5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

●【オリキャラ専用】 恋愛ありの学園スレ9●

1 :名無しになりきれ:2008/02/14(木) 22:49:20 0
典型的なファンタジー異世界にある魔法学園が舞台で恋愛ありなスレです。

・新キャラテンプレート
名前: 
肩書: 
年齢:(見た目の年齢) 
体型:(大柄・中背・小柄)(痩・中・太)(身長・体重・スリーサイズ) 
種族:(人間しかいないなら省略可)
職業: 
性別:(不明でも可)
技能:(魔法等)
装備品:(書いて無くても裸というわけではない)
容姿:(醜い・普通・美形)(髪や肌目の色等)
その他:(設定等)

避難所 ttp://jbbs.livedoor.jp/otaku/6583/
まとめ ttp://www42.atwiki.jp/lstory/pages/31.html

前スレ ●【オリキャラ専用】 恋愛ありの学園スレ8●
http://etc7.2ch.net/test/read.cgi/charaneta2/1197827154/l50

1スレ目●【オリキャラ専用】 恋愛ありの学園スレ●
http://etc6.2ch.net/test/read.cgi/charaneta2/1166525458/l50

2スレ目●【オリキャラ専用】 恋愛ありの学園スレ2●
http://etc6.2ch.net/test/read.cgi/charaneta2/1171962454/150

3スレ目●【オリキャラ専用】 恋愛ありの学園スレ2●(実質3)
http://etc6.2ch.net/test/read.cgi/charaneta2/1179748311/l50

4スレ目●【オリキャラ専用】 恋愛ありの学園スレ4●
http://etc6.2ch.net/test/read.cgi/charaneta2/1184333451/l50

5スレ目●【オリキャラ専用】 恋愛ありの学園スレ5●
http://etc6.2ch.net/test/read.cgi/charaneta2/1187259803/l50

6スレ目●【オリキャラ専用】 恋愛ありの学園スレ6●
http://etc6.2ch.net/test/read.cgi/charaneta2/1190252419/l50

7スレ目●【オリキャラ専用】 恋愛ありの学園スレ7●
http://etc7.2ch.net/test/read.cgi/charaneta2/1192259267/l50

351 :サフィ ◆AS7jUrIcf. :2008/05/17(土) 23:19:18 0
>>340 アリコン
小さな胸にはヒトの夢が詰まっている――恥じることはない。
私は無乳だろうと爆乳だろうと平等に愛でる所望だ!
(いつの間にか装備した黒のマントで炎を振り払い、大きく両腕を広げ――所謂ゼロのポーズ――ながら宣言する)

科学兵器では意味合いが広すぎて何とも言えん。
解ったのは「馬鹿じゃないもん!」と言うアリエルくんが可愛いことだけだな。
(野郎に興味無いので話半分も聞いてない)

無論、私は今のままのアリエルくんでも全く問題は無い。
さぁ、遠慮する事はない。お姉さんの胸に飛び込んでおいで!
(見た目が10歳児なので「お姉さん」発現は激しく違和感有り)

>>341 アリスフェルト
アリスフェルトくんはセメントだなぁ。
少しくらいはソフトに相手をしてくれてもいいではないか。
(いじけて廊下の隅でメイドラゴラの鉢植えを弄る見た目10歳児)

乱暴な、怖い怖い。もう少しエレガントにできないものかね?
(魔力に蹂躙された一瞬後の未来より、早く。そこでは初めから何も起こらなかったように。
 廊下は破壊される前の光景を呈していた。痕跡は無論、修復の過程を知覚させる事さえなく)

ふむ……まぁ、アリスフェルトくんになら言っても構わないか。
薄々感づいていると思うが私の力の本質は時間操作、即ち時への干渉だ。
時に干渉できるという事は無限数の選択の機会を持つという事でもある。
何時かの何かを知る事も、何時かの何かを創造する事も、何時かの何かを消去する事も。
(ジワリと染み出した闇が周囲の空間ごとサフィの姿を塗り潰し、細部の識別を不可能にさせる。
 泥のように蓄積された闇の奥底で、嚇々と燃え紅の瞳が覗き込むようにアリスフェルトを見詰める。
 何処から取り出しているのか名刀を、魔槍を、双剣を、双銃を、魔剣を、大鎌を、順に名状し難いほど可憐に弄びながら。
 降り積もった処女雪を踏み躙るように優しい三日月に歪んだ微笑みの気配を感じさせ、真摯さを感じさせる悍しい声で言葉を紡ぐ)

やろうと思えば何とかなってしまう――全知全能を気取るつもりはないがね?
(闇が晴れ、サフィの顔に浮かんでいたのは自嘲を含んだ苦笑。
 手で弄んでいた物は何時の間にか消えていた。初めから何も存在していなかったように)

この身はヒトだよ。だが私が“何”なのかは――
想像に任せよう。何事もまずは自分で考える事が大切だ。

限定条件下ならゴリ押しできると。恐ろしい。
実は気に入らない下級神をシメた経験があるな?

352 :サフィ ◆AS7jUrIcf. :2008/05/17(土) 23:20:24 0
>>342 ロリとクラウ
ふふん、それは世を忍ぶ仮の姿の一つさ。
少年は私から見ても面白い逸材だ。君は良い主を得たね?

やれやれ、漸く理解したか。だから少年は凡人なのだ。
うむ。倉庫を整理していたら良い物が出てきてな――当店自慢の一押しだ。

っ「キャロットカリバー」

>>344 ルー男
うん? 元気の出るお呪い「気合一閃」だが。
痺れるように甘く切ない痛みに嫌な事なんて吹き飛んだだろう。
(全く悪びれた様子も無く、くゆくゆと含み笑いを浮かべる)

>>347 グラサン
永く教職をやっていると色々と弊害が出てな。
一定周期で他の職に就き、澱みを処理する必要があるんだ。

それは遠まわしに死ねと言ってるのかね君は。
(↑人参と可愛い女の子がないと寂しくて死ぬ。多分)

353 :遠近ハガミ ◆HitTC6PrGs :2008/05/18(日) 00:12:36 0
>>315
わかる範囲かまぁ同じ異世界からきたんじゃ仕方ネェよろしくな
>>316
普通じゃねぇのが一番おもしろいじゃねーか。ここまで手間取らせて悪かったなありがとよあっ、そうだお前に聞きたいことがあるんだよ
>>323
いまさらかい!!って言ってほしいのか?まぁいいけどそうだよ、こことは違う所から来たのさそこにいるみょうちく…ええとアンポンタン?みたいな奴がいなくて魔法ってやつもない世界からなたぶん信じられねェとは思うけど
>>336
な、なんでもねぇよ気にすんな
(無意識に頭を撫でようとする)


354 :スウェン ◆.4fInfhBuI :2008/05/18(日) 08:38:42 0
俺も参加していいか?無理ならキッパリ断ればいい。

名前: スウェンだ。
肩書:学生だ。 
年齢:15だ。
体型:中背で痩せている。身長は167aスリーサイズは測ったことがない。 
種族:どうだかな。確か精霊とのハーフだった気がする。
職業:殺し屋。 
性別:男だ
技能:銃の腕前なら誰にも負けない自身はある。
銃からエネルギー弾を撃ち出す事も可能だ。
装備品:スーツ
容姿:容姿は普通だ。目は黒。肌は白っぽいな。
その他: クールとか無表情とかよく言われる。


355 :名無しになりきれ:2008/05/18(日) 12:37:33 0
ご新規さん大歓迎
あ、でも学生で殺し屋な理由とかを追記してくれると嬉しい
あとこの世界観では銃が希少品っぽいので持ってる理由とかも

356 :スウェン ◆.4fInfhBuI :2008/05/18(日) 14:14:45 0
>>355
おいおい…嘘だろ。銃は武装の中でも基本中の基本だろう…
俺が殺し屋なのに学生の理由か…単純に言うと俺は普通なら
学校に言ってる年齢なんだ。だが俺は物心付いた時から殺し屋だ。
いまさら学校なんていかななくても良いと思ってたんだがボスが
社会見学ついでにいってこいと言われて来た訳だ。後銃を持ってるのは
銃以外使いにくいからだ。どんな世界であろうと自分の使いにくい
武器で戦うはずないだろう?それに暗殺に向いてるしどんな状況に
でも対応できるし隠しやすい。それだけだ…

357 :スウェン ◆.4fInfhBuI :2008/05/18(日) 14:15:47 0
ageしまったーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!_| ̄|○

言い忘れていたが俺は2丁拳銃なんだ。

358 :名無しになりきれ:2008/05/18(日) 14:37:08 0
いや世界観的に銃は希少品なの
避難所の宝物庫>>4参照

359 :名無しになりきれ:2008/05/18(日) 14:55:12 0
ただ絶対に持てないような世界観ではない
古代の発掘品だったり異世界の物だったりするのはおk
また世界観もコレと決まっていないので、説得力のある設定なら覆せちゃう
例えば出身地が「魔法より火薬技術が奇形進化した国」とかね

360 :スウェン ◆.4fInfhBuI :2008/05/18(日) 14:57:59 0
>>358
この銃は親の形見です。希少品を奪いにキタ奴等のせいで
殺された親の形見なんです。ちゃんと言ってれば
ヨカター…で、その奪いにキタ人は結局銃を見つけれなかった
のでスウェンが持ってる設定です(アホの中の人より)

361 :スウェン ◆.4fInfhBuI :2008/05/18(日) 14:59:18 0
>>359
すいません。リロードしてませんでした。変えた方がいいですかね?
(中ry)

362 :名無しになりきれ:2008/05/18(日) 15:12:55 0
中の人なんて居ないですよ

363 :名無しになりきれ:2008/05/18(日) 15:17:30 0
形見で良いと思います
どんな由来のブツなのかさえ決めれば
無難なところで弾に困らない魔導銃とか

364 :名無しになりきれ:2008/05/18(日) 15:26:50 0
世界観もかなり曖昧だからな
遺物で魔法動力ならビームサーベルもレーザーガンも認められる(笑


365 :スウェン ◆.4fInfhBuI :2008/05/18(日) 16:59:00 0
>>362
……

>>363
そうですね。由来は発掘業営んでいた親がを地下からは発掘された2丁拳銃を
発見し持ち帰ったがそれを奪いにキタ強盗に殺された。結局強盗はスウェンに気付かず
スウェンが持っている事にも気付かなかったので結局スウェンが持ち主になったと
っていう感じですかね。銃は弾切れの心配のない魔導銃でいいです。

>>364
ビームサーベル(笑)

366 :光魔法教師:2008/05/18(日) 17:00:38 0
別にビーム出すのに道具は必要ないんじゃないかな?

367 :名無しになりきれ:2008/05/18(日) 17:31:41 0
ビームは科学的・魔法的に考えるとややこしいので捨て置くw

あとは在校生なり転校生なり、適当にロールすれば反応があると思うぜ>>スウェン

368 :スウェン ◆.4fInfhBuI :2008/05/18(日) 17:38:24 0
>>367
ビームの話で1000を目指すスレにナリソウダしな。
転校生と言う事にしておこう。在校生だと色々面倒そうだ。
ボスに迷惑がかかりそうだしな。黒い入学手続きをするのにも
時間がかかるしな。話に色々付き合ってくれてすまないな。

369 :名無しになりきれ:2008/05/18(日) 17:49:30 0
気にするな、俺は気にしない
それではエンジョイ学園恋愛ライフ!

370 :ルーマン ◆ZF.5kdieSE :2008/05/18(日) 18:32:45 0
>>342ケント
俺はいいんだよ、苦労人だって分かってるから。
お前は自覚症状無いから駄目なんだよ。

>>345アリス
見解の相違だな。
だから、あの状態で生に執着しながら戦えると思うか?
まあ、生き残れる道があるのなら、生き残ろうと努力はするけどな。

いいや、昔の話だからな。もう気にしていない。
さあな、俺に会いたがっているか…
俺の姉貴…というより、姉貴の男だが、世界を旅する芸術家で、
帰ってもどこにいるか分からないんだよ。それに、7年が過ぎているから。
生きているのかも分からない。だったら、こっちにいたいと思って、何かおかしいかな?

>>349アリエル
あぁ、トウヤの魔法無力化を研究して、魔法科学の技術を頭に叩き込んで、
ひらめいて作ってみたら大成功だったのさ。

ん〜…余計大丈夫か…??
中身がそんなのだと、…食われるぞ

>>352サフィ
俺はあんたが何考えてるのかまったく分からん。
ま、消極的だが、新たな出会いでも探すさ。
…お前は俺に何を望んでるんだ?

>>353ハガミ
ま、俺はここに来て今年で7年目だ。
その辺の異世界人よりは詳しいつもりだ。

ちなみに、今学園は学園祭に向けて準備中だ。
俺のクラスは喫茶店をやろうとしているからな、ぜひ来てくれ。

>>354スウェン
リーエン「変わった姿の子がいるね」
俺もスーツ姿だからなんともいえないが…確かに気になるな。
サロン「最近制服じゃない奴が多い気がするな。」
この学園大丈夫か…?

371 :ルーマン ◆ZF.5kdieSE :2008/05/18(日) 18:50:01 0
------大学部2-D------
委員長「学園祭が近づいてきている!準備は全員完了したな!」
クラスメイト「おおお!」
なぁ、なんで…
委員長「アレなら接客も可能だ!!頑張るぞ!!」
おい!なんで、
   ”メイド 執事 喫茶”なんだよ!!
クラスメイト「だってよぉ、女子が私達だけって酷くない?っていうんだから」
委員長「これならお前もコーヒー作れるだろ。」
…まあな。だけどよぉ
委員長「それと人手が足りないから、給仕も頼むな。」
なに〜!?俺が執事服着て給仕するのか!?
クラスメイト「いつもスーツ姿だから別にいいだろ?」
うぅ…

-------次の日------
委員長「ルーマン!それどうした!!」
ああ、給仕をするのなら、少し切った方がいいと思ってな。
(ルーマン、腰まで長い髪が、背中にかかるか、かからないかの長さになった。)

372 :ケント ◆.0QJdI3lzc :2008/05/18(日) 19:54:28 0
>>345
や、別にお礼を言われるような事でもないけど。
(その微笑みに照れたようにそっぽを向く)
――――――――――――
『!』
(なるほど納得、と言わんばかりに顔を輝かせる)

ちょ、そんな無責任な――
(「ま、眩しい!期待に満ちたクラウの表情が眩しすぎて直視できない!?」)

(↑巡り巡って結局は翻弄される運命にある)
――――――――――――
案外、本人に聞けばあっさり教えてくれるかもしれないね。
僕は噂を聞き及ぶ程度で触らぬ神に祟りなし派だけど。
(下手な事を聞けばロクな事にならない、と第六感が告げている為)

――え、それ本気で? ま、まあ構わないよ。
うん、大丈夫、何とかなるさ。何とか、ははははは……
(魔人の魔力に動力炉が持つかな〜等、疑問は浮かぶが――もう色々諦めた)
――――――――――――
うん? 別に構わないけど。
(屋台の最終調整を終え、アリスに振り返る)

今日は最後の追い込みをかける生徒のために校舎も開放されてるし。
10時だね、解ったよ――って、窓から出入りしない危ないから!
(しかし言葉虚しく、声をかけた相手は飛び降りた後だった)

……どうも真面目な話らしいね。
解った、聞くよ。時間なら全然大丈夫だしね。

『私は席を外した方が宜しいでしょうか〜?』

>>347
自分が常識人かどうかで何か、悩みたくなかった……

『えええ〜、私のせいですか〜!?』

クラウも確かに要素の一つではあるけど。
それ以上にサフィさんとかと関わってるから自分でも意識しないうちに普通の基準がズレてきてるのかも……
(相当衝撃を受けたようで、ぶつぶつ何やら呟いている)

373 :ケント ◆.0QJdI3lzc :2008/05/18(日) 19:56:34 0
>>349
まぁ見せかけの筋肉で教師は務まらないだろうしね。
あー……恋は盲目って言葉の体現を目にしたよ。うん。

『あはは〜、あくまで属性は副次的なものですからね〜』

アリエル、君も年頃の女の子だからもう少し落ち着きを持とうね?
それが無理なら吠えたりしないで、せめて人間らしく。
(さり気無く酷い事を言ってる気がしないでもない)
――――――――――――
うん、ありがとう。
全然フォローになってないけど気持ちは嬉しいよorz

『そういえば学園祭が近い事もあってか〜
 そのような類の小短冊が出回っているようですね〜』

……今年も汚物は消毒する季節がやってきてしまったか……

>>352
見えないところでロリ扱いしないでくださいよ!?

『ふぇ〜、では他にも姿があるのですか〜!?
 あはは〜……程々にお願いします〜』
――――――――――――
えぇぇー……それなら僕はもう凡人で良いです……
何だか凄くロクな物な気がしないってやっぱりー!!
や、それはダメですよ。僕には扱えないし使いたくないですし。
他のはありませんか、こう色んな意味で危なくない適当な武器って!?

>>353
平和で平穏で平凡な日々が一番だよ? や、本当に。
ん、まあ大した手間でもなかったから。気にしなくていいよ。
僕で答えられる事なら構わないけど、何かな?

>>354
(in校内)
『う〜ん、天然でも人工でもない混じり合った独特の気配がします〜』

……突然、壁に向かって言われても反応に困るんだけど。

>>370
ルーマンさんの場合は諦めてるだけです。苦労人から脱する事を。
僕は諦めない。苦労する運命だと言うのなら、そんな運命は覆してみせる……!

374 :アリスフェルト ◆KHLytzZXo6 :2008/05/18(日) 21:36:20 0
>>349 アリエル+コン
美醜感覚は人間とあまり変わらないわ。
大昔に“世界を変革させるほどの能力”を持った人間が世界の意志によって現界から隔離された。
“魔族”っていうのはそういった“人間や動物の突然変異種”なのよ。
今は、様々な交配が行われて色んな容姿をしてる者がいるけどね。
結局は、元は人間だったもの。感覚は人間と変わりないわ。

私も話を聞いただけだから会った事はないんだけど、何百年も絵を描き続けてる画家がいるらしいわ。
放浪癖があるらしくて会おうと思ってもなかなか会えないみたいね。

>>351 サフィ
いきなり廊下で強襲してくる相手にソフトにできると思う?
【はぁ〜と大げさにため息をつく】

まあいいわ。過去や未来・・・アナタに知らない事はないのかもしれない。
【どこか哀れむように呟く。殺気が薄れ、また静けさが戻る】

【ドロドロに溶けた闇を目の前にして、眉一つ動かさずに紅い瞳を睨む
何をするでもなく、寡黙に目の前に起こっている異常をただ睨む
そして、闇が晴れ目の前に現れた紅眼の少女を哀れむように見つめる】
・・・その身はヒト。でも、既にヒトじゃない。

―――その力ゆえ、アナタはヒトとして生きていけなくなった―――

―――その力ゆえ、アナタは全ての物事が軽く見えてしまう―――

・・・今のアナタはどちらかといえば思念体に近い。何かに囚われて生きる亡霊よ。

私は対魔王と対軍兵器として創られた存在・・・ジリオンも一対一なら負けなかった。
神は対象外よ。まあ確かに下級神なら殺せるわ。私が相手できるのは中級までね。

>>スウェン
『・・・精霊?いや・・・』

どうしたの?ソール。

『あ、いえ・・・不思議な波長を放っている者がいるので』

・・・ホント、不思議な事だらけねこの学園。

375 :アリスフェルト ◆KHLytzZXo6 :2008/05/18(日) 21:39:06 0
>>370 ルーマン
そうね。個人の尺度の違いはどうしようもないわ。
たとえ絶望的な状況でも生きる事を諦めなかったら道が見えてくるはずよ。

【困ったような表情を浮かべる】
それはおかしくないけど・・・もしお姉さんがアナタの帰りを待っているのならお姉さんは悲しむでしょうね。

>>372 ケント
【そっぽ向いたケントを、どこか切なげに微笑みながら眺める】
―――――
【これで万事解決と言わんばかりに頷くソール】
―――――
あっさり教えてくれるはずないでしょう?
絶対、何か無理な事押し付けてくるに決まってるわ。
私もパスよ。
【手をひらひらと振る】

やったー♪
【子供のように無邪気に喜ぶ】
**************
【静かに頷いて】
『はい。アリスについて話があります。クラウも席を外してほしい。』

376 :水無月 凛 ◆7Q1qJNYWx. :2008/05/18(日) 23:22:20 0
>>334
【隠した状況しか見えない】

>>337【額に手を当てて、はぁ〜とため息をつく】
・・・自覚がないなら致命的ね。ほら、背中。羽が生えてるわよ?
私は“心眼”を持ってるからね。“人間じゃない者”はすぐに分かるの。
まあそれはいいとして・・・早くその羽をどうにかしないと面倒な事になるわよ?

え?あ、はい!でも…心眼ですか?
【羽を隠す、疑問を投げかける】


>>342東方にもツクモガミ? とか言う似たような存在がいるとは聞くけどね。

『そうですね〜、望まれ作り出されたモノと〜
 長い年月を経て自然に生まれたモノとの違いありますけれど〜
 広義的に言えば遠い親戚のような関係と言えなくもありません〜♪』

じゃぁかさのお化けの仲間ですか?
【疑問ww】

377 :遠近ハガミ ◆HitTC6PrGs :2008/05/18(日) 23:59:44 0
>>354
同じ殺し屋か…いや、アンタの方が先輩だな。お互い血塗れだなまぁ匂いですぐ分かったけどな
>>370
7年も居んの?じゃあそこそこ詳しいわけだお互いマジでここで骨埋めなくちゃならないかもな。
喫茶店やるのか楽しみだまぁ災難が降りかからない限りは行ってやるよ
>>373
なぁ、さっきから『我と契約しろ』とか言ってる変な声と見えないはずの目が目隠ししてても外が見えるようになるのが異世界人の特権なのか?

378 :ヒナ ◆sogbUFoWVw :2008/05/19(月) 00:24:23 O
【一人の少女がホコリまみれで図書館からフラフラ〜と出る】

ふぅー、また徹夜してしまいましたけどやっと本の片付けが終わりましたー。

379 :スウェン ◆.4fInfhBuI :2008/05/19(月) 18:05:41 0
この学園には個性的な奴等が沢山いるな。…いい意味でだ。

>>370
征服に金をまわ…ゲフンゲフン。いや、何もない。

>>374
ふぅ…この学園には不思議な奴が多いな…

>>377
…アンタも同業者だったのか。匂いは隠しているつもりだったがなんの
足しにもならなかったか。

>>378
…大丈夫か?ホコリまみれだぞ。…いや余計なお節介だな。

380 :サフィ ◆AS7jUrIcf. :2008/05/19(月) 20:18:57 0
>>354 スウェン
――なんだ男か。
(素性や堅気でない雰囲気やスーツを着ている事など眼中にすらない10歳児)

>>370 ルーマン
当前だ。私の崇高な考えを理解できる方が恐ろしい。
うむ。リコくんやセレナ女史他、女教師と言う選択もあるな。

私はね、ヒトの浅ましく藻掻きながら懸命に前に進む姿勢が好きなんだ。
ルーマンくん。君は道化でも良い、たくましく生きて欲しい。
(↑我ながら良い事を言ったな……と悦に入っている)

>>373 ケント・クラウ
目敏い奴だ。そこまで必至だと逆に怪しいぞ?

はっはっはっ、良い女には謎の10や20はあるものなのだよ。
うむ。死んだ方がマシな目には合わせないから安心し給え。

そんなつまらん返答は却下だ。
少年を立派な変人ゲフンゴンッ、使い手にするとクラウくんに約束したからな。

ふむ、何が気に入らないのか全く理解できないが……
まさか断られと思っていなかったし、他なんてある筈がないだろう?
仕方ない。そこの在庫放出棚に置いてある物から適当に選びたまえ。
(面倒になったのか投げやりに言い放つ)

>>374 アリスフェルト
ちょっとしたスキンシップじゃないか。
別に押し倒してベッドに連れ込もうとしたわけでも無いのになぁ。
(道端で雨に濡れて震える捨て兎のようなオーラを漂わせる)

ふむ、亡霊か。言い得て妙だ。
良い線を行っている、しかし訂正が1つ。
私は生まれた時から私だった。卵でも赤子でもなく“私”だった。
だからヒトとして生きていけなくなった、と言うのは正しくない。
勇者リオンと仲間達――人界ではそれなりに知られた御伽話の1つだ。
“サフィニア・フォーセットとしての私”は、語り継がれる事のない御伽噺の残滓から続いている。

その割に活躍が魔王が斃れた後の負傷者救援だったような……
できるからと言って実際に殺ってはダメだからね? 下級でも神は神だからな。

>>378 ヒナ
おやヒナくん、姿を見ないと思えば図書室に居たのかね。
君はそのうち本に溺れて溺死しそうでお姉さんは心配だよ。
(と声をかけるサフィ似の10歳児)

381 :トゥーリア ◆SkuLnVVFBA :2008/05/19(月) 22:11:55 0
>>338-339 アリス・サフィ
ルーマンがキッサテンをしたり…ケントがヤタイをするの……
…………どっちもよく解らないけど……楽しみ、だよ。

……うぅん…わたしは警戒されても、仕方ないから……
(和らいでいた雰囲気が消え、表情も自虐的なで悲観的な色に曇る)

>>343 ケント
……うん……ありがとう……
…ケントは、お月様の匂いがするね……
わたし、は――すぅ……(そのまま眠ってしまった模様

>>344 ルーマン
…………
…それが、ルーマンの答えなんだね……
うん…わかった……(俯いてしまい顔色は伺えない

……大丈夫、だよ……?
(よーく見れば表情が強張っているのが解る)

>>353 ハガミ
…………っ
(伸ばされた手に怯えるように体を硬直させ目を瞑る)

>>354 スウェン
……知らない人……転校生、かな……(遠巻きに眺める

382 :名無しになりきれ:2008/05/19(月) 22:17:53 0
475超えそうなので次スレ用意しときました

http://etc7.2ch.net/test/read.cgi/charaneta2/1211202960/l50

383 :ルーマン ◆ZF.5kdieSE :2008/05/19(月) 22:51:16 0
>>373ケント
…まあ頑張れよ。
そんなことに力を咲くより、その苦労から、いかに楽しく暮らすかが一番の問題だと思うがね?」

>>375アリス
ああ、生きるのをあきらめるのは愚の骨頂だ。
生に固執するのと、生きるのをあきらめるのはまったく別の話だからな。

はっは、姉貴は、家を飛び出したんだ。世界を回るといっても
浮浪者といっても変わんないって、親も、俺も言ってたんだ。
そしたら、「自分の行きたい道を行きたいの!」これさ。
だから、俺もここにいたい。だから姉貴には言う権利はないのさ。

>>377ハガミ
俺はこの世界気に入ってるから、別にここに埋めてもいいんだけどな。
コーヒーには自信があるぜ〜。

>>378ヒナ
あっ…(襲撃などで、仕事を放棄して戦いに言ったのを思い出す)
ヒナ…ごめんな、あの後こっちに来るの忘れてた…
少し休んだらどうだ?お前の年で徹夜はよくないぞ?

>>379スウェン
あっと、悪いな。別に悪気があっていったわけじゃないんだ。
同じスーツ同士よろしくな。
リーエン「いってて変だとは思わないの?」
今そう思った。

>>380サフィ
いや〜…誰だっけか…
教師でそんな女性がいたのは覚えているんだが、顔が思い出せない…

たくましくね…いいだろう、悪あがきでもあがいてみせるよ。

>>381トゥーリア
ああ、俺の考え…というより、俺の行き方だな。
お前はどうなんだい?

まぁ、喫茶店に来て変な誤解を生まないように頼みたいね

384 :遠近ハガミ ◆HitTC6PrGs :2008/05/19(月) 23:12:36 0
>>378
……あんた大丈夫か?なんか汚いけど。図書館って本が多いから片付けるの
大変だよなぁ〜
>>379
悪いね似たもの同志だとわかるんだよ、コイツは同類だって。俺はまだ新人
だけどな。あんたも同じ世界から来たとも限らないしな
>>381
わっ、わるい!!ついクセでな…ハハハッ…
(いつもしていたように頭をクシャクシャと撫でた直後に気付き、精一杯の笑顔で謝る)
>>383
俺はいやだね。まぁ元居た世界より全然マシだが骨を埋める気はさらさらねぇよ
そう簡単にくたばる気もねぇしな。俺は舌が敏感でな
うまいもん飲ませなかったら承知しねぇぞ

385 :アリエル・ノーザンライト ◆m1s2CLyeKw :2008/05/20(火) 21:22:17 P
>351
「無乳とは何ですか!無乳とは!
 そりゃあ平均よりは小さいですけどちゃんとあります!!」
コン「って、そこに反応するんすか!!」

「とりあえず戦国で自衛隊な人たちを役立たずに出来る・・・・って言ってましたv」
コン「戦国で自衛隊な人たちってなんっすか?」
「さあ?私にはさっぱりですvでも無敵らしいですよ科学の武器相手にはv」
コン「どっちにしてもこの世界では役立たずっすね」

「今の見た目年齢的に私のほうが年上なんですが・・・」
コン「いっそのこと姉御も小さくなってみるっすか?」
「却下ですv」

>353
コン「コンキスタンっす!タンしか会ってないじゃないっすか!!」
「どうでもいいですよぉ♪」
コン「まあいいっす・・・つまり異世界人っすね」
「割といっぱい居ますよぉv」
コン「別に勇者を異世界からって言うわけでもないっすけど・・・・何故かそうっす」
「でもあまり逆は聞かないですv」

>354
「お兄ちゃんと同じぐらいの人がいます」
コン「それは身長的意味でっすか?」
「そうですvでもやっぱりお兄ちゃんのほうが良い男ですv」
「蓼食う虫も好き好きっす」

>366
「ブラムブ○イザーとかですか?」
コン「いやいやきっとフォース・ブレードっす」
「やっぱり手のひらから出すのかしら?」

>370
「凄いです!天才です!!」
コン「姉御が従兄妹以外の男を褒めてるっす・・・珍しい」
「でもお兄ちゃんも凄いんですよv」
コン「すごいったって超能力の無い世界で超能力無効化装置作っても意味がないっす」
「超能力ってなによ?」
コン「あたいもよく知らないっすけど・・・・物のたとえっす」

「お、お兄ちゃんが食べられちゃうんですか?」
コン「先に言っておくっすけど人食い的意味じゃないっすよ」


386 :アリエル・ノーザンライト ◆m1s2CLyeKw :2008/05/20(火) 21:25:34 P
>373
「乙女の恋は無敵なんですv」
コン「無敵っすv」

コン「無理っすよ姉御は猛禽類なんすから」
「誰がハーピーの親戚よ!!」
コン「ハーピーだったらもっと胸があるっす」
「キィィ・・・・っと怒られたんでしたっけv」

コン「黒い方の姉貴だったら喜んで買いに行きそうっす」
「あの雌狐・・・・お兄ちゃんに悪影響が出るまえに消さなきゃ」
コン「消さなきゃって・・・・姉御」
「ちょっとした冗談ですv」

>374
「元々は人間・・・・か」
コン「あたいも元々は普通の狐だったっす」
「どうでもいいですよぉ♪」
コン「・・・・・・・・」
「とりあえず“世界を変革させるほどの能力”ってサフィさんとかあのあたりですか?」
コン「姉御の親戚のアイギス叔母さんとかっすね」
「ファイヤーボールで町ひとつ吹っ飛ばすぐらい割と誰だって出来ますから違うでしょv」
(周りの人たちがバケモノばっかりだからそれが普通だと思ってる)
コン「最近は世界意思が他所からそういう人を呼んできてるような気がするっす」
「多分気のせいですよぉ♪」

「放浪癖ですか・・・・」
コン「裸で大将な感じっすね」
「意味がわかりません」

>378
「ずいぶん埃だらけですねv」
コン「・・・・姉御が自分から胸の大きい人に話しかけてるっす」
「いえv久しぶりに戦い関係ない平和的な人にあったもんでv」



387 :ケント ◆.0QJdI3lzc :2008/05/21(水) 00:05:53 0
>>375
………?
(一瞬、視界に移った笑みに違和感を覚えるが。それが何なのか、今のケントが気づく事はなかった)
――――――――――――
いやそんな綺麗に纏めないで!?

『あはは〜、明日が楽しみですね〜。らんらんる〜♪ らんらんる〜♪』

orz
(どこかの道化的に喜びを表す従と崩れ落ちる主)
――――――――――――
女の子相手に無茶な要求はしないと思う。多分。
男の場合は情け容赦ない事間違いないからなぁ……
まぁそこまでして知りたいって程でもないか(苦笑

あ、あんまり過度の期待はしないでね。
(「当日のお守りは当然僕か……大怪我だけはしませんように」)

(↑最近ほとんど役に立ってない神に祈るくらいに自棄)
――――――――――――
『わかりました、それでは先に家(テント)に帰っていますね〜
 あとは若い者同士と言うことでゆっくりお話なさってくださいね〜♪』

ソールは自分と同じだろうに……
ああ、ごめんよソール。それで、アリスについての話って言うのは。
(頭痛を堪えるように眉間を押さえていたが、気を取り直してソールを見据える)

>>376
『妖としての存在計数が高くなると違ってくるのですが〜
 遠い親戚には違いありませんのでそう思ってくださっても結構ですよ〜♪』

>>377
さあ……それは人それぞれじゃないかな?
世界を超えた人が異能に目覚めるって事例はあるらしいけど。
幻聴や幻覚の類でないならそれも含めて相談してみるべきだと思うよ。

>>378
今まで片付けてたのか。
うん、ある意味その姿勢は尊敬するよ……

388 :ケント ◆.0QJdI3lzc :2008/05/21(水) 00:06:49 0
>>380
ああもう、この人はああ言えばこう言って貶める……!

『ふぇぇ〜、サフィさんが言うと冗談に聞こえませんね〜
 そ、それは安心できるのか微妙ですが〜……はぅはぅ〜』
(サフィの真意が掴み取れず困惑する)

当人が知らない所で交わされた約束ってどうなんでしょう。
や、まあ鍛えてくれる事自体は嫌じゃありませんけど……
途中で言い直した言葉に凄く不安を感じるんですが。

気に入るとか気に入らないとか、そういう問題では……
(これ以上は何を言っても無駄だろうなぁ、と口を閉ざす)

解りました、適当に選ばせて貰います。
クラウ、呪われたり危なそうなのに警戒よろしく。

『了解しました〜。むむむむむむ〜……
 その剣は性転換の呪いが掛かっているようなので触れないように気をつけてください〜
 そちらの槍は恐らく資格者以外が触れると腕程度は吹き飛ばす仕組みと思われます〜
 あ、それは武器に擬態した寄生生物ですね。やっぱり触る危険なので――』

……サフィさん、本当にこの中から選ばないとダメですか。
(迂闊に触れることも出来ない危険物を前にギギギ、とぎこちなく首を動かす)

>>381
『眠られたようですね〜。どこか休む事が出来る場所にお連れになりますか〜?』
(言いながら実体化、ケントから一時トゥーリアを預かる。
 その間にケントはトゥーリアを背負えるように身を屈め、クラウから受け取る)

さすがに廊下の真ん中は問題があるしね。
保健室――は負傷者で満員か。仕方ない、寮まで戻ろう。

『確か緋織さんがルームメイトだったと記憶しています〜
 女子寮の前まで運べば後は其方の方に任せて大丈夫と思います』

了解。じゃあそこまで行こう。

>>383
苦労してますし疲れますし大変な事が多い毎日ですけど。
それが苦痛じゃないし暇もしてないのでそれなりに充実した日々を送ってる――筈です。
まあハプニングと言うには些か度が過ぎた事が最近続いてるのは否定しませんけどねー……

>>386
恋する乙女が素手で竜を討伐した実例があるくらいだからなぁ……
男って生き物はどんなに強くなっても女に逆らえないって意見もあるし。
男には越えられない壁……貫通不可能な障壁かに?
――――――――――――
『パーピーは種全体がスレンダーだと記憶していますが〜
 彼女たちは空を飛ぶ為に最も適した身体をしていますし〜』

つまり細身で小柄ってことだね(アリエルを一瞥
ある意味納得できると言えば――ウン、ナンデモナイヨ?
――――――――――――
……冗談でなかったとしても今回ばかりは応援しよう。

『あはは〜、やはり自分が対象になると笑えないものがありますからね〜』

389 :アリスフェルト ◆KHLytzZXo6 :2008/05/21(水) 17:16:00 0
>>376 凛
心眼って言うのはね。目には見えない事象を読み取る能力よ。
あと私は魔族以外の者はすぐに分かるの。
・・・む。龍種にしてはおっちょこちょいね。
アナタなんていう名前?

>>379 スウェン
【遠目からスウェンを眺めながら・・・】
『・・・・・・感付かれていたか』

ん〜?あの子がさっきソールが言ってた“変な子”?

『いえ、別に変とは言っていませんが・・・』

なるほど・・・混血のようね。容姿からして人間の血の方が濃さそうだけど。
半分人間であと半分は・・・幻想種?いや精霊かな?珍しいタイプね。

『・・・・・・・・』

>>380 サフィ
時間操作まで使ってどこが“ちょっとした”よ。そこまでしたらスキンシップとは言えないわ。
そんなオーラ出しても無駄よ。アナタにかける慈悲なんて持ち合わせてないもの。
【可哀想オーラを一言で吹き飛ばす】

【急に鋭い眼つきになる】
・・・“魔神アナスタシアと勇者リオン”か・・・その話は知っているわ。魔界でもその伝説は残ってる。
世界の平和を求めた勇者達。でも、結局もたらされたのは破滅。皮肉な話ね。
【呆れた顔をして】
アナタが協会から禁忌指定を受けた魔法使い。“3 サフィニア=フォーセット”
勇者一行に勝利をもたらした魔法使いであり、世界を破滅まで追いやった魔女でもある・・・
協会から追われてるはずなのに、よくもまあ悠々と人参なんて栽培してるものね。

いくら私でもダメージは受けるし、傷が深ければ戦闘不能にもなるわよ。
特にジリオンは急所こそ外したけど、あの一撃だけはフルパワーだった。私以外なら、即死よ。
あのねー見境なしみたいな言い方しないでくれる?その辺りの区分くらいちゃんとできてるわよ。
【プンプンと怒る】

390 :アリスフェルト ◆KHLytzZXo6 :2008/05/21(水) 17:16:56 0
>>381 トゥーリア
喫茶店と屋台か・・・面白そうね♪
私も良く分かんないけど♪

そうなの?殺気も感じられないし、警戒って感じじゃないんだけどな〜?
どっちかというと、好意的に近づいてきてるような気がするけど。ただ、二人ともちょっと特殊なだけで。

>>382
お疲れ様〜♪

>>383 ルーマン
そうでしょう?諦めるっていうのは自分自身で可能性を潰してるのと同じよ。
なんにしろ諦めるのは良くないわ。
【にっこりと笑う】

【少し驚いたかのように目を開き。興味深そうにルーマンを見る】
ふ〜ん。なるほどね。そういうのもありかもしれないわ。
どんなことも最後に決めるのは自分自身。アナタがそう思うならそれはそれで正解なのかもね。

>>386 アリエル+コン
サフィは人間よ。まあ確かに特殊な能力を保持してるけどね。
異能者が100%魔族として生まれるわけではないの。
時には人間として生まれる場合もある。可能性の問題ね。
【呆れた表情を浮かべる】
・・・あのねアリエル。ファイヤーボールで町を吹き飛ばすのは普通じゃないわ。
世界の意思か・・・それはそれで厄介なんだけどねぇ〜・・・

391 :ソール ◆KHLytzZXo6 :2008/05/21(水) 17:44:02 0
>>387 ケント
『いえ。支障はありません。』
【凛とした表情で淡々と話す】
『魔王討伐の協力、感謝します。予定外ではありましたがこれでアリスと私は目的を果たせました。
これで、アリスも解放されます。魔界の権力闘争も一時的ですが収まるでしょう。
あぁ、魔王と倒した事によってこの学園が襲われるという示唆もありましたが、その可能性は低い。
そもそも「世界の軋轢」があるこの世界に留まる必要性が彼らにはない。
ジリオンは変り種と言ったところでしょうか・・・まぁそれはさて置き、魔界からの襲撃も無いと言ってもいいでしょう』

【少し俯いてケントから目を逸らし】
『・・・ですが・・・そうですね。少し話は長くなりますが聞いてください』

【またいつもの表情に戻り淡々と話す】
『まずはアリスの出生について少し話しをしておかないといけません。
実はアリスは生物輪廻の中に組み込まれた者じゃない・・・つまり、「創られた存在」です。
アリスはある魔王の術式より創られた者で、その中でも優れていたので魔姫と言われていた』

【コホンと咳払いをして話を続ける】
『アリスの出生後の話しはまた次の機会にしましょう。
次に、このアリスを創った術式なのですが、この術式には2つの機能が備わっています。
一つは魔人を創る機能。もう一つは術式で作った魔人に魔力を供給する機能です。
前者は・・・説明する必要は無いですね。問題は後者です。
この「術式デュープリケート」で創られた魔人は自ら魔力を精製する事はできません。
ですが、この術式で創られた魔人は受肉こそしていますが、存在は精霊に近い。つまり“魔力で肉体を具現化”させているのです。
魔力を精製しなければ肉体は維持できない。しかし、自ら魔力を精製することはできない。
この矛盾を取り払うのが、第二の機能なのです』

『つまり、アリスはこの術式が機能することによって生まれ、体を維持する事ができた。
そして、術式は魔王が管理していたからこそ機能していた――――しかし――

【そしてより一層緊張感を漂わせ、ケントをしっかりと見据え話す】
『今、魔王を破ったことにより術式の機能は失われた。結果どうなるか分かるでしょう』
【少しだけ息を呑むソール、そして・・・】
『――――魔力が無くなったアリスの体は乖離し始めています』
『さっき言ったように、術式は魔王が管理していました。が、今はもう居ない。
魔王が死んだ今、術式を扱える者すら存在しない。
結論を言いましょう。アリスは死にます。・・・そうですね7日といったところでしょうか。
もし、このまま治療や世界摂理の創造を使用するとなれば更に死期を早めます』
【と、ありえないはずの未来をポンと話す】

【少しだが、悠久の時間のように思えた刹那】
『・・・だから、ケント貴方に頼みがあります。
死は逃れられない。だからせめて・・・死ぬまでの間アリスのワガママに付き合って欲しい』
【と、俯いた状態で声を震わしてせめてもの希望を呟く】

392 :スウェン ◆.4fInfhBuI :2008/05/21(水) 17:52:37 0
>>380
なんだ男だ…?俺を女とでも思ってたのか。そんな奴初めてだぞ。

>>381
スウェンだ…よろしく頼む。

>>383
いや、別に気にしてなどいない。こちらこそよろしく頼む。

>>384
新人か…アンタも結構な実力者らしいからな。そう易々と死ぬとは思わないが
仕事では死なない事を祈ってるよ。

>>389
【アリスフェルトの顔見ながら】
変な子か…よく言われるが…自己紹介がまだだったな。
【一瞬でアリスフェルトの所に移動して】
俺はスウェンだ。よろしく頼む。

393 :ヒナ ◆sogbUFoWVw :2008/05/21(水) 19:43:49 O
>>379
私なら大丈夫ですよ、いつもの事ですから。ところでどなた様でしょうか?もしかして新入生ですか?

>>380
はい、また図書館の整理をしていました。
今回はちょっと時間がかかってしまいましたけどやっと終わりましたー。
大丈夫です、心配させてしまってどうもすいませんでした。
……もし間違っていたらすいませんけど、あなたはサフィさんでよろしいのですよね?(戸惑いながら質問してみる)

>>382
お疲れ様でした♪

>>383
おはようございますルーマンさんー。いえ、気にしないでくださいルーマンにも色々と事情があったのでしょうから。

私なら大丈夫ですよ、ちょっと眠いですけど…徹夜はもう慣れています!(ちょっとフラフラ気味)
ところで私が本の整理をしていた時に何だか騒がしかったみたいですけど何かあったのでしょうか…?

>>384
大丈夫です、この身体の汚れの代わりに皆さんの役に立つ事が出来たのですから!
確かに本の整理には時間はかかりますけど…もう慣れました!

394 :ヒナ ◆sogbUFoWVw :2008/05/21(水) 20:28:24 O
>>386
ええ、本の整理に時間かけてしまったせいで汚れてしまいました…。
どうかしましたか、お二方で何やら話しているみたいですけど…?

>>387
はい♪本の片付けは私の仕事ですから!
尊敬だなんて…私は自分がやるべき事をしているだけですよ!

>>389-391
あのー…あなたも新入生でしょうか?(恐る恐る話しかける)

395 :遠近ハガミ ◆HitTC6PrGs :2008/05/22(木) 22:19:11 0
>>385
だれも聞かないか…異世界人が沢山いるってことは同じ境遇の人間がいるんのか…
おいアンポンタン、帰る方法教えろ
>>387
誰にだ?どうせ見知らぬ異世界人ここに来た際に頭がおかしくなったの一言で済まされるのが
オチだろうよ?
>>392
元いた世界での職業だよここまで来てやろうと思えるほどイカレちゃいないさ。あんたはするつもりか
だったらここでのアンタは危険だ場合によっちゃ…
(ナイフを懐が引き抜く)
>>393
ったく仕方ねぇな掃ってやるやるからこっち来い。スッゲェ汚れてんなここに来たばっかで
言うのはおかしいのだがご苦労さん



396 :サフィ ◆AS7jUrIcf. :2008/05/23(金) 00:02:32 0
>>383 ルーマン
ふむ、まあそんなものか。
転校生も野郎ばかりで潤いに欠ける。
新たな出会いは望めそうも無いなぁ……

でもな……
辛くなったら男色に走っても…
…お姉さんは別に怒らないよ……

>>383 アリコン
その見事なツルペタっぷりはステータスなのだよアリエルくん!
貧乳よりも微乳よりも更に慎ましく広がる夢の平原に、君は吟味を持つべきだ!

うん? それほど差があるとは思わんが(バスト的な意味で

>>388 ペド・クラウ←名前っぽい
何を言っているんだね君は←真顔

はっはっはっ、私は何時でも本気だよ?
ふふん、巨大剛健無双な船に乗ったつもりでいたまえ。

少年、君に守りたい人はいるか?
その人の笑顔のために命を賭ける覚悟はあるかね?
覚悟があると言うのなら。その為の力をくれてやろう。
(不自然なまでに緩い雰囲気のまま、どこか歌うように弾む声で)

なかなか売れず処分に困っている持って行ってくれると助かるぞ。私が。
なあに、多少癖は強いかもしれないが。かえって免疫が付くと言うものだ。

397 :サフィ ◆AS7jUrIcf. :2008/05/23(金) 00:06:16 0
>>389 アリスフェルト
時間魔法の初歩的な加速と大差ない程度じゃないか。
可愛い悪戯の範疇に収まるスキンシップだと言うのに……

それは“私”以前のサフィニア=フォーセットの所業だよ。
破滅を望んだ彼女は時空を歪め朝と夜から昨日と明日に繋げようとした。
そうする事で全ての理を狂わせ、世界を原初の混沌へと還そうとしたが――
元仲間達に阻まれてしまいこの世界は今も続いている訳だ。

で、当時。器を破壊されたばかりの“私”が彼女の姿と肉体を貰い受けた。
予想以上に馴染むまで時間を要したので活動が開始できたのは暫く経ってからだね。
禁忌指定は同姓同名の別人だ。彼女の血縁ではあるかも知れんが“私”とは関係ない。
そもそも前身になった組織はともかく彼女の生きた時代に協会は存在しなかった。
“私”に接触してきた事もあるが、その頃には既に彼女は御伽噺の存在になっていたね。

つまり油断していた所に良いのを貰ってしまったわけだね?
それなら仕方ないな。私も女の子を愛でている時に強襲されれば成す術もないだろう。

頬を膨らませて「私、怒ってます。プンプン!」なアリスフェルトくんも可愛いなハァハァ←本音
(ああ、すまない。アリスフェルトくんは感情表現が素直なので見誤ってしまったよ)←建前

>>392 スウェン
誰が野郎なんぞを可愛い女の子と見間違うか。
いいかね? 少し影を背負った転校生は美少女と相場が決まっているのだ。
それなのに君と来たら……少しは空気を読んだらどうかね!
(どう考えても無茶苦茶な言い分です本当にry)

398 :サフィ ◆AS7jUrIcf. :2008/05/23(金) 00:13:03 0
>>393 ヒナ
立派な図書館中毒だな。それも末期の。
程々にしないと強制的にでも引き離す所業だよ?
君は正しい――間違っていないよ、ヒナくん。
図書館で君が籠城している間に色々とあってね。
幼児退行することでなんとか事態を収束したんだ。
(真顔で嘘を吐く見た目10歳実年齢不明の魔女)

399 :アリエル・ノーザンライト ◆m1s2CLyeKw :2008/05/23(金) 10:14:14 P
>388
「素手でドラゴンを・・・・・」
コン「さすがに姉御でもそれは無理っすね」
「妖狐ぐらいならいけますけどv」
コン「別に姉御に討伐されるようなことはしてないっす」
「あなたじゃなくてあなたの黒いお姉さんよv」

「でもこの前焼き鳥にしたハーピーはみんな私より大きかったです・・・」
コン「姉御は鳥胸以下ってことっすね」
「なんですって!?」

「ちょっと!それどういう意味ですか!!」
コン「スレンダーでいいじゃないっすか」
「良くありません!お兄ちゃんはグラマーが好みなんです!」

「腐のエネルギーを消し去りますv」
コン「あたいの実の姉にあんまりひどいことしないで欲しいっす」

>390
「可能性ですか・・・・・・」
コン「そういう姉御の親族は魔族でもないのにみんな化け物っすけどね」
「そういうあなただって妖怪じゃないコンキスタン」
コン「あたいはたまたま普通の狐だった頃に長生きしただけっす」

「じゃあ素手でアイアンゴーレム粉砕するのも普通じゃないんですか?
 アイギスさんは頑張れば割と誰でも出来るって言ってましたけど」
コン「姉御の親族って一体・・・・
   ああそういえばあたいの殺生石もあの人に素手で粉砕されたっすね」

「世界の意思に逆らったらどうなるんでしょう?」
コン「さあ?逆らったこと無いっすから判らないっす」



400 :アリエル・ノーザンライト ◆m1s2CLyeKw :2008/05/23(金) 10:15:17 P
>394
コン「いやあ最近物騒っすから」
「そうですねv」
コン「そういえば妖魔百物語の新刊はもう入ったっすか?」
「そんなもの読んでるんだコンキスタン」
コン「あたいの前世の話が収録されてるらしいっすから」
「でもコンキスタン学生じゃないから学園の図書館使えないんじゃ?」
コン「あ・・・・」

>395
コン「あたいはコンキスタンっす!」
「どうでもいいじゃないv」
コン「良くないっす!」
「で、帰る方法とか知ってるのコンキスタン?」
コン「そんなもの知ってたらトウヤさんとかにとっくの昔に教えてるっす」
「・・・・元伝説の大妖怪も役に立たないわね」
コン「まあ元っすから」

>396
「私の胸って貧乳以下!?」
コン「まるで洗濯板のようっす」
「き、キシャァァァ!!」
コン「姉御が野生化した!?」

「いくらなんでも10歳よりはあるはずです!!」
コン「じゃあとりあえず比べてみるっす」
姉御のの恋敵であたいの姉ブラックフォックス(人間体)
B57/W48/H67
姉御
B68/W54/H70
あたい(人間体)
B52/W48/H55
「ほら!ちゃんと大きいです!」
コン「追いつかれるのも時間の問題っす」

501 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)