼の地より参り来る由
此れより捜査開始と致す次第也

2 :鳴海昌平 ◆NaruDyL/a. :2008/06/29(日) 23:52:52
ゴウトの取扱いについて 〜初心者編〜
化石のような堅物ですので、取り扱いには注意しましょう。
その代わり鳴海が取りなします。性的質問は程々ならば、許容します。

ゴウトの取扱いについて 〜中級者編〜
他の人を中傷するような声に、非常に敏感です。
常に紳士淑女たることで回避しましょう。

[ 過去の鳴海探偵社 ]
鳴海さん愛してる・第参話
http://etc7.2ch.net/test/read.cgi/charaneta/1205581619/
鳴海さん愛してる・第弐話
http://etc7.2ch.net/test/read.cgi/charaneta/1197634028/
ナルミさん愛してる
http://etc6.2ch.net/test/read.cgi/charaneta/1190188960/

3 :以上、自作自演でした。:2008/06/30(月) 00:19:10
つ100万回生きたねこ

4 :ドラミちゃん:2008/06/30(月) 00:45:30
お兄ちゃんどこー?
どこなのー?

5 :以上、自作自演でした。:2008/06/30(月) 01:01:20
おいしいお茶が飲みたいです

6 :カオスヒーロー:2008/06/30(月) 04:34:13
ケルベロスのいびきがうるさくて眠れね

7 :以上、自作自演でした。:2008/06/30(月) 14:00:04
106 名前:水先案名無い人 メェル:sage 投稿日:2008/06/29(日) 09:45:05 ID:TR9pXafo0
            /\
          /┴┬\
 ,,,,,,.......,,,,....,,,,,,,/┴┬┴┬\ ../\....▲...,,,,,,,,,,,,,,,,,,
    ___  ::::::;;;: :: ::::::. :::::;;;;;;;; ::::::::::;;;;;;;;;; :::;;; :::
   /i_¶____il\__:::: :; ;:::: :; ;:::: :; ;:::: :; ;:::: :; ;;;; :::;;; :::
   //Φ Φi_|   ヽ:::: :; ;::::/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  /人 Д /,,_|.    :: :; < 祝まーす
   て,,,Шて,,_ノて_人:: :; ;|
  :::::: ::::;;;:::: : :::: :::: ::::::;;;;;;;;;::::::\______

8 :鳴海昌平 ◆NaruDyL/a. :2008/06/30(月) 16:53:40
ん? こんな所があったんだな。
俺は鳴海昌平。職業は探偵だ。鳴海探偵社という事務所を構えてる。
ヤタガラス機関に頼まれ、ライドウという悪魔召喚師を部下にしている。
バァや料理屋の借金が気になるお年頃だ。
…自己紹介はこれぐらいでいいかな?

じゃあ、珈琲でも淹れようか。
──まず、昨日来ていたお人の置き手紙があるので、そっちを。

前案件795へ
おっとォ! …君は、このあいだ、事務所に来ていた娘さんだね〜〜?
いやぁ、見違えたよぉ。晴れ晴れと上を向く向日葵のようだ。
ふふ。いい恋をしているんだなー?
やっは! 当たっちゃったぁ〜〜?
そんな笑顔が出来るんだったら、そうだね。
探偵さんとしては、何も言うべくもないよ。
いつまでもいつまでも健やかで、そうやって、優しく笑えればいい。
勿論、泣く時は思いっきり泣くんだよ?
それが健康的な女子のあるべき姿だって思うからね!
もし挫けて、どうしても一人で立てない時は。…また、この探偵さんを頼っておいで。
それぐらいで、「弱い人間」とは言わない。むしろ、探偵さん的にはどんと来いだ。
ふっふ!

9 :鳴海昌平 ◆NaruDyL/a. :2008/06/30(月) 16:58:36
>>1 ゴウト
…す、凄いな。…
お前、絶対文才があるよ。いや、本当に。
一体いつから生きているのかわからない。わからないが──。
……うちの曾祖父さんよりも、前から生きているんだろう?
言葉は時代時代に依ってくるくると変化すると聞く。
お前にとって、それは──それでも、現代語なのかもしれないな。
ちょっとそんなことを、思ったよ。ふふ、なぁんだかね。
探偵社の扉を開けてくれて、ありがと!
さぁて、これからもお客人を迎え撃ちますか!
撃ち落とす勢いで!!
「BANG!」

あれ……なんか……違ったかな?

よしっ。ゴウト。
久々にねこじゃらし。しゅたっ!

今 日 は 七 回 ま で に し て お こ う

10 :鳴海昌平 ◆NaruDyL/a. :2008/06/30(月) 17:01:42
>>3
なんだろう。
この猫、目が…、ずいぶん老成しているような印象を受けるよ。
何故だろうな。この猫の身に降り掛かっているのは。…──まさか!

呪い…っ?
呪いなのか!!

ライドウの斑駒のような、一時的にかけられてる呪いとは違う。
これは、この猫自身にかけられた、生命延長の呪い。
この猫はこんなふうに生きていて幸福なのか。…本当に?
くッ。理解らない。理解らないよ。
俺なんてさ、一介の探偵よ。
こんな「眼」をした猫に、俺がどう言えば、いいわけ。
何故か、お前さんを見ていると泣けてくるんだ。無性にね。
本当に、どうしたってんだ。今日の俺は…畜生。

ひとつ訊いてもいいかい。猫さん。
お前さんの「幸せ」って一体なんなんだい──?
それを俺に教えてくれ。教えてくれたなら、なにがなんでも、それを探してやる。
俺は探偵だ。こう見えてもここ帝都では名が知れている。帝都随一の名探偵よ。
だから、ひた走るよ。ひたすらに。例えそれが泡沫の夢のようなものだとしてもね。

>>4
オッ…!?
お 兄 ち ゃ ん ! ?

お、おおおおお、俺は鳴海といって此所の探偵所長よ。
従って、「お兄ちゃん」ではない。
でも…えっ…とォ。
君によく似たまん丸いのが、この間ここに来ていたよなァ〜。
その時は焼き饅頭を食べて貰った。なんでも、自分は猫型ロボットだって。

11 :鳴海昌平 ◆NaruDyL/a. :2008/06/30(月) 17:02:38
ゴウトが尻尾を引っ張ったら、こてん、と倒れちまったんだよね。
だから、ほぉら、其処の長椅子で休んでいる。というか、機能停止している。
えぇ!? 妹いたのォ!!??

あ。
ゴソゴソ...

そういえばね「姫由莉」っていう純喫茶がここの近くにあるんだ。
そこの店主が「メロンの形状のパン」を試作で焼いたんだよね。
はっきり言って、パンなんてまだまだ庶民に浸透してないでしょー?
山型食パンくらいでは、人心は靡かない…
とか言って、レモンエッセンスで香り付けして、「メロンパン」というのを創ったんだ。
「ふかふかカリカリもふもふ」なんだって。お嬢ちゃん、ちょっと試食していかなぁい?

>>5
んっ。
はぁい、こ〜んばんはっ。
美味しいお茶を所望とな!?
──ふっふっふ、あ〜りますよ、おっきゃくさぁぁ〜〜ん!
俺ね。ここでは珈琲ばかり淹れてるけど、紅茶とか緑茶とか焙じ茶も大好きなのォ!
お茶好きとして……握手、握手っ。ぶんぶんぶんっ。
あー、ねー、そうだなー。
今日は上方から取り寄せた「宇治茶」をお淹れしちゃいましょう!
少し蒸らして…でも、抽出時間は長すぎず…はいっ
さ。飲んでみてよ。なんならザラメ砂糖付きのお煎餅もつけちゃう?
はっは! どんどん注文してねぇぇ〜〜!

ん〜ふっふ! ふっふっふっふ〜〜!

12 :鳴海昌平 ◆NaruDyL/a. :2008/06/30(月) 17:04:57
>>6
君は…
ここに来るのは、これで三度目だね。
今は少年の面影がある。──そういう年頃なんだな。
お前さん、実はすごく純なところがあるだろう。
この間は、「パートナーが欲しい」…と、言っていたね。
君ならきっといい人が見つかると思うよ。
お前さんのいい所を理解ってくれる、理想のパートナーが…ね。

そうだな。
眠れない時は、焙じ茶がいい。
このお茶を飲んで、喉と気持ちを潤していってくれ。

しかし。
ケルベロス…地獄の番犬…そんな悪魔と連れ立って歩いてるのッ!?
肉体派じゃない、安楽椅子探偵の俺としちゃあ、頭が上がらないなぁ。こりゃ。
お前さんの上着に、白い獣の毛がついているね。
ふふ…そう口ではいいながらも、その旅を楽しんでいるんじゃないかい。
大きい悪魔でも怯えない、お前さんの剛胆なところ、凄く探偵向きなんだけどなぁ。
お前さん、いっちょう、探偵修行でも、してみないかい?

なーんて、ね。

お前さんはこれから運命の渦に巻き込まれていく。
ああ。人品骨柄と言ってね。パッと見れば、理解るんだ。
その過程で、涙することも、挫けそうになることもあるだろう。
本音は優しいお前さんを、…責める人間も、いるだろう。
俺も、お前さん側の人間だからね。
そう。この手は一回、血に塗れている。
だからなんとなくお前さんの肩を持ちたい。いつでも気軽に寄ってくれよ。
珈琲を淹れて、待ってるからさ。

13 :鳴海昌平 ◆NaruDyL/a. :2008/06/30(月) 17:09:32
>>7

  γ'⌒ヾ
 ζ ,ノ~ゞヽ
 ヽζ゚ ー゚ノ こちらこそ祝いまーす
  <| <v>|>
  7__|: 」
   i_/ J

あ、あれェ〜ッ?
タヱちゃんが持ってきたグラフ誌だったのか!
「魅惑のエジプト旅行」…特集ね。
出たばかりのグラフ誌を置いていくなんて、タヱちゃんも太っ腹よねー。
なんとなく、スフィンクスのような格好をすることがあるよな、ゴウト。
やっぱり猫は猫。古代の猫もこうやって座っていたんだろうなぁ。

14 :以上、自作自演でした。:2008/06/30(月) 18:57:27
ヤギを英語で言うと?

15 :鳴海昌平 ◆NaruDyL/a. :2008/06/30(月) 21:14:07
>>14
あっはっはァ────っっ!
そぉんな簡単な英単語、わかるに決まって……!

えーと。
えーと。
えーとだね。

ううっ。俺の灰色の脳細胞が「ざわ… ざわ…」してるぅ──────!!
あー、えぇと、何だったかな。いや、ど忘れよ、ど忘れ。
たしか




















                   ──…なんだっけ? ゴ・ウ・ト。

16 :マイコー:2008/07/01(火) 00:20:32
ポーゥ

17 :以上、自作自演でした。:2008/07/01(火) 01:12:39
ひー

18 :以上、自作自演でした。:2008/07/01(火) 10:40:44
焚き火だ、焚き火だ
ゴウトにくべる〜♪

19 :周防兄:2008/07/01(火) 12:17:23
ね、ねこねこねこォー!!
ほんの少し、さ…触らせてもらえないだろうか…?そっとするので…!
ハークション、クション!!

20 :以上、自作自演でした。:2008/07/01(火) 13:04:58
克哉さんあんた捨て身なwww
とっておきの悩殺ポーズを教えて下さい。

21 :以上、自作自演でした。:2008/07/01(火) 20:13:20
http://talent.yahoo.co.jp/talent/21/m93-2376.html
作家・脚本家・俳優・参議院議員と類まれない経歴を持つ、中村敦夫(なかむら あつお)御大のルックスについて


22 :以上、自作自演でした。:2008/07/02(水) 00:57:57
赤い〜チャンチャンコ着〜せま〜しょか〜…

23 :以上、自作自演でした。:2008/07/02(水) 05:24:57
ニートスパイクおはよう!

24 :以上、自作自演でした。:2008/07/02(水) 08:05:30
朝は早い方ですか。

25 :グレッグル:2008/07/02(水) 20:56:13
……………………ンーン ンーン

26 :以上、自作自演でした。:2008/07/03(木) 01:01:13
ラムネに入ったビー玉を
瓶を割らずに取りたいです
どうすればいいですか?

27 :以上、自作自演でした。:2008/07/03(木) 21:36:13
うんこ出そうでも限界まで我慢して一気にひり出して興奮する人?

28 :以上、自作自演でした。:2008/07/03(木) 23:14:22
ぼくのこいぬがいなくなったよ
たんていさん、みつけて

29 :アームターミナルを着けた少年:2008/07/04(金) 22:47:01
僕の飼い犬もまたいなくなってしまいました…
鳴海さん、パスカルを探していただけませんか

30 :以上、自作自演でした。:2008/07/05(土) 06:34:51
下痢気味の時ひり出す直前まで我慢して興奮する人?

31 :以上、自作自演でした。:2008/07/05(土) 12:58:46
探偵の7つ道具を見せてくだはい

32 :鳴海昌平 ◆NaruDyL/a. :2008/07/05(土) 17:34:18
ソーダ水飲んでる?
はぁい、探偵さんだよぉ。

>>16
………………………………………………………………
………………………………………………………………
………………………………………………………………
………………………………………………………………
………………………………………………………………
………………………………………………………………
………………………………………………………………
………………………………………………………………
………………………………………………!!ブバッ!!

! えはっ、えはえはえはっ!!
ごはァッ!!!!
あぁ────あんたそれ、一発芸────────っっ?
目から珈琲噴いちゃったじゃないよぅ…
お、俺のおろしたてのシャツが…ひぃえええええええっ
とりあえずその「ポーゥ」…ってのはぁ、禁止ッ!!
も、ツボに入って何するか自分でも理解らなくなるからぁぁぁぁあー!!!!

…はー。はー。はー!

33 :鳴海昌平 ◆NaruDyL/a. :2008/07/05(土) 17:36:44
>>17
ん? ああ、突然の雨だったからね。
軒下で雨宿りしてたんだ?
ん、いいよ、どうせならこっち上がっておいでよん。
熱々の珈琲、淹れてあげましょう!
ぶっちゃけ言うとぉ、ちょうど話し相手が欲しかったのよねー。
さぁ、探偵さんに何か、打ち明ける話なんか、なぁい?
最近はどうなの。上手くいってるのかい? 御飯はちゃんと食べてる?
──っておかあさんか。俺は。話題変えよう。

>>18
ゴウトにくべる──って、ゴウトは業火か何かですか!
ゴウトをくべる──じゃなくて良かったのかも知れないが。
それにしても、野焚きはやっぱり秋の風物でしょぉ〜〜?
あっ。どうせなら芋でも焼きたいな。火があるならばね。

>>20
とっておきのォ!?
…えー……
そんなの、此所でやるの、恥ずかしいしー……
一緒に帰って噂されると恥ずかしいしー……
…うーん…
…そうだな。こんな、感じ?
「 ド ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ … 」
悩殺というより「奇妙な」格好になっているかもね。
ま。細かいことは言いっこなしだ。

うん、うん。

34 :鳴海昌平 ◆NaruDyL/a. :2008/07/05(土) 17:40:28
>>21
おォ。写真がカラーだね。
ふぅん。…なかなか良さげな紳士じゃあない〜〜?
俺から言うのはこんなところだけどねー。
付け加えるなら。そうだな。
眉が少し特徴的かも知れない。
俺、思うんだけどぉ。日本人ってさ、一色の髪色しかないじゃーない?
だから、将来ロマンスグレーになるの、結構楽しみなのよ!!
異国のお人は、色々な髪色があって、いいよね。赤やら金髪やら。
結構あの華やかさは憧れ。だから、自分も白髪になると思うと嬉しい。
勿論、年相応に、そういう歳になったらの話だけど、ね。

今は…
少し陽に透かすと、赤みがかかってるが。
ま、あんまり、気にしないでいるよ。基本、黒髪だし。

>>22
──ヒッ!?

かかかか還暦のお祝いなのか? そーなのか?
黙っているのが得策だな。ここは。
赤い色は、…んん…特別好いてるわけじゃなし。
たしか…都市伝説で…こういうのがあったような気がするが。
怪談って、特に都市の怪談とか、かなり不条理なのが多いよね。
殺されたっていうのに、何故か「最後は殺された話」…が語り継がれたり。
そういう目線で見ると、都市伝説や怪談は、お か し い 。

35 :鳴海昌平 ◆NaruDyL/a. :2008/07/05(土) 17:43:55
>>23
誰に言ってるか不明だが、んっふっふ! お〜はようさん。
だがもう夕方に差し掛かっているな。
んー、君、暇ならゴウトの毛をブラシで梳いてあげてくれない?
ほら、膝の上に乗せて。今、睡っててウットリしているから……。
この隙に、そおっとそおっと、毛並みにそって、とかしつけてご覧。

あ。
勿論、珈琲も淹れるよ。
今日はまったりとした後味なんだと。パーラーの店主がいうにはねー。
ミルクとザラメ砂糖、それから今日は白桃のケーキがあるんだ。
是非、ぜぇひ、やっていってぇ!

>>25

し び れ び れ ! !

──ひあ!! びびび、吃驚したぁ。
俺は別になにもっ…、悪さとか、していないだろう?
なぁに?
「ヨシエちゃんとお菊ちゃん、どっちをオトすか」…考えていたってぇ?
そ、そうか。君は、そんな獣の姿だけど、聡明な獣なんだな。恐れ入った。
しかし電撃攻撃は腰に響くから。出来ればやめて頂戴よ。
三十路の男からの、お願いでした。

あ…。前髪、チリチリになってやがる…。
こ、これ以上天然パァマが爆発したら、どーすんのッ。んもう!

36 :鳴海昌平 ◆NaruDyL/a. :2008/07/05(土) 17:53:44
>>24
そうだね。朝はそれなりに早いかなー。
ライドウは六時起きなんだけど、たまぁに、ね。
──それよりも早く目が醒めてしまう。
歳なのかもね。ふふー。
…上司たるこの俺が先に起きて仕事していたら、書生の名折れだ。
だから、そんな時は、二度寝する。
寝床の中で、枕本を読んだり。まぁ、日中の計画を立てたり。
ライドウは俺が起きてるのを理解っているか、知らないが。
まぁ、あいつもなんだかんだと言って、早起きだね。若い内は眠いだろうに、ねぇ。

>>26
ラムネ。
レモネードが訛って、ラムネ。
俺も、ラムネ、だぁいすきよ。ふふ。

明治の頃から職人さんが造っていたそうだね──。
餓鬼の頃、少ないこづかいでラムネを飲むのが楽しかった。
カランカランと「びいだま」も揺れる。心も、同じように揺れた。
夏の風景と共に、あぁ。この瞼に、蘇るよ。ふふ…

あー、ところでェ、「びいだま」なんだけど。
あれは…。…とれないでしょ。
むしろね。とれないからこそ、興趣があるんじゃあないかい? ん?
確かに、硝子の窪みに嵌ってるのを見ると、取り出したくなるけどね。
だが、やはりあれはそのままであっていいと思うよ。俺はね。そう思う。

一度「びいだま」を鉄鍋かなにかで、加熱すると
ちょっと面白いよ。なぁんか、亀裂が入ってキラキラするんだ。
是非やってみて。火に気を付けて。

37 :鳴海昌平 ◆NaruDyL/a. :2008/07/05(土) 18:00:07
>>27>>30
A感覚を嗜んでいるのかぁぁ────────ッ!!??
とりあえず、見せしめに、殴っておくよ。

 γ'⌒ヾ
ζ ,ノ~ゞヽ
ヽζ゚ ー゚ノ=つ≡つ
 <| <v>|≡つ=つ
  7__|: 」ババババ
  i_/ J


  γ'⌒ヾ\从从/
 ζ ,ノ~ゞヽへ   >
 ヽζ゚ ー゚ノ..ノYY\  足穂でも谷崎でも乱歩でも澁澤でもなんでも読めばいーじゃない!!
  (><v/⌒)
彡∠__/-|__/
彡/_/!i |i!i
彡i!i|i!i |i!i
   !! |!| i
    i i| !

もういっちょ! あ〜それっ!!
               ヽ  |  /
                 ヽ |/
               ―― ★ -ー――
                 // | ヽ
    /  γ'⌒ヾ   / / |  ヽ
  // / ζ.,,, ., ソ     /  .|
 ( ̄ ̄二<|_   彡|>  カキーン!!
   ̄ ̄   y____∧
      ミ |___/__ヽ,, 

38 :鳴海昌平 ◆NaruDyL/a. :2008/07/05(土) 18:04:01
>>28
そうか。……それは、いけないな。
君の子犬、首輪とかはしているのかい?
そうだ。ここに色鉛筆がある。インクは、これ。
これを使って、君の子犬をなるべく詳しく、描いて?
大丈夫。探偵さんのことを信じてよぉ。
きっと見つけだそう。うん、すぐ見つかる筈だ。
この町の子なんだろう?
だったら、手当たり次第、路地を巡ってみよう。
この席がはけたら、一緒に行こうな。

>>31
果たして見て面白いのかね? ふぅん?
ま、いいさ。ここでさらして見せちゃおうじゃないの。
まず、こまごまとしたものなら──…

其の一。万年筆型懐中電灯
其の弐。小型の万能ナイフ
其の参。縄梯子
其の四。望遠鏡
其の伍。時計
其の六。磁石
其の七。小型の手帳と筆記具

ふん。こんなところかな。
あまり面白味のない品揃えだが、まぁ現実の探偵はこんなんだよ〜ってことで。
勿論ルガーP08は俺の大事な相棒だ。だから俺は、所謂「てっぽ持ち」…よ。

39 :鳴海昌平 ◆NaruDyL/a. :2008/07/05(土) 18:08:49
>>29
あぁ。…君は。

あっはっはぁ! ひ〜さしぶりィ〜ッ!
あれからどうしていたのか、ちょっと気になっていたんだ。
くぅぅ。顔が見られて嬉しいよ。ふっふ!!!!
──なんか、ちょっと見ない内に、逞しくなってない?
世間の水ってのは冷たく、濁っているものだが──それを、飲んだにしては。
澄んだ、いい眼をしているね。──うん。
もしかしたら、君は、これからもずっとその眼なのかも知れないな。
俺とは違う。だが、君のことは、なんだかね。世話、焼きたくなるのさ。
きっと廻りの人達、皆、そうなんじゃないかい。
そういう運命の下に生まれついているのさ。ははっ。君はね。

…おっと。それで、依頼は犬君のことで?
そうか。パスカル君、此所には来ていないんだよ。
来ていたらあの子のことだ。ゴウトのミルクを舐めちゃったり
いろいろ、しでかしてる筈よ。

よっし。
腕まくりしてェ… っと。
小さな依頼人と、少年の依頼人。
一度に片付けて見せようじゃないの!
夕闇が迫る前に。じゃあ、行こうか。
いつも行く場所とか、お前さんの匂いの付いてる場所とか。
──それから、元、住んでいた付近とか。
意外にも簡単に見付かったりするもんだ。……こういうのはね。
大丈夫。この帝都の名探偵に、まっかせてェ〜〜!!

ん〜ふっふ! んふっふ〜ん!

40 :以上、自作自演でした。:2008/07/05(土) 18:49:24
日本人たる者、洋服ではなく着物を着るべきだ!

41 :サトシ:2008/07/05(土) 19:03:32
鳴海、ゲットだぜ!

42 :以上、自作自演でした。:2008/07/06(日) 00:49:43
ヴィクトルにマッサージしてもらいてぇ。

43 :業斗童子 ◆xwI.Gouto. :2008/07/06(日) 12:45:51
しゅたたたたたたっ。
俺は業斗童子…黒猫だ。

猫が喋って何が悪い!
いや普通は人語を喋らぬのだ、本当ならばニャーニャーとしか聞こえぬ筈だ。
だがミルクホール主人から翻訳機能つき首輪を借り受けたんだ。
今後も喋るぞ。
時折故障するのでな…突然ニャーニャー云い出しても気にせんでくれ。

前783 5年後はどんなヒト
5年後の鳴海は…葛葉の手によって使役悪魔になっているかも知れん。
拳銃を使いこなし遠距離攻撃スキルにたけた仲魔として戦闘に参加するんだ。
要領が好いので逃げ足も速い…つまり行動スピードはトップクラスだ。
悪魔化すると云う事はすなわちヒトでなくなる…ヒトデナシだな。
おい鳴海、是非ともヒトデナシになってもらいたい!

前784 二人
ヒトがひとりに猫一匹だしな。
或いは時期を置かず、ヒトなど居ない様になるかも知れんしな。
鳴海が悪魔化したら、数え方で云うなら単に 『二匹』 となるしな。
だが… 『二人』 と数えても支障の無い場合が出てくればそれも面白い。
俺がヒトの姿をとれば好いんだ。
悩殺スキル 『目で殺す』 とか持ってみたいものだな。
今は精精、 『ねこパンチ』 くらいだからニャ…。

44 :業斗童子 ◆xwI.Gouto. :2008/07/06(日) 12:46:35
前785 ニンジャ
何処にもいるんだな…。
俺も十四代目に進言しておかねばならないな。
黒マントの下に身につけた革製ホルダーや陰陽葛葉を知られてはまずい。
師範學校と云えども、あの扮装は逸脱しているだろうしな。
ニンジャだなどと噂になれば葛葉の名折れだ!

前796以降 異世界の俺
ウム、御苦労である。
異世界の俺と云えども俺に変わりないだけに、労ったりするのは妙な気分だ。
だが御主の登場も、ここの恒例行事になりそうだな。
折を見て、互いに箱坐りで語り合うてみたくもある…。
猫用ミルクと干物を用意して待っているぞ。
今後ともよろしく頼む。
ニャ。

>3 100万回生きたねこ
此処に描かれているのはどんな悪魔だ?
俺は違うぞ俺は…まだ20回くらいしか生きてないからな。
しかしこやつも苦難の道程を歩んでいるんだな…。
葛葉が興ってようよう、1200年程になろうか。
その期間の間に100万回生きたと考えるならば、一年に833回。

なんと云う激しい生き様だ!

継承順位の高い、有効なスキルを所持しているんだろう。
実戦でも合体でも大活躍だな…想像するだに難くない。

45 :業斗童子 ◆xwI.Gouto. :2008/07/06(日) 12:47:03
>4 ドラミちゃん
ウギャフッ。

フンフン…くんかくんか…やはりな、猫っぽいのに猫の匂いがせぬ。
蓮の花に似た容器から飛び出して来たからには或いはネコ型の…。

女神だな?

時間旅行はヒトの造りし技術と想像していたが、未来の神まで利用しているとは!
此れは失礼致した…あなたの兄神様はこちらに鎮座ましましておられまする。
供物は何が宜しいか…此処はやはりミルクか?

>5 お茶
どうやら此処も、すっかりカフェーの佇まいだな。
今のままでは看板に偽りありだ…よし、此処は鳴海!
茶葉を独自配合して自家製ブランド 『鳴海さん愛してる』 を作るんだ!
ミルクホール主人や、異界晴海町のスカアハに訊いてみよう。
なにか手がかりがつかめるかも知れん。

>6 ケルベロスのいびき
おいおい待て待て御主…寝る時も召喚しっ放しかーっ。

なんだ、実はケルベロスの事が好きなんじゃないか。

もしも御主の召喚能力が高いのなら、リャナンシーも同時に出しておけ。
ドルミナーで心地好く眠れる。
其の上、ケルベロスのもふもふした毛並で幸せになれるぞ。

46 :業斗童子 ◆xwI.Gouto. :2008/07/06(日) 12:47:23
>7 祝まーす
おいトート! トートはいるか!
此れは御主宛の絵葉書ではないのか。
差出人は…アヌビスとある。
ウム、次回は此の悪魔にも是非、我等葛葉の捜査に加わってもらいたいものだ。
しかし祝まーすか…いわまーす。

…おいドアマース…御主を呼んだ覚えは無い。
出番が無いからって拗ねるなよ…。

>鳴海
操作続行にあたり、引き続き十四代目共々世話になるぞ。
まぁ俺は肉球だしな、『撃つ』 よりは 『噛む』 だ。

ニャヒーヤ! ニャヒーヤ!
俺を釣るな釣るなーっハヒィィィィィィィ
ニャフッ! ハニャッ! フーッ! ヒギャッス!
ウニャッ! キキー! プギャー!

俺…鴉になった方がいいのかな…。

えぇい、では景気付けにまずはおまえを噛む!
かぷっ。

47 :以上、自作自演でした。:2008/07/06(日) 16:37:32
うちの猫も伸びをする時プギャーって言う

48 :以上、自作自演でした。:2008/07/06(日) 16:52:52
ゴウトにゃんは育児が上手そう。

49 :鳴海昌平 ◆NaruDyL/a. :2008/07/06(日) 21:18:28
いやー! あまりに暑いから、深川まで足を延ばして「大國湯」に浸かってきたよ。
朝風呂も優雅だが、夕暮れの銭湯ってのも、いいもんよねぇ。
皆、暑さに参っちゃいないかい?

>>40
そうね。

そういう向きもあるだろうね。当然。
無理に時代に乗っからなくても、いいんじゃないの。

……俺は、昔餓鬼の頃は当然着物だった。
なにしろ兄弟子沢山の寒村の生まれでね。
大概が、兄貴のお古だったよ。
そうさ、水通しを何度もした、馴染んだ着物。
兄貴の匂いが染みついた、そんでもって、動きやすくて着易い着物。
裾を端折っては、河川の魚を捕まえて、夕飯の足しにしたね。
ああ。懐かしいな。…今、思うと。
贅沢で優しい「時」を過ごし、そして、通り過ぎてきたんだろう。

あー。ん。…なぁにか、話がずれちゃったねぇ。ポリポリ。
──…えぇと…ォ。俺が言いたいのは、洋装派も和装派も
喧嘩しないで、お互いの距離を保って。
同じ時を過ごせれば、いい。──ってこと!
俺は、この通り洋装をしてはいるが。
寝間着さえ着古したシャツ一枚だが。
着物を大事にする心。それは、俺にも、よぉっく理解るんだ。
お互いを大事に思う心が、時代の急激な変化に、対応できるんのじゃないかな。
個人的には、女の子なんかはぁ──。
半襟がレースで、エプロンなんかをしていると、胸がときめくね。ふっふ!
男については──まぁ、機能的だったら、洋装もいいんじゃーない?
要は似合ってて、本人のこだわりが見られれば、いいのさ。
ビシッと筋が通った着こなし。これは、洋装も和装も、同じだと思うからね。

50 :鳴海昌平 ◆NaruDyL/a. :2008/07/06(日) 21:21:20
>>41

        \  ヽ     ! |     /
     \    ヽ   ヽ       /    /       /
        そ、それはらめえぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!
        \          |        /   /
                        ,イ
 ̄ --  = _           / |              --'''''''
          ,,,     ,r‐、λノ  ゙i、_,、ノゝ     -  ̄
              ゙l  γ'⌒ヾ     ゙、_
              .j ´ ζ ,ノ~ゞヽ   (.
    ─   _  ─ {  ヽζ゚Д゚ノ   /─   _     ─
               ). <| <v>|>   ,l~
              ´y  7__|: 」    <
               ゝ   i_/ J   ,

こ…こらこらこらァ!
せめてそこは特殊合体で造れ!
俺は何者なんだぁぁぁぁ────────っっ!!??
ゲットってしかも、なぁによ。
聞き慣れないけど、俺には辞書が。
ちょっとちょっと!!
そこの少年!! 話ちょっとでも聞けってぇの! おいぃ!!??

51 :鳴海昌平 ◆NaruDyL/a. :2008/07/06(日) 21:32:19
>>42
Dr.ヴィクトルの業魔殿…
地下の伽藍は、いろいろな器具でいっぱいだとか。
主は昼間に外に出ず、鼻眼鏡をして夜な夜な出歩いてるとか。
噂も様々よね。
手をわき…わき?
ああ、そうなの?
手指が、ふぅん。器用な人なんだ?
だったら一度、マッサージってのも、やって貰いたいかも。
最近座業ばっかりで、麻雀やっても腰が痛いし…ツボ、押してもらえるかな。

しかしィ。
ライドウに聞いた話じゃあ、お金もガッポリ取られるし
酷い時には悪魔の血を採られたり、するそうじゃない。
やっぱり、信用ならない人間に、身は任せられないよねー?
……ん?
ライドウ……やけにサッパリとした姿だが。
もしかしてDr.ヴィクトルの施術を、受けたのぉぉぉおお!?

…結構肝が据わってるよなー。お前。…

52 :鳴海昌平 ◆NaruDyL/a. :2008/07/06(日) 21:45:44
>>43-46 ゴウト
あーいや。
いやいや。
それ、多分女神じゃないから!!

未来から来たそうだよ?
ネコ型…ロボトミー……?
ロボ…
あれ、なんだっけ?
とりあえず、しっかり者の妹さんのようだ。
ゴウトもほら。ちょっと話し相手になって頂戴よ。
どうやら兄さんの方は、機能停止してたけど、妹さんのお陰でなんとかなったし。
うんうん。
兄妹仲良し、これにて一件落着!

…甘噛みされても…
…「竜宮」の女将特製鯖の煮付け。食べなくても、い〜いのかなぁ?
…ん〜ふっふ、ん〜ふっふ!

んげほげほっ。げほっ。

53 :鳴海昌平 ◆NaruDyL/a. :2008/07/06(日) 21:49:29
そういえばね。
今日は「渡邊豆腐店」が朝から営業してたんだよ!!
──吃驚して絹ごし四個買ってしまった俺は一体。
ほれ。ライドウ。今日の飯は豆腐だ。
ついでに明日の朝も豆腐だ。
んー…味噌汁にでもするぅ?

>>47
あ──成程ね!
たしかにあの人間では発音できないような鳴き声は。
「プギャー」…だな。うん、「プギャー」。
お家の猫さんは、可愛いかいー?
可愛いに決まってるよな。お前さん、凄く幸せそうに語るんだもの。ふふ。
そんな貌をされると、一度見てみたくなるな。俺、こう見えて猫好きだし。
ちょっと時間が空いたら、案内してくれないかい──?

>>48
くだんの「ネコ型ろぼとみー」とやらは、そういう役目を持っていたようだね。
妹のドラミちゃんから聞いた。量産されているそうだとか。
でも兄さんとドラミちゃんは特別な存在だそうだよ?
兄さんの「耳」が欠けてることに、関わりはあるのかね。
うぅ〜ん、探偵眼が冴えてくるっっ!!

54 :以上、自作自演でした。:2008/07/06(日) 23:05:16
どこから書き込んでるの?

55 :ライドウ:2008/07/07(月) 01:16:32
,.――――-、
ヽ / ̄ ̄ ̄`ヽ、
| | (・)。(・)| 鳴海さんに喜んでもらおうとキャメルスーツを石鹸で洗濯したら
| |@_,.--、_,> 一つ残らず縮んでしまったの巻
ヽヽ___ノ

56 :鳴海昌平 ◆NaruDyL/a. :2008/07/07(月) 21:54:35
はぁい。探偵さんだよぉ。
日中暑いけど、日差しには気を付けて。
昨今の科學で解明した所によると──
太陽光線には有害なものも含まれていると言う。
俺は帽子を被っているが、お嬢さんなんかは日傘推奨よ。

>>54
どこからどこまで…って?
うぅん。そーだな。
ライドウは此所「鳴海探偵社」で「記録」する。
たまに麻雀をやってる時、頻繁に記録したりしているね。
俺は逐一記録なんぞ取ったりしないから、ライドウは一種、挙動不審にも見えるね。
まぁ、男の書生のやることなんぞ、ど〜ぉでも、い〜んだけ〜〜どー。

ん?
まさか。

おおおおおおおおおおおお、俺の金銭出納帳のことぉ?
こっ……これはァ、一応端から端まで、ちゃあんと付けているよ。
それが義務なんだもの。う、うん。
──まさか二重帳簿とか、やってない。やーってないってぇ!!
真実一路の男、鳴海昌平。そぉんな小細工なんて、やるわけないでしょ?

…ねー?
……………………。
…………………………ねー?

57 :鳴海昌平 ◆NaruDyL/a. :2008/07/07(月) 22:03:16
>>55 ライドウ
く。
おおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお、俺の!
俺のキャメルのスーツが! 上下共に!!
なぁぁぁぁんじゃこりゃああぁぁぁぁぁぁぁあああ!!!!
石鹸で!? …しかも、洗濯板でかッ!!??
有り得ないだろぉぉぉぉ! そんなのはァァァ!!!!

あのなぁ。…お前に家事の才能が無いのは、もう、理解った。
理解ったから、これ以上俺のシャツとかまで、洗うのはやめておくれ。
はあぁ…

喜んで貰おうと思ってくれたその「心」は。
ありがたく貰っておくよ。あぁ。「心」は、ね。
戦闘以外は不器用で、おまけに口下手なお前のことだ。
そうやって思ってくれたのは、ん──。
──素直に、ありがとうって、ね。思うよ。

ところで替えのスーツも…うわぁ。襤褸襤褸だ。
しょうがないな。今日はもう、そうだなあ。
買い物に失敗した、似合わない色のスーツはあるにはあるが
春色が似合う、所謂春男の俺には、決定的に似合わないし────。

ま。いいかもね。
今日は浴衣で和装と行こう。真っ白な浴衣が、あるんだ。
幸い今日の依頼人はいなかったし、それもまた趣があるだろ。
ライドウ、今日はお疲れさん。また明日から、頼むよ。

あー…。 「いい上司」ってやつも、辛いのねぇ…
…んー…。…しみじみ…

58 :ヤコウ:2008/07/08(火) 19:25:07
ムド

59 :鳴海昌平 ◆NaruDyL/a. :2008/07/08(火) 20:13:32
>>58
! っ…ひぃっ!?

──いいいいいいい、いまぁ! 今、俺の耳を掠めていった……!
ぼ、梵字のようなものが、通り過ぎていった…よ……
ひぃぃぃぃ──っっ!!

らららら、ラ〜イドウ!!
これって、お前さんの仲魔ぁぁぁあ────っっ!!??
こんな仲魔は麻雀でも見たこと、ないぜ。ああぁ、もぅ、吃驚したぁ…
…ん。ふぅー。

過ぎ去っていった跡は、壁に不思議な光、ひとつだけか。
ライドウのようなデビルサマナーが視れば或いは。
違う風景が、視えるのやも、ね。

…はぁ…
…あー、冷や汗かいた。
替えの浴衣に着替えよう。嫌な汗、かいちまったぜ。
キャメルのスーツは注文したけど…まだ届いてないんだよね。
それにしても水色に透けた首無しの馬。
首無しの馬の伝承は各地にあるね。
しかし乗っている者と眼を合わせなくて、良かったぜ。
ああいうのは、本当に「百鬼夜行」…。麻雀にも誘えない、「厄場い悪魔」…だな。

んー。ライドウ、どうした?
召喚管持って。どうするってェの……え!?
「あの悪魔を仲魔にします。」だってぇ!?
ちょーっと無理なんじゃないのかぁ? ああいうのは…
むむむ。何でも飼う飼う、って、おとーさんは許しませんよ?

あ。とか言ってるうちに、マント靡かせ、出て行った。

60 :以上、自作自演でした。:2008/07/08(火) 20:28:18
あの日の誓いは忘れたのっ!?

61 :以上、自作自演でした。:2008/07/08(火) 22:57:16
宇宙人はいると思いますか。

62 :アグモン:2008/07/09(水) 00:16:20
ライドウぅ〜!

63 :以上、自作自演でした。:2008/07/09(水) 01:18:11
ゴウトへ子守歌を唄ってあげて。

64 :以上、自作自演でした。:2008/07/09(水) 01:45:29
あなたはだんだん ねむくなーるー

65 :ゴトウ陸佐:2008/07/09(水) 01:53:25
ぐーぐー…

66 :以上、自作自演でした。:2008/07/09(水) 11:13:08

, λ,..,,λΨ ,
/i\/ ・ω・ヽ|/i\ パタタタ
⌒⌒l::.:... o⌒⌒ `'ー---‐´l
見習い悪魔ですポッポ
   お前の魂もらうポ

67 :以上、自作自演でした。:2008/07/09(水) 18:41:14
見える…
大家の怒声轟く鳴海探偵社が見える…
鳴海の白々しいお世辞と言い訳が更なる怒りを招く…

68 :以上、自作自演でした。:2008/07/09(水) 22:54:08
休日はいつも独りで過ごしているんですか?

69 :鳴海昌平 ◆NaruDyL/a. :2008/07/10(木) 00:53:19
はぁい。探偵さんだよぉん、元気ィ!?
今日はミルクホールの帰りだよ〜。んー…ヒックゥ。
ところでぇ。
カレーにミルクって決定的に合わないと思うんだけど。
そこんとこ、どうよー?

>>60
いや…。…え!?
いやいやいや……ちょっと落ち着いて頂戴よ。
あの日がいつなのか──俺は全く記憶に──えぇっ?
なんか俺、やっちゃったの!?
ま、まさか…

お前さんの娘さんを嫁に貰うとか!?
書生にもっといい待遇をするとか!?
猫まんまに鰹節かけてあげるとか!?

そういう「アチャー」的なことを、やってしまったのかっっ。
…えーと!!
娘さんだったら責任取らせて貰います!!
だって、あなた、目鼻立ち調ってるしィ。
悪い人じゃ、ないんでしょ。
だったらさ、いいよ。
その娘さん、一度逢わせて?
ね。

70 :鳴海昌平 ◆NaruDyL/a. :2008/07/10(木) 00:55:51
>>61
はっは!!
宇宙人!?
これはこれは──!!!!

いるに決まってるよねー、な、ラ〜イドウッ
師範学校でもそう習ってるよなーっ!?
──うん。ライドウは見世物小屋の怪物にも胸ときめかせる日本男児だ。
宇宙人なんて、いるに決まってるんだよ!!
というかァ、いて欲しいって思うのよ。俺はね。
この広い広い宇宙でさ、地球だけが生物を擁してるって思うと、なんだかこう。
寂しいじゃないの。ねぇ?
うん、そうだ。宇宙人は、きっといる。いるに決まってる!
2000年辺りになったら、地球人も、宇宙人と外交したりしてるんだよ。
こう、烏賊とか蛸みたいな奴でも、きっと酒飲んで腹割って話せばオッケー、オールオッケーよ。
未来の話になっちゃうけどさ。地球人も宇宙人として、胸張って生きていくんだ。
この暗くて深い宇宙。そんな出会いをいつかしてみたい。「接触」…をしたいね。

あー。
団扇を扇いで、アー。
ワ・レ・ワ・レ・ハ ウ・チュ・ウ・ジ・ン・ダ …。

ほいほい、ライドウ、お前もやるんだ。
ワ・レ・ワ・レ・ハ ウ・チュ・ウ・ジ・ン・ダ …。

71 :鳴海昌平 ◆NaruDyL/a. :2008/07/10(木) 00:58:50
>>62
おッ!

うわっ!

ひぇ!

音声だけでは理解らないが、こいつは──可愛いっっ!!
声も凄くいい声ね。どーいう声帯持ってるのかなぁ? んん?
黄色の姿は、小さい肉食獣のようだけれど…
…瞳の色は、ゴウトと同じ。綺麗な碧だね。
うん。とっても優しそうだ。
ゴウトの瞳の色は「マグネタイト」が充満しているかららしいけど。
この子は、どうなのかな。生まれつきのような気も、するな。
ライドウ、ほら。
お客さんだ。
しっかりもてなすんだぞ?
──ふふふ!
小さいお客さん。はっは! なんだか、なごんじゃうねぇ!!
珈琲なんかは好きじゃないよな。ゴウト、この子、何が食べたいのかねぇ?
あ、そうだ。ライドウ。お得意の「読心術」で、訊いてよ。
好きな飲み物、あったら出してあげたいからさー。

>>63
ゴウトは猫。
「猫」は「寝る子」で、「猫」だ。
子守歌なんか歌わなくても、だぁ〜いじょ〜うぶっ!!
だよな? んー、ゴウト?

ふさふさがないっ!
ふさふさをくれぇぇ!! ゴウト!!
ゴウトぉぉ〜〜…

72 :鳴海昌平 ◆NaruDyL/a. :2008/07/10(木) 01:06:04
>>64
それ、催眠術でしょ!!
おぃぃ!

こんな所で実験されてもなぁ。
なんとなく、怖いしぃ。
……いや、本当に。催眠術は怖いんだよ。
所謂「狐憑き」に対する間違った対応ね。これ。
もう江戸から明治の昏い時代は、過ぎた。そうだろう?
心の病にも、もっと人道的な処方をするべきだ。
昔、座敷牢。今、蟄居。はっ。──ナンセンスにも、程がある。
もう少し明るく、外での解放治療を推進していった方がいいと俺は思うね。

! おッとぉ。
──少し、喋りすぎたかな。
まぁ、一市民の健全な意見だからね。探偵としてじゃあ、なくってさ。
そこらへんは、多目に見て頂戴よ。ね。

怖ぁ〜い警邏の人とか憲兵がいたら、嫌だしね。
聞き耳頭巾の人がいたら、厄介だ。

ところで、お前さんの催眠術、効いているお人がいるね。
先刻には居なかった筈だけど、こ、この人は。

73 :鳴海昌平 ◆NaruDyL/a. :2008/07/10(木) 01:07:46
>>65















うわあああああああああああああああああああああああ!!
















74 :鳴海昌平 ◆NaruDyL/a. :2008/07/10(木) 01:10:43
知ってる! っていうか、前にもいたから!
なんで、探偵社で褌一丁…?
いや、別に褌云々にケチを付けるんじゃ、ないが。
その切れ味の良さそうな長い刀。
こ…これは…。剣呑な……!

と、とりあえず、睡っているみたいだ。ほっ。
それなら、よいしょっと。
──細身なのに、筋肉のせいかな。結構重いな──
長椅子の方で横になって貰おう。そうしよう。
しかし朝になったら、どうするかなー。
んー。

ひとまずは綿の柔らかい薄布団を掛けて。よっ…と。
この人の眼は閉じられて今は見えないが
きっと、きらきらと輝くんだろうな。──なんとなく、直感だけど。
ひとかどの政治家、或いは愛国の心を持つ文士なのかも。
グラフ誌で見たとことがるんだよねー、このお人のお顔。

うーむ。
しかし、こんなに簡単に、子供みたいに催眠術にかかるとは。
大丈夫なの?
大人なのに!

75 :鳴海昌平 ◆NaruDyL/a. :2008/07/10(木) 01:17:47
>>66
かっ…
可愛いじゃないのよ!
んねぇ。何処から来たの?
なんだかぁ、「ぽ」って感じで可愛いね。いやぁ、身体もふさふさだ。
この口元。口吻も、丸くて、いい。

何?
あっはっは、もう一回言ってよ。
──…「魂」だって!?

とっくの昔に俺の魂は売ってるよ。
「麻雀」という悪魔にね。

珈琲は飲めない?
とりあえず、ミルクでも飲んで行って。
探偵さん、可愛い娘さんも好きだけど
お前さんみたいな愛らしい生物も──大好きだよ?

ふっふ!
それにしても「悪魔」だって!
ふふふふふふふふふふ……!!!!
ライドウ。そういえば、久しく麻雀してないじゃなぁ〜い。
この俺の腕が鳴るのよ。ふっふ、鳴海だけに、鳴る!!
この子悪魔なんだって。だから、もう一体召喚してくれれば、いいから。
今夜は「見習い悪魔」ちゃんに、「魂の盗り方」…を教えちゃおうと思ってねぇ!

いやー、あっはっはぁ!
さぁて、準備はオッケー? ザッツ、オッケー?

76 :鳴海昌平 ◆NaruDyL/a. :2008/07/10(木) 01:39:01
>>67
見 え る の ! ?

月末に納めているからぁ、未来予知か!
こっ…怖い!!
うううううううわあああああああ、大家さん!
いつも綺麗で、洋装も似合ってますね!
──って、まだ月末じゃないのに、俺は何をお世辞言ってるんだ!?
あぁぁぁぁ〜〜…

えーとォ。
い、いつも白いスーツがよくお似合いで。
ええ、帽子も特注でしょ? 伊太利亜製の。
見る者が見たら、そりゃー、理解りますってぇ!!

ああああああ、あのぅ。
今月はなんとかっ。…早めに…します……んでっ。
そんなに目線をきつくしないで下さい。ひぇぇぇ。

77 :鳴海昌平 ◆NaruDyL/a. :2008/07/10(木) 01:41:01
>>68
んー。

探偵仕事にはあまり休日は、ないね。
だけど、勿論週末には休んでいるよ。当たり前の勤め人のようにね。
でも、この探偵社が俺のヤサではあるし──
休日と勤務日の線が、やや、曖昧ではあるかな。
なにしろ、休日でも仏頂面の書生と黒猫がいるし。
結局、俺は自分が不味いもん食べたくないから、自炊するし。
そうするとォ、ライドウ達と面と向き合って喰うわけでしょー?
なぁんか、休日という感じがしないのよねェ。そこはもうね。うん。

休日に、銃の手入れとか、あまり普段しないことをしだすと、雨が降るの。
これ、ほぼ十割の確率ね。…凄いでしょー?
愛銃はけして疎かにしてないつもりだが。
もしかしたら、銃本人は、不満なのかもね。俺の扱い方に。
しょうがないよ。ルガーは一応護身用だもの。
大人しくしていて欲しいよ。出来ればね。

そんなわけで、いつでも、朝と昼は居なくても。
宵闇の時間には、三人一緒に飯喰ってるよぉん。
…ふぁあ。 …まぁそんなところ… かな

…んぐー……

78 :以上、自作自演でした。:2008/07/10(木) 02:48:04
んぐー

79 :ケンシロウ:2008/07/10(木) 03:00:15
…………………。

80 :以上、自作自演でした。:2008/07/10(木) 03:19:38
いい旅夢気分。

81 :以上、自作自演でした。:2008/07/10(木) 04:05:02
寝てる鳴海の唇にムヒを塗ってやろう

82 :以上、自作自演でした。:2008/07/10(木) 14:17:07
はいよ!鳴海探偵事務所さん!
カツ丼10個にライスカレー20杯、オムライス6皿にハンバーグとキツネうどん5杯おまち!
お代は28000円ね。

いや〜しっかしこんなにいっぱい誰が食うんだい?
注文の電話してきたのは、ホーホー言ってる子供の声だったけど。

83 :以上、自作自演でした。:2008/07/10(木) 22:14:22
この場所を四字熟語で表すとしたら?

84 :鳴海昌平 ◆NaruDyL/a. :2008/07/12(土) 02:32:35
深夜に窓を開けてみると。
川縁がゆらゆらとたゆたっているね。
澱んでない。いい水だ。俺もあんなような生き方、してみたいよ。
急流じゃなくてもいい。
だが、濁る程遅くても駄目だ。
ゆるやかに小石を丸く削っていって
最後には合流したい。…だって一人は、寂しいじゃない。ねぇ?

>>78
んっふっふ。まぁだ、目が醒めないの、その娘。
やれやれ。…こうなると西洋のお伽噺「眠り姫」…だね〜。
可憐にして鮮烈な口元は──未だゆるく閉ざされている。
俺にはこういう類のお嬢さんは勿体ないな。
ああ、勿体ない。勿体ないさ。

そう。
なんてったって、眠り姫には「王子様の接吻」だ。
俺にはちょっとばかり荷が重いのさ。こんなのは。

よし。ラーイドウ?
そこの掃除が終わったら。
其処で寝ているお嬢さんを接吻で起こしてあげてくれ。
所長命令だ────頼んだよぉ?

85 :鳴海昌平 ◆NaruDyL/a. :2008/07/12(土) 02:39:47
>>79
ブバッ!!!!!!!!
ひ…ちょっと待って。話、話合おうじゃないのよ!!
お前さんの相手は俺じゃないだろう?
俺は別に子供を虐待したり、し、してないからな。
覇王も覇者も関係ない。ただの──探偵だ。

え!
えわっちょっ!!

「そこで野宿している子供がいた 今夜だけ寝かせてやってくれ」

……。……え!?
この子、なんだか顔色が悪い。
そればかりか、栄養失調っぽいな…いけない。
お前さんの言いたいことは、大体理解できた。
この子を、即刻、確保して、柔らかな布団で寝かせればいいんだな?
それくらいならお安い御用さ。…と言いますか。
あんた、凄く!! 優しいいい奴じゃないのよ!!

珈琲飲んでいってよ。時間があるならさ、ねっ。
ミルクもザラメ砂糖があるよ。
たまには「闘い」…休んでみちゃーどうだい?

>>80
いい旅をそういうふうに言うんだ?
成程ォ。…俺も旅に出たら使ってみようかなー、その言葉!!
温泉とかいいよねー。
こう、美女と混浴とか!!
薄曇りで相手の鼻さえ見えなくても、オッケーオッケー。
その為に人間には「想像力」…ってものがあるんだからねっ。
ふっふっふ〜ん。         …視力良くてよかった。

86 :以上、自作自演でした。:2008/07/12(土) 03:00:48
なるみんはペルソナ4プレイしてる?

87 :鳴海昌平 ◆NaruDyL/a. :2008/07/12(土) 03:01:15
>>81
鏡を見たら、唇が…腫れ上がっているんだよねぇ。
なんだろー。俺、女の子に口なんか噛まれてないよ?
以前、思いっきり口を噛まれて、血が出てさぁ、それで腫れて。
そんなんなった時もあったけど。…外傷がないのよね。
おまけに喉がなんだかスースーするのよ。

? 何故…?

昨日の事を思い出しても。悪魔ージャンくらいしか憶えがない。
ちゃんと顔洗って床についた筈。
んなぁぁぁぁ────んでぇぇぇぇぇえええええ────っっっっ!?

>>82
ライドウ。こっから好きなのを選べ。
夜食でも朝食でも、好きにしろ。
ほら、オムライスなんか、どうだ?
食べたいって言ってただろ?

88 :鳴海昌平 ◆NaruDyL/a. :2008/07/12(土) 03:09:26
…ジリジリジリジリジリジリ…!

──…あ もしもし。はい、こちら鳴海です。
──…親方、おられます? えぇ、はい…
──…ちょっと事情で近所のレストランや蕎麦屋からー…
──…ずぇーんずぅえん、これっぽっちも、注文してない料理が大量に届いたんです!!
──…そちらの方に廻してもいいでしょうか? あ、お金も精算して下さる!?
──…正直折半になるかなと思ったんで、いえ、本当にありがたいですよ。
──…やっぱり親方は懐深いですねぇ! 今度また麻雀打ちに行きますからぁ〜。
──…どうもー、ありがとうございますぅ。
──…カチャ

品物は近所の相撲部屋に引き取ってもらったよぉん。
ホーホー言ってる子。さぁてさぁて、どこにいるかなぁ??
もしかして、あてが外れて今頃「ホーホー」って言ってるかもねぇ! はっは!
ま、あの子は麻雀ではいいカモ…、いや、いい友達なんだ。
これぐらいは多目に見ないとねー? な、ライドウ?

>>83
七転八起。ななころびやおき。──って、どうかな?
ゴウトやヤタちゃん達にも合うというと、「合縁奇縁」…かなっ?

89 :鳴海昌平 ◆NaruDyL/a. :2008/07/12(土) 03:21:44
>>86
ぺそ…なー?
って…はぐッ!!
うふぇ、ひたかんら。舌噛んだ。

なぁんだい、一体そりゃ。
西洋の言葉だよね──?? ペ・ル・ソ・ナ。
心理学用語、なのかな。そうだな。…何処かで聞いたことがある。
しかし聞き囓っただけ。俺は心理学を専攻しなかったから、不案内なのよね〜。

ごっめん!
しょぉーじきに言いますっ。

全く意味が理解んないのよォ!!
……かろうじて「四」というのは理解るんだけどね?
何か西欧の物の、「四」なんだよね。ふん、ふん。
「四」とは、いかにも愛されてるねぇ。それ、息が長いってことでしょ?
お前さんにとっても大事なことなんだな。……眼を見れば理解るよ。

よく理解らないけどぉ、その「四」ってのさ。大事にしてあげて頂戴よ。
もうしてるかもしれないけどさ、なんだか、お前さんが幸せそうだったんで。
うん。幸せにしてあげて頂戴。それがいいような気がする。

おっと。最後の一滴、落ちたな。
さぁ、深夜に珈琲は如何ですか〜?
ミルクもザラメ砂糖も取り揃えておりますよぉん!

90 :以上、自作自演でした。:2008/07/12(土) 06:07:38
ライドウクビにして直斗きゅん入れよう

91 :以上、自作自演でした。:2008/07/12(土) 11:27:43
ビアンカ派ですか?
フローラ派ですか?
それともまさかのデボラ派ですか?

92 :以上、自作自演でした。:2008/07/12(土) 12:35:21
ttp://freedeai.com/up/src/up8464.bmp
ttp://freedeai.com/up/src/up8465.bmp

93 :以上、自作自演でした。:2008/07/13(日) 01:41:50
鳴海さん愛してない

94 :以上、自作自演でした。:2008/07/13(日) 07:23:57
鳴海さん変してる

95 :以上、自作自演でした。:2008/07/13(日) 08:12:23
ライドウは学校とかで、コミュ作りに励んでる様子?

96 :以上、自作自演でした。:2008/07/13(日) 16:46:41
暑い…もうダメだ…

97 :業斗童子 ◆xwI.Gouto. :2008/07/13(日) 19:06:34
…確かに暑いな。
黒毛の身体がこれほどキツイとは思わなかった。
誰だっ木の周りを巡れば黒いバターになるだろうなどと云う輩は!
俺は虎じゃないっ黒猫だっキシャー。

>14 山羊を英語で
メェーだ。

…いや待て。
メェー。
…なんだ此れは…翻訳首輪の調子がおかしい…。
メェー、メェー、メェーメェーメェーメェーメェーメェーッ。
えぇい俺はふざけているんじゃないっ真剣に応じているぞ!
こんな事では此の名が廃る…今一度申す俺は業斗童子!
ゴウトだぞーっ。

>16 ポーゥ
中中好い掛け声だな!
ヨシツネの 『ハッハー!』 に匹敵すると思うぞ。
今にも頭上からメギドが降ってきそうだ。
御主もデビルサマナーか…なに、違う?
いやしかし目付役が傍らにいるじゃないか…猿が。
それに御主の顔は随分と白いしな…移し身の術 『班駒』 の最中なんだろう?
俺はてっきり御主も舶来のサマナーかと思うたのだが。
違うとなると、ふむ…御主はまさに帝都のスリラーだな…。

98 :業斗童子 ◆xwI.Gouto. :2008/07/13(日) 19:07:21
>17 ひー
どうやら御主には聞こえている様だな。
あの異形の鉄塔から昼夜問わず放たれている毒電波が。
其れはじわじわと精神に干渉し、奥底に埋もれた闇を引きずり出す。
やがて闇は毒々しい姿を成し、『ヒルコ』 となって飛び出してくるんだ。

運命は免れ得ないが、引き伸ばす方法は無い事も無いぞ。
根を詰めすぎず、時には遊んでみるのもいいだろう。
築土町の至る所にいる猫を追い掛け回してみたりとかな。
異界築土町のアガシオンにいろんな虫を持って行ったりとかな。
ねこじゃらし10回振った後でも飽きずに振り続けるとかな…。

>18 焚き火だ焚き火だ♪
熱い、熱いって!
尻尾に火がついたらどうするっ。
何よりもまず、俺を発火してどうすると云うんだっ。
風間刑事と違うんだから俺に発火は意味が無いだろう!

アイテムが欲しかったら根気よく 『ねこじゃらし』 を集めてくれ…。

>19 周防兄
待て…云うておくが俺は招き猫じゃないからな。
いやある意味鳴海探偵事務所の招き猫と云えなくも無いとは思うが。
しかし本当に捨て身だな…鼻水がすごいじゃないか。
まぁ好かろう、存分に撫でていけよ!
ついでに記念だ、かぷっ。

99 :業斗童子 ◆xwI.Gouto. :2008/07/13(日) 19:55:18
>20 とっておきの悩殺ポーズ
尻尾をピンピンに立てて尻を上げるのが効果的だな。
捜査中に披露する機会は全くないとは思うが。
いや…次回の重大事件の際には…或いは。
『ねこじゃらし』 以外にも 『マタタビ』 とかアイテムに加わりそうだ…。
予感が的中していたら、どうしたものかな…。
そうそうところで、>19の客人がソファでのびている、介抱してやってくれ。

>21 中村敦夫
…このプロマイドは一体なんだ!
メガネを外した金王屋の主人じゃないか!
こんなに面長で眉毛の濃い男は帝都全土を探しても、そうはいまい。
さては十四代目の活躍を実写活劇に仕立てる腹積もりかっ。
ウーム金王屋め、商売にかけては抜け目が無いな。
しかしだ…俺は大衆の面前で堂々喋る訳にはいかぬ。
吹き替えが必要だな…おい御主、誰か適役はいると思うか?

>22 赤いチャンチャンコ着せましょか
猫サイズか!?
猫の俺が着用可能な大きさか!?
人間用のチャンチャンコでは大き過ぎるぞ!?

しかし銀楼閣は怪異の集合地点だな。
先だっても十四代目に電話があってな…ある少女からだった。
それ以来、少女はずっと十四代目の背後にいるんだ。
いや、名はメリーでは無く、アリスだが。
ニャフーン。

100 :業斗童子 ◆xwI.Gouto. :2008/07/13(日) 20:16:54
>23 ニートスパイク
通りの向こうで声がする…辻占いか。
築土町には珍しいな…どうやらあのふたりは顔見知り同士の様だ。
八卦で 『二一』 の並び… 『離坎』 『火水未済』 だな。
フム、俺も他人事では無い。
天命未だ至らず天地転ずるならば其の時命運は開かれる…とするならば。
業を背負うた俺もまた、その通りの生き様だからな。
今は其れで好かろう…木火土金水とはまさしく自然現象にして此の世のコトワリ。
機はいずれ熟すと云うものだ。

>24 朝
猫の朝は早いぞ。
此れは本能だからな…致し方あるまい。
しかし眠気は感じないんだ。
昼間は捜査活動だし、夜は徹夜麻雀なんだがな。
元来マグネタイトで活動する身だから、其れ程の身体消耗は無いらしい。
だから俺が丸くなって眠るのは…俺がそうしたいからなんだ。
さて今宵は麻雀もせぬ様子だし、俺もくるくる丸くなるぞ!

>鳴海
…すごい腫れ具合だぞ。
よほど塗り込まれたのだな、その唇。
…なんだかイチモクレンを連想してしまうな。
いやいいんだけどないいんだけどな。

では寝る前に鳴海自慢の豆腐をいただこう。
では。
もふもふー。

101 :白鐘直斗:2008/07/13(日) 20:18:09
やぁ、可愛い猫さん。
おいで。いいものを持ってる。

本当に吸い込まれそうな瞳だ…!

102 :以上、自作自演でした。:2008/07/14(月) 22:44:13
かき氷食べたいね。
白玉と練乳かかってるの。

103 :カタキラウワ:2008/07/15(火) 19:18:35
飛べない豚はただの豚だ

104 :ライドウ:2008/07/15(火) 19:53:22
はぁ…
鳴海さんには困ったものです…

105 :以上、自作自演でした。:2008/07/15(火) 20:33:43
川からどんぶらこ、どんぶらこと
スイカが流れてきましたとさ

106 :ゾンビーマウス:2008/07/16(水) 23:50:20
HA!HA!HA!
ようこそT・D・Lへ!
キミたちの運をためしてあげるよ!

107 :鳴海昌平 ◆NaruDyL/a. :2008/07/17(木) 20:40:05
はぁい。探偵さんだよぉん。
皆元気にしてたかなぁ〜?
今日はショートケーキがあるよぉん。
さ、寄ってって、寄ってってェ!

>>90
んっ…?
ははっ!
そぉ〜だねぇ〜。

新しい書生ってのも、いいかもねぇん?
心機一転、心晴〜れ晴れ!
そんな、爽やかな子が来てくれれば嬉しーがぁ。
…直斗…という子は、どうなの。その辺。爽やか好青年ー?

まぁね。俺は男のことに関しては、特にないよ。ん。別にぃって感じ。
従って、ライドウでもライドウじゃなくても、いい。んだがぁ。
そうそう葛葉ライドウの名を他人に渡さないだろう。ライドウはね。
だから、その案件も、ライドウ自身が許さないだろうな。
そもそも書生を二人も抱える甲斐性はないからね。
実際ライドウもよくやってる。だから、代換えなんてのも、ないだろう。

しっかし。過去のライドウ達は、どんなお人だったのかね?
なんだか想像するとおっかしい。ふふ。

108 :鳴海昌平 ◆NaruDyL/a. :2008/07/17(木) 20:45:49
! ああ、これはゴウトに訊くといいのかもしれないよね!?
代々のライドウの目付役なんだからな──。
ゴウト自身の姿も、猫だったのか。それとも別の?
ゴウトを見ているとなんだかんだ言って猫の生活は楽しそうだ。
ライドウに付いて廻るのも楽そーだし。
俺も、今更猫好きなのに気が付いた所だ。
姿、変わらないといいんだがなぁ。
うーん。

>>91
えぇい。
──俺はフローラ派だ!!

と、よく理解らんが、言ってみるよ。
一体何のことやらサッパリなんだが、一応挙手して発言よぉ。
…フローラって花の御姫様なんでしょ。
…向こうのお伽噺で読んだ憶えがある。
懐かしいなぁ、もう一度本を探して読んでみようか。
ちょうどこんな夕暮れ時に、時間が空くのよねぇん。

>>92
折り紙でここまで作れるの。
へぇ。凄いじゃーないよぉ!!
よっ! 折り紙名人ッ!

例のあれに素晴らしく似ているが。…違うんだろうね?
超力超神オオマガツ、そして「ヤソマガツ」…。
手足の長い所やパキパキ折れそうな造詣──変型しそうな。
そういうのがちょっと気になるけど。
って、えッ!! 二体も作ったのォ!?
ひえぇえ、彩りも豊かだし、メッキのようなものまで付けてある!
こりゃぁただの神細工を逸脱してるね。ふー。…凄いなー…

109 :鳴海昌平 ◆NaruDyL/a. :2008/07/17(木) 20:57:36
って、あああ、「紙」細工ね。
驚きすぎて、発音間違っちゃった。あはは!
か・み・ざ・い・く。紙細工だ。

>>93
俺はこれでもいろんなものを愛してるよぉ。
そぉんな、情の薄そうな男に見えるかい。

──そうか。

一度情を繋ぐと薄情になる男もいるが、俺は違うねぇん。
心のどこかに、ずっと「初恋の人」…も、いるし。
これでも、人情には篤いんですよ? お客さぁぁ〜〜んっ!!

こうやって、そう。
窓の外を見てみると。
瓦斯灯や電灯でほのかに照らし出された町の人達が伺える。
逢い引きをしている男女もいる。これから家に帰る奉公人もいる。
お使いに走る女の子もいる。ようやくの生業を終えて、やれやれと帰る商売人もいる。
そんな人々の日常を眺めるのが、ああ、好きだよ。
いろんなものが好きだけど、こうやって人影を見やるのは、別格なんだ。

ほら。
窓を開けよう。
今日も暑かったね──

ふふ。どうだい?
いい風景、お前さんにも見えるだろう?
珈琲、ここに置いておこう。
風を、人々の息を、そうやって感じて頂戴よ。

110 :鳴海昌平 ◆NaruDyL/a. :2008/07/17(木) 21:13:15
>>94
いや、いやいやっ。
「変してる」って、なぁによぉ──!?
ったく〜…、俺は至って正常な男子なのよ。
危険な所もあるにはあるが、それは──まぁ、男子だもの、そういう所もあるのさ。
逆に「俺は危険じゃないよ」…とか言う男は、嘘っぱちだからね。
ああいうのは、信用ならないよ?
ほぉんと。

と、言いますかぁあ。
変な噂とか、特に大家さんにとか。耳に入れないで下さいねー?
んー、理解ったかなぁー…?

ただでも書生が仏頂面だっていうのに!
そして猫まで真っ黒だというのに!
こらっライドウ!
俺の分まで大家さんに愛想振りまけよ!
俺、愛想笑いしすぎてもう、顔の筋肉がぁぁ…!
うううううううううううああああああああぁ。

>>95
といいますかぁ、そもそも學校に行ってないな。
初日に顔を出していたような気もするが、俺は頓着してないや。
書生だからね。仕事と學業を成り立たせてこそ、真骨頂。
──とはいえ、あいつはデビルサマナーだからな。難しい話よねぇん。
それにしても「こみゅー」…とは?
面妖な西洋語が出てきたね。
よし、今夜はこれについて調べてみようかなー。

111 :鳴海昌平 ◆NaruDyL/a. :2008/07/17(木) 21:33:00
>>96
んだ! …だぁいじょぶぅ〜っ?

お前さん、汗が玉のようだ。
ちっ。──いけないね。
ちょっとこっちの椅子にお座り。
昼間の熱気にあてられたんだろう────?

さ、冷たくした桃の果汁がある。
水蜜桃の甘さが存分に味わえるって噂だ。
これでも飲んで、少し一休みしていって。
団扇でお前さんの方に風を送ろう。
ああそれから、冷たくしたおしぼり。これを額に乗せて。ほら。

あんまり暑すぎてもねぇ。夏とはいえ、やはりね。
畑の食べ物は収穫に向けて育っているが、人間は、ね。
……こう倒れるまで無理しちゃ、いけないよ。
さ。とりあえず頬に赤みが戻ってきた。
熱々の珈琲でも、一杯、行くぅ?

あはは。嘘、嘘!
今日は桃の果汁だけにしといた方がいいよ。
珈琲はまた後日。
俺は今日の案件を纏める作業があるから、ん、そうだね。
其処の寝椅子で寝てご覧よ。
そう、頭を…。ゆっくり、落として。
頭がシャッキリしたら、家まで送ろう。
それまで、小休憩しててよ。
だからあんまりその……、良くなるまで無理しないでよー…?
……ね。

112 :人修羅:2008/07/17(木) 21:57:10
…………………。
………………………。
………………………………。
…………………………………ケーキ?!

113 :鳴海昌平 ◆NaruDyL/a. :2008/07/17(木) 22:02:17
>>97-100 ゴウト
ひッ!? あぁー、それ!
俺がとっておいた絹ごしぃぃぃ────ッ!!
…うううううぁぁ、食べやがった。最後の一個なのにぃー!!
でも、「もふもふ」って食べてるのが可愛い!!
憎いんだか、可愛いんだか、うわああああああ、理解らんっ!!

とほほほほほ…………あ──、豆腐って言えば、最近は何?
五、六個くらい、大皿にのせて食べるってのが本式みたいねぇん。
うちもそうやって食卓にのせてみようかねー。
! ん、ゴウト。お前。
昼間の熱が黒い毛皮に集中して、妙に熱いぞ。
大丈夫なのか、それって。ううんー?
なでなで。よしよし。

>>101
! おお。
宵闇が人の形になって、戸口に立ったな。一体、何者だ?
ふぅん。ゴウトに用なのかい、綺麗なお兄ちゃん。
「いいもの」って何だい──?
なんだか、俺の方まで気になるが。
まぁね。他人の逢瀬に口は挟まないつもりだよ……。

さぁ、ゴウト。
行っておやり。

大丈夫だ。俺はまだ案件を纏める作業がある。
猫集会も、今日あるんだろう?
──いいから、行って来い。
たまには羽目を外して遊び歩くのも、男の仕事よぉん!!

114 :鳴海昌平 ◆NaruDyL/a. :2008/07/17(木) 22:13:47
これは目出度い。百の席が埋まったんだねぇ。
おめでとう、俺。自分で祝うけど、俺。
そしてゴウト、ライドウと雷堂君。ヤタちゃん。
来てくれる人間と悪魔の人達!
あ〜りがとねっ!

>>112
ん。…んんー?
ああ、人修羅君。ひっさしぶり〜ィ。
元気でやってたぁ?

そうなの。今日は苺のショートケーキ。
仏蘭西語では、「ガトー」っていうね。
それがあるのさぁ。
どう?
珈琲と一緒に…

ちょっちょ、ちょぉぉぉぉお──っっと、待ってェ!!
君一人だと思ったのに──。
なぁんで、仲魔まで召喚するんだぁ────ッッ!
「最大十二人まで」って、そんな、こっちはホール一個しかないのに!

ま、いっか、しょうがない!
ライドウの分がなくなったら、「人修羅にやられた…」って言っておくね!
あっはっは! まー、食べてけ、食べてけーい!!

115 :鳴海昌平 ◆NaruDyL/a. :2008/07/17(木) 22:31:11
>>103
…え? ライドウの仲魔じゃあないが、何だろう?
見憶えがあるような、ないような!!
お前さん自体は、ふぅわりふぅわり、浮かんでいるんだな。
飛べる豚って、それはそれで稀少だと思うが──
逆に言えば、飛べるだけでも、駄目なんじゃあないかな?

え?
なぁにぃ?

「飛べるだけじゃなくて呪殺も出来る」…、ってェ!?
ああああああああああ、あああああ、あ、そそ、そう。
そういうお人なんだ、君って。
流石悪魔というか……丸っこい外見に比べ、中身は厳しいなー…。

>>104

          「\
           〉 >         /7
          / /         〈 <
        ┌─ヾ         ┌へ丶
 ___   /  /            /  ゝ
 >===o=<  〈  <         /  /
 (cレ´,_ノ`)   \ `\       |  |
 /   人|     \   \      /  /
ム_ノ J      \   \  /  /
  し─J        ヽ    ヽ/   /
            __|    ´   /__  ライドウ助けてくれぇ
              ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
……わかってるんなら、助けろ!
こっちは郷里で肥だめに嵌って以来の大穴だ! は、はやくしろってぇの!
こんな姿を見せると女性が悲しむだろ! って、本当、ライドウさんっ、助けてくだサァイー。

116 :鳴海昌平 ◆NaruDyL/a. :2008/07/17(木) 22:41:05
>>105
その西瓜、貰ったァァ!!

はー、はー、…これで。
ケーキが無くなっても、ライドウに言い訳できるな。
奴は甘味ならなんでも喰う。西瓜の甘さで、イチコロよぉん。
そうと決まればこの西瓜、貯蔵室で冷やしておかないと!
ショートケーキはまた今度だ、ワハハ! 悪いなライドウ!!

>>106
ひぃええッ!!??
いきなり停電か!
どうしたライドウ?
何かあったのか──…

「運が良ければこの世は天国!」

──って……
誰の声だ!?

怪奇だ。怪異だ。これは、オカルトだ!
ライドウ、ゴウト、出番だぞ!
あっちょっと待って…。扉のようなもんが…。あー…?
なんで、ここら辺一体、停電していないのに、うちの事務所だけ落ちてるわけぇぇ!?
なーんで、どうしてっ。なんでさぁぁ。
ちょっと待ってよ、俺はここで案件を纏めなきゃいけないのに……っ!!

ひぇ!?
うわああああああああああああああああああああ────────っっ!!!!
手が膨れて、「毒」「痺れ」にかかってる!!  ひぃぃぃ。
なぁんで、こんなぁぁー…!?

117 :以上、自作自演でした。:2008/07/18(金) 03:31:37
アッー!

118 :以上、自作自演でした。:2008/07/18(金) 17:11:58
それより芋を食おう

119 :以上、自作自演でした。:2008/07/18(金) 17:50:34
スイカバーは男のロマン!

120 :以上、自作自演でした。:2008/07/18(金) 20:55:36
夏は茄子の季節じゃ!
探偵のあんちゃん、うちの畑の採れたてを幾つか持ってけぃ!

121 :以上、自作自演でした。:2008/07/20(日) 02:56:50
蜂の子食べられる?

122 :以上、自作自演でした。:2008/07/20(日) 15:19:37
鳴海さんは夏休みの宿題を先に済ませておく?
それとも、ギリギリになって慌ててする?

123 :以上、自作自演でした。:2008/07/21(月) 19:44:10
ライドウさんって見かけによらずダンスもいけるんですね
ttp://www.nicovideo.jp/watch/sm3807896

124 :以上、自作自演でした。:2008/07/21(月) 20:42:50
ライドウに思いっきりカンチョーしたら、無言でこめかみに手刀くらった
深く切れて流血してるんで包帯ください

125 :以上、自作自演でした。:2008/07/22(火) 18:25:18
帝都が混乱している?
きゅうけつきじゃ!きゅうけつきのしわざじゃ!!
     ∧_∧
    ( ・∀・)
    ⊂|、,  つ  きゅうっ
     ((,  |
     | |  ノ
     (.(_)


126 :以上、自作自演でした。:2008/07/22(火) 18:51:01
人魚姫がハッピーエンドじゃないのは何故でしょう
童話なのに・・・

127 :以上、自作自演でした。:2008/07/22(火) 21:16:50
超力超神が量産の暁には…

128 :以上、自作自演でした。:2008/07/23(水) 20:45:42
 

129 :鳴海昌平 ◆NaruDyL/a. :2008/07/24(木) 15:46:00
はぁい。探偵さんだよぉ。
今日は早めに顔を出してみた。

>>117
んだぁぁぁぁあ!
暑いのは理解ってるッてェ────────っっ!

お前さんはぁ、そんな日向にいるからでしょ? んもー!
はぁいはぁい、こっちに来て。
ふっふ、団扇で扇いであげる〜。
こういう時はね、簾なんか下ろすといい感じなのよん。
暑い夏も、工夫次第でなんとでもなるのさぁー。
うちは…特に何もしてないけど、実はお香を焚いているのよね。
暑気払い、虫払いのお香を。…気付いた?
海の香りがして、なかなかいいよ。
なんなら、少し包んで、持っていくぅ?

>>118
ラーイドウ。ライドウ。
お前さん、捜査に向かったんじゃなかったっけ?
なんで甘味が出てくると「ひょこっ」…と現れるわけ。
ま。いいけどねぇ。

ん、んー
もぐ、ごく

130 :鳴海昌平 ◆NaruDyL/a. :2008/07/24(木) 15:49:01
蜜たっぷりの大學芋はいいねー。
ライドウ、たくさん喰え。どんどん喰え。
何となれば、この大學芋はお隣さんからの差し入れ!
はっはっは、嬉しいねぇ!
お前さんの仏頂面も少しほぐれたような気さえするな。
「美味しかったです。」…って、お隣さんに会ったら言っておいて頂戴よ?
仏頂面の書生が言うから価値があるんだ。お前、そこらへん理解してるのかねぇ。

……。…してても、なんとなく怖いか。

>>119
うっは〜!
美味しそうな氷菓子ぃ!!!!
…ちょいちょい。ねぇねぇ……探偵さんにも、食べさせてー?
んあぅ。がりっ!
──んんー…
えぇ!? これ、チョコレートの粒が入ってるんだ!?
凝ってるねぇ!
これって西瓜の種のつもりなんだろうー…?
いや凄いな。ゴウトも食べてみろよ。ほらほら。
あ、ライドウ。だからお前は甘味が出てくるとひょっこり来るんだな!
まぁいいけどよ。
はいひとくち。
────…どうだ? 男の浪漫。

御免。殆ど無くなって棒だけになっちゃった…あは、あは
珈琲淹れるから、座って涼んでいってよ。あははははははッ!

131 :鳴海昌平 ◆NaruDyL/a. :2008/07/24(木) 15:50:32
>>120
茄子、美味しそうだねぇ!
ありがとう、戴くよぉ。
早速今晩の夕餉に出すよ。ええっとぉ…

麦飯
青海苔かけ山芋
冷やし焼き茄子、生姜添え
茄子と牛の炒め物
漬け物たくさん

…こんな感じにしようかな。
これでも毎日自炊してるのよん、探偵さんは!
焼き茄子もいいけど、ただ味噌汁に入れるのも美味いよねぇ〜。茄子。
こんなにいい作物を貰ったんだ、いっちょ、気張って夕餉作りに励みますか!

じゃあ、また夜にねぇ!
探偵さんとのお約束ゥ!

132 :鳴海昌平 ◆NaruDyL/a. :2008/07/24(木) 19:37:28
さってェ。夕餉の支度も終わった、終わった!
後はライドウ達が帰ってくるのを待つだけだな。
やっ。探偵さんだよぉん。

>>121
ああ──蜂の子ね。
うん、食べられるよぉ〜。

郷里ではよく盆の頃に出たな。ふふ、懐かしい!
あのね、「朴葉」っていう葉っぱに包んだ寿司の中に入ってたの。
佃煮みたいになってて、美味しかったよ。
田舎ではよく食べるんじゃないの?
ここ帝都でも佃煮屋に行けばありそうな気もするけどね。
別に何の味がするってわけじゃないけど、朴葉寿司によく合ってたよ。
朴葉寿司の内容は「鮭、玉子、しじみの佃煮、蜂の子、紅生姜」。
夏の風物詩だったねぇ。

>>122
うッ。
や、やなこと訊くなぁ。
えっと、そうだね。──俺は期限ぎりぎりに提出した口よぉ。
そのそも「やらない」という人間だっているんだし、まぁ、そこはそれ。
やるだけ偉いと思ってよ。はは、餓鬼の頃の話だけど。
高等科ではいい先生がいてね。その年ばかりは、一番に提出したな。
あの先生はいい先生だった。今でも瞼に思い浮かんで来るよ。

133 :鳴海昌平 ◆NaruDyL/a. :2008/07/24(木) 19:53:58
>>123
え──あ──……?
何、フィルムなんか持ち出して。上映会?
って…。
どおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお
おおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおッ!?

ら、ラァイドウゥ。いっ……一体何をやってるんだぁぁぁあ!?
もしや、身体で金を稼いでいるのか?
舞踏手みたいに夜な夜な踊って賃金を手にしているとー!?
俺はたしかに書生からも悪魔ージャンで根こそぎふんだくるけどっ!
こんなことをして、金を稼ぐなんて、隠密行動が出来なくなるぞっ!
探偵としてそれは、どうなんだぁぁ────っっ!?

お、落ち着こう!
と、とりあえず、珈琲、飲む?
ミルクもザラメ砂糖も上質なのが取り揃えてありますよん!
──それにしても、ライドウ、あの顔で華麗に舞っていたな──。
案外、そういう仕事も向いているのかも、ね……。

>>124
んなっ!?
そ、それはねー…。
浣腸なんてあの歳になったら自分で出来るでしょっ。
それを無理にしたら、本人怒るに決まってるじゃーないの。
お前さんも奇特なお人だねぇ。
衛生箱、衛生箱、っと。
はい。消毒して、脱脂綿で拭いて。
頭にぐるっと巻くよ。いいかい。

134 :鳴海昌平 ◆NaruDyL/a. :2008/07/24(木) 20:26:20
>>125

  γ'⌒ヾ
 ζ ,ノ~ゞヽ
 ヽζ゚ ー゚ノ 「きゅうけつき」 !?
  <| <v>|>  赤マント以外にそんなもんが──っっ!!? ?
  7__|: 」
   i_/ J

きゅうっとした尻を見せつけられた!
何かで倍返しにしてやりたい気もするが、自重しとくね。
いや、俺もなんだかんだいって、探偵社所長だからさー。
ライドウみたいに踊ってる暇はないのよ。ああ、そうだとも。
帝都防衛の為にバァやダンスホールに行かなきゃいけないでしょ?
間諜の舞踏手や給仕がいたらば、いくらか握らせて抱え込まなきゃならないし。
これでもいろいろと策を弄しているのよぉん。本っ当にぃ!

ふっふっふ、んふっふっふ〜。

とりあえず、お前さんもお座りよ。
吸血鬼は理解ったから、珈琲お飲み。
ミルク? ザラメ砂糖?

…──間近で見ると、お前さん。
つぶらな瞳で、か、可愛い、な……。

…ごくり。…

135 :鳴海昌平 ◆NaruDyL/a. :2008/07/24(木) 20:41:48
>>126
んー。
童話だからかも知れないね。
童話って、かなり理性によって書かれてる所、あるだろう?
人生が異様に厳しかったり。苛烈な人間性が露呈されたり。
「白雪姫」なんか、本当はあれ、継母じゃなくて実の母親だっていうからね。
女性の恐ろしい面がよく表されてると、思うよ。
ああ、「人魚のひいさま」の話だったね。安得仙の、原題は「DEN LILLE HAVFRUE」。
泡になって消えてしまう人魚姫。俺も、この結末のものしか読んだことがない。
泡にならず天に召されるという結末もあるようだが、それは作者の意図じゃないだろう。
後々になって他人が改訂していったんだろうな。
────それでも、やっぱり、幸せな結末じゃない。

童話には暗い話が多いのさ。
日本の童話作家もかなり暗い。
人としての土壌が暗ければ、その結露として暗い話になるだろうね。
ましてや、安得仙なんかは中世の暗い歴史を背負っている。
幸せな結末でないのも、理に叶ったことかも知れないな。

「人魚のひいさま」は、でも、美しい話だね。
泡沫の夢と消えるからこそ、その美しさは真実のものであるのかも。ね。

>>127
!!

量産なんかされたら、ライドウの身体がいくつあっても足りないぜ。
そんなことを言うってのは、なぁにぃ〜〜?
お前さんも「あちら側」のお人──?
ま。いいや。そんなことはもうさせない。
俺だって、この身を投げ打って阻止する。
ああ、そうだとも。
だって、あんなものは、ここ帝都の平穏には、要らないものなんだから──……。

136 :鳴海昌平 ◆NaruDyL/a. :2008/07/24(木) 20:52:50
>>128
! んッ。

お嬢さん。真っ白な綺麗なハンカチ、落としましたよ〜。
瑞西製かな。こりゃぁ…。見事な透かし織りですねぇ!!
ハンケチ、ハンカチ、ハンカチーフと言ったら、瑞西製だ。
俺も愛用しています。…ほら。
男性用は幾何学模様が美しいですが
女性用は花やレースが美しいんだな。
今度百貨店に出向いたら、眼の保養に見てこようかな。

ああ──そうだ。
今日はやや酸味がきいた珈琲なんです。
そのハンカチは、…さぁ、仕舞ってぇ。
探偵社に訪れたからには、ふっふ! 味わっていって頂戴よー。
ミルクもザラメ砂糖もありますよぉん。

さっさ、座ってくっだっさぁぁぁぁ〜〜〜〜いッ!

137 :以上、自作自演でした。:2008/07/24(木) 20:55:10
ライドウ「鳴海さん仕事して下さい」
http://www.nicovideo.jp/watch/sm3525208

138 :以上、自作自演でした。:2008/07/24(木) 22:23:14
鳴海VSメカ鳴海

139 :業斗童子 ◆xwI.Gouto. :2008/07/24(木) 23:45:57
>25 グレッグル
随分とふてぶてしい面構えじゃないか。
なに…所持スキルは 『どくづき』 と申すか…面白い!
紅蓮属の持つ 『発火』 とは一味違う心理効果がありそうだ。
心象を露呈させるでは無く、激昂した癇癪を沈静化させるのだな。
よし、此れは仲魔に加えるべく働きかけねばなるまい!

ムムッ…逃げられたか…どうやらクダン並の危険予知能力があるようだな。

>26 ラムネに入ったビー玉
ウコバクを召喚してみたらどうだ?
ドゥンやムスッペルでは魔力値が高すぎる故、玉もろとも溶けてしまう。
ウコバクならば、そこそこの火力のアギで、瓶の口だけ溶かしてくれると思うぞ。
御主が玉だけ取り出したいと希望する理由までは判らぬが。
或いは次回の事件に於いて、こうした依頼は増えるかも知れん。
よし十四代目、柔軟な発想を磨くんだ!

>27 興奮する人?

>どうでもいい
 どうでもいい
 どうでもいい

参ったな…まさかこんな選択肢が俺にも付随するとは思わなかった。

>28-29 鳴海への依頼
ウム、鳴海も実に探偵らしい仕事をこなしているようだな。
日がな一日、金閣寺建立に携わっているよりは建設的と云うものだ。
頑張れよ鳴海、ルガーの銃弾備蓄は残り少ないぞ!

140 :業斗童子 ◆xwI.Gouto. :2008/07/24(木) 23:46:50
>30 我慢する人?
そう云う御主は経験者か。
俺は獣の姿に身をやつしてから、其の様な経験が無い。
云い換えれば、体調を崩すなどと云う生きる証を自身で実感できる御主が羨ましい。
いつか人の姿に戻れたならば、腹が下るまで酒を飲んでみたいものだ…。

>31 探偵の七つ道具
…金をかけるべき処がずれている。
確か此処にある蓄音機と電話とタイプライターは新式だった筈だ。
ヤタガラスの使者に一筆啓上仕るべきや否や。
俺は些か試案に暮れるぞ。
ニャフーン。

>40 日本人たる者
気持ちは判らぬでもない…。
親しんだ事物に拘るもまた、安寧を得る為の作法と云うものだ。
しかし平安の世から此の国を眺めてきた俺だ。
和服と云う習俗、其れすらが新奇な時代もあった事を俺は知っているぞ。
文化と云うは、時代に寄り添う様に移ろうものだ。
いずれ時を経て、洋装が自明となる時代も来るやも知れん。
期至るまでに、ニューウェイブなカルチャーをアップデートするんだ!
ボディコニアンとか、くびなしライダーとかに負けてはならんぞ!

…慣れぬ言葉は翻訳首輪に負荷が掛かるな…。

141 :業斗童子 ◆xwI.Gouto. :2008/07/24(木) 23:47:55
>41 鳴海、ゲットだぜ!
待て。
悪いが鳴海は俺と十四代目がすでに予約済みだ。
現在ヴィクトルと折衝のの最中でな。
どうやったら 『外道ナルミ』 を合体に拠り生成できるか研究中だ。
量産に成功したら、一体進呈しよう。
其れまで暫し待たれよ。

>42 ヴィクトルにマッサージ
御主…其れは危険だ。
施術の最中にどの様な器具を埋め込まれるか知れぬ。
ヴィクトルに背中を見せるのは勧められんぞ?
…もしや其れを承知で?
まさか御主…人造人間としてヴィクトルに仕える腹積もりか?
メイド服で…。
ウニャフー!

>47 プギャー
なにっ其れは本当か!
ウーム…一度会ってみたいものだ…いや猫にも色色あってな。
プシューって云う猫もいれば、ヒニャムーって云う猫もいるぞ。
クハァーって云うのもいるし、グムムーって腹に込めるのもいるしな。
ギコーって云う猫にはお目にかかったことは無いが。

仮にだ…仮に御主が葛葉傍流であったと想定しよう。
何代目かは知らぬし、御主自身未だ自らの境遇に気付いておらぬかも知れん。
しかし仮にそうだとすると…其の猫…俺は知っている者かも知れん!
御主、今度じっくり顔をつき合わせて詰問してみろ。
『フフフ…実は私も目付役でしてね…』
などと言い出すかも知れんぞー!

142 :業斗童子 ◆xwI.Gouto. :2008/07/24(木) 23:48:43
>48 育児が上手そう
子育てだと…俺にそんなスキルがあるのか?
其の様な経験とは無関係に生きてきたからな…見当もつかぬ。
俺が出来るのは精精、喧しく小言を並べるくらいだぞ?
或いは争いに負けぬ魂を与えんがために一緒になって戦争ごっこでもしかねん。
…あまり勧められたものでは無いな。

なにより今は十四代目の目付役に心血を注ぐ毎日よ。
十四代目はまだまだ未熟だ、俺が目を光らせねば日も暮れぬ。

おい…十四代目…そこでねこじゃらしを構えているのは何故だ?

>鳴海
捜査進展状況は中中に好い様だな。
俺は後追いの感が拭えぬが、追従させてもらうぞ。

143 :以上、自作自演でした。:2008/07/25(金) 00:24:49
おやおや、美形の書生に美形の猫さん。

144 :鳴海昌平 ◆NaruDyL/a. :2008/07/25(金) 22:22:43
夕方には仕事を終えた。俺って優秀!
さぁーて、珈琲の時間だよぉ。

>>137

お ぼ ろ べ ぼ っ ! ! ? ?

な、なんだぁぁぁぁああああ────っっ!
俺は何をしてる──っっ!
だぁぁぁぁ、こんなところどうやって見てたのーっ!?
いっとくけど、好きで一人で踊ってたんじゃないからねぇぇッ!?
一応、その、ちょっと前まで相手がいたのよ。ほ、本当よ。
あああああああああああああああああああああああああ!!!!

だぁいたい、あの日は憂鬱だったんだよぉお〜〜。
好きな舞踏手には袖にされるわ、給仕には胡散臭がられるわ。
俺の身嗜みは抜群に冴えていた筈なのに。くそぉぉ、一見様お断り、って。
非道いじゃないのよ、ねぇ。こっちは、舞踏手に招かれたから来てるのに。
招待状がなければ駄目、舞踏手の名前を出したら退くかと思ったら
人の姿形を上から下まで舐め回すようにじろじろ見やがって、畜生。
ううっ。
それで朝まで踊っていたんだ。ほ──本当は相手が、舞踏手の娘さんがいたんだけど。
先約があるとか、さらっと言っちゃってさぁ。俺はどーしろっていうのよ。
あー、あー、それで一人で踊ってましたよ、そうだよ、そうさ!
あああああっ。そんなところを見られてたなんてっ、痛恨の痛手よぉ。んもぉ。

…ううッ。
…はぁぁぁ。嫌な汗かいちまったぜ…。
…うっく…。

145 :鳴海昌平 ◆NaruDyL/a. :2008/07/25(金) 22:35:43
>>138
ん、なぁぁぁぁ──んじゃそりゃ────!!!!

その言葉で胸が高鳴るのは少年の心を持つ者だけだー!
と言いますか……俺は一体全体、なんなわけェ!?
メカニックな鳴海。メカな俺。
とほほほほぉ。
なんか、こう、ツルッとしるの?
動きとかもギクシャクして。ああもう。

! あ、なーるほどぉ。
さては……あれだな?
お前さんってば、Dr.ヴィクトルの回し者かぁいー?
はっはっは!

Dr.ヴィクトルは、所謂世間で言うところの変人だからね!
素直なお前さんに、変なこと、吹き込んだんだろう──。
ううん? どーなのぉ?

>>143
俺は!?
俺はァ────────────っっ!!

>>139-142 ゴウト
はぁいはぁい。
だいじょうぶ、ライドウには明日の起床の時間、伝えてあるよ。
しかし珍しいな、別行動なんて。
あいつが朝飯喰ってる時にでも、帰ってこいよ。
無表情で寂しがるから。ははっ、あれでもねェ。

146 :以上、自作自演でした。:2008/07/26(土) 01:50:22

  ├──           |     |⌒ヽ
   |     / ̄\ / ̄\ |  /  | /
   |/ ̄ヽ |    | |     | |/ヽ   |⌒ヽ
   __ノ \_/ \_/ |   \ |_/

147 :鳴海昌平 ◆NaruDyL/a. :2008/07/26(土) 21:11:40
>>146
あー、ラーイドウ?
そこの壁の落書き、お前消しておいてよ。
よっろしくぅ!

さて、渡邊豆腐店から買い込んできた豆腐でいっちょう夕飯にしますかぁ。
今日は──

生姜と油揚げの炊き込みご飯
ひじきと人参の炒め
魚介類の甘辛煮付け
山形のだしと豆腐

……だ。

そこのお人もさぁ、食べていくぅー?
ご飯はおひつにまだ残ってるよぉん。

148 :以上、自作自演でした。:2008/07/26(土) 22:21:08
煮付け食べたいね、ウィズミー。

149 :以上、自作自演でした。:2008/07/26(土) 22:53:36
続編にも鳴海さんは出てるの?

150 :ライドウ:2008/07/26(土) 23:34:52
>>149
…………。
(目元をそっと拭う)

151 :以上、自作自演でした。:2008/07/27(日) 19:42:40
何か書かれた紙切れが落ちている…
殆ど消えていて読めないが

 …土)ニ−2…

とだけ辛うじて読めた…

152 :以上、自作自演でした。:2008/07/28(月) 20:05:54
開幕国士?
愛を感じるわ!

153 :以上、自作自演でした。:2008/07/28(月) 22:33:47
削りたての鰹節をおもむろに懐から取り出す。

154 :以上、自作自演でした。:2008/07/28(月) 22:57:31
異国の地より書き込んでみる。
「なるみ」=「나루미」
「ごうと」=「고우토」
「らいどう」=「라이도우」
となるらしい。

155 :以上、自作自演でした。:2008/07/29(火) 14:35:02
おなかいたい

156 :以上、自作自演でした。:2008/07/29(火) 19:21:39
ライドウさんに女の好みをきいて下さい!

157 :以上、自作自演でした。:2008/07/29(火) 23:28:01
つくどちょうを ながれる かわから
それはそれはおおきな もも が どんぶらこどんぶらこ と ながれてきましたとさ

158 :アバドン王:2008/07/30(水) 15:52:30
新作のご挨拶に来ました
鳴海のばーかばーかうーんこ

159 :業斗童子 ◆xwI.Gouto. :2008/07/30(水) 19:25:36
>54 どこから書き込んでるの?
窓際だ。
正確に申すならば、鳴海探偵事務所の鳴海の机の上だ。

そりゃ俺だって机の上に乗るなど無作法だと判っている!
だがタイプライターは重いのだ…俺の力では動かせん。
なぁ鳴海、俺専用の机と云うは用意できぬものか。
そこに俺専用タイプライターをしつらえてくれると云うは如何。
さすれば俺ももっと捜査報告書への書き込みをしても好いと思うておるのだが。
なに…ヤタガラスの使者に申せと?
…其れを云うな其れを。

>>55 キャメルスーツが縮んで
こ…此れが…鳴海のスーツであったと申すのか!?

俺用かと思うておった。

仕方ないな…よし十四代目、オボログルマを召喚するんだ。
人気のない異界築土町で試すのが好いだろう。
街路に縮んだキャメルスーツを並べ、其の上を往復させてみろ。
車輪の跡は残るが、圧迫によって多少は伸びるかも知れん。

>58 ヤコウ
…しまった!
攻撃方法について仲魔に指示出しをしていたばかりに!
数ターンが経過して戦闘が終わってしまったではないか!
遺憾である…これではデビルカルテが100パーセントに到達せぬ!
よし十四代目、ここはヴィクトルに相談しよう。
なんとしてもあのヤコウという悪魔…合体で生み出すんだ!

160 :業斗童子 ◆xwI.Gouto. :2008/07/30(水) 19:26:10
>60 あの日の誓いは忘れたの
案ずるな。
明日になれば全てが判明する。
我等葛葉の、帝都守護の任は決して中断したわけでは無いんだ。
新たな事件新たな敵…そして麻雀に代わる新たな資金対策。
全ては明日だ…明日になれば御主にも語って進ぜよう…。
心して待つがいい。
俺も、視界の右下辺りでキョロキョロしながら座っているぞ。

>61 宇宙人
おぉ、いるぞ。
大正二十年現在ではどうか知らんがな。
俺が修行に勤しんでいた時代には、ひとりいたんだ。
月から来たとかでな、時の貴族達が大勢押しかけていたものだ。
迎えが来るのを阻止するのだと云うて、俺も警備に駆り出されたよ。
無駄だと思うていたから、俺は乗り気では無かったがな。

>62 アグモン
おいおい待て待て!
何故頭にバケツを被っておるのだ!
なに…食い物を漁っていたら抜けなくなっただと…何をしているんだ!
いいから落ち着け、外してやる…ん?
御主…御主も目が緑色…マグネタイトか…すると御主も誰かの目付役!?

そんな馬鹿な事があるか。

仲魔になると云うならば構わぬがな。
管から勝手に出たり入ったりする様な真似だけはせんでくれよ。

161 :業斗童子 ◆xwI.Gouto. :2008/07/30(水) 19:26:40
>63 子守唄
子守唄か!? 子守唄なんだな!?

それならば好いのだが…仲魔の中にはいるんだ。
手っ取り早くドルミナーを使えば手間がかからぬと云うてな。
いきなり使われると立った状態で寝入ってしまうのでな、其の後したたかに頭を打つんだ。
せめて箱座りするだけの余裕をくれと云いたい…。

>64 だんだんねむくな〜る〜
…待て。

だから箱座りする余裕をくれと云っておるだろう!

>65 ゴトウ
だから待てと云うておるだろう!
御主が眠ってどうする!
こんな処で寝ていて好いのか御主!
御主が眠っている間に帝都に爆弾でも堕ちたら誰も責任を取れんぞ!
歴史が変わってしまうではないか!
えぇいこうなれば仕方ないっ猫パンチ!

>ゴトウは食いしばった!

食いしばる程の攻撃か!

162 :業斗童子 ◆xwI.Gouto. :2008/07/30(水) 19:36:18
>66 見習い悪魔
ニャニッ!

…キシャーッ!

フッ…猫の俺を甘く見るな、猫反射神経は素早さ値に増補修整がかかっている。
まぁ待て落ち着け、俺から魂は奪えぬ。
身体が爆破されても鴉になってしまったりして必ず生きるであろう俺だ。
それよりもどうだ…今現在、仲魔には飛行スキルを仕えるものがいなくてな。
御主、加わってみないか?
なに加わるにやぶさかでないが、やはり俺の魂が欲しいと?
面白い、時間をかけて試してみよ。
もし成功した暁には…次回の事件で俺が登場せぬ羽目になるかも知れんな。
明日までに結果が出るだろう、楽しみだニャ。

>67 大屋の怒号
いや…八卦で調べずともだな。
いつもそうなんでな。
見たくなくても毎日見えるぞ。
其れを街頭で常に耳にしながら何も言及せぬ風間刑事。
…字を当てるなら 『漢』 だな。
そして此の事をヤタガラスの使者に対し巧妙に隠蔽し続ける鳴海。
…字を当てるなら 『嘆』 だな。

163 :以上、自作自演でした。:2008/07/30(水) 19:40:52
デビルサマナー葛葉ライドウ対アバドン王 PS2 10/23 7329円
(初回生産版はサントラCD同梱)

デビルサマナー葛葉ライドウ対アバドン王Plus 10479円
(ノクターンマニアクス クロニクルエディション同梱)
※クロニクルエディションはダンテの代わりにライドウ登場

164 :業斗童子 ◆xwI.Gouto. :2008/07/30(水) 19:54:28
>68 休日はいつもひとり
そう云えば俺に休日ってあったか?
日々、目付役と猫情報網整備で駆け回っているからな。
休日と云える休日が俺にあるのか、覚えが無い。
しかしながら俺は…猫だ!
猫は気楽だぞー何処でゴロゴロしていても猫だからな。

イカン、イカンイカン!
常在戦場を旨とするこの業斗童子、猫に馴染んで如何とするのだ!
いやしかし日向ぼっこは心地好いしナァ…ハフゥ

>78 んぐー
此処にも先程の子守唄で寝入った者がいたか。
よしクラマテングを召喚してパトラで…いや。

眠るが儘にしておくか…別段戦闘中と云う訳でも無いしな。
安らかなれば其れもまた好し、フム…どの様な夢を見ているのやら。
御主も俺も生きる此の場所が、俺達の世界そのものだ。
互い、自分らしく振舞える世界であれば好いな。

>鳴海
おぉ…背中をさすってくれるのか?
今宵は子守唄が囁かれて、この事務所も一時穏やかな気配に満たされている。
そうだな…俺も戦いばかり気に病む様では、マグネタイト消費も早まるばかりだ。
近いうちに新規の捜査ももたらされるだろうしな。
たまには…さすられてやっても…ファーア。
フニャ…ちょっと寝る…ムフーァ…モクモクモク。

165 :業斗童子 ◆xwI.Gouto. :2008/07/30(水) 19:59:44
>163 情報屋
おぉ、早いな。
ヤタガラスの使者に先んじての報告か?
好かろう、俺も士気を高めておくとしよう。
ヤタガラス機関からの正式通達発布も近い筈だからな。
御主も休んでゆけよ…今宵は時もゆるゆると流れている。
俺の猫の姿、目に焼き付けておくべきかも知れんしな。
次に目覚めた時、俺は別の姿になっているやも知れぬからな…。

166 :以上、自作自演でした。:2008/07/30(水) 20:51:08
よう初代

167 :以上、自作自演でした。:2008/07/30(水) 21:03:06
タエちゃんの肩に手をちゃっかり回すハレンチニートめ!

168 :業斗童子 ◆xwI.Gouto. :2008/07/30(水) 21:08:30
>166 よう初代
というか俺が初代であると云う事はすでに万人が認める処なのかーっ!?
俺としてはあまり表立って云わずに来た筈だがっ。

まぁ好い確かに俺は初代…いや待て…例えばだが。
初代であると云う俺の記憶が間違いだったとしたら困らないか?
捜査進展のさなかに、違う事実が判明したら俺は…俺は!

鴉に化けて身を隠すぞ。

今はどうか俺の記憶が正しい事を祈るのみだ…明日を待て。

169 :業斗童子 ◆xwI.Gouto. :2008/07/30(水) 21:11:28
>167 ハレンチニート
案ずるな。
きっと其の後で俺の猫パンチがクリーンヒットしている筈だ。

しかし御主達、いささか興奮気味じゃないのか?
俺か?
云うまでもないだろう…目付役は常に冷静で無ければな。

170 :以上、自作自演でした。:2008/07/30(水) 21:27:33
いくつ掛け持ちするの?
また掛け持ち増やして…自重したら?

171 :以上、自作自演でした。:2008/07/30(水) 21:41:02
ゴウトさん、ほらほらねこじゃらしですよー
フリフリフリフリフリフリフリフリフリフリフリフリフリフリフリフリフリフリフリフリ
フリフリフリフリフリフリフリフリフリフリフリフリフリフリフリフリフリフリフリフリ
もう一回いきますねー
フリフリフリフリフリフリフリフリフリフリフリフリフリフリフリフリフリフリフリフリ
フリフリフリフリフリフリフリフリフリフリフリフリフリフリフリフリフリフリフリフリ

172 :以上、自作自演でした。:2008/07/31(木) 08:24:45
新作オメ

173 :以上、自作自演でした。:2008/07/31(木) 19:04:38
ゴウトさん、暑さで参ってるんですね・・・わかります。
http://www.toel.sytes.net/~toel/cgi-bin/img-box/img20080731183938.jpg

174 :業斗童子 ◆xwI.Gouto. :2008/07/31(木) 21:59:57
>170 掛け持ち
そうはいかんな。
俺も葛葉を背負う者、事件ある処あらば出向かぬわけにはいかないんだ。
早駆けの情報屋に拠れば、どうやら異世界での捜査も予定にあると云うじゃないか。
こうしてはいられないぞ! よし十四代目、早速準備に取り掛かるんだ!
掛け持ち捜査がひとつふたつ増えたと云うて、怯んでなどいられないからな!

…帰りの電車賃を忘れずにな。

>171 ねこじゃらし
ヌグオオオオオオオオオオオオオ

フリまくられているじゃないかっ…ヒギニャース!
クッ…堪えろ、堪えろ俺…こんな処でこんな処でっ…
猫の姿に未練など無かった筈ではないか俺っ…
鴉でも構わぬから鳴き声を練習しようとか思ったりしたと云うのにっ…

プギャー!

あぁ…俺やっぱり猫だな…ガクリ

>172 新作オメ
いやまだまだ気が早いぞ。
そう急いてはならぬ…落ち着いて待つが肝心だ。
それに、材料になる筈の悪魔も揃っていないではないか。
あまとび兄弟を早く悪魔合体で作らなければ、陰陽葛葉は完成しないぞ!
それまでは前作で我慢だ…モコイで作った魔力ニ上昇の 『破水』 だぞ。

175 :業斗童子 ◆xwI.Gouto. :2008/07/31(木) 22:00:36
>173 暑さで参っている
フフフ…俺のあられもない姿態を垣間見てしまったのだな御主…フフフフフ

じゃないだろう!
俺はこんな格好で寛いでいた覚えはないぞ!
もっと他にあるだろうっ実直な一枚目とか魅力的な二枚目とか!
わざわざ腹を出した三枚目の俺を記憶に留めるなど以ての外だ!
えぇーい噛んでやるっ。
かぷっ。

>79 ケンシロウ
おい待て。
御主、何を黙っているんだ。
何故、そんなに期待に満ちた目で俺を見る。

御主が人差し指で俺の背を突付いたからと云うて、何か起こるわけでもないだろう?
…。
……。
あ…あ…あべしっっ!

ムフーゥ…珍しく、くしゃみなどしてしまった。

>80 いい旅夢気分。
しかし其れも…電車賃を確保してあればこそだぞ。
何時でも俺が貸してやれるとは限らないんだ。
目的地に着いたは好いが、懐が寒いばかりに無茶な戦闘をせねばならぬ時もあるからな。
まぁいい、今回は俺が出そう。
昨晩鳴海に手ひどくカモられた同士だ…せめて帰りは溜飲を下げて行けよ…。

176 :業斗童子 ◆xwI.Gouto. :2008/07/31(木) 22:01:38
>81 ムヒ
此れか…鳴海の唇をイチモクレン状態にした秘薬と云うは。
ウーム成る程、見るからに妖しげだな…して他の用途は?
なに…虫刺されかゆみに効果ありだと!?
其れは僥倖である!
よし十四代目、此れでオキクムシが機嫌を損ねても対処できるぞ!
あやつが枕元でずぞずぞ這い回るのは怖いからな…。

>82 店屋物
ライホー!
ラァイホォゥゥゥゥゥゥゥ!
当てが外れたからと云うて再度電話しようなどとするな!
確かに此処の食事は量が少ない。
何故此れ程までに…と思う程、少ない。
だがなぁライホー、ここで先走りしすぎては後が面倒だ。
開幕国士はなんとしても回避せねばならん…判ってくれライホー。

>83 四文字熟語

『不満快快』 で如何か。

>86 ペルソナ4プレイ
麻雀ではいつもしていると思うぞ。
東西南北四隅を囲って、心中悟られず微笑を絶やさずにな。
まさに仮面を被った四人打ちだ。
目に見えぬ虚空で火花が散る様を俺はいつも見ているからな…。
ニャフー。

177 :以上、自作自演でした。:2008/08/01(金) 00:21:28
オジサン!カキ氷買ってホー

178 :以上、自作自演でした。:2008/08/01(金) 07:28:15
生ゴミ出しておいて

179 :以上、自作自演でした。:2008/08/02(土) 02:32:09
新作の公式サイト見ました!
鳴海さん、出てるんですね!

180 :以上、自作自演でした。:2008/08/02(土) 16:04:17
ライドウふとったよね
鳴海さんがこき使うからヤケ食いしてストレス太りしたんだろうな
悪い鳴海さんだ

あと朝倉さんが可愛いね
きっと鳴海さんが○×△□したからだ
悪い鳴海さんだ

181 :ヵャャ:2008/08/03(日) 19:54:53
私は出ないんですか。
そうですか。

182 :ダンテ:2008/08/03(日) 21:38:49
学生に仕事取られたぜ…

183 :以上、自作自演でした。:2008/08/04(月) 18:52:12
新作情報のお陰でまたこのスレを見つける事が出来た!
鳴海さん、ゴウトにゃん、逢いたかったよぉおおおおぉぉおお

夏ということで氷の塊、置いときますね つ【□】
お身体を大切に。熱中症にはくれぐれもお気を付けください

184 :以上、自作自演でした。:2008/08/04(月) 20:06:04
もっとタヱックスする!

185 :以上、自作自演でした。:2008/08/05(火) 02:19:26
おなかいたい

186 :以上、自作自演でした。:2008/08/05(火) 21:40:07
アバドン王はアバドンの首領。
つまり、アバドンドン?

187 :以上、自作自演でした。:2008/08/05(火) 22:49:09
柚子茶ウマー(゚д゚)
1回飲んでみて

188 :以上、自作自演でした。:2008/08/06(水) 18:30:50
柚子茶ウマー(゚д゚)

189 :鳴海昌平 ◆NaruDyL/a. :2008/08/07(木) 02:06:59
やー!
紳士淑女の皆々様。グッド・イ〜ブニング。
ご機嫌は如何ですかぁ〜?

>>148
え。煮付け?

んーふっふ、ふっふ!
じゃああああーん!
魚介の煮付け。作っておいちゃった!!
ししゃも、蒸した帆立貝、鯛の切り身を──こう、だね──。
「砂糖、味醂、酒、醤油」で煮付けるだけ。これで完成!
コツは生姜を一欠片入れるってところかな〜。
蒸した帆立貝やししゃもは味がよく出る。鯛もふんわりして美味しいよ。
昨晩は金時草と梅紫蘇の炊き込み御飯だったんだ。
このおひつに残った飯を……今……お握りにするからぁ。
……ほぉら。一緒におあがりよ。

ちなみに、昨晩の献立は──

金時草と梅紫蘇の炊き込み御飯
魚介類の甘辛煮付け、いんげん添え
冷や奴
茸のお吸い物

……だったよぉん!
茸のお吸い物は醤油で味をしめてみた。
榎茸と各種の茸が絶妙に出汁と絡むのよね〜。
どう? お握りもさっぱりしてて、美味いでしょー。
これならいつでも婿に行けるぜ。あっはっはぁ!

190 :鳴海昌平 ◆NaruDyL/a. :2008/08/07(木) 02:27:18
>>149
え。続編……?
…って、なに。

やだなー、なぁによ。ちゃんと教えて頂戴よ。…んんー?
それとも俺には打ち明けられないことなのかなぁー?
なにかの符牒なのかな。いやいや、さーっぱり、理解りませぇん。
こんなんで知ったかぶっても仕方ないでしょ。うん、賢明な探偵さんとしてはね。

というわけで、だ。
俺は出てるの? …それに?
続編…。誰か俺を見本にして小説を書いてる……とか!?
帝都随一の探偵だもん。それも想像に難くない。
だとしたら肖像権ってのが関わってくるな。んー……
よしッ。作者をふんじば……いや、見つけだして、正規の使用料を払わせよう。
そうしよーっと。

それにしても、源氏物語とか、元々は回覧小説だったっていうじゃーない?
そういうのがまた、大正のこの世でも流行ってるのかしらね。
だとしたら本人がしゃしゃり出て行くのも、興醒めかな。
んんっ。…──悩ましい。これは、悩ましいぞぉ。

ま、本人見たら惚れられちゃうかもね!
女學生とかが書いていたら、あまりの格好良さ、刺激に卒倒しちゃうかも?
あー! 罪な男よね、俺ってば。ふっふっふー!

191 :鳴海昌平 ◆NaruDyL/a. :2008/08/07(木) 02:44:21
>>150
い い か ら お 前 は 芋 を 喰 え
片 付 か ん

目元がどうかしたっての? んー? グリグリ。
お前、ここいら付近で王子様呼ばわりされてるからなー。
そうやって哀しげな振りをすると、老若男女、ゴッソリくっついてくるぞ。
自覚があるんだかないんだか。全く、お前って奴はねぇ。

まあ、いい。
俺は今夜は夜っぴて案件を纏めるからァ──
お前はとっとと部屋へ辞するか、暇だったら一緒に案件纏めてよ。
明日は特に用事はないんだろう?

ま! どちらでもいいが、ここに、お客人に淹れている珈琲がある。
今日はパーラーの店主がおすすめしてくれた、新しい豆なんだけど。
ほれほれ、かぐわしい、いい薫りがするだろうー?
折角だから、お前もやってお行き。ね。
──言うなれば毒味役ってやぁつぅ?
さぁさライドウ、ミルクとザラメ砂糖は? お前、入れるんだっけ?
其処に座って、大學芋と一緒に。はぁい、やっちゃって。

>>151
ああ。
これは理解りにくいけど、「道順」…だね。
京の都ではこういうのが普通って、誰かに聞いたことがある。
ほとんど読めないくらいだから、この紙切れはもう使命を全うしたんだろう。
探偵さんの、勘だけどねぇ。

192 :鳴海昌平 ◆NaruDyL/a. :2008/08/07(木) 03:20:45
>>152
はいはい! ロン!
……リーチ 来い!

よしッ、これで行ける!
リーチ一発 清竜、ドラ2でハネ満だッッッッ
悪いな ライドウ! …ワハハハ!

ん? んーどぉ? 其処の君も。
もっともっと愛を感じたいかなぁ──?

ふっふっふ。この悪魔ージャンは始まったばかりだよん。
お嬢さんも、はいはい。此所においで。
じゃあ、アリスちゃんとお兄さんとお嬢さんとライドウで打ち続けよっか。
ライドウ、こちらのお嬢さんに珈琲を。
さぁ、楽しませてもらおうじゃないの!!
ふ〜っふっふ! あははは!!!!

>>153
おォ。
凄いね、それ、持ち歩いているんだ?
鰹節は俺、削るの結構好きだよ。気分転換になるしね。
餓鬼の頃は家の手伝いでよくやったものよ。ふふっ。
懐かしいな。夢中になってやってたら、山盛りになってたりしてねぇ!
お袋に声を掛けられて、ぎょっとして爪切っちゃったりしてさ。
んふふ。あー…。なっつかしぃー…。
猫好きのお前さんは、あれかい。それを懐中しておくのが「紳士の嗜み」…なのね。
余程の猫好き、動物好きってわけだ。うん、成程。
ゴウトは気紛れな猫だが、お前さんにもきっと挨拶するだろう。

193 :鳴海昌平 ◆NaruDyL/a. :2008/08/07(木) 03:30:20
ん。────ゴウト?
何、なぁに。

…ライドウが居眠りしてるのを猫の手で叩いて起こしてらぁ。…
あはははっ。おかしいな、こりゃぁ。
いや、おかしがっても仕方ないけどもね。けども。
おーい。ライドウ。居眠りはやめろっ。次、お前の番よ!

>>154
わわっ…!
んっんー。異国情緒溢れるね〜。
ありがとう。忙しそうなのに足をとめてくれて、嬉しいよ──。
清の国からの便りかな。へぇ──…
そういえば以前俺のことを「ミンハイ」…と呼んだお人がいたね。
ふっふ。お国が変われば読みも変わる。なんだか、おかしいね?
考えれば此所日本の中でも、いろいろと方言があるんだし
ほぉんと、地域性っていうのは面白いもんだ。

>>155
! …や。いけないね。
急性の盲腸だったら、ことだよ?
何か悪いものでも食べてならば、まだいいが。
夜中に医者を呼ぶのは原則無理だ。
医者もこの時間だと──寝ているし──。

置き薬を見てみよう。
ライドウ、衛生箱ちょっと貸して。うん、それ。
この中に確か…。……えーっと…、ん?

ああ、これだな。富山の薬。
この丸薬、ちょいと苦いが、効能は高いんだ。
ん、はい。これ飲んでご覧よ。さぁ、水も用意したから──。

194 :鳴海昌平 ◆NaruDyL/a. :2008/08/07(木) 04:11:04
>>156
そ こ の と こ ろ を
詳 し く 聞 か せ て も ら お う じ ゃ な い の

んー?
ライドウ?

「──鳴海さん。一体何故そんなことを?」
「──恋愛事には疎い修行中のこの身です。ですが。そうですね──」
「──慎ましい、母様のような女人が好みです」

だぁってさ。
これ以上のことは聞き出せなかったよ。御免ね。
お嬢ちゃんは、なぁにィ?
ライドウを好いてるのかなぁー?
いやいやいやいや、そんな顔を紅くしたり青くしたりして否定しなくても
だぁいじょうぶだったら!
好きなんでしょ。ライドウのこと。
だったらねぇ、いい方法があるよ。
實話雑誌で読んだんだけど──…
「嫁にしてくれと全裸写真を送ってこられた。」
「裸は夫婦同士でしか見ないのに、俺は見てしまった!」
「相手は住所と姿しかわからないが、責任を取って妻に娶るべきか云々」
って、相談してる投稿者がいたのよね。
だから全裸写真でも撮って、ライドウに見せつけたら、どぉ?
もっとも、その為には恥ずかしいのを乗り越えなきゃいけないけどねぇ。
女の好みを訊くだけでそんなに顔を赤らめてちゃ、駄目、だぁめ。
ねっね。どうよ。これ、名案だと思わないかいー?

195 :鳴海昌平 ◆NaruDyL/a. :2008/08/07(木) 04:24:26
>>157
え?

……
…………
………………
……………………あ、え?

ほ、本当だ。
でかい桃が流れて来ている。
大岩のところで引っかかった。
……。………………………………なんだあれ。

>>158
こらこらッ!
だぁれが「うんこ」よ。だぁれがっ。
そんな口はこーして、あーして、こーしてやるっっ。
──しかしでかい口だなー。
って、んんー?

そういえば、あんた悪魔だっけ。
俺も随分慣れてきたなぁ、怪異や悪魔に。
新作の挨拶?
なんだかよくわからんが、それで挨拶のつもりかっ!
でかい口叩きやがって、まぁったく。
近頃の悪魔と来たら、いやぁねー、もう。

196 :鳴海昌平 ◆NaruDyL/a. :2008/08/07(木) 04:46:42
>>159-162>>164-165
>>168-169>>174-176 ゴウト
「不満快快」か。上手いなァ──。
俺はもっと違う熟語で来るかと思ったぜ。
と言いますか、お前の寝姿が帝都で葉書になって出廻っているぞ。
なんでも「麗しの探偵助手に付き従う美猫、業斗童子」とか言って!
そうでもやって稼がないとライドウの電車賃が出せないのか……?
……もしかして。
…………。
この間、女學生がすれ違い様にキャーキャー嬌声を発してたのは
けして俺の魅力にやられたわけじゃなくって、足元にいたお前のせいだったのね。
がっくし。

そういえば、乳製品は嫌いだったか?
知り合いの乳業者に「生酥」を貰ったんだ。
これ、いい匂いがして、なぁかなかおつなんだよ。
お前も、どう? いっちょ、食べてみるかい。
「生酥」は古代から食べられているが、これを製品化しようとしているんだ。
貯蔵庫がもっと発達して電気仕掛けにでもなれば、保存も無理じゃないかもねぇ。

>>163
あっあー
うう、難しい外来語で責め立てられてるウゥぅぅぅ。
んー。まぁ、ライドウが関係してるのってのは、理解ったよ。
「デビルサマナー」と言えば、ライドウだ。うん、そこは納得。
情報屋さん。どうもありがとよ。
んじゃ、せっかくだし。珈琲でも飲んで行くー?
ミルクは? ザラメ砂糖も、ちゃーんと用意してありますよぉん!

197 :鳴海昌平 ◆NaruDyL/a. :2008/08/07(木) 05:01:42
>>166
ゴウトが初代なら、俺も初代だな。
この「鳴海探偵社」の。

…誰だよ。
今、「一代で潰れるだろー」とか思ったのは。
んんー?

>>167
え。

だってー。タヱちゃんは可愛いでしょ。
いつも遊びに来て珈琲ねだるのは、戴けないがァ。
いい娘さんよ。ふふ、ほぉんとにねぇ。
おまけに結構いい仕事するんだよ──。
民俗学にも造詣があるし、もし新聞社から抜けて一人になっても
女性民俗学者として身を転じられるかも。或いは、ね。

…ふん。
と言うことで、俺はわりとタヱちゃんのこと買ってるのよ。
まぁ、五月蠅いから本人には言わないけどねぇ。ははっ。
暇さえありゃ、女性の地位向上に役立ちたい、って弁舌ふっかけてくるからさー。
あれだけは俺、付き合ってらんないのよん。
女性解放運動が本格的になるのは、まだまだ先だろうね。
今の新聞社でも女性の身でよくやってると思うよ。実際、さ。
お嬢さんお嬢さんして男に寄りかかっていれば、楽なのに
それをあえてしない。自らを律して、禁じているのが、こう──
男から見ると、なんとも言えない感慨を思わせるものさ。

まー。結論としてはぁ。
「タヱちゃんはいい娘」。これだね。

198 :鳴海昌平 ◆NaruDyL/a. :2008/08/07(木) 05:19:47
しかしィ。「破廉恥漢」扱いされるのは非道いよぉ。
大正二十年の今、肩に手を廻す位。エスコートしてるも同然。
後ろに御婦人を侍らすより、一緒に手を取り合って、寄り添って歩く。
こっちの方が、断然進歩的で今風だと思うなぁ。
うんうん。

>>170
「掛け持ち」と言うと「二足の草鞋」。
そりゃするでしょ。当〜然。
ゴウトにだって「目付役」の顔しかないわけじゃない。
ああ見えてヤタちゃんと接するときは「初代ライドウ」の顔になっていたりもするものさ。
俺は実際その場に居ることはない。だが。想像する余地はあるだろう?
俺だって、そうさ。おんなじ。
此所でこうして──珈琲を淹れてる時は、本当にゆったり、いい気分さ。
だけど大家に遭えば顔面蒼白、平身低頭。見られたもんじゃーない。
子羊のように身を震わせて「いい店子」…を演じているんだろう。
タヱちゃんには余裕のある「探偵」の顔を見せて。大人の男を演じて。
ライドウには出来うる限り「いっぱしの上司」の顔に見せる。
そうやって、人はいろいろな顔を見せるんじゃないのかなァ。
もとより、「人の性格は氷山の一角」と言うね。
見えてるだけの性格を評価するのは、容易い。
そういうことなんじゃないかな。

>>171
飛んでる!
ゴウト、飛んでる!

あー…
幸せそうにゴロゴロ言ってるわー…
こりゃ初代のメンツも形無しだな。んんー。
ゴウト、ゴウト。肩でぜぇぜぇ言ってるぞ。大丈夫かぁー?

199 :鳴海昌平 ◆NaruDyL/a. :2008/08/07(木) 05:37:15
>>172
なんだか、いまいち理解らないがぁ。えーっとォ。
「新作」の噂がよく来るね。……どーして?
新作。新作か。新しい作物とかなのかねー?
農業では、西洋茄子の掛け合わせやら、いろいろな外来作物が試されてるもんね。
その手の話題なんだろうか。んー…。…こりゃ、難しい、なぁ…

……ゴウトの寝姿の葉書が、新しくなったとか?
ま、いいか。…お目出度い、と言われればこっちも悪い気はしないさ。
ほらほら。じゃあ珈琲でもやってって頂戴よ。んっ。
ちょうど今淹れたところよぉん。あっつ、熱。

>>173
これが!
噂の!!

「業斗童子の葉書」…か。
普段見せない姿を見せちゃいます!
とかなんか言われて撮ったのかなぁ、これ?
それともライドウの私室で寝てるところを隠し撮られた…………?
もしかして、内部犯の犯行なのか?
タヱちゃんって確かパーレット、カメラを持っているな。いつも。
…タ、タヱちゃんなのか…?

んっ。ふぁあ、──じゃあ、また夕方にでも案件を纏めるよぉ〜〜。
俺はこれからヤタちゃんの顔を見に、神社に顔を出してくる。
ライドウ。お前も一緒に来てくれ。すぐに出る。
お前がいないとヤタちゃんも顔を出してくれないからね──。
さ、行こう。

200 :以上、自作自演でした。:2008/08/07(木) 10:09:50
デビルサマナー 葛葉ライドウ

201 :以上、自作自演でした。:2008/08/07(木) 15:47:21
デビル様な

202 :以上、自作自演でした。:2008/08/07(木) 19:44:02
アツイゼー アツクテシヌゼー

203 :以上、自作自演でした。:2008/08/08(金) 11:36:44
そんなばかな

204 :以上、自作自演でした。:2008/08/09(土) 00:06:41
コーヒー飲んでる人は口が臭い
学校の先生がそうなんで最悪

205 :以上、自作自演でした。:2008/08/09(土) 00:22:18
俺、鳴海さんに憧れて同じヘアスタイルにしてみました!
ついでにライドウさんにも憧れてるんでモミアゲだけマネしてみました!
似会いますか?

206 :以上、自作自演でした。:2008/08/10(日) 00:37:49
33分探偵、どう思います?

207 :鳴海昌平 ◆NaruDyL/a. :2008/08/12(火) 20:12:21
確かに夕刻って言ったけど! 言ったけどォ!!
……今何時よ? ライドウ。
ふぁあ。寝すぎたかな、こりゃー…
んっ。まぁいどお馴染み、探偵さんだよぉー

>>177
!? んだっっっ。

だっだっだ、誰が「おじさん」……だぁッ!!??
ホーホーいう子、お前さん、ライドウの仲魔だよねぇん?
はっはっは。これは「 監 督 不 行 届 」としか言い様がないよなぁー。
今日の飯は二膳までだ。ライドウ。理解ったな?
──とか 言ってるうちにぃ、お代わり自分ですなっ。
まぁったく。「居候、三杯目にはそっと出し」──…だろう? 基本なら!
お前ひとつ、そこで書生のコトワリでも築いたらどうだい?
んんー? 葛葉の秘蔵っ子ちゃんよ?

>>183
わっと、と! ありがとォぉぉぉぉぉおおおお!!
貯蔵室に即入れて置いた。つぅめたいね!
夏の氷売り屋ってのは儲かるもんだ。それだけ庶民には大事なもの、ってわけェ。
嬉しいな。こんな大きな氷、お嬢さんの手じゃ運べなかったろう。
本当に嬉しいよ。これで、ホーホーいってる子にも、氷が馳走できるしね!
ふっふ! なんてグッドなタイミング!! ばぁっちりだよ!!

ねっちゅー?
ああ、そういうのがあるんだ?
ゴウトは身体が黒いからな。炎天には向かないよねぇ。
この時間はゆっくりしているから、ゴウトにも声、かけて頂戴よ。
其処の寝椅子に寝そべっているからさ。

んなっ? ゴウト。

208 :鳴海昌平 ◆NaruDyL/a. :2008/08/12(火) 21:13:30
>>178
ふぅん。

別に厭な仕事じゃないから、さっさと片付けるよ。
生の塵と言うことは、ははぁん。
台所仕事で出た、塵だね──?

…ここ…、もっちょっと……水絞って。
びしゃびしゃだと……大家が五月蠅い。
それにここも、ほら…。…握り潰せば半分くらいの容量になるでしょ?
んー。口の所を縛って、と。
こんなところかな。…なかなか軽くなったぜ。
夏場の家事仕事は辛いが、お互い頑張ろうよ?
工夫一つで、いろいろと時間の配分やら、変わってくるからねぇん!

それにしても白い割烹着が眼に眩しいな〜〜。眼福、眼福ぅ!
夏はカフェーの店員さんみたいな、厚くないのにでもしてみたら。
いや、俺? 俺は手拭いで腰回り覆ってるだけだけどぉ。
ま、いーじゃない。そういうことはさ! ははは!!

>>179
さぁ?
公式、非公式とかいろいろ話があるよねぇ。
大袈裟な家系のお人なんぞ、何事もあからさまになったりね。
ああいうのは、仕方ないとしても、人道的に──納得はいかないな。

209 :鳴海昌平 ◆NaruDyL/a. :2008/08/12(火) 21:44:51
まぁ、俺は別に監視されてても……、ん。…いいさ。
うちには天下無双のデビルサマナーもいるし。
目付きの悪いお目付役も、いーるし!
用心棒としちゃあ、これ以上ってのはないからね!

私生活にはそれでも謎はでるってもの。大人の探偵ってのは、ね。
それを勘ぐられると辛い時もあるがぁ。
そこを上手く泳ぐ。世間の水を飲む。
この世の成り立ちって、こんなものさ。

おッと。
少々喋りすぎたかな。ふふ。
お喋りも過ぎると「公式」に意見求められちゃうからな。
あっはは! ──…っとォ。これも一種の喋りすぎかなぁん?

>>180
あー。書生は太らないの!
これ、世間の常識ねぇ。

というか、そんなに太ってないだろ。何処見てるんだい。
たしかに──そりゃ──大學芋はたらふく喰ってるけど。
今も目の前で喰ってるよ。ああ。蜜たっぷり。
夕餉もペロリと平らげたからね。なかなかの喰いっぷりさぁー。
でも其処で俺が関係してくるってのは一体全体どういうわけよ。
「ストレッサー」というのは「心的軋轢」でしょ。
俺があいつの何なわけ。非道いわよ、もぉ。

たっ、タヱちゃんに手を出す、ってェ!? んな莫迦な────…!
丸も罰も三角も四角もしてない! 押してない!
俺はなぁぁぁ────んにもっ、押してないって──ぇの!!
…………。くッ。怒鳴ったら、んぁぁあ。眩暈が!!
…ぜぇぜぇ、ったく、ハァハァ。…

210 :鳴海昌平 ◆NaruDyL/a. :2008/08/12(火) 22:13:48
>>181
伽耶ちゃん。やぁ、こんばんは!
んー… いい宵だねぇ。
ライドウなら、ほら、此所で茶を啜ってる。
君も紅茶か何か淹れよう。ちょっと座っててご覧。

以前氷川総司令さんの為に取り寄せた「マカイバリ」。
まだポット二杯分くらいは淹れられそうよ。
珈琲とは違う抽出具合…一垂らし、たらして。
薫りをみてぇと。これで、行けるかな?

──ん。
ほぉら。
ライドウもぼうっとしてないでお嬢さんに椅子ひいてひいて!
舶来製のチョコレートもあるよぉ。さ、やってって。
……それにしても、出ないとは?
探偵さんに理解るように説明してって。

うんうん… うん、うん…?

211 :鳴海昌平 ◆NaruDyL/a. :2008/08/12(火) 22:24:15
>>182
悪魔か…っ!?
何者だ、その剣と血塗られたような赤い服は。
ちょっとちょっと剣呑じゃあないの。お前さん。
學生といえば、此所にはライドウがいますがァ。

ん?
お前さん達、もしかして知り合いなのか?
やれやれ。
そうやって睨み合いをしているとお嬢さんが怖がるでしょー。
あんたもいい歳なんだから、ゆっくり、椅子にでも座って。
ダンテ、ダンテね。「Dante Alighieri」のダンテとは縁故じゃないだろうがね──
他に、思いつかないな。…ンン。

紅茶が旨いぞ。
これは水色がいい。
さぁてダンテの旦那。紅茶で乾杯と参りますか?
學生は學生同士、ああやって和気藹々としているしぃ。
大人の話でもしちゃいましょうか?
んんー?

「Ebony and Ivory」…。
ははっ、なんでもないよ。
ちょっと言ってみただけさ。
さぁ──月はいよいよ皓々として、中天にかかっている。
今宵の賭事の運気は、さぁて、お前さんに転ぶか? それとも?

>>184
ちょ、ちょちょ。
それだとタヱちゃんが新装開店の百貨店のようじゃないの。
自由すぎるよ、それはぁぁぁあ────っっ!!

212 :鳴海昌平 ◆NaruDyL/a. :2008/08/12(火) 22:54:31
>>185
丸薬丸薬。ん──あった。
ひょい、ぱくっ。

はぁい。チョコレートと一緒におあがりよ。
今なら紅茶も淹れたてだ。
ふふっ、い〜いでしょ!! ねっ。ねっ!
こぉんなにマカイバリの薫りをさせているのに氷川さん、来ないなァ。
せっかく50gで取り寄せたのに。まぁ、いいけどねぇ〜。

……紅茶飲んでると、チョコレートがよく合うのに気が付くね。
珈琲も大概、チョコレート向きではあるけど。
サッパリとしていいものだなー。紅茶も。

えぇ!? …緑茶と紅茶って元々は同じ葉っぱ、なのぉ!!??
しーらなかった。しらなかった。だって、こぉんなに色が違うのに!!
へぇ。…。ん、まぁ、こうやってるうちに……ちょっと賢くなったかなぁ。俺も。
紅茶の作法なんか、しーらないよ。俺。
だけどザラメ砂糖を入れたら甘くなりすぎるかな。んん。美味い。

>>186
はァい。皆様御一緒にィ。
ア ァ ァ ァ ァ ァ ──────── バ
ド ン ド ン ! ! ! ! ! ! ! ! ! !

213 :鳴海昌平 ◆NaruDyL/a. :2008/08/12(火) 23:06:29
>>187
へぇ──…

これが「柚子茶」っていうの。ふぅん?
お湯の中に沈殿物が浮いてるが?

これがそうなんだ。
ほっほっほー。

隣の国では色々な果実の使われ方をしているんだな。成程。
面白いけど、今…飲むのは…、あちちちっ…。…熱い、かも。
少し冷まそう。それでも、いいんだよね?

──ああ、いい香り。
こういうのもいいものだね。文明開化の味がするよ。
とするとこれは所謂輸入品ってことなんだよね?
こういうもの、何処で手に入れるの? なんか気になる探偵さんであった。
此所筑土町の界隈ではカフェーやらパーラーやらあるから。
其処で手に入れることもできるな。
あとは…。やっぱり、あれ? 金王屋とか?
あそこも海から荷を降ろしているもんな。有り得ないことも、ない。
んっ。あぁ〜〜りがとう。美味しかったよぉ。
おまけにたくさん話も出来た。
さァて。じゃあ、お前さんのお気に入りの「柚子茶」。
この足で探してみちゃおうかなぁー。

>>188
柚子茶、ユジャロンって言うんだねぇ。
俺はこの歳までぜぇんぜぇん、知らなかったよぉー。
飲んでみると上澄みも澄んで、…綺麗なもんだな。
これってば、寒天で固めて冷たく冷やしても、なぁかなかいけそうじゃないかいー?

214 :葛葉雷堂 ◆Raidobg4WE :2008/08/12(火) 23:12:09
…………腹が減って眩暈が。

215 :氷川総司令:2008/08/12(火) 23:33:59
良い香りだ…私の為に取り寄せてくれたのか。
では、有難く戴くとしよう。
お茶に良く合うというオレンジカステラを持って来た。
私の部下が甘い物好きでな…。
そこの、傷の彼にもあげてくれないだろうか?

216 :鳴海昌平 ◆NaruDyL/a. :2008/08/12(火) 23:41:36
>>214 雷堂君
やっほぉ。雷堂君じゃなーぁい。
元気してたのォ?

うんうん。今日はあの「天津…」で来たのかい。
ライドウなら、其処で伽耶ちゃんと茶、飲んでるけど。
こんな刻限に、お前さんのところの所長はどうした?
所長っていうかァ、俺。俺。俺のことね。

……。
……。
……。

家賃滞納で追い出され…
あ、そ、そ、そう。
い、一応此所は屋根の下だ──。
お前さんが頷くならば、ここでゆっくりやってってご覧。
俺は今更書生が二人に分裂しようが、何ともなぁいからねぇ。

とりあえず、あれだ。
鯛飯が残っているんだったっけェ──。ああ、そうそうっ!
今日は鯛の御頭を近所に戴いたからね。炊き込みにしたんだ。
これを菜っ葉でサラリと巻いて。はい。出来上がり。

──…ッてェ!? ちょーっと!!
血が足りなくてフラフラしているんじゃーないのかい──…?
以前訪問してくれた時よりもー、これ、顔色にきてるよ。
気付けに、紅茶を飲ませよう。それから……と……

217 :鳴海昌平 ◆NaruDyL/a. :2008/08/12(火) 23:52:19
>>215
あっはは!
こんばんは! 総司令さん、相変わらず仏頂面だねぇん。
「マカイバリ」って余分な香料が入ってなくって、それでいて深いねぇ〜。
こういうの何処で調べて嗜好品にしてるのよ。いいなぁ、いいなぁ、モダーンで!
そうそう。この葉ってね、50gでもかなりのお値段だった。
けど、味は勿論別格だねっ。
おすすめしてくれた甲斐があったってもぉん!
じゃあ、雷堂君には、気付け代わりにカステーラをあげるよ。
氷川さん。あ〜りがっとぉね〜〜〜〜〜〜ッッ!!!!

オレンジの皮が、なめすように入ってるんだ。…。いい…。
労働の後には甘いものが最高ォォォォ。
氷川さんも上着くらい脱いでさ。
ここの窓、開けるから──

……ちょっと 涼んで頂戴よ。ね。
……ふ。
……あはは、なぁんか、久々だと照れるじゃーない?
……氷川さんは部下に差し入れしてくれるような人、いんの。
……いいなぁ。このカステーラ、絶品過ぎ。強烈に気に入っちゃったよ。
……ふぅ。…………もう一杯、マカイバリ淹れる?
……本当に鼻腔の中が花の蜜のような薫りで一杯だよ。氷川さんっ。あっりがと〜!!!!

218 :鳴海昌平 ◆NaruDyL/a. :2008/08/13(水) 00:01:09
>>200
うん?
デビルサマナーは此所にいるが。
俺じゃない!!
俺じゃないよ!?
言って置くけど、このライドウと──この雷堂君。このふたりがサマナーだ。
俺は保護者のような立場なんだが…。まぁ、一応サマナーを擁してる探偵だよ。
悪魔使いに折り入って話か?
此所には今、二人いるが、ライドウはお嬢さんを送っていくそうだ。
よければ──雷堂君に話しかけて頂戴よ。よろしくねぇん。
勿論ライドウが帰ってきたら聞いて貰おう。
それが悪魔使いたる、デビルサマナーの仕事なんだからな。

>>201
そっそー。そんなような発音でもオッケー、オッケー!
別に拘ってるわけじゃないから、いいんじゃ〜〜ない?
──…拘ってたら、いろいろとこの世の中、渡っていけないよぉ。
だけど、ライドウは「ライ様」なんて呼ばれちゃいるっけ。
悪魔限定だけど。ははっ。

>>202
ああ、そうなの?

夕刻、銀楼閣の前に打ち水をうった。あれでなんとかなると──思ったけど。
あれじゃ駄目だったか。…参った、な。
いやね。近所にもよく暑い暑いとこぼすお人がいてねぇ。
俺はそれ程じゃないとは思うんだけど、でも、こういうのって人それぞれでしょ?
無視するわけにもいかないし。どうしたものかな? これ。

その人、カチッと背広で決めてて、帽子も被ってるのよね。
ちょっと薄着するかして欲しいけど、人の服装にけちはつけられない。
ど〜しよっかなぁ〜〜。

219 :鳴海昌平 ◆NaruDyL/a. :2008/08/13(水) 00:15:55
>>203
そんなー莫迦なとーいわれってもー
あーそりゃそりゃそりゃ!

たしかに、俺が莫迦だった。
昼間ライドウひとりに留守番させておくなんてなー。
あいつ、ゴウトに囓られて鼾かいてたよ。もー。
書生は書生らしくもっと慎ましくして貰いたいものよ。…全く…
寝こけるなんて無礼千万。ちょーっとくらいなら、いいよ? いいのよ?
だけどねぇ。あぁんな熟睡されちゃあ、物盗りにも気付かないってェの!!
一応此所はお金掛けていろいろ、取り揃えてるっていうの?
蓄音機やらラジオやら、調度品も凝ってるし。
筑土町自体がそこそこ平和とはいえ、油断は禁物。雨あられ。

でしょでしょー?

>>204
成程! そういう見方ってあるんだ〜。
珈琲の出し殻は脱臭作用があるからね。探偵さん、見落としてたかも?
飲まない人には、きつい香りなのかもねぇ──…
その人、まさか、胃から腐ってるわけじゃないよな。
生き腐れのゾンビーみたいな先生に教授は…出来れば、されたくないもんね。
と言いますかァ。あれだ。
先生も疲れてるんじゃないの?
探偵さんには推理しか出来ないけど、さ。

220 :葛葉雷堂 ◆Raidobg4WE :2008/08/13(水) 00:26:42
>>216
鯛飯…!! 何日ぶりの米だろうか…くっ、涙が…。

鳴海所長、ゴウト、そして此方の十四代目よ。しばし厄介になる。
なすべき使命も尽きぬ故、頻々と顔を出せるかはわからぬが、宜しく頼む。
…温情ついでと言ってはなんだが、その、信乃田までの電車賃も貸してはもらえぬだろうか。
我の業斗とはぐれてしまって借りるもできず、ほとほと困り果てているのだ…

>>215
お気遣いまこと痛み入る。
……………美味い。臓腑に染み渡るようだ。

221 :鳴海昌平 ◆NaruDyL/a. :2008/08/13(水) 00:28:03
これは目出度い。二百の席が埋まったんだねぇ。
おめでとう、俺。自分で祝うけど、俺。
そしてゴウト、ライドウと雷堂君。ヤタちゃん。
来てくれる人間と悪魔の人達! あ〜りがとねっ!
勿論、二百の席に座ったお前さんもだよ!
今後ともよろしく、よろしくぅ。

>>205
だあぁぁぁぁ────────ッッ!!!!
どんなスタイルなの!?
それはァアー!!!!!!!!

ちょいちょい。此所だけの話。
揉みあげは、あれは…。流行らないっっ!!!!
だーっ、お前さん、せっかく容姿がいいのに、床屋で失敗してどうする!
ちょいと待っててねぇ。今お母さんが鋏で切って差し上げてよ!?
はぁい。ハンカチーフ、首に巻いて。

チョキチョキ。ショキショキン。
シャクシャクシャクシャク……。

ん。こんなところかな。
よく頑張った! 自分!
ところで今日は紅茶が淹れてあるんだ。
花の香りが異国情緒だよ。カステーラと一緒に、はぁい、ああん。

222 :以上、自作自演でした。:2008/08/13(水) 00:33:30
御中元に貰って嬉しいものは何ですか?

223 :鳴海昌平 ◆NaruDyL/a. :2008/08/13(水) 00:36:53
>>206
三十三分しか探偵じゃないの?
それってば、探偵と言えるわけぇ?
やだなぁ。俺は二十四時間探偵してるよ。これでも、ね。
──だ、だから。こっちをじとっと見るな!!
俺はこれでも前進全力、毎日情報合戦ですよ?
んっん〜〜??

ナ、ナンデスカー、ソノカオハー?

>>220
あっはは!
いいのいいの! そんなのはァ!!
それにしてもそっちの俺は飯喰わしてないのか──?
つ、追求すると怖いな!
あああああははははは!!

うーん! 勿論ゆっくりしていって。
むしろ、「これっきり」…なんて言わないでよぉ?
雷堂君、いつも出たり入ったりが激しいからな!
まぁ、それも魅力的なモダンボーイとしての嗜み、だっけどね〜。
いい男予備軍としては全部さらけちゃうのは、惜しいものだ。うんうん。
なにはともあれ、お前さんがいてくれて、ライドウもゴウトも喜ぶ。
ヤタちゃんも先刻までいたんだ。そう、ほんのちょっと前にね。
あァ──もしかして窮乏してるのを知ったら、手助けしてくれるかもな……?

志乃田ね。はい。50円。
このお金は払わなくていいから。
鯛飯もまだまだあるぞぉ。もっといっちゃおうかぁ?
深夜に握り飯を握ると何故か気合いが入る俺。ナゼだァァァア!!??

224 :鳴海昌平 ◆NaruDyL/a. :2008/08/13(水) 00:40:38
>>222
水羊羹。
水羊羹が俺は食べたい。

出来れば和装の美人が持ってきてくれると尚いい。
あとは、水菓子とか──…
この時季だとこう、お高価いからね。
ま、貰って嬉しいっていうのは、忌憚ないところを言うと
「美人のお土産」…ならなんでも俺はオールオッケーなのよ。
そんな感じ〜〜?

225 :葛葉雷堂 ◆Raidobg4WE :2008/08/13(水) 01:33:27
>>222
我は書生の身ゆえ戴ける立場では無論ないが、そうだな…
米。味噌。醤油。
あたりを戴けると有難い。大変有難い。非常に有難い。切実に有難い。

>>223
そのように言ってくれるならば有難い、探偵社へは極力顔を出すよう心掛けよう。
一宿一飯の恩義もある、捜査の手が必要ならば此方のライドウ同様に使ってくれ。
ちなみに彼方のナルミ所長については、聞くな。……語れば怒りがぶり返す。
――では、鯛飯の握り飯を弁当に、志乃田へ行って参ります。

226 :以上、自作自演でした。:2008/08/13(水) 02:13:03
朝顔、ここにおいておくねっ
早起きサンなら蕾が開くの見られるよ

227 :葛葉ライドウ:2008/08/13(水) 03:18:00
大學芋…

モグモグモグモグモグモグモグモグモグモグモグモグ
モグモグモグモグモグモグモグモグモグモグモグモグ
モグモグモグモグモグモグモグモグモグモグモグモグ
モグモグモグモグモグモグモグモグモグモグモグモグ

誰にもわけてあげません。モグモグ

228 :以上、自作自演でした。:2008/08/13(水) 03:22:50
水羊羹と見せかけてスライム
梅羊羹と見せかけてブロブ
ぶどうゼリーと見せかけてブラックウーズ

229 :以上、自作自演でした。:2008/08/13(水) 19:36:38
歌は得意ですか?
得意なら一曲ご披露してください

230 :葛葉雷堂 ◆Raidobg4WE :2008/08/13(水) 21:20:00
ただいま戻った。
志乃田で用件を済ませ筑土町で捜査を行っていたところ、どうやら我と名を同じくする者――
"十四代目葛葉雷堂"の名を持つ者が、以前この探偵社を訪なっているとの噂を耳にした。
だがそれは、今ここに在る我ではない。
恐らくは、異世界の"雷堂"が我のほかにも存在するということなのだろう。

我ならぬ"雷堂"よ、許せ。我はお前の名を騙るつもりも、お前の居場所を奪う意図も持たぬ。
ゆえにお前も我に気兼ねせず、また探偵社へ顔を見せてはくれないか。
この通り、我は木札に名を書いて首から吊しておる。我の業斗が捺してくれた肉球印もついている。
これを常に我が身につけていれば、名も顔の向かい傷もおなじ我とお前でも、皆見分けてくれよう。

鳴海所長、ゴウト、此方のライドウ、そして来客の方々、
かような訳でいささか紛らわしい状況と相成ってしまったが、含みおいて戴けると有難い。
そしてこの提案が礼を欠いた愚行であると思うならば、どうかただ、我に去ねと命じてくれ。
この名を名乗るに当たり確認を怠ったはこの我だ、叱責は甘んじて受け、粛々とここを去ろう。

231 :以上、自作自演でした。:2008/08/13(水) 21:27:45
たしかに雷堂くんは居たけど、
ゴウト曰く「酉」の力を使っていたのは稀だったはず・・・
それに、いろいろな雷堂が居たって、いいじゃないか!?
来てくれて嬉しいよ。大歓迎さ!

ところで、ゴウトがマッド口調になったらどうなるのかなぁ。

232 :以上、自作自演でした。:2008/08/13(水) 22:35:00
アバドンズとアドバンスがごっちゃになります。
何か良い覚え方はありませんか?

233 :以上、自作自演でした。:2008/08/13(水) 22:52:36
なるみ〜野球やろうぜ〜
ゴウトとライドウと雷堂とその仲魔も入れてさ〜
ゴウトがキャッチャーね

234 :葛葉ライドウ:2008/08/13(水) 23:30:01
モグモグモグモグモグモグモグモグ
モグモグモグモグモグモグ…ゴクッ

やきゅう――ですか?
あまりやったことがないのです――
しかし――楽しそうです。
―――では。

アウト!セーフ!ヨヨイのヨイッ!

235 :アズミ:2008/08/14(木) 01:20:42
いやぁん。
おばちゃん脱げばいいのん?

236 :葛葉雷堂 ◆Raidobg4WE :2008/08/14(木) 21:13:58
ただいま戻った。
うだるような灼熱の暑さに辟易していたら、俄に南の空が掻き曇り、
豪雨に見舞われたと思う間もなくライジュウの群れに囲まれ、いささか難儀した。
――まあ御陰で夜が過ごしやすくなったのでよしとしよう。

>>230の件については、皆の忌憚なき意見は無論だが、何よりここの主である
鳴海所長やゴウトの返事に重きを置きたいと思っている。
この場所を大事に護ってきたのは、他でもないこの二人だと我は思うからな。
それまでは来客に番茶でも出しつつ、拙いながら話し相手とならせていただこう。っ旦~

>>226
これはまた鮮やかな青紫だ、美しいものだ。
我はどこぞの探偵と違って日の出と共に起床するからな、存分に堪能させてもらおう。
しかし鳴海所長の椅子の後ろとは…確かに窓際で日当たりはよい場所だが。
――ある日気づけば所長の髪に蔓が巻き付いているやもしれぬな。

>>227
大學芋か。帝都へ来て初めて食べた甘味だな、あれは実に感動的な出会いであった。
芋の端の、蜜が固まってカリカリと飴のようになったところが我は好みだ。
……欲しいなどとは言っていないぞ。
…………ずいぶんと山盛り買ってきたのだな。お前独りではさすがに食べ切れまい、
困っているならば、我が少し手を貸してやるに吝かではないぞ?
……だから欲しいなどとは言ってない。……目が訴えている? 気のせいだ。

>>228
まとめて封魔! 冷蔵庫へ投入! 刻んで器に盛りつけ!
悪魔ならば腹も壊さぬだろうから仲魔に三時にでも与えてやろう。
……人には食えまい。食えぬに決まっているな。
……いやしかし万が一ということも……。
…………。

>雷堂の勇気が上がった!

237 :葛葉雷堂 ◆Raidobg4WE :2008/08/14(木) 21:17:48
>>229
帝都へ来るまで歌とは縁のない生活をしてきたから、得手かはわからんな。
ただ、ナルミが気紛れに回した蓄音機であったか、それともラヂオから流れたのだったか
聞くともなしに聞いたあの歌は、なぜだか今も耳に残っている。

  煙草のめのめ、あの世も煙れ
  どうせ、亡くなりや野の煙
  煙よ、煙よ、ただ煙
  一切合切、みな煙

>>231
己の失態に鬱屈していた心が貴方の笑顔で随分と救われた気がする。
――感謝する。

ここのゴウトは理知的だから狂人口調など想像もつかないな。
……ゴウト、ちょっとヴィクトルのところへ行かぬか。
なに、ほんの少しこのオボログルマと混ざるだけだ。

>>232
それは何だ、酢か?
前者は丼物用、後者は板用と見受けるが。
…………板用!?
いかに困窮しようとも、この十四代目雷堂、戸板を食うほど落ちぶれてはおらぬぞ!

238 :葛葉雷堂 ◆Raidobg4WE :2008/08/14(木) 21:22:29
>>233
では我がゴウトの可憐な前足に合うミットを作るとしよう。
――ところでゴウトの小さな体ではすとらいくぞーんが
恐ろしく狭くなると思うのだが、お前はそれでよいのだな?

>>234
……だから欲しいなどとは言ってない。……涎も垂らしておらぬ!

よ? よいのよい? ――む、負けた。
何、負けたら脱ぐ? 野球とはそのような規則の競技だったか?
仕方あるまい、制服の上着を……帽子は却下だ。
しかしゴウトが負けたら何を脱ぐのだ?

>>235
いやだからアズミ、お前も脱ぐものはあるのか?
…………鱗!? 何枚あるのだそれは?

239 :以上、自作自演でした。:2008/08/14(木) 21:38:15
らっしゃっせー!

240 :以上、自作自演でした。:2008/08/14(木) 21:55:10
雷堂さんを見ていると
武士はくわねど高楊枝 というのを思い出す。

つか、その顔で遊郭の裏とか何とか行ったら、それだけで色々貰えんじゃないの?(うりうり)
傷が怖いからダメなのか?そうなのか!?

241 :以上、自作自演でした。:2008/08/15(金) 22:25:29
>我がゴウトの可憐な前足
とか雷堂が言ってると激しく萌えるな。
強面とちっちゃ可愛い生き物の組み合わせはいいな。

鳴海さんがお姉ちゃんに「可憐な掌」とか言ってても多分全然萌えないな。
競争相手だからだろうな。

242 :鳴海昌平 ◆NaruDyL/a. :2008/08/16(土) 21:53:47
はぁい。
グッド・イ〜ブニング。
探偵さんだよぉ。
んっふっふ、元気にしてたぁ?

>>225>>230>>236-238 雷堂君
んんっ!? 今更なぁ〜にを、言ってるのかなぁ──っ?
勿論、歓迎だよ。はぁい。こうやって、諸手をあげてね〜〜ッ。
……それに、雷堂君は雷堂君でしょー。
それは確かで、もっと言うと、それだけが重要ともいえるんだ。
所謂平行世界のライドウなんだろうけど、ゴウトを素直に可愛がるところなんか
お兄さん、涙ものよ。──美しい光景さぁ。
こちらのゴウトが見たらどう思うかな? あはっ、それも楽しみだったりしてねぇ!
しかつめらしく「仲良きことは美しき哉」…とでも、のたまうかねぇ?
んー、ふっふっふー! なにか、くくっ。──想像したら笑えてきた!!
ということで、今後とも、宜しく、宜しくゥ!

>>226
朝顔かぁ。いいねぇ!
夏の風物詩といっても、いい。
確かに俺の座ってる前に置いてあると、朝日に咲くところが、見られるねぇん。
いやいやいや、雷堂君。別に俺は不動の枷を着けられてるわけじゃー、ないんだからねっ!?
髪には巻かれないでしょ!! 冗談きついよ、サマナーくぅん。

下町では朝顔市や鬼灯市の季節だね。
此所軽子川商店街でも市が出るのかも。
夕刻に……そう。
風情があって、いいものだよ。
あの娘誘って行きたし、夏祭り。ってねェ。
んー。…俺も誰か誘って、明日辺りに夜店でも物色してみようかなー。

243 :鳴海昌平 ◆NaruDyL/a. :2008/08/16(土) 22:13:37
>>227
……おっ、お前な。
いいもん、いいもんねー…。ああ、別にいいもんなー。
俺は昼間買っておいたアイスクリンがあるかーらっ。ほれ!
大學芋と一緒に食べようと思って買ってきたがぁ、お前さんがそういうつもりなら。
いいさ。ひとりで食べちゃうもんね。ふっふっふーん。

ところで、ライドウ。
お前さんそうやってるとなにか小動物のようね。
ま。食べてるときだけは可愛いと言えなくもないなぁ〜。
しかし、その王子様面のままで、「もきゅもきゅ」…やってるとぉ。
ヤタちゃんあたりが「御免!!」…なんて、いきなりやってくるかもよ。
そうなっても、お前達なら平常心で話し込みそうだけど、さ。

ヤタちゃん「これからは『満腹満杯王子・十四代目ライドウ』と名乗ると良いでしょう」
ライドウ 「──モグモグ。承諾した。」

────みたいなね。
しかしヤタちゃん、気配を完全に掻き消してるよねー……
またあの姿に逢いたいぜ。
美人だし、結構天然なところがいいのよね。不思議と。
今日の席がはけたら、俺も志乃田に行ってこようかな。

>>228
あ、あの。
これ、なにかブルブルって震えてるんですけど……っっ?
なぁーんでこーんな贈り物になってるのかなぁー、悪魔がぁぁぁぁあッッ。
冷やせばいいのか!! おりゃおりゃ!! 冷やせば!!
と、言いますか! 雷堂君ーっ!
漢気充填されるぎよ、それはぁぁぁぁ────っっ!!!!????

244 :鳴海昌平 ◆NaruDyL/a. :2008/08/16(土) 22:50:37

 ん ぐ 。

 あ ぁ 。 あ れ れ れ ぇ 〜 っ ! ?

大國湯で湯あたりしたか?
ちょっと鼻血が出てきたので
まぁた、明日────っっ!

鼻血が出てるところなんて、お客人に見せられないしねぇ。
なにしろ俺ってモダーンな探偵稼業だもの。夢を壊せない!!
んー。にしてもゴウトもヤタちゃんもこの暑さ、大丈夫なのかな。
ライドウは余裕そうな顔色してるけど。ゴウトは黒いしなー。

というわけで、また明日、此所で案件を纏めるよぉ。
じゃあ、氷枕でも作って、寝椅子で寝ることにするか。
はぁふぅ。ん──…宜しく、宜しくぅ。

いつも案件は一遍に纏めていたのに。
こんなことって初めてだな。
この夏の暑さは只者じゃー、ないのかもしれないねぇ。んっんー。

245 :以上、自作自演でした。:2008/08/16(土) 23:09:25
エマニュエル夫人とエマニュエル坊や、どっちが好き?

246 :オバリョン:2008/08/17(日) 00:38:55
鳴海おじさんだーいすき!

ぴとっ。

247 :葛葉雷堂 ◆Raidobg4WE :2008/08/17(日) 13:39:45
ただいま戻った。
今日の帝都は曇天、涼しくなかなかに過ごしやすい。
溶けかかっていたフロストが喜んではしゃぎ回っている。

>>242-244 鳴海所長
我は我――か。
よい言葉をいただいた。心に刻んでおく。
湯あたりか暑気あたりかはわからぬが、冷やしたいときは
銀氷属を呼び出すので言って欲しい。御身お大切に。

それと先日お借りした電車代50円、やはりきちんとお返しする。
っIIIII
80円すら出せぬほどにこの探偵社も困窮していたとは……
此方の十四代目の苦労が忍ばれる。


>>239
軽快な掛け声、心地よいな。
なにを商っているのだ――ガソリン?
生憎とこの探偵社に自動車は……いや、我の下に一台いるにはいるが、
あれはガソリン車ではなくマグネタイト車なのでな。すまない。
混迷する"霧"深き時代ゆえ商いも何かと苦労多かろうが、どうか頑張ってほしい。

……無用の懸念とは思うが、ひとつだけ忠告を。
帝都の安寧脅かす者あらば、この十四代目葛葉雷堂、
帝都守護の任にあたる者として"神"殺しをも厭いはせぬ。

……貴方がここで鳴海所長が入れる珈琲を手に、ゴウトや此方の十四代目達と共に
束の間の休息を楽しむだけの御客人であることを、我は祈っている。

248 :葛葉雷堂 ◆Raidobg4WE :2008/08/17(日) 13:43:40
>>240
ああ、遊郭に限らず、女人にとって我の傷は随分と恐ろしいらしい。
遠巻きに見られることも多いし、我の顔を見て悲鳴をあげる者も少なくない。
気の弱い女学生など、恐怖のあまりか気絶することもあるほどだ。
学帽を目深にかぶってなるべく顔を見せぬよう気をつけているが
聞き込み調査は……苦手だ。

>>241
なるほど植物は声をかけてやるとよく育つという。
同様に、声をかければゴウトもすくすくと萌え出ずるというわけだな?
ゴウトの芽、ゴウトの木、ゴウトの花……
おおっ、これは良いことを聞いた。
来年の今頃にはたわわに実る業斗童子が見られるかもしれないな、
客人、ゴウトに声をかけるのを手伝ってくれ!

>>245
いずれも会ったことがないので好悪はわからないが、
強いて言うなら坊やとやらだな。
ちょうど"侵入"持ちの小型の仲魔が欲しかったところなのだ。
――で、その悪魔はどのあたりで封魔できる?

>>246
お前、鳴海所長におぶってもらうのはやめておけ。
連れて帰れば小判に変わると言われているお前をなら、
そのおじさんは気合いと根性で負ったまま帰ることは間違いない。
金王屋に売り払われたくはなかろう?

249 :以上、自作自演でした。:2008/08/17(日) 17:06:22
敵を挑発する格好いいキメ台詞をどうぞ!

250 :以上、自作自演でした。:2008/08/17(日) 17:31:33
悪魔を手懐ける秘訣とか、ある?

251 :以上、自作自演でした。:2008/08/18(月) 07:39:36
心のブリーフをッ!トランクスをッ!ふんどしを脱げッ!

252 :以上、自作自演でした。:2008/08/18(月) 17:33:57
この時期ってさ、すぐに物が腐ってやんなっちゃうよね
食べ物。ほんの少し油断してる間に次々異臭を…

ああ、そうそう。
これ探偵社皆様一同に御中元。ささ、遠慮なく受け取ってね
つ【ちょっと臭う大学芋】

253 :以上、自作自演でした。:2008/08/18(月) 19:24:41
ライドウが更にかっこよくなりますように
ゴウトのぷにぷに感が増えますように
ヵャャの髪が伸びますように
タヱちゃんのバストが膨らみますように



鳴海が働きますように

254 :ラスプーちん:2008/08/18(月) 20:19:54
>>251
ユーの心意気はミーが受けとったヨ。

  (゜Д゜) ジブンヲ...
  (ヽ ノ )
   | |


 ヽ(゜∀゜)ノ トキハナテ!
   (  )
  ノωゝ

255 :クラウド:2008/08/19(火) 00:42:37
興味ないね。

256 :以上、自作自演でした。:2008/08/19(火) 05:55:04
ゴウトさんが黒いゴリラに憑依しなくてよかった…!

257 :鳴海昌平 ◆NaruDyL/a. :2008/08/20(水) 17:33:15
はぁい。探偵さんだよぉ。
皆々様、ご機嫌は如何かなぁ〜〜?

>>229
あはっ。面白い質問、どうもありがと!
歌か。俺は得意という程じゃー、ないけどねぇー…。
餓鬼の頃歌った歌なら──今でも憶えてて口ずさむよ。
童謡というか、唱歌が多いけどね。
流行歌も、ほら、ラジヲがあるでしょ。これで憶えられるけどねぇ。
思わず口について出るのは。……やっぱり昔から聞き馴染んだ歌かな。

流行歌なら、これだ。

「ひと目見たとき 好きになったのよ
 何が何だか わからないのよ
 日暮れになると 涙が出るのよ
 知らず知らずに 泣けてくるのよ
 ねえねえ 愛して頂戴ね
 ねえねえ 愛して頂戴ね」

──…って奴。ねっね。この頃の帝都でよく聴くでしょー?
曲名は「愛して頂戴」。女心の歌さ。
西條八十の作詞する歌は理解りやすくて、それでいて心に残る。
手風琴を合間に鳴らすのも、この歌によく合ってて、いいもんだね。

258 :鳴海昌平 ◆NaruDyL/a. :2008/08/20(水) 17:36:41
>>231
うん。俺も雷堂君に居着いて貰いたいねー。
だぁって、なんだかんだ言って、ふふ!
ライドウとは別人だしィ?
傷を背負ってる辺り、苛烈な人物かと思ってたら、こぉんなに好青年だしね。
いつでも此所で寛いでもらいたいよぉ。いい子だもん、雷堂君!
そういえば「『酉』の力を借りよ」…って言を発したのはゴウトだったな。
此所のゴウトも雷堂君が来てくれて嬉しがると思うよ。
今からあいつの反応が楽しみでしょうがない! ふっふ!!

ゴウトがー ああー
イッポンダタラ君みたいになるってことかい?

「うぉ、うぉれの 鯖の煮付けぇぇぇぇぇぇぇ!!」
「ずっどぉぉぉぉぉぉぉぉぉおぉぉぉぉおぉぉぉん!!」
「保留」

──知性のかけらもないな!!
──ぶあはははははは!!!!
──それにしても、ゴウトは今頃何処ほっつき歩いてるんだろー。
──ちょっと心配になってくるじゃあないの。んもう。

>>232
む し ろ そ の ま ま で よ し !

と探偵さんは思うんだけどぉ。──ん、どう?
日常でそんな単語使わないでしょ。そもそも、ね。
──え!? 使うの…っ!?
アバ丼って何よ?
それからアドバイス…?
えー。わっかんない。何のことだか、ぜぇんぜん、わっかんないよぉぉ〜?

259 :鳴海昌平 ◆NaruDyL/a. :2008/08/20(水) 18:02:17
>>233
カモン・レッツゴー・ベースボール。
野球かぁ。ここのお人達と仲魔達で出来るのかいー?
野球って人数ないと駄目なんでしょ。…えっと、九人かける九人か。
結構厳しいような気がするが、略式ならいけるかも!?
そうだ、足りない人数分は、あれよ。
ここの商店街の皆さんの力をお借りして。やっちゃえばオッケー、オッケー。
ドーン!!
………………。
というかゴウトにキャッチャーをやらせるのは酷じゃないの────ッッ!?
雷堂君が言うとおり、ものすっごおおおく狭い「すとらいく・ぞーん」になるよ!!
代替わり激しそうよ! 常に横に黒い生き物の死骸を用意しとかないと!!
俺嫌だから! 猫じゃないと嫌だから!
蟻になったゴウトが説教するのとか本当に嫌だからぁ────っっ!!!!

>>234
ぶ 、 ぶ ぼ っ 。

それ違う野球。違う野球よ、それはぁぁぁぁぁぁあああ────っっっっ!!!!
いわばそれは男と女の果たし合い。宴会芸の極北。好きなあの娘とお座敷遊戯!!
と言いますかぁ、お前一体何処からそんな情報を仕入れて来たんだっ!?
葛葉の秘蔵っ子も世間の荒波に揉まれて……って感心しないよ俺は!
ほぉれ。まぁ其処に座って。今日の珈琲はまろやかな味わいよ。
これ飲んで気を静めろよ。ん────。理解ったな?

>>235 アズミさん
アズミさん。うわっ。凄い久しぶり。いつも麻雀でお世話になってまぁす!
と、というか、ライドウにおかしなこと教え込んだの、アンタかい──っっ!!??
いいけどね! いいけど! 純朴な男子にいろいろ仕込むのも楽しいけどね!
というか、アズミさんは心の母なんだからぁ、そんなこと「いや〜ん」…よぉ。

260 :鳴海昌平 ◆NaruDyL/a. :2008/08/20(水) 18:28:25
>>239
わ!
吃驚した。
うう、鼓膜に響く……。
莫迦声出すなよぉ、こんな狭い応接室でぇー!

ん? お前さん…?
ここの辺りじゃ見掛けない貌してるねぇ。
もしかして、最近越して来た人ぉ?

ははっ。「いらっしゃい」の意味だったんだ。成程。
此所は鳴海探偵社。銀楼閣の一角を占領している。
商店街の皆さんとも仲がいいよ。とんとんとんからりと、隣組〜。ってねぇ。
お前さんも商店街の方で商いしているのかい?
え? 筑土町は長い?
──でも俺、お前さんのこと知らないなぁ。
──矛盾していないかい? 何か。

ま、いいか!
帝都には沢山の民がいるもんね。知らなくても当然かも。
とりあえず初めましての挨拶。握手でもしようよ。
それから珈琲でも飲んでいって。丁度淹れたての芳しいのがあるのよぉ!
ふっふ! お近づきの印に、ね!

それにしても変わった格好だね〜。
作業に相応しい格好なのかもしれないが、よく見ると案外機能的で吃驚。
そういう服が似合うのも若い証拠だ。
あぁ、今度背広でも誂えてご覧よ。きっと見違える。
この辺りにいいテーラードがあるんだ。
俺の名刺、持って行ってみてよ。きっといいのを作ってくれるからさ。

261 :鳴海昌平 ◆NaruDyL/a. :2008/08/20(水) 18:59:29
>>240
うん。確かに。
遊郭にでも行ったら、有形無形、色々なモノを貰えそうな気がするねぇ!
可愛い娘さんに「貰って下さい…」とか。
艶っぽい姐さんに「うちの純情、貰ってくださる?」とか。
端女の童女にも「少ないけどお菓子、貰って、お兄ちゃん」とか。
ありそうだな。うん、大いにありそうだ。
傷のことを気にしているようだが大丈夫。世間には「貌傷好き」な女子がいるんだ。
傷が付いているからこそ、その他の部分が光るって、いうね。白肌が月光を弾く。
そういう手合いもいるから──差し引きしても、プラスに働くんじゃーないの〜?

>>241
ああ。正に「仲良きことは美しき哉」…だな。
此所のゴウトも大概世話好きだが、雷堂君のゴウトも、面倒見がいいんだろーなー。
ふふ。そういう姿を見るのは──なんだか──嬉しいよねッ。
微笑ましいというか。可愛らしいというか。
まぁ何にしろ、仲がいいのはいいことさ。
お目付役に反目したらそれこそ歴代ライドウにかごめかごめされちまうぜ。

おっ、俺ぇぇえ!?

そりゃー、お目当ての娘さんには心を砕いて親身に話すよ。
それが萌えないとか言われても…???
今は草木が萌えいずる季節だ。何かの言葉遊びぃ?
ちょっと探偵さんには理解んない。んー。

262 :鳴海昌平 ◆NaruDyL/a. :2008/08/20(水) 19:20:18
>>245
夫人の方がいいです。俺は。
だぁって、聞き込みをするにも、人妻の方がぐぐっとやる気が出るし──。
案外御婦人の横の繋がりも軽視できないものなんだよ。
まぁ、美人の依頼者だったら、俺はいつでも大歓迎だけどねぇん!
人妻も。ふっふ。いいものだよぉ?

>>246 オバリヨン君
お、おじ……っっ!?
おじさんって俺のことですか────っっ!!??

あ、あーのーねー!
俺はまだ花の三十路なのよ!?
「おじさん」にはまだまだまだまだ程遠いのよ────っっ!!
──…もう。わっかったぁ?

背中にぴたっとくっついてると、珈琲が飲めないぞー?
ほらほら。淹れたての珈琲。用意したよ。
ミルクは? ザラメ砂糖は?
んー…。どうかなぁ?

263 :鳴海昌平 ◆NaruDyL/a. :2008/08/20(水) 19:21:59
>>247-248 雷堂君
しまった。…筑土町からは運賃、八十円だったか。
すまないね。探偵さん、失念していたよぉ。
本郷までは八十円、深川町までは百六十円、銀座町までは百六十円
晴海町までは二百四十円、霞台までは八十円、そして志乃田までは八十円。
──暑くて惚けしていたのかねぇ。済まない。この通りだ!

あ。そうだ。今日は飯喰って行けるんだろう?
お詫びって訳じゃないが、夕餉、用意してるよぉ。

ちなみに、今晩の献立は──

雑穀混ぜた山菜御飯
釣り立て鮪のフライ
芋と蒟蒻の煮物
若布のお吸い物
刻んだ漬け物と絹ごし豆腐

……だよぉん!
朝釣り上げた鮪は、贅沢にフライにしてみたよ。ふっふっふ。
生姜醤油と一緒に生で食べようかと迷ったんだが、これもよし。
遠慮はいらないよ。さぁ、そこの君も。ん──どうだい?

264 :以上、自作自演でした。:2008/08/20(水) 21:06:59
わたし、はきゅんちゃん!

265 :以上、自作自演でした。:2008/08/20(水) 21:35:23
うたおーぜー
にゃんにゃんにゃんにゃんニーハオにゃん
ゴウトが来ないなデカルチャー♪

266 :鳴海昌平 ◆NaruDyL/a. :2008/08/20(水) 22:31:45
さぁてさぁて夕餉も終わった。
ゆるやかに珈琲の湯気が部屋に舞うよ。
どうだい? 今日の珈琲は大人の味だ。
お前さんもやっていかなぁい?

>>264
はきゅん?
それがお前さんの名前なのかい──?
変わった名前だけど、ん。憶えたよぉん。
俺は此所鳴海探偵社の所長、鳴海だ。
一応ここの頭ってわけだけど、実質的な探偵作業は書生にも任せている。
書生の名はライドウっていうんだ。…ええっと──おい──ライドウ?
お客人に珈琲をお出しするから。お前も手すりを磨いてないで、こっちゃ来い。
いいね。

>>265
に ゃ ん に ゃ ん に ゃ ん に ゃ ん
ニ ー ハ オ に ゃ ん ! !
ゴ ウ ト よ お い で よ 
デ ッ カ ル ッ チ ャ ァ ァ ァ ァ ァ ──── ッ ッ ! !

「超時空飯店 娘娘」。一度は行ってみたい店だぜ。
あ。いや、こっちのこと。こっちのことね。
それにしても、その歌って、所謂あれ?

「デカルト」
「カント」
「ショーペンハウエル」

の三人を略した「デカンショ節」?
──に、近いもの?

267 :鳴海昌平 ◆NaruDyL/a. :2008/08/20(水) 23:03:11
>>249
敵と言えば麻雀かな。
相手を喰ってやる気概でいれば、言葉は要らないな。
一手一手を見極めて、気合いで打つ。これね。
言葉は二の次三の次。鍔迫り合いは眼と眼でやりあうもんだ。
よって沈黙は金、という結論を出すよ。
だが毎日がこれ実戦のライドウや雷堂君は、言葉を操るのかもね──。
二人共目線が厳しいからね。眼で語って──それでも尚、言葉を継ぐのであれば。
一体全体どんな台詞なんだろうね。うん、これは俺も聞いてみたいよ。

>>250
ん。これは──雷堂君宛かな。
悪魔なんて古来から、魔方陣の中に入れて置けば世話はないわけだけど。
「デビルサマナー」ともなれば、そうはいかないよねぇ。
魔を使い、魔を討つ。そういった仕組みさ。ライドウ達はね。
ライドウを見る限り、天然で悪魔とキャッキャウフフ言って手懐けているようだけど。
気位の高い悪魔なんか、大変だよね。
もっと言うと代々のライドウ達は一体どうやっていたんだろう。
女性のライドウもいるようだし。
やっぱり悪魔使い独特の「気」があるのかなぁ。

>>251
!! そうですねッ!!
心の下履きを脱ぎましょう!!!!
ぱーっと、ね!!!!

って、言うと思ったかぁぁぁぁぁぁぁああああああ────っっ!!!!
ハァハァ、ぜぇぜぇ、ハァハァ。…何をさせるつもりなのよ!?
と言いますかァー。これってゴウトはどうなの?
ゴウトってば唯一の着衣が首輪だよ?
……ゴウト的には、心の下履きって、あるのか……?

268 :鳴海昌平 ◆NaruDyL/a. :2008/08/20(水) 23:46:21
>>252
うわぁーい。嬉しいな。差し入れ?
大學芋、胡麻が振ってあって香ばしいねぇ。
あー、じゃあさじゃあさ。一緒に食べていかなぁい?
丁度珈琲も淹れたところ! 皆で食べれば怖くない!!
いや、もっちろん、持ってきてくれた君は、食べられるよねぇ?
ふっふっふ! 今更帰ろうとしても駄目、だぁめ!
さぁ、皿に盛ったよ。ちょっとねばねばしてるけど蜜のせいだよね! あはは!

>>253
ん……ライドウはいつもと変わりないな。
仏頂面の唐変木よぉ。──巷では「王子様」呼ばわりされてはいるけど!けど!
ゴウトはぷにぷにっていうよりフサフサかな。毛並みは吃驚する程艶やかだよー。
伽耶ちゃんは……元々自分の意志で髪を切ったんじゃあ、ないからね。
順調に伸びているんじゃないのかな。どうだろう?
タヱちゃんは……。………………………………………………。……。
──…ってェ、最後のそれってば何ぃぃぃぃぃ!?
俺はいつでも情報の奪い合いよ。ちゃんと働いてるってェ!!
表に現れないだけで、俺はライドウを全力で支えているのよ〜〜?
昔取った杵柄って奴で、働いて…「暗躍」しているところを見せないだけさ。
わっかるぅ? この控えめかつ周到な働きぶり!
ちゃーんと理解ってよぉ。ねぇ?

>>254 胡乱な露西亜人
こらこらッ。ここで「肉体の解放」…すなっ。
だぁいたい、あんた、いつ母国に帰るのよー?
余程居心地がいいのねぇ。帝都で女の子たらしまくり!
タヱちゃんは身持ちが固いのよ。さっさ、帰った、帰った!
というか、帝政露西亜の冒険譚、話して聞かせてよ。
珈琲のつまみに。俺、そういうの大好きなのよねー。
歴史は浪漫ッ!

269 :鳴海昌平 ◆NaruDyL/a. :2008/08/20(水) 23:58:29
>>255
!! いよっ。こーんばんはっ。
金髪の少年。お前さん、久しぶりじゃーない?
今日は「超究武神覇斬!!」…とかって、技を繰り出さないの。
いっ、いや、してくれなくていいから。普通にしてて。うんうん。
……お前さんが此所、この場所に訪れるのはこれで四回目だね。
もう旧知の間柄と言っても、いい。
さ、今夜はまろやかな味の珈琲があるんだ。
ミルクは? ザラメ砂糖は? どうするんだいー?
はは。「興味ないね」とは。いつもの冷淡な態度だねぇ。
だけど俺はその胸の奥にある熱い塊──「情熱」を、知っている。
そうさ。お前さんも今を生きているんだろう。
眼を見れば、理解るさ。

>>256
知性のかけらもないゴウトが見られたわけね。ウホッ、ウホホホッ。
まぁ、街中に黒い生き物の屍体、そんなに転がってないから。
ましてやゴリラって…。密林の奥に棲んでるんでしょー?
────ちょっと面白そうだと思ったのは、内緒だ。

お前さんも、夜中の珈琲。
淹れ立ての熱々よ。さ、召し上がれ。

んー…、でも調べてみるとゴリラっていうのはー。
人間にかなり近い遺伝子を備えているのね。知能もかなり高い、と。
猫や鴉よりも断然知能が高いだろうし…案外…しっくりいくのかもよ…?
いや、俺はゴウトがそうなっても責任取れないけどさ……。
目付役としては… どうなん、だろう…?

270 :せんとくん:2008/08/21(木) 00:27:29
タヱと伽耶はべっぴんだなぁ
ライドウよりもオラの方がいい男だっぺな

271 :閣下:2008/08/21(木) 02:47:38
|∀・`)チラリ

272 :以上、自作自演でした。:2008/08/21(木) 16:47:35
鳴海さんのために浴衣、着てみました。
あのっ、…に、似合う、でしょうか…?(胸元ちらり)

166 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)