5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

誰かの顔のパーツが宿る人

1 :カナリエ=カリカチュア ◆groMilKs4. :2008/01/18(金) 19:03:49
鏡越しに見るとそこには別人が居ました。
目が違う、ある時には口が、鼻が、輪郭が。
悪意のある誰かの顔のパーツがへばり付いていました。
しかし直接顔を見るといつもの見慣れた顔です。

2 :名無しちゃん…電波届いた?:2008/01/18(金) 19:10:27
 ::::::::::::::::::::                        ::::::::::/ ):::::::::
:::::(\:::::::               _人           / / ):::::::::::
:::::/\\             ノ⌒ 丿        /  / /ヽ::::::::::::
:::: ヽ \\         _/   ::(        /  / / /::::::::::::::::
:::: ( \ \\      /     :::::::\      l  三 / / ):::::::::::::::
:::::::ヽ ヽ . ミヽヽ     (     :::::::;;;;;;;)    /   二 / /::::::::::::::::::
::::::: ( \ ヽミ ヽヽ    \_―― ̄ ̄::::::::::  /    二 ___/ヽ ...::::::::::::::
::::... /ヽ ヽ ニ ヽヽ  ノ ̄     :::::::::::::: //   ニ _______/   ...:::::::::
:::.   ヽ____  ニ ヽ ( ´Д`  ::::::::::::::;;;;//    ニ ____ノ     .....::::::::::
      ヽ___,  ニ/ ̄――――― ̄ ̄::::::::\ ニ ___ノ +   + ....:::::::::
        ヽニ -‐(        :::::::::::::::::::::::::::::::::≡ __ノ+ ┼ *:::::::::
         ヽ---\__::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ_ +  ┼  .::::::::::
 :::::...     + ┼ +   +    ー-、___~'''''ー-、   :....::::::::::::
  :::::::....     + ┼    *+     +~~'''ヽ ..:...::::::::::::::::::::
          うんこが「ある」という事はそこに生命が存在しているという事の証
     生命が「ある」という事はそこにうんこが存在する
うんこは生命の食物連鎖の重要なカギを握っておりうんこの存在無しでは生命は存在できない
         http://etc7.2ch.net/test/read.cgi/denpa/1180177873

3 :さっきまでいた人:2008/01/18(金) 20:05:40
女子たちに明日はない

4 :カナリエ=カリカチュア ◆groMilKs4. :2008/01/19(土) 00:22:51
たまには鯨の串焼きでも食べに行きたいです。

5 :カナリエ=カリカチュア ■groMilKs4.:2008/01/19(土) 02:30:06
          カナリエ
            ↓

          .,..-'''''"゙゙゙゙゙゙゙゙゙''''- 、
    . . -''´;;;;;;;;           `'''-、    コクッゴクッ
   .,,ー.;.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:.   ...-'''''''''l、゙`., 
 ,,i´";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: : : : : : .:.._,,..v.‘ゝ..、
 l;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: :       :υ      . `i     
.l;;;;;....;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;..;;;;;;;::: : :          .:!::::'゙;: !.^) 
il.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;..;__;;;;;:;:;;;;.;;...:: : : : : : : : :      //""'''''''---,,,,,,______ ;;;;--
.|;;';;;;;υ;;;;;;;;;/lニ'-、:::::::::;:;;;;;;::::: : : : :      : /;/  υ  ・  υ""""::::::::成谷君、もっとくれ給え。もっともっともっとだ。
.l.;;;;;;;;;;;;;;;;.l丶::゛,!:ili.._:::;:;;;;;;;;;;:.::::::: : : : : : : ::!υ\:::::::::::υ.........  〜  〜
゙lli;;;;;;;;;;;;;;;;ゝミ;;-:: `″;.'!   ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...´: : : ゙υ ) ̄"""---,,;;;;;::::::::::
 .゙!i_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;~'T'ー-;;;..;;;.;;;;;;;;;;..;;;;;..............;   ;;;;      /  ̄ ̄  〜    \
  ゙゙k.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...;...;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/    /  〜   :    υ ::::::::丶
   `!l、;;;;;;;';;;;;;;;;...υ;;;;;;;;;;;;;;;;..;......'-、,;;;;;;;;;;;;;;;;;./     `、  υ  ::    〜  :::::|
     .゙'!ii;い;.;;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;....;;;;~''.;;;'''γ         ヽ 〜   ..::: 〜 〜  ::::::/
     i'゙ ゙̄''- 、;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.!         `i、__;;;;;;:::/\  :::::::/
     !;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'-、.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; /    


          カナリエ
            ↓

          .,..-'''''"゙゙゙゙゙゙゙゙゙''''- 、
    . . -''´;;;;;;;;           `'''-、    コクッゴクッ
   .,,ー.;.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:.   ...-'''''''''l、゙`., 
 ,,i´";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: : : : : : .:.._,,..v.‘ゝ..、
 l;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: :       :υ      . `i     
.l;;;;;....;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;..;;;;;;;::: : :          .:!::::'゙;: !.^) 
il.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;..;__;;;;;:;:;;;;.;;...:: : : : : : : : :      //""'''''''---,,,,,,______ ;;;;--
.|;;';;;;;υ;;;;;;;;;/lニ'-、:::::::::;:;;;;;;::::: : : : :      : /;/  υ  ・  υ""""::::::::成谷君、もっとくれ給え。もっともっともっとだ。
.l.;;;;;;;;;;;;;;;;.l丶::゛,!:ili.._:::;:;;;;;;;;;;:.::::::: : : : : : : ::!υ\:::::::::::υ.........  〜  〜
゙lli;;;;;;;;;;;;;;;;ゝミ;;-:: `″;.'!   ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...´: : : ゙υ ) ̄"""---,,;;;;;::::::::::
 .゙!i_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;~'T'ー-;;;..;;;.;;;;;;;;;;..;;;;;..............;   ;;;;      /  ̄ ̄  〜    \
  ゙゙k.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...;...;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/    /  〜   :    υ ::::::::丶
   `!l、;;;;;;;';;;;;;;;;...υ;;;;;;;;;;;;;;;;..;......'-、,;;;;;;;;;;;;;;;;;./     `、  υ  ::    〜  :::::|
     .゙'!ii;い;.;;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;....;;;;~''.;;;'''γ         ヽ 〜   ..::: 〜 〜  ::::::/
     i'゙ ゙̄''- 、;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.!         `i、__;;;;;;:::/\  :::::::/
     !;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'-、.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; /    

6 :カナリエ=カリカチュア ◆groMilKs4. :2008/01/19(土) 17:26:54
武蔵小杉バベルはどちらの方向に倒れるのでしょうか。
渋谷方面か川崎方面か横浜方面か。

7 :カナリエ=カリカチュア ◆groMilKs4. :2008/01/19(土) 18:16:35
>平素格別に當旅館をご愛好頂きVTXS
>創業百二十年を迎へます當旅館ではございますが、
>獨自の複雜怪竒な内部かう造・揶揄される迷路
>消防法の見地からの火災時の危險性に危惧された行政指導の
>木造建築、第五代目一乃原職人による・食中毒・・・
>昭和八年信濃屋店主慘殺事件の部屋の保存情態と座敷樓摩天樓云々
>この度廢業にあたるご苦勞お傳へ申し上げまし、多感
>涙汗一絲の絹絲、つくづく殘念至極に至り憾み搗
>囘命園旅館 從業員一同

8 :カナリエ=カリカチュア ◆groMilKs4. :2008/01/19(土) 18:18:28
囘命園旅館跡地がラブホテルになっていました。

9 :カナリエ=カリカチュア ◆groMilKs4. :2008/01/19(土) 18:31:46
ふと懐かしくなり囘命園旅館関係者という事を告げ見学させていただきました。
部屋には壁一面にマネキンが背を向けて並べられておりました。
壁と天井はガラス張りとなっており、床は真っ赤なカーペットが敷かれていました。
机の引き出しの中には安産と家内安全のお守りがびっしりと。
有線からは「こんにちは赤ちゃん、私がママよ」と軽やかな女性の歌声。
縁起の良い事に神棚までありました。
聖書にコーラン、般若心経と様々な経典もありグローバルな展開を感じました。
幸せそうな誰かの結婚式の写真が額縁で飾られていました。
冷蔵庫には哺乳瓶に入ったミルクに懐かしのたまごボーロが売られていました。
どうやらこの地方の新婚さんは縁起担ぎに結婚後三ヶ月ここに滞在するとの事で、
非常に経営は安定しているそうですが過疎化の為将来性に不安が残ります。

10 :カナリエ=カリカチュア ■groMilKs4.:2008/01/19(土) 21:54:04
          カナリエ
            ↓

          .,..-'''''"゙゙゙゙゙゙゙゙゙''''- 、
    . . -''´;;;;;;;;           `'''-、    コクッゴクッ
   .,,ー.;.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:.   ...-'''''''''l、゙`., 
 ,,i´";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: : : : : : .:.._,,..v.‘ゝ..、
 l;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: :       :υ      . `i     
.l;;;;;....;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;..;;;;;;;::: : :          .:!::::'゙;: !.^) 
il.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;..;__;;;;;:;:;;;;.;;...:: : : : : : : : :      //""'''''''---,,,,,,______ ;;;;--
.|;;';;;;;υ;;;;;;;;;/lニ'-、:::::::::;:;;;;;;::::: : : : :      : /;/  υ  ・  υ""""::::::::成谷君、もっとくれ給え。もっともっともっとだ。
.l.;;;;;;;;;;;;;;;;.l丶::゛,!:ili.._:::;:;;;;;;;;;;:.::::::: : : : : : : ::!υ\:::::::::::υ.........  〜  〜
゙lli;;;;;;;;;;;;;;;;ゝミ;;-:: `″;.'!   ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...´: : : ゙υ ) ̄"""---,,;;;;;::::::::::
 .゙!i_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;~'T'ー-;;;..;;;.;;;;;;;;;;..;;;;;..............;   ;;;;      /  ̄ ̄  〜    \
  ゙゙k.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...;...;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/    /  〜   :    υ ::::::::丶
   `!l、;;;;;;;';;;;;;;;;...υ;;;;;;;;;;;;;;;;..;......'-、,;;;;;;;;;;;;;;;;;./     `、  υ  ::    〜  :::::|
     .゙'!ii;い;.;;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;....;;;;~''.;;;'''γ         ヽ 〜   ..::: 〜 〜  ::::::/
     i'゙ ゙̄''- 、;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.!         `i、__;;;;;;:::/\  :::::::/
     !;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'-、.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; /    


          カナリエ
            ↓

          .,..-'''''"゙゙゙゙゙゙゙゙゙''''- 、
    . . -''´;;;;;;;;           `'''-、    コクッゴクッ
   .,,ー.;.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:.   ...-'''''''''l、゙`., 
 ,,i´";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: : : : : : .:.._,,..v.‘ゝ..、
 l;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: :       :υ      . `i     
.l;;;;;....;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;..;;;;;;;::: : :          .:!::::'゙;: !.^) 
il.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;..;__;;;;;:;:;;;;.;;...:: : : : : : : : :      //""'''''''---,,,,,,______ ;;;;--
.|;;';;;;;υ;;;;;;;;;/lニ'-、:::::::::;:;;;;;;::::: : : : :      : /;/  υ  ・  υ""""::::::::成谷君、もっとくれ給え。もっともっともっとだ。
.l.;;;;;;;;;;;;;;;;.l丶::゛,!:ili.._:::;:;;;;;;;;;;:.::::::: : : : : : : ::!υ\:::::::::::υ.........  〜  〜
゙lli;;;;;;;;;;;;;;;;ゝミ;;-:: `″;.'!   ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...´: : : ゙υ ) ̄"""---,,;;;;;::::::::::
 .゙!i_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;~'T'ー-;;;..;;;.;;;;;;;;;;..;;;;;..............;   ;;;;      /  ̄ ̄  〜    \
  ゙゙k.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...;...;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/    /  〜   :    υ ::::::::丶
   `!l、;;;;;;;';;;;;;;;;...υ;;;;;;;;;;;;;;;;..;......'-、,;;;;;;;;;;;;;;;;;./     `、  υ  ::    〜  :::::|
     .゙'!ii;い;.;;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;....;;;;~''.;;;'''γ         ヽ 〜   ..::: 〜 〜  ::::::/
     i'゙ ゙̄''- 、;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.!         `i、__;;;;;;:::/\  :::::::/
     !;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'-、.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; /    

11 :カナリエ=カリカチュア ◆groMilKs4. :2008/01/22(火) 21:12:04
睡眠中は世界が止まっているなら虫も止まっている。
漂白剤の中で溺れるゴキブリも、ブナの林で迷う九官鳥も。
乖離、脱却すべき構造はレールの溝に細かく彫られているものです。

12 :カナリエ=カリカチュア ◆groMilKs4. :2008/01/22(火) 21:15:34
ワーグナーを殴ってしまいました。
それでもワーグナーは赦してくれたのです。
助けてワルキューレ。

13 :カナリエ=カリカチュア ◆groMilKs4. :2008/01/22(火) 21:22:40
我ながらスレ一覧の中で見付け難いスレタイになってしまいました。
ブラインドメロンの感覚ヘッドフォンでエレクトしなければいけません

シンフォニーNo.3 Op.55

14 :カナリエ=カリカチュア ◆groMilKs4. :2008/01/22(火) 21:24:37
ワルプルギスの夜は加齢臭や死臭に香水の匂いがきつくて苦手ですが。

15 :カナリエ=カリカチュア ◆groMilKs4. :2008/01/22(火) 21:32:07
かさぶたを剥がして見たら虫でした。

16 :カナリエ=カリカチュア ◆groMilKs4. :2008/01/22(火) 21:45:23
留美子ちゃんは傷口からチャッカマンを入れられて腸を焼かれたそうです。
健人くんはおじさんにキャンディーを五つ貰ったそうです。
湖の見えるロッジは日照にあわせて回転するそうです。

17 :カナリエ=カリカチュア ◆groMilKs4. :2008/01/22(火) 21:51:04
丸の内限定、ビューラーで瞼を挟んで炭火焼肉の会。

18 :カナリエ=カリカチュア ◆groMilKs4. :2008/01/22(火) 21:58:08
目玉の中のウイダーインゼリーを吸い出しては、
喉を潤そうにも口の中がプチプチします。
どうやらこれらは無数の蛙の卵です。
カサブタ食べてる人がいました、リアルに。
えぇ、心も貧しいのでしょうきっと。

19 :カナリエ=カリカチュア ◆groMilKs4. :2008/01/22(火) 22:01:00
ウイダーinゼリーの森永製菓から苦情が来ましたので訂正いたします。
森永製菓は蛙の卵ではありません。

20 :カナリエ=カリカチュア ◆groMilKs4. :2008/01/22(火) 22:01:41
天晴れ天誅。

21 :カナリエ=カリカチュア ◆groMilKs4. :2008/01/22(火) 22:10:45
なんだかんだで赦される人です。

22 :カナリエ=カリカチュア ◆groMilKs4. :2008/01/22(火) 22:11:46
家を建てるなら一室は電子レンジにしたいものです。

23 :カナリエ=カリカチュア ◆groMilKs4. :2008/01/22(火) 22:19:55
人間の肉を細く切り冷やし中華の麺とし、
調理した冷やし中華を380円で販売した場合、
それが人肉と知らず食べた人は週に何回以上コーヒーを飲むか。

24 :カナリエ=カリカチュア ◆groMilKs4. :2008/01/22(火) 22:22:59
人間冷やし中華の廃棄処分。

25 :カナリエ=カリカチュア ◆groMilKs4. :2008/01/22(火) 22:25:42
ステロイド外用薬は水飴の味がするそうです。
試しに50g割り箸でかき混ぜてみると白くなりました。
引き伸ばすと「痛いい痛いいい」と言っていたのが可哀想でした。

26 :カナリエ=カリカチュア ◆groMilKs4. :2008/01/22(火) 22:34:18
アブラムシをすり潰す要領でゴマをすり潰します。
ペースト状になったらラルクアンシエルの頭に満遍なく塗ります。

27 :カナリエ=カリカチュア ◆groMilKs4. :2008/01/22(火) 22:36:22
阪神淡路大震災が起きました、ご覧下さい、
犬も猫も家も木も全てマックシェイクの渦の中に飲み込まれております。

28 :カナリエ=カリカチュア ◆groMilKs4. :2008/01/22(火) 22:39:32
まるで100円マックのコーヒーのように、湯気が黙々と上がっております。
このシャカシャカチキンがもたらした経済的損害はスマイル0円です。

29 :酸処理を伴わないカナリエ精製 ◆groMilKs4. :2008/01/22(火) 22:48:04
毎晩就寝前に人形を殴っていましたら、
ある朝目が覚めると人形が家出していました。

30 :カナリエ=カリカチュア ◆groMilKs4. :2008/01/22(火) 22:50:04
それでどうなりましたか?
人形は帰って来ましたか?

31 :酸処理を伴わないカナリエ精製 ◆groMilKs4. :2008/01/22(火) 22:51:51
3丁目のお寺の住職のダッチワイフになってました。
五万円で譲ってくれというので譲りました。

32 :カナリエ=カリカチュア ◆groMilKs4. :2008/01/22(火) 22:54:57
血管ストローを吹いて半熟の血を飛ばし福田内閣の後方支援をしましょう。

33 :カナリエ=カリカチュア ◆groMilKs4. :2008/01/22(火) 22:59:03
まるで牛乳の膜が張ったかのような穏やかな海です。
あの下には病原体がうじゃうじゃいるのです。
泳げば直ぐに大腸菌されるでしょう。

34 :カナリエ=カリカチュア ◆groMilKs4. :2008/01/22(火) 23:02:28
釣り人が海に落下しました。
無数の泡がゴポゴポと吹き出して悲惨な状況になっております。
もう誰も助ける事は出来ません、新たな犠牲者を増やすだけですから。

35 :カナリエ=カリカチュア ◆groMilKs4. :2008/01/22(火) 23:04:27
そんな衝撃的映像を見て先程からアナウンサーが嘔吐しています。
足元は既に吐瀉物で溢れ、あっ、ついに胃腸まで口から吐き出しました。

36 :カナリエ=カリカチュア ◆groMilKs4. :2008/01/22(火) 23:06:44
アナウンサー救出劇へと代わりました。
野次馬の男性が手袋をし、
アナウンサーの胃と腸を掴み、
必死にアナウンサーの口に詰め込んで戻そうとしています。
よく噛め、と言う声もちらほら聞こえます。

37 :カナリエ=カリカチュア ◆groMilKs4. :2008/01/22(火) 23:08:28
今脾臓が破裂しました。
ビッグバン、宇宙の誕生です。
人類初の市街地での核実験です。

38 :酸処理を伴わないカナリエ精製 ◆groMilKs4. :2008/01/22(火) 23:13:59
映像にノイズが走っております、電波が乱れています。
じきにここも灼熱の砂流に飲まれ焼け付く地獄と化すでしょう。
視聴者の皆様、いったん中継を中断いたします。
ではさようなら。

39 :カナリエ=カリカチュア ◆groMilKs4. :2008/01/22(火) 23:15:44
どうやら神様と我々万物の霊長は価値観が大きく違うそうです。

40 :カナリエ=カリカチュア ◆groMilKs4. :2008/01/22(火) 23:25:14
禁断の果実の正体は人間の生の心臓だったそうです。
主の欠伸から病原体は人類を蔓延し、
防疫の必要を感じ取ったと言えます。

41 :カナリエ=カリカチュア ◆groMilKs4. :2008/01/22(火) 23:33:07
人間が土を捏ねた物なら焼き殺せば埴輪になるでしょうか。

42 :カナリエ=カリカチュア ◆groMilKs4. :2008/01/22(火) 23:36:00
主は盲いた、あとは風営法の改正です。
老いぼれた主を鞭で打つ時なのです。

43 :カナリエ=カリカチュア ◆groMilKs4. :2008/01/22(火) 23:41:55
着色料に恋をした、アメリカのお菓子に生まれ変わりたい。
アイスクリーム製造機の付いた軍艦に乗って、
アイスクリームを舐める片手間に戦争したいです。

44 :カナリエ=カリカチュア ◆groMilKs4. :2008/01/22(火) 23:44:38
M&M’sのチョコレートで水素爆弾をコーティングしよう。
チョコレート融合で太平洋を汚そう。

45 :カナリエ=カリカチュア ◆groMilKs4. :2008/01/22(火) 23:45:47
どうしてこうも肉は簡単に裂けなければならないのでしょう。
案外人体も、分解が容易なのかもしれませんね。

46 :カナリエ=カリカチュア ◆groMilKs4. :2008/01/22(火) 23:59:59
ご覧下さい、陽の光も落ち薄暗くなった頃、
ビルの裏側からぞろぞろと現れて来ます。
ゾンビです、いいえ、あれは紛れもない人間なのです。
紫外線が皮膚を硬化させ身動きが取れなくなる為、
こうして毎夜新鮮な空気を求め現れるのです。
派手な動きはありませんが、
あれでも激痛に苦しんでいるのです。
どうやら聴覚を失っているようです。

47 :カナリエ=カリカチュア ◆groMilKs4. :2008/01/23(水) 00:01:21
それではさっそく、ベーキングパウダーをまぶして、
美味しくいただいてみたいと思います。

48 :カナリエ=カリカチュア ◆groMilKs4. :2008/01/23(水) 00:02:45
家が潰れたらその下敷きに三名居ります。
無邪気な三名でした。

49 :カナリエ=カリカチュア ◆groMilKs4. :2008/01/23(水) 00:07:14
ご覧下さい、宇宙飛行士が命綱を失い、
秒速5cmで宇宙船より遠ざかって行きます。
もう彼はもう戻って来る事は出来ません。
これが見納めです。
どんどん遠くへ向かっております。
宇宙の果てしない向こうへ。

50 :カナリエ=カリカチュア ■groMilKs4.:2008/01/25(金) 00:00:53
          カナリエ
            ↓

          .,..-'''''"゙゙゙゙゙゙゙゙゙''''- 、
    . . -''´;;;;;;;;           `'''-、    コクッゴクッ
   .,,ー.;.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:.   ...-'''''''''l、゙`., 
 ,,i´";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: : : : : : .:.._,,..v.‘ゝ..、
 l;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: :       :υ      . `i     
.l;;;;;....;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;..;;;;;;;::: : :          .:!::::'゙;: !.^) 
il.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;..;__;;;;;:;:;;;;.;;...:: : : : : : : : :      //""'''''''---,,,,,,______ ;;;;--
.|;;';;;;;υ;;;;;;;;;/lニ'-、:::::::::;:;;;;;;::::: : : : :      : /;/  υ  ・  υ""""::::::::成谷君、もっとくれ給え。もっともっともっとだ。
.l.;;;;;;;;;;;;;;;;.l丶::゛,!:ili.._:::;:;;;;;;;;;;:.::::::: : : : : : : ::!υ\:::::::::::υ.........  〜  〜
゙lli;;;;;;;;;;;;;;;;ゝミ;;-:: `″;.'!   ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...´: : : ゙υ ) ̄"""---,,;;;;;::::::::::
 .゙!i_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;~'T'ー-;;;..;;;.;;;;;;;;;;..;;;;;..............;   ;;;;      /  ̄ ̄  〜    \
  ゙゙k.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...;...;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/    /  〜   :    υ ::::::::丶
   `!l、;;;;;;;';;;;;;;;;...υ;;;;;;;;;;;;;;;;..;......'-、,;;;;;;;;;;;;;;;;;./     `、  υ  ::    〜  :::::|
     .゙'!ii;い;.;;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;....;;;;~''.;;;'''γ         ヽ 〜   ..::: 〜 〜  ::::::/
     i'゙ ゙̄''- 、;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.!         `i、__;;;;;;:::/\  :::::::/
     !;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'-、.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; /    


          カナリエ
            ↓

          .,..-'''''"゙゙゙゙゙゙゙゙゙''''- 、
    . . -''´;;;;;;;;           `'''-、    コクッゴクッ
   .,,ー.;.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:.   ...-'''''''''l、゙`., 
 ,,i´";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: : : : : : .:.._,,..v.‘ゝ..、
 l;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: :       :υ      . `i     
.l;;;;;....;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;..;;;;;;;::: : :          .:!::::'゙;: !.^) 
il.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;..;__;;;;;:;:;;;;.;;...:: : : : : : : : :      //""'''''''---,,,,,,______ ;;;;--
.|;;';;;;;υ;;;;;;;;;/lニ'-、:::::::::;:;;;;;;::::: : : : :      : /;/  υ  ・  υ""""::::::::成谷君、もっとくれ給え。もっともっともっとだ。
.l.;;;;;;;;;;;;;;;;.l丶::゛,!:ili.._:::;:;;;;;;;;;;:.::::::: : : : : : : ::!υ\:::::::::::υ.........  〜  〜
゙lli;;;;;;;;;;;;;;;;ゝミ;;-:: `″;.'!   ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...´: : : ゙υ ) ̄"""---,,;;;;;::::::::::
 .゙!i_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;~'T'ー-;;;..;;;.;;;;;;;;;;..;;;;;..............;   ;;;;      /  ̄ ̄  〜    \
  ゙゙k.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...;...;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/    /  〜   :    υ ::::::::丶
   `!l、;;;;;;;';;;;;;;;;...υ;;;;;;;;;;;;;;;;..;......'-、,;;;;;;;;;;;;;;;;;./     `、  υ  ::    〜  :::::|
     .゙'!ii;い;.;;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;....;;;;~''.;;;'''γ         ヽ 〜   ..::: 〜 〜  ::::::/
     i'゙ ゙̄''- 、;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.!         `i、__;;;;;;:::/\  :::::::/
     !;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'-、.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; /    

51 :カナリエ=カリカチュア ■groMilKs4.:2008/01/25(金) 00:37:17
          カナリエ
            ↓

          .,..-'''''"゙゙゙゙゙゙゙゙゙''''- 、
    . . -''´;;;;;;;;           `'''-、    コクッゴクッ
   .,,ー.;.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:.   ...-'''''''''l、゙`., 
 ,,i´";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: : : : : : .:.._,,..v.‘ゝ..、
 l;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: :       :υ      . `i     
.l;;;;;....;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;..;;;;;;;::: : :          .:!::::'゙;: !.^) 
il.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;..;__;;;;;:;:;;;;.;;...:: : : : : : : : :      //""'''''''---,,,,,,______ ;;;;--
.|;;';;;;;υ;;;;;;;;;/lニ'-、:::::::::;:;;;;;;::::: : : : :      : /;/  υ  ・  υ""""::::::::成谷君、もっとくれ給え。もっともっともっとだ。
.l.;;;;;;;;;;;;;;;;.l丶::゛,!:ili.._:::;:;;;;;;;;;;:.::::::: : : : : : : ::!υ\:::::::::::υ.........  〜  〜
゙lli;;;;;;;;;;;;;;;;ゝミ;;-:: `″;.'!   ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...´: : : ゙υ ) ̄"""---,,;;;;;::::::::::
 .゙!i_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;~'T'ー-;;;..;;;.;;;;;;;;;;..;;;;;..............;   ;;;;      /  ̄ ̄  〜    \
  ゙゙k.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...;...;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/    /  〜   :    υ ::::::::丶
   `!l、;;;;;;;';;;;;;;;;...υ;;;;;;;;;;;;;;;;..;......'-、,;;;;;;;;;;;;;;;;;./     `、  υ  ::    〜  :::::|
     .゙'!ii;い;.;;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;....;;;;~''.;;;'''γ         ヽ 〜   ..::: 〜 〜  ::::::/
     i'゙ ゙̄''- 、;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.!         `i、__;;;;;;:::/\  :::::::/
     !;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'-、.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; /    


          カナリエ
            ↓

          .,..-'''''"゙゙゙゙゙゙゙゙゙''''- 、
    . . -''´;;;;;;;;           `'''-、    コクッゴクッ
   .,,ー.;.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:.   ...-'''''''''l、゙`., 
 ,,i´";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: : : : : : .:.._,,..v.‘ゝ..、
 l;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: :       :υ      . `i     
.l;;;;;....;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;..;;;;;;;::: : :          .:!::::'゙;: !.^) 
il.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;..;__;;;;;:;:;;;;.;;...:: : : : : : : : :      //""'''''''---,,,,,,______ ;;;;--
.|;;';;;;;υ;;;;;;;;;/lニ'-、:::::::::;:;;;;;;::::: : : : :      : /;/  υ  ・  υ""""::::::::成谷君、もっとくれ給え。もっともっともっとだ。
.l.;;;;;;;;;;;;;;;;.l丶::゛,!:ili.._:::;:;;;;;;;;;;:.::::::: : : : : : : ::!υ\:::::::::::υ.........  〜  〜
゙lli;;;;;;;;;;;;;;;;ゝミ;;-:: `″;.'!   ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...´: : : ゙υ ) ̄"""---,,;;;;;::::::::::
 .゙!i_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;~'T'ー-;;;..;;;.;;;;;;;;;;..;;;;;..............;   ;;;;      /  ̄ ̄  〜    \
  ゙゙k.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...;...;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/    /  〜   :    υ ::::::::丶
   `!l、;;;;;;;';;;;;;;;;...υ;;;;;;;;;;;;;;;;..;......'-、,;;;;;;;;;;;;;;;;;./     `、  υ  ::    〜  :::::|
     .゙'!ii;い;.;;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;....;;;;~''.;;;'''γ         ヽ 〜   ..::: 〜 〜  ::::::/
     i'゙ ゙̄''- 、;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.!         `i、__;;;;;;:::/\  :::::::/
     !;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'-、.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; /    

52 :酸処理を伴わないカナリエ精製 ■groMilKs4.:2008/01/25(金) 00:39:00
          カナリエ
            ↓

          .,..-'''''"゙゙゙゙゙゙゙゙゙''''- 、
    . . -''´;;;;;;;;           `'''-、    コクッゴクッ
   .,,ー.;.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:.   ...-'''''''''l、゙`., 
 ,,i´";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: : : : : : .:.._,,..v.‘ゝ..、
 l;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: :       :υ      . `i     
.l;;;;;....;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;..;;;;;;;::: : :          .:!::::'゙;: !.^) 
il.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;..;__;;;;;:;:;;;;.;;...:: : : : : : : : :      //""'''''''---,,,,,,______ ;;;;--
.|;;';;;;;υ;;;;;;;;;/lニ'-、:::::::::;:;;;;;;::::: : : : :      : /;/  υ  ・  υ""""::::::::成谷君、もっとくれ給え。もっともっともっとだ。
.l.;;;;;;;;;;;;;;;;.l丶::゛,!:ili.._:::;:;;;;;;;;;;:.::::::: : : : : : : ::!υ\:::::::::::υ.........  〜  〜
゙lli;;;;;;;;;;;;;;;;ゝミ;;-:: `″;.'!   ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...´: : : ゙υ ) ̄"""---,,;;;;;::::::::::
 .゙!i_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;~'T'ー-;;;..;;;.;;;;;;;;;;..;;;;;..............;   ;;;;      /  ̄ ̄  〜    \
  ゙゙k.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...;...;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/    /  〜   :    υ ::::::::丶
   `!l、;;;;;;;';;;;;;;;;...υ;;;;;;;;;;;;;;;;..;......'-、,;;;;;;;;;;;;;;;;;./     `、  υ  ::    〜  :::::|
     .゙'!ii;い;.;;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;....;;;;~''.;;;'''γ         ヽ 〜   ..::: 〜 〜  ::::::/
     i'゙ ゙̄''- 、;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.!         `i、__;;;;;;:::/\  :::::::/
     !;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'-、.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; /    


          カナリエ
            ↓

          .,..-'''''"゙゙゙゙゙゙゙゙゙''''- 、
    . . -''´;;;;;;;;           `'''-、    コクッゴクッ
   .,,ー.;.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:.   ...-'''''''''l、゙`., 
 ,,i´";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: : : : : : .:.._,,..v.‘ゝ..、
 l;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: :       :υ      . `i     
.l;;;;;....;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;..;;;;;;;::: : :          .:!::::'゙;: !.^) 
il.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;..;__;;;;;:;:;;;;.;;...:: : : : : : : : :      //""'''''''---,,,,,,______ ;;;;--
.|;;';;;;;υ;;;;;;;;;/lニ'-、:::::::::;:;;;;;;::::: : : : :      : /;/  υ  ・  υ""""::::::::成谷君、もっとくれ給え。もっともっともっとだ。
.l.;;;;;;;;;;;;;;;;.l丶::゛,!:ili.._:::;:;;;;;;;;;;:.::::::: : : : : : : ::!υ\:::::::::::υ.........  〜  〜
゙lli;;;;;;;;;;;;;;;;ゝミ;;-:: `″;.'!   ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...´: : : ゙υ ) ̄"""---,,;;;;;::::::::::
 .゙!i_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;~'T'ー-;;;..;;;.;;;;;;;;;;..;;;;;..............;   ;;;;      /  ̄ ̄  〜    \
  ゙゙k.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...;...;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/    /  〜   :    υ ::::::::丶
   `!l、;;;;;;;';;;;;;;;;...υ;;;;;;;;;;;;;;;;..;......'-、,;;;;;;;;;;;;;;;;;./     `、  υ  ::    〜  :::::|
     .゙'!ii;い;.;;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;....;;;;~''.;;;'''γ         ヽ 〜   ..::: 〜 〜  ::::::/
     i'゙ ゙̄''- 、;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.!         `i、__;;;;;;:::/\  :::::::/
     !;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'-、.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; /    

53 :カナリエ=カリカチュア ■groMilKs4.:2008/01/25(金) 00:41:34
          カナリエ
            ↓

          .,..-'''''"゙゙゙゙゙゙゙゙゙''''- 、
    . . -''´;;;;;;;;           `'''-、    コクッゴクッ
   .,,ー.;.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:.   ...-'''''''''l、゙`., 
 ,,i´";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: : : : : : .:.._,,..v.‘ゝ..、
 l;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: :       :υ      . `i     
.l;;;;;....;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;..;;;;;;;::: : :          .:!::::'゙;: !.^) 
il.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;..;__;;;;;:;:;;;;.;;...:: : : : : : : : :      //""'''''''---,,,,,,______ ;;;;--
.|;;';;;;;υ;;;;;;;;;/lニ'-、:::::::::;:;;;;;;::::: : : : :      : /;/  υ  ・  υ""""::::::::成谷君、もっとくれ給え。もっともっともっとだ。
.l.;;;;;;;;;;;;;;;;.l丶::゛,!:ili.._:::;:;;;;;;;;;;:.::::::: : : : : : : ::!υ\:::::::::::υ.........  〜  〜
゙lli;;;;;;;;;;;;;;;;ゝミ;;-:: `″;.'!   ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...´: : : ゙υ ) ̄"""---,,;;;;;::::::::::
 .゙!i_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;~'T'ー-;;;..;;;.;;;;;;;;;;..;;;;;..............;   ;;;;      /  ̄ ̄  〜    \
  ゙゙k.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...;...;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/    /  〜   :    υ ::::::::丶
   `!l、;;;;;;;';;;;;;;;;...υ;;;;;;;;;;;;;;;;..;......'-、,;;;;;;;;;;;;;;;;;./     `、  υ  ::    〜  :::::|
     .゙'!ii;い;.;;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;....;;;;~''.;;;'''γ         ヽ 〜   ..::: 〜 〜  ::::::/
     i'゙ ゙̄''- 、;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.!         `i、__;;;;;;:::/\  :::::::/
     !;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'-、.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; /    


          カナリエ
            ↓

          .,..-'''''"゙゙゙゙゙゙゙゙゙''''- 、
    . . -''´;;;;;;;;           `'''-、    コクッゴクッ
   .,,ー.;.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:.   ...-'''''''''l、゙`., 
 ,,i´";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: : : : : : .:.._,,..v.‘ゝ..、
 l;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: :       :υ      . `i     
.l;;;;;....;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;..;;;;;;;::: : :          .:!::::'゙;: !.^) 
il.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;..;__;;;;;:;:;;;;.;;...:: : : : : : : : :      //""'''''''---,,,,,,______ ;;;;--
.|;;';;;;;υ;;;;;;;;;/lニ'-、:::::::::;:;;;;;;::::: : : : :      : /;/  υ  ・  υ""""::::::::成谷君、もっとくれ給え。もっともっともっとだ。
.l.;;;;;;;;;;;;;;;;.l丶::゛,!:ili.._:::;:;;;;;;;;;;:.::::::: : : : : : : ::!υ\:::::::::::υ.........  〜  〜
゙lli;;;;;;;;;;;;;;;;ゝミ;;-:: `″;.'!   ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...´: : : ゙υ ) ̄"""---,,;;;;;::::::::::
 .゙!i_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;~'T'ー-;;;..;;;.;;;;;;;;;;..;;;;;..............;   ;;;;      /  ̄ ̄  〜    \
  ゙゙k.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...;...;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/    /  〜   :    υ ::::::::丶
   `!l、;;;;;;;';;;;;;;;;...υ;;;;;;;;;;;;;;;;..;......'-、,;;;;;;;;;;;;;;;;;./     `、  υ  ::    〜  :::::|
     .゙'!ii;い;.;;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;....;;;;~''.;;;'''γ         ヽ 〜   ..::: 〜 〜  ::::::/
     i'゙ ゙̄''- 、;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.!         `i、__;;;;;;:::/\  :::::::/
     !;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'-、.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; /    

54 :カナリエ=カリカチュア ■groMilKs4.:2008/01/25(金) 01:36:42
          カナリエ
            ↓

          .,..-'''''"゙゙゙゙゙゙゙゙゙''''- 、
    . . -''´;;;;;;;;           `'''-、    コクッゴクッ
   .,,ー.;.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:.   ...-'''''''''l、゙`., 
 ,,i´";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: : : : : : .:.._,,..v.‘ゝ..、
 l;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: :       :υ      . `i     
.l;;;;;....;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;..;;;;;;;::: : :          .:!::::'゙;: !.^) 
il.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;..;__;;;;;:;:;;;;.;;...:: : : : : : : : :      //""'''''''---,,,,,,______ ;;;;--
.|;;';;;;;υ;;;;;;;;;/lニ'-、:::::::::;:;;;;;;::::: : : : :      : /;/  υ  ・  υ""""::::::::成谷君、もっとくれ給え。もっともっともっとだ。
.l.;;;;;;;;;;;;;;;;.l丶::゛,!:ili.._:::;:;;;;;;;;;;:.::::::: : : : : : : ::!υ\:::::::::::υ.........  〜  〜
゙lli;;;;;;;;;;;;;;;;ゝミ;;-:: `″;.'!   ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...´: : : ゙υ ) ̄"""---,,;;;;;::::::::::
 .゙!i_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;~'T'ー-;;;..;;;.;;;;;;;;;;..;;;;;..............;   ;;;;      /  ̄ ̄  〜    \
  ゙゙k.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...;...;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/    /  〜   :    υ ::::::::丶
   `!l、;;;;;;;';;;;;;;;;...υ;;;;;;;;;;;;;;;;..;......'-、,;;;;;;;;;;;;;;;;;./     `、  υ  ::    〜  :::::|
     .゙'!ii;い;.;;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;....;;;;~''.;;;'''γ         ヽ 〜   ..::: 〜 〜  ::::::/
     i'゙ ゙̄''- 、;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.!         `i、__;;;;;;:::/\  :::::::/
     !;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'-、.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; /    


          カナリエ
            ↓

          .,..-'''''"゙゙゙゙゙゙゙゙゙''''- 、
    . . -''´;;;;;;;;           `'''-、    コクッゴクッ
   .,,ー.;.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:.   ...-'''''''''l、゙`., 
 ,,i´";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: : : : : : .:.._,,..v.‘ゝ..、
 l;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: :       :υ      . `i     
.l;;;;;....;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;..;;;;;;;::: : :          .:!::::'゙;: !.^) 
il.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;..;__;;;;;:;:;;;;.;;...:: : : : : : : : :      //""'''''''---,,,,,,______ ;;;;--
.|;;';;;;;υ;;;;;;;;;/lニ'-、:::::::::;:;;;;;;::::: : : : :      : /;/  υ  ・  υ""""::::::::成谷君、もっとくれ給え。もっともっともっとだ。
.l.;;;;;;;;;;;;;;;;.l丶::゛,!:ili.._:::;:;;;;;;;;;;:.::::::: : : : : : : ::!υ\:::::::::::υ.........  〜  〜
゙lli;;;;;;;;;;;;;;;;ゝミ;;-:: `″;.'!   ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...´: : : ゙υ ) ̄"""---,,;;;;;::::::::::
 .゙!i_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;~'T'ー-;;;..;;;.;;;;;;;;;;..;;;;;..............;   ;;;;      /  ̄ ̄  〜    \
  ゙゙k.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...;...;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/    /  〜   :    υ ::::::::丶
   `!l、;;;;;;;';;;;;;;;;...υ;;;;;;;;;;;;;;;;..;......'-、,;;;;;;;;;;;;;;;;;./     `、  υ  ::    〜  :::::|
     .゙'!ii;い;.;;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;....;;;;~''.;;;'''γ         ヽ 〜   ..::: 〜 〜  ::::::/
     i'゙ ゙̄''- 、;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.!         `i、__;;;;;;:::/\  :::::::/
     !;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'-、.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; /    

55 :カナリエ=カリカチュア ■groMilKs4.:2008/01/25(金) 01:37:48
          カナリエ
            ↓

          .,..-'''''"゙゙゙゙゙゙゙゙゙''''- 、
    . . -''´;;;;;;;;           `'''-、    コクッゴクッ
   .,,ー.;.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:.   ...-'''''''''l、゙`., 
 ,,i´";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: : : : : : .:.._,,..v.‘ゝ..、
 l;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: :       :υ      . `i     
.l;;;;;....;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;..;;;;;;;::: : :          .:!::::'゙;: !.^) 
il.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;..;__;;;;;:;:;;;;.;;...:: : : : : : : : :      //""'''''''---,,,,,,______ ;;;;--
.|;;';;;;;υ;;;;;;;;;/lニ'-、:::::::::;:;;;;;;::::: : : : :      : /;/  υ  ・  υ""""::::::::成谷君、もっとくれ給え。もっともっともっとだ。
.l.;;;;;;;;;;;;;;;;.l丶::゛,!:ili.._:::;:;;;;;;;;;;:.::::::: : : : : : : ::!υ\:::::::::::υ.........  〜  〜
゙lli;;;;;;;;;;;;;;;;ゝミ;;-:: `″;.'!   ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...´: : : ゙υ ) ̄"""---,,;;;;;::::::::::
 .゙!i_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;~'T'ー-;;;..;;;.;;;;;;;;;;..;;;;;..............;   ;;;;      /  ̄ ̄  〜    \
  ゙゙k.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...;...;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/    /  〜   :    υ ::::::::丶
   `!l、;;;;;;;';;;;;;;;;...υ;;;;;;;;;;;;;;;;..;......'-、,;;;;;;;;;;;;;;;;;./     `、  υ  ::    〜  :::::|
     .゙'!ii;い;.;;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;....;;;;~''.;;;'''γ         ヽ 〜   ..::: 〜 〜  ::::::/
     i'゙ ゙̄''- 、;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.!         `i、__;;;;;;:::/\  :::::::/
     !;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'-、.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; /    


          カナリエ
            ↓

          .,..-'''''"゙゙゙゙゙゙゙゙゙''''- 、
    . . -''´;;;;;;;;           `'''-、    コクッゴクッ
   .,,ー.;.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:.   ...-'''''''''l、゙`., 
 ,,i´";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: : : : : : .:.._,,..v.‘ゝ..、
 l;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: :       :υ      . `i     
.l;;;;;....;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;..;;;;;;;::: : :          .:!::::'゙;: !.^) 
il.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;..;__;;;;;:;:;;;;.;;...:: : : : : : : : :      //""'''''''---,,,,,,______ ;;;;--
.|;;';;;;;υ;;;;;;;;;/lニ'-、:::::::::;:;;;;;;::::: : : : :      : /;/  υ  ・  υ""""::::::::成谷君、もっとくれ給え。もっともっともっとだ。
.l.;;;;;;;;;;;;;;;;.l丶::゛,!:ili.._:::;:;;;;;;;;;;:.::::::: : : : : : : ::!υ\:::::::::::υ.........  〜  〜
゙lli;;;;;;;;;;;;;;;;ゝミ;;-:: `″;.'!   ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...´: : : ゙υ ) ̄"""---,,;;;;;::::::::::
 .゙!i_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;~'T'ー-;;;..;;;.;;;;;;;;;;..;;;;;..............;   ;;;;      /  ̄ ̄  〜    \
  ゙゙k.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...;...;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/    /  〜   :    υ ::::::::丶
   `!l、;;;;;;;';;;;;;;;;...υ;;;;;;;;;;;;;;;;..;......'-、,;;;;;;;;;;;;;;;;;./     `、  υ  ::    〜  :::::|
     .゙'!ii;い;.;;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;....;;;;~''.;;;'''γ         ヽ 〜   ..::: 〜 〜  ::::::/
     i'゙ ゙̄''- 、;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.!         `i、__;;;;;;:::/\  :::::::/
     !;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'-、.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; /    

56 :カナリエ=カリカチュア ■groMilKs4.:2008/01/25(金) 01:38:49
          カナリエ
            ↓

          .,..-'''''"゙゙゙゙゙゙゙゙゙''''- 、
    . . -''´;;;;;;;;           `'''-、    コクッゴクッ
   .,,ー.;.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:.   ...-'''''''''l、゙`., 
 ,,i´";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: : : : : : .:.._,,..v.‘ゝ..、
 l;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: :       :υ      . `i     
.l;;;;;....;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;..;;;;;;;::: : :          .:!::::'゙;: !.^) 
il.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;..;__;;;;;:;:;;;;.;;...:: : : : : : : : :      //""'''''''---,,,,,,______ ;;;;--
.|;;';;;;;υ;;;;;;;;;/lニ'-、:::::::::;:;;;;;;::::: : : : :      : /;/  υ  ・  υ""""::::::::成谷君、もっとくれ給え。もっともっともっとだ。
.l.;;;;;;;;;;;;;;;;.l丶::゛,!:ili.._:::;:;;;;;;;;;;:.::::::: : : : : : : ::!υ\:::::::::::υ.........  〜  〜
゙lli;;;;;;;;;;;;;;;;ゝミ;;-:: `″;.'!   ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...´: : : ゙υ ) ̄"""---,,;;;;;::::::::::
 .゙!i_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;~'T'ー-;;;..;;;.;;;;;;;;;;..;;;;;..............;   ;;;;      /  ̄ ̄  〜    \
  ゙゙k.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...;...;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/    /  〜   :    υ ::::::::丶
   `!l、;;;;;;;';;;;;;;;;...υ;;;;;;;;;;;;;;;;..;......'-、,;;;;;;;;;;;;;;;;;./     `、  υ  ::    〜  :::::|
     .゙'!ii;い;.;;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;....;;;;~''.;;;'''γ         ヽ 〜   ..::: 〜 〜  ::::::/
     i'゙ ゙̄''- 、;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.!         `i、__;;;;;;:::/\  :::::::/
     !;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'-、.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; /    


          カナリエ
            ↓

          .,..-'''''"゙゙゙゙゙゙゙゙゙''''- 、
    . . -''´;;;;;;;;           `'''-、    コクッゴクッ
   .,,ー.;.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:.   ...-'''''''''l、゙`., 
 ,,i´";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: : : : : : .:.._,,..v.‘ゝ..、
 l;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: :       :υ      . `i     
.l;;;;;....;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;..;;;;;;;::: : :          .:!::::'゙;: !.^) 
il.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;..;__;;;;;:;:;;;;.;;...:: : : : : : : : :      //""'''''''---,,,,,,______ ;;;;--
.|;;';;;;;υ;;;;;;;;;/lニ'-、:::::::::;:;;;;;;::::: : : : :      : /;/  υ  ・  υ""""::::::::成谷君、もっとくれ給え。もっともっともっとだ。
.l.;;;;;;;;;;;;;;;;.l丶::゛,!:ili.._:::;:;;;;;;;;;;:.::::::: : : : : : : ::!υ\:::::::::::υ.........  〜  〜
゙lli;;;;;;;;;;;;;;;;ゝミ;;-:: `″;.'!   ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...´: : : ゙υ ) ̄"""---,,;;;;;::::::::::
 .゙!i_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;~'T'ー-;;;..;;;.;;;;;;;;;;..;;;;;..............;   ;;;;      /  ̄ ̄  〜    \
  ゙゙k.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...;...;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/    /  〜   :    υ ::::::::丶
   `!l、;;;;;;;';;;;;;;;;...υ;;;;;;;;;;;;;;;;..;......'-、,;;;;;;;;;;;;;;;;;./     `、  υ  ::    〜  :::::|
     .゙'!ii;い;.;;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;....;;;;~''.;;;'''γ         ヽ 〜   ..::: 〜 〜  ::::::/
     i'゙ ゙̄''- 、;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.!         `i、__;;;;;;:::/\  :::::::/
     !;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'-、.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; /    

57 :カナリエ=カリカチュア ■groMilKs4.:2008/01/25(金) 01:39:28
          カナリエ
            ↓

          .,..-'''''"゙゙゙゙゙゙゙゙゙''''- 、
    . . -''´;;;;;;;;           `'''-、    コクッゴクッ
   .,,ー.;.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:.   ...-'''''''''l、゙`., 
 ,,i´";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: : : : : : .:.._,,..v.‘ゝ..、
 l;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: :       :υ      . `i     
.l;;;;;....;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;..;;;;;;;::: : :          .:!::::'゙;: !.^) 
il.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;..;__;;;;;:;:;;;;.;;...:: : : : : : : : :      //""'''''''---,,,,,,______ ;;;;--
.|;;';;;;;υ;;;;;;;;;/lニ'-、:::::::::;:;;;;;;::::: : : : :      : /;/  υ  ・  υ""""::::::::成谷君、もっとくれ給え。もっともっともっとだ。
.l.;;;;;;;;;;;;;;;;.l丶::゛,!:ili.._:::;:;;;;;;;;;;:.::::::: : : : : : : ::!υ\:::::::::::υ.........  〜  〜
゙lli;;;;;;;;;;;;;;;;ゝミ;;-:: `″;.'!   ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...´: : : ゙υ ) ̄"""---,,;;;;;::::::::::
 .゙!i_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;~'T'ー-;;;..;;;.;;;;;;;;;;..;;;;;..............;   ;;;;      /  ̄ ̄  〜    \
  ゙゙k.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...;...;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/    /  〜   :    υ ::::::::丶
   `!l、;;;;;;;';;;;;;;;;...υ;;;;;;;;;;;;;;;;..;......'-、,;;;;;;;;;;;;;;;;;./     `、  υ  ::    〜  :::::|
     .゙'!ii;い;.;;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;....;;;;~''.;;;'''γ         ヽ 〜   ..::: 〜 〜  ::::::/
     i'゙ ゙̄''- 、;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.!         `i、__;;;;;;:::/\  :::::::/
     !;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'-、.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; /    


          カナリエ
            ↓

          .,..-'''''"゙゙゙゙゙゙゙゙゙''''- 、
    . . -''´;;;;;;;;           `'''-、    コクッゴクッ
   .,,ー.;.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:.   ...-'''''''''l、゙`., 
 ,,i´";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: : : : : : .:.._,,..v.‘ゝ..、
 l;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: :       :υ      . `i     
.l;;;;;....;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;..;;;;;;;::: : :          .:!::::'゙;: !.^) 
il.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;..;__;;;;;:;:;;;;.;;...:: : : : : : : : :      //""'''''''---,,,,,,______ ;;;;--
.|;;';;;;;υ;;;;;;;;;/lニ'-、:::::::::;:;;;;;;::::: : : : :      : /;/  υ  ・  υ""""::::::::成谷君、もっとくれ給え。もっともっともっとだ。
.l.;;;;;;;;;;;;;;;;.l丶::゛,!:ili.._:::;:;;;;;;;;;;:.::::::: : : : : : : ::!υ\:::::::::::υ.........  〜  〜
゙lli;;;;;;;;;;;;;;;;ゝミ;;-:: `″;.'!   ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...´: : : ゙υ ) ̄"""---,,;;;;;::::::::::
 .゙!i_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;~'T'ー-;;;..;;;.;;;;;;;;;;..;;;;;..............;   ;;;;      /  ̄ ̄  〜    \
  ゙゙k.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...;...;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/    /  〜   :    υ ::::::::丶
   `!l、;;;;;;;';;;;;;;;;...υ;;;;;;;;;;;;;;;;..;......'-、,;;;;;;;;;;;;;;;;;./     `、  υ  ::    〜  :::::|
     .゙'!ii;い;.;;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;....;;;;~''.;;;'''γ         ヽ 〜   ..::: 〜 〜  ::::::/
     i'゙ ゙̄''- 、;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.!         `i、__;;;;;;:::/\  :::::::/
     !;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'-、.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; /    

58 :カナリエ=カリカチュア ◆groMilKs4. :2008/01/25(金) 21:02:41
耳が潰れて目が剥がれております。
地球は合掌されました。

59 :カナリエ=カリカチュア ◆groMilKs4. :2008/01/25(金) 21:03:34
濡れたティッシュのように破れやすい皮膚ですから、
外を歩けば風で出血してしまいます。

60 :カナリエ=カリカチュア ◆groMilKs4. :2008/01/25(金) 21:05:41
体が鉄で出来ていたら窃盗団に盗まれてしまいます。
窃盗罪でしょうか略取誘拐でしょうか。

61 :カナリエ=カリカチュア ◆groMilKs4. :2008/01/25(金) 21:07:42
ゴキブリの死骸に熱湯をかけてみたのですが、
流石に昆虫の表面は丈夫に出来ていますね。
これがフランス人だったら熱湯で表面はべろんべろんになってしまうでしょう。

62 :カナリエ=カリカチュア ◆groMilKs4. :2008/01/25(金) 21:08:39
放射線とゾンビーナ。

63 :カナリエ=カリカチュア ◆groMilKs4. :2008/01/25(金) 21:10:56
刺激物への愛情、治療と称す禍。
既に耳の中の半熟の血は固まりました。

64 :カナリエ=カリカチュア ◆groMilKs4. :2008/01/25(金) 21:12:37
神は心の中にも宇宙にも不在、
等しく血液の中に循環しておられるのです。
ですから赤十字、神の怒りのミドリ十字。

65 :カナリエ=カリカチュア ◆groMilKs4. :2008/01/25(金) 21:15:14
なるほど、神とは血液。
仏は乾屎篦、人体の宗教。

66 :カナリエ=カリカチュア ◆groMilKs4. :2008/01/25(金) 21:30:09
結構の悪さは行いの悪さ。
それではコンシーラーは牧師様ですか。

67 :カナリエ=カリカチュア ◆groMilKs4. :2008/01/25(金) 21:37:08
芋虫を踏んだと思ったらイチゴジャムでした。
彼はそれを惜しみ美味しそうに舐めるのですが、
やはりそれは芋虫でした。

68 :カナリエ=カリカチュア ◆groMilKs4. :2008/01/25(金) 21:38:30
芋虫もやはり赤い血を流すのでしょうか。
何故魚は切り身で泳いでいないのでしょうか。

69 :カナリエ=カリカチュア ■groMilKs4.:2008/01/26(土) 00:50:31
          カナリエ
            ↓

          .,..-'''''"゙゙゙゙゙゙゙゙゙''''- 、
    . . -''´;;;;;;;;           `'''-、    コクッゴクッ
   .,,ー.;.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:.   ...-'''''''''l、゙`., 
 ,,i´";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: : : : : : .:.._,,..v.‘ゝ..、
 l;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: :       :υ      . `i     
.l;;;;;....;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;..;;;;;;;::: : :          .:!::::'゙;: !.^) 
il.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;..;__;;;;;:;:;;;;.;;...:: : : : : : : : :      //""'''''''---,,,,,,______ ;;;;--
.|;;';;;;;υ;;;;;;;;;/lニ'-、:::::::::;:;;;;;;::::: : : : :      : /;/  υ  ・  υ""""::::::::成谷君、もっとくれ給え。もっともっともっとだ。
.l.;;;;;;;;;;;;;;;;.l丶::゛,!:ili.._:::;:;;;;;;;;;;:.::::::: : : : : : : ::!υ\:::::::::::υ.........  〜  〜
゙lli;;;;;;;;;;;;;;;;ゝミ;;-:: `″;.'!   ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...´: : : ゙υ ) ̄"""---,,;;;;;::::::::::
 .゙!i_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;~'T'ー-;;;..;;;.;;;;;;;;;;..;;;;;..............;   ;;;;      /  ̄ ̄  〜    \
  ゙゙k.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...;...;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/    /  〜   :    υ ::::::::丶
   `!l、;;;;;;;';;;;;;;;;...υ;;;;;;;;;;;;;;;;..;......'-、,;;;;;;;;;;;;;;;;;./     `、  υ  ::    〜  :::::|
     .゙'!ii;い;.;;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;....;;;;~''.;;;'''γ         ヽ 〜   ..::: 〜 〜  ::::::/
     i'゙ ゙̄''- 、;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.!         `i、__;;;;;;:::/\  :::::::/
     !;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'-、.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; /    


          カナリエ
            ↓

          .,..-'''''"゙゙゙゙゙゙゙゙゙''''- 、
    . . -''´;;;;;;;;           `'''-、    コクッゴクッ
   .,,ー.;.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:.   ...-'''''''''l、゙`., 
 ,,i´";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: : : : : : .:.._,,..v.‘ゝ..、
 l;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: :       :υ      . `i     
.l;;;;;....;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;..;;;;;;;::: : :          .:!::::'゙;: !.^) 
il.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;..;__;;;;;:;:;;;;.;;...:: : : : : : : : :      //""'''''''---,,,,,,______ ;;;;--
.|;;';;;;;υ;;;;;;;;;/lニ'-、:::::::::;:;;;;;;::::: : : : :      : /;/  υ  ・  υ""""::::::::成谷君、もっとくれ給え。もっともっともっとだ。
.l.;;;;;;;;;;;;;;;;.l丶::゛,!:ili.._:::;:;;;;;;;;;;:.::::::: : : : : : : ::!υ\:::::::::::υ.........  〜  〜
゙lli;;;;;;;;;;;;;;;;ゝミ;;-:: `″;.'!   ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...´: : : ゙υ ) ̄"""---,,;;;;;::::::::::
 .゙!i_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;~'T'ー-;;;..;;;.;;;;;;;;;;..;;;;;..............;   ;;;;      /  ̄ ̄  〜    \
  ゙゙k.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...;...;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/    /  〜   :    υ ::::::::丶
   `!l、;;;;;;;';;;;;;;;;...υ;;;;;;;;;;;;;;;;..;......'-、,;;;;;;;;;;;;;;;;;./     `、  υ  ::    〜  :::::|
     .゙'!ii;い;.;;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;....;;;;~''.;;;'''γ         ヽ 〜   ..::: 〜 〜  ::::::/
     i'゙ ゙̄''- 、;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.!         `i、__;;;;;;:::/\  :::::::/
     !;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'-、.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; /    

70 :カナリエ=カリカチュア ■groMilKs4.:2008/01/26(土) 00:52:49
          カナリエ
            ↓

          .,..-'''''"゙゙゙゙゙゙゙゙゙''''- 、
    . . -''´;;;;;;;;           `'''-、    コクッゴクッ
   .,,ー.;.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:.   ...-'''''''''l、゙`., 
 ,,i´";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: : : : : : .:.._,,..v.‘ゝ..、
 l;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: :       :υ      . `i     
.l;;;;;....;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;..;;;;;;;::: : :          .:!::::'゙;: !.^) 
il.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;..;__;;;;;:;:;;;;.;;...:: : : : : : : : :      //""'''''''---,,,,,,______ ;;;;--
.|;;';;;;;υ;;;;;;;;;/lニ'-、:::::::::;:;;;;;;::::: : : : :      : /;/  υ  ・  υ""""::::::::成谷君、もっとくれ給え。もっともっともっとだ。
.l.;;;;;;;;;;;;;;;;.l丶::゛,!:ili.._:::;:;;;;;;;;;;:.::::::: : : : : : : ::!υ\:::::::::::υ.........  〜  〜
゙lli;;;;;;;;;;;;;;;;ゝミ;;-:: `″;.'!   ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...´: : : ゙υ ) ̄"""---,,;;;;;::::::::::
 .゙!i_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;~'T'ー-;;;..;;;.;;;;;;;;;;..;;;;;..............;   ;;;;      /  ̄ ̄  〜    \
  ゙゙k.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...;...;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/    /  〜   :    υ ::::::::丶
   `!l、;;;;;;;';;;;;;;;;...υ;;;;;;;;;;;;;;;;..;......'-、,;;;;;;;;;;;;;;;;;./     `、  υ  ::    〜  :::::|
     .゙'!ii;い;.;;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;....;;;;~''.;;;'''γ         ヽ 〜   ..::: 〜 〜  ::::::/
     i'゙ ゙̄''- 、;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.!         `i、__;;;;;;:::/\  :::::::/
     !;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'-、.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; /    


          カナリエ
            ↓

          .,..-'''''"゙゙゙゙゙゙゙゙゙''''- 、
    . . -''´;;;;;;;;           `'''-、    コクッゴクッ
   .,,ー.;.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:.   ...-'''''''''l、゙`., 
 ,,i´";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: : : : : : .:.._,,..v.‘ゝ..、
 l;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: :       :υ      . `i     
.l;;;;;....;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;..;;;;;;;::: : :          .:!::::'゙;: !.^) 
il.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;..;__;;;;;:;:;;;;.;;...:: : : : : : : : :      //""'''''''---,,,,,,______ ;;;;--
.|;;';;;;;υ;;;;;;;;;/lニ'-、:::::::::;:;;;;;;::::: : : : :      : /;/  υ  ・  υ""""::::::::成谷君、もっとくれ給え。もっともっともっとだ。
.l.;;;;;;;;;;;;;;;;.l丶::゛,!:ili.._:::;:;;;;;;;;;;:.::::::: : : : : : : ::!υ\:::::::::::υ.........  〜  〜
゙lli;;;;;;;;;;;;;;;;ゝミ;;-:: `″;.'!   ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...´: : : ゙υ ) ̄"""---,,;;;;;::::::::::
 .゙!i_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;~'T'ー-;;;..;;;.;;;;;;;;;;..;;;;;..............;   ;;;;      /  ̄ ̄  〜    \
  ゙゙k.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...;...;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/    /  〜   :    υ ::::::::丶
   `!l、;;;;;;;';;;;;;;;;...υ;;;;;;;;;;;;;;;;..;......'-、,;;;;;;;;;;;;;;;;;./     `、  υ  ::    〜  :::::|
     .゙'!ii;い;.;;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;....;;;;~''.;;;'''γ         ヽ 〜   ..::: 〜 〜  ::::::/
     i'゙ ゙̄''- 、;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.!         `i、__;;;;;;:::/\  :::::::/
     !;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'-、.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; /    

71 :カナリエ=カリカチュア:2008/01/26(土) 01:30:10
          カナリエ
            ↓

          .,..-'''''"゙゙゙゙゙゙゙゙゙''''- 、
    . . -''´;;;;;;;;           `'''-、    コクッゴクッ
   .,,ー.;.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:.   ...-'''''''''l、゙`., 
 ,,i´";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: : : : : : .:.._,,..v.‘ゝ..、
 l;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: :       :υ      . `i     
.l;;;;;....;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;..;;;;;;;::: : :          .:!::::'゙;: !.^) 
il.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;..;__;;;;;:;:;;;;.;;...:: : : : : : : : :      //""'''''''---,,,,,,______ ;;;;--
.|;;';;;;;υ;;;;;;;;;/lニ'-、:::::::::;:;;;;;;::::: : : : :      : /;/  υ  ・  υ""""::::::::成谷君、もっとくれ給え。もっともっともっとだ。
.l.;;;;;;;;;;;;;;;;.l丶::゛,!:ili.._:::;:;;;;;;;;;;:.::::::: : : : : : : ::!υ\:::::::::::υ.........  〜  〜
゙lli;;;;;;;;;;;;;;;;ゝミ;;-:: `″;.'!   ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...´: : : ゙υ ) ̄"""---,,;;;;;::::::::::
 .゙!i_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;~'T'ー-;;;..;;;.;;;;;;;;;;..;;;;;..............;   ;;;;      /  ̄ ̄  〜    \
  ゙゙k.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...;...;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/    /  〜   :    υ ::::::::丶
   `!l、;;;;;;;';;;;;;;;;...υ;;;;;;;;;;;;;;;;..;......'-、,;;;;;;;;;;;;;;;;;./     `、  υ  ::    〜  :::::|
     .゙'!ii;い;.;;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;....;;;;~''.;;;'''γ         ヽ 〜   ..::: 〜 〜  ::::::/
     i'゙ ゙̄''- 、;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.!         `i、__;;;;;;:::/\  :::::::/
     !;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'-、.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; /    


          カナリエ
            ↓

          .,..-'''''"゙゙゙゙゙゙゙゙゙''''- 、
    . . -''´;;;;;;;;           `'''-、    コクッゴクッ
   .,,ー.;.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:.   ...-'''''''''l、゙`., 
 ,,i´";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: : : : : : .:.._,,..v.‘ゝ..、
 l;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: :       :υ      . `i     
.l;;;;;....;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;..;;;;;;;::: : :          .:!::::'゙;: !.^) 
il.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;..;__;;;;;:;:;;;;.;;...:: : : : : : : : :      //""'''''''---,,,,,,______ ;;;;--
.|;;';;;;;υ;;;;;;;;;/lニ'-、:::::::::;:;;;;;;::::: : : : :      : /;/  υ  ・  υ""""::::::::成谷君、もっとくれ給え。もっともっともっとだ。
.l.;;;;;;;;;;;;;;;;.l丶::゛,!:ili.._:::;:;;;;;;;;;;:.::::::: : : : : : : ::!υ\:::::::::::υ.........  〜  〜
゙lli;;;;;;;;;;;;;;;;ゝミ;;-:: `″;.'!   ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...´: : : ゙υ ) ̄"""---,,;;;;;::::::::::
 .゙!i_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;~'T'ー-;;;..;;;.;;;;;;;;;;..;;;;;..............;   ;;;;      /  ̄ ̄  〜    \
  ゙゙k.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...;...;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/    /  〜   :    υ ::::::::丶
   `!l、;;;;;;;';;;;;;;;;...υ;;;;;;;;;;;;;;;;..;......'-、,;;;;;;;;;;;;;;;;;./     `、  υ  ::    〜  :::::|
     .゙'!ii;い;.;;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;....;;;;~''.;;;'''γ         ヽ 〜   ..::: 〜 〜  ::::::/
     i'゙ ゙̄''- 、;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.!         `i、__;;;;;;:::/\  :::::::/
     !;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'-、.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; /    

72 :酸処理を伴わないカナリエ精製:2008/01/26(土) 01:33:50
          カナリエ
            ↓

          .,..-'''''"゙゙゙゙゙゙゙゙゙''''- 、
    . . -''´;;;;;;;;           `'''-、    コクッゴクッ
   .,,ー.;.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:.   ...-'''''''''l、゙`., 
 ,,i´";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: : : : : : .:.._,,..v.‘ゝ..、
 l;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: :       :υ      . `i     
.l;;;;;....;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;..;;;;;;;::: : :          .:!::::'゙;: !.^) 
il.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;..;__;;;;;:;:;;;;.;;...:: : : : : : : : :      //""'''''''---,,,,,,______ ;;;;--
.|;;';;;;;υ;;;;;;;;;/lニ'-、:::::::::;:;;;;;;::::: : : : :      : /;/  υ  ・  υ""""::::::::成谷君、もっとくれ給え。もっともっともっとだ。
.l.;;;;;;;;;;;;;;;;.l丶::゛,!:ili.._:::;:;;;;;;;;;;:.::::::: : : : : : : ::!υ\:::::::::::υ.........  〜  〜
゙lli;;;;;;;;;;;;;;;;ゝミ;;-:: `″;.'!   ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...´: : : ゙υ ) ̄"""---,,;;;;;::::::::::
 .゙!i_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;~'T'ー-;;;..;;;.;;;;;;;;;;..;;;;;..............;   ;;;;      /  ̄ ̄  〜    \
  ゙゙k.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...;...;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/    /  〜   :    υ ::::::::丶
   `!l、;;;;;;;';;;;;;;;;...υ;;;;;;;;;;;;;;;;..;......'-、,;;;;;;;;;;;;;;;;;./     `、  υ  ::    〜  :::::|
     .゙'!ii;い;.;;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;....;;;;~''.;;;'''γ         ヽ 〜   ..::: 〜 〜  ::::::/
     i'゙ ゙̄''- 、;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.!         `i、__;;;;;;:::/\  :::::::/
     !;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'-、.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; /    


          カナリエ
            ↓

          .,..-'''''"゙゙゙゙゙゙゙゙゙''''- 、
    . . -''´;;;;;;;;           `'''-、    コクッゴクッ
   .,,ー.;.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:.   ...-'''''''''l、゙`., 
 ,,i´";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: : : : : : .:.._,,..v.‘ゝ..、
 l;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: :       :υ      . `i     
.l;;;;;....;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;..;;;;;;;::: : :          .:!::::'゙;: !.^) 
il.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;..;__;;;;;:;:;;;;.;;...:: : : : : : : : :      //""'''''''---,,,,,,______ ;;;;--
.|;;';;;;;υ;;;;;;;;;/lニ'-、:::::::::;:;;;;;;::::: : : : :      : /;/  υ  ・  υ""""::::::::成谷君、もっとくれ給え。もっともっともっとだ。
.l.;;;;;;;;;;;;;;;;.l丶::゛,!:ili.._:::;:;;;;;;;;;;:.::::::: : : : : : : ::!υ\:::::::::::υ.........  〜  〜
゙lli;;;;;;;;;;;;;;;;ゝミ;;-:: `″;.'!   ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...´: : : ゙υ ) ̄"""---,,;;;;;::::::::::
 .゙!i_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;~'T'ー-;;;..;;;.;;;;;;;;;;..;;;;;..............;   ;;;;      /  ̄ ̄  〜    \
  ゙゙k.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...;...;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/    /  〜   :    υ ::::::::丶
   `!l、;;;;;;;';;;;;;;;;...υ;;;;;;;;;;;;;;;;..;......'-、,;;;;;;;;;;;;;;;;;./     `、  υ  ::    〜  :::::|
     .゙'!ii;い;.;;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;....;;;;~''.;;;'''γ         ヽ 〜   ..::: 〜 〜  ::::::/
     i'゙ ゙̄''- 、;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.!         `i、__;;;;;;:::/\  :::::::/
     !;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'-、.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; /    

73 :カナリエ=カリカチュア:2008/01/26(土) 01:35:01
          カナリエ
            ↓

          .,..-'''''"゙゙゙゙゙゙゙゙゙''''- 、
    . . -''´;;;;;;;;           `'''-、    コクッゴクッ
   .,,ー.;.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:.   ...-'''''''''l、゙`., 
 ,,i´";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: : : : : : .:.._,,..v.‘ゝ..、
 l;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: :       :υ      . `i     
.l;;;;;....;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;..;;;;;;;::: : :          .:!::::'゙;: !.^) 
il.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;..;__;;;;;:;:;;;;.;;...:: : : : : : : : :      //""'''''''---,,,,,,______ ;;;;--
.|;;';;;;;υ;;;;;;;;;/lニ'-、:::::::::;:;;;;;;::::: : : : :      : /;/  υ  ・  υ""""::::::::成谷君、もっとくれ給え。もっともっともっとだ。
.l.;;;;;;;;;;;;;;;;.l丶::゛,!:ili.._:::;:;;;;;;;;;;:.::::::: : : : : : : ::!υ\:::::::::::υ.........  〜  〜
゙lli;;;;;;;;;;;;;;;;ゝミ;;-:: `″;.'!   ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...´: : : ゙υ ) ̄"""---,,;;;;;::::::::::
 .゙!i_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;~'T'ー-;;;..;;;.;;;;;;;;;;..;;;;;..............;   ;;;;      /  ̄ ̄  〜    \
  ゙゙k.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...;...;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/    /  〜   :    υ ::::::::丶
   `!l、;;;;;;;';;;;;;;;;...υ;;;;;;;;;;;;;;;;..;......'-、,;;;;;;;;;;;;;;;;;./     `、  υ  ::    〜  :::::|
     .゙'!ii;い;.;;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;....;;;;~''.;;;'''γ         ヽ 〜   ..::: 〜 〜  ::::::/
     i'゙ ゙̄''- 、;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.!         `i、__;;;;;;:::/\  :::::::/
     !;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'-、.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; /    


          カナリエ
            ↓

          .,..-'''''"゙゙゙゙゙゙゙゙゙''''- 、
    . . -''´;;;;;;;;           `'''-、    コクッゴクッ
   .,,ー.;.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:.   ...-'''''''''l、゙`., 
 ,,i´";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: : : : : : .:.._,,..v.‘ゝ..、
 l;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: :       :υ      . `i     
.l;;;;;....;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;..;;;;;;;::: : :          .:!::::'゙;: !.^) 
il.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;..;__;;;;;:;:;;;;.;;...:: : : : : : : : :      //""'''''''---,,,,,,______ ;;;;--
.|;;';;;;;υ;;;;;;;;;/lニ'-、:::::::::;:;;;;;;::::: : : : :      : /;/  υ  ・  υ""""::::::::成谷君、もっとくれ給え。もっともっともっとだ。
.l.;;;;;;;;;;;;;;;;.l丶::゛,!:ili.._:::;:;;;;;;;;;;:.::::::: : : : : : : ::!υ\:::::::::::υ.........  〜  〜
゙lli;;;;;;;;;;;;;;;;ゝミ;;-:: `″;.'!   ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...´: : : ゙υ ) ̄"""---,,;;;;;::::::::::
 .゙!i_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;~'T'ー-;;;..;;;.;;;;;;;;;;..;;;;;..............;   ;;;;      /  ̄ ̄  〜    \
  ゙゙k.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...;...;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/    /  〜   :    υ ::::::::丶
   `!l、;;;;;;;';;;;;;;;;...υ;;;;;;;;;;;;;;;;..;......'-、,;;;;;;;;;;;;;;;;;./     `、  υ  ::    〜  :::::|
     .゙'!ii;い;.;;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;....;;;;~''.;;;'''γ         ヽ 〜   ..::: 〜 〜  ::::::/
     i'゙ ゙̄''- 、;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.!         `i、__;;;;;;:::/\  :::::::/
     !;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'-、.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; /    

74 :カナリエ=カリカチュア:2008/01/26(土) 02:25:40
          カナリエ
            ↓

          .,..-'''''"゙゙゙゙゙゙゙゙゙''''- 、
    . . -''´;;;;;;;;           `'''-、    コクッゴクッ
   .,,ー.;.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:.   ...-'''''''''l、゙`., 
 ,,i´";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: : : : : : .:.._,,..v.‘ゝ..、
 l;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: :       :υ      . `i     
.l;;;;;....;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;..;;;;;;;::: : :          .:!::::'゙;: !.^) 
il.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;..;__;;;;;:;:;;;;.;;...:: : : : : : : : :      //""'''''''---,,,,,,______ ;;;;--
.|;;';;;;;υ;;;;;;;;;/lニ'-、:::::::::;:;;;;;;::::: : : : :      : /;/  υ  ・  υ""""::::::::成谷君、もっとくれ給え。もっともっともっとだ。
.l.;;;;;;;;;;;;;;;;.l丶::゛,!:ili.._:::;:;;;;;;;;;;:.::::::: : : : : : : ::!υ\:::::::::::υ.........  〜  〜
゙lli;;;;;;;;;;;;;;;;ゝミ;;-:: `″;.'!   ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...´: : : ゙υ ) ̄"""---,,;;;;;::::::::::
 .゙!i_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;~'T'ー-;;;..;;;.;;;;;;;;;;..;;;;;..............;   ;;;;      /  ̄ ̄  〜    \
  ゙゙k.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...;...;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/    /  〜   :    υ ::::::::丶
   `!l、;;;;;;;';;;;;;;;;...υ;;;;;;;;;;;;;;;;..;......'-、,;;;;;;;;;;;;;;;;;./     `、  υ  ::    〜  :::::|
     .゙'!ii;い;.;;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;....;;;;~''.;;;'''γ         ヽ 〜   ..::: 〜 〜  ::::::/
     i'゙ ゙̄''- 、;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.!         `i、__;;;;;;:::/\  :::::::/
     !;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'-、.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; /    


          カナリエ
            ↓

          .,..-'''''"゙゙゙゙゙゙゙゙゙''''- 、
    . . -''´;;;;;;;;           `'''-、    コクッゴクッ
   .,,ー.;.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:.   ...-'''''''''l、゙`., 
 ,,i´";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: : : : : : .:.._,,..v.‘ゝ..、
 l;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: :       :υ      . `i     
.l;;;;;....;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;..;;;;;;;::: : :          .:!::::'゙;: !.^) 
il.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;..;__;;;;;:;:;;;;.;;...:: : : : : : : : :      //""'''''''---,,,,,,______ ;;;;--
.|;;';;;;;υ;;;;;;;;;/lニ'-、:::::::::;:;;;;;;::::: : : : :      : /;/  υ  ・  υ""""::::::::成谷君、もっとくれ給え。もっともっともっとだ。
.l.;;;;;;;;;;;;;;;;.l丶::゛,!:ili.._:::;:;;;;;;;;;;:.::::::: : : : : : : ::!υ\:::::::::::υ.........  〜  〜
゙lli;;;;;;;;;;;;;;;;ゝミ;;-:: `″;.'!   ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...´: : : ゙υ ) ̄"""---,,;;;;;::::::::::
 .゙!i_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;~'T'ー-;;;..;;;.;;;;;;;;;;..;;;;;..............;   ;;;;      /  ̄ ̄  〜    \
  ゙゙k.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...;...;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/    /  〜   :    υ ::::::::丶
   `!l、;;;;;;;';;;;;;;;;...υ;;;;;;;;;;;;;;;;..;......'-、,;;;;;;;;;;;;;;;;;./     `、  υ  ::    〜  :::::|
     .゙'!ii;い;.;;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;....;;;;~''.;;;'''γ         ヽ 〜   ..::: 〜 〜  ::::::/
     i'゙ ゙̄''- 、;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.!         `i、__;;;;;;:::/\  :::::::/
     !;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'-、.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; /    

75 :カナリエ=カリカチュア:2008/01/26(土) 02:26:25
          カナリエ
            ↓

          .,..-'''''"゙゙゙゙゙゙゙゙゙''''- 、
    . . -''´;;;;;;;;           `'''-、    コクッゴクッ
   .,,ー.;.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:.   ...-'''''''''l、゙`., 
 ,,i´";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: : : : : : .:.._,,..v.‘ゝ..、
 l;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: :       :υ      . `i     
.l;;;;;....;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;..;;;;;;;::: : :          .:!::::'゙;: !.^) 
il.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;..;__;;;;;:;:;;;;.;;...:: : : : : : : : :      //""'''''''---,,,,,,______ ;;;;--
.|;;';;;;;υ;;;;;;;;;/lニ'-、:::::::::;:;;;;;;::::: : : : :      : /;/  υ  ・  υ""""::::::::成谷君、もっとくれ給え。もっともっともっとだ。
.l.;;;;;;;;;;;;;;;;.l丶::゛,!:ili.._:::;:;;;;;;;;;;:.::::::: : : : : : : ::!υ\:::::::::::υ.........  〜  〜
゙lli;;;;;;;;;;;;;;;;ゝミ;;-:: `″;.'!   ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...´: : : ゙υ ) ̄"""---,,;;;;;::::::::::
 .゙!i_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;~'T'ー-;;;..;;;.;;;;;;;;;;..;;;;;..............;   ;;;;      /  ̄ ̄  〜    \
  ゙゙k.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...;...;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/    /  〜   :    υ ::::::::丶
   `!l、;;;;;;;';;;;;;;;;...υ;;;;;;;;;;;;;;;;..;......'-、,;;;;;;;;;;;;;;;;;./     `、  υ  ::    〜  :::::|
     .゙'!ii;い;.;;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;....;;;;~''.;;;'''γ         ヽ 〜   ..::: 〜 〜  ::::::/
     i'゙ ゙̄''- 、;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.!         `i、__;;;;;;:::/\  :::::::/
     !;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'-、.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; /    


          カナリエ
            ↓

          .,..-'''''"゙゙゙゙゙゙゙゙゙''''- 、
    . . -''´;;;;;;;;           `'''-、    コクッゴクッ
   .,,ー.;.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:.   ...-'''''''''l、゙`., 
 ,,i´";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: : : : : : .:.._,,..v.‘ゝ..、
 l;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: :       :υ      . `i     
.l;;;;;....;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;..;;;;;;;::: : :          .:!::::'゙;: !.^) 
il.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;..;__;;;;;:;:;;;;.;;...:: : : : : : : : :      //""'''''''---,,,,,,______ ;;;;--
.|;;';;;;;υ;;;;;;;;;/lニ'-、:::::::::;:;;;;;;::::: : : : :      : /;/  υ  ・  υ""""::::::::成谷君、もっとくれ給え。もっともっともっとだ。
.l.;;;;;;;;;;;;;;;;.l丶::゛,!:ili.._:::;:;;;;;;;;;;:.::::::: : : : : : : ::!υ\:::::::::::υ.........  〜  〜
゙lli;;;;;;;;;;;;;;;;ゝミ;;-:: `″;.'!   ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...´: : : ゙υ ) ̄"""---,,;;;;;::::::::::
 .゙!i_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;~'T'ー-;;;..;;;.;;;;;;;;;;..;;;;;..............;   ;;;;      /  ̄ ̄  〜    \
  ゙゙k.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...;...;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/    /  〜   :    υ ::::::::丶
   `!l、;;;;;;;';;;;;;;;;...υ;;;;;;;;;;;;;;;;..;......'-、,;;;;;;;;;;;;;;;;;./     `、  υ  ::    〜  :::::|
     .゙'!ii;い;.;;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;....;;;;~''.;;;'''γ         ヽ 〜   ..::: 〜 〜  ::::::/
     i'゙ ゙̄''- 、;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.!         `i、__;;;;;;:::/\  :::::::/
     !;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'-、.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; /    

76 :カナリエ=カリカチュア:2008/01/26(土) 02:27:01
          カナリエ
            ↓

          .,..-'''''"゙゙゙゙゙゙゙゙゙''''- 、
    . . -''´;;;;;;;;           `'''-、    コクッゴクッ
   .,,ー.;.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:.   ...-'''''''''l、゙`., 
 ,,i´";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: : : : : : .:.._,,..v.‘ゝ..、
 l;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: :       :υ      . `i     
.l;;;;;....;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;..;;;;;;;::: : :          .:!::::'゙;: !.^) 
il.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;..;__;;;;;:;:;;;;.;;...:: : : : : : : : :      //""'''''''---,,,,,,______ ;;;;--
.|;;';;;;;υ;;;;;;;;;/lニ'-、:::::::::;:;;;;;;::::: : : : :      : /;/  υ  ・  υ""""::::::::成谷君、もっとくれ給え。もっともっともっとだ。
.l.;;;;;;;;;;;;;;;;.l丶::゛,!:ili.._:::;:;;;;;;;;;;:.::::::: : : : : : : ::!υ\:::::::::::υ.........  〜  〜
゙lli;;;;;;;;;;;;;;;;ゝミ;;-:: `″;.'!   ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...´: : : ゙υ ) ̄"""---,,;;;;;::::::::::
 .゙!i_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;~'T'ー-;;;..;;;.;;;;;;;;;;..;;;;;..............;   ;;;;      /  ̄ ̄  〜    \
  ゙゙k.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...;...;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/    /  〜   :    υ ::::::::丶
   `!l、;;;;;;;';;;;;;;;;...υ;;;;;;;;;;;;;;;;..;......'-、,;;;;;;;;;;;;;;;;;./     `、  υ  ::    〜  :::::|
     .゙'!ii;い;.;;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;....;;;;~''.;;;'''γ         ヽ 〜   ..::: 〜 〜  ::::::/
     i'゙ ゙̄''- 、;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.!         `i、__;;;;;;:::/\  :::::::/
     !;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'-、.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; /    


          カナリエ
            ↓

          .,..-'''''"゙゙゙゙゙゙゙゙゙''''- 、
    . . -''´;;;;;;;;           `'''-、    コクッゴクッ
   .,,ー.;.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:.   ...-'''''''''l、゙`., 
 ,,i´";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: : : : : : .:.._,,..v.‘ゝ..、
 l;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: :       :υ      . `i     
.l;;;;;....;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;..;;;;;;;::: : :          .:!::::'゙;: !.^) 
il.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;..;__;;;;;:;:;;;;.;;...:: : : : : : : : :      //""'''''''---,,,,,,______ ;;;;--
.|;;';;;;;υ;;;;;;;;;/lニ'-、:::::::::;:;;;;;;::::: : : : :      : /;/  υ  ・  υ""""::::::::成谷君、もっとくれ給え。もっともっともっとだ。
.l.;;;;;;;;;;;;;;;;.l丶::゛,!:ili.._:::;:;;;;;;;;;;:.::::::: : : : : : : ::!υ\:::::::::::υ.........  〜  〜
゙lli;;;;;;;;;;;;;;;;ゝミ;;-:: `″;.'!   ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...´: : : ゙υ ) ̄"""---,,;;;;;::::::::::
 .゙!i_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;~'T'ー-;;;..;;;.;;;;;;;;;;..;;;;;..............;   ;;;;      /  ̄ ̄  〜    \
  ゙゙k.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...;...;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/    /  〜   :    υ ::::::::丶
   `!l、;;;;;;;';;;;;;;;;...υ;;;;;;;;;;;;;;;;..;......'-、,;;;;;;;;;;;;;;;;;./     `、  υ  ::    〜  :::::|
     .゙'!ii;い;.;;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;....;;;;~''.;;;'''γ         ヽ 〜   ..::: 〜 〜  ::::::/
     i'゙ ゙̄''- 、;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.!         `i、__;;;;;;:::/\  :::::::/
     !;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'-、.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; /    

77 :カナリエ=カリカチュア:2008/01/26(土) 02:27:40
          カナリエ
            ↓

          .,..-'''''"゙゙゙゙゙゙゙゙゙''''- 、
    . . -''´;;;;;;;;           `'''-、    コクッゴクッ
   .,,ー.;.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:.   ...-'''''''''l、゙`., 
 ,,i´";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: : : : : : .:.._,,..v.‘ゝ..、
 l;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: :       :υ      . `i     
.l;;;;;....;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;..;;;;;;;::: : :          .:!::::'゙;: !.^) 
il.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;..;__;;;;;:;:;;;;.;;...:: : : : : : : : :      //""'''''''---,,,,,,______ ;;;;--
.|;;';;;;;υ;;;;;;;;;/lニ'-、:::::::::;:;;;;;;::::: : : : :      : /;/  υ  ・  υ""""::::::::成谷君、もっとくれ給え。もっともっともっとだ。
.l.;;;;;;;;;;;;;;;;.l丶::゛,!:ili.._:::;:;;;;;;;;;;:.::::::: : : : : : : ::!υ\:::::::::::υ.........  〜  〜
゙lli;;;;;;;;;;;;;;;;ゝミ;;-:: `″;.'!   ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...´: : : ゙υ ) ̄"""---,,;;;;;::::::::::
 .゙!i_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;~'T'ー-;;;..;;;.;;;;;;;;;;..;;;;;..............;   ;;;;      /  ̄ ̄  〜    \
  ゙゙k.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...;...;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/    /  〜   :    υ ::::::::丶
   `!l、;;;;;;;';;;;;;;;;...υ;;;;;;;;;;;;;;;;..;......'-、,;;;;;;;;;;;;;;;;;./     `、  υ  ::    〜  :::::|
     .゙'!ii;い;.;;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;....;;;;~''.;;;'''γ         ヽ 〜   ..::: 〜 〜  ::::::/
     i'゙ ゙̄''- 、;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.!         `i、__;;;;;;:::/\  :::::::/
     !;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'-、.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; /    


          カナリエ
            ↓

          .,..-'''''"゙゙゙゙゙゙゙゙゙''''- 、
    . . -''´;;;;;;;;           `'''-、    コクッゴクッ
   .,,ー.;.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:.   ...-'''''''''l、゙`., 
 ,,i´";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: : : : : : .:.._,,..v.‘ゝ..、
 l;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: :       :υ      . `i     
.l;;;;;....;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;..;;;;;;;::: : :          .:!::::'゙;: !.^) 
il.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;..;__;;;;;:;:;;;;.;;...:: : : : : : : : :      //""'''''''---,,,,,,______ ;;;;--
.|;;';;;;;υ;;;;;;;;;/lニ'-、:::::::::;:;;;;;;::::: : : : :      : /;/  υ  ・  υ""""::::::::成谷君、もっとくれ給え。もっともっともっとだ。
.l.;;;;;;;;;;;;;;;;.l丶::゛,!:ili.._:::;:;;;;;;;;;;:.::::::: : : : : : : ::!υ\:::::::::::υ.........  〜  〜
゙lli;;;;;;;;;;;;;;;;ゝミ;;-:: `″;.'!   ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...´: : : ゙υ ) ̄"""---,,;;;;;::::::::::
 .゙!i_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;~'T'ー-;;;..;;;.;;;;;;;;;;..;;;;;..............;   ;;;;      /  ̄ ̄  〜    \
  ゙゙k.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...;...;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/    /  〜   :    υ ::::::::丶
   `!l、;;;;;;;';;;;;;;;;...υ;;;;;;;;;;;;;;;;..;......'-、,;;;;;;;;;;;;;;;;;./     `、  υ  ::    〜  :::::|
     .゙'!ii;い;.;;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;....;;;;~''.;;;'''γ         ヽ 〜   ..::: 〜 〜  ::::::/
     i'゙ ゙̄''- 、;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.!         `i、__;;;;;;:::/\  :::::::/
     !;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'-、.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; /    

78 :カナリエ=カリカチュア:2008/01/26(土) 12:26:53
司郎は部屋でオナニーをしていた。
 布団に横たわり、目を瞑ってある光景を思い出しながら一物をしごく。
(真奈美ぃっ……真奈美ぃっ……)
 心の中で呼びかけているのは妹の名前だった。
 数日前、偶然妹の裸を見てしまったのだ。
 洗面所に入った時に、風呂上りの全く何も身につけていない状態を見てしまったのである。
 それは今まで見た何よりも白く、そして美しかった。
 来年中学に上がる妹。
 一緒に風呂に入らなくなって何年経つのか忘れたが、その頃とは体付きが全然違っていた。
 胸がプクッと膨れ、全体的に肉が付き、抱いたら凄く柔らかそうだった。
 何と言っても肌の白さが美しく、長い黒髪が体にかかっているためその白さが際立っていた。
(真奈美ぃ……何て綺麗なんだ……)
 妹などしょせん子供としか思っていなかった司郎にとって、その裸体の美しさは激しい衝撃だった。
 グラビアで水着姿のアイドルを何度も見ていたが、妹の裸体はそんなものとは比較にならない美しさを持っていた。
 しかも手に触れんばかりの身近な距離で見たのである。
 それはたまらない興奮を司郎にもたらした。
 思い出すだけで股間の一物がカチンカチンに硬くなり、射精したくてたまらなくなった。
(ああ……もっと見たい……)
 一度目にしてしまった生の女体。
 まだ幼いとはいえ、女の体には違いない。
 十四歳の少年にとってはそれだけで十分だった。
(胸を揉んでみたい……)
 膨れた妹の胸を掴んだらどんな感触があるのか。
 その事を想像すると息が荒くなり、射精感が高まる。
 手の動きが早まった。
(真奈美ぃっ……イくぞっ……イくぅっ……!)
 頭の中で妹が甘えた声を上げ悶える様を想像しながら、押さえつけたティッシュに精を放つ。
 ドクドクドクと激しい勢いで精液が放出されていく。
 オナニーを覚えて以来、アイドルのグラビア写真で何度も射精してきたが、妹の裸をおかずにして行う行為には、それとは比較にならない快感があった。
(また……しちまった……)
 終わってしまうと、妹を対象にしてオナニーしている事に嫌悪感を感じる。
 始める時は興奮して気にならないが、一旦射精し冷静になると、実の妹をおかずにしている事が悲しくてたまらない。
 だがそうは思っても、妹の白く柔らかそうな体を想像してしまうとすぐに肉棒が硬くなり、しごかずにはいられなくなるのだ。
(何とかしなきゃな……)
 司郎は止められない自分を情けなく思いながら、空しく後始末をするのだった。

79 :カナリエ=カリカチュア:2008/01/26(土) 12:27:36
学校から帰ってくると、風呂場から音が聞こえた。
 母は帰りが遅いと言っていたので、それは妹だろう。
(シャワー浴びてるのか……)
 妹が裸でいる姿を想像してしまう。
 肉棒が一気に硬くなった。
(だ、誰もいないんだよな……)
 これはチャンスだ。
 また妹の裸が見れる。
 司郎の心臓は激しく脈打ち、体が微妙に震え始めた。
 ゆっくりと洗面所の前まで移動すると、バレない程度にドアを開け覗き込む。
(こ、これなら見える……バッチリ見えるぞ……)
 シャワーを終えた妹が出てくれば、夢にまで見た裸体がまた見れるのだ。
 司郎はドキドキしながらその時を待った。
 水の流れる音が止まり、風呂場のドアが開く。
(!……)
 待ち焦がれた妹の裸がそこにあった。
 まぶしいほどに白い肌と、つつましいが緩やかに山を描く胸の膨らみが目に映る。
(ああ……綺麗だ……何て綺麗なんだ……)
 今まで自分が想像していたのよりも、断然美しい裸体だった。
 妹は何も気づかずバスタオルで体を拭いている。
 隠れたり現れたりする裸体がまるで誘うように見え、司郎は抑えられない自分を感じ始めた。
(さ、触りたい……舐め回したい……胸を揉みたい……)
 妄想の中でさんざんしてきた行為がグルグルと頭の中を駆け巡る。
 体を拭き終えた妹が下着を取った。
(お、終わり……?)
 このままではもう裸が見れなくなってしまう。
 それは悲しいことだ。
 こんなチャンスは二度とない。
 もっと自分は見たい。
(だったら……)
 頭に血が上り、クラクラしてくる。
 肉欲に侵された脳は冷静な判断を奪ってしまった。
 妹の裸を見ることだけで頭が一杯になっていく。
 ドアを勢い良く開けた。
「きゃあっ! 何やってるのよっ!」
 妹が叫び声を上げ、とっさにバスタオルで体を隠す。
 だが司郎はそのまま近寄るとそれを剥ぎ取ってしまった。
「お兄ちゃんちょっとやだ……止めてよね……」
 妹は胸を両腕で隠すようにしながら、いつもと違う兄の様子に驚いた表情を浮かべている。
 司郎は腕を掴むと、力を入れて広げようとし、妹も負けじと隠そうと逆らう。
 だが中学生の兄の力にかなうはずもなく、やがて胸があらわになった。
(すげぇ……)
 さきほど見た時も思ったが、さらに間近で見る妹の胸は凄まじい美しさだった。

80 :カナリエ=カリカチュア:2008/01/26(土) 12:28:45
手を伸ばしてギュッと掴む。
「あんっ……」
 妹がビクッと体を震わせて、今まで聞いた事のない様な甘い声を上げた。
 それに驚いて思わず手を放してしまうが、すぐにまた手を添えて今度は優しく掴んでみる。
「あんっ……」
 またピクッと反応し、声を上げる。
 それが面白く、また興奮を誘ったため、司郎はヤワヤワと揉み込んでいった。
(柔らかい……何て柔らかいんだ……)
 手のひらから伝わってくる感触は、今までに経験した事のないたまらない快感だった。
「あっ、あんっ……ちょっと止め……はぁっ……」
 妹が甘い声を上げながら、体をピクピクと震わせる。
 顔も上気し、トロンとした表情を浮かべている。
 小さいながらもムニュムニュといった感じで形を変える乳房は、思春期の少年にとってたまらないおもちゃだった。
 快感に力が抜けたのか、妹は抵抗を止めている。
 その事に気を良くした司郎は、自由になった両手でさらに揉み込んでいった。
(ああ……何て気持ちいいんだ……)
 妹のつつましい膨らみを好きなように弄び、スベスベとした肌の感触に酔う。
 鼻息を荒くしながら揉み続け、ついには唇を可憐な桜色の乳首に押し付けた。
「あっ、あっ、ああんっ……だめ、やっ……おにぃ、ああっ……止めて、ああんっ……」
 チュパチュパと激しく吸い上げ、右の乳首を吸っては左に移動し、すぐさままた右に、といった具合に両方の乳首を忙しく吸いたてていく。
 その間も乳房を揉むことをやめない。
「あっ、あっ、あんっ……あぅっ、あっ、あああんっ……」
 妹の体からは力が抜け、ぐったりともたれかかってきた。
(真奈美ぃ……真奈美ぃ……気持ちいいんだな……)
 司郎はバスタオルを床に敷くと、その上に妹を横たえた。
(もっと気持ち良くしてやるからな……)
 自分も服を脱いで裸になると、のしかかかっていく。
 生の肌で触れる妹の肉体が気持ちいい。
 すべすべとした肌が擦れるだけで、今まで感じた事のない快感を送ってくる。
「おにぃ……ちゃん……止めて……お願い……」
 泣きそうな表情で妹が声をかけてくる。

81 :カナリエ=カリカチュア:2008/01/26(土) 12:30:04
その事で、自分が今相手にしているのが実の妹であるのを思い出し、少し躊躇を感じたが、同時にゾクリとした興奮も覚えた。
 兄として守るべき妹を襲っているという罪悪感があったものの、それを遥かに越える快感が司郎の心を支配していたのだ。
 真奈美の体を存分に味わいたい、その思いで頭が一杯だったのである。
(真奈美……すまん……俺、したいんだ……どうしても……)
 心の中で謝りながら、スラリとした脚を持ち上げると、太ももから脚の先まで舌を這わせていく。
「あ、いやっ……そんな、あっ、ああんっ……」
 太ももに唇を押し付けると、チューっと吸い、舐め上げる。
 それを左右の脚に繰り返し行い、徐々に舌を股間の中心に近づけていく。
「だ、駄目だよ、あぅっ……お兄ちゃんそこは駄目、あんっ……」
 兄の舌がどこに向かっているか気づいたのだろう、妹は必死に体を後ろに動かして逃げようとする。
「あぅっ、ああっ……」
 だがギュッと乳房を掴まれると、ガクっと力を抜いてその場に横たわった。
 司郎は、今まで後のお楽しみとして見なかった妹の女の部分についに顔を近づけた。
 よく見える様にグイと両脚を広げる。
「ああっ……見ちゃいやぁ……」
 妹の弱々しい声が響く。
(こ、これが……)
 初めてみる女の秘所。
 数年前まではただの縦筋にしかすぎなかった妹のそこは、今や複雑な形態をなし、大人の女として成長を遂げていた。
(すげぇ……)
 まるで内臓の様な印象を与えるそこは、少し気持ちの悪さを感じさせたものの、テラテラと光を放っているのに気づいた瞬間、そんな事は吹っ飛んでしまった。
(感じてる……感じてるんだ……)
 妹の秘所から愛液が流れ出ているのだ。
 喘ぎ声から快感を感じているのは分かっていたが、それが目に見える形として現れているのは何とも言えない感動があった。
(俺が……俺が真奈美を感じさせてるんだ……)
 男として女を快感に導いている事実に心が満足感で一杯になる。

82 :カナリエ=カリカチュア:2008/01/26(土) 12:30:42
もっと感じさせ、絶頂に導きたい。
 そんな思いに捉われ、司郎は舌を伸ばすと妹の秘所に口を付けた。
「ああっ、あんっ、いやぁっ……」
 舐め上げた瞬間、妹が体をピクッと震わせ顔を背ける。
 反応のあった事に興奮し、さらに舌を這わせていく。
「あぐっ、あっ、おにぃちゃ、ああんっ……や、止め、あぅっ……だ、駄目ぇ、はんっ……そんなとこ舐めちゃ、ああっ……駄目だよぉっ……」
 ピクピクと体を震わせながら、兄の頭を押さえつけ否定の言葉を吐く。
 だが頭にかかる力の方向は、離そうとするより、押し付けている様に感じられた。
(真奈美……気持ちいいんだな……)
 心では否定しながらも、快感を求めてしまっている妹の行動に、司郎は思わず笑みを漏らす。
「はぅっ、はぅっ、はあぁんっ……やめ、あっ……おにぃ、ああっ……だめ、あああんっ……」
 もうキチンと発音することすらできなくなるくらい、妹は快感の渦に取り込まれている。
 舌を動かす司郎の目に、プクッと膨れた豆の様なものが映った。
(クリトリスか……?)
 女が泣いて喜ぶというのを友人から聞いていた司郎は、そこに舌を絡ませた。
「ああっ! あっ、ああんっ……あっ、そこぉっ……いいっ、ああんっ……」
 ついに妹が快感を受け入れる声を上げた。
 よっぽど気持ちがいいのだろう、グイグイ頭を押してくる。
「あふっ、あっ、あんっ……いいよぉ、ああっ……こんなの凄いぃっ……あっ、お兄ちゃぁんっ……」
 もう自分がどんな状況に置かれているのか分からなくなっているのだろう、妹はより快感を求めようと兄に行為を要求してくる。 
 無論それを司郎が喜ばないはずがない。
 さらに舌の動きを早め、激しく舐め上げていった。
「あぐぅっ、あっ、あはぁっ……おにぃ、ああっ……お兄ちゃぁん……あっ、お兄ちゃんいいよぉっ……私、わたしぃ、ああっ……おかしくなっちゃうぅっ……あっ、はぁっ、ああんっ……あああああっ……!」
 妹は絶叫すると体を仰け反らせ、激しく痙攣した後、全身の力を抜いて床に横たわった。
 顔を上気させながら、はぁはぁと荒い息を吐いてぐったりとしている。
(すげぇ……)
 初めて見た女の絶頂の様子に、司郎は驚きながらも感動を覚えていた。
 何しろ妹をここまでしたのは自分なのだ。
 これまで何かを成し遂げたことのない司郎にとって、それはとてつもない興奮だった。
(入れるか……)

83 :酸処理を伴わないカナリエ精製:2008/01/26(土) 13:30:05
『二年C組 杉山あいらさん、二年C組 杉山あいらさん。至急生徒会室に来てください。繰り返します、二年C組 杉山あいらさん・・・』

放課後の校舎内に放送が入った。

ここは私立風月高等学校の二年C組の教室。

「あいら、生徒会に呼ばれるなんて・・・あんた何したの?」
「えぇっ、何もしてないよぉっっ!」
友達に聞かれて答えたのは杉山あいら、高校二年生。
「何もしてないのに生徒会からお呼びはかかんないでしょーが」
あいらのおでこをつついてに言うのはあいらのクラスメイトの荒井奈菜。
「杉山ー、何やらかしたんだよー」
「生徒会長の下駄箱にカエルでも入れたかー?」
「いや、納豆とかなぁ」
「あははははは・・・」
「ひゃっひゃっひゃっ・・・」
クラスの男子があいらをからかう。
「そんなことしてないもんっっ!」
男子たちがあいらをからかうのはあいらのことが気になっているからなのだが、あいらはそれに気づいていない。
あいらは学年の中でも人気な女子なのだが、自分ではまったく自覚していないのだ。
「てか、あいら、早く行きなって。生徒会待たせちゃだめっしょ」
「あ、うん。じゃあ、ごめん、先帰ってて」
「りょーかいっス」
奈菜があいらに向かって敬礼する。
「杉山ー、生きて帰って来いよー」
「死ぬんじゃねーぞー」
教室を出て行くあいらに向かって、また男子たちがからかいの声を浴びせる。
「うるさぁぃっっ!」
あいらは男子たちにあっかんベーをして教室を後にした。

84 :酸処理を伴わないカナリエ精製:2008/01/26(土) 13:31:13
あいらは渡り廊下でつながっている第二校舎の最上階にある生徒会室に着いた。

(わー、生徒会室なんて来るの初めてー・・・。なんかキンチョー・・・。やっぱり、何か怒られんのかな・・・?やだなぁ・・・。ホントに心当たりないんだけどなぁ・・・)
あいらはそんなことを考えつつ、生徒会室のドアをノックした。

コンコンッ

「どうぞ」
数秒して、中から声がした。
「失礼します・・・」
あいらはゆっくりとドアを開けて中に入った。
そこには生徒会長の大野明彦がいた。
「あの、二年C組の杉山あいらです・・・」
「ああ、悪いな、急に呼び出して」
大野は優しく笑って言った。
(えー・・・大野先輩笑ってるー・・・?かえって逆に怖いよ・・・怒られるんだったら最初から怒られちゃったほうがいいもん・・・)
「あ、あのっ、す、すいませんっ!」
あいらは大野に対して頭を下げた。
「・・・杉山?」
「え、えと・・・ほんとすいません!わたし、悪いことしたみたいなら謝ります!心当たりは無くって、ほんと、申し訳ないんですけど・・・すいませんでしたっ!」
「・・・何?杉山は何か怒られると思ってたわけ?」
「え、はぃ、あの・・・違うんですか・・・?」
あいらが恐る恐る頭を上げると、大野は笑い声をもらして言った。
「くくっ・・・違うって。なんで怒られるなんて思ったんだよ?心当たりも無いのに」
「え、あの・・・友達が、色々言うもんだから・・・。それに、何か怒られる以外に、生徒会がわたしに用があるなんて、ないだろうし・・・」
あいらは自分が思い違いをしていたことに気づき、少し恥ずかしくなった。
「ははっ、杉山って面白いな。怒る以外にも用あるって。だから呼んだんだし」
「そ、そうですか・・・」
「ほんとは、こんな私用に生徒会室の放送マイク使っちゃいけないかなーとも思ったんだけど・・・まぁ、今更だしな」
大野があいらの正面に立って、面と向かい合った。
「俺、前から杉山のこと、いいなって思ってたんだ。俺と付き合ってください」
真剣な顔つきで大野は一気に言った。

85 :酸処理を伴わないカナリエ精製:2008/01/26(土) 13:32:57
大野の家。

二人は大野の部屋に入る。
「今飲みもん持って来るけど・・・何あっかなー・・・たぶんなんかお茶あるだろなー。お茶でい?」
「あ、はい、ありがとうございます」

あいらが部屋で待っていると、大野が麦茶の入ったグラスを二つ持って戻ってきた。
「おー、お待たせー。はい」
「ありがとうございます」
あいらが受け取った麦茶を一口飲んで、そばの小さなテーブルに置く。
「あの、ずっと、聞いてみたかったんですけど・・・」
ゆっくりした口調であいらが言う。
「ん?何?」
「あの、どうしてわたしなんですか・・・?もっと、わたし以外にかわいい子とか、いっぱいいるのに・・・」
「ははっ、なんだ、そんなこと」
大野は笑って言った。
「杉山はかわいいって。言ってんじゃん」
大野があいらの髪に触れる。
「杉山よりもかわいい子なんていねーよ」
「そんなこと、ないですょ・・・///」
「だって友達といる時とか、杉山だけ光って見えるもん」
「そんなぁ・・・///」
あいらの髪をなでていた大野の手が止まった。
大野があいらの目を覗き込む。
「・・・?///」
あいらはじっと見られて赤くなるが、目をそらせないでいた。
大野があいらの顔を引き寄せる。
「ぇ・・・」
あいらが小さく呟いた次の瞬間には、あいらの唇は大野のそれにふさがれていた。

86 :酸処理を伴わないカナリエ精製:2008/01/26(土) 13:34:25
大野が舌をあいらの中に入れてくる。
「・・・ん・・・ぁ・・・」
あいらが小さな声を漏らす。
大野があいらにキスをしたままあいらをゆっくり押し倒した。
大野はキスするのをやめない。
大野は舌をあいらの耳や首のほうへと這わせていった。
「ん・・・先輩・・・ぁ、あの・・・///」
あいらがしゃべるのには耳を貸さず、大野はあいらにキスを続ける。
襟元の大きく開いたTシャツを着るあいらの鎖骨あたりへと舌をはわせる大野。
「先輩、ぁの・・・先輩・・・っ///」
大野はあいらの胸元を舐めつつ、片方の手をあいらの胸の上に置いた。
「やっ・・・」
あいらは大野をつき返そうとしたが、あいらの力ではかなわなかった。
だが、大野は自分から体を起こした。
あいらに覆いかぶさったまま、大野はあいらの目を覗き込んだ。
「・・・だめか?」
「・・・ぇ、あの・・・だめっていうか・・・ぇと・・・///」
「杉山は・・・初めてなのか?」
あいらは小さく頷いた。
「怖い?」
「・・・少、し・・・」
「・・・大丈夫。優しくするから・・・」
大野の優しい瞳に見つめられ、あいらはまた小さく頷いた。
それを見た大野があいらの胸を揉み始める。

87 :酸処理を伴わないカナリエ精製:2008/01/26(土) 13:35:06
「・・・ぁ・・・ん・・・」
あいらが小さく声を漏らす。
胸だけでも少し感じているようだった。
大野は片方の手をあいらのふとももにはわせた。
あいらのふとももをゆっくりと撫で回し、手をスカートの中へと入れていく。
大野が下着越しにあいらのアソコに触れた。
パンツの上から割れ目をこする。
「ぁ、あ・・・んぁ・・・ぁっ、はぁ・・・はぁ・・・」
あいらが喘ぐ。
あいらのパンツに徐々に染みができる。
「杉山・・・濡れてきてる・・・」
「ゃ・・・恥ずか、しぃ・・・ぁ、はぁっ・・・」
大野があいらのスカートを脱がせ、Tシャツも脱がせた。
あいらは下着だけの姿になる。
「どぅ?杉山、気持ちいいだろ・・・?」
大野が円を描くようにアソコに触れたり、激しくこすったりする。
「んぁ、あっ・・・はぁっ、はぁっ・・・は、ぁあ・・・・・・」
「杉山、感じちゃってるんだ・・・。かわいい・・・。下着までこんな濡らしちゃって・・・。ちょっと見せてよ・・・」
大野があいらのパンツをゆっくりと脱がしていく。
「ぁ、だ、めぇ・・・はぁ、はぁ・・・」
大野の前にびしょびしょになったあいらのアソコがあらわになる。
「触っただけでこんなグチョグチョにしちゃって・・・」
大野があいらのアソコを舐めた。
「ぁ、あぁっ・・・はぁっ、んぁっ・・・はぁっ・・・」
大野が舐めるたびにあいらは声をあげ、あいらのアソコからはどんどん汁がでてくる。
「初めてとは思えないくらい・・・これだけぐちょぐちょなら簡単に入りそうだな・・・」
大野がびしょびしょに濡れたあいらのアソコに指を突っ込んだ。
「ひゃぁっ・・・ぁ、はぁっ・・・ひぁ、あんっ・・・ぁ・・・」
大野が指を二本に増やし、あいらの中をかき回す。
あいらのアソコはますますいやらしい音をたてる。
大野が指を抜いた。
そして、代わりにバイブをあいらのアソコに突っ込んだ。

88 :カナリエ=カリカチュア:2008/01/26(土) 14:32:42
「んッ、うぅン・・・」
 どのくらいの時が経ったのだろうか、アイーシャは深い意識の闇の底からようやくぽっかりと浮かび上がり、仰向けに寝かされた姿勢のまま、ぼんやりと目を開いて辺りを見回した。
 (私・・・どうしたのかしら・・・?)
 そこはヌメヌメと濡れた灰色の岩肌に囲まれ、奥がほとんど見通せないほど、薄暗く、寒々とした穴ぐらの一隅だった。


 (ここは・・・「滴(しずく)の洞窟」?・・・)
 イヴァンの森には、イヴァン神がエルフの里への抜け道を押し開けた時に、その腕から流れ落ちた汗が穿ち開けた、とたわむれに語り伝えられる小規模な洞穴が無数に口を開いていて、エルフたちはそれらを「滴の洞窟」と呼び慣わしていた。
 ここはそのうちのどれかではないか・・・アイーシャはまだハッキリとしない頭でぼんやりとそう考えたのだが、むろん確かなことなど分かるべくもない。

 (・・・・・!)
 その時、一切のいきさつ・・・・・エルフの里を襲った不可解な事件、そして勢い込んで出かけて来たものの、不覚にも一敗地にまみれた自分・・・・・が、激しい屈辱感と共に、瞬時に蘇ってきた。
 (あの化け物は?・・・)
 あわてて身を起こそうとしてそれが全くままならず、アイーシャは自分の身体に起こっている異変にようやく気がついた。
 

 「あッ・・・!」
 なんということか。
 全身を生まれたままの姿に剥かれ、両腕は背中の後ろに、脚はあぐらをかいた形にきつく縛められ、まだ成熟しきっていない女性自身を、あからさまにさらしてしまっている。
 手足の自由を奪っている何か軟質の縄様のものは彼女の胸部にも巻き付けられ、左右の乳房を、それぞれ四角く括った窓から、絞り出すように緊縛している。
 もともと大きめに充実した彼女の胸乳は、さらに高く、いびつに隆起して硬く張っていた。
 横たえられた体の下には、何か獣の毛皮らしい物が二枚、しとね代わりに敷き広げられて、彼女の裸身を岩床の冷たさから隔てていたが、何よりも、自らのこの屈辱的な恥態が、プライドの高いアイーシャには耐え難い苦痛であった。

 (あの悪魔の仕業だわ!・・・おのれッ、絶対にこのままでは済ますものか!)

89 :カナリエ=カリカチュア:2008/01/26(土) 14:38:45
お金は俺が出すから!と言ってくれたから、出してもらった。

 女の子がキャーキャー叫ぶようなきれいで、素敵なラブホじゃない。
 不倫で使いそうな、マンションと見間違う建物。
 
 中に入ると、部屋の写真が貼られたパネルがあって、部屋のボタンを押すとエレベーターが自動でその階まで連れて行ってくれた。
 部屋はベッドがメイン!ということを、主張していた。
 僕はベッドにしか興味がない。
 ベッドの頭にコンドームがあるのだけを確認した。
 粒があろうが、なかろうが僕には関係ない。
 つっこんで、出せばおわりなんだから。

「お、俺!風呂、入ってくる!」

 上ずった声の坂本が、右手と右足を同時に出しながら風呂場に向かった。
 そう思えば、じゅうたんが柔らかくてくすぐったい。

 僕は学ランを脱いで、坂本が出るのを待った。
 入れ違いに風呂に入って、出るとあたりは真っ暗だった。


 ベッドにもぐりこむと、坂本が頬に手を置いた。

「僕、初めてなんだ。」

「お、お、俺も、男は・・・。」

「好きにしていいよ。ゴムさえつけてくれれば。」

90 :カナリエ=カリカチュア:2008/01/26(土) 14:41:01
恐るべき闇の媚薬は、この世のものとも思えない至上の快感の後に、すさまじい疲労と虚無感をもたらす。
 二度、三度と無理矢理オルガに導かれ、今や手足を踏ん張ることも出来ずに突っ伏すモニカを、アイーシャはようやく床の縛めから解き放った。
 しかしそれで放免する気は毛頭無いらしく、弱々しく抗おうとするモニカを、部屋の隅に広げられたしとねの上に乱暴に引き据え、悠々と新たなポーズに縛り上げていく。
 まず背中側に捻り上げた両手の手首から肘までを重ね合わせてぐるぐる巻きにし、続いて左右の足の裏が合わさるように開脚させると、それぞれのふくらはぎと太股を、膝の近くで束ねるように縛り上げた。
 そしてふくれあがった乳房をさらに絞り出すように上下で縛め、両脇の下に作った結び目から、短めに伸ばした縄を、太股の結び目にそれぞれくくりつける。


 まるで押し花のように惨めに展開された姿で、モニカは仰向けに寝転がされた。
 それぞれに折り畳まれた両脚は、ちょうど胴体から吊られたような格好で大股開きにされ、無惨にほころび開いている女性自身を、妹の無慈悲な視線から覆う術(すべ)もない。


 「フン・・・」
 生け贄を新たな処刑台に縛め終えて満足げに鼻を鳴らすと、アイーシャはモニカの口を割り裂いていた木柱をようやく取り払った。
 「うぶッ・・・」
 思わず呻いた口中から驚くほど大量の唾液が溢れだし、しとね代わりの毛皮の上に濁った溜まりを作る。その恥ずかしさ、情けなさに、モニカは縛められた全身を震わせて啜り泣きを始めるのだった。


 「ううッ、うッ、うッ、うッ・・・・」
 「だから言ったじゃないか、涙は後のお楽しみに取っておけって。これからだって、うんと泣かなきゃならないんだからね、モニカ姉様。・・・どうだい、闇の快楽は素晴らしかっただろう?」
 からかうように言うアイーシャに対して、モニカは涙と鼻水、そしてよだれで見る影も無く汚れた顔を向け、かすれた声を絞り出した。
 「・・・お願いアイーシャ・・・縄を解いて。・・・二人でここから逃げ出して・・・エルフの里へ、帰るの・・・です・・・・」

「まぁだそんな寝言を言ってんのかい!つくづく血の巡りの悪い女だねッ!」
 頓狂な怒声を上げ、アイーシャはモニカの涙に濡れた顔を鷲掴みにした。
 「どこへ帰るっていうんだい。今のあたしの住処はここだよ!あたしは偉大なベスマ様の下僕であり、お前はその薄汚れた家畜なんだ!いつになったら分かるんだい!」
 「あうッ!・・・」
 顎の骨を砕かれそうな、妹の思いもかけない強力に、モニカが怯えた悲鳴を上げる。
 「さっきも言った通り、今この場においては、あたしがお前の飼い主であり教育係だ。きっちりと行儀を仕込んでやるからね。まずは口の利き方から・・・」

91 :カナリエ=カリカチュア:2008/01/26(土) 15:53:06
「んっ・・・・ゃっ・・・・ぁあっ!」


ぴちゃ、ぴちゃ、と卑猥な音がする度に細い身体を
ねじり、甘い喘ぎ声がこぼれる。


「ぅ・・・んあぅっ・・・ひゃぁ・・・っん」


大きくぴん、と起った2つの蕾を指で弾いたり
舌で転がし小さな刺激を与えたり…、
甘い愛撫かと思いきや、激しく吸い上げたり。

大きく開いた脚の間の秘所は
自分自身の蜜でとろとろだった。


胸への刺激と秘所への刺激。
その両方が
まだまだ若い未成熟な少女を"女"へと変える。
「亜樹……お前もこんな淫らな女になったんだな・・・」


蜜がとろとろと溢れている秘所ぬぷ・・・・っと
指をゆっくり差し入れ、柔らかい刺激を与えながら
男が小さく言った。
「ちが・・・う、もんっ・・・ぁん・・

あした、がっこう・・だから・・ゃめ・・てっ」
「まだ夜は終わらないだろ。
・・・・ほら、ここもこんな状態じゃ終わらせられないね」
指を差し入れする度に
ずぷ・・っぬぷっ
と音が漏れる秘所は、男の言う通り、
女の快楽がおさまる様子はない。
2人の秘密の夜は続く。

92 :カナリエ=カリカチュア:2008/01/26(土) 15:59:21
父の持っていたAVビデオがビデオデッキに入ったままになっていて、そのビデオがきっかけで、小学校(中学年)のころから、アソコを擦りつけたり、いじったりしていました。

 中学に進学してすぐに、同じクラブに通っていた2個上のK君の付き合い始めました。

 そんな年の夏休みに、勉強を教えてあげるから俺の家に来いよ。と言われ、彼の家に行きました。

 その日は、彼の家に誰も居なく、リビングで初めは勉強していました。

 しかし、急に彼がテレビをつけ、ビデオを再生し始めたのです。

 そのビデオはHなビデオで私は恥ずかしくなって顔を背けました。

 すると、彼は、私のほうへ近寄ってきて、胸を触り始めました。

 なにがなんだか、突然の事だったので彼の手を払い、私は服を整えました。

 今まで1人エッチはしたことがあったけど、SEXはしたこともなかったし、彼とそんな関係になるとは思ってもいませんでした。

 気まずくなった私たちは、とりあえず、2人の一緒に通っているクラブの写真を見ようと彼の部屋へ行きました。

 このとき、もう少し私に考える力があったら、彼の部屋にはいかなかったと思うのですが、どうしても、そのリビングに居たくなくて、急いで彼の部屋へと行きました。

 彼の部屋は和室で、常に布団がひいてある部屋でした。

 そんな部屋で、写真を見ていると、彼が急に私の手をひもで縛り、服を脱がせて、胸やあそこをに手をあててきました。

 身動きのできない私は、どうしようもなくただ泣くだけでした。

 そんなことも、お構いなく、彼は私のあそこに挿入。

 嫌がっていた私も、だんだん抵抗するのが疲れていき、同時に快感を覚えるようになってきました。

 そして、彼は私のお腹にフィニッシュ。

 やっと、手のひもをはずしてくれ、服を整え、そのまま家へと帰っていきました。

 それからというもの、彼とHホテルへ行きsex三昧の日々を送っていました。

 その彼とは、今は別れ、別の彼と現在(20歳)付き合っています。

 今の彼は、大学に入るまでチェリーボーイだったので、今度は私が、昔の彼のように、彼を襲っちゃいました。

93 :カナリエ=カリカチュア ◆groMilKs4. :2008/01/27(日) 03:16:44
腐乱、腐蝕、腐敗。
何故腐る化粧品は腐るのでしょう。

94 :カナリエ=カリカチュア ◆groMilKs4. :2008/01/27(日) 03:18:00
さ、百足を結んだ冠をあげましょう。
荊より優しき毒を。

95 :カナリエ=カリカチュア ◆groMilKs4. :2008/01/27(日) 03:22:59
カチカチと、音が空気の振動である事は聞こえますが、
聞こえないのがぼそぼそとした声。
エアコンから聞こえる他人の声。

96 :カナリエ=カリカチュア ◆groMilKs4. :2008/01/27(日) 03:26:37
地は焼け天は燻る写実派の油絵の具の世界。
割れて暖炉の糧と成り行く、一切の光が、繊維が時の味方をしています。

97 :カナリエ=カリカチュア ◆groMilKs4. :2008/01/27(日) 03:45:49
水子の祟りなどを怖れるならキリスト教を信仰すれば良いんですよ。

98 :カナリエ=カリカチュア:2008/01/27(日) 19:25:31
「ねえ、徹・・私、今度家庭教師のバイトをすることになったから・・」
「そうか・・でも、大丈夫なのか・・モデルの仕事の方に差し支えないか?・・・・」
「大丈夫よ・・モデルの方はそんなに仕事が入ってないし・・それに家庭教師のバイトは週に2回だけだから・・」
「それならいいんだけど・・、まあアンマリ無理するなよ・・」
「大丈夫よ・・私がしっかりと稼ぐから・・あなたは一生懸命勉強して、現役で司法試験に合格してよね・・」
「君にばかり働かせて悪いな・・絶対に合格して見せるよ・・」
「頑張ってよ・・」
そして二人は優しく抱き合い、甘いキスを繰り返すのであった。

我孫子徹と樹里は共に二十歳の学生結婚カップルである。
徹は東大法学部に在籍し司法試験を目指して勉学に励んでいる地方出身の苦学生だ。
方や樹里はと言うと、都内に豪邸を構える資産家のお嬢様で、金持ちの子息が通うことで有名な私学のA学院に在籍している。
フランス人の母親の血を引く抜群のハーフ美人で、特にその日本人離れした美脚は、まさにA大学内一との評判である。

何不自由なく育ったお嬢様がひょんなことから司法試験を目指す貧乏学生と知り合い、やがて二人は恋に落ちてしまった。
そして、樹里の両親の大反対を押し切って二人は結婚に突き進んでしまったのだ。
特に父親の逆鱗に触れてしまった樹里は親子の縁を切るとまで言われ、裸同然で家を追い出され、やむなく二人は安アパートの一室に愛の巣を構えている。
当然のように親からの援助は一切打ち切られており、何とか自分達で生活資金を稼がざるを得ない状況に追い決まれている。
そしてその後、徹が目出度く司法試験に現役で合格すれば、二人の結婚を認めるという父親からのメッセージが届けれらてきた。
だから、樹里としてはどうしても愛する徹には現役で司法試験に合格をしてもらわなければならないのだ。
その為には、どんなことでもする覚悟が樹里には出来上がっていた。

その抜群のスタイルと美貌を生かしてモデルのバイトを始めているのだが、直ぐにはなかなか思うような稼ぎにはならないのが現状である。
そんな時に、偶然知り合いから家庭教師のバイトを紹介された樹里は、天の助けとばかりに二つ返事でOKしたのだが、これが彼女を淫らな世界へと貶める入り口になろうとは・・・。

99 :カナリエ=カリカチュア:2008/01/27(日) 19:26:46
「おい憲太、彼女はなんて名前だ?」
TV画面に流れる長谷川潤の化粧品のコマーシャルに目を留めた父親は息子に尋ねた。
「お父さん、知らないの?長谷川潤だよ・・美人だろ・・今人気のモデルさ・・」
「へえ・・長谷川潤なぁ・・いい脚してるよなあ・・」
異様な輝きを発する晋の目が、特に長谷川潤のそのすらりと伸びた美しい脚に注がれている。

「今度来る家庭教師の先生が、こんな美人ならいいのになあ・・」
息子の憲太が物欲しそうな目で画面を見つめる。
「バカ・・こんな美人が先生ではお前の気が散って勉強になら無いだろうが・・」
「そんなこと言って、案外彼女みたいに若いのがお父さんの好みじゃないの?・・・」
「こら!・・親をからかうもんじゃないぞ・・」
とある平凡な家庭の平和な夕食タイム、楽しそうな父親と息子の二人の会話が弾んでいる。
まさか本当にこんな美人が家庭教師として我が家に舞い込んでこようとは、この時の二人は夢にも思っていなかった。

父親の名は晋45歳、息子の憲太と二人暮らしの父子家庭だ。
まだ憲太が小さい頃に、妻の幸代は二人を捨てて若い男と駆け落ちしてしまったのだ。
それ以来、晋は再婚することなく男で一つで育ててきた憲太も15歳になり、来年は高校受験を控えている。
仕事と育児に追われ必死になって生きてきた晋には、女に現を抜かしている閑などは無かったと言ったほうがいいだろう。
しかしながらその永年の苦労の甲斐がって、お蔭で商売の方も何とか軌道に乗り経済的のも余裕が出来てきた。
そこで、受験を控えた憲太に家庭教師をつけることとなったのだが、それと同時に、永年封印してきた女に対する男の本能的欲望がムクムクと頭を擡げ始めてくることを、晋は抑えきれなくなっていたのだった。

100 :カナリエ=カリカチュア:2008/01/27(日) 19:28:09
「・・・・・・」
玄関に立つバツグンのスタイルをした一人の美女を目の前にして、晋は言葉を失ったまま呆然と立ち尽くしていた。
あの長谷川潤がファッション雑誌から抜け出して来たかと見間違うばかりの樹里の姿を目の当たりにしては、それも無理からぬことであった。

「ご紹介を受けて参りました我孫子と申します・・」
暫く続いた静寂を破るかのように、無言のままの晋に向かって樹里が深々と頭を下げる。
ここでやっと我に返った晋は、
「いやあ・・男性の先生をお願いしておりましたもので・・まさか・あなたの様なお美しい女性が・・これは驚きましたな・・ハハハ・」
シドロモドロになりながら、なんとかその場をとりつくろうとすろのであったが、その視線はしっかりと樹里の体を上から下まで舐めるように動き周り、やがてミニスカートからスラっと伸びた美しい脚に釘付けとなっていた。


「ううん・・困りましたな・・何せ大事な時期の息子ですので・・・あなたのような若くて美しい方では・・」
腕組みをしたまま考え込む仕草をしながら、晋の視線はリビングのソファーに向かい合わせに座った樹里の美しい脚元に注ぎ込まれている。
「どうしてもダメでしょうか?・・・・・・」
何とかこのチャンスを逃したくない一心の樹里は、必死にうったえるような目で晋を見つめ返すのであった。

何かと難しそうな態度をとりながらも、心の中ではこの長谷川潤に似た美女にすっかり心を奪われ始めていた晋は、
「それでは折角起こしになったことだし、とりあえずお願いするとして、今度のテストで成績が上がらなければ辞めて頂くと言うことで如何でしょうか?」
腕組みをしながら樹里を睨み付ける様な鋭い視線を投げつけながら厳しい口調で語りかけるのであった。

「解りました・・それで結構です・・絶対に息子さんの成績を上げて見せますわ・・」
樹里には自信があった、いや、何としても成績を上げて、この家庭教師のアルバイトを続けていかなければならないという強い覚悟がそう発言させていたのだ。

「そうですか・・そこまで自信がおありなら・・いいでしょう・・お願いすることにしましょう・・そして息子の成績が上がったらその時にはボーナスを出しましょう・・100万でどうですかな?・・・・」
その代わりに、もし成績が下がれば・・・その時には・・、晋は心の中で言葉を続けながらニヤリと不敵な笑みを浮かべるのだったが、
「ほんとうですか!?・・頑張ります!・・」
100万のボーナスまで貰えると聞いてすっかりと有頂天になってしまっている樹里には、この笑みが意味するところにまで気を配ることなど到底出来るはずも無かった。

「100万あれば、彼の勉強の為に環境の良いマンションに引越しも出来るわ・・、それに欲しい物も一杯あるし・・絶対にやるわよ・・その為には・・何でもするわよ・・」
樹里はそう固く心に誓うのであった。
この先におぞましいワナが待ち受けているとも知らないで・・・・・・。

101 :カナリエ=カリカチュア:2008/01/27(日) 19:29:34
こうして始まった樹里の家庭教師生活であるが、暫くは順調に過ぎて行くかの様であったが、やがて妖しい魔物達が少しづつ恐ろしいキバを剥き始めるのだった。

「どうしたの?・・憲太君・・もっとやる気をだしてくれないと・・」
「ううん・僕さ・・先生の脚が気になって・・勉強が手につかないんだ・・」
憲太はミニスカートからすらっと伸びた樹里の美しい脚を見つめながら、今にも消え入りそうなか細い声で呟く。
「やだ・・そんなこと考えないで・・・さあさあ・・勉強・・勉強・・」
樹里は勤めて明るく振舞うことで、その場の異様な雰囲気から逃れようとしたのであるが、
「先生・・一回でいいから・・その脚に触らせてくれませんか?・・・お願いします・・」
憲太は真剣な眼差しで樹里を見つめながらその場にしゃがみ込み、まるで今にも土下座をするかのような格好をとるのであった。

「やめてよ・・憲太君・・そんなことまでして・・・・解ったわ・・触らせてあげる・・でも・今日一回だけよ・・」
憲太の必死な姿を観ていると可哀想になってきた樹里はとうとう憲太の願いを受け入れることとなった。
「可愛い弟みたいなものだから・・触らせるぐらいなら・・まあいいか・・」
弟のいない樹里はいつしか憲太に対して、本当の弟のような感情を抱き始めていたのだ。

「ああ・・綺麗だ・・先生の脚は・・日本一・・綺麗です・・・」
椅子に腰掛けた樹里の足元に跪くと、憲太はそのすらっと伸びた美しい脚を両手でゆっくりと摩り始めるのだった。
「止めてよ・そんな・お世辞言わなくたって・・触らせてあげるから・・」
いつしか樹里はまんざらでもない気分に少しづつ陥りつつあった。
「ウフフ・・私のことを・・女王様とお呼び!・・」
思わず心の中でそう叫んでいた。
こうして始めは軽いノリの遊び半分で始まったことだったのだが・・。


やがて憲太の行動がエスカレートし始め、ふくらはぎに舌を這わせ始めてくる頃には、樹里の心と体が微妙な変化を起こし始めていた。
実は樹里の脚は人一倍感じる強い性感帯が存在していただが、当の本人もいままでそのことに全く気がつかずにいたのだ。
そのことが解っていれば、その美しい脚に例え少年といえども気を許すことなど無く、決して安易に手を触れさせるようなことはしなかったのだが・・・。
ああ、悲しいかな、今となっては後の祭りだ。


「ああ・・だめ・・もう・・止めましょ・・ね・ね・・憲太・く・ん・・」
だんだんと体の力が抜けていき、いままではピッタリと合わされていた膝の間がだらしなく開かれてゆく。
そして、少年憲太の手がその奥へと忍び込もうとする動きを、いとも簡単に許してしまうのだった。

「スベスベして・・先生の太ももを・・最高です・・」
いつしかミニスカートの裾がずり上げられ、なかからピンクのショーツが顔を覗かせている。
「ああ・・だめ・・止めて・・お願い・・」
言葉とは裏腹に樹里の体は椅子からずり落ちんばかりに体勢は崩れ落ち、大きく開かれた太ももの付け根に蠢く秘密の花園へと少年の指が忍び込んでいくのだった。

そうしていつしか二人の立場が逆転し、椅子に腰掛けた憲太少年の足元に膝まずいた樹里が、幼い少年の物とは思えない程に見事に隆起した肉棒に奉仕している。
こうして少年と美人家庭教師の淫らな遊びは繰り広げられていったのだが、それを部屋の片隅でキラっと光る物が見つめている事に、すっかりと官能の世界に嵌り込んでしまった樹里は気付く筈も無かった。
それがやがて彼女を一段と恐ろしい淫靡な世界へと導いていくことになるのだが・・・・。

102 :カナリエ=カリカチュア:2008/01/27(日) 20:55:46
クモ(蜘蛛)の薬用効果  その1

「ムカデ(百足)」に咬まれたら「蜘蛛(クモ)」

「家庭における実際的看護の秘訣」より 
『家庭における実際的看護の秘訣 家庭療法・物理療法の研究 』という本をご存知でしょうか?
大正時代の終わりに出版され、付け加えつつ、
  版を1000版以上重ねて、
  健康の虎の巻として、
  戦前戦後の昭和30年位まで、
  ロングセラー・大ベストセラーになった本です。
なんと約1,000ページ程の本です。

現在、絶版なので、長いこと手に入れたいと思っていましたが、
  このたび、やっと手に入りました。
昭和52年12月20日の最後の版で、なんと千五百九十五版です!!
実に面白い本です。

著者は元軍人のようです。
推薦者の多くも軍人です。
つまり、ものの欠乏している、
  または無い所でいかに病気、怪我を治し、
  健康を保つかということも、目的の一つでしょう。

虫を使った治療法が、
  一部、ほんとにほんの一部ですが、
  記載されているので紹介します。

百足(むかで)の噛みキズには、蜘蛛が効くとかかれています。
以下、引用します。
「百足にさされたときは 蜘蛛をつぶして つけると治ると言うので、
私の八歳になる子供が手を咬まれた時に、
早速試みましたのに たちまち治りました。
不思議なものです。(一部漢字を変更)」

今時、ムカデに咬まれるというより、
  ムカデに遭遇する機会が減っていますから、
  めったにこんなことは起きないでしょう。
しかし、虫好きの(昆虫採集をする、写真を撮る)人は、
  普通の人より かまれる可能性は 高いでしょうから、
  その場合、手元に薬が無かったら 試して結果を教えてください。

ところで、中国の漢方の古典には、
蜘蛛(くも)の薬用効果が古くから記載されています。
いずれ、紹介します。

今回は 一つだけ。
李時珍の「本草綱目」には、
「ムカデ、蜂、サソリに かまれたり 刺された時には、
   蜘蛛をかまれた所におけば(こすりつければ、であると推定されます)、その毒を吸い出す。」
  また、「(蜘蛛をつぶした)しるを、ヘビの咬み傷に塗る。」とあります。
この記述は、「家庭における実際的看護の秘訣」の記述と、
       一致しています。
ムカデに咬まれたら蜘蛛、というのは、
   効果的であるのは間違いないでしょう。
また、「本草綱目」「家庭における実際的看護の秘訣」のどちらにも、
蜘蛛の種類について、言及していません。
どんな種類の蜘蛛でもいいんでしょうね。

103 :カナリエ=カリカチュア:2008/01/27(日) 20:56:40
○百足の中でも、全長数メートルにもなる大ムカデがいると信じられた。実際の百足は体長約十四、五センチ、大きいものでもせいぜい三、四十センチだという。

○龍や大蛇の天敵とされる。

○愛知県では、「百足」の多いときは四月八日のおぶゆで「千草ふる卯月八日は吉日よ 神さげ虫を成敗するぞ」と書いて逆さに貼っておくと良いとか、「俵藤太秀郷」と書いて貼っておくと「百足」は出てこないという。

○『和漢三才図会』には、南方に住む全長三メートルの大百足はよく牛を襲って食うが、その百足の肉は牛よりも旨く、その皮は太鼓の革に使えるとある。

○群馬県赤城山の神は「百足」だと言われ、付近の住民はムカデを見つけても殺したりはせずに「むかで、むかで、赤城山に行け」と言って放してやったという。

○「百足」を祀っている場所には大抵鉱山があり、昔はそもそも鉱脈自体を「ムカデ」と呼んだことから、「百足」は「山の民」のシンボルだったと考えられる。「龍」と仲が悪いのは、「龍」は鉱山開発によって水質を汚染された「水の民」のシンボルだからだといわれる。

○百足のことを毘沙門と呼ぶこともある。

104 :カナリエ=カリカチュア:2008/01/27(日) 21:00:08
ムカデ(百足)は狭義の意味では昆虫ではないが同じ節足動物の仲間である。
付け焼きなどしてカリポリかじるのが食べ方の定番だが、今回の寿司シリーズにはカラッと揚げて寿司ネタで登場願った。
食べ方としては、のっているムカデをいったんとりはずし、片手にムカデ、片手に寿司飯がおすすめ。
まずムカデをかじってから、次に酢飯をほおばるといいだろう。

先の孫太郎虫(ヘビトンボ幼虫)は日本が生んだ和薬として知られるが、百足は中国をルーツとする漢方薬として名高い。
大型種トビズムカデが漢方では主流である。
漢代に編まれた中国最古の本草書『神農本草経』に登載されている。
日本でも東京の漢方薬問屋「ウチダ和漢薬」の生薬相場表に今でもその名が見られる。
きわめてポピュラーな薬といえる。
薬効としては、解熱、消炎、結核菌抑制、新陳代謝促進、皮膚がん抑制効果など。

105 :カナリエ=カリカチュア:2008/01/27(日) 21:08:09
武田家使番百足衆の一人に初鹿野伝右衛門昌久という武士がいました。
使番(つかいばん)というと、単なる伝令役のように受け取られやすいですが、実はそうではありません。
状況によっては前線にとどまり、指令が徹底するまで見届ける。
ときには指揮を取ることまでやりました。
その為、使番にはその大名家の勇武に優れた若武者がつとめました。
つまり使番とは若武者羨望の役だったのです。

武者物語に、「武田信玄公の御内には、お使い武者十二人あり。
指物がいずれも白き白半に黒百足を描きたる指物なり。
然るにその中に、初鹿野伝右衛門という武者は百足無しの白き四半をさして出る。
信玄公御覧あって、十二人の使い番の中に白き指物はいかなる者とお尋ねあるに、初鹿野伝右衛門と申し上ぐる。
信玄公ご立腹あって、何とて軍法を背くとある時、伝右衛門申しあぐるは、御軍法はかつて背き申さず候。
指物の乳の脇に一寸百足を付け申すとて御目にかくる。
それは何としたることと仰せらるれば、伝右衛門申しあぐる。
人並みに百足を付け候らえば、当座において武者ぶり、余人に紛れ候ゆえ、かくのごとくしてと申しあぐれば、信玄公御笑いなさるることなり。」とあります。

その百足衆の初鹿野伝右衛門が後年、何かあって主君・信玄の勘気をこうむりました。
あたかも永禄12年(1569)信玄が軍を率いて北条の小田原城に迫ったときのことです。
ひそかに軍に加わっていた伝右衛門は、指物に将棋駒の「香車」を使いました。
それが信玄にみつかってとがめられると、
「伝右衛門申すは、御勘気のゆえに兜を着ず菅笠を着て出で候。
香車の指物は成らずんば帰らぬの印にて候と申す。
信玄、然らば酒匂の瀬ぶみ仕れとあるゆえ、初鹿承って先陣をしけるゆえに、味方疑を去って推し渡れり。」
香車は、前方のみ進める駒で、敵陣で成って「金」に出世する以外は、引くことも横へ動くこともできません。
その敵陣へ向かって直進するのみで決して退くことのない決意をいったわけです。

106 :カナリエ=カリカチュア:2008/01/27(日) 21:11:06
 股間の一物はすでに嫌というほど硬くなっており、先漏れの液がダラダラとたれている。
 さすがに挿入まではするまいと思っていたのだが、ここまで乱れた妹のいやらしい姿を見てしまうと、途中で止めることなどできそうもない。
 肉棒を軽く持つと、ゆっくりと妹の秘所に近づけていく。
「あ……」
 亀頭が膣穴に触れた瞬間、妹の弱々しい声が聞こえた。
 それに興奮しつつ、グイと押し込んでいく。
「いやっ……ああっ……止め、あぅっ……お兄ちゃん止めてぇっ……」
 胸に妹の手が置かれ、必死に押し返そうとしてくる。
 だがしょせんその程度の力では司郎を離すことはできない。
 ズブズブと肉棒が奥へと入り込んで行く。
「あぐっ、痛っ、痛いぃっ……」
 何かを突き破る様な感触と共に、妹が苦痛の声を上げた。
 だが司郎はその様子を知る事ができなかった。
 あまりの快感に意識が朦朧としていたのである。
(ああ……何て……何て気持ちいいんだぁ……)
 天にも昇るとはこの事ではないのか。
 頭の中が快感で占められ、何も考えられない。
 妹の膣に押し込んだ肉棒から凄まじい気持ちの良さが押し寄せ、体がブルブルと震える。
「おおっ……おおぅっ……」
 肉棒を包むヒダヒダが微妙に蠢き刺激を与えてきたため、情けない声を上げてしまう。
(スゲェ……スゲェよぉ……女の中ってこんなにスゲェんだぁ……)
 これまでの人生で体験した事のない激しい快感に悶える。
 それに肉体が反応したのか、意識しなくても腰が勝手に動き出した。
(あ、ちょっと待て……駄目だ動いたら……駄目だって……)
 ただでさえ気持ちのいい部分に摩擦が加わり、射精をしてしまいそうになる。
「痛っ、痛いっ、痛いよぉっ……」
 妹が苦悶の表情を浮かべているのが意識の片隅に見える。
(真奈美……ごめん……痛いのは分かるけど……やめられないんだ……お前の中……気持ち良すぎるんだよぉ……)
 心の中で謝りながら、どうせ出てしまうのなら自分の意思で腰を動かして射精しようと激しく前後させ始める。
「あぐっ、痛っ、いっ、うぐっ……」
 妹の苦痛の声を可哀想に思いながらも、それを与えているのが自分であるという事に、何やら快感が湧き起こってくる。
(俺が真奈美を……真奈美を支配してるんだ……)
 腰を動かしながら、妹の体を自由にしている興奮を感じる。
「うぐっ、いっ、いやっ、うぅっ……」
 苦痛の表情がたまらない快感となり、射精感が高まっていく。
 まだ小学生であるせいか、キツイ妹の膣はギュッと肉棒を締め上げ射精を促してくる。
「うっ……もう駄目だっ……出るぞっ、真奈美ぃっ……お前の中にっ……出すぞぉっ……」
「いやっ……止めてっ……あぐっ……そ、それだけは止めてぇっ……駄目だよぉっ……」
 必死な表情で妹が止めてくる。
 だがそれが膣に影響を与えたのか、今まで以上に締まりが強くなった。
「うおっ……こんなのっ……止められるかぁっ……出すぞっ……俺は出すっ……」

107 :カナリエ=カリカチュア:2008/01/27(日) 22:55:27
 途中で抜く、などというテクニックは中学生の司郎にはない。
 というよりそういったこと自体を知らなかった。
 それに、こんな気持ちのいい所から抜いて射精するなど考えられない。
 最後まで入れたまま射精したかった。
 それがオナニーとは比較にならない、とんでもない快感をきっと与えてくれるに違いないと思ったのだ。
 射精前の最後の快感を得ようと、今まで以上に激しく腰を動かしていく。
「いっ、痛っ……あぐっ……おにぃ、うぐっ……」
 痛みからか妹は背中に手を回し、ギュッとしがみついてくる。
 それは苦痛の表現なのだが、まるで快感を感じている様にも見え、興奮した司郎は自分が限界に達したのを認識した。
「うぁっ、出るっ、出るっ、出るぅっ……!」
 射精のトリガーを引いた瞬間、とてつもない快感が体を駆け抜け、目の前が真っ白になっていく。
 ドクドクドクと妹の膣の中に己の精液が流れ込んで行くのを感じる。
 体をガクガクと揺らしながら、腰を激しく小刻みに動かす。
 ドビュドビュと数度に渡り射精した後、最後の放出を終えると、ゆっくり妹の上に倒れこんだ。
 はぁはぁと荒い息を吐きながら、ゴロリと横に転がる。
(しちまった……)
 興奮が去ると、己がした事に恐怖を感じ始めた。
 実の妹を強姦したのだ。
 決して許されることではないだろう。
 自然と体が震え始める。
 恐る恐る妹を見ると、ボンヤリとした顔をしながら涙を流している。
 泣き声を上げないところが余計悲しみの深さを感じさせて、司郎は妹に対する罪悪感で頭が一杯になった。
(これからどうしよう……)
 ただの強姦と違い、そのままどこかに逃げるわけにはいかない。
 家族相手にしてしまったのだ。
 これは一生付きまとう問題だった。
(父さんと母さんに知られたら……)
 父は殴るだろうか、母は泣き崩れるだろうか。
 何にせよ家族が不幸になる事は確かだ。
 そうなったらこのまま家にいるのに耐えられるとは思えない。
 だが自分はまだ中学生。
 とてもではないが自立して生活はできない。
(どうしたら……どうしたら……)
 その時、それまで微動だにしなかった妹がゆっくりと起き上がった。
(そうだ……真奈美が……真奈美が黙っててくれれば……そうすれば助かる……)
 今あった事を誰にも言わず、兄妹だけの秘密にしてくれればいいのだ。
「ま、真奈美……」
 すがる様に妹の顔を見上げる。
「真奈美……あんな事しておいて虫が良すぎると思うが……その……今の事は誰にも言わないでくれ……お願いだ……」
 起き上がると頭を下げる。
「……」
 妹はボンヤリとした表情のままこちらを見つめると、何も言わずに立ち上がろうとする。
「お、おい……どうなんだ?……言わないでくれるのか……?」
 慌てて妹の肩に手をかけ尋ねる。
「!……」
 それを妹は荒々しく跳ね除けた。
 怒りに染まっているその顔に、思わず動きを止めてしまう。
「知らない……」
 それだけ言うと、裸のまま洗面所を出て行く。
 呆気に取られた司郎は、そのまま腰を落とした。

108 :カナリエ=カリカチュア:2008/01/27(日) 23:01:35
青森県三戸郡新郷村戸来(へらい)。ここに「キリストの墓」がある。

十和田湖の東に位置する新郷村に入ると、まず目に入るのが、「キリストの村へようこそ」という看板。
村の中心部から少し離れた沢口地区、道路から坂道を登っていくと、雑木林に囲まれた小高い丘に2つの白い十字架が立っている。
向かって右側、「十来塚(とうらいづか)」がキリストの墓、左の「十代墓(じゅうだいぼ)」がキリストの弟イスキリの墓であるという。

昭和10年、新郷村に茨城県磯原町(現・北茨城市市)の皇祖皇太神宮の管長と名乗る人物が現れ、とんでもないことを口走った。
村で一、二を争う旧家・沢口家の家で二つの土まんじゅうを見つけると、「これこそキリストの墓だ」と叫んだのである。

その男こそ、『竹内文書』という謎の古文書が伝わる竹内家の当主、竹内巨麿(たけうちきょまろ)だった。
彼は、『竹内文書』に記された「キリストは日本で死んだ」という記述に基づき、キリストの墓を探し回っていたのである。

その古文書によれば、ユダヤに生まれたイエス=キリストは、21歳の時に日本に来て、12年間にわたって今の富山県で言葉や文字、神学を習い、さまざまな修行を重ねたという。
聖書では21歳から12年間のイエスの記述はまったくないので、このあたりは符合する。
33歳の時にユダヤの地に帰ったイエスは、聖書に記述されているように、数々の教えを人々に説き始める。
しかし、彼の言動は、ユダヤ教パリサイ派の反感を買い、ローマに反逆を企てる者として磔の刑に処せられる。

ところが、古文書によれば、磔に処せられたのは実はイエスではなく、彼の弟イスキリだったのだ! 
イエス自身は、再び「神の国」をめざす。
中央アジアからシベリア、さらにはアラスカを経由し、4年後、船で八戸に上陸、戸来村にやってくる。
イエスは「十来(とうらい)太郎大天空」と名を改め、同村沢口の丘の上に居を定めた。
そして、ミユ子という女性を娶り、三女をもうける。
とくに布教に努めることはなかったが、自ら畑を耕し、作物を作っては貧しい人々に分けてやったという。
白髪の禿頭、鼻の高い赤ら顔で長いマントを着て歩く彼の姿を見て、村人は「天狗様」として畏敬したという。

こうして彼は106歳の天寿を全うし、その遺体は風葬にされ、骨は4年後に住んでいた家の跡に埋められた。
それが「十来塚」であり、そのとき、彼が携えていた弟イスキリの耳と母マリアの頭髪も葬られた。
それが「十代塚」である。

109 :カナリエ=カリカチュア:2008/01/27(日) 23:04:19
これが「キリストの墓」の証拠だ!

1 沢口家の家紋
墓のある丘はもともと沢口家のもので、今も沢口さんが墓のすぐ近くに住んでいる。
沢口家は、キリストの子孫といわれ、その家紋は、「ダビデの星」と同じである。

2 言葉
「戸来(へらい)」という地名は、「ヘブライ」に由来するという。
また、このあたりでは、父親のことを「アダ」「アヤ」「ダダ」、母親のことを「アバ」「アパ」などと呼ぶ。
これはそれぞれ、「アダム」と「イブ」のなまったものであるという。
さらに、男性の作業着をハラデ(腹当て)というが、これもヘブライ語の「ハラート」と共通するという。

3 十字架
生後10ヶ月の赤ちゃんが初めて外へ出るとき、額に墨で十字を書いて魔除けを願う。
また、足がしびれたとき、人差し指につばをつけて額に十字を3回書くと直るという習慣がある。

4 ナニャドヤラ
なんといっても不思議なのは、村(というよりも青森県南と岩手県北)に伝わる盆踊り歌「ナニャドヤラ」である。
その歌詞は、「ナニャードヤレー ナニャドナサレデア ナニャドヤラヨー」という意味不明のものだが、これをヘブライ語として訳すと、「聖前に主を讃えよ、聖前に主は逆賊を掃討したまえり 聖前に主を讃えよ」。
つまり、「神のもとに、自分の軍は敵をやっつけたのだ。自分たちの大将を誉め称えよう」という意味になるのだという。

新郷村では、「キリストの墓」を観光スポットとして一生懸命アピールしている。
「キリストの里伝承館」を建ててキリスト伝説を紹介したり、昭和39年から毎年5月にキリスト祭を開いている。

キリスト祭といっても、神父や牧師は来ない。
十字架を見上げる広場で、神事に続いて獅子舞や神楽が奉納され、十字架の周りでは婦人会の人たちが「ナニャドヤラ」を踊る。
伝承館にある村長の言葉には、「これは宗教団体のお祭りではなく、今まで存続してきた村民の心(偉い人を祀る心)である」といったことが記されているが、この言葉こそ、「キリストの墓」に関するすべてを表しているのではないだろうか。

110 :カナリエ=カリカチュア:2008/01/28(月) 00:14:14
2004年5月 東京都 Hさん
普通のお店で買うより応対が親切!!大きな買い物だけに”ネットだと不安!”が一掃されました♪
2004年4月 大阪府 Mさん
質問に迅速回答。搬入時期も希望どおり。工事業者まで紹介し、工事も満足。希望通り工事できなかった部分も、即返金していただきました。 価格もやすいし必要とするスペックも分かりやすいホームページ。 あっさりしているし、ベタホメです。
2004年3月 東京都 Kさん
他のネットショッピングと比べ 短時間で品物が手元に届くのでとてもびっくりしております。 納期の無いユーザーへの施工時は助かります。 またお願い致します。
2004年3月 岡山県 Nさん
こちらの、要望もきっちりと対応していただいた。ポイント毎にMAILだけでなく、電話等も掛けていただき、感激しております。安心感や信頼感を持てました。
2004年2月 東京都 Kさん
すぐに手元に品物が届きびっくりしました 他店ではない速さです またお願い致します。
2004年1月 千葉県 Yさん
申し込みの翌日には電子メールで返信をいただき、工事日も希望日のうち最短の日(申し込みから1週間後)に設定してくれました。工事に来てくれた業者の方も大変対応がよく、大満足です。
2003年12月 静岡県 Uさん
急なご注文にも関わらず、即日発送していただき、私が経験した通販では最短に近い期間で納品していただきました。またエアコンの設置を検討するときには、ぜひお願いしたいと思います。ありがとうございました。
2003年11月 埼玉県 Sさん
価格が信じられないほど安い。○○○○○○などに行くのが馬鹿らしくなる。また、工事にきて頂いた方も親切、丁寧でとても感じが良かった。知人、親族にも貴店を紹介します。ありがとうございました!
2003年9月 大阪府 Kさん
平日だったのですが、注文して、その日の内に返答が来て、安心できました。エアコンで取り付け工事が発生するので、インターネットでの注文は少し不安もあったのですが、こちらも丁寧に対応いただき、ありがとうございました。
2003年8月 匿名希望さん
メールでの対応,電話での問い合わせにも敏速&親切に対応してくださいました。また利用したいと思います。
2003年8月 北海道 Hさん
安い価格と素早い対応で安心して買い物が出来ました。エアコン買うならエアマツですね。
2003年8月 神奈川県 Hさん
電話での対応もよく設置工事の日程をスムーズに決めることができました。工事業者の方も丁寧な仕事振りでした。コンセントの形状が違っていたので追加料金を取られましたが説明をうけたので問題はありませんでした。真空抜きもきちんとポンプ使用でした。
2003年7月 埼玉県 Mさん
エアコンのマツさんと家が近いことがありまして、取付はマツさんの店員2名様が直接して頂きました。工事は敏速で丁寧で、子供の自転車もついでに直してくれて、大変親切でした。また機会がありましたら宜しくお願い致します。
2003年7月 神奈川県 Mさん
安いっ!快適な生活を送ってマス。
2003年6月 東京都 Sさん
今回自分のミスで、迷惑をかけたにも拘わらず、返品にも迅速に応じていただき、ほんとに感謝感謝の雨あられ。しかも、ともかく安い!量販店の半値で買えるなんて〜!もー嬉しくって嬉しくって!友達にも勧めてます。
2003年4月 匿名希望さん
GOODですね。とにかく安いし〜。早いし〜。美味いし〜(あ!間違った)。2台注文しようが、3台注文しようが、4台注文しようが、ピタ一文まけられへんなあ〜という姿勢も拍手もんです。間違いなくexcellentなお店です。ありがとうマツ!
2003年1月 東京都 Kさん
先日はお世話になりました。大変親切・丁寧に取り付けをして頂き本当に有難うございます。お陰様で好調に動いております。マツさんは設置時の料金形態も分かりやすく、安心して利用ができました。次もエアコンを購入する時は、是非利用させて頂きたいです!
2002年11月 東京都 Tさん
エアコンを2台注文した時に、間違いで1台のみ届きました。その際、電話で確認をしたところ、丁寧な対応でもう1台を送付して頂きました。余計な言い訳をしないで間違いを認め迅速に対処する御社に対し、サービス精神と顧客本位の経営方針を感じました。

111 :カナリエ=カリカチュア:2008/01/28(月) 00:22:56
飼育状況
2月6日
 昨日から♂だけゼリーにかぶり付いているだけで、♀の姿が見えない。霊芝材にも変化が見られない。
少し乾燥ぎみになっているようなので、霊芝材に少し水をかけた。

2月10日
♀の姿がまったく見えないのが気になり、霊芝材を取り出してみると、どこにも削った後が見られず、周辺に♀もいなかった。
エサ場にも来ないとすると、もしかしたらこのペアは現地でのブリード個体で新成虫で、まだ休眠状態という可能性もあるのかもしれない。
或いは考えたくはないが、マット中で既に死んでしまっている可能性もある。
♀が休眠しているとして、活動するまで♂がもってくれればよいのだが。

エアコン故障
2月16日
 エアコンが故障してしまったらしく、朝、なぜか寒くて温度計を見てみると18℃になっている。
電源を入れなおしたが、やはり作動していない。購入して6年になるが、遂に壊れてしまったようだ。
こんな時に限って残念なことである。応急処置として、出社中は時々ストーブを炊いててもらった。
ただ、空気が汚れるので、夜は使わないでおくことにした。
 
2月17日
 エアコンはまったく作動しないので、本種や他の産卵ケースを部屋に移動し、その部屋のエアコンで管理することにした。
 
エアコンの買換え
2月18日
 朝、起きるとすさまじいほどに寒い。エアコンを修理に来てもらったのだが、結局重症ということで8万円くらいは掛かるので、買い換えたほうがいいですよと言われてしまい、新しいエアコンを購入するハメになってしまった。
ちなみに故障したエアコンは2000年5月に購入したビーバーエアコン(SRK22BSV-W)で10万円くらいしたと思ったが、6年間フル稼働していたので、仕方がないのであろう。

兎に角(とにかく)、急を要するので、ヤマダ電機でエアコンを探したが、ビーバーエアコンは一台もなく、三菱の霧ヶ峰と日立の白くま君などがあったので、三菱の霧ヶ峰のカタログの中で6畳間用で一番良い機種、霧ヶ峰ムーブアイ(MSZ-ZW22T)を選んだ。
赤外線センサーで部屋の隅々までムラなく一定の温度を保ってくれるらしい。
工事込みで、15万くらいしたが、また6年後に故障・買い替えになるのが心配なので、ヤマダ電機の長期保証に入会した。
これで9年間故障しても無料で修理してもらえる。年会費は払わないといけないが、それと同等の割引券がもらえるので、かなりお得なのであった。
2月23日(木)に取り付け予定である。

2月23日
 出勤している間にエアコンの取り付けが完了した。
エアコンの取り付けは、しょっぱなから室外機が動かず、代わりのものを取り寄せるのに更に1週間掛かると言われたのだが、父が強く言ってくれて今日中に交換することができた。
 
産卵
2月23日
 帰宅してエアコンを23.5℃設定し、動かしてみると、あっという間に暖かくなった。
別の部屋に退避していた産卵ケースを自分の部屋に戻して、ついでにゼリー交換をしようとフタを開けてみると、♂が相変わらず元気に歩き回っていた。
そして、ふと霊芝材を見てみるとなんと霊芝材の下に木屑が落ちている!
霊芝材をよく見てみると木屑の上辺りに坑道が掘られていて、♀が材に侵入した形跡があった。
ケースに入れて以来、♀の姿を1度も見なかったので、半分諦めムードだったが、♀は死んでいなかったことと、産卵を始めたことで、一気に今後の繁殖に期待が高まった。
ぜひ幼虫を得て、大型個体に育ててみたい。

2月26日
 材を持ち上げて、♀が材に掘った穴を見てみると浅く、潜った形跡はなかった。
しかし、産卵行動には間違いないので、今後の産卵に期待したい。

3月8日
 様子を見ようとケースのフタを開けてみると、コバエがたくさん出てきてしまった。

112 :カナリエ=カリカチュア ◆groMilKs4. :2008/01/28(月) 23:00:25
百足の王は樹海に潜んでいるのですよ。
普段は木の根の姿をして分かりませんがね。

113 :カナリエ=カリカチュア ◆groMilKs4. :2008/01/28(月) 23:01:09
一目樹の樹林の包囲。
死に行く者の間際に祝福あれ!

114 :カナリエ=カリカチュア ◆groMilKs4. :2008/01/28(月) 23:02:23
さて老婆の皮から源氏の鎧を作る作業に戻りましょうか。

115 :カナリエ=カリカチュア:2008/01/28(月) 23:20:14
次の尾根に上がろうと場所を探していると赤と緑のテープ発見! 
ここから源氏ヶ岳まではスズタケが仮払われたまともな道があった。

登るにつれて北側には樹海越しに瀬戸内海が見え、南側にはクレーター5座や高松平野が一望できる。
平家討伐の為に徳島の小松島に上陸した源義経がここから屋島の平家陣地を偵察したという「源氏ヶ峰」に程なく到着。
なるほどここからは屋島全体は見えないが平家の総門(そうもん=海側の守り拠点)があったと思われる付け根は見渡す事が出来た。

西側に出ると目指す五剣山の岩山もその頭を覗かせている。
ここから一旦尾根筋の樹海に下がるともう見晴らしは利かない。
鬱蒼と生い茂る木々の間を尾根道を探しながら西へと進む。
所々で踏み跡が分散しているが尾根筋を歩けば間違いない。
テープも要所に見られる。

森を抜けると見通しが良くなり、左手から来る広い道と合流した。
これを上がると五ノ峰の東側に続くピークらしき稜線に出た。
五剣山の4峰がにょっきり姿を見せている。
心地良い風に吹かれながら尾根を進む。

ウバメガシのような木々の中にとてつもない大きな岩が現れたと思ったら、次から次へと大岩が続く。
五剣山の上部は火山性の安山岩質凝灰角礫岩ちゅう火山灰と角ばった礫(れき)が堆積して出来た岩らしい。
そう言えば讃岐里山の特徴であるこげ茶色の安山岩に大小の石が沢山噛みこまれている。

祠があって、八栗寺からだろうか別な道が左手からここに合流している。
所々で岩には横線が入っている。
これが溶岩流が破砕されて土石流の様に薄く体積した比較的柔らかい「凝灰岩層」で、これが1707年に起こったマグニチュード8.4の「宝永地震」の時、五剣山の五ノ峰頭頂部がすっぱり転げ落ちたのだ。

116 :カナリエ=カリカチュア:2008/01/28(月) 23:23:28
その後は、青木ヶ原の樹海へ場所を移し、そこにある富士青木ヶ原樹海温泉「ゆらり」にも立ち寄った。国道139号線沿いの道の駅なるさわの裏側にあり、富士緑の休暇村に隣接している。
ここは、1997年(平成9)に出来た日帰り入浴施設で、富士山の北麓標高1,000mに位置し、樹海の入口といった雰囲気が漂っている。
建物は3階建で、2階から入ると受付がある。
建物の1階から3階までに16種類の多様な風呂が用意されている。
1階には塩釜蒸し風呂(低温サウナ)、洞窟風呂、砂むし風呂(別料金)の内湯と外には露天風呂、ジャグジー、水風呂、香り風呂がある。
2階は高見風呂と五右衛門風呂、3階は別料金の貸し切り風呂が6タイプ(幸福の石風呂、目薬の木風呂、炭風呂、桧風呂、かまど風呂、水晶風呂)ある。
なんでも、風水と波動術を取り入れた設計になっているとか...。
温泉は、源泉30.4℃、pH7.7、溶存物質総量1,428mg/kgのカルシウム・マグネシウム・ナトリウム−硫酸塩・塩化物泉(弱アルカリ性・低張性・低温泉)だが、なんと言っても眼前に富士山の勇姿を見ながら入浴できるのがここの売りであろう。
私としては、ちょっと入浴料が高い気もしたが、2階の1人用の五右衛門風呂に入りながら、富士山を仰ぎ見られるのが一番気に入った。
1階には、囲炉裏のある個室のお食事処「お狩り場」があり、注文するとSLの模型列車が料理を運んでくれるそうで、地鶏鍋が名物とのことだ。

117 :カナリエ=カリカチュア:2008/01/28(月) 23:25:52
「あ、この患者さん・・・」

病室に入った瞬間、ふと「見える」ことがある。患者の死が。

けしてそんなことを口にしてはいけない。明かしてはいけない病の重さを知ってしまったならいざしらず、何の問題もなく退院を心待ちにしている患者に、そんなことを言ってはいけない。

退院間際に、何かの手違いであるかのように、ふと亡くなってしまう患者さん。そんな人に出くわすことが何度かあって、そのつど、彼女は何らかの”啓示”を受けていた。

たとえば・・・

「××さん、おかげんはいかがですか。××さん」

「ああ・・・だいぶいいよ。検温だね」

老人は血の気の失せた顔を揺らげて半身を起こした。背後の暗い窓にかかったカーテンが少し揺れている。

「あれ、窓、開けたの」

体温計を手渡しながらカーテンに手を遣る。すると、す、と避けるように揺れ、窓に吸い付いて停まった。更に調べようと手を伸ばすと、患者が背にふれたので目を振り向ける。

「窓なんか開けてないよ」

「そう・・・」

再び回した目に、厚いカーテンが、ずっと微動だにしていないことを主張するかのように、静かに固まっている。嫌な予感がした。

「・・・それじゃ、もうすぐ夕食ですから」

体温計を受け取り、後ろ見に軽く会釈をして出口へと向かう。

「あ、看護婦さん」

「何ですか」

振り向いた彼女は、思わず息を呑んだ。

にこやかにこちらを見る老人の、後ろのあのカーテンの下から、

ずらり、無数の「足」が垂がっている。

一様に細々とした真白い足首、にゅにゅっと突き出し、ぶらぶら、

ざわざわ、

揺れている。

カーテンの揺れた意味がわかった。

「!!」

「どうしたの、看護婦さん。電気、消してってよ」

もう見ないようにしてスイッチを切り、

バタン、扉を閉めた彼女は、今や強烈な予感を抱いていた。

「これって・・・」

118 :カナリエ=カリカチュア:2008/01/28(月) 23:33:41
17歳 男 +

僕は本当に破天荒な夢を見ました。
まずは夢の始まりは樹海の中にいてしばらくテキトーにうろついていたら
戯れる少女の影がちらりと見え、その女の子を追ってみると少女の姿をはっきりと
見ることができて純白のワンピースと白いリボン付きの帽子、赤い靴を履いていました。
そして僕が少女に追いつくとこっちこっちと少女が手招きしていました。少女の誘いについて行き
だんだん進んでいくうちに森の中が暗くなっていき、遂には真っ暗になり少女のけたたましい笑い声と
ともに僕は穴に落ちていく感覚に気付き、穴に落ちている事を把握したが、その途中で夢が切れた。
そしてしばらく経って気付けば牢獄の中にいる自分に気付いた。警官の足音(処刑時の足音)が徐々に
近づきコツン…コツン…と、自分のところで止まり「囚人番号13番、処刑室に連行する!」とつまみ出され
処刑室に着けばギロチンがありました。そのときに僕は警官に問いました「何故、処刑するのです?」と言うと
返ってきた返事は「今更とぼける気か?罪もない少女を殺しただろう、そして死体を樹海へ運んだだろう?違うか?」
まさかとは思ったがこの刑務所の前の場面は樹海だったはず、少女が出てきたはずだ!!
まさか俺が殺人犯だったなんて…。と思っている間、警官達は僕の体をギロチン台に固定し、
もう逃げられない…僕は死を覚悟した。そして、ギロチンのガシャァァァァン!!!という音と共に
目の前が真っ暗になりまた夢の間に暗い「無」がしばらく続き、またまた気付けば今度は飛行機の中であった。
僕はアメリカのJFK空港行きの飛行機に乗っていた。

しばらくすると飛行機は何故か飛行が不安定になりゆらゆらと揺れ、更に急降下して
高度3000メートルのところで爆発してまた真っ暗になり無を経て、
また森に戻っていて少女が僕の名前を呼んでいるのに僕が気付けば少女は早く行こうよと言い
30分位森を彷徨い行き着いた先は巨大な飛行機の残骸で僕は飛行機事故に遭ったのか?
突然少女が「あなたはもう死んでいるわ」と言われると記憶が一瞬にして目覚め俺が何をしたか思い出した
僕は夢の中の設定では児童大量殺人犯として全国指名手配を受けて行き先がないので国外逃亡を企てたが
自分の乗っていた飛行機が墜落して自分自身は運良く生きていたということ。
そして日本に強制送還され裁判で有罪となり死刑判決が下され刑務所で処刑されたということ。
今、僕と一緒にいる少女は最初に殺してしまった少女の亡霊でであった…勿論、僕自身も亡霊であるが…。
純白のワンピースに白いリボン付きの帽子、赤い靴というとても印象深い少女であった。
最後に少女が残した言葉は「あなたは私にした罪を償わなければいけないのよ、それまで成仏させないわ」と
そしてようやく目が覚めた。不吉な夢であった…もうこういう夢を見るのは嫌だ…くわばらくわばら…。

119 :カナリエ=カリカチュア:2008/01/29(火) 00:36:38
夢解釈 その1

あなたは、ご自分のせっかくの可能性を殺しているのです。
その可能性とは、他人の心に配慮し深い関係をもつことのできる能
力や、すてきな女の子と人間的な関係を築く能力です。
あなたの心の底の無意識は、こうした能力の可能性をあなたが傷つ
けていることを知ってほしくて、この夢をあなたに突きつけている
のです。

あなたは樹海の中にいますが、深い森はあなたの無意識の象徴です。
そこには、純白のワンピースとリボンの付いた帽子、赤い靴を履い
た少女が戯れている。
純白は彼女の純粋な高貴さや精神性の高さをあらわします。また、
赤い靴は感情の豊かさを示しているのでしょう。
少女が象徴するそうした心はあなたの無意識のなかにちゃんと存在
しているのですが、あなたの意識は気づいていません。だからあな
たは彼女をはじめて見たのです。

少女はより深い森にあなたを誘い、あなたは真っ黒な穴に落ちてし
まう。これはあなたが自分の心のより一層深いところ入ったことを
意味しています。

120 :カナリエ=カリカチュア:2008/01/29(火) 00:37:45
夢解釈 その2

あなたは牢獄にいて、死刑にされようとしている。そして刑務官は、
あなたが「罪もない少女を殺しただろう」と言います。
この意味は、あなたが少女の象徴する自分の心の「高貴さや精神性
の高さ、感情の豊かさ」を殺しているだろう、ということなのです。
そのことに気づいていないあなたが、まさか自分が殺人犯とは、と
疑問をもってしまうのは当然でしょうね。

少女が象徴する心を自分の意識の中に育てていなかった罪で、あな
たは死刑になります。
夢の中では切られるところが間違っている場所を意味します。あな
たはギロチンで頭を落とされますから、頭つまり「考え」が間違っ
ているよ、という意味なのです。

あなたの無意識は、あなたが夢の前半で自分の間違いを気づかなか
ったため、さらなる状況設定をしてあなたに気づかせようとします。

あなたが乗っている飛行機が急降下し爆発してしまう。
夢の中で飛行機に乗ることは、本来は高い理想を持って新たな希望
に進んでいることをあらわします。ところがあなたの飛行機は爆発
して墜落してしまうのです。
爆発は感情を意味することが多いですから、これは、あなたの感情
が地に落ちているよということ、つまりあなたには感情的な問題が
あるよ、と教えているのです。

121 :カナリエ=カリカチュア:2008/01/29(火) 00:38:37
夢解釈 その3

落ちた先は、あなたの無意識の中です。
そこには少女がいて、あなたを飛行機の残骸に導く。そして少女が
「あなたはもう死んでいるわ」と言うと、あなたは自分のすべての
罪を思い出す。
子どもは成長して大人になりますから、夢の中では「可能性」の象
徴です。無意識はあなたがその可能性の大量殺人犯だ、と言ってい
るのです。

私は、あなたがまわりの人々に嫌がらせをしたり、感情的な問題を
ふきかけたりしているのではないか、と思いました。そうしたあな
たの感情的な問題に対して、あなたの無意識は厳しい警告を送って
きたのです。あなたはそうしたことに対して「罪を償わなければ成
仏させないわ」と警告されています。
死刑になったのは「他人に不愉快なことをする感情的な問題を持っ
たあなた」です。そして、成仏して生まれ変わるのは、少女のよう
に「精神的な高貴さや人間的な豊かな感情をもったあなた」です。
あなたの意識は、成仏するつもりがあるのかないのか、その判断を
問われているのでしょう。

人の無意識がこれほど的確に問題を指摘している夢はとても珍しい
と思いました。

122 :カナリエ=カリカチュア:2008/01/30(水) 00:12:05
9月18日の夜の夢
長い夢の途中の最後の部分
前半は仕事に関係があるような考えることが多い夢でしたが、女性の登場する夢のインパクトが強く、前半夢を忘れてしまいました。

雑居ビルの地下に向かう階段を降りていくと、薄暗い雰囲気のスタンドだけの小さな喫茶店(コーヒーコーナー)のような場所がありそこに辿り着く。
*雑居ビルの薄暗い地下街は少し前の私の夢の定番でした。
私はいつもそこで道に迷っていました。
私は辿り着けない、道に迷う夢をよく見ました。*

その店には中年と少し年若い女性がおり、その内の若い方の女性が私の手から、大きなボストンバックを受け取る。
このとき私は自分が大きなバックを持っていたことに気づく。

そのバックをお店の上側の戸棚(ロッカーのようなもの)に入れようとしているが、上手く入らない。
そこで中年の女性がアドバイスを送ると、若い方の女性が横向きのバックを立て向きに変えると、すんなりと戸棚の中に納まる。
*私はこの部分をものの見方を変えると上手くいくと教訓的に理解しました。*

その後、若い女性が私を狭い通路のような場所に導く。
*私はそのスタンドだけの店でコーヒーを飲みたかったようです*
無理やり狭い場所を通り抜けると、そこは広い、しゃれたカフェで、お客さんも数名入っています。
私は、こんな苦労をするくらいなら、表通りから入ってくれば良かったと心の中で呟く。

女性が私に席を選ばせる。
私は手近にある、木の椅子(椅子は向かい合わせに置かれていないで、テーブルの片側にだけ椅子が有る)に腰を降ろすと、なんとその女性が私に寄り添うように私の膝の上に座り、あれこれと注文を聞いたり、出したりしている。
そのとき私は何となく迷惑を受けている感じがして、そこで目が覚めました。
*本当は喜んでいたのかもしれないが、なにか性的な部分を感じないように意識していたような気もします*

123 :カナリエ=カリカチュア:2008/01/30(水) 00:13:30
9月20日の夢
これも夢の途中のエピソード
最初の頃の夢はほとんど忘れてしまいましたが、なにか仕事がらみの夢のようで、判断したり考えたりするような夢でした。

その夢の続きのエピソードなのですが、場所は公園の中のようで、緑の溢れた環境の良い場所です。

なにか難しい問題を考えながら、ある建物から出てくると、上半身裸の少女が私の方に親しみを込めた笑顔と共に近寄ってきます。
私はこの少女に近い女性と顔見知りのようです。
美しい乳房をしているなと思う私がいます。
健康的な女性です。
*私はこの女性の下半身の服装を思い出せません*

その女性が私に色々話しかけたりして、少し会話をするのですが内容は覚えていません。
とにかく私はその女性を送っていくことにして、私の車に乗り込みます。

女性は私の良く知っている場所に住んでいるようで、私は走りなれた道を走っています。
私が近道をしようとしたのか、少し道をそれて工事中か何かの砂利道に車が入ったので方向を少し変えようとして、そこで目が覚めました。

124 :カナリエ=カリカチュア:2008/01/30(水) 00:15:34
夢の解釈
まずこの2日の女性の登場する夢は、その前に仕事関係の理屈っぽい印象の残る夢を見ています。
困難を克服したり判断したり、深くではないのですが、悩んだりする夢のようです。
これは、現状の自分の仕事の状況を表してます。

女性の夢を続けて見るのは初めてのような気がします。
数年前は、アニマのような理想的な女性に導かれる夢を数回見たのですが、今回のような夢は初めてです。
性的な部分があるのに、夢の私は冷静で、現実の自分とは違うようです。
この夢で私は一度も女性に触れていません。
女性とクールな関係を保とうとしています。
初日の夢などは迷惑な感情さえ持っています。
現実の私なら少しは喜ぶと思います。
両日の夢とも、女性が登場してくる前に、夢を見ているのですが、仕事に絡んだシビアな夢のようでしたがあまり憶えていません。
夢から覚めたときに反芻しないので、忘れてしまっているのかもしれません。

最初の夢より後の夢の方が、ダイレクトに女性が私に関わってきました。
特に2日目の女性は、上半身裸で登場するのですが、性的なアピールは少なく、乳房の美しさに関心する以外は、健康的な印象以外ありません。
この部分の解釈が難しく、私には分かりません。
なにか性的な部分を強く抑圧している自分がいるのかもしれません。
それとも自分自身を強く抑圧しているなにものかが有るのかもしれません。

雑居ビルの地下で道に迷う。
エレベータに乗って思う場所に行けない。
電車に上手く乗れない等は、以前の私の夢の定番でした。
ここ最近はあまり記憶に残る夢を見ることは無かったのですが、今回若い女性が続けて登場したことで、少し自分の夢を解釈したくなりました。
お忙しいと思いますが、他の相談する相手も見当たらず、メールを差し上げました。
よろしくお願いします。

125 :カナリエ=カリカチュア:2008/01/30(水) 00:19:27
その日以来、司郎は地獄の日々を味わっていた。
 小遣いは全て取られ、部屋の掃除から今まで妹がしていた家の手伝いまでをさせられているのだ。
(まるで鬼だ……)
 それは比喩ではなく、二人きりになると妹は般若の形相で司郎を責め立てる。
「ほら、お兄ちゃん、こっちが汚れてるよ。ちゃんとしてよね」
 今日もいつもの様に、妹に睨まれながら部屋の掃除をさせられている。
 だがいつしか司郎の中には、妹に対する恨みの思いが湧き起こっていた。
 時間とは都合のいいもので、あれほどあった後悔の念もすっかり無くなっている。
 妹の態度がこの様な状態でなければそれも無かったであろうが、これほどキツク扱われては、罪を償う思い以上に、恨みの念が強くなっても仕方のない事だろう。
 司郎は、機会があれば復讐をしてやろうと思っていた。
「ここっ、ここだって言ってるでしょっ。まったくもうっ、トロいんだから」
 呆れた様に言いながら、妹は近くによって場所を示す。
 その瞬間、えも言われぬいい匂いが漂ってきた。
 それは妹を抱いた時、つまり裸で抱き合い、肉棒を押し込んでいた時にさんざん嗅いだ匂いだった。
 妹の体の感触が蘇り、バクバクと心臓が脈打つ。
 一気に一物が硬くなった。
(真奈美の……体……)
 視線を胸に向けると、以前自由に揉みしだいたつつましい膨らみがシャツを持ち上げており、スカートから伸びる脚も健康的で、どちらにもむしゃぶりつきたくなる衝動が起きる。
 隠されているのが興奮を誘うのだろうか、裸の時よりも艶かしさを感じさせた。
 ゴクっと唾を飲み込む。
「なにボーっとしてるのっ、早くしてよっ」
 妹の言葉にカチンとくる。
(なぁに言ってやがるんだ……俺にチンポを押し込まれた時は、あんなに痛い痛いって泣いてたヤツが……)
 その時の感触を思い出し、肉棒がグンと力を増す。
(それに……入れるまでは気持ち良さそうによがってた……あれだけ感じてたくせに……俺にしてもらいたがったくせに……どうして俺だけがこんな酷い目に遭わなきゃいけないんだ……?)
 同じ様に気持ちの良さを感じたのに、なぜ一方的に非難されなければならないのか。
 本来は強姦したのだから司郎が悪いのは当然である。
 だが数日に渡る酷い扱いにより、その事は記憶から消え去ってしまっていたのだ。
 今の司郎の頭には、妹に仕返しをし、兄としての威厳を取り戻すことしかなかった。
 掃除機のスイッチを切ると、ゆっくりと妹の方に体を向ける。
「あれ? なに、どうしたの? まだ終わってないでしょ」
 怪訝な顔でこちらを見ている。
「いや、終わりだよ……」
 ボソッと呟く。
「何言ってるの、そっちがまだでしょ」
「いいや、終わりだ……」
 そう言いながら妹が腰掛けているベッドに近づいていく。
「な、なに?……ちょっと、どうしたの……?」
 兄の様子がおかしいのに気づいたのか、少し怯えた様にしている。
「ふふ……もうこんな事は終わりだ……お前に目上の人間に対する態度ってのを教えてやるっ……」
 そう叫ぶと妹の体をベッドに押し倒す。
「きゃあっ……お兄ちゃん、いやっ……止めてぇっ」

126 :カナリエ=カリカチュア:2008/01/30(水) 01:13:25
僕が小学生だった頃の話。


僕は当時発売されたばかりの「ゲームボーイ」に夢中だった。
いまでこそ携帯ゲーム機なんて当たり前の存在だけれど、いにしえの昔には「ゲーム&ウォッチ」なんてモノまで狂ったようにやりこんでいた僕にゲームボーイの登場は衝撃以上だった。
カセットを取り替えて違うゲームができる携帯機。
そんな夢のようなもので遊ぶことができるだなんて。
僕ら当時の小学生は、そんなハイテク時代に生まれてこれたことを心から感謝していたものだった。
今にしてみれば笑ってしまうような「ハイテク」ではあったけれど。

そんな携帯ゲーム機黎明期に、一つのキラーソフトが発売された。
今やマイクロソフトと並ぶ天下の嫌われ者大企業、スクウェア様からお出になったRPG、「魔界塔士Sa・Ga」である。

現在はともかく、当時のスクウェア様はほんとに志あるいいゲームをお作りになっていた。
「魔界塔士Sa・Ga」もその「スクウェア全盛期」の一作品である。
これは、本気で面白かった。
僕の小学校でこれを遊んでない男子はいないというくらい流行ったし、その中に「つまらない」と言う人間は一人としていなかった。
僕も、友達も、誰も彼もがみんな休み時間にレベル上げに励んだものだった。

しかし、さすがはゲームボーイ黎明期の作品だけのことはあった。
「魔界塔士Sa・Ga」は、設定メチャクチャなうえにバグだらけの作品だったのである。

「魔界塔士Sa・Ga」は経験値という概念がなくキャラはランダムに成長していくのだが、これがほんとにランダムすぎて下手すりゃ何十回戦っても能力はピクリとも変わらなかったりした。
そんなストイックなところもたまらなくて、僕はサルのように戦闘を繰り返したものだ。
そして努力も空しく何度となくバグで止まってしまうところも別な意味でたまらなかった。
運良く能力が成長し、それを無事セーブし終えた後の充足感、安心感。
こんなマゾヒスティックな楽しみかたは間違っても今のゲームではできまい。


そして僕はいつしかラスボスにまで辿り着いていた。
ラスボスは今まで行く先々に大胆不敵に現れていた、謎の男。
こいつは、なんと「神様」だった。
ただ登ってくる人間が苦しむ姿を見て自分が楽しむために「塔」を作った神。
その神に対して、主人公たちは戦いを挑む。神は(たしか)こう言う。

「これが いきもののサガか…」

127 :カナリエ=カリカチュア:2008/01/30(水) 01:15:51
ああ!神様に戦いを挑むなんて。
なんて大それたことをしようというのだろう、僕は。
くどいようだが当時小学生だった僕は、その背徳行為に胸を高ぶらせていた。
勝てるのかよ、相手は「かみ」だぞ?

もちろん「かみ」は強かった。
「くいあらためよ」で混乱させ「ひかりあれ」で盲目にしてくるうえに「かみのひだりて」の全員攻撃は一撃でパーティを瀕死にした。
僕はその日2、3回戦って、勝てる見込みがなかったのであきらめて眠ってしまった。
そして夢うつつに考えた。

やっぱり勝てるわけないよ。
相手はなにしろ「かみ」だもん。
神様なんかに人間が立ち向かえるわけがないんだ、と。

そして次の日。
僕と同じように発売日からやりこんでラスボスに辿り着いた友達の間の話題は「かみ」一色だった。

お前、「かみ」倒した?俺なんとか倒したぜ。
ううん、まだ。あっ、エンディングは言わないで。楽しみにしてんだから。
へへへー、どうしよっかなー。言っちゃおっかなー。

そんなたわいない会話を楽しんでいたそのとき。
クラスの問題児・タカハシ君が僕らのグループに近づいてきて、ポツリと言った。

「かみ、実はチェーンソーで一撃で倒せるの、知ってた?」

「え゛え゛え゛っ!!」僕らは全員叫んだ。
確かに「魔界塔士Sa・Ga」にはチェーンソーという、ダメージは少ないがときどきクリティカルヒットで一撃で倒せるという特殊武器があった。
ただ当然、一撃死モノはボス格の相手には効かない、というのはRPG業界の暗黙の了解のようなものだ。
ましてや相手はラスボス、それも神様である。
「チェーンソー」て。んなもん使おうなんて発想そのものが僕の頭には微塵もなかった。

「た、タカハシ君、ウソでしょ?だって「かみ」って、ラスボスだよ?」僕は恐る恐るタカハシ君に聞いた。
「ウソじゃねえよ。俺の兄貴、それでクリヤーしたんだもん」とタカハシ君は嫌な笑顔で僕に言った。
僕はいまだにそのときのタカハシ君の勝ち誇った笑顔を夢に見る。

128 :カナリエ=カリカチュア:2008/01/30(水) 01:17:21
家に帰った僕は、さっそく「かみ」に再戦を挑んだ。
武器を確かめると…チェンソーが、あった。
買ったはいいけどずっと使っていなかった、新品同様のチェーンソーが。

「かみ」の攻撃。「かみのひだりて」。相変わらず一撃で瀕死になる。次喰らったら、間違いなくまた全滅だ。
僕はチェーンソーを握りしめた。
まさか…な。まさか、こんなもん使ったって死なないだろ。相手は「かみ」だもん。いいや、どうせ次のターンで全滅だし、遊びで使ってみようかな。
次のターン、僕の攻撃。チェーンソーで「かみ」に斬りかかる。そして威勢のいいヒット音とともに、「かみ」が消える。

「かみ を たおした」

うわあああああ!!死んじゃった!!かみ、チェーンソーで死んじゃったよ!!
感動のエンディングが流れ始めるが!僕のこのやり場のない気持ちはどうしたら!
恨むぜタカハシ君!あとこんなバグゲー作ったスクウェア!!



--------------------------------------------------------------------------------

…以上、「少年はいかにして信仰を捨てたか」。少年・Yの場合でした。
ちなみに「魔界塔士Sa・Ga」を遊ぶことはもうできません。カセットに内蔵されているセーブデータの電池が寿命を迎えてしまっているからです。
また一つ、思い出の品を失ってしまった僕はちょっぴりおセンチな気分にもなってみたりして。

129 :カナリエ=カリカチュア ◆groMilKs4. :2008/01/30(水) 19:10:44
奇遇ですね私も、以前魔界塔士として神を一撃の内に切り裂いた事があります。

130 :カナリエ=カリカチュア:2008/01/30(水) 23:52:30
奇遇

御用納めなので、のんびり自宅から練馬まで歩いてみた。
練馬駅の直前で名前を呼ぶ女性の声がするので振り向くと、以前同じヨガ教室で一緒だった人だ。
3年半ぶりだが、何という偶然だろうか。
広い東京のこんなところで会うとは。

彼女は以前は赤坂に勤めていた。
聞くと、会社が買収したスーパーが練馬にあり、コストダウンの指導をしているとのこと。

いやー、こんなこともあるんだ。
名刺を交換して再会を約して別れた。

今日は御用納めだ。
もう仕事も終わり、昼からもう1件挨拶まわりをしておしまいだ。

納会があるが、早めに切り上げて帰ることにする。

131 :カナリエ=カリカチュア:2008/01/30(水) 23:55:46
 強姦された時の記憶が蘇ったのだろう、妹は震えながら体を抱きしめる様にしてかばっている。
「今までさんざんこき使ってくれたなぁ。今度は俺がお前を使ってやるぜ」
 服の上から乳房をギュッと掴む。
「あぅっ、いやぁ……止めてぇ……」
 必死に胸を隠す様にうつぶせになる。
 だが司郎はかまわず背後から手を回すと乳房をキツク揉んでいった。
「あぐぅっ、あっ、駄目ぇっ……お、お兄ちゃん止めてぇっ……」
 さきほどまでの強圧な態度はどこへやら、妹は涙を浮かべながら必死に懇願してくる。
「はははっ……あれだけ俺を苦しめた罰だ……また俺の息子を味わってもらうぜ……」
 そう言いながら、スカートを捲り上げるとパンティを引き下ろした。
「や、止めてぇっ……それだけは……お願い、謝るから……私もやりすぎたよぉ……もうあんな風にしないから、だから止めてぇ……」
 妹は必死に謝ってくる。
 だが司郎にとっては、言葉で何を言われようと満足することはない。
 恨みの思いと肉欲が混ざり合ったこの興奮を発散させるには、妹をなぶりながら肉棒を押し込むしか方法はないのだ。
「ふふ……止めてって言うけどな……お前、ここを舐めて欲しいんだろ?……前みたいに、気持ち良くなりたいんだろ……?」
 そう言いながら妹の秘所を指でさする。
「あっ……そ、そんなこと、あっ……ないよぉ、ああっ……」
 否定の言葉を放ちながらも、腰をピクピク震わせ、心なしか指の動きに合わせている。
「ははっ……何だやっぱりしたいんだな……体は正直だぞぉ……」
 そう言って指の動きを早める。
「あぅっ、あっ、ああっ……違うもん、あっ……私したくないよ、はぁうっ……」
 だが肉体の快感を表すかの様に、秘所からはトロトロと愛液が染み出してきている。
「ふ〜〜ん、じゃあ、これは何なんだぁ? お前のここから出てくるこれはぁ……」
 指についた愛液を妹の目の前に見せ付ける。
「知らないっ……知らないもんっ……」
 妹は頭を激しく振って否定する。
「いつまでそんなこと言ってられるかなぁ……」
 腰を持ち上げると、秘所に舌を這わす。
「あっ! ああっ、あっ、あああんっ……」
 ビクンビクンと妹の体が震える。
「どうだぁ? 気持ちいいだろ? もっとしてもらいたいだろぉ?」
「気持ち良くなんかないもんっ……してもらいたくないもんっ……」
 はぁはぁと息を荒くしながらも妹は否定し続ける。
「ふふんっ……じゃあ、これはどうだ?」
 舌でクリトリスをつつき、柔らかく舐め上げる。
「あっ! はぅっ、あっ、ああああっ……!」
 激しく体が跳ね上がる。
 そのまま舌を絡ませ、吸い上げていく。
「あぅっ、あっ、はぁんっ……ああっ、あっ、やぁっ……あっ、ああっ、ああああんっ……!」
 妹は体を硬直させると、ガックリと力を抜いた。
 どうやらイったらしい。

132 :カナリエ=カリカチュア:2008/01/30(水) 23:57:32
(入れるか……)
 司郎はズボンとパンツを下ろすと、いきり立った肉棒を持ち、徐々に妹の秘所へと近づけて行く。
 ズブっといった感じで亀頭が膣穴にハマり、その瞬間えも言われぬ快感が押し寄せてきた。
 ヌルヌルとして温かいそこは、まさに肉棒に最大の快感を与える場所だった。
(こ、これだよぉ……この気持ち良さ……たまらないぃ……)
 そのまま誘われる様に腰を押し進める。
 ズブ、ズブ、とゆっくり肉棒が膣に入っていく。
 全部が収まると、まるで体全体が妹に包まれているかの様な錯覚を覚える。
(ああ……真奈美の中って温かい……)
 幼い頃、母に抱かれていた時の安堵感に似た感じがあった。
「あっ、あぅっ、ああっ……はっ、はぁぅっ、あっ……」
 妹は以前の様に苦痛の声は上げていない。
 どちらかと言うと、先ほどと同じく快感を得ている感じだ。
 膣にしても、まるで数日ぶりにやって来た兄の肉棒を歓迎しているかの様に、ヌメヌメと蠢いている。
「うぅっ、うっ……」
 気持ちのいいヒダヒダが肉棒に絡みつき、奥へ奥へと誘う動きをしており、司郎は早くも射精しそうな高まりを覚えていた。
 一度深呼吸をして射精感を抑えると、妹の腰に手をそえ、ゆっくりと肉棒を出し入れし始める。
「あっ、あっ、ああっ……あんっ、あんっ、ああんっ……」
 腰の動きに合わせる様に、妹が甘い声を上げる。
(気持ちいいんだな……)
 以前の様に痛がらないことにホッとしながら、さらに腰のスピードを早める。
 復讐のためにしているとはいえ、妹が甘い声を上げてくれた方が自分も気持ち良くなれるのだ。
 どうせならより快感を得ながら復讐をしたいではないか。
「どうだっ?……俺のチンポっ……気持ちいいかっ……?」
「あっ、そんなの、はぅっ……いいわけ、あっ……ないじゃない、ああんっ……」
 甘い声を上げ、どう見ても気持ちいいとしか思えない様子で否定する。
 だがそれでいい。
 そうやって否定する妹をいつか屈服させ、自分とするのが気持ちいいのだと認めさせる。
 そうして最終的には、妹から「もっとして」とおねだりさせるのが司郎の目的だったのだ。
「そうか……気持ち良くないか……」
 ガックリとした感じを装いながら、腰の動きを止める。
「あ……」
 妹が残念そうな声を上げた。
「なんだぁ? して欲しいのかぁ?」
「そ、そんな訳ないじゃない……」
 表面上は否定しているが、声の動揺は隠しきれていない。
「それは残念だ……」
 腰を「の」の字に動かす。
「ああっ、あっ、あああんっ……」
 すぐに止める。
「したくないのか……?」
「し、したくないよ……」
 はぁはぁと息を乱しながら否定する。
「ふ〜〜ん……」
 また「の」の字を描く。
「あっ、ああっ、はぁんっ……」
 体をピクピクと震わせている。
「……」
 そのまま何も言わず、ジッとする。
 焦らしてやろうと思ったのだ。
 すると「どうしたのだろう?」といった感じで妹がこちらを向いた。
 顔を上気させて、まるで何かを求めるかの様にせつなげに見つめてくるのがたまらない。
 それに興奮した司郎は、一回だけズンっと肉棒を押し込んだ。
「あぅんっ……」
 妹の顔が快感に歪む。
 今まで背後からであるため見えなかったが、それはたまらない表情だった。
 幼い少女が、自分の肉棒で気持ち良くなっているのだ。
 まるで妹を支配している様な感覚が湧き起こり、興奮した司郎は焦らすという目的を忘れて、いきなり激しく腰を動かし始めた。
「あっ、あっ、ああっ……やっ、やぁっ、やぁんっ……す、凄い、あっ……凄いよぉっ……はぅっ、あっ、いやぁんっ……」
 突然襲い掛かった強烈な快感に、妹は体を仰け反らせ手を付くと、四つんばいの状態になって悶えている。

133 :カナリエ=カリカチュア ◆groMilKs4. :2008/02/01(金) 20:16:32
沢山の骨が剥き出しで埋められています。
それは何処でしょう。
それは線路の下です。

134 :カナリエ=カリカチュア:2008/02/02(土) 00:51:44
さけきふとるでさへるろなねぬさけだざへほふのめむまだおかけくこばべのめたつあおで
がごこよゆどでえつれるのもせすばべむこそすえでるとこぞぜせそすさだまかけるとのも
けかじがげごのぼばなねぬれらかけこぼどだせそうとうたてられるろのもかけでださすお
さけきふとるでさへるろなねぬさけだざへほふのめむまだおかけくこばべのめたつあおで
がごこよゆどでえつれるのもせすばべむこそすえでるとこぞぜせそすさだまかけるとのも
けかじがげごのぼばなねぬれらかけこぼどだせそうとうたてられるろのもかけでださすお
さけきふとるでさへるろなねぬさけだざへほふのめむまだおかけくこばべのめたつあおで
がごこよゆどでえつれるのもせすばべむこそすえでるとこぞぜせそすさだまかけるとのも
けかじがげごのぼばなねぬれらかけこぼどだせそうとうたてられるろのもかけでださすお
さけきふとるでさへるろなねぬさけだざへほふのめむまだおかけくこばべのめたつあおで
がごこよゆどでえつれるのもせすばべむこそすえでるとこぞぜせそすさだまかけるとのも
けかじがげごのぼばなねぬれらかけこぼどだせそうとうたてられるろのもかけでださすお
さけきふとるでさへるろなねぬさけだざへほふのめむまだおかけくこばべのめたつあおで
がごこよゆどでえつれるのもせすばべむこそすえでるとこぞぜせそすさだまかけるとのも
けかじがげごのぼばなねぬれらかけこぼどだせそうとうたてられるろのもかけでださすお
さけきふとるでさへるろなねぬさけだざへほふのめむまだおかけくこばべのめたつあおで
がごこよゆどでえつれるのもせすばべむこそすえでるとこぞぜせそすさだまかけるとのも
けかじがげごのぼばなねぬれらかけこぼどだせそうとうたてられるろのもかけでださすお
さけきふとるでさへるろなねぬさけだざへほふのめむまだおかけくこばべのめたつあおで
がごこよゆどでえつれるのもせすばべむこそすえでるとこぞぜせそすさだまかけるとのも
けかじがげごのぼばなねぬれらかけこぼどだせそうとうたてられるろのもかけでださすお
さけきふとるでさへるろなねぬさけだざへほふのめむまだおかけくこばべのめたつあおで
がごこよゆどでえつれるのもせすばべむこそすえでるとこぞぜせそすさだまかけるとのも
けかじがげごのぼばなねぬれらかけこぼどだせそうとうたてられるろのもかけでださすお
さけきふとるでさへるろなねぬさけだざへほふのめむまだおかけくこばべのめたつあおで
がごこよゆどでえつれるのもせすばべむこそすえでるとこぞぜせそすさだまかけるとのも
けかじがげごのぼばなねぬれらかけこぼどだせそうとうたてられるろのもかけでださすお
さけきふとるでさへるろなねぬさけだざへほふのめむまだおかけくこばべのめたつあおで
がごこよゆどでえつれるのもせすばべむこそすえでるとこぞぜせそすさだまかけるとのも

135 :カナリエ=カリカチュア:2008/02/02(土) 00:57:25
かあいうやえつとてへふぬくむかまいるよこいきえいせるろらさなまみむえろくかねねま
にええうるとけせそすしあいえろけきまみこえるさますのあえくとちつのまあえそころえ
かあいうやえつとてへふぬくむかまいるよこいきえいせるろらさなまみむえろくかねねま
にええうるとけせそすしあいえろけきまみこえるさますのあえくとちつのまあえそころえ
とけせそすしあいえろけきまみこえるさますのあえくとちつのまあえそころえかあいうや
えつとてへふぬくむかまいるよこいきえいせるろらさなまみむえろくかねねまにええうる
けきまみこえるさますのあえくとちつのまあえそころえかあいうやえつとてへふぬくむか
まいるよこいきえいせるろらさなまみむえろくかねねまにええうるとけせそすしあいえろ
かあいうやえつとてへふぬくむかまいるよこいきえいせるろらさなまみむえろくかねねま
にええうるとけせそすしあいえろけきまみこえるさますのあえくとちつのまあえそころえ
かあいうやえつとてへふぬくむかまいるよこいきえいせるろらさなまみむえろくかねねま
にええうるとけせそすしあいえろけきまみこえるさますのあえくとちつのまあえそころえ
とけせそすしあいえろけきまみこえるさますのあえくとちつのまあえそころえかあいうや
えつとてへふぬくむかまいるよこいきえいせるろらさなまみむえろくかねねまにええうる
けきまみこえるさますのあえくとちつのまあえそころえかあいうやえつとてへふぬくむか
まいるよこいきえいせるろらさなまみむえろくかねねまにええうるとけせそすしあいえろ
かあいうやえつとてへふぬくむかまいるよこいきえいせるろらさなまみむえろくかねねま
にええうるとけせそすしあいえろけきまみこえるさますのあえくとちつのまあえそころえ
かあいうやえつとてへふぬくむかまいるよこいきえいせるろらさなまみむえろくかねねま
にええうるとけせそすしあいえろけきまみこえるさますのあえくとちつのまあえそころえ
とけせそすしあいえろけきまみこえるさますのあえくとちつのまあえそころえかあいうや
えつとてへふぬくむかまいるよこいきえいせるろらさなまみむえろくかねねまにええうる
けきまみこえるさますのあえくとちつのまあえそころえかあいうやえつとてへふぬくむか
まいるよこいきえいせるろらさなまみむえろくかねねまにええうるとけせそすしあいえろ

136 :カナリエ=カリカチュア:2008/02/02(土) 17:55:29
いふとちなつくるえれてうえこけあせしぬろりらざばかつくすえるとこさあおそのものも
うちなちこちうこのもめもせそすえるろんうえうるらさこれけここのもそえおろこのもこ
いふとちなつくるえれてうえこけあせしぬろりらざばかつくすえるとこさあおそのものも
うちなちこちうこのもめもせそすえるろんうえうるらさこれけここのもそえおろこのもこ
いふとちなつくるえれてうえこけあせしぬろりらざばかつくすえるとこさあおそのものも
うちなちこちうこのもめもせそすえるろんうえうるらさこれけここのもそえおろこのもこ
いふとちなつくるえれてうえこけあせしぬろりらざばかつくすえるとこさあおそのものも
うちなちこちうこのもめもせそすえるろんうえうるらさこれけここのもそえおろこのもこ
いふとちなつくるえれてうえこけあせしぬろりらざばかつくすえるとこさあおそのものも
うちなちこちうこのもめもせそすえるろんうえうるらさこれけここのもそえおろこのもこ
いふとちなつくるえれてうえこけあせしぬろりらざばかつくすえるとこさあおそのものも
うちなちこちうこのもめもせそすえるろんうえうるらさこれけここのもそえおろこのもこ
いふとちなつくるえれてうえこけあせしぬろりらざばかつくすえるとこさあおそのものも
うちなちこちうこのもめもせそすえるろんうえうるらさこれけここのもそえおろこのもこ
いふとちなつくるえれてうえこけあせしぬろりらざばかつくすえるとこさあおそのものも
うちなちこちうこのもめもせそすえるろんうえうるらさこれけここのもそえおろこのもこ
いふとちなつくるえれてうえこけあせしぬろりらざばかつくすえるとこさあおそのものも
うちなちこちうこのもめもせそすえるろんうえうるらさこれけここのもそえおろこのもこ
いふとちなつくるえれてうえこけあせしぬろりらざばかつくすえるとこさあおそのものも
うちなちこちうこのもめもせそすえるろんうえうるらさこれけここのもそえおろこのもこ
いふとちなつくるえれてうえこけあせしぬろりらざばかつくすえるとこさあおそのものも
うちなちこちうこのもめもせそすえるろんうえうるらさこれけここのもそえおろこのもこ
いふとちなつくるえれてうえこけあせしぬろりらざばかつくすえるとこさあおそのものも
うちなちこちうこのもめもせそすえるろんうえうるらさこれけここのもそえおろこのもこ

137 :カナリエ=カリカチュア:2008/02/02(土) 17:57:44
さけきふとるでさへるろなねぬさけだざへほふのめむまだおかけくこばべのめたつあおで
がごこよゆどでえつれるのもせすばべむこそすえでるとこぞぜせそすさだまかけるとのも
けかじがげごのぼばなねぬれらかけこぼどだせそうとうたてられるろのもかけでださすお
さけきふとるでさへるろなねぬさけだざへほふのめむまだおかけくこばべのめたつあおで
がごこよゆどでえつれるのもせすばべむこそすえでるとこぞぜせそすさだまかけるとのも
けかじがげごのぼばなねぬれらかけこぼどだせそうとうたてられるろのもかけでださすお
さけきふとるでさへるろなねぬさけだざへほふのめむまだおかけくこばべのめたつあおで
がごこよゆどでえつれるのもせすばべむこそすえでるとこぞぜせそすさだまかけるとのも
けかじがげごのぼばなねぬれらかけこぼどだせそうとうたてられるろのもかけでださすお
さけきふとるでさへるろなねぬさけだざへほふのめむまだおかけくこばべのめたつあおで
がごこよゆどでえつれるのもせすばべむこそすえでるとこぞぜせそすさだまかけるとのも
けかじがげごのぼばなねぬれらかけこぼどだせそうとうたてられるろのもかけでださすお
さけきふとるでさへるろなねぬさけだざへほふのめむまだおかけくこばべのめたつあおで
がごこよゆどでえつれるのもせすばべむこそすえでるとこぞぜせそすさだまかけるとのも
けかじがげごのぼばなねぬれらかけこぼどだせそうとうたてられるろのもかけでださすお
さけきふとるでさへるろなねぬさけだざへほふのめむまだおかけくこばべのめたつあおで
がごこよゆどでえつれるのもせすばべむこそすえでるとこぞぜせそすさだまかけるとのも
けかじがげごのぼばなねぬれらかけこぼどだせそうとうたてられるろのもかけでださすお
さけきふとるでさへるろなねぬさけだざへほふのめむまだおかけくこばべのめたつあおで
がごこよゆどでえつれるのもせすばべむこそすえでるとこぞぜせそすさだまかけるとのも
けかじがげごのぼばなねぬれらかけこぼどだせそうとうたてられるろのもかけでださすお
さけきふとるでさへるろなねぬさけだざへほふのめむまだおかけくこばべのめたつあおで
がごこよゆどでえつれるのもせすばべむこそすえでるとこぞぜせそすさだまかけるとのも
けかじがげごのぼばなねぬれらかけこぼどだせそうとうたてられるろのもかけでださすお
さけきふとるでさへるろなねぬさけだざへほふのめむまだおかけくこばべのめたつあおで
がごこよゆどでえつれるのもせすばべむこそすえでるとこぞぜせそすさだまかけるとのも
けかじがげごのぼばなねぬれらかけこぼどだせそうとうたてられるろのもかけでださすお
さけきふとるでさへるろなねぬさけだざへほふのめむまだおかけくこばべのめたつあおで
がごこよゆどでえつれるのもせすばべむこそすえでるとこぞぜせそすさだまかけるとのも

138 :カナリエ=カリカチュア:2008/02/02(土) 18:46:43
はくとへらおうくぬえうねめませすあえれろこむめのこうおこそえおろのむませいこのも
えあじくえとつためもくこねこようのもあまめまもこくえろよぬなえねんめれろそすくお
はくとへらおうくぬえうねめませすあえれろこむめのこうおこそえおろのむませいこのも
えあじくえとつためもくこねこようのもあまめまもこくえろよぬなえねんめれろそすくお
はくとへらおうくぬえうねめませすあえれろこむめのこうおこそえおろのむませいこのも
えあじくえとつためもくこねこようのもあまめまもこくえろよぬなえねんめれろそすくお
はくとへらおうくぬえうねめませすあえれろこむめのこうおこそえおろのむませいこのも
えあじくえとつためもくこねこようのもあまめまもこくえろよぬなえねんめれろそすくお
はくとへらおうくぬえうねめませすあえれろこむめのこうおこそえおろのむませいこのも
えあじくえとつためもくこねこようのもあまめまもこくえろよぬなえねんめれろそすくお
はくとへらおうくぬえうねめませすあえれろこむめのこうおこそえおろのむませいこのも
えあじくえとつためもくこねこようのもあまめまもこくえろよぬなえねんめれろそすくお
はくとへらおうくぬえうねめませすあえれろこむめのこうおこそえおろのむませいこのも
えあじくえとつためもくこねこようのもあまめまもこくえろよぬなえねんめれろそすくお
はくとへらおうくぬえうねめませすあえれろこむめのこうおこそえおろのむませいこのも
えあじくえとつためもくこねこようのもあまめまもこくえろよぬなえねんめれろそすくお
はくとへらおうくぬえうねめませすあえれろこむめのこうおこそえおろのむませいこのも
えあじくえとつためもくこねこようのもあまめまもこくえろよぬなえねんめれろそすくお
はくとへらおうくぬえうねめませすあえれろこむめのこうおこそえおろのむませいこのも
えあじくえとつためもくこねこようのもあまめまもこくえろよぬなえねんめれろそすくお
はくとへらおうくぬえうねめませすあえれろこむめのこうおこそえおろのむませいこのも
えあじくえとつためもくこねこようのもあまめまもこくえろよぬなえねんめれろそすくお
はくとへらおうくぬえうねめませすあえれろこむめのこうおこそえおろのむませいこのも
えあじくえとつためもくこねこようのもあまめまもこくえろよぬなえねんめれろそすくお

139 :カナリエ=カリカチュア:2008/02/02(土) 18:48:38
よいじにとろえこださせそつたれとようおこのめむださかけよゆのめのろせすばべむこそ
すえでるとこぞぜせそすさだまかけるとのもけかじがげごのぼばなねぬれとよべらとつく
ちなつくるえれてうえこけあせしぬろりらざばかつくすえるとこさあおそのものもうちな
ちこちうこのもめもせそすえるろんうえうるらさこれけここのもそえおろこのもこいふと
ねめませすあえれろこむめのこうおこそえおろのむませいこのもえあじくえとつためもく
こねこようのもあまめまもこくえろよぬなえねんめれろそすくおはくとへらおうくぬえう
よいじにとろえこださせそつたれとようおこのめむださかけよゆのめのろせすばべむこそ
すえでるとこぞぜせそすさだまかけるとのもけかじがげごのぼばなねぬれとよべらとつく
ちなつくるえれてうえこけあせしぬろりらざばかつくすえるとこさあおそのものもうちな
ちこちうこのもめもせそすえるろんうえうるらさこれけここのもそえおろこのもこいふと
ねめませすあえれろこむめのこうおこそえおろのむませいこのもえあじくえとつためもく
こねこようのもあまめまもこくえろよぬなえねんめれろそすくおはくとへらおうくぬえう
よいじにとろえこださせそつたれとようおこのめむださかけよゆのめのろせすばべむこそ
すえでるとこぞぜせそすさだまかけるとのもけかじがげごのぼばなねぬれとよべらとつく
ちなつくるえれてうえこけあせしぬろりらざばかつくすえるとこさあおそのものもうちな
ちこちうこのもめもせそすえるろんうえうるらさこれけここのもそえおろこのもこいふと
ねめませすあえれろこむめのこうおこそえおろのむませいこのもえあじくえとつためもく
こねこようのもあまめまもこくえろよぬなえねんめれろそすくおはくとへらおうくぬえう
よいじにとろえこださせそつたれとようおこのめむださかけよゆのめのろせすばべむこそ
すえでるとこぞぜせそすさだまかけるとのもけかじがげごのぼばなねぬれとよべらとつく
ちなつくるえれてうえこけあせしぬろりらざばかつくすえるとこさあおそのものもうちな
ちこちうこのもめもせそすえるろんうえうるらさこれけここのもそえおろこのもこいふと
ねめませすあえれろこむめのこうおこそえおろのむませいこのもえあじくえとつためもく
こねこようのもあまめまもこくえろよぬなえねんめれろそすくおはくとへらおうくぬえう

140 :カナリエ=カリカチュア:2008/02/02(土) 19:03:34
みちのくのくにのこくとあそえろうこのもとつちきけくるりえおこのまめまめまむおこけ
そのことうおこまめろりろりこくそせけそえるろるろこあこえろろこのもめめろえろろり
みちのくのくにのこくとあそえろうこのもとつちきけくるりえおこのまめまめまむおこけ
そのことうおこまめろりろりこくそせけそえるろるろこあこえろろこのもめめろえろろり
みちのくのくにのこくとあそえろうこのもとつちきけくるりえおこのまめまめまむおこけ
そのことうおこまめろりろりこくそせけそえるろるろこあこえろろこのもめめろえろろり
みちのくのくにのこくとあそえろうこのもとつちきけくるりえおこのまめまめまむおこけ
そのことうおこまめろりろりこくそせけそえるろるろこあこえろろこのもめめろえろろり
みちのくのくにのこくとあそえろうこのもとつちきけくるりえおこのまめまめまむおこけ
そのことうおこまめろりろりこくそせけそえるろるろこあこえろろこのもめめろえろろり
みちのくのくにのこくとあそえろうこのもとつちきけくるりえおこのまめまめまむおこけ
そのことうおこまめろりろりこくそせけそえるろるろこあこえろろこのもめめろえろろり
みちのくのくにのこくとあそえろうこのもとつちきけくるりえおこのまめまめまむおこけ
そのことうおこまめろりろりこくそせけそえるろるろこあこえろろこのもめめろえろろり
みちのくのくにのこくとあそえろうこのもとつちきけくるりえおこのまめまめまむおこけ
そのことうおこまめろりろりこくそせけそえるろるろこあこえろろこのもめめろえろろり
みちのくのくにのこくとあそえろうこのもとつちきけくるりえおこのまめまめまむおこけ
そのことうおこまめろりろりこくそせけそえるろるろこあこえろろこのもめめろえろろり
みちのくのくにのこくとあそえろうこのもとつちきけくるりえおこのまめまめまむおこけ
そのことうおこまめろりろりこくそせけそえるろるろこあこえろろこのもめめろえろろり
みちのくのくにのこくとあそえろうこのもとつちきけくるりえおこのまめまめまむおこけ
そのことうおこまめろりろりこくそせけそえるろるろこあこえろろこのもめめろえろろり
みちのくのくにのこくとあそえろうこのもとつちきけくるりえおこのまめまめまむおこけ
そのことうおこまめろりろりこくそせけそえるろるろこあこえろろこのもめめろえろろり

141 :カナリエ=カリカチュア ◆groMilKs4. :2008/02/03(日) 08:59:35
雪が降り積もり始めました。
天は我に見方せり、地は我を憎みし。

142 :カナリエ=カリカチュア ◆groMilKs4. :2008/02/03(日) 09:11:12
冬の命が動物を冷血とし血の神畏縮せり。
芽生える野性混沌と、その牙一噛みで雪赤く染まれり。
温かな安らぎ与え給え、旅人にシチューを、綿に埋まり春待つには遠すぎる故。
ここでは冷たいナイフも穏やかな気で居られるでしょう。

143 :カナリエ=カリカチュア ◆groMilKs4. :2008/02/03(日) 09:12:32
蝸牛、
母胎回帰を、
ぐるぐるのぐる。

144 :カナリエ=カリカチュア:2008/02/03(日) 20:36:22
性混沌とその牙一噛みで雪たいナイフも穏や命が動物を冷血とし血の神畏春待つには遠す
ぎ人にシチューを綿に埋まみし物を冷そこえろと胎回帰をぐる蝸牛雪が降り積は我を憎あ
る野性混温かな安らぎ与え給え旅人にも穏くかせけだ血と芽生えりやかな気で居られ冬の
神畏縮性混沌とその牙一噛みで雪チューを綿に埋まり胎回帰をぐる蝸牛雪が人にシチュー
命が動物を冷血とし血の牙一噛みで雪赤く染まれ母胎回帰を遠すぎる故生える野性混フも
の牙一噛みで雪たいナイフも穏や命が動物を噛みで雪チューを綿に埋まり胎回染まれ母胎
性混沌とその牙一噛みで雪たいナイフも穏や命が動物を冷血とし血の神畏春待つには遠す
ぎ人にシチューを綿に埋まみし物を冷そこえろと胎回帰をぐる蝸牛雪が降り積は我を憎あ
る野性混温かな安らぎ与え給え旅人にも穏くかせけだ血と芽生えりやかな気で居られ冬の
神畏縮性混沌とその牙一噛みで雪チューを綿に埋まり胎回帰をぐる蝸牛雪が人にシチュー
命が動物を冷血とし血の牙一噛みで雪赤く染まれ母胎回帰を遠すぎる故生える野性混フも
の牙一噛みで雪たいナイフも穏や命が動物を噛みで雪チューを綿に埋まり胎回染まれ母胎
性混沌とその牙一噛みで雪たいナイフも穏や命が動物を冷血とし血の神畏春待つには遠す
ぎ人にシチューを綿に埋まみし物を冷そこえろと胎回帰をぐる蝸牛雪が降り積は我を憎あ
る野性混温かな安らぎ与え給え旅人にも穏くかせけだ血と芽生えりやかな気で居られ冬の
神畏縮性混沌とその牙一噛みで雪チューを綿に埋まり胎回帰をぐる蝸牛雪が人にシチュー
命が動物を冷血とし血の牙一噛みで雪赤く染まれ母胎回帰を遠すぎる故生える野性混フも
の牙一噛みで雪たいナイフも穏や命が動物を噛みで雪チューを綿に埋まり胎回染まれ母胎
性混沌とその牙一噛みで雪たいナイフも穏や命が動物を冷血とし血の神畏春待つには遠す
ぎ人にシチューを綿に埋まみし物を冷そこえろと胎回帰をぐる蝸牛雪が降り積は我を憎あ
る野性混温かな安らぎ与え給え旅人にも穏くかせけだ血と芽生えりやかな気で居られ冬の
神畏縮性混沌とその牙一噛みで雪チューを綿に埋まり胎回帰をぐる蝸牛雪が人にシチュー
命が動物を冷血とし血の牙一噛みで雪赤く染まれ母胎回帰を遠すぎる故生える野性混フも
の牙一噛みで雪たいナイフも穏や命が動物を噛みで雪チューを綿に埋まり胎回染まれ母胎

145 :カナリエ=カリカチュア:2008/02/03(日) 20:40:20
 司郎も一度始めてしまうと、そのたまらない快感に止める事ができず、妹を屈服させるよりも自分の快楽を求めて激しく腰を振り続けた。
「やっ、はぅっ、あっ、ああんっ……はっ、あっ、やんっ……こ、こんなのぉ、あっ……いい、はぅっ……いいよぉっ……」
 妹はすでに兄の行為を否定するのを忘れたのか、頭を左右に振って髪を振り乱し、快感を受け入れる言葉を吐いている。
 それに司郎が興奮しない訳がない。
 さらに腰の動きが早くなっていく。
「あっ、ああっ、はぁぅっ……おにぃ、ああっ……お兄ちゃん凄いよぉっ……あぅっ、あっ、やぁんっ……」
 腕を崩し、上半身で体を支えながら、腰だけを高く突き出し兄の動きに合わせる様に腰を振っている。
「やぁっ、はんっ、あっ、いやぁんっ……はぅっ、あっ、ああんっ……もっと、あっ……お兄ちゃんもっとぉっ……あぅっ、あっ、やんっ……もっとしてぇっ……あああんっ……」
 妹の自分を求める言葉。
 それが凄まじい快感を司郎にもたらした。
 射精感が急激に高まり、最後の動きとばかりに激しく腰を動かしていく。
「ああっ、あっ、あんっ……やぁぅっ、はぁっ、ああんっ……激し、ああっ……お兄ちゃん激しいよぉっ……あんっ、あんっ、ああんっ……そんなにされたら、
あっ……私イっちゃう、ああっ……私イっちゃうのぉっ……やんっ、あっ、ああっ……お兄ちゃぁんっ……あああああっ……!」
「うおおっ……真奈美っ、真奈美っ、真奈美ぃっ……!」
 妹の絶叫に合わせて精を放つ。
 凄まじい開放感と快楽が脳に襲い掛かる。
 まるで連射する銃の劇鉄であるかの様に、体を激しく前後に揺らし、そのたびにドピュッ、ドピュッ、と精液が妹の膣に注がれていく。
 最後の射精を終えると体の力が抜け、そのまま妹の背中に身を横たえた。
 妹も膝を折り、二人は布団の上に重なる様に倒れこむ。
 耳元で妹の荒い息が聞こえる。
(やっぱり……気持ちいいなぁ……)
 妹を襲ってから忘れることのできなかったセックスの味。
 まさか再び妹とするとは思わなかった。
(真奈美が悪いんだよ……)
 興奮が冷めると、また罪悪感が押し寄せる。
(俺だって悪いと思ってたのに……あんな風にするから……)
 だが今回は「自分は妹にいやがらせを受けたから仕方なくしたのだ」という逃げがあった。
(そうだよ……だからこれは正当な行為だ……俺の復讐なんだからな……)
 ゆっくりと起き上がる。
(だから……もっとしていいんだ……まだ俺の怒りは治まっていないんだから……)
 本当は、怒りよりも肉欲が治まっていないのだ。

146 :カナリエ=カリカチュア:2008/02/03(日) 20:44:21
          カナリエ
            ↓

          .,..-'''''"゙゙゙゙゙゙゙゙゙''''- 、
    . . -''´;;;;;;;;           `'''-、    コクッゴクッ
   .,,ー.;.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:.   ...-'''''''''l、゙`., 
 ,,i´";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: : : : : : .:.._,,..v.‘ゝ..、
 l;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: :       :υ      . `i     
.l;;;;;....;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;..;;;;;;;::: : :          .:!::::'゙;: !.^) 
il.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;..;__;;;;;:;:;;;;.;;...:: : : : : : : : :      //""'''''''---,,,,,,______ ;;;;--
.|;;';;;;;υ;;;;;;;;;/lニ'-、:::::::::;:;;;;;;::::: : : : :      : /;/  υ  ・  υ""""::::::::成谷君、もっとくれ給え。もっともっともっとだ。
.l.;;;;;;;;;;;;;;;;.l丶::゛,!:ili.._:::;:;;;;;;;;;;:.::::::: : : : : : : ::!υ\:::::::::::υ.........  〜  〜
゙lli;;;;;;;;;;;;;;;;ゝミ;;-:: `″;.'!   ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...´: : : ゙υ ) ̄"""---,,;;;;;::::::::::
 .゙!i_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;~'T'ー-;;;..;;;.;;;;;;;;;;..;;;;;..............;   ;;;;      /  ̄ ̄  〜    \
  ゙゙k.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...;...;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/    /  〜   :    υ ::::::::丶
   `!l、;;;;;;;';;;;;;;;;...υ;;;;;;;;;;;;;;;;..;......'-、,;;;;;;;;;;;;;;;;;./     `、  υ  ::    〜  :::::|
     .゙'!ii;い;.;;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;....;;;;~''.;;;'''γ         ヽ 〜   ..::: 〜 〜  ::::::/
     i'゙ ゙̄''- 、;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.!         `i、__;;;;;;:::/\  :::::::/
     !;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'-、.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; /    


          カナリエ
            ↓

          .,..-'''''"゙゙゙゙゙゙゙゙゙''''- 、
    . . -''´;;;;;;;;           `'''-、    コクッゴクッ
   .,,ー.;.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:.   ...-'''''''''l、゙`., 
 ,,i´";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: : : : : : .:.._,,..v.‘ゝ..、
 l;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: :       :υ      . `i     
.l;;;;;....;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;..;;;;;;;::: : :          .:!::::'゙;: !.^) 
il.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;..;__;;;;;:;:;;;;.;;...:: : : : : : : : :      //""'''''''---,,,,,,______ ;;;;--
.|;;';;;;;υ;;;;;;;;;/lニ'-、:::::::::;:;;;;;;::::: : : : :      : /;/  υ  ・  υ""""::::::::成谷君、もっとくれ給え。もっともっともっとだ。
.l.;;;;;;;;;;;;;;;;.l丶::゛,!:ili.._:::;:;;;;;;;;;;:.::::::: : : : : : : ::!υ\:::::::::::υ.........  〜  〜
゙lli;;;;;;;;;;;;;;;;ゝミ;;-:: `″;.'!   ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...´: : : ゙υ ) ̄"""---,,;;;;;::::::::::
 .゙!i_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;~'T'ー-;;;..;;;.;;;;;;;;;;..;;;;;..............;   ;;;;      /  ̄ ̄  〜    \
  ゙゙k.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...;...;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/    /  〜   :    υ ::::::::丶
   `!l、;;;;;;;';;;;;;;;;...υ;;;;;;;;;;;;;;;;..;......'-、,;;;;;;;;;;;;;;;;;./     `、  υ  ::    〜  :::::|
     .゙'!ii;い;.;;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;....;;;;~''.;;;'''γ         ヽ 〜   ..::: 〜 〜  ::::::/
     i'゙ ゙̄''- 、;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.!         `i、__;;;;;;:::/\  :::::::/
     !;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'-、.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; /    

147 :カナリエ=カリカチュア:2008/02/03(日) 20:45:26
          カナリエ
            ↓

          .,..-'''''"゙゙゙゙゙゙゙゙゙''''- 、
    . . -''´;;;;;;;;           `'''-、    コクッゴクッ
   .,,ー.;.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:.   ...-'''''''''l、゙`., 
 ,,i´";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: : : : : : .:.._,,..v.‘ゝ..、
 l;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: :       :υ      . `i     
.l;;;;;....;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;..;;;;;;;::: : :          .:!::::'゙;: !.^) 
il.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;..;__;;;;;:;:;;;;.;;...:: : : : : : : : :      //""'''''''---,,,,,,______ ;;;;--
.|;;';;;;;υ;;;;;;;;;/lニ'-、:::::::::;:;;;;;;::::: : : : :      : /;/  υ  ・  υ""""::::::::成谷君、もっとくれ給え。もっともっともっとだ。
.l.;;;;;;;;;;;;;;;;.l丶::゛,!:ili.._:::;:;;;;;;;;;;:.::::::: : : : : : : ::!υ\:::::::::::υ.........  〜  〜
゙lli;;;;;;;;;;;;;;;;ゝミ;;-:: `″;.'!   ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...´: : : ゙υ ) ̄"""---,,;;;;;::::::::::
 .゙!i_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;~'T'ー-;;;..;;;.;;;;;;;;;;..;;;;;..............;   ;;;;      /  ̄ ̄  〜    \
  ゙゙k.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...;...;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/    /  〜   :    υ ::::::::丶
   `!l、;;;;;;;';;;;;;;;;...υ;;;;;;;;;;;;;;;;..;......'-、,;;;;;;;;;;;;;;;;;./     `、  υ  ::    〜  :::::|
     .゙'!ii;い;.;;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;....;;;;~''.;;;'''γ         ヽ 〜   ..::: 〜 〜  ::::::/
     i'゙ ゙̄''- 、;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.!         `i、__;;;;;;:::/\  :::::::/
     !;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'-、.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; /    


          カナリエ
            ↓

          .,..-'''''"゙゙゙゙゙゙゙゙゙''''- 、
    . . -''´;;;;;;;;           `'''-、    コクッゴクッ
   .,,ー.;.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:.   ...-'''''''''l、゙`., 
 ,,i´";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: : : : : : .:.._,,..v.‘ゝ..、
 l;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: :       :υ      . `i     
.l;;;;;....;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;..;;;;;;;::: : :          .:!::::'゙;: !.^) 
il.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;..;__;;;;;:;:;;;;.;;...:: : : : : : : : :      //""'''''''---,,,,,,______ ;;;;--
.|;;';;;;;υ;;;;;;;;;/lニ'-、:::::::::;:;;;;;;::::: : : : :      : /;/  υ  ・  υ""""::::::::成谷君、もっとくれ給え。もっともっともっとだ。
.l.;;;;;;;;;;;;;;;;.l丶::゛,!:ili.._:::;:;;;;;;;;;;:.::::::: : : : : : : ::!υ\:::::::::::υ.........  〜  〜
゙lli;;;;;;;;;;;;;;;;ゝミ;;-:: `″;.'!   ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...´: : : ゙υ ) ̄"""---,,;;;;;::::::::::
 .゙!i_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;~'T'ー-;;;..;;;.;;;;;;;;;;..;;;;;..............;   ;;;;      /  ̄ ̄  〜    \
  ゙゙k.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...;...;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/    /  〜   :    υ ::::::::丶
   `!l、;;;;;;;';;;;;;;;;...υ;;;;;;;;;;;;;;;;..;......'-、,;;;;;;;;;;;;;;;;;./     `、  υ  ::    〜  :::::|
     .゙'!ii;い;.;;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;....;;;;~''.;;;'''γ         ヽ 〜   ..::: 〜 〜  ::::::/
     i'゙ ゙̄''- 、;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.!         `i、__;;;;;;:::/\  :::::::/
     !;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'-、.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; /    

148 :名無しちゃん…電波届いた?:2008/02/03(日) 21:15:01
霊障かよ

149 :カナリエ=カリカチュア:2008/02/03(日) 23:39:15
あまみちおのころえるれてけくきけくこそせあさするれめままさけせしくすえろもくまな
このほふへてつちのむこくけせさせれるぬねなそはへろるえいりちにみけこけさけこもこ
あまみちおのころえるれてけくきけくこそせあさするれめままさけせしくすえろもくまな
このほふへてつちのむこくけせさせれるぬねなそはへろるえいりちにみけこけさけこもこ
あまみちおのころえるれてけくきけくこそせあさするれめままさけせしくすえろもくまな
このほふへてつちのむこくけせさせれるぬねなそはへろるえいりちにみけこけさけこもこ
あまみちおのころえるれてけくきけくこそせあさするれめままさけせしくすえろもくまな
このほふへてつちのむこくけせさせれるぬねなそはへろるえいりちにみけこけさけこもこ
あまみちおのころえるれてけくきけくこそせあさするれめままさけせしくすえろもくまな
このほふへてつちのむこくけせさせれるぬねなそはへろるえいりちにみけこけさけこもこ
あまみちおのころえるれてけくきけくこそせあさするれめままさけせしくすえろもくまな
このほふへてつちのむこくけせさせれるぬねなそはへろるえいりちにみけこけさけこもこ
あまみちおのころえるれてけくきけくこそせあさするれめままさけせしくすえろもくまな
このほふへてつちのむこくけせさせれるぬねなそはへろるえいりちにみけこけさけこもこ
あまみちおのころえるれてけくきけくこそせあさするれめままさけせしくすえろもくまな
このほふへてつちのむこくけせさせれるぬねなそはへろるえいりちにみけこけさけこもこ
あまみちおのころえるれてけくきけくこそせあさするれめままさけせしくすえろもくまな
このほふへてつちのむこくけせさせれるぬねなそはへろるえいりちにみけこけさけこもこ
あまみちおのころえるれてけくきけくこそせあさするれめままさけせしくすえろもくまな
このほふへてつちのむこくけせさせれるぬねなそはへろるえいりちにみけこけさけこもこ
あまみちおのころえるれてけくきけくこそせあさするれめままさけせしくすえろもくまな
このほふへてつちのむこくけせさせれるぬねなそはへろるえいりちにみけこけさけこもこ
あまみちおのころえるれてけくきけくこそせあさするれめままさけせしくすえろもくまな
このほふへてつちのむこくけせさせれるぬねなそはへろるえいりちにみけこけさけこもこ

150 :カナリエ=カリカチュア:2008/02/03(日) 23:41:45
ころえるれてけくきけくこそせあさするれめままさけせしくすえろもくまなこのほふへて
つちのむこくけせさせれるぬねなそはへろるえいりちにみけこけさけこもこあまみちおの
こださせうおこのめむださかけよゆのめのろせすばべむこそらおうくぬえうとのもけかじ
すえでるとこぞぜせそすさだまかけるげごのぼばなねぬれとよべらとつくのむませいこの
ちなつくるえれてうえこけあせしぬろりらざばかつくすえるとこさあおそのものもうちな
ちこちうこのもめもせそすえるろんうえうるらさこれけここのもそえおろこのもこいふと
ねめませすあえれろこむめのこうおこそえおろもえあじくえとつためもくそつたれとよま
こねこようのもよいじにとろえあまめまもこくえろよぬなえねんめれろそすくおはくとへ
ころえるれてけくきけくこそせあさするれめままさけせしくすえろもくまなこのほふへて
つちのむこくけせさせれるぬねなそはへろるえいりちにみけこけさけこもこあまみちおの
こださせうおこのめむださかけよゆのめのろせすばべむこそらおうくぬえうとのもけかじ
すえでるとこぞぜせそすさだまかけるげごのぼばなねぬれとよべらとつくのむませいこの
ちなつくるえれてうえこけあせしぬろりらざばかつくすえるとこさあおそのものもうちな
ちこちうこのもめもせそすえるろんうえうるらさこれけここのもそえおろこのもこいふと
ねめませすあえれろこむめのこうおこそえおろもえあじくえとつためもくそつたれとよま
こねこようのもよいじにとろえあまめまもこくえろよぬなえねんめれろそすくおはくとへ
ころえるれてけくきけくこそせあさするれめままさけせしくすえろもくまなこのほふへて
つちのむこくけせさせれるぬねなそはへろるえいりちにみけこけさけこもこあまみちおの
こださせうおこのめむださかけよゆのめのろせすばべむこそらおうくぬえうとのもけかじ
すえでるとこぞぜせそすさだまかけるげごのぼばなねぬれとよべらとつくのむませいこの
ちなつくるえれてうえこけあせしぬろりらざばかつくすえるとこさあおそのものもうちな
ちこちうこのもめもせそすえるろんうえうるらさこれけここのもそえおろこのもこいふと
ねめませすあえれろこむめのこうおこそえおろもえあじくえとつためもくそつたれとよま
こねこようのもよいじにとろえあまめまもこくえろよぬなえねんめれろそすくおはくとへ

151 :カナリエ=カリカチュア:2008/02/03(日) 23:48:37
と、その時、私の視界に張り付いた彼の人の瞑目した顔は相変はらず私に正面を向けて音ならざる声を唸り上げながら何やら不気味にさへ見える微笑をちらりと浮かべ忽然とその大口を開けたのであった。
それにしても死は物全てに平等に訪れるが、さて、例へば視点を変へて速度をベクトルvで表した
の時間Δtの極限値、つまり、零――ねえ、君、この数式は考えやうによっては物凄く《死》を記号で観念化した代物だと思はないかい? 
へっ――と看做すと《死者》はベクトルΔxといふ∞の速度で動いてゐると看做せるじゃないか。
主体が《観測者》といふ《世界=外=存在》とハイデガー風に看做せば物理学とはそもそも《死》の学問じゃないかい? 
ふっ。
さて、そこで《死》も物理法則に従ふならば《死者》はアインシュタインの相対論から此の世のものは《死》も含めて光速度を超へられないとすると《死者》は光速度で動いてゐることになる。
……不図思ったのだが∞とは光の光速度の事で《死》の異名なのかもしれない……。
そして、へっ、光が美しいものならば《死》もまた美しいものに違ひない。
ふっ、私ももう直ぐ光といふ美しい《死》へ旅立つがね、へっ。
ちぇっ、まあ、私のことはそれとして、速度を時間で微分すると加速度が出現するが、この私の論法で行くと加速度とは差し詰め《霊魂》の動きを表現したものに違ひない。
その時、私の視界に張り付いた彼の人の《魂》も
と音ならざる声を唸り上げながら彼方此方に彷徨してゐたに違ひない。
《死》の学問たる物理学が此の世を巧く表してゐるならば私の視界に張り付いた私と全く赤の他人の彼の人が蛍の如く私の視界内で渦巻きながら明滅してゐたのは物理学的に見て正鵠を射てゐたのだ。
つまり、《死者》とその《魂》は《光》に変化(へんげ)した何物かなのだ。
つまり、光が電磁波の一種なのだから《死者》とその《魂》は各人固有の波長をもった電磁波の一種なのかもしれない……。
まあ、それはそれとして、天地左右の知れぬ何処の方角に向って私の視界に張り付いた彼の人は向かってゐたのかと考えると西方浄土といふ言葉があるから差し詰め《西方》へ向け出立したに違ひないのかもしれない……。
さて、重さあるものは相対論より決して光速度には至れないが、《死者》に変化したものは《重さ》から《解脱》して、さて、此の世の物理法則の束縛から逸脱してしまふ何物なのかなのだ。
其処で出会うのが多分無限大の∞なのだ。
私も直ぐに∞に出会へるぜ……へっ。

152 :カナリエ=カリカチュア:2008/02/03(日) 23:50:45
 グンっと力を取り戻した肉棒に励まされる様に、司郎は妹の体をあお向けにした。
 妹はまだボンヤリとした表情を浮かべ、何をされているのか分からない様だ。
 トロンとした目つきと、少し開いた唇から見える小さな舌がたまらない。
 興奮を抑えきれずのしかかると、桜色の可憐な唇に吸い付いていく。
 舌を押し込み、妹の小さな舌を見つけると絡め、吸い上げる。
 すると驚いたことに妹が自ら求めてくるではないか。
「んんっ、んっ、んんっ……」
 顔を左右に動かし、妹の頭を抱える様にしながらしばらくそうして唇を擦り合わせ、舌を絡めていく。
(ああ……キスって気持ちいいんだなぁ……あ、俺、これがファーストキスじゃん……真奈美としちゃったよ……)
 唇と舌から押し寄せる快感に頭をボーっとさせながら、妹とキスをしているという背徳的な行為に興奮が高まる。
 薄く目を開けると、上気した妹の顔が見え、その幼いながらも女を感じさせる表情に肉棒が激しくいきり立った。
 唇を離し体を起こすと、両脚をガバッと開いて肉棒を押し込む。
「あぅんっ……!」
 妹の体がピクンッと震える。
 服を押し上げると、つつましい膨らみをあらわにし、揉みながら腰を動かし始める。
「あっ、ああっ、あああんっ……おにぃ、あっ……まだ、はぅっ……してるの? ああっ……」
 ボンヤリとした声で妹が尋ねてくる。
「そうだっ……俺はっ……してるぞっ……」
 腰を動かしながら答える。
「もう、ああんっ……止めてよね、はぅっ……私達は、ああっ……兄妹なんだよ、ああんっ……」
「だけどっ……お前も気持ちいいだろっ?……こんな気持ちのいいことっ……兄妹だからってっ……しないの勿体なくないかっ……?」
「私は、ああっ……別に、あっ……気持ち良くなんか、あぅっ……ない、はぁんっ……」
「嘘つけっ……こんなにっ……気持ち良さそうな声上げてっ……」
 腰を強く動かす。
「やぁんっ、あっ、はふぅっ……違う、あっ……違うもん、やっ……これは、あぅっ……違うのぉっ……」
 言葉で否定しても、隠しきれない快楽の声が認めてしまっている。
「まあっ……違うんでもいいさっ……俺はするからなっ……お前が嫌がろうがっ……絶対してやるっ……」
「お父さんたちに、あっ……言うよ、ああんっ……帰ってきたら、やんっ……言いつけて、あぅんっ……やるぅっ……」
「いくらでも言いつけろよっ……お前が父さんたちに言ってっ……家族が不幸になってもっ……それはお前のせいだからなっ……俺のせいじゃないっ……」
「なっ……」

153 :カナリエ=カリカチュア:2008/02/03(日) 23:53:56
闇 靡き
血 靡き
ひこばゆる
脊髄白髪菩薩らよ



富澤赤黄男は「切株」の句を連続させた。
たとえば《切株やじいんじいんと ひびくなり》。
句に喩がなく、言葉だけが意味の外に自立して
呪文のような名句だと学生時代、賛嘆した記憶があるが、
鈴木清順の映画『春婦伝』のラストをみて
木村威夫の配した「切株地獄」が
樹の成長可能性をスパッと断ち切った
「時間停止性」「無時間性」を表現しているとおもった。
それで「無時間性」が「じいんじいん」で擬音されると考えた。

「ひこばえ」は切株の断面や倒木樹皮から
新たに植物が生えそめるさまを謂う。
死を母胎にした再生=ルネサンス。
それだけでも「不気味」なのだが、
高原はさらに、「脊髄白髪菩薩」という異様な漢字連鎖により
ひこばえてくるものの「異形」、同時に「かそけさ」を示す。
「時間停止」を打ち破るものは自身、怪物性の烙印が捺されるが、
それよりもその正体がもっと幽体的だと嘯く趣。
その「幽玄」に当該句の一、二行が「からまる」。

《闇靡き(5)/血靡きひこばゆる(9)/脊髄白髪菩薩らよ(13)》の
上中下・三分節構造として僕は読んだ。
「13音」の異様さ・鬼気はいうまでもない。



この旅
恐ろし
うみは うみ噛み
そらは そら噛み



重信俳句中、《この河/おそろし/あまりやさしく/流れゆき》が
高原の念頭にあったとおもうが、
換骨奪胎して「恐ろし」が文字どおりの恐怖を喚起した。
整合的解釈を施せば、
悪天候をおしての海岸地方への旅行詠ともとられよう。
自己再帰的に用いられる動詞「噛む」が
それ自体の荒々しい流動を暗喩しているという考えだ。
だがそう考えれば、「自己再帰性」そのものが自身を蚕食する
存在消滅=恐怖の領域にあるという発見も付帯してゆくはず。
僕は重信句《虹/処刑台》は
虹自身を虹が処刑している錯視を導く、と前言した。
高原も同じ考えなのではないか。

154 :酸処理を伴わないカナリエ精製 ◆groMilKs4. :2008/02/08(金) 06:16:51
カスタマーサービスの頭は鰐だ

頭が360°回っている
遠心力で脳が揺さ振られているぞ
口から糸のような血が出て風に舞っている
蜘蛛膜が綿飴になっているに違いないから100円入れておくか

155 :酸処理を伴わないカナリエ精製 ◆groMilKs4. :2008/02/08(金) 19:28:21
その頃宇宙飛行士は酸素が無くなる前に狂死し
今もその死体は秒速5cmのスピードで地球から遠ざかっているのであった

156 :酸処理を伴わないカナリエ精製:2008/02/08(金) 23:31:39
          カナリエ
            ↓

          .,..-'''''"゙゙゙゙゙゙゙゙゙''''- 、
    . . -''´;;;;;;;;           `'''-、    コクッゴクッ
   .,,ー.;.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:.   ...-'''''''''l、゙`., 
 ,,i´";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: : : : : : .:.._,,..v.‘ゝ..、
 l;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: :       :υ      . `i     
.l;;;;;....;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;..;;;;;;;::: : :          .:!::::'゙;: !.^) 
il.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;..;__;;;;;:;:;;;;.;;...:: : : : : : : : :      //""'''''''---,,,,,,______ ;;;;--
.|;;';;;;;υ;;;;;;;;;/lニ'-、:::::::::;:;;;;;;::::: : : : :      : /;/  υ  ・  υ""""::::::::成谷君、もっとくれ給え。もっともっともっとだ。
.l.;;;;;;;;;;;;;;;;.l丶::゛,!:ili.._:::;:;;;;;;;;;;:.::::::: : : : : : : ::!υ\:::::::::::υ.........  〜  〜
゙lli;;;;;;;;;;;;;;;;ゝミ;;-:: `″;.'!   ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...´: : : ゙υ ) ̄"""---,,;;;;;::::::::::
 .゙!i_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;~'T'ー-;;;..;;;.;;;;;;;;;;..;;;;;..............;   ;;;;      /  ̄ ̄  〜    \
  ゙゙k.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...;...;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/    /  〜   :    υ ::::::::丶
   `!l、;;;;;;;';;;;;;;;;...υ;;;;;;;;;;;;;;;;..;......'-、,;;;;;;;;;;;;;;;;;./     `、  υ  ::    〜  :::::|
     .゙'!ii;い;.;;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;....;;;;~''.;;;'''γ         ヽ 〜   ..::: 〜 〜  ::::::/
     i'゙ ゙̄''- 、;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.!         `i、__;;;;;;:::/\  :::::::/
     !;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'-、.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; /    


          カナリエ
            ↓

          .,..-'''''"゙゙゙゙゙゙゙゙゙''''- 、
    . . -''´;;;;;;;;           `'''-、    コクッゴクッ
   .,,ー.;.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:.   ...-'''''''''l、゙`., 
 ,,i´";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: : : : : : .:.._,,..v.‘ゝ..、
 l;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: :       :υ      . `i     
.l;;;;;....;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;..;;;;;;;::: : :          .:!::::'゙;: !.^) 
il.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;..;__;;;;;:;:;;;;.;;...:: : : : : : : : :      //""'''''''---,,,,,,______ ;;;;--
.|;;';;;;;υ;;;;;;;;;/lニ'-、:::::::::;:;;;;;;::::: : : : :      : /;/  υ  ・  υ""""::::::::成谷君、もっとくれ給え。もっともっともっとだ。
.l.;;;;;;;;;;;;;;;;.l丶::゛,!:ili.._:::;:;;;;;;;;;;:.::::::: : : : : : : ::!υ\:::::::::::υ.........  〜  〜
゙lli;;;;;;;;;;;;;;;;ゝミ;;-:: `″;.'!   ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...´: : : ゙υ ) ̄"""---,,;;;;;::::::::::
 .゙!i_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;~'T'ー-;;;..;;;.;;;;;;;;;;..;;;;;..............;   ;;;;      /  ̄ ̄  〜    \
  ゙゙k.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...;...;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/    /  〜   :    υ ::::::::丶
   `!l、;;;;;;;';;;;;;;;;...υ;;;;;;;;;;;;;;;;..;......'-、,;;;;;;;;;;;;;;;;;./     `、  υ  ::    〜  :::::|
     .゙'!ii;い;.;;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;....;;;;~''.;;;'''γ         ヽ 〜   ..::: 〜 〜  ::::::/
     i'゙ ゙̄''- 、;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.!         `i、__;;;;;;:::/\  :::::::/
     !;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'-、.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; /    

157 :酸処理を伴わないカナリエ精製:2008/02/09(土) 01:20:46
と、その時、私の視界に張り付いた彼の人の瞑目した顔は相変はらず私に正面を向けて音ならざる声を唸り上げながら何やら不気味にさへ見える微笑をちらりと浮かべ忽然とその大口を開けたのであった。
それにしても死は物全てに平等に訪れるが、さて、例へば視点を変へて速度をベクトルvで表した
の時間Δtの極限値、つまり、零――ねえ、君、この数式は考えやうによっては物凄く《死》を記号で観念化した代物だと思はないかい? 
へっ――と看做すと《死者》はベクトルΔxといふ∞の速度で動いてゐると看做せるじゃないか。
主体が《観測者》といふ《世界=外=存在》とハイデガー風に看做せば物理学とはそもそも《死》の学問じゃないかい? 
ふっ。
さて、そこで《死》も物理法則に従ふならば《死者》はアインシュタインの相対論から此の世のものは《死》も含めて光速度を超へられないとすると《死者》は光速度で動いてゐることになる。
……不図思ったのだが∞とは光の光速度の事で《死》の異名なのかもしれない……。
そして、へっ、光が美しいものならば《死》もまた美しいものに違ひない。
ふっ、私ももう直ぐ光といふ美しい《死》へ旅立つがね、へっ。
ちぇっ、まあ、私のことはそれとして、速度を時間で微分すると加速度が出現するが、この私の論法で行くと加速度とは差し詰め《霊魂》の動きを表現したものに違ひない。
その時、私の視界に張り付いた彼の人の《魂》も
と音ならざる声を唸り上げながら彼方此方に彷徨してゐたに違ひない。
《死》の学問たる物理学が此の世を巧く表してゐるならば私の視界に張り付いた私と全く赤の他人の彼の人が蛍の如く私の視界内で渦巻きながら明滅してゐたのは物理学的に見て正鵠を射てゐたのだ。
つまり、《死者》とその《魂》は《光》に変化(へんげ)した何物かなのだ。
つまり、光が電磁波の一種なのだから《死者》とその《魂》は各人固有の波長をもった電磁波の一種なのかもしれない……。
まあ、それはそれとして、天地左右の知れぬ何処の方角に向って私の視界に張り付いた彼の人は向かってゐたのかと考えると西方浄土といふ言葉があるから差し詰め《西方》へ向け出立したに違ひないのかもしれない……。
さて、重さあるものは相対論より決して光速度には至れないが、《死者》に変化したものは《重さ》から《解脱》して、さて、此の世の物理法則の束縛から逸脱してしまふ何物なのかなのだ。
其処で出会うのが多分無限大の∞なのだ。
私も直ぐに∞に出会へるぜ……へっ。

158 :酸処理を伴わないカナリエ精製:2008/02/09(土) 01:22:23
妹は驚いているようだ。
 それはそうだろう。
 両親に知られる事を恐れていたのは司郎なのだ。
 それを防ぐために妹の言う事に従っていたくらいなのだから。
 だがそれは冷静な時の司郎である。
 肉欲に脳を侵されている現在の司郎には、妹とセックスする事だけが大事だったのだ。
「俺はするっ……お前とするぞっ……こんな気持ちのいいことっ……止められるかぁっ……」
 激しく腰を突き込む。
「あぅっ、あっ、やぁんっ……駄目、あっ……駄目だよぉっ……やんっ、あぅっ、はぁんっ……」
「お前だってっ……気持ちいいんだろっ?……俺としたいんだろっ?……もっと正直になれよっ……」
 乳房をギュッと掴み、乳首をクリクリと動かす。
「いやっ……したく、ああっ……したくない、はぅっ……お兄ちゃんとなんか、はぁっ……したく、あああんっ……」
 押し返す様に腕を伸ばすが、すぐに力が抜けて布団の上に落ちる。
 見るからに気持ち良さそうなのだが、どうしても受け入れようとしない妹に苦笑する。
(頑固なヤツだなぁ……まあ、いいさ……嫌なら嫌で、無理やりするまでだ……)
 本当は、自分を受け入れ、求めてもらいたい思いもあったが、嫌がる妹と強引にするのもそれはそれで興奮するのだ。
「ほらほらっ……これでどうだっ?……これでも気持ち良くないって言うかぁっ……?」
 腰を高速に動かし、叩きつける様に肉棒を押し込む。
「やんっ、やっ、はぁんっ……こ、こんなの、ああんっ……全然、やぁんっ……気持ち良く、はふっ……ない、あああんっ……」
 いつまで経っても認めようとしない妹が、司郎は何やら可愛く思えてきた。
「ははっ……真奈美ってっ……可愛いなっ……こんな可愛い妹を持ってっ……俺は幸せだっ……」
「何言って、あんっ、あぅっ、いやぁんっ……」
 妹は顔を真っ赤にしながら顔を背ける。
 それがますます可愛く思え、司郎はさらに激しく腰を動かしていく。
「やんっ、あっ、やぁっ……激し、あんっ……激しいよぉ、ああっ……あんっ、あんっ、あああんっ……」
 快感が体を動かしたのか、いつの間にか妹の脚が腰に絡みついている。
「こんな脚絡めてっ……気持ちいいんだろっ?……どうなんだっ……?」
「ちが、やんっ……違うもん、はぅっ……これは脚が勝手に、ああんっ……お兄ちゃんが、やっ……あんまり激しくするから、ああっ……勝手にぃっ……」
 そう言いながら、妹の腕が背中に回されてくる。
 これも勝手に動いているのだろうか。
「ははっ……真奈美は可愛いっ……最高だっ……」

159 :酸処理を伴わないカナリエ精製:2008/02/09(土) 01:23:43
さけきふとるでさへるろなねぬさけだざへほふのめむまだおかけくこばべのめたつあおで
がごこよゆどでえつれるのもせすばべむこそすえでるとこぞぜせそすさだまかけるとのも
けかじがげごのぼばなねぬれらかけこぼどだせそうとうたてられるろのもかけでださすお
さけきふとるでさへるろなねぬさけだざへほふのめむまだおかけくこばべのめたつあおで
がごこよゆどでえつれるのもせすばべむこそすえでるとこぞぜせそすさだまかけるとのも
けかじがげごのぼばなねぬれらかけこぼどだせそうとうたてられるろのもかけでださすお
さけきふとるでさへるろなねぬさけだざへほふのめむまだおかけくこばべのめたつあおで
がごこよゆどでえつれるのもせすばべむこそすえでるとこぞぜせそすさだまかけるとのも
けかじがげごのぼばなねぬれらかけこぼどだせそうとうたてられるろのもかけでださすお
さけきふとるでさへるろなねぬさけだざへほふのめむまだおかけくこばべのめたつあおで
がごこよゆどでえつれるのもせすばべむこそすえでるとこぞぜせそすさだまかけるとのも
けかじがげごのぼばなねぬれらかけこぼどだせそうとうたてられるろのもかけでださすお
さけきふとるでさへるろなねぬさけだざへほふのめむまだおかけくこばべのめたつあおで
がごこよゆどでえつれるのもせすばべむこそすえでるとこぞぜせそすさだまかけるとのも
けかじがげごのぼばなねぬれらかけこぼどだせそうとうたてられるろのもかけでださすお
さけきふとるでさへるろなねぬさけだざへほふのめむまだおかけくこばべのめたつあおで
がごこよゆどでえつれるのもせすばべむこそすえでるとこぞぜせそすさだまかけるとのも
けかじがげごのぼばなねぬれらかけこぼどだせそうとうたてられるろのもかけでださすお
さけきふとるでさへるろなねぬさけだざへほふのめむまだおかけくこばべのめたつあおで
がごこよゆどでえつれるのもせすばべむこそすえでるとこぞぜせそすさだまかけるとのも
けかじがげごのぼばなねぬれらかけこぼどだせそうとうたてられるろのもかけでださすお
さけきふとるでさへるろなねぬさけだざへほふのめむまだおかけくこばべのめたつあおで
がごこよゆどでえつれるのもせすばべむこそすえでるとこぞぜせそすさだまかけるとのも
けかじがげごのぼばなねぬれらかけこぼどだせそうとうたてられるろのもかけでださすお
さけきふとるでさへるろなねぬさけだざへほふのめむまだおかけくこばべのめたつあおで
がごこよゆどでえつれるのもせすばべむこそすえでるとこぞぜせそすさだまかけるとのも
けかじがげごのぼばなねぬれらかけこぼどだせそうとうたてられるろのもかけでださすお
さけきふとるでさへるろなねぬさけだざへほふのめむまだおかけくこばべのめたつあおで
がごこよゆどでえつれるのもせすばべむこそすえでるとこぞぜせそすさだまかけるとのも

160 :酸処理を伴わないカナリエ精製:2008/02/09(土) 01:24:33
          カナリエ
            ↓

          .,..-'''''"゙゙゙゙゙゙゙゙゙''''- 、
    . . -''´;;;;;;;;           `'''-、    コクッゴクッ
   .,,ー.;.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:.   ...-'''''''''l、゙`., 
 ,,i´";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: : : : : : .:.._,,..v.‘ゝ..、
 l;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: :       :υ      . `i     
.l;;;;;....;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;..;;;;;;;::: : :          .:!::::'゙;: !.^) 
il.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;..;__;;;;;:;:;;;;.;;...:: : : : : : : : :      //""'''''''---,,,,,,______ ;;;;--
.|;;';;;;;υ;;;;;;;;;/lニ'-、:::::::::;:;;;;;;::::: : : : :      : /;/  υ  ・  υ""""::::::::成谷君、もっとくれ給え。もっともっともっとだ。
.l.;;;;;;;;;;;;;;;;.l丶::゛,!:ili.._:::;:;;;;;;;;;;:.::::::: : : : : : : ::!υ\:::::::::::υ.........  〜  〜
゙lli;;;;;;;;;;;;;;;;ゝミ;;-:: `″;.'!   ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...´: : : ゙υ ) ̄"""---,,;;;;;::::::::::
 .゙!i_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;~'T'ー-;;;..;;;.;;;;;;;;;;..;;;;;..............;   ;;;;      /  ̄ ̄  〜    \
  ゙゙k.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...;...;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/    /  〜   :    υ ::::::::丶
   `!l、;;;;;;;';;;;;;;;;...υ;;;;;;;;;;;;;;;;..;......'-、,;;;;;;;;;;;;;;;;;./     `、  υ  ::    〜  :::::|
     .゙'!ii;い;.;;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;....;;;;~''.;;;'''γ         ヽ 〜   ..::: 〜 〜  ::::::/
     i'゙ ゙̄''- 、;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.!         `i、__;;;;;;:::/\  :::::::/
     !;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'-、.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; /    


          カナリエ
            ↓

          .,..-'''''"゙゙゙゙゙゙゙゙゙''''- 、
    . . -''´;;;;;;;;           `'''-、    コクッゴクッ
   .,,ー.;.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:.   ...-'''''''''l、゙`., 
 ,,i´";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: : : : : : .:.._,,..v.‘ゝ..、
 l;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: :       :υ      . `i     
.l;;;;;....;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;..;;;;;;;::: : :          .:!::::'゙;: !.^) 
il.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;..;__;;;;;:;:;;;;.;;...:: : : : : : : : :      //""'''''''---,,,,,,______ ;;;;--
.|;;';;;;;υ;;;;;;;;;/lニ'-、:::::::::;:;;;;;;::::: : : : :      : /;/  υ  ・  υ""""::::::::成谷君、もっとくれ給え。もっともっともっとだ。
.l.;;;;;;;;;;;;;;;;.l丶::゛,!:ili.._:::;:;;;;;;;;;;:.::::::: : : : : : : ::!υ\:::::::::::υ.........  〜  〜
゙lli;;;;;;;;;;;;;;;;ゝミ;;-:: `″;.'!   ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...´: : : ゙υ ) ̄"""---,,;;;;;::::::::::
 .゙!i_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;~'T'ー-;;;..;;;.;;;;;;;;;;..;;;;;..............;   ;;;;      /  ̄ ̄  〜    \
  ゙゙k.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...;...;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/    /  〜   :    υ ::::::::丶
   `!l、;;;;;;;';;;;;;;;;...υ;;;;;;;;;;;;;;;;..;......'-、,;;;;;;;;;;;;;;;;;./     `、  υ  ::    〜  :::::|
     .゙'!ii;い;.;;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;....;;;;~''.;;;'''γ         ヽ 〜   ..::: 〜 〜  ::::::/
     i'゙ ゙̄''- 、;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.!         `i、__;;;;;;:::/\  :::::::/
     !;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'-、.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; /    

161 :酸処理を伴わないカナリエ精製:2008/02/09(土) 01:25:17
闇 靡き
血 靡き
ひこばゆる
脊髄白髪菩薩らよ



富澤赤黄男は「切株」の句を連続させた。
たとえば《切株やじいんじいんと ひびくなり》。
句に喩がなく、言葉だけが意味の外に自立して
呪文のような名句だと学生時代、賛嘆した記憶があるが、
鈴木清順の映画『春婦伝』のラストをみて
木村威夫の配した「切株地獄」が
樹の成長可能性をスパッと断ち切った
「時間停止性」「無時間性」を表現しているとおもった。
それで「無時間性」が「じいんじいん」で擬音されると考えた。

「ひこばえ」は切株の断面や倒木樹皮から
新たに植物が生えそめるさまを謂う。
死を母胎にした再生=ルネサンス。
それだけでも「不気味」なのだが、
高原はさらに、「脊髄白髪菩薩」という異様な漢字連鎖により
ひこばえてくるものの「異形」、同時に「かそけさ」を示す。
「時間停止」を打ち破るものは自身、怪物性の烙印が捺されるが、
それよりもその正体がもっと幽体的だと嘯く趣。
その「幽玄」に当該句の一、二行が「からまる」。

《闇靡き(5)/血靡きひこばゆる(9)/脊髄白髪菩薩らよ(13)》の
上中下・三分節構造として僕は読んだ。
「13音」の異様さ・鬼気はいうまでもない。



この旅
恐ろし
うみは うみ噛み
そらは そら噛み



重信俳句中、《この河/おそろし/あまりやさしく/流れゆき》が
高原の念頭にあったとおもうが、
換骨奪胎して「恐ろし」が文字どおりの恐怖を喚起した。
整合的解釈を施せば、
悪天候をおしての海岸地方への旅行詠ともとられよう。
自己再帰的に用いられる動詞「噛む」が
それ自体の荒々しい流動を暗喩しているという考えだ。
だがそう考えれば、「自己再帰性」そのものが自身を蚕食する
存在消滅=恐怖の領域にあるという発見も付帯してゆくはず。
僕は重信句《虹/処刑台》は
虹自身を虹が処刑している錯視を導く、と前言した。
高原も同じ考えなのではないか。

162 :酸処理を伴わないカナリエ精製:2008/02/11(月) 01:35:51
司郎の興奮は最高潮に達した。
 妹は嫌がりながらも自分を求めている。
 肉体が勝手にやっているのか、内心本当に求めているのかは分からないが、そんな事はどちらでも良かった。
 自分は今、妹が可愛くて仕方がないのだから。
「真奈美ぃっ……真奈美ぃっ……」
 妹の名前を呼びながら小さな唇に吸い付き、腰を激しく動かす。
「んっ、んんっ、んんっ……」
 すると妹が司郎の体をギュッと抱き寄せ、舌を激しく吸引してきた。
 心はともかく、肉体が司郎を求めているのは確かな様だ。
「んっ、んんっ……ぷはぁっ、あぅっ、あっ、やぁんっ……」
 唇を離して体を起こすと、名残惜しそうにこちらを見上げる妹のせつなげな顔が見えた。
 その事に興奮が高まった司郎は、最後とばかりに腰を激しく動かしていく。
「やっ、はっ、ああんっ……おにぃ、あっ……お兄ちゃん、ああっ……お兄ちゃん凄いよぉっ……やんっ、あぅっ、はぁんっ……こんな、あんっ……こんなのぉっ……
あっ、あっ、ああっ……私、あんっ……もう駄目ぇ、やっ……イっちゃう、はぅっ……イっちゃうのぉ、やぁんっ……イっちゃうぅっ……あああああんっ……!」
「真奈美ぃっ……!」
 兄妹の絶叫が重なる。
 凄まじい勢いで精液が肉棒から膣内に注がれていく。
 ガクガクと体を前後に揺り動かしながら、いつまでも続く射精の快感に浸る。
 ビクビクと最後の放出を終えた肉棒を引き抜くと、司郎は妹の体に倒れこんだ。
 はぁはぁと兄妹の荒い呼吸が部屋に響く。
(またしちまった……)
 行為が終わると罪悪感が押し寄せる。
 だがそれ以上にもっとしたいという思いも湧き起こっていた。
 妹の様子を見ると、顔を上気させ、満足した様な表情をしている。
「気持ち良かったか……?」
 司郎の問いに、妹はピクッと体を震わせると顔を背けた。
「いいわけないでしょっ!……無理やりしてっ……!」
 以前した時は泣いていたのに、今度は平気そうな感じなのでホッとする。
 やはり自分も気持ち良かったのが効いているのか、それとも慣れなのか、何にせよこの程度ならこれからし続けても大丈夫だろう。
 妹が悲観的になったら辛いが、怒っているというのはある意味元気である証拠だ。
「嘘つけぇ……あんなに可愛い声あげといて、気持ち良くない訳ないだろぅ……なぁ、またしようよぉ……いいだろぉ……」
「な、何言ってるのっ……駄目に決まってるでしょっ……」
 体を起こして逃げる様にする妹を抱きしめ、乳房をギュッと掴む。
「あっ……」
 妹はそれだけで体を震わせている。
「ははっ……感じやすいんだな……」
「ち、違うっ……違うもんっ……」
 顔を真っ赤にしながら否定している。
「まあ、いいさ……嫌がる真奈美は可愛いからな……」
 そう言って乳首に吸い付くと、舌でレロレロと転がす。
「あっ、ああっ、やんっ……駄目っ、お兄ちゃ、あんっ……もう止めてぇっ……」
「なぁに言ってるんだよぉ……こんなに気持ちのいいこと、止められる訳ないだろぉ……それに真奈美の体って、凄く綺麗でたまらないんだ……俺、お前に夢中なんだよぉ……」
 小さな胸の膨らみに顔を擦り付ける。
「ば、馬鹿っ……何言ってるのっ……」
 妹は手で頭を離そうとする。
「いくら嫌がってもするからなぁ……これから毎日毎日……絶対してやるぅ……」
 そう言いながら秘所に手を伸ばして擦り上げる。

163 :酸処理を伴わないカナリエ精製:2008/02/11(月) 01:36:52
さけきふとるでさへるろなねぬさけだざへほふのめむまだおかけくこばべのめたつあおで
がごこよゆどでえつれるのもせすばべむこそすえでるとこぞぜせそすさだまかけるとのも
けかじがげごのぼばなねぬれらかけこぼどだせそうとうたてられるろのもかけでださすお
さけきふとるでさへるろなねぬさけだざへほふのめむまだおかけくこばべのめたつあおで
がごこよゆどでえつれるのもせすばべむこそすえでるとこぞぜせそすさだまかけるとのも
けかじがげごのぼばなねぬれらかけこぼどだせそうとうたてられるろのもかけでださすお
さけきふとるでさへるろなねぬさけだざへほふのめむまだおかけくこばべのめたつあおで
がごこよゆどでえつれるのもせすばべむこそすえでるとこぞぜせそすさだまかけるとのも
けかじがげごのぼばなねぬれらかけこぼどだせそうとうたてられるろのもかけでださすお
さけきふとるでさへるろなねぬさけだざへほふのめむまだおかけくこばべのめたつあおで
がごこよゆどでえつれるのもせすばべむこそすえでるとこぞぜせそすさだまかけるとのも
けかじがげごのぼばなねぬれらかけこぼどだせそうとうたてられるろのもかけでださすお
さけきふとるでさへるろなねぬさけだざへほふのめむまだおかけくこばべのめたつあおで
がごこよゆどでえつれるのもせすばべむこそすえでるとこぞぜせそすさだまかけるとのも
けかじがげごのぼばなねぬれらかけこぼどだせそうとうたてられるろのもかけでださすお
さけきふとるでさへるろなねぬさけだざへほふのめむまだおかけくこばべのめたつあおで
がごこよゆどでえつれるのもせすばべむこそすえでるとこぞぜせそすさだまかけるとのも
けかじがげごのぼばなねぬれらかけこぼどだせそうとうたてられるろのもかけでださすお
さけきふとるでさへるろなねぬさけだざへほふのめむまだおかけくこばべのめたつあおで
がごこよゆどでえつれるのもせすばべむこそすえでるとこぞぜせそすさだまかけるとのも
けかじがげごのぼばなねぬれらかけこぼどだせそうとうたてられるろのもかけでださすお
さけきふとるでさへるろなねぬさけだざへほふのめむまだおかけくこばべのめたつあおで
がごこよゆどでえつれるのもせすばべむこそすえでるとこぞぜせそすさだまかけるとのも
けかじがげごのぼばなねぬれらかけこぼどだせそうとうたてられるろのもかけでださすお
さけきふとるでさへるろなねぬさけだざへほふのめむまだおかけくこばべのめたつあおで
がごこよゆどでえつれるのもせすばべむこそすえでるとこぞぜせそすさだまかけるとのも
けかじがげごのぼばなねぬれらかけこぼどだせそうとうたてられるろのもかけでださすお
さけきふとるでさへるろなねぬさけだざへほふのめむまだおかけくこばべのめたつあおで
がごこよゆどでえつれるのもせすばべむこそすえでるとこぞぜせそすさだまかけるとのも

164 :酸処理を伴わないカナリエ精製:2008/02/11(月) 01:38:42
          カナリエ
            ↓

          .,..-'''''"゙゙゙゙゙゙゙゙゙''''- 、
    . . -''´;;;;;;;;           `'''-、    コクッゴクッ
   .,,ー.;.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:.   ...-'''''''''l、゙`., 
 ,,i´";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: : : : : : .:.._,,..v.‘ゝ..、
 l;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: :       :υ      . `i     
.l;;;;;....;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;..;;;;;;;::: : :          .:!::::'゙;: !.^) 
il.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;..;__;;;;;:;:;;;;.;;...:: : : : : : : : :      //""'''''''---,,,,,,______ ;;;;--
.|;;';;;;;υ;;;;;;;;;/lニ'-、:::::::::;:;;;;;;::::: : : : :      : /;/  υ  ・  υ""""::::::::成谷君、もっとくれ給え。もっともっともっとだ。
.l.;;;;;;;;;;;;;;;;.l丶::゛,!:ili.._:::;:;;;;;;;;;;:.::::::: : : : : : : ::!υ\:::::::::::υ.........  〜  〜
゙lli;;;;;;;;;;;;;;;;ゝミ;;-:: `″;.'!   ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...´: : : ゙υ ) ̄"""---,,;;;;;::::::::::
 .゙!i_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;~'T'ー-;;;..;;;.;;;;;;;;;;..;;;;;..............;   ;;;;      /  ̄ ̄  〜    \
  ゙゙k.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...;...;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/    /  〜   :    υ ::::::::丶
   `!l、;;;;;;;';;;;;;;;;...υ;;;;;;;;;;;;;;;;..;......'-、,;;;;;;;;;;;;;;;;;./     `、  υ  ::    〜  :::::|
     .゙'!ii;い;.;;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;....;;;;~''.;;;'''γ         ヽ 〜   ..::: 〜 〜  ::::::/
     i'゙ ゙̄''- 、;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.!         `i、__;;;;;;:::/\  :::::::/
     !;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'-、.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; /    


          カナリエ
            ↓

          .,..-'''''"゙゙゙゙゙゙゙゙゙''''- 、
    . . -''´;;;;;;;;           `'''-、    コクッゴクッ
   .,,ー.;.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:.   ...-'''''''''l、゙`., 
 ,,i´";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: : : : : : .:.._,,..v.‘ゝ..、
 l;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: :       :υ      . `i     
.l;;;;;....;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;..;;;;;;;::: : :          .:!::::'゙;: !.^) 
il.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;..;__;;;;;:;:;;;;.;;...:: : : : : : : : :      //""'''''''---,,,,,,______ ;;;;--
.|;;';;;;;υ;;;;;;;;;/lニ'-、:::::::::;:;;;;;;::::: : : : :      : /;/  υ  ・  υ""""::::::::成谷君、もっとくれ給え。もっともっともっとだ。
.l.;;;;;;;;;;;;;;;;.l丶::゛,!:ili.._:::;:;;;;;;;;;;:.::::::: : : : : : : ::!υ\:::::::::::υ.........  〜  〜
゙lli;;;;;;;;;;;;;;;;ゝミ;;-:: `″;.'!   ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...´: : : ゙υ ) ̄"""---,,;;;;;::::::::::
 .゙!i_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;~'T'ー-;;;..;;;.;;;;;;;;;;..;;;;;..............;   ;;;;      /  ̄ ̄  〜    \
  ゙゙k.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...;...;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/    /  〜   :    υ ::::::::丶
   `!l、;;;;;;;';;;;;;;;;...υ;;;;;;;;;;;;;;;;..;......'-、,;;;;;;;;;;;;;;;;;./     `、  υ  ::    〜  :::::|
     .゙'!ii;い;.;;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;....;;;;~''.;;;'''γ         ヽ 〜   ..::: 〜 〜  ::::::/
     i'゙ ゙̄''- 、;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.!         `i、__;;;;;;:::/\  :::::::/
     !;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'-、.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; /    

165 :酸処理を伴わないカナリエ精製:2008/02/11(月) 01:40:59
さけきふとるでさへるろなねぬさけだざへほふのめむまだおかけくこばべのめたつあおで
がごこよゆどでえつれるのもせすばべむこそすえでるとこぞぜせそすさだまかけるとのも
けかじがげごのぼばなねぬれらかけこぼどだせそうとうたてられるろのもかけでださすお
さけきふとるでさへるろなねぬさけだざへほふのめむまだおかけくこばべのめたつあおで
がごこよゆどでえつれるのもせすばべむこそすえでるとこぞぜせそすさだまかけるとのも
けかじがげごのぼばなねぬれらかけこぼどだせそうとうたてられるろのもかけでださすお
さけきふとるでさへるろなねぬさけだざへほふのめむまだおかけくこばべのめたつあおで
がごこよゆどでえつれるのもせすばべむこそすえでるとこぞぜせそすさだまかけるとのも
けかじがげごのぼばなねぬれらかけこぼどだせそうとうたてられるろのもかけでださすお
さけきふとるでさへるろなねぬさけだざへほふのめむまだおかけくこばべのめたつあおで
がごこよゆどでえつれるのもせすばべむこそすえでるとこぞぜせそすさだまかけるとのも
けかじがげごのぼばなねぬれらかけこぼどだせそうとうたてられるろのもかけでださすお
さけきふとるでさへるろなねぬさけだざへほふのめむまだおかけくこばべのめたつあおで
がごこよゆどでえつれるのもせすばべむこそすえでるとこぞぜせそすさだまかけるとのも
けかじがげごのぼばなねぬれらかけこぼどだせそうとうたてられるろのもかけでださすお
さけきふとるでさへるろなねぬさけだざへほふのめむまだおかけくこばべのめたつあおで
がごこよゆどでえつれるのもせすばべむこそすえでるとこぞぜせそすさだまかけるとのも
けかじがげごのぼばなねぬれらかけこぼどだせそうとうたてられるろのもかけでださすお
さけきふとるでさへるろなねぬさけだざへほふのめむまだおかけくこばべのめたつあおで
がごこよゆどでえつれるのもせすばべむこそすえでるとこぞぜせそすさだまかけるとのも
けかじがげごのぼばなねぬれらかけこぼどだせそうとうたてられるろのもかけでださすお
さけきふとるでさへるろなねぬさけだざへほふのめむまだおかけくこばべのめたつあおで
がごこよゆどでえつれるのもせすばべむこそすえでるとこぞぜせそすさだまかけるとのも
けかじがげごのぼばなねぬれらかけこぼどだせそうとうたてられるろのもかけでださすお
さけきふとるでさへるろなねぬさけだざへほふのめむまだおかけくこばべのめたつあおで
がごこよゆどでえつれるのもせすばべむこそすえでるとこぞぜせそすさだまかけるとのも
けかじがげごのぼばなねぬれらかけこぼどだせそうとうたてられるろのもかけでださすお
さけきふとるでさへるろなねぬさけだざへほふのめむまだおかけくこばべのめたつあおで
がごこよゆどでえつれるのもせすばべむこそすえでるとこぞぜせそすさだまかけるとのも

166 :酸処理を伴わないカナリエ精製:2008/02/11(月) 01:41:45
          カナリエ
            ↓

          .,..-'''''"゙゙゙゙゙゙゙゙゙''''- 、
    . . -''´;;;;;;;;           `'''-、    コクッゴクッ
   .,,ー.;.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:.   ...-'''''''''l、゙`., 
 ,,i´";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: : : : : : .:.._,,..v.‘ゝ..、
 l;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: :       :υ      . `i     
.l;;;;;....;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;..;;;;;;;::: : :          .:!::::'゙;: !.^) 
il.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;..;__;;;;;:;:;;;;.;;...:: : : : : : : : :      //""'''''''---,,,,,,______ ;;;;--
.|;;';;;;;υ;;;;;;;;;/lニ'-、:::::::::;:;;;;;;::::: : : : :      : /;/  υ  ・  υ""""::::::::成谷君、もっとくれ給え。もっともっともっとだ。
.l.;;;;;;;;;;;;;;;;.l丶::゛,!:ili.._:::;:;;;;;;;;;;:.::::::: : : : : : : ::!υ\:::::::::::υ.........  〜  〜
゙lli;;;;;;;;;;;;;;;;ゝミ;;-:: `″;.'!   ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...´: : : ゙υ ) ̄"""---,,;;;;;::::::::::
 .゙!i_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;~'T'ー-;;;..;;;.;;;;;;;;;;..;;;;;..............;   ;;;;      /  ̄ ̄  〜    \
  ゙゙k.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...;...;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/    /  〜   :    υ ::::::::丶
   `!l、;;;;;;;';;;;;;;;;...υ;;;;;;;;;;;;;;;;..;......'-、,;;;;;;;;;;;;;;;;;./     `、  υ  ::    〜  :::::|
     .゙'!ii;い;.;;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;....;;;;~''.;;;'''γ         ヽ 〜   ..::: 〜 〜  ::::::/
     i'゙ ゙̄''- 、;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.!         `i、__;;;;;;:::/\  :::::::/
     !;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'-、.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; /    


          カナリエ
            ↓

          .,..-'''''"゙゙゙゙゙゙゙゙゙''''- 、
    . . -''´;;;;;;;;           `'''-、    コクッゴクッ
   .,,ー.;.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:.   ...-'''''''''l、゙`., 
 ,,i´";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: : : : : : .:.._,,..v.‘ゝ..、
 l;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: :       :υ      . `i     
.l;;;;;....;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;..;;;;;;;::: : :          .:!::::'゙;: !.^) 
il.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;..;__;;;;;:;:;;;;.;;...:: : : : : : : : :      //""'''''''---,,,,,,______ ;;;;--
.|;;';;;;;υ;;;;;;;;;/lニ'-、:::::::::;:;;;;;;::::: : : : :      : /;/  υ  ・  υ""""::::::::成谷君、もっとくれ給え。もっともっともっとだ。
.l.;;;;;;;;;;;;;;;;.l丶::゛,!:ili.._:::;:;;;;;;;;;;:.::::::: : : : : : : ::!υ\:::::::::::υ.........  〜  〜
゙lli;;;;;;;;;;;;;;;;ゝミ;;-:: `″;.'!   ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...´: : : ゙υ ) ̄"""---,,;;;;;::::::::::
 .゙!i_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;~'T'ー-;;;..;;;.;;;;;;;;;;..;;;;;..............;   ;;;;      /  ̄ ̄  〜    \
  ゙゙k.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...;...;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/    /  〜   :    υ ::::::::丶
   `!l、;;;;;;;';;;;;;;;;...υ;;;;;;;;;;;;;;;;..;......'-、,;;;;;;;;;;;;;;;;;./     `、  υ  ::    〜  :::::|
     .゙'!ii;い;.;;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;....;;;;~''.;;;'''γ         ヽ 〜   ..::: 〜 〜  ::::::/
     i'゙ ゙̄''- 、;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.!         `i、__;;;;;;:::/\  :::::::/
     !;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'-、.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; /    

167 :酸処理を伴わないカナリエ精製 ◆groMilKs4. :2008/02/11(月) 06:17:19
朝焼けに焼かれる朝が来る
逆光は彼を黒くする
一枚の写真の切り取りと似て
それは影が皮膚に張り付いており
もう二度と剥がす事は出来ない
彼は炭になってしまった
一瞬で燃える事もなく焼かれて
太陽は怖い生き物だ

168 :酸処理を伴わないカナリエ精製 ◆groMilKs4. :2008/02/11(月) 06:23:25
またある所では灰色の雲から熔けた鉛の雨が降る
人々は皆顔を覆い前屈みに避難するも
衣服は雨に焼かれ穴が開き皮膚を点々と焦がす
ようやく雨宿りをするも倒れ果て背中に重度の火傷を負っている
鉛はそのまま冷え固まり付着する
町中には鉛像になってしまった人が居る
倒れて鉛溜に浸かり煙を立てるまでもなく鉛の雨は降り注ぐ
異常気象は怖い

169 :酸処理を伴わないカナリエ精製 ◆groMilKs4. :2008/02/11(月) 06:25:53
最近生きたまま焼かれる事を想像する
炎に犯され壊されるよりも
ZIPPOライターの芯のように炎を纏えたら綺麗だろうね

170 :酸処理を伴わないカナリエ精製 ◆groMilKs4. :2008/02/11(月) 06:26:53
そんな事を考えている間にも
宇宙飛行士の死体は秒速5cmで地球から遠ざかっている

171 :酸処理を伴わないカナリエ精製:2008/02/12(火) 00:04:55
「ああんっ……だ、駄目ぇっ……やんっ……毎日なんて駄目だよぉっ……」
 司郎は、頭を仰け反らせて叫ぶ妹を抱きしめながら、再び肉棒を押し込んでいった。
 たまらない快感が肉体を包む。
「あぅんっ……駄目、止めてぇっ……」
 押し返そうとしてくる妹に逆らって、ピッタリと体をくっつける。
「お前だって……ホントはしたいんだろ……?」
 腰を動かし始めながら耳元で囁く。
「あんっ、やっ、はぁんっ……したくないよ、やぁっ……」
 首筋に舌を這わす。
「あっ、あっ、ああんっ……だ、駄目だよぉ、やっ……こんな、あんっ……こんなのぉ、やぁんっ……」
「いいじゃないかっ……俺は真奈美が大好きだぞっ……」
「あんっ、あんっ、あああんっ……私はお兄ちゃんなんか、はぅっ……大っ嫌い、ああんっ……なんだからぁっ……」
「こんなに気持ちのいいことっ……してもらってるくせにっ……何言ってるんだよっ……俺はいい兄貴だろがっ……」
 腰を強く叩きつける。
「気持ち良くなんか、あふっ……気持ち良くなんかぁ、ああんっ……気持ちぃ、やんっ……気持ちいいよぉっ……」
 否定しようとしてできなくなっている妹に苦笑する。
「やんっ、やっ、ひゃぁんっ……すご、あっ……凄い、あんっ……凄いよぉっ……」
 妹は言葉で否定しようが、結局は自分を受け入れている。
 自分と同じで肉体の快楽には逆らえないのだ。
 だったらそれで構わないではないか。
 これからも嫌がる妹を犯していこう。
 そんな強姦の興奮が司郎を高めていった。
「あっ、あっ、ああんっ……やぅっ、やっ、やぁんっ……おにぃ、あっ……おにぃちゃ、ああっ……おにぃちゃぁんっ……」
 激しく擦れ合う肉と肉が快感を呼び起こしていく。
(こんな気持ちのいいこと……止められるもんか……)
 目の前で乱れる妹の姿が視覚的に刺激を与えてくる。
「あふっ、あっ、ああんっ……駄目、あんっ……駄目だよぉっ……やっ、やぁっ、やぁんっ……もうイく、
あっ……もうイくのぉ、ああっ……イっちゃうぅっ……ああああんっ……!」 
「真奈美ぃっ……!」
 妹の絶頂に合わせて精を放つ。
 ドクドクドクと先を争う様に精液が放出されていくのを感じながら、司郎はたまらない快感に浸っていた。
(これから毎日できるんだ……真奈美と毎日……俺ってスゲェ幸せだぁ……)
 幸福感を感じながら、射精を終えた司郎は、力を抜くと愛おしい妹の肉体に倒れこんでいくのだった。

172 :酸処理を伴わないカナリエ精製:2008/02/12(火) 00:06:16
太陽は怖い生き物だ
宇宙飛行士の死体は秒速5cmで地球から遠ざかっている
太陽は怖い生き物だ
宇宙飛行士の死体は秒速5cmで地球から遠ざかっている
太陽は怖い生き物だ
宇宙飛行士の死体は秒速5cmで地球から遠ざかっている
太陽は怖い生き物だ
宇宙飛行士の死体は秒速5cmで地球から遠ざかっている
太陽は怖い生き物だ
宇宙飛行士の死体は秒速5cmで地球から遠ざかっている
太陽は怖い生き物だ
宇宙飛行士の死体は秒速5cmで地球から遠ざかっている
太陽は怖い生き物だ
宇宙飛行士の死体は秒速5cmで地球から遠ざかっている
太陽は怖い生き物だ
宇宙飛行士の死体は秒速5cmで地球から遠ざかっている
太陽は怖い生き物だ
宇宙飛行士の死体は秒速5cmで地球から遠ざかっている
太陽は怖い生き物だ
宇宙飛行士の死体は秒速5cmで地球から遠ざかっている
太陽は怖い生き物だ
宇宙飛行士の死体は秒速5cmで地球から遠ざかっている
太陽は怖い生き物だ
宇宙飛行士の死体は秒速5cmで地球から遠ざかっている
太陽は怖い生き物だ
宇宙飛行士の死体は秒速5cmで地球から遠ざかっている
太陽は怖い生き物だ
宇宙飛行士の死体は秒速5cmで地球から遠ざかっている
太陽は怖い生き物だ
宇宙飛行士の死体は秒速5cmで地球から遠ざかっている

173 :酸処理を伴わないカナリエ精製:2008/02/12(火) 00:07:24
さけきふとるでさへるろなねぬさけだざへほふのめむまだおかけくこばべのめたつあおで
がごこよゆどでえつれるのもせすばべむこそすえでるとこぞぜせそすさだまかけるとのも
けかじがげごのぼばなねぬれらかけこぼどだせそうとうたてられるろのもかけでださすお
さけきふとるでさへるろなねぬさけだざへほふのめむまだおかけくこばべのめたつあおで
がごこよゆどでえつれるのもせすばべむこそすえでるとこぞぜせそすさだまかけるとのも
けかじがげごのぼばなねぬれらかけこぼどだせそうとうたてられるろのもかけでださすお
さけきふとるでさへるろなねぬさけだざへほふのめむまだおかけくこばべのめたつあおで
がごこよゆどでえつれるのもせすばべむこそすえでるとこぞぜせそすさだまかけるとのも
けかじがげごのぼばなねぬれらかけこぼどだせそうとうたてられるろのもかけでださすお
さけきふとるでさへるろなねぬさけだざへほふのめむまだおかけくこばべのめたつあおで
がごこよゆどでえつれるのもせすばべむこそすえでるとこぞぜせそすさだまかけるとのも
けかじがげごのぼばなねぬれらかけこぼどだせそうとうたてられるろのもかけでださすお
さけきふとるでさへるろなねぬさけだざへほふのめむまだおかけくこばべのめたつあおで
がごこよゆどでえつれるのもせすばべむこそすえでるとこぞぜせそすさだまかけるとのも
けかじがげごのぼばなねぬれらかけこぼどだせそうとうたてられるろのもかけでださすお
さけきふとるでさへるろなねぬさけだざへほふのめむまだおかけくこばべのめたつあおで
がごこよゆどでえつれるのもせすばべむこそすえでるとこぞぜせそすさだまかけるとのも
けかじがげごのぼばなねぬれらかけこぼどだせそうとうたてられるろのもかけでださすお
さけきふとるでさへるろなねぬさけだざへほふのめむまだおかけくこばべのめたつあおで
がごこよゆどでえつれるのもせすばべむこそすえでるとこぞぜせそすさだまかけるとのも
けかじがげごのぼばなねぬれらかけこぼどだせそうとうたてられるろのもかけでださすお
さけきふとるでさへるろなねぬさけだざへほふのめむまだおかけくこばべのめたつあおで
がごこよゆどでえつれるのもせすばべむこそすえでるとこぞぜせそすさだまかけるとのも
けかじがげごのぼばなねぬれらかけこぼどだせそうとうたてられるろのもかけでださすお
さけきふとるでさへるろなねぬさけだざへほふのめむまだおかけくこばべのめたつあおで
がごこよゆどでえつれるのもせすばべむこそすえでるとこぞぜせそすさだまかけるとのも
けかじがげごのぼばなねぬれらかけこぼどだせそうとうたてられるろのもかけでださすお
さけきふとるでさへるろなねぬさけだざへほふのめむまだおかけくこばべのめたつあおで
がごこよゆどでえつれるのもせすばべむこそすえでるとこぞぜせそすさだまかけるとのも

174 :酸処理を伴わないカナリエ精製:2008/02/12(火) 00:08:23
          カナリエ
            ↓

          .,..-'''''"゙゙゙゙゙゙゙゙゙''''- 、
    . . -''´;;;;;;;;           `'''-、    コクッゴクッ
   .,,ー.;.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:.   ...-'''''''''l、゙`., 
 ,,i´";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: : : : : : .:.._,,..v.‘ゝ..、
 l;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: :       :υ      . `i     
.l;;;;;....;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;..;;;;;;;::: : :          .:!::::'゙;: !.^) 
il.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;..;__;;;;;:;:;;;;.;;...:: : : : : : : : :      //""'''''''---,,,,,,______ ;;;;--
.|;;';;;;;υ;;;;;;;;;/lニ'-、:::::::::;:;;;;;;::::: : : : :      : /;/  υ  ・  υ""""::::::::成谷君、もっとくれ給え。もっともっともっとだ。
.l.;;;;;;;;;;;;;;;;.l丶::゛,!:ili.._:::;:;;;;;;;;;;:.::::::: : : : : : : ::!υ\:::::::::::υ.........  〜  〜
゙lli;;;;;;;;;;;;;;;;ゝミ;;-:: `″;.'!   ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...´: : : ゙υ ) ̄"""---,,;;;;;::::::::::
 .゙!i_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;~'T'ー-;;;..;;;.;;;;;;;;;;..;;;;;..............;   ;;;;      /  ̄ ̄  〜    \
  ゙゙k.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...;...;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/    /  〜   :    υ ::::::::丶
   `!l、;;;;;;;';;;;;;;;;...υ;;;;;;;;;;;;;;;;..;......'-、,;;;;;;;;;;;;;;;;;./     `、  υ  ::    〜  :::::|
     .゙'!ii;い;.;;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;....;;;;~''.;;;'''γ         ヽ 〜   ..::: 〜 〜  ::::::/
     i'゙ ゙̄''- 、;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.!         `i、__;;;;;;:::/\  :::::::/
     !;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'-、.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; /    


          カナリエ
            ↓

          .,..-'''''"゙゙゙゙゙゙゙゙゙''''- 、
    . . -''´;;;;;;;;           `'''-、    コクッゴクッ
   .,,ー.;.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:.   ...-'''''''''l、゙`., 
 ,,i´";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: : : : : : .:.._,,..v.‘ゝ..、
 l;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: :       :υ      . `i     
.l;;;;;....;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;..;;;;;;;::: : :          .:!::::'゙;: !.^) 
il.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;..;__;;;;;:;:;;;;.;;...:: : : : : : : : :      //""'''''''---,,,,,,______ ;;;;--
.|;;';;;;;υ;;;;;;;;;/lニ'-、:::::::::;:;;;;;;::::: : : : :      : /;/  υ  ・  υ""""::::::::成谷君、もっとくれ給え。もっともっともっとだ。
.l.;;;;;;;;;;;;;;;;.l丶::゛,!:ili.._:::;:;;;;;;;;;;:.::::::: : : : : : : ::!υ\:::::::::::υ.........  〜  〜
゙lli;;;;;;;;;;;;;;;;ゝミ;;-:: `″;.'!   ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...´: : : ゙υ ) ̄"""---,,;;;;;::::::::::
 .゙!i_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;~'T'ー-;;;..;;;.;;;;;;;;;;..;;;;;..............;   ;;;;      /  ̄ ̄  〜    \
  ゙゙k.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...;...;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/    /  〜   :    υ ::::::::丶
   `!l、;;;;;;;';;;;;;;;;...υ;;;;;;;;;;;;;;;;..;......'-、,;;;;;;;;;;;;;;;;;./     `、  υ  ::    〜  :::::|
     .゙'!ii;い;.;;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;....;;;;~''.;;;'''γ         ヽ 〜   ..::: 〜 〜  ::::::/
     i'゙ ゙̄''- 、;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.!         `i、__;;;;;;:::/\  :::::::/
     !;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'-、.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; /    

175 :酸処理を伴わないカナリエ精製 ◆groMilKs4. :2008/02/13(水) 21:27:08
13階から飛び立つカラスは雀に啄ばまれる

176 :酸処理を伴わないカナリエ精製 ◆groMilKs4. :2008/02/13(水) 21:27:47
羽ばたく度に黒い羽が落ちるからだ

177 :゙`|',;_д゚∵ロ.:) ◆groMilKs4. :2008/02/22(金) 21:03:56
成谷君、出ておいで。

178 :゙`|',;_д゚∵ロ.:) ◆groMilKs4. :2008/02/22(金) 22:27:29
           / ̄ ̄⌒γ⌒ヾ
         / ________人   \
        ノ::/━━     ヽ    ヽ
        |/-=・=-  ━━  \/   i    この イージスの艦で
       /::::::ヽ―ヽ -=・=-_ ヽ   i
      |○/ 。  /:::::::::     /⌒)   君らの漁船を 沈めるぞ
      |::::人__人:::::○    ヽ )
      ヽ   __ \      /     あたごの 切れ味を
       \  | .::::/.|       /
        \ ヽ::::ノ丿      /      君らの体で 味わうがいい!
           _____-イ

179 :゙`|',;_д゚∵ロ.:) ◆groMilKs4. :2008/02/22(金) 23:01:58
心筋梗塞について

悪魔の手に心臓が握る潰され私は悪魔の手を焼き払うのです。
狭心症と言う部屋は、患者を酷く不安にさせる内装の病室。
指の感触一つ一つが違うのです、解りますでしょうか。
先日、久々に解剖画像を拝見させて頂きました。
横たわる二三の死体は裸でカートに乗せられ胸から腹まで開き、
肉の扉は薄く桃色をしておりました。
パラダイスはその中にあるのです、食欲の秘臓。
どれも艶があり軟らかそうで、では何故生身の心臓は硬いのでしょう。
心臓は締め付けられるように痛く、脈は力強く。
死人の緩んだだらしなさがまさに天国で微笑む天使。
心臓が痛い、心臓が痛い、お医者様にご連絡しましょう。

180 :゙`|',;_д゚∵ロ.:):2008/02/23(土) 17:09:50
鏡越しに見るとそこには別人が居ました。
目が違う、ある時には口が、鼻が、輪郭が。
悪意のある誰かの顔のパーツがへばり付いていました。
しかし直接顔を見るといつもの見慣れた顔です。
鏡越しに見るとそこには別人が居ました。
目が違う、ある時には口が、鼻が、輪郭が。
悪意のある誰かの顔のパーツがへばり付いていました。
しかし直接顔を見るといつもの見慣れた顔です。
鏡越しに見るとそこには別人が居ました。
目が違う、ある時には口が、鼻が、輪郭が。
悪意のある誰かの顔のパーツがへばり付いていました。
しかし直接顔を見るといつもの見慣れた顔です。
鏡越しに見るとそこには別人が居ました。
目が違う、ある時には口が、鼻が、輪郭が。
悪意のある誰かの顔のパーツがへばり付いていました。
しかし直接顔を見るといつもの見慣れた顔です。
鏡越しに見るとそこには別人が居ました。
目が違う、ある時には口が、鼻が、輪郭が。
悪意のある誰かの顔のパーツがへばり付いていました。
しかし直接顔を見るといつもの見慣れた顔です。
鏡越しに見るとそこには別人が居ました。
目が違う、ある時には口が、鼻が、輪郭が。
悪意のある誰かの顔のパーツがへばり付いていました。
しかし直接顔を見るといつもの見慣れた顔です。
鏡越しに見るとそこには別人が居ました。
目が違う、ある時には口が、鼻が、輪郭が。
悪意のある誰かの顔のパーツがへばり付いていました。
しかし直接顔を見るといつもの見慣れた顔です。
鏡越しに見るとそこには別人が居ました。
目が違う、ある時には口が、鼻が、輪郭が。
悪意のある誰かの顔のパーツがへばり付いていました。
しかし直接顔を見るといつもの見慣れた顔です。

181 :゙`|',;_д゚∵ロ.:):2008/02/23(土) 17:11:02
           / ̄ ̄⌒γ⌒ヾ
         / ________人   \
        ノ::/━━     ヽ    ヽ
        |/-=・=-  ━━  \/   i    この イージスの艦で
       /::::::ヽ―ヽ -=・=-_ ヽ   i
      |○/ 。  /:::::::::     /⌒)   君らの漁船を 沈めるぞ
      |::::人__人:::::○    ヽ )
      ヽ   __ \      /     あたごの 切れ味を
       \  | .::::/.|       /
        \ ヽ::::ノ丿      /      君らの体で 味わうがいい!
           _____-イ
           / ̄ ̄⌒γ⌒ヾ
         / ________人   \
        ノ::/━━     ヽ    ヽ
        |/-=・=-  ━━  \/   i    この イージスの艦で
       /::::::ヽ―ヽ -=・=-_ ヽ   i
      |○/ 。  /:::::::::     /⌒)   君らの漁船を 沈めるぞ
      |::::人__人:::::○    ヽ )
      ヽ   __ \      /     あたごの 切れ味を
       \  | .::::/.|       /
        \ ヽ::::ノ丿      /      君らの体で 味わうがいい!
           _____-イ
           / ̄ ̄⌒γ⌒ヾ
         / ________人   \
        ノ::/━━     ヽ    ヽ
        |/-=・=-  ━━  \/   i    この イージスの艦で
       /::::::ヽ―ヽ -=・=-_ ヽ   i
      |○/ 。  /:::::::::     /⌒)   君らの漁船を 沈めるぞ
      |::::人__人:::::○    ヽ )
      ヽ   __ \      /     あたごの 切れ味を
       \  | .::::/.|       /
        \ ヽ::::ノ丿      /      君らの体で 味わうがいい!
           _____-イ

182 :゙`|',;_д゚∵ロ.:) :2008/02/23(土) 21:16:36
                                        
                                        
                                        
                                        
                                        
                                        
                                        
                                        
                                        
                                        
                                        
                                        
                                        
                                        
                                        
                                        
                                        
                                        
                                        
                                        
                                        
                                        
                                        
                                        
                                        

183 :゙`|',;_д゚∵ロ.:):2008/02/23(土) 21:19:03
                                                            
                                                            
                                                            
                                                            
                                                            
                                                            
                                                            
                                                            
                                                            
                                                            
                                                            
                                                            
                                                            
                                                            
                                                            
                                                            
                                                            
                                                            
                                                            
                                                            
                                                            
                                                            
                                                            
                                                            
                                                            
                                                            
                                                            
                                                            
                                                            
                                                            

184 :゙`|',;_д゚∵ロ.:) :2008/02/23(土) 21:22:33
          カナリエ
            ↓

          .,..-'''''"゙゙゙゙゙゙゙゙゙''''- 、
    . . -''´;;;;;;;;           `'''-、    コクッゴクッ
   .,,ー.;.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:.   ...-'''''''''l、゙`., 
 ,,i´";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: : : : : : .:.._,,..v.‘ゝ..、
 l;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: :       :υ      . `i     
.l;;;;;....;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;..;;;;;;;::: : :          .:!::::'゙;: !.^) 
il.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;..;__;;;;;:;:;;;;.;;...:: : : : : : : : :      //""'''''''---,,,,,,______ ;;;;--
.|;;';;;;;υ;;;;;;;;;/lニ'-、:::::::::;:;;;;;;::::: : : : :      : /;/  υ  ・  υ""""::::::::成谷君、もっとくれ給え。もっともっともっとだ。
.l.;;;;;;;;;;;;;;;;.l丶::゛,!:ili.._:::;:;;;;;;;;;;:.::::::: : : : : : : ::!υ\:::::::::::υ.........  〜  〜
゙lli;;;;;;;;;;;;;;;;ゝミ;;-:: `″;.'!   ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...´: : : ゙υ ) ̄"""---,,;;;;;::::::::::
 .゙!i_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;~'T'ー-;;;..;;;.;;;;;;;;;;..;;;;;..............;   ;;;;      /  ̄ ̄  〜    \
  ゙゙k.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...;...;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/    /  〜   :    υ ::::::::丶
   `!l、;;;;;;;';;;;;;;;;...υ;;;;;;;;;;;;;;;;..;......'-、,;;;;;;;;;;;;;;;;;./     `、  υ  ::    〜  :::::|
     .゙'!ii;い;.;;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;....;;;;~''.;;;'''γ         ヽ 〜   ..::: 〜 〜  ::::::/
     i'゙ ゙̄''- 、;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.!         `i、__;;;;;;:::/\  :::::::/
     !;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'-、.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; /    


          カナリエ
            ↓

          .,..-'''''"゙゙゙゙゙゙゙゙゙''''- 、
    . . -''´;;;;;;;;           `'''-、    コクッゴクッ
   .,,ー.;.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:.   ...-'''''''''l、゙`., 
 ,,i´";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: : : : : : .:.._,,..v.‘ゝ..、
 l;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: :       :υ      . `i     
.l;;;;;....;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;..;;;;;;;::: : :          .:!::::'゙;: !.^) 
il.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;..;__;;;;;:;:;;;;.;;...:: : : : : : : : :      //""'''''''---,,,,,,______ ;;;;--
.|;;';;;;;υ;;;;;;;;;/lニ'-、:::::::::;:;;;;;;::::: : : : :      : /;/  υ  ・  υ""""::::::::成谷君、もっとくれ給え。もっともっともっとだ。
.l.;;;;;;;;;;;;;;;;.l丶::゛,!:ili.._:::;:;;;;;;;;;;:.::::::: : : : : : : ::!υ\:::::::::::υ.........  〜  〜
゙lli;;;;;;;;;;;;;;;;ゝミ;;-:: `″;.'!   ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...´: : : ゙υ ) ̄"""---,,;;;;;::::::::::
 .゙!i_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;~'T'ー-;;;..;;;.;;;;;;;;;;..;;;;;..............;   ;;;;      /  ̄ ̄  〜    \
  ゙゙k.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...;...;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/    /  〜   :    υ ::::::::丶
   `!l、;;;;;;;';;;;;;;;;...υ;;;;;;;;;;;;;;;;..;......'-、,;;;;;;;;;;;;;;;;;./     `、  υ  ::    〜  :::::|
     .゙'!ii;い;.;;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;....;;;;~''.;;;'''γ         ヽ 〜   ..::: 〜 〜  ::::::/
     i'゙ ゙̄''- 、;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.!         `i、__;;;;;;:::/\  :::::::/
     !;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'-、.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; /    

185 :酸処理を伴わないカナリエ精製:2008/02/23(土) 21:55:18
                                                            
                                                            
                                                            
                                                            
                                                            
                                                            
                                                            
                                                            
                                                            
                                                            
                                                            
                                                            
                                                            
                                                            
                                                            
                                                            
                                                            
                                                            
                                                            
                                                            
                                                            
                                                            
                                                            
                                                            
                                                            
                                                            
                                                            
                                                            
                                                            
                                                            

186 :゙`|',;_д゚∵ロ.:):2008/02/23(土) 21:55:59
                                                            
                                                            
                                                            
                                                            
                                                            
                                                            
                                                            
                                                            
                                                            
                                                            
                                                            
                                                            
                                                            
                                                            
                                                            
                                                            
                                                            
                                                            
                                                            
                                                            
                                                            
                                                            
                                                            
                                                            
                                                            
                                                            
                                                            
                                                            
                                                            
                                                            

187 :酸処理を伴わないカナリエ精製:2008/02/23(土) 21:56:50
                                                            
                                                            
                                                            
                                                            
                                                            
                                                            
                                                            
                                                            
                                                            
                                                            
                                                            
                                                            
                                                            
                                                            
                                                            
                                                            
                                                            
                                                            
                                                            
                                                            
                                                            
                                                            
                                                            
                                                            
                                                            
                                                            
                                                            
                                                            
                                                            
                                                            

188 :゙`|',;_д゚∵ロ.:):2008/02/23(土) 21:57:34
                                                            
                                                            
                                                            
                                                            
                                                            
                                                            
                                                            
                                                            
                                                            
                                                            
                                                            
                                                            
                                                            
                                                            
                                                            
                                                            
                                                            
                                                            
                                                            
                                                            
                                                            
                                                            
                                                            
                                                            
                                                            
                                                            
                                                            
                                                            
                                                            
                                                            

189 :゙`|',;_д゚∵ロ.:):2008/02/23(土) 21:58:06
          カナリエ
            ↓

          .,..-'''''"゙゙゙゙゙゙゙゙゙''''- 、
    . . -''´;;;;;;;;           `'''-、    コクッゴクッ
   .,,ー.;.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:.   ...-'''''''''l、゙`., 
 ,,i´";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: : : : : : .:.._,,..v.‘ゝ..、
 l;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: :       :υ      . `i     
.l;;;;;....;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;..;;;;;;;::: : :          .:!::::'゙;: !.^) 
il.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;..;__;;;;;:;:;;;;.;;...:: : : : : : : : :      //""'''''''---,,,,,,______ ;;;;--
.|;;';;;;;υ;;;;;;;;;/lニ'-、:::::::::;:;;;;;;::::: : : : :      : /;/  υ  ・  υ""""::::::::成谷君、もっとくれ給え。もっともっともっとだ。
.l.;;;;;;;;;;;;;;;;.l丶::゛,!:ili.._:::;:;;;;;;;;;;:.::::::: : : : : : : ::!υ\:::::::::::υ.........  〜  〜
゙lli;;;;;;;;;;;;;;;;ゝミ;;-:: `″;.'!   ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...´: : : ゙υ ) ̄"""---,,;;;;;::::::::::
 .゙!i_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;~'T'ー-;;;..;;;.;;;;;;;;;;..;;;;;..............;   ;;;;      /  ̄ ̄  〜    \
  ゙゙k.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...;...;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/    /  〜   :    υ ::::::::丶
   `!l、;;;;;;;';;;;;;;;;...υ;;;;;;;;;;;;;;;;..;......'-、,;;;;;;;;;;;;;;;;;./     `、  υ  ::    〜  :::::|
     .゙'!ii;い;.;;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;....;;;;~''.;;;'''γ         ヽ 〜   ..::: 〜 〜  ::::::/
     i'゙ ゙̄''- 、;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.!         `i、__;;;;;;:::/\  :::::::/
     !;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'-、.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; /    


          カナリエ
            ↓

          .,..-'''''"゙゙゙゙゙゙゙゙゙''''- 、
    . . -''´;;;;;;;;           `'''-、    コクッゴクッ
   .,,ー.;.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:.   ...-'''''''''l、゙`., 
 ,,i´";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: : : : : : .:.._,,..v.‘ゝ..、
 l;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: :       :υ      . `i     
.l;;;;;....;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;..;;;;;;;::: : :          .:!::::'゙;: !.^) 
il.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;..;__;;;;;:;:;;;;.;;...:: : : : : : : : :      //""'''''''---,,,,,,______ ;;;;--
.|;;';;;;;υ;;;;;;;;;/lニ'-、:::::::::;:;;;;;;::::: : : : :      : /;/  υ  ・  υ""""::::::::成谷君、もっとくれ給え。もっともっともっとだ。
.l.;;;;;;;;;;;;;;;;.l丶::゛,!:ili.._:::;:;;;;;;;;;;:.::::::: : : : : : : ::!υ\:::::::::::υ.........  〜  〜
゙lli;;;;;;;;;;;;;;;;ゝミ;;-:: `″;.'!   ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...´: : : ゙υ ) ̄"""---,,;;;;;::::::::::
 .゙!i_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;~'T'ー-;;;..;;;.;;;;;;;;;;..;;;;;..............;   ;;;;      /  ̄ ̄  〜    \
  ゙゙k.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...;...;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/    /  〜   :    υ ::::::::丶
   `!l、;;;;;;;';;;;;;;;;...υ;;;;;;;;;;;;;;;;..;......'-、,;;;;;;;;;;;;;;;;;./     `、  υ  ::    〜  :::::|
     .゙'!ii;い;.;;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;....;;;;~''.;;;'''γ         ヽ 〜   ..::: 〜 〜  ::::::/
     i'゙ ゙̄''- 、;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.!         `i、__;;;;;;:::/\  :::::::/
     !;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'-、.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; /    

190 :゙`|',;_д゚∵ロ.:) ◆groMilKs4. :2008/02/25(月) 19:26:50
最近軽井沢の並木道に猿がぶら下がってるそうです。
人間の3歳児くらいの大きさの猿が首を括られ枝から吊されているのです。
木一本に猿一匹、そんな軽井沢の並木道が今話題だそうです。
驚く事にその猿達はみんな人間の顔をした人面猿なのです。

191 :゙`|',;_д゚∵ロ.:) ◆groMilKs4. :2008/02/25(月) 19:28:42
もし雪が解剖死体だったらどうなるのでしょう。

天気予報は解剖死体、お母様は「今朝は一段と冷えますわね」とおっしゃり、
子供はベッドから跳び起きると走って窓の外を確認するのです、一面の解剖死体。

ある北国でのお話としましょう、道や庭や畑やそこら中に幾重にも解剖死体が積み重なり、
また木の枝に引っ掛かり、車の上に、屋根の上に、屋上に降り積もる冷たい灰色の解剖死体。
ある家では2mも外に積もった解剖死体に塞がれ玄関のドアを開ける事が出来ず、
ある家では屋根に積もった解剖死体の重みに耐え切れず屋根が崩落したそうです。
除雪車が解剖死体を無理矢理どかし、若者は山の斜面の解剖死体をスノーボードで滑り降ります。

子供達は長靴を履きゴム手袋を嵌め、解剖死体の積もった公園に向かいます。
出来るだけまだ踏まれていない解剖死体を選び力強く踏み付けると音を立てて足跡が残ります。

公園に着くと解剖死体のその切り裂かれた体に手を突っ込み臓物を引きずり出し、
丸めて固めて雪合戦が始まりました。
中には無茶をして解剖死体の首を叩き割り、その頭部を必死に投げている男の子もいます。
そんな無邪気にはしゃぐ子供達の姿を見て、PTAの方々は何を思うのでしょうか。

やがて春の足音が聞こえ、暖かな陽射しに解剖死体は溶け始めます。
家の前に列んだ子供達の力作、解剖死体達磨も徐々にその体が溶け崩れていきます。
解剖死体はそのまま土に染み込み、または排水溝や下水に流れて行きます。
山に積もった解剖死体は小川に流れ下流に向かいやがて海に注ぎます。

それでも山の頂にはまだ、うっすらと溶け残った解剖死体が積み重なっているのです。

192 :゙`|',;_д゚∵ロ.:) ◆groMilKs4. :2008/02/25(月) 19:29:43
もし雪が冷凍マグロだったらどうなるのでしょう。

天気予報は冷凍マグロ、お母様は「今朝は一段と大漁ですわね」とおっしゃり、
子供はベッドから跳び起きると走って窓の外を確認するのです、一面の冷凍マグロ。

193 :゙`|',;_д゚∵ロ.:) ◆groMilKs4. :2008/02/25(月) 19:39:16
http://www.bunkyo.ac.jp/~natasha/revisionism_site/walendy/walendy_01.files/image028.jpg
http://www.bunkyo.ac.jp/~natasha/revisionism_site/walendy/walendy_01.files/image056.jpg

194 :゙`|',;_д゚∵ロ.:):2008/02/25(月) 21:34:40
鏡越しに見るとそこには別人が居ました。
目が違う、ある時には口が、鼻が、輪郭が。
悪意のある誰かの顔のパーツがへばり付いていました。
しかし直接顔を見るといつもの見慣れた顔です。
鏡越しに見るとそこには別人が居ました。
目が違う、ある時には口が、鼻が、輪郭が。
悪意のある誰かの顔のパーツがへばり付いていました。
しかし直接顔を見るといつもの見慣れた顔です。
鏡越しに見るとそこには別人が居ました。
目が違う、ある時には口が、鼻が、輪郭が。
悪意のある誰かの顔のパーツがへばり付いていました。
しかし直接顔を見るといつもの見慣れた顔です。
鏡越しに見るとそこには別人が居ました。
目が違う、ある時には口が、鼻が、輪郭が。
悪意のある誰かの顔のパーツがへばり付いていました。
しかし直接顔を見るといつもの見慣れた顔です。
鏡越しに見るとそこには別人が居ました。
目が違う、ある時には口が、鼻が、輪郭が。
悪意のある誰かの顔のパーツがへばり付いていました。
しかし直接顔を見るといつもの見慣れた顔です。
鏡越しに見るとそこには別人が居ました。
目が違う、ある時には口が、鼻が、輪郭が。
悪意のある誰かの顔のパーツがへばり付いていました。
しかし直接顔を見るといつもの見慣れた顔です。
鏡越しに見るとそこには別人が居ました。
目が違う、ある時には口が、鼻が、輪郭が。
悪意のある誰かの顔のパーツがへばり付いていました。
しかし直接顔を見るといつもの見慣れた顔です。
鏡越しに見るとそこには別人が居ました。
目が違う、ある時には口が、鼻が、輪郭が。
悪意のある誰かの顔のパーツがへばり付いていました。
しかし直接顔を見るといつもの見慣れた顔です。

195 :゙`|',;_д゚∵ロ.:):2008/02/25(月) 21:36:31
http://www.bunkyo.ac.jp/~natasha/revisionism_site/walendy/walendy_01.files/image028.jpg
http://www.bunkyo.ac.jp/~natasha/revisionism_site/walendy/walendy_01.files/image056.jpg
http://www.bunkyo.ac.jp/~natasha/revisionism_site/walendy/walendy_01.files/image028.jpg
http://www.bunkyo.ac.jp/~natasha/revisionism_site/walendy/walendy_01.files/image056.jpg
http://www.bunkyo.ac.jp/~natasha/revisionism_site/walendy/walendy_01.files/image028.jpg
http://www.bunkyo.ac.jp/~natasha/revisionism_site/walendy/walendy_01.files/image056.jpg
http://www.bunkyo.ac.jp/~natasha/revisionism_site/walendy/walendy_01.files/image028.jpg
http://www.bunkyo.ac.jp/~natasha/revisionism_site/walendy/walendy_01.files/image056.jpg
http://www.bunkyo.ac.jp/~natasha/revisionism_site/walendy/walendy_01.files/image028.jpg
http://www.bunkyo.ac.jp/~natasha/revisionism_site/walendy/walendy_01.files/image056.jpg
http://www.bunkyo.ac.jp/~natasha/revisionism_site/walendy/walendy_01.files/image028.jpg
http://www.bunkyo.ac.jp/~natasha/revisionism_site/walendy/walendy_01.files/image056.jpg
http://www.bunkyo.ac.jp/~natasha/revisionism_site/walendy/walendy_01.files/image028.jpg
http://www.bunkyo.ac.jp/~natasha/revisionism_site/walendy/walendy_01.files/image056.jpg

196 :゙`|',;_д゚∵ロ.:):2008/02/25(月) 21:37:57
さけきふとるでさへるろなねぬさけだざへほふのめむまだおかけくこばべのめたつあおで
がごこよゆどでえつれるのもせすばべむこそすえでるとこぞぜせそすさだまかけるとのも
けかじがげごのぼばなねぬれらかけこぼどだせそうとうたてられるろのもかけでださすお
さけきふとるでさへるろなねぬさけだざへほふのめむまだおかけくこばべのめたつあおで
がごこよゆどでえつれるのもせすばべむこそすえでるとこぞぜせそすさだまかけるとのも
けかじがげごのぼばなねぬれらかけこぼどだせそうとうたてられるろのもかけでださすお
さけきふとるでさへるろなねぬさけだざへほふのめむまだおかけくこばべのめたつあおで
がごこよゆどでえつれるのもせすばべむこそすえでるとこぞぜせそすさだまかけるとのも
けかじがげごのぼばなねぬれらかけこぼどだせそうとうたてられるろのもかけでださすお
さけきふとるでさへるろなねぬさけだざへほふのめむまだおかけくこばべのめたつあおで
がごこよゆどでえつれるのもせすばべむこそすえでるとこぞぜせそすさだまかけるとのも
けかじがげごのぼばなねぬれらかけこぼどだせそうとうたてられるろのもかけでださすお
さけきふとるでさへるろなねぬさけだざへほふのめむまだおかけくこばべのめたつあおで
がごこよゆどでえつれるのもせすばべむこそすえでるとこぞぜせそすさだまかけるとのも
けかじがげごのぼばなねぬれらかけこぼどだせそうとうたてられるろのもかけでださすお
さけきふとるでさへるろなねぬさけだざへほふのめむまだおかけくこばべのめたつあおで
がごこよゆどでえつれるのもせすばべむこそすえでるとこぞぜせそすさだまかけるとのも
けかじがげごのぼばなねぬれらかけこぼどだせそうとうたてられるろのもかけでださすお
さけきふとるでさへるろなねぬさけだざへほふのめむまだおかけくこばべのめたつあおで
がごこよゆどでえつれるのもせすばべむこそすえでるとこぞぜせそすさだまかけるとのも
けかじがげごのぼばなねぬれらかけこぼどだせそうとうたてられるろのもかけでださすお
さけきふとるでさへるろなねぬさけだざへほふのめむまだおかけくこばべのめたつあおで
がごこよゆどでえつれるのもせすばべむこそすえでるとこぞぜせそすさだまかけるとのも
けかじがげごのぼばなねぬれらかけこぼどだせそうとうたてられるろのもかけでださすお
さけきふとるでさへるろなねぬさけだざへほふのめむまだおかけくこばべのめたつあおで
がごこよゆどでえつれるのもせすばべむこそすえでるとこぞぜせそすさだまかけるとのも
けかじがげごのぼばなねぬれらかけこぼどだせそうとうたてられるろのもかけでださすお
さけきふとるでさへるろなねぬさけだざへほふのめむまだおかけくこばべのめたつあおで
がごこよゆどでえつれるのもせすばべむこそすえでるとこぞぜせそすさだまかけるとのも

197 :゙`|',;_д゚∵ロ.:):2008/02/25(月) 21:40:09
http://www.bunkyo.ac.jp/~natasha/revisionism_site/walendy/walendy_01.files/image028.jpg
http://www.bunkyo.ac.jp/~natasha/revisionism_site/walendy/walendy_01.files/image056.jpg
http://www.bunkyo.ac.jp/~natasha/revisionism_site/walendy/walendy_01.files/image028.jpg
http://www.bunkyo.ac.jp/~natasha/revisionism_site/walendy/walendy_01.files/image056.jpg
http://www.bunkyo.ac.jp/~natasha/revisionism_site/walendy/walendy_01.files/image028.jpg
http://www.bunkyo.ac.jp/~natasha/revisionism_site/walendy/walendy_01.files/image056.jpg
http://www.bunkyo.ac.jp/~natasha/revisionism_site/walendy/walendy_01.files/image028.jpg
http://www.bunkyo.ac.jp/~natasha/revisionism_site/walendy/walendy_01.files/image056.jpg
http://www.bunkyo.ac.jp/~natasha/revisionism_site/walendy/walendy_01.files/image028.jpg
http://www.bunkyo.ac.jp/~natasha/revisionism_site/walendy/walendy_01.files/image056.jpg
http://www.bunkyo.ac.jp/~natasha/revisionism_site/walendy/walendy_01.files/image028.jpg
http://www.bunkyo.ac.jp/~natasha/revisionism_site/walendy/walendy_01.files/image056.jpg
http://www.bunkyo.ac.jp/~natasha/revisionism_site/walendy/walendy_01.files/image028.jpg
http://www.bunkyo.ac.jp/~natasha/revisionism_site/walendy/walendy_01.files/image056.jpg

198 :゙`|',;_д゚∵ロ.:):2008/02/25(月) 21:41:34
          カナリエ
            ↓

          .,..-'''''"゙゙゙゙゙゙゙゙゙''''- 、
    . . -''´;;;;;;;;           `'''-、    コクッゴクッ
   .,,ー.;.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:.   ...-'''''''''l、゙`., 
 ,,i´";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: : : : : : .:.._,,..v.‘ゝ..、
 l;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: :       :υ      . `i     
.l;;;;;....;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;..;;;;;;;::: : :          .:!::::'゙;: !.^) 
il.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;..;__;;;;;:;:;;;;.;;...:: : : : : : : : :      //""'''''''---,,,,,,______ ;;;;--
.|;;';;;;;υ;;;;;;;;;/lニ'-、:::::::::;:;;;;;;::::: : : : :      : /;/  υ  ・  υ""""::::::::成谷君、もっとくれ給え。もっともっともっとだ。
.l.;;;;;;;;;;;;;;;;.l丶::゛,!:ili.._:::;:;;;;;;;;;;:.::::::: : : : : : : ::!υ\:::::::::::υ.........  〜  〜
゙lli;;;;;;;;;;;;;;;;ゝミ;;-:: `″;.'!   ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...´: : : ゙υ ) ̄"""---,,;;;;;::::::::::
 .゙!i_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;~'T'ー-;;;..;;;.;;;;;;;;;;..;;;;;..............;   ;;;;      /  ̄ ̄  〜    \
  ゙゙k.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...;...;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/    /  〜   :    υ ::::::::丶
   `!l、;;;;;;;';;;;;;;;;...υ;;;;;;;;;;;;;;;;..;......'-、,;;;;;;;;;;;;;;;;;./     `、  υ  ::    〜  :::::|
     .゙'!ii;い;.;;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;....;;;;~''.;;;'''γ         ヽ 〜   ..::: 〜 〜  ::::::/
     i'゙ ゙̄''- 、;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.!         `i、__;;;;;;:::/\  :::::::/
     !;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'-、.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; /    


          カナリエ
            ↓

          .,..-'''''"゙゙゙゙゙゙゙゙゙''''- 、
    . . -''´;;;;;;;;           `'''-、    コクッゴクッ
   .,,ー.;.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:.   ...-'''''''''l、゙`., 
 ,,i´";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: : : : : : .:.._,,..v.‘ゝ..、
 l;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: :       :υ      . `i     
.l;;;;;....;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;..;;;;;;;::: : :          .:!::::'゙;: !.^) 
il.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;..;__;;;;;:;:;;;;.;;...:: : : : : : : : :      //""'''''''---,,,,,,______ ;;;;--
.|;;';;;;;υ;;;;;;;;;/lニ'-、:::::::::;:;;;;;;::::: : : : :      : /;/  υ  ・  υ""""::::::::成谷君、もっとくれ給え。もっともっともっとだ。
.l.;;;;;;;;;;;;;;;;.l丶::゛,!:ili.._:::;:;;;;;;;;;;:.::::::: : : : : : : ::!υ\:::::::::::υ.........  〜  〜
゙lli;;;;;;;;;;;;;;;;ゝミ;;-:: `″;.'!   ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...´: : : ゙υ ) ̄"""---,,;;;;;::::::::::
 .゙!i_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;~'T'ー-;;;..;;;.;;;;;;;;;;..;;;;;..............;   ;;;;      /  ̄ ̄  〜    \
  ゙゙k.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...;...;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/    /  〜   :    υ ::::::::丶
   `!l、;;;;;;;';;;;;;;;;...υ;;;;;;;;;;;;;;;;..;......'-、,;;;;;;;;;;;;;;;;;./     `、  υ  ::    〜  :::::|
     .゙'!ii;い;.;;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;....;;;;~''.;;;'''γ         ヽ 〜   ..::: 〜 〜  ::::::/
     i'゙ ゙̄''- 、;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.!         `i、__;;;;;;:::/\  :::::::/
     !;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'-、.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; /    

199 :゙`|',;_д゚∵ロ.:):2008/02/26(火) 00:07:04
http://www.bunkyo.ac.jp/~natasha/revisionism_site/walendy/walendy_01.files/image028.jpg
http://www.bunkyo.ac.jp/~natasha/revisionism_site/walendy/walendy_01.files/image056.jpg
http://www.bunkyo.ac.jp/~natasha/revisionism_site/walendy/walendy_01.files/image028.jpg
http://www.bunkyo.ac.jp/~natasha/revisionism_site/walendy/walendy_01.files/image056.jpg
http://www.bunkyo.ac.jp/~natasha/revisionism_site/walendy/walendy_01.files/image028.jpg
http://www.bunkyo.ac.jp/~natasha/revisionism_site/walendy/walendy_01.files/image056.jpg
http://www.bunkyo.ac.jp/~natasha/revisionism_site/walendy/walendy_01.files/image028.jpg
http://www.bunkyo.ac.jp/~natasha/revisionism_site/walendy/walendy_01.files/image056.jpg
http://www.bunkyo.ac.jp/~natasha/revisionism_site/walendy/walendy_01.files/image028.jpg
http://www.bunkyo.ac.jp/~natasha/revisionism_site/walendy/walendy_01.files/image056.jpg
http://www.bunkyo.ac.jp/~natasha/revisionism_site/walendy/walendy_01.files/image028.jpg
http://www.bunkyo.ac.jp/~natasha/revisionism_site/walendy/walendy_01.files/image056.jpg
http://www.bunkyo.ac.jp/~natasha/revisionism_site/walendy/walendy_01.files/image028.jpg
http://www.bunkyo.ac.jp/~natasha/revisionism_site/walendy/walendy_01.files/image056.jpg

200 :゙`|',;_д゚∵ロ.:):2008/02/26(火) 00:08:08
                                                            
                                                            
                                                            
                                                            
                                                            
                                                            
                                                            
                                                            
                                                            
                                                            
                                                            
                                                            
                                                            
                                                            
                                                            
                                                            
                                                            
                                                            
                                                            
                                                            
                                                            
                                                            
                                                            
                                                            
                                                            
                                                            
                                                            
                                                            
                                                            
                                                            

201 :゙`|',;_д゚∵ロ.:):2008/02/26(火) 00:09:08
と、その時、私の視界に張り付いた彼の人の瞑目した顔は相変はらず私に正面を向けて音ならざる声を唸り上げながら何やら不気味にさへ見える微笑をちらりと浮かべ忽然とその大口を開けたのであった。
それにしても死は物全てに平等に訪れるが、さて、例へば視点を変へて速度をベクトルvで表した
の時間Δtの極限値、つまり、零――ねえ、君、この数式は考えやうによっては物凄く《死》を記号で観念化した代物だと思はないかい? 
へっ――と看做すと《死者》はベクトルΔxといふ∞の速度で動いてゐると看做せるじゃないか。
主体が《観測者》といふ《世界=外=存在》とハイデガー風に看做せば物理学とはそもそも《死》の学問じゃないかい? 
ふっ。
さて、そこで《死》も物理法則に従ふならば《死者》はアインシュタインの相対論から此の世のものは《死》も含めて光速度を超へられないとすると《死者》は光速度で動いてゐることになる。
……不図思ったのだが∞とは光の光速度の事で《死》の異名なのかもしれない……。
そして、へっ、光が美しいものならば《死》もまた美しいものに違ひない。
ふっ、私ももう直ぐ光といふ美しい《死》へ旅立つがね、へっ。
ちぇっ、まあ、私のことはそれとして、速度を時間で微分すると加速度が出現するが、この私の論法で行くと加速度とは差し詰め《霊魂》の動きを表現したものに違ひない。
その時、私の視界に張り付いた彼の人の《魂》も
と音ならざる声を唸り上げながら彼方此方に彷徨してゐたに違ひない。
《死》の学問たる物理学が此の世を巧く表してゐるならば私の視界に張り付いた私と全く赤の他人の彼の人が蛍の如く私の視界内で渦巻きながら明滅してゐたのは物理学的に見て正鵠を射てゐたのだ。
つまり、《死者》とその《魂》は《光》に変化(へんげ)した何物かなのだ。
つまり、光が電磁波の一種なのだから《死者》とその《魂》は各人固有の波長をもった電磁波の一種なのかもしれない……。
まあ、それはそれとして、天地左右の知れぬ何処の方角に向って私の視界に張り付いた彼の人は向かってゐたのかと考えると西方浄土といふ言葉があるから差し詰め《西方》へ向け出立したに違ひないのかもしれない……。
さて、重さあるものは相対論より決して光速度には至れないが、《死者》に変化したものは《重さ》から《解脱》して、さて、此の世の物理法則の束縛から逸脱してしまふ何物なのかなのだ。
其処で出会うのが多分無限大の∞なのだ。
私も直ぐに∞に出会へるぜ……へっ。

202 :゙`|',;_д゚∵ロ.:):2008/02/26(火) 00:09:47
さけきふとるでさへるろなねぬさけだざへほふのめむまだおかけくこばべのめたつあおで
がごこよゆどでえつれるのもせすばべむこそすえでるとこぞぜせそすさだまかけるとのも
けかじがげごのぼばなねぬれらかけこぼどだせそうとうたてられるろのもかけでださすお
さけきふとるでさへるろなねぬさけだざへほふのめむまだおかけくこばべのめたつあおで
がごこよゆどでえつれるのもせすばべむこそすえでるとこぞぜせそすさだまかけるとのも
けかじがげごのぼばなねぬれらかけこぼどだせそうとうたてられるろのもかけでださすお
さけきふとるでさへるろなねぬさけだざへほふのめむまだおかけくこばべのめたつあおで
がごこよゆどでえつれるのもせすばべむこそすえでるとこぞぜせそすさだまかけるとのも
けかじがげごのぼばなねぬれらかけこぼどだせそうとうたてられるろのもかけでださすお
さけきふとるでさへるろなねぬさけだざへほふのめむまだおかけくこばべのめたつあおで
がごこよゆどでえつれるのもせすばべむこそすえでるとこぞぜせそすさだまかけるとのも
けかじがげごのぼばなねぬれらかけこぼどだせそうとうたてられるろのもかけでださすお
さけきふとるでさへるろなねぬさけだざへほふのめむまだおかけくこばべのめたつあおで
がごこよゆどでえつれるのもせすばべむこそすえでるとこぞぜせそすさだまかけるとのも
けかじがげごのぼばなねぬれらかけこぼどだせそうとうたてられるろのもかけでださすお
さけきふとるでさへるろなねぬさけだざへほふのめむまだおかけくこばべのめたつあおで
がごこよゆどでえつれるのもせすばべむこそすえでるとこぞぜせそすさだまかけるとのも
けかじがげごのぼばなねぬれらかけこぼどだせそうとうたてられるろのもかけでださすお
さけきふとるでさへるろなねぬさけだざへほふのめむまだおかけくこばべのめたつあおで
がごこよゆどでえつれるのもせすばべむこそすえでるとこぞぜせそすさだまかけるとのも
けかじがげごのぼばなねぬれらかけこぼどだせそうとうたてられるろのもかけでださすお
さけきふとるでさへるろなねぬさけだざへほふのめむまだおかけくこばべのめたつあおで
がごこよゆどでえつれるのもせすばべむこそすえでるとこぞぜせそすさだまかけるとのも
けかじがげごのぼばなねぬれらかけこぼどだせそうとうたてられるろのもかけでださすお
さけきふとるでさへるろなねぬさけだざへほふのめむまだおかけくこばべのめたつあおで
がごこよゆどでえつれるのもせすばべむこそすえでるとこぞぜせそすさだまかけるとのも
けかじがげごのぼばなねぬれらかけこぼどだせそうとうたてられるろのもかけでださすお
さけきふとるでさへるろなねぬさけだざへほふのめむまだおかけくこばべのめたつあおで
がごこよゆどでえつれるのもせすばべむこそすえでるとこぞぜせそすさだまかけるとのも

203 :゙`|',;_д゚∵ロ.:):2008/02/26(火) 00:10:25
          カナリエ
            ↓

          .,..-'''''"゙゙゙゙゙゙゙゙゙''''- 、
    . . -''´;;;;;;;;           `'''-、    コクッゴクッ
   .,,ー.;.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:.   ...-'''''''''l、゙`., 
 ,,i´";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: : : : : : .:.._,,..v.‘ゝ..、
 l;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: :       :υ      . `i     
.l;;;;;....;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;..;;;;;;;::: : :          .:!::::'゙;: !.^) 
il.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;..;__;;;;;:;:;;;;.;;...:: : : : : : : : :      //""'''''''---,,,,,,______ ;;;;--
.|;;';;;;;υ;;;;;;;;;/lニ'-、:::::::::;:;;;;;;::::: : : : :      : /;/  υ  ・  υ""""::::::::成谷君、もっとくれ給え。もっともっともっとだ。
.l.;;;;;;;;;;;;;;;;.l丶::゛,!:ili.._:::;:;;;;;;;;;;:.::::::: : : : : : : ::!υ\:::::::::::υ.........  〜  〜
゙lli;;;;;;;;;;;;;;;;ゝミ;;-:: `″;.'!   ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...´: : : ゙υ ) ̄"""---,,;;;;;::::::::::
 .゙!i_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;~'T'ー-;;;..;;;.;;;;;;;;;;..;;;;;..............;   ;;;;      /  ̄ ̄  〜    \
  ゙゙k.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...;...;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/    /  〜   :    υ ::::::::丶
   `!l、;;;;;;;';;;;;;;;;...υ;;;;;;;;;;;;;;;;..;......'-、,;;;;;;;;;;;;;;;;;./     `、  υ  ::    〜  :::::|
     .゙'!ii;い;.;;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;....;;;;~''.;;;'''γ         ヽ 〜   ..::: 〜 〜  ::::::/
     i'゙ ゙̄''- 、;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.!         `i、__;;;;;;:::/\  :::::::/
     !;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'-、.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; /    


          カナリエ
            ↓

          .,..-'''''"゙゙゙゙゙゙゙゙゙''''- 、
    . . -''´;;;;;;;;           `'''-、    コクッゴクッ
   .,,ー.;.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:.   ...-'''''''''l、゙`., 
 ,,i´";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: : : : : : .:.._,,..v.‘ゝ..、
 l;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: :       :υ      . `i     
.l;;;;;....;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;..;;;;;;;::: : :          .:!::::'゙;: !.^) 
il.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;..;__;;;;;:;:;;;;.;;...:: : : : : : : : :      //""'''''''---,,,,,,______ ;;;;--
.|;;';;;;;υ;;;;;;;;;/lニ'-、:::::::::;:;;;;;;::::: : : : :      : /;/  υ  ・  υ""""::::::::成谷君、もっとくれ給え。もっともっともっとだ。
.l.;;;;;;;;;;;;;;;;.l丶::゛,!:ili.._:::;:;;;;;;;;;;:.::::::: : : : : : : ::!υ\:::::::::::υ.........  〜  〜
゙lli;;;;;;;;;;;;;;;;ゝミ;;-:: `″;.'!   ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...´: : : ゙υ ) ̄"""---,,;;;;;::::::::::
 .゙!i_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;~'T'ー-;;;..;;;.;;;;;;;;;;..;;;;;..............;   ;;;;      /  ̄ ̄  〜    \
  ゙゙k.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...;...;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/    /  〜   :    υ ::::::::丶
   `!l、;;;;;;;';;;;;;;;;...υ;;;;;;;;;;;;;;;;..;......'-、,;;;;;;;;;;;;;;;;;./     `、  υ  ::    〜  :::::|
     .゙'!ii;い;.;;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;....;;;;~''.;;;'''γ         ヽ 〜   ..::: 〜 〜  ::::::/
     i'゙ ゙̄''- 、;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.!         `i、__;;;;;;:::/\  :::::::/
     !;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'-、.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; /    

204 :゙`|',;_д゚∵ロ.:) ◆groMilKs4. :2008/02/26(火) 20:09:43
トムが10tのハンマーを持って私の頭を叩き潰しに来るそうです。
それでは何か私はチーズ大好きな鼠という事ですか。
ねえ成谷君、面白いでしょう。グロ画像を貼ってはだめですよ。

205 :゙`|',;_д゚∵ロ.:) ◆groMilKs4. :2008/02/26(火) 20:10:28
高須さんが今朝ゴミ収集所に徳永さんが倒れてたのを見掛けたそうですか、
ひどく泥酔しお腹の中が蛆虫でパンパンだったそうです。
何故そうだと分かったかといいますと、
お腹からシャリシャリと米を研ぐ音が聞こえたそうです。
無洗米じゃなかったら大変な事になりますから慌てて家から漏斗を持って来て、
徳永さんの口から大量の水を注ぎ込んだら目から白子が出て来たそうです。
でもよく見たらそれは徳永さんではなく徳永さんそっくりの東京都指定のゴミ袋だったそうです。

206 :゙`|',;_д゚∵ロ.:) ◆groMilKs4. :2008/02/26(火) 20:11:29
背中を後ろからボウガンで撃たれました。
とても痛いです。

207 :゙`|',;_д゚∵ロ.:):2008/02/27(水) 10:24:17
          カナリエ
            ↓

          .,..-'''''"゙゙゙゙゙゙゙゙゙''''- 、
    . . -''´;;;;;;;;           `'''-、    コクッゴクッ
   .,,ー.;.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:.   ...-'''''''''l、゙`., 
 ,,i´";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: : : : : : .:.._,,..v.‘ゝ..、
 l;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: :       :υ      . `i     
.l;;;;;....;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;..;;;;;;;::: : :          .:!::::'゙;: !.^) 
il.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;..;__;;;;;:;:;;;;.;;...:: : : : : : : : :      //""'''''''---,,,,,,______ ;;;;--
.|;;';;;;;υ;;;;;;;;;/lニ'-、:::::::::;:;;;;;;::::: : : : :      : /;/  υ  ・  υ""""::::::::成谷君、もっとくれ給え。もっともっともっとだ。
.l.;;;;;;;;;;;;;;;;.l丶::゛,!:ili.._:::;:;;;;;;;;;;:.::::::: : : : : : : ::!υ\:::::::::::υ.........  〜  〜
゙lli;;;;;;;;;;;;;;;;ゝミ;;-:: `″;.'!   ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...´: : : ゙υ ) ̄"""---,,;;;;;::::::::::
 .゙!i_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;~'T'ー-;;;..;;;.;;;;;;;;;;..;;;;;..............;   ;;;;      /  ̄ ̄  〜    \
  ゙゙k.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...;...;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/    /  〜   :    υ ::::::::丶
   `!l、;;;;;;;';;;;;;;;;...υ;;;;;;;;;;;;;;;;..;......'-、,;;;;;;;;;;;;;;;;;./     `、  υ  ::    〜  :::::|
     .゙'!ii;い;.;;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;....;;;;~''.;;;'''γ         ヽ 〜   ..::: 〜 〜  ::::::/
     i'゙ ゙̄''- 、;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.!         `i、__;;;;;;:::/\  :::::::/
     !;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'-、.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; /    


          カナリエ
            ↓

          .,..-'''''"゙゙゙゙゙゙゙゙゙''''- 、
    . . -''´;;;;;;;;           `'''-、    コクッゴクッ
   .,,ー.;.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:.   ...-'''''''''l、゙`., 
 ,,i´";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: : : : : : .:.._,,..v.‘ゝ..、
 l;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: :       :υ      . `i     
.l;;;;;....;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;..;;;;;;;::: : :          .:!::::'゙;: !.^) 
il.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;..;__;;;;;:;:;;;;.;;...:: : : : : : : : :      //""'''''''---,,,,,,______ ;;;;--
.|;;';;;;;υ;;;;;;;;;/lニ'-、:::::::::;:;;;;;;::::: : : : :      : /;/  υ  ・  υ""""::::::::成谷君、もっとくれ給え。もっともっともっとだ。
.l.;;;;;;;;;;;;;;;;.l丶::゛,!:ili.._:::;:;;;;;;;;;;:.::::::: : : : : : : ::!υ\:::::::::::υ.........  〜  〜
゙lli;;;;;;;;;;;;;;;;ゝミ;;-:: `″;.'!   ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...´: : : ゙υ ) ̄"""---,,;;;;;::::::::::
 .゙!i_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;~'T'ー-;;;..;;;.;;;;;;;;;;..;;;;;..............;   ;;;;      /  ̄ ̄  〜    \
  ゙゙k.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...;...;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/    /  〜   :    υ ::::::::丶
   `!l、;;;;;;;';;;;;;;;;...υ;;;;;;;;;;;;;;;;..;......'-、,;;;;;;;;;;;;;;;;;./     `、  υ  ::    〜  :::::|
     .゙'!ii;い;.;;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;....;;;;~''.;;;'''γ         ヽ 〜   ..::: 〜 〜  ::::::/
     i'゙ ゙̄''- 、;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.!         `i、__;;;;;;:::/\  :::::::/
     !;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'-、.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; /    

208 :゙`|',;_д゚∵ロ.:):2008/02/27(水) 10:24:58
          カナリエ
            ↓

          .,..-'''''"゙゙゙゙゙゙゙゙゙''''- 、
    . . -''´;;;;;;;;           `'''-、    コクッゴクッ
   .,,ー.;.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:.   ...-'''''''''l、゙`., 
 ,,i´";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: : : : : : .:.._,,..v.‘ゝ..、
 l;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: :       :υ      . `i     
.l;;;;;....;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;..;;;;;;;::: : :          .:!::::'゙;: !.^) 
il.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;..;__;;;;;:;:;;;;.;;...:: : : : : : : : :      //""'''''''---,,,,,,______ ;;;;--
.|;;';;;;;υ;;;;;;;;;/lニ'-、:::::::::;:;;;;;;::::: : : : :      : /;/  υ  ・  υ""""::::::::成谷君、もっとくれ給え。もっともっともっとだ。
.l.;;;;;;;;;;;;;;;;.l丶::゛,!:ili.._:::;:;;;;;;;;;;:.::::::: : : : : : : ::!υ\:::::::::::υ.........  〜  〜
゙lli;;;;;;;;;;;;;;;;ゝミ;;-:: `″;.'!   ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...´: : : ゙υ ) ̄"""---,,;;;;;::::::::::
 .゙!i_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;~'T'ー-;;;..;;;.;;;;;;;;;;..;;;;;..............;   ;;;;      /  ̄ ̄  〜    \
  ゙゙k.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...;...;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/    /  〜   :    υ ::::::::丶
   `!l、;;;;;;;';;;;;;;;;...υ;;;;;;;;;;;;;;;;..;......'-、,;;;;;;;;;;;;;;;;;./     `、  υ  ::    〜  :::::|
     .゙'!ii;い;.;;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;....;;;;~''.;;;'''γ         ヽ 〜   ..::: 〜 〜  ::::::/
     i'゙ ゙̄''- 、;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.!         `i、__;;;;;;:::/\  :::::::/
     !;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'-、.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; /    


          カナリエ
            ↓

          .,..-'''''"゙゙゙゙゙゙゙゙゙''''- 、
    . . -''´;;;;;;;;           `'''-、    コクッゴクッ
   .,,ー.;.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:.   ...-'''''''''l、゙`., 
 ,,i´";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: : : : : : .:.._,,..v.‘ゝ..、
 l;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: :       :υ      . `i     
.l;;;;;....;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;..;;;;;;;::: : :          .:!::::'゙;: !.^) 
il.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;..;__;;;;;:;:;;;;.;;...:: : : : : : : : :      //""'''''''---,,,,,,______ ;;;;--
.|;;';;;;;υ;;;;;;;;;/lニ'-、:::::::::;:;;;;;;::::: : : : :      : /;/  υ  ・  υ""""::::::::成谷君、もっとくれ給え。もっともっともっとだ。
.l.;;;;;;;;;;;;;;;;.l丶::゛,!:ili.._:::;:;;;;;;;;;;:.::::::: : : : : : : ::!υ\:::::::::::υ.........  〜  〜
゙lli;;;;;;;;;;;;;;;;ゝミ;;-:: `″;.'!   ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...´: : : ゙υ ) ̄"""---,,;;;;;::::::::::
 .゙!i_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;~'T'ー-;;;..;;;.;;;;;;;;;;..;;;;;..............;   ;;;;      /  ̄ ̄  〜    \
  ゙゙k.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...;...;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/    /  〜   :    υ ::::::::丶
   `!l、;;;;;;;';;;;;;;;;...υ;;;;;;;;;;;;;;;;..;......'-、,;;;;;;;;;;;;;;;;;./     `、  υ  ::    〜  :::::|
     .゙'!ii;い;.;;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;....;;;;~''.;;;'''γ         ヽ 〜   ..::: 〜 〜  ::::::/
     i'゙ ゙̄''- 、;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.!         `i、__;;;;;;:::/\  :::::::/
     !;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'-、.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; /    

209 :゙`|',;_д゚∵ロ.:) ◆groMilKs4. :2008/02/28(木) 23:28:46
神社で水子に憑り付かれました。
生きぞこないにしてはなかなか出来ます。

210 :゙`|',;_д゚∵ロ.:):2008/02/28(木) 23:59:23
さけきふとるでさへるろなねぬさけだざへほふのめむまだおかけくこばべのめたつあおで
がごこよゆどでえつれるのもせすばべむこそすえでるとこぞぜせそすさだまかけるとのも
けかじがげごのぼばなねぬれらかけこぼどだせそうとうたてられるろのもかけでださすお
さけきふとるでさへるろなねぬさけだざへほふのめむまだおかけくこばべのめたつあおで
がごこよゆどでえつれるのもせすばべむこそすえでるとこぞぜせそすさだまかけるとのも
けかじがげごのぼばなねぬれらかけこぼどだせそうとうたてられるろのもかけでださすお
さけきふとるでさへるろなねぬさけだざへほふのめむまだおかけくこばべのめたつあおで
がごこよゆどでえつれるのもせすばべむこそすえでるとこぞぜせそすさだまかけるとのも
けかじがげごのぼばなねぬれらかけこぼどだせそうとうたてられるろのもかけでださすお
さけきふとるでさへるろなねぬさけだざへほふのめむまだおかけくこばべのめたつあおで
がごこよゆどでえつれるのもせすばべむこそすえでるとこぞぜせそすさだまかけるとのも
けかじがげごのぼばなねぬれらかけこぼどだせそうとうたてられるろのもかけでださすお
さけきふとるでさへるろなねぬさけだざへほふのめむまだおかけくこばべのめたつあおで
がごこよゆどでえつれるのもせすばべむこそすえでるとこぞぜせそすさだまかけるとのも
けかじがげごのぼばなねぬれらかけこぼどだせそうとうたてられるろのもかけでださすお
さけきふとるでさへるろなねぬさけだざへほふのめむまだおかけくこばべのめたつあおで
がごこよゆどでえつれるのもせすばべむこそすえでるとこぞぜせそすさだまかけるとのも
けかじがげごのぼばなねぬれらかけこぼどだせそうとうたてられるろのもかけでださすお
さけきふとるでさへるろなねぬさけだざへほふのめむまだおかけくこばべのめたつあおで
がごこよゆどでえつれるのもせすばべむこそすえでるとこぞぜせそすさだまかけるとのも
けかじがげごのぼばなねぬれらかけこぼどだせそうとうたてられるろのもかけでださすお
さけきふとるでさへるろなねぬさけだざへほふのめむまだおかけくこばべのめたつあおで
がごこよゆどでえつれるのもせすばべむこそすえでるとこぞぜせそすさだまかけるとのも
けかじがげごのぼばなねぬれらかけこぼどだせそうとうたてられるろのもかけでださすお
さけきふとるでさへるろなねぬさけだざへほふのめむまだおかけくこばべのめたつあおで
がごこよゆどでえつれるのもせすばべむこそすえでるとこぞぜせそすさだまかけるとのも
けかじがげごのぼばなねぬれらかけこぼどだせそうとうたてられるろのもかけでださすお
さけきふとるでさへるろなねぬさけだざへほふのめむまだおかけくこばべのめたつあおで
がごこよゆどでえつれるのもせすばべむこそすえでるとこぞぜせそすさだまかけるとのも

211 :゙`|',;_д゚∵ロ.:):2008/02/29(金) 00:01:04
          カナリエ
            ↓

          .,..-'''''"゙゙゙゙゙゙゙゙゙''''- 、
    . . -''´;;;;;;;;           `'''-、    コクッゴクッ
   .,,ー.;.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:.   ...-'''''''''l、゙`., 
 ,,i´";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: : : : : : .:.._,,..v.‘ゝ..、
 l;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: :       :υ      . `i     
.l;;;;;....;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;..;;;;;;;::: : :          .:!::::'゙;: !.^) 
il.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;..;__;;;;;:;:;;;;.;;...:: : : : : : : : :      //""'''''''---,,,,,,______ ;;;;--
.|;;';;;;;υ;;;;;;;;;/lニ'-、:::::::::;:;;;;;;::::: : : : :      : /;/  υ  ・  υ""""::::::::成谷君、もっとくれ給え。もっともっともっとだ。
.l.;;;;;;;;;;;;;;;;.l丶::゛,!:ili.._:::;:;;;;;;;;;;:.::::::: : : : : : : ::!υ\:::::::::::υ.........  〜  〜
゙lli;;;;;;;;;;;;;;;;ゝミ;;-:: `″;.'!   ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...´: : : ゙υ ) ̄"""---,,;;;;;::::::::::
 .゙!i_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;~'T'ー-;;;..;;;.;;;;;;;;;;..;;;;;..............;   ;;;;      /  ̄ ̄  〜    \
  ゙゙k.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...;...;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/    /  〜   :    υ ::::::::丶
   `!l、;;;;;;;';;;;;;;;;...υ;;;;;;;;;;;;;;;;..;......'-、,;;;;;;;;;;;;;;;;;./     `、  υ  ::    〜  :::::|
     .゙'!ii;い;.;;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;....;;;;~''.;;;'''γ         ヽ 〜   ..::: 〜 〜  ::::::/
     i'゙ ゙̄''- 、;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.!         `i、__;;;;;;:::/\  :::::::/
     !;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'-、.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; /    


          カナリエ
            ↓

          .,..-'''''"゙゙゙゙゙゙゙゙゙''''- 、
    . . -''´;;;;;;;;           `'''-、    コクッゴクッ
   .,,ー.;.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:.   ...-'''''''''l、゙`., 
 ,,i´";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: : : : : : .:.._,,..v.‘ゝ..、
 l;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: :       :υ      . `i     
.l;;;;;....;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;..;;;;;;;::: : :          .:!::::'゙;: !.^) 
il.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;..;__;;;;;:;:;;;;.;;...:: : : : : : : : :      //""'''''''---,,,,,,______ ;;;;--
.|;;';;;;;υ;;;;;;;;;/lニ'-、:::::::::;:;;;;;;::::: : : : :      : /;/  υ  ・  υ""""::::::::成谷君、もっとくれ給え。もっともっともっとだ。
.l.;;;;;;;;;;;;;;;;.l丶::゛,!:ili.._:::;:;;;;;;;;;;:.::::::: : : : : : : ::!υ\:::::::::::υ.........  〜  〜
゙lli;;;;;;;;;;;;;;;;ゝミ;;-:: `″;.'!   ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...´: : : ゙υ ) ̄"""---,,;;;;;::::::::::
 .゙!i_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;~'T'ー-;;;..;;;.;;;;;;;;;;..;;;;;..............;   ;;;;      /  ̄ ̄  〜    \
  ゙゙k.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...;...;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/    /  〜   :    υ ::::::::丶
   `!l、;;;;;;;';;;;;;;;;...υ;;;;;;;;;;;;;;;;..;......'-、,;;;;;;;;;;;;;;;;;./     `、  υ  ::    〜  :::::|
     .゙'!ii;い;.;;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;....;;;;~''.;;;'''γ         ヽ 〜   ..::: 〜 〜  ::::::/
     i'゙ ゙̄''- 、;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.!         `i、__;;;;;;:::/\  :::::::/
     !;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'-、.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; /    

212 :゙`|',;_д゚∵ロ.:):2008/02/29(金) 00:54:28
          カナリエ
            ↓

          .,..-'''''"゙゙゙゙゙゙゙゙゙''''- 、
    . . -''´;;;;;;;;           `'''-、    コクッゴクッ
   .,,ー.;.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:.   ...-'''''''''l、゙`., 
 ,,i´";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: : : : : : .:.._,,..v.‘ゝ..、
 l;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: :       :υ      . `i     
.l;;;;;....;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;..;;;;;;;::: : :          .:!::::'゙;: !.^) 
il.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;..;__;;;;;:;:;;;;.;;...:: : : : : : : : :      //""'''''''---,,,,,,______ ;;;;--
.|;;';;;;;υ;;;;;;;;;/lニ'-、:::::::::;:;;;;;;::::: : : : :      : /;/  υ  ・  υ""""::::::::もっとくれ給え。もっともっともっとだ。
.l.;;;;;;;;;;;;;;;;.l丶::゛,!:ili.._:::;:;;;;;;;;;;:.::::::: : : : : : : ::!υ\:::::::::::υ.........  〜  〜
゙lli;;;;;;;;;;;;;;;;ゝミ;;-:: `″;.'!   ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...´: : : ゙υ ) ̄"""---,,;;;;;::::::::::
 .゙!i_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;~'T'ー-;;;..;;;.;;;;;;;;;;..;;;;;..............;   ;;;;      /  ̄ ̄  〜    \
  ゙゙k.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...;...;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/    /  〜   :    υ ::::::::丶
   `!l、;;;;;;;';;;;;;;;;...υ;;;;;;;;;;;;;;;;..;......'-、,;;;;;;;;;;;;;;;;;./     `、  υ  ::    〜  :::::|
     .゙'!ii;い;.;;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;....;;;;~''.;;;'''γ         ヽ 〜   ..::: 〜 〜  ::::::/
     i'゙ ゙̄''- 、;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.!         `i、__;;;;;;:::/\  :::::::/
     !;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'-、.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; /    


          カナリエ
            ↓

          .,..-'''''"゙゙゙゙゙゙゙゙゙''''- 、
    . . -''´;;;;;;;;           `'''-、    コクッゴクッ
   .,,ー.;.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:.   ...-'''''''''l、゙`., 
 ,,i´";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: : : : : : .:.._,,..v.‘ゝ..、
 l;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: :       :υ      . `i     
.l;;;;;....;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;..;;;;;;;::: : :          .:!::::'゙;: !.^) 
il.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;..;__;;;;;:;:;;;;.;;...:: : : : : : : : :      //""'''''''---,,,,,,______ ;;;;--
.|;;';;;;;υ;;;;;;;;;/lニ'-、:::::::::;:;;;;;;::::: : : : :      : /;/  υ  ・  υ""""::::::::もっとくれ給え。もっともっともっとだ。
.l.;;;;;;;;;;;;;;;;.l丶::゛,!:ili.._:::;:;;;;;;;;;;:.::::::: : : : : : : ::!υ\:::::::::::υ.........  〜  〜
゙lli;;;;;;;;;;;;;;;;ゝミ;;-:: `″;.'!   ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...´: : : ゙υ ) ̄"""---,,;;;;;::::::::::
 .゙!i_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;~'T'ー-;;;..;;;.;;;;;;;;;;..;;;;;..............;   ;;;;      /  ̄ ̄  〜    \
  ゙゙k.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...;...;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/    /  〜   :    υ ::::::::丶
   `!l、;;;;;;;';;;;;;;;;...υ;;;;;;;;;;;;;;;;..;......'-、,;;;;;;;;;;;;;;;;;./     `、  υ  ::    〜  :::::|
     .゙'!ii;い;.;;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;....;;;;~''.;;;'''γ         ヽ 〜   ..::: 〜 〜  ::::::/
     i'゙ ゙̄''- 、;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.!         `i、__;;;;;;:::/\  :::::::/
     !;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'-、.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; /    

213 :゙`|',;_д゚∵ロ.:) ◆groMilKs4. :2008/02/29(金) 00:59:37
あまりにも高い所から落ちる滝の水は、
その落下中に霧状になり滝壺が存在しないそうです。
それではあまりにも高い所から落ちる源氏物語には桐壺も存在しないのでしょうか。
それでは光る君とは何者でしょうか。

214 :゙`|',;_д゚∵ロ.:):2008/02/29(金) 01:02:12
「ああんっ……だ、駄目ぇっ……やんっ……毎日なんて駄目だよぉっ……」
 司郎は、頭を仰け反らせて叫ぶ妹を抱きしめながら、再び肉棒を押し込んでいった。
 たまらない快感が肉体を包む。
「あぅんっ……駄目、止めてぇっ……」
 押し返そうとしてくる妹に逆らって、ピッタリと体をくっつける。
「お前だって……ホントはしたいんだろ……?」
 腰を動かし始めながら耳元で囁く。
「あんっ、やっ、はぁんっ……したくないよ、やぁっ……」
 首筋に舌を這わす。
「あっ、あっ、ああんっ……だ、駄目だよぉ、やっ……こんな、あんっ……こんなのぉ、やぁんっ……」
「いいじゃないかっ……俺は真奈美が大好きだぞっ……」
「あんっ、あんっ、あああんっ……私はお兄ちゃんなんか、はぅっ……大っ嫌い、ああんっ……なんだからぁっ……」
「こんなに気持ちのいいことっ……してもらってるくせにっ……何言ってるんだよっ……俺はいい兄貴だろがっ……」
 腰を強く叩きつける。
「気持ち良くなんか、あふっ……気持ち良くなんかぁ、ああんっ……気持ちぃ、やんっ……気持ちいいよぉっ……」
 否定しようとしてできなくなっている妹に苦笑する。
「やんっ、やっ、ひゃぁんっ……すご、あっ……凄い、あんっ……凄いよぉっ……」
 妹は言葉で否定しようが、結局は自分を受け入れている。
 自分と同じで肉体の快楽には逆らえないのだ。
 だったらそれで構わないではないか。
 これからも嫌がる妹を犯していこう。
 そんな強姦の興奮が司郎を高めていった。
「あっ、あっ、ああんっ……やぅっ、やっ、やぁんっ……おにぃ、あっ……おにぃちゃ、ああっ……おにぃちゃぁんっ……」
 激しく擦れ合う肉と肉が快感を呼び起こしていく。
(こんな気持ちのいいこと……止められるもんか……)
 目の前で乱れる妹の姿が視覚的に刺激を与えてくる。
「あふっ、あっ、ああんっ……駄目、あんっ……駄目だよぉっ……やっ、やぁっ、やぁんっ……もうイく、
あっ……もうイくのぉ、ああっ……イっちゃうぅっ……ああああんっ……!」 
「真奈美ぃっ……!」
 妹の絶頂に合わせて精を放つ。
 ドクドクドクと先を争う様に精液が放出されていくのを感じながら、司郎はたまらない快感に浸っていた。
(これから毎日できるんだ……真奈美と毎日……俺ってスゲェ幸せだぁ……)
 幸福感を感じながら、射精を終えた司郎は、力を抜くと愛おしい妹の肉体に倒れこんでいくのだった。

215 :゙`|',;_д゚∵ロ.:) ◆groMilKs4. :2008/02/29(金) 01:10:53
あまりにも高い所から落ちる滝の水は、
その落下中に霧状になり滝壺が存在しないそうです。
それでは東京タワーから飛び降り自殺した人は、
落下中に体が原子レベルで分解され、
芝公園はマイナスイオンに包まれるのでしょうか。

216 :゙`|',;_д゚∵ロ.:):2008/02/29(金) 01:25:29
「ああんっ……だ、駄目ぇっ……やんっ……毎日なんて駄目だよぉっ……」
 司郎は、頭を仰け反らせて叫ぶ妹を抱きしめながら、再び肉棒を押し込んでいった。
 たまらない快感が肉体を包む。
「あぅんっ……駄目、止めてぇっ……」
 押し返そうとしてくる妹に逆らって、ピッタリと体をくっつける。
「お前だって……ホントはしたいんだろ……?」
 腰を動かし始めながら耳元で囁く。
「あんっ、やっ、はぁんっ……したくないよ、やぁっ……」
 首筋に舌を這わす。
「あっ、あっ、ああんっ……だ、駄目だよぉ、やっ……こんな、あんっ……こんなのぉ、やぁんっ……」
「いいじゃないかっ……俺は真奈美が大好きだぞっ……」
「あんっ、あんっ、あああんっ……私はお兄ちゃんなんか、はぅっ……大っ嫌い、ああんっ……なんだからぁっ……」
「こんなに気持ちのいいことっ……してもらってるくせにっ……何言ってるんだよっ……俺はいい兄貴だろがっ……」
 腰を強く叩きつける。
「気持ち良くなんか、あふっ……気持ち良くなんかぁ、ああんっ……気持ちぃ、やんっ……気持ちいいよぉっ……」
 否定しようとしてできなくなっている妹に苦笑する。
「やんっ、やっ、ひゃぁんっ……すご、あっ……凄い、あんっ……凄いよぉっ……」
 妹は言葉で否定しようが、結局は自分を受け入れている。
 自分と同じで肉体の快楽には逆らえないのだ。
 だったらそれで構わないではないか。
 これからも嫌がる妹を犯していこう。
 そんな強姦の興奮が司郎を高めていった。
「あっ、あっ、ああんっ……やぅっ、やっ、やぁんっ……おにぃ、あっ……おにぃちゃ、ああっ……おにぃちゃぁんっ……」
 激しく擦れ合う肉と肉が快感を呼び起こしていく。
(こんな気持ちのいいこと……止められるもんか……)
 目の前で乱れる妹の姿が視覚的に刺激を与えてくる。
「あふっ、あっ、ああんっ……駄目、あんっ……駄目だよぉっ……やっ、やぁっ、やぁんっ……もうイく、
あっ……もうイくのぉ、ああっ……イっちゃうぅっ……ああああんっ……!」 
「真奈美ぃっ……!」
 妹の絶頂に合わせて精を放つ。
 ドクドクドクと先を争う様に精液が放出されていくのを感じながら、司郎はたまらない快感に浸っていた。
(これから毎日できるんだ……真奈美と毎日……俺ってスゲェ幸せだぁ……)
 幸福感を感じながら、射精を終えた司郎は、力を抜くと愛おしい妹の肉体に倒れこんでいくのだった。

217 :゙`|',;_д゚∵ロ.:):2008/02/29(金) 01:26:39
「ああんっ……だ、駄目ぇっ……やんっ……毎日なんて駄目だよぉっ……」
 司郎は、頭を仰け反らせて叫ぶ妹を抱きしめながら、再び肉棒を押し込んでいった。
 たまらない快感が肉体を包む。
「あぅんっ……駄目、止めてぇっ……」
 押し返そうとしてくる妹に逆らって、ピッタリと体をくっつける。
「お前だって……ホントはしたいんだろ……?」
 腰を動かし始めながら耳元で囁く。
「あんっ、やっ、はぁんっ……したくないよ、やぁっ……」
 首筋に舌を這わす。
「あっ、あっ、ああんっ……だ、駄目だよぉ、やっ……こんな、あんっ……こんなのぉ、やぁんっ……」
「いいじゃないかっ……俺は真奈美が大好きだぞっ……」
「あんっ、あんっ、あああんっ……私はお兄ちゃんなんか、はぅっ……大っ嫌い、ああんっ……なんだからぁっ……」
「こんなに気持ちのいいことっ……してもらってるくせにっ……何言ってるんだよっ……俺はいい兄貴だろがっ……」
 腰を強く叩きつける。
「気持ち良くなんか、あふっ……気持ち良くなんかぁ、ああんっ……気持ちぃ、やんっ……気持ちいいよぉっ……」
 否定しようとしてできなくなっている妹に苦笑する。
「やんっ、やっ、ひゃぁんっ……すご、あっ……凄い、あんっ……凄いよぉっ……」
 妹は言葉で否定しようが、結局は自分を受け入れている。
 自分と同じで肉体の快楽には逆らえないのだ。
 だったらそれで構わないではないか。
 これからも嫌がる妹を犯していこう。
 そんな強姦の興奮が司郎を高めていった。
「あっ、あっ、ああんっ……やぅっ、やっ、やぁんっ……おにぃ、あっ……おにぃちゃ、ああっ……おにぃちゃぁんっ……」
 激しく擦れ合う肉と肉が快感を呼び起こしていく。
(こんな気持ちのいいこと……止められるもんか……)
 目の前で乱れる妹の姿が視覚的に刺激を与えてくる。
「あふっ、あっ、ああんっ……駄目、あんっ……駄目だよぉっ……やっ、やぁっ、やぁんっ……もうイく、
あっ……もうイくのぉ、ああっ……イっちゃうぅっ……ああああんっ……!」 
「真奈美ぃっ……!」
 妹の絶頂に合わせて精を放つ。
 ドクドクドクと先を争う様に精液が放出されていくのを感じながら、司郎はたまらない快感に浸っていた。
(これから毎日できるんだ……真奈美と毎日……俺ってスゲェ幸せだぁ……)
 幸福感を感じながら、射精を終えた司郎は、力を抜くと愛おしい妹の肉体に倒れこんでいくのだった。

218 :゙`|',;_д゚∵ロ.:):2008/02/29(金) 01:59:13
          カナリエ
            ↓

          .,..-'''''"゙゙゙゙゙゙゙゙゙''''- 、
    . . -''´;;;;;;;;           `'''-、    コクッゴクッ
   .,,ー.;.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:.   ...-'''''''''l、゙`., 
 ,,i´";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: : : : : : .:.._,,..v.‘ゝ..、
 l;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: :       :υ      . `i     
.l;;;;;....;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;..;;;;;;;::: : :          .:!::::'゙;: !.^) 
il.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;..;__;;;;;:;:;;;;.;;...:: : : : : : : : :      //""'''''''---,,,,,,______ ;;;;--
.|;;';;;;;υ;;;;;;;;;/lニ'-、:::::::::;:;;;;;;::::: : : : :      : /;/  υ  ・  υ""""::::::::もっとくれ給え。もっともっともっとだ。
.l.;;;;;;;;;;;;;;;;.l丶::゛,!:ili.._:::;:;;;;;;;;;;:.::::::: : : : : : : ::!υ\:::::::::::υ.........  〜  〜
゙lli;;;;;;;;;;;;;;;;ゝミ;;-:: `″;.'!   ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...´: : : ゙υ ) ̄"""---,,;;;;;::::::::::
 .゙!i_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;~'T'ー-;;;..;;;.;;;;;;;;;;..;;;;;..............;   ;;;;      /  ̄ ̄  〜    \
  ゙゙k.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...;...;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/    /  〜   :    υ ::::::::丶
   `!l、;;;;;;;';;;;;;;;;...υ;;;;;;;;;;;;;;;;..;......'-、,;;;;;;;;;;;;;;;;;./     `、  υ  ::    〜  :::::|
     .゙'!ii;い;.;;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;....;;;;~''.;;;'''γ         ヽ 〜   ..::: 〜 〜  ::::::/
     i'゙ ゙̄''- 、;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.!         `i、__;;;;;;:::/\  :::::::/
     !;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'-、.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; /    


          カナリエ
            ↓

          .,..-'''''"゙゙゙゙゙゙゙゙゙''''- 、
    . . -''´;;;;;;;;           `'''-、    コクッゴクッ
   .,,ー.;.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:.   ...-'''''''''l、゙`., 
 ,,i´";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: : : : : : .:.._,,..v.‘ゝ..、
 l;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: :       :υ      . `i     
.l;;;;;....;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;..;;;;;;;::: : :          .:!::::'゙;: !.^) 
il.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;..;__;;;;;:;:;;;;.;;...:: : : : : : : : :      //""'''''''---,,,,,,______ ;;;;--
.|;;';;;;;υ;;;;;;;;;/lニ'-、:::::::::;:;;;;;;::::: : : : :      : /;/  υ  ・  υ""""::::::::もっとくれ給え。もっともっともっとだ。
.l.;;;;;;;;;;;;;;;;.l丶::゛,!:ili.._:::;:;;;;;;;;;;:.::::::: : : : : : : ::!υ\:::::::::::υ.........  〜  〜
゙lli;;;;;;;;;;;;;;;;ゝミ;;-:: `″;.'!   ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...´: : : ゙υ ) ̄"""---,,;;;;;::::::::::
 .゙!i_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;~'T'ー-;;;..;;;.;;;;;;;;;;..;;;;;..............;   ;;;;      /  ̄ ̄  〜    \
  ゙゙k.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...;...;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/    /  〜   :    υ ::::::::丶
   `!l、;;;;;;;';;;;;;;;;...υ;;;;;;;;;;;;;;;;..;......'-、,;;;;;;;;;;;;;;;;;./     `、  υ  ::    〜  :::::|
     .゙'!ii;い;.;;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;....;;;;~''.;;;'''γ         ヽ 〜   ..::: 〜 〜  ::::::/
     i'゙ ゙̄''- 、;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.!         `i、__;;;;;;:::/\  :::::::/
     !;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'-、.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; /    

219 :゙`|',;_д゚∵ロ.:) ◆groMilKs4. :2008/03/01(土) 13:38:40
新橋の路地裏で坂井泉水の免許証や死亡診断書の入った封筒を見付けました。
怖くなったのでその場に放置して逃げてしまいました。

220 :゙`|',;_д゚∵ロ.:):2008/03/01(土) 22:32:18
「ああんっ……だ、駄目ぇっ……やんっ……毎日なんて駄目だよぉっ……」
 司郎は、頭を仰け反らせて叫ぶ妹を抱きしめながら、再び肉棒を押し込んでいった。
 たまらない快感が肉体を包む。
「あぅんっ……駄目、止めてぇっ……」
 押し返そうとしてくる妹に逆らって、ピッタリと体をくっつける。
「お前だって……ホントはしたいんだろ……?」
 腰を動かし始めながら耳元で囁く。
「あんっ、やっ、はぁんっ……したくないよ、やぁっ……」
 首筋に舌を這わす。
「あっ、あっ、ああんっ……だ、駄目だよぉ、やっ……こんな、あんっ……こんなのぉ、やぁんっ……」
「いいじゃないかっ……俺は真奈美が大好きだぞっ……」
「あんっ、あんっ、あああんっ……私はお兄ちゃんなんか、はぅっ……大っ嫌い、ああんっ……なんだからぁっ……」
「こんなに気持ちのいいことっ……してもらってるくせにっ……何言ってるんだよっ……俺はいい兄貴だろがっ……」
 腰を強く叩きつける。
「気持ち良くなんか、あふっ……気持ち良くなんかぁ、ああんっ……気持ちぃ、やんっ……気持ちいいよぉっ……」
 否定しようとしてできなくなっている妹に苦笑する。
「やんっ、やっ、ひゃぁんっ……すご、あっ……凄い、あんっ……凄いよぉっ……」
 妹は言葉で否定しようが、結局は自分を受け入れている。
 自分と同じで肉体の快楽には逆らえないのだ。
 だったらそれで構わないではないか。
 これからも嫌がる妹を犯していこう。
 そんな強姦の興奮が司郎を高めていった。
「あっ、あっ、ああんっ……やぅっ、やっ、やぁんっ……おにぃ、あっ……おにぃちゃ、ああっ……おにぃちゃぁんっ……」
 激しく擦れ合う肉と肉が快感を呼び起こしていく。
(こんな気持ちのいいこと……止められるもんか……)
 目の前で乱れる妹の姿が視覚的に刺激を与えてくる。
「あふっ、あっ、ああんっ……駄目、あんっ……駄目だよぉっ……やっ、やぁっ、やぁんっ……もうイく、
あっ……もうイくのぉ、ああっ……イっちゃうぅっ……ああああんっ……!」 
「真奈美ぃっ……!」
 妹の絶頂に合わせて精を放つ。
 ドクドクドクと先を争う様に精液が放出されていくのを感じながら、司郎はたまらない快感に浸っていた。
(これから毎日できるんだ……真奈美と毎日……俺ってスゲェ幸せだぁ……)
 幸福感を感じながら、射精を終えた司郎は、力を抜くと愛おしい妹の肉体に倒れこんでいくのだった。

221 :゙`|',;_д゚∵ロ.:):2008/03/02(日) 00:34:50
          カナリエ
            ↓

          .,..-'''''"゙゙゙゙゙゙゙゙゙''''- 、
    . . -''´;;;;;;;;           `'''-、    コクッゴクッ
   .,,ー.;.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:.   ...-'''''''''l、゙`., 
 ,,i´";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: : : : : : .:.._,,..v.‘ゝ..、
 l;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: :       :υ      . `i     
.l;;;;;....;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;..;;;;;;;::: : :          .:!::::'゙;: !.^) 
il.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;..;__;;;;;:;:;;;;.;;...:: : : : : : : : :      //""'''''''---,,,,,,______ ;;;;--
.|;;';;;;;υ;;;;;;;;;/lニ'-、:::::::::;:;;;;;;::::: : : : :      : /;/  υ  ・  υ""""::::::::もっとくれ給え。もっともっともっとだ。
.l.;;;;;;;;;;;;;;;;.l丶::゛,!:ili.._:::;:;;;;;;;;;;:.::::::: : : : : : : ::!υ\:::::::::::υ.........  〜  〜
゙lli;;;;;;;;;;;;;;;;ゝミ;;-:: `″;.'!   ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...´: : : ゙υ ) ̄"""---,,;;;;;::::::::::
 .゙!i_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;~'T'ー-;;;..;;;.;;;;;;;;;;..;;;;;..............;   ;;;;      /  ̄ ̄  〜    \
  ゙゙k.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...;...;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/    /  〜   :    υ ::::::::丶
   `!l、;;;;;;;';;;;;;;;;...υ;;;;;;;;;;;;;;;;..;......'-、,;;;;;;;;;;;;;;;;;./     `、  υ  ::    〜  :::::|
     .゙'!ii;い;.;;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;....;;;;~''.;;;'''γ         ヽ 〜   ..::: 〜 〜  ::::::/
     i'゙ ゙̄''- 、;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.!         `i、__;;;;;;:::/\  :::::::/
     !;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'-、.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; /    


          カナリエ
            ↓

          .,..-'''''"゙゙゙゙゙゙゙゙゙''''- 、
    . . -''´;;;;;;;;           `'''-、    コクッゴクッ
   .,,ー.;.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:.   ...-'''''''''l、゙`., 
 ,,i´";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: : : : : : .:.._,,..v.‘ゝ..、
 l;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: :       :υ      . `i     
.l;;;;;....;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;..;;;;;;;::: : :          .:!::::'゙;: !.^) 
il.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;..;__;;;;;:;:;;;;.;;...:: : : : : : : : :      //""'''''''---,,,,,,______ ;;;;--
.|;;';;;;;υ;;;;;;;;;/lニ'-、:::::::::;:;;;;;;::::: : : : :      : /;/  υ  ・  υ""""::::::::もっとくれ給え。もっともっともっとだ。
.l.;;;;;;;;;;;;;;;;.l丶::゛,!:ili.._:::;:;;;;;;;;;;:.::::::: : : : : : : ::!υ\:::::::::::υ.........  〜  〜
゙lli;;;;;;;;;;;;;;;;ゝミ;;-:: `″;.'!   ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...´: : : ゙υ ) ̄"""---,,;;;;;::::::::::
 .゙!i_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;~'T'ー-;;;..;;;.;;;;;;;;;;..;;;;;..............;   ;;;;      /  ̄ ̄  〜    \
  ゙゙k.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...;...;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/    /  〜   :    υ ::::::::丶
   `!l、;;;;;;;';;;;;;;;;...υ;;;;;;;;;;;;;;;;..;......'-、,;;;;;;;;;;;;;;;;;./     `、  υ  ::    〜  :::::|
     .゙'!ii;い;.;;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;....;;;;~''.;;;'''γ         ヽ 〜   ..::: 〜 〜  ::::::/
     i'゙ ゙̄''- 、;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.!         `i、__;;;;;;:::/\  :::::::/
     !;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'-、.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; /    

222 :222:2008/03/02(日) 01:02:53
222

223 :゙`|',;_д゚∵ロ.:):2008/03/02(日) 22:39:57
          カナリエ
            ↓

          .,..-'''''"゙゙゙゙゙゙゙゙゙''''- 、
    . . -''´;;;;;;;;           `'''-、    コクッゴクッ
   .,,ー.;.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:.   ...-'''''''''l、゙`., 
 ,,i´";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: : : : : : .:.._,,..v.‘ゝ..、
 l;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: :       :υ      . `i     
.l;;;;;....;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;..;;;;;;;::: : :          .:!::::'゙;: !.^) 
il.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;..;__;;;;;:;:;;;;.;;...:: : : : : : : : :      //""'''''''---,,,,,,______ ;;;;--
.|;;';;;;;υ;;;;;;;;;/lニ'-、:::::::::;:;;;;;;::::: : : : :      : /;/  υ  ・  υ""""::::::::もっとくれ給え。もっともっともっとだ。
.l.;;;;;;;;;;;;;;;;.l丶::゛,!:ili.._:::;:;;;;;;;;;;:.::::::: : : : : : : ::!υ\:::::::::::υ.........  〜  〜
゙lli;;;;;;;;;;;;;;;;ゝミ;;-:: `″;.'!   ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...´: : : ゙υ ) ̄"""---,,;;;;;::::::::::
 .゙!i_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;~'T'ー-;;;..;;;.;;;;;;;;;;..;;;;;..............;   ;;;;      /  ̄ ̄  〜    \
  ゙゙k.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...;...;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/    /  〜   :    υ ::::::::丶
   `!l、;;;;;;;';;;;;;;;;...υ;;;;;;;;;;;;;;;;..;......'-、,;;;;;;;;;;;;;;;;;./     `、  υ  ::    〜  :::::|
     .゙'!ii;い;.;;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;....;;;;~''.;;;'''γ         ヽ 〜   ..::: 〜 〜  ::::::/
     i'゙ ゙̄''- 、;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.!         `i、__;;;;;;:::/\  :::::::/
     !;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'-、.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; /    


          カナリエ
            ↓

          .,..-'''''"゙゙゙゙゙゙゙゙゙''''- 、
    . . -''´;;;;;;;;           `'''-、    コクッゴクッ
   .,,ー.;.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:.   ...-'''''''''l、゙`., 
 ,,i´";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: : : : : : .:.._,,..v.‘ゝ..、
 l;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: :       :υ      . `i     
.l;;;;;....;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;..;;;;;;;::: : :          .:!::::'゙;: !.^) 
il.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;..;__;;;;;:;:;;;;.;;...:: : : : : : : : :      //""'''''''---,,,,,,______ ;;;;--
.|;;';;;;;υ;;;;;;;;;/lニ'-、:::::::::;:;;;;;;::::: : : : :      : /;/  υ  ・  υ""""::::::::もっとくれ給え。もっともっともっとだ。
.l.;;;;;;;;;;;;;;;;.l丶::゛,!:ili.._:::;:;;;;;;;;;;:.::::::: : : : : : : ::!υ\:::::::::::υ.........  〜  〜
゙lli;;;;;;;;;;;;;;;;ゝミ;;-:: `″;.'!   ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...´: : : ゙υ ) ̄"""---,,;;;;;::::::::::
 .゙!i_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;~'T'ー-;;;..;;;.;;;;;;;;;;..;;;;;..............;   ;;;;      /  ̄ ̄  〜    \
  ゙゙k.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...;...;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/    /  〜   :    υ ::::::::丶
   `!l、;;;;;;;';;;;;;;;;...υ;;;;;;;;;;;;;;;;..;......'-、,;;;;;;;;;;;;;;;;;./     `、  υ  ::    〜  :::::|
     .゙'!ii;い;.;;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;....;;;;~''.;;;'''γ         ヽ 〜   ..::: 〜 〜  ::::::/
     i'゙ ゙̄''- 、;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.!         `i、__;;;;;;:::/\  :::::::/
     !;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'-、.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; /    

224 :゙`|',;_д゚∵ロ.:):2008/03/02(日) 23:09:54
          カナリエ
            ↓

          .,..-'''''"゙゙゙゙゙゙゙゙゙''''- 、
    . . -''´;;;;;;;;           `'''-、    コクッゴクッ
   .,,ー.;.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:.   ...-'''''''''l、゙`., 
 ,,i´";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: : : : : : .:.._,,..v.‘ゝ..、
 l;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: :       :υ      . `i     
.l;;;;;....;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;..;;;;;;;::: : :          .:!::::'゙;: !.^) 
il.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;..;__;;;;;:;:;;;;.;;...:: : : : : : : : :      //""'''''''---,,,,,,______ ;;;;--
.|;;';;;;;υ;;;;;;;;;/lニ'-、:::::::::;:;;;;;;::::: : : : :      : /;/  υ  ・  υ""""::::::::もっとくれ給え。もっともっともっとだ。
.l.;;;;;;;;;;;;;;;;.l丶::゛,!:ili.._:::;:;;;;;;;;;;:.::::::: : : : : : : ::!υ\:::::::::::υ.........  〜  〜
゙lli;;;;;;;;;;;;;;;;ゝミ;;-:: `″;.'!   ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...´: : : ゙υ ) ̄"""---,,;;;;;::::::::::
 .゙!i_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;~'T'ー-;;;..;;;.;;;;;;;;;;..;;;;;..............;   ;;;;      /  ̄ ̄  〜    \
  ゙゙k.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...;...;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/    /  〜   :    υ ::::::::丶
   `!l、;;;;;;;';;;;;;;;;...υ;;;;;;;;;;;;;;;;..;......'-、,;;;;;;;;;;;;;;;;;./     `、  υ  ::    〜  :::::|
     .゙'!ii;い;.;;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;....;;;;~''.;;;'''γ         ヽ 〜   ..::: 〜 〜  ::::::/
     i'゙ ゙̄''- 、;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.!         `i、__;;;;;;:::/\  :::::::/
     !;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'-、.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; /    


          カナリエ
            ↓

          .,..-'''''"゙゙゙゙゙゙゙゙゙''''- 、
    . . -''´;;;;;;;;           `'''-、    コクッゴクッ
   .,,ー.;.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:.   ...-'''''''''l、゙`., 
 ,,i´";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: : : : : : .:.._,,..v.‘ゝ..、
 l;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: :       :υ      . `i     
.l;;;;;....;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;..;;;;;;;::: : :          .:!::::'゙;: !.^) 
il.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;..;__;;;;;:;:;;;;.;;...:: : : : : : : : :      //""'''''''---,,,,,,______ ;;;;--
.|;;';;;;;υ;;;;;;;;;/lニ'-、:::::::::;:;;;;;;::::: : : : :      : /;/  υ  ・  υ""""::::::::もっとくれ給え。もっともっともっとだ。
.l.;;;;;;;;;;;;;;;;.l丶::゛,!:ili.._:::;:;;;;;;;;;;:.::::::: : : : : : : ::!υ\:::::::::::υ.........  〜  〜
゙lli;;;;;;;;;;;;;;;;ゝミ;;-:: `″;.'!   ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...´: : : ゙υ ) ̄"""---,,;;;;;::::::::::
 .゙!i_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;~'T'ー-;;;..;;;.;;;;;;;;;;..;;;;;..............;   ;;;;      /  ̄ ̄  〜    \
  ゙゙k.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...;...;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/    /  〜   :    υ ::::::::丶
   `!l、;;;;;;;';;;;;;;;;...υ;;;;;;;;;;;;;;;;..;......'-、,;;;;;;;;;;;;;;;;;./     `、  υ  ::    〜  :::::|
     .゙'!ii;い;.;;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;....;;;;~''.;;;'''γ         ヽ 〜   ..::: 〜 〜  ::::::/
     i'゙ ゙̄''- 、;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.!         `i、__;;;;;;:::/\  :::::::/
     !;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'-、.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; /    

225 :゙`|',;_д゚∵ロ.:):2008/03/03(月) 00:56:36
          カナリエ
            ↓

          .,..-'''''"゙゙゙゙゙゙゙゙゙''''- 、
    . . -''´;;;;;;;;           `'''-、    コクッゴクッ
   .,,ー.;.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:.   ...-'''''''''l、゙`., 
 ,,i´";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: : : : : : .:.._,,..v.‘ゝ..、
 l;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: :       :υ      . `i     
.l;;;;;....;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;..;;;;;;;::: : :          .:!::::'゙;: !.^) 
il.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;..;__;;;;;:;:;;;;.;;...:: : : : : : : : :      //""'''''''---,,,,,,______ ;;;;--
.|;;';;;;;υ;;;;;;;;;/lニ'-、:::::::::;:;;;;;;::::: : : : :      : /;/  υ  ・  υ""""::::::::もっとくれ給え。もっともっともっとだ。
.l.;;;;;;;;;;;;;;;;.l丶::゛,!:ili.._:::;:;;;;;;;;;;:.::::::: : : : : : : ::!υ\:::::::::::υ.........  〜  〜
゙lli;;;;;;;;;;;;;;;;ゝミ;;-:: `″;.'!   ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...´: : : ゙υ ) ̄"""---,,;;;;;::::::::::
 .゙!i_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;~'T'ー-;;;..;;;.;;;;;;;;;;..;;;;;..............;   ;;;;      /  ̄ ̄  〜    \
  ゙゙k.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...;...;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/    /  〜   :    υ ::::::::丶
   `!l、;;;;;;;';;;;;;;;;...υ;;;;;;;;;;;;;;;;..;......'-、,;;;;;;;;;;;;;;;;;./     `、  υ  ::    〜  :::::|
     .゙'!ii;い;.;;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;....;;;;~''.;;;'''γ         ヽ 〜   ..::: 〜 〜  ::::::/
     i'゙ ゙̄''- 、;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.!         `i、__;;;;;;:::/\  :::::::/
     !;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'-、.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; /    


          カナリエ
            ↓

          .,..-'''''"゙゙゙゙゙゙゙゙゙''''- 、
    . . -''´;;;;;;;;           `'''-、    コクッゴクッ
   .,,ー.;.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:.   ...-'''''''''l、゙`., 
 ,,i´";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: : : : : : .:.._,,..v.‘ゝ..、
 l;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: :       :υ      . `i     
.l;;;;;....;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;..;;;;;;;::: : :          .:!::::'゙;: !.^) 
il.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;..;__;;;;;:;:;;;;.;;...:: : : : : : : : :      //""'''''''---,,,,,,______ ;;;;--
.|;;';;;;;υ;;;;;;;;;/lニ'-、:::::::::;:;;;;;;::::: : : : :      : /;/  υ  ・  υ""""::::::::もっとくれ給え。もっともっともっとだ。
.l.;;;;;;;;;;;;;;;;.l丶::゛,!:ili.._:::;:;;;;;;;;;;:.::::::: : : : : : : ::!υ\:::::::::::υ.........  〜  〜
゙lli;;;;;;;;;;;;;;;;ゝミ;;-:: `″;.'!   ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...´: : : ゙υ ) ̄"""---,,;;;;;::::::::::
 .゙!i_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;~'T'ー-;;;..;;;.;;;;;;;;;;..;;;;;..............;   ;;;;      /  ̄ ̄  〜    \
  ゙゙k.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...;...;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/    /  〜   :    υ ::::::::丶
   `!l、;;;;;;;';;;;;;;;;...υ;;;;;;;;;;;;;;;;..;......'-、,;;;;;;;;;;;;;;;;;./     `、  υ  ::    〜  :::::|
     .゙'!ii;い;.;;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;....;;;;~''.;;;'''γ         ヽ 〜   ..::: 〜 〜  ::::::/
     i'゙ ゙̄''- 、;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.!         `i、__;;;;;;:::/\  :::::::/
     !;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'-、.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; /    

226 :゙`|',;_д゚∵ロ.:):2008/03/03(月) 10:33:38
          カナリエ
            ↓

          .,..-'''''"゙゙゙゙゙゙゙゙゙''''- 、
    . . -''´;;;;;;;;           `'''-、    コクッゴクッ
   .,,ー.;.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:.   ...-'''''''''l、゙`., 
 ,,i´";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: : : : : : .:.._,,..v.‘ゝ..、
 l;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: :       :υ      . `i     
.l;;;;;....;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;..;;;;;;;::: : :          .:!::::'゙;: !.^) 
il.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;..;__;;;;;:;:;;;;.;;...:: : : : : : : : :      //""'''''''---,,,,,,______ ;;;;--
.|;;';;;;;υ;;;;;;;;;/lニ'-、:::::::::;:;;;;;;::::: : : : :      : /;/  υ  ・  υ""""::::::::もっとくれ給え。もっともっともっとだ。
.l.;;;;;;;;;;;;;;;;.l丶::゛,!:ili.._:::;:;;;;;;;;;;:.::::::: : : : : : : ::!υ\:::::::::::υ.........  〜  〜
゙lli;;;;;;;;;;;;;;;;ゝミ;;-:: `″;.'!   ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...´: : : ゙υ ) ̄"""---,,;;;;;::::::::::
 .゙!i_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;~'T'ー-;;;..;;;.;;;;;;;;;;..;;;;;..............;   ;;;;      /  ̄ ̄  〜    \
  ゙゙k.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...;...;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/    /  〜   :    υ ::::::::丶
   `!l、;;;;;;;';;;;;;;;;...υ;;;;;;;;;;;;;;;;..;......'-、,;;;;;;;;;;;;;;;;;./     `、  υ  ::    〜  :::::|
     .゙'!ii;い;.;;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;....;;;;~''.;;;'''γ         ヽ 〜   ..::: 〜 〜  ::::::/
     i'゙ ゙̄''- 、;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.!         `i、__;;;;;;:::/\  :::::::/
     !;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'-、.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; /    


          カナリエ
            ↓

          .,..-'''''"゙゙゙゙゙゙゙゙゙''''- 、
    . . -''´;;;;;;;;           `'''-、    コクッゴクッ
   .,,ー.;.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:.   ...-'''''''''l、゙`., 
 ,,i´";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: : : : : : .:.._,,..v.‘ゝ..、
 l;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: :       :υ      . `i     
.l;;;;;....;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;..;;;;;;;::: : :          .:!::::'゙;: !.^) 
il.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;..;__;;;;;:;:;;;;.;;...:: : : : : : : : :      //""'''''''---,,,,,,______ ;;;;--
.|;;';;;;;υ;;;;;;;;;/lニ'-、:::::::::;:;;;;;;::::: : : : :      : /;/  υ  ・  υ""""::::::::もっとくれ給え。もっともっともっとだ。
.l.;;;;;;;;;;;;;;;;.l丶::゛,!:ili.._:::;:;;;;;;;;;;:.::::::: : : : : : : ::!υ\:::::::::::υ.........  〜  〜
゙lli;;;;;;;;;;;;;;;;ゝミ;;-:: `″;.'!   ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...´: : : ゙υ ) ̄"""---,,;;;;;::::::::::
 .゙!i_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;~'T'ー-;;;..;;;.;;;;;;;;;;..;;;;;..............;   ;;;;      /  ̄ ̄  〜    \
  ゙゙k.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...;...;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/    /  〜   :    υ ::::::::丶
   `!l、;;;;;;;';;;;;;;;;...υ;;;;;;;;;;;;;;;;..;......'-、,;;;;;;;;;;;;;;;;;./     `、  υ  ::    〜  :::::|
     .゙'!ii;い;.;;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;....;;;;~''.;;;'''γ         ヽ 〜   ..::: 〜 〜  ::::::/
     i'゙ ゙̄''- 、;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.!         `i、__;;;;;;:::/\  :::::::/
     !;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'-、.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; /    

227 :゙`|',;_д゚∵ロ.:) ◆groMilKs4. :2008/03/03(月) 21:17:28
どうもこの板には幾つもの嘘が隠されています。
それは夢の中で鍍金が剥げて顔を覗かせるのです。

228 :゙`|',;_д゚∵ロ.:) ◆groMilKs4. :2008/03/03(月) 21:18:45
いざ、夢の国へ!横浜ドリームランド。
薬科大に真実の薬があるのでしょうか。

229 :゙`|',;_д゚∵ロ.:) ◆groMilKs4. :2008/03/04(火) 21:00:49
天井の染みは鏡で光が反射してるだけです。
そう言ってそっと鏡を反らせた先の人に太陽熱は集中し注がれ、
焼け死なせてしまった時の罪悪感に似て。

230 :゙`|',;_д゚∵ロ.:) ◆groMilKs4. :2008/03/04(火) 21:01:53
あれが燃ゆる人、肉を焦がす人です。
耐火耐熱の脳を持ち、燃えながら考える人です。

231 :゙`|',;_д゚∵ロ.:):2008/03/04(火) 21:16:05
          カナリエ
            ↓

          .,..-'''''"゙゙゙゙゙゙゙゙゙''''- 、
    . . -''´;;;;;;;;           `'''-、    コクッゴクッ
   .,,ー.;.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:.   ...-'''''''''l、゙`., 
 ,,i´";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: : : : : : .:.._,,..v.‘ゝ..、
 l;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: :       :υ      . `i     
.l;;;;;....;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;..;;;;;;;::: : :          .:!::::'゙;: !.^) 
il.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;..;__;;;;;:;:;;;;.;;...:: : : : : : : : :      //""'''''''---,,,,,,______ ;;;;--
.|;;';;;;;υ;;;;;;;;;/lニ'-、:::::::::;:;;;;;;::::: : : : :      : /;/  υ  ・  υ""""::::::::もっとくれ給え。もっともっともっとだ。
.l.;;;;;;;;;;;;;;;;.l丶::゛,!:ili.._:::;:;;;;;;;;;;:.::::::: : : : : : : ::!υ\:::::::::::υ.........  〜  〜
゙lli;;;;;;;;;;;;;;;;ゝミ;;-:: `″;.'!   ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...´: : : ゙υ ) ̄"""---,,;;;;;::::::::::
 .゙!i_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;~'T'ー-;;;..;;;.;;;;;;;;;;..;;;;;..............;   ;;;;      /  ̄ ̄  〜    \
  ゙゙k.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...;...;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/    /  〜   :    υ ::::::::丶
   `!l、;;;;;;;';;;;;;;;;...υ;;;;;;;;;;;;;;;;..;......'-、,;;;;;;;;;;;;;;;;;./     `、  υ  ::    〜  :::::|
     .゙'!ii;い;.;;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;....;;;;~''.;;;'''γ         ヽ 〜   ..::: 〜 〜  ::::::/
     i'゙ ゙̄''- 、;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.!         `i、__;;;;;;:::/\  :::::::/
     !;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'-、.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; /    


          カナリエ
            ↓

          .,..-'''''"゙゙゙゙゙゙゙゙゙''''- 、
    . . -''´;;;;;;;;           `'''-、    コクッゴクッ
   .,,ー.;.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:.   ...-'''''''''l、゙`., 
 ,,i´";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: : : : : : .:.._,,..v.‘ゝ..、
 l;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: :       :υ      . `i     
.l;;;;;....;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;..;;;;;;;::: : :          .:!::::'゙;: !.^) 
il.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;..;__;;;;;:;:;;;;.;;...:: : : : : : : : :      //""'''''''---,,,,,,______ ;;;;--
.|;;';;;;;υ;;;;;;;;;/lニ'-、:::::::::;:;;;;;;::::: : : : :      : /;/  υ  ・  υ""""::::::::もっとくれ給え。もっともっともっとだ。
.l.;;;;;;;;;;;;;;;;.l丶::゛,!:ili.._:::;:;;;;;;;;;;:.::::::: : : : : : : ::!υ\:::::::::::υ.........  〜  〜
゙lli;;;;;;;;;;;;;;;;ゝミ;;-:: `″;.'!   ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...´: : : ゙υ ) ̄"""---,,;;;;;::::::::::
 .゙!i_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;~'T'ー-;;;..;;;.;;;;;;;;;;..;;;;;..............;   ;;;;      /  ̄ ̄  〜    \
  ゙゙k.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...;...;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/    /  〜   :    υ ::::::::丶
   `!l、;;;;;;;';;;;;;;;;...υ;;;;;;;;;;;;;;;;..;......'-、,;;;;;;;;;;;;;;;;;./     `、  υ  ::    〜  :::::|
     .゙'!ii;い;.;;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;....;;;;~''.;;;'''γ         ヽ 〜   ..::: 〜 〜  ::::::/
     i'゙ ゙̄''- 、;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.!         `i、__;;;;;;:::/\  :::::::/
     !;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'-、.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; /  

232 :゙`|',;_д゚∵ロ.:) ◆groMilKs4. :2008/03/04(火) 21:18:45
ジャイロスコープの空洞で永遠に踊る人です。

233 :゙`|',;_д゚∵ロ.:):2008/03/04(火) 21:19:43
          カナリエ
            ↓

          .,..-'''''"゙゙゙゙゙゙゙゙゙''''- 、
    . . -''´;;;;;;;;           `'''-、    コクッゴクッ
   .,,ー.;.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:.   ...-'''''''''l、゙`., 
 ,,i´";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: : : : : : .:.._,,..v.‘ゝ..、
 l;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: :       :υ      . `i     
.l;;;;;....;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;..;;;;;;;::: : :          .:!::::'゙;: !.^) 
il.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;..;__;;;;;:;:;;;;.;;...:: : : : : : : : :      //""'''''''---,,,,,,______ ;;;;--
.|;;';;;;;υ;;;;;;;;;/lニ'-、:::::::::;:;;;;;;::::: : : : :      : /;/  υ  ・  υ""""::::::::もっとくれ給え。もっともっともっとだ。
.l.;;;;;;;;;;;;;;;;.l丶::゛,!:ili.._:::;:;;;;;;;;;;:.::::::: : : : : : : ::!υ\:::::::::::υ.........  〜  〜
゙lli;;;;;;;;;;;;;;;;ゝミ;;-:: `″;.'!   ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...´: : : ゙υ ) ̄"""---,,;;;;;::::::::::
 .゙!i_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;~'T'ー-;;;..;;;.;;;;;;;;;;..;;;;;..............;   ;;;;      /  ̄ ̄  〜    \
  ゙゙k.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...;...;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/    /  〜   :    υ ::::::::丶
   `!l、;;;;;;;';;;;;;;;;...υ;;;;;;;;;;;;;;;;..;......'-、,;;;;;;;;;;;;;;;;;./     `、  υ  ::    〜  :::::|
     .゙'!ii;い;.;;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;....;;;;~''.;;;'''γ         ヽ 〜   ..::: 〜 〜  ::::::/
     i'゙ ゙̄''- 、;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.!         `i、__;;;;;;:::/\  :::::::/
     !;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'-、.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; /    


          カナリエ
            ↓

          .,..-'''''"゙゙゙゙゙゙゙゙゙''''- 、
    . . -''´;;;;;;;;           `'''-、    コクッゴクッ
   .,,ー.;.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:.   ...-'''''''''l、゙`., 
 ,,i´";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: : : : : : .:.._,,..v.‘ゝ..、
 l;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: :       :υ      . `i     
.l;;;;;....;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;..;;;;;;;::: : :          .:!::::'゙;: !.^) 
il.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;..;__;;;;;:;:;;;;.;;...:: : : : : : : : :      //""'''''''---,,,,,,______ ;;;;--
.|;;';;;;;υ;;;;;;;;;/lニ'-、:::::::::;:;;;;;;::::: : : : :      : /;/  υ  ・  υ""""::::::::もっとくれ給え。もっともっともっとだ。
.l.;;;;;;;;;;;;;;;;.l丶::゛,!:ili.._:::;:;;;;;;;;;;:.::::::: : : : : : : ::!υ\:::::::::::υ.........  〜  〜
゙lli;;;;;;;;;;;;;;;;ゝミ;;-:: `″;.'!   ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...´: : : ゙υ ) ̄"""---,,;;;;;::::::::::
 .゙!i_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;~'T'ー-;;;..;;;.;;;;;;;;;;..;;;;;..............;   ;;;;      /  ̄ ̄  〜    \
  ゙゙k.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...;...;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/    /  〜   :    υ ::::::::丶
   `!l、;;;;;;;';;;;;;;;;...υ;;;;;;;;;;;;;;;;..;......'-、,;;;;;;;;;;;;;;;;;./     `、  υ  ::    〜  :::::|
     .゙'!ii;い;.;;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;....;;;;~''.;;;'''γ         ヽ 〜   ..::: 〜 〜  ::::::/
     i'゙ ゙̄''- 、;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.!         `i、__;;;;;;:::/\  :::::::/
     !;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'-、.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; /    

234 :゙`|',;_д゚∵ロ.:):2008/03/06(木) 01:27:36
          カナリエ
            ↓

          .,..-'''''"゙゙゙゙゙゙゙゙゙''''- 、
    . . -''´;;;;;;;;           `'''-、    コクッゴクッ
   .,,ー.;.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:.   ...-'''''''''l、゙`., 
 ,,i´";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: : : : : : .:.._,,..v.‘ゝ..、
 l;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: :       :υ      . `i     
.l;;;;;....;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;..;;;;;;;::: : :          .:!::::'゙;: !.^) 
il.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;..;__;;;;;:;:;;;;.;;...:: : : : : : : : :      //""'''''''---,,,,,,______ ;;;;--
.|;;';;;;;υ;;;;;;;;;/lニ'-、:::::::::;:;;;;;;::::: : : : :      : /;/  υ  ・  υ""""::::::::もっとくれ給え。もっともっともっとだ。
.l.;;;;;;;;;;;;;;;;.l丶::゛,!:ili.._:::;:;;;;;;;;;;:.::::::: : : : : : : ::!υ\:::::::::::υ.........  〜  〜
゙lli;;;;;;;;;;;;;;;;ゝミ;;-:: `″;.'!   ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...´: : : ゙υ ) ̄"""---,,;;;;;::::::::::
 .゙!i_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;~'T'ー-;;;..;;;.;;;;;;;;;;..;;;;;..............;   ;;;;      /  ̄ ̄  〜    \
  ゙゙k.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...;...;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/    /  〜   :    υ ::::::::丶
   `!l、;;;;;;;';;;;;;;;;...υ;;;;;;;;;;;;;;;;..;......'-、,;;;;;;;;;;;;;;;;;./     `、  υ  ::    〜  :::::|
     .゙'!ii;い;.;;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;....;;;;~''.;;;'''γ         ヽ 〜   ..::: 〜 〜  ::::::/
     i'゙ ゙̄''- 、;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.!         `i、__;;;;;;:::/\  :::::::/
     !;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'-、.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; /    


          カナリエ
            ↓

          .,..-'''''"゙゙゙゙゙゙゙゙゙''''- 、
    . . -''´;;;;;;;;           `'''-、    コクッゴクッ
   .,,ー.;.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:.   ...-'''''''''l、゙`., 
 ,,i´";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: : : : : : .:.._,,..v.‘ゝ..、
 l;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: :       :υ      . `i     
.l;;;;;....;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;..;;;;;;;::: : :          .:!::::'゙;: !.^) 
il.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;..;__;;;;;:;:;;;;.;;...:: : : : : : : : :      //""'''''''---,,,,,,______ ;;;;--
.|;;';;;;;υ;;;;;;;;;/lニ'-、:::::::::;:;;;;;;::::: : : : :      : /;/  υ  ・  υ""""::::::::もっとくれ給え。もっともっともっとだ。
.l.;;;;;;;;;;;;;;;;.l丶::゛,!:ili.._:::;:;;;;;;;;;;:.::::::: : : : : : : ::!υ\:::::::::::υ.........  〜  〜
゙lli;;;;;;;;;;;;;;;;ゝミ;;-:: `″;.'!   ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...´: : : ゙υ ) ̄"""---,,;;;;;::::::::::
 .゙!i_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;~'T'ー-;;;..;;;.;;;;;;;;;;..;;;;;..............;   ;;;;      /  ̄ ̄  〜    \
  ゙゙k.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...;...;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/    /  〜   :    υ ::::::::丶
   `!l、;;;;;;;';;;;;;;;;...υ;;;;;;;;;;;;;;;;..;......'-、,;;;;;;;;;;;;;;;;;./     `、  υ  ::    〜  :::::|
     .゙'!ii;い;.;;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;....;;;;~''.;;;'''γ         ヽ 〜   ..::: 〜 〜  ::::::/
     i'゙ ゙̄''- 、;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.!         `i、__;;;;;;:::/\  :::::::/
     !;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'-、.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; /    

235 :゙`|',;_д゚∵ロ.:):2008/03/06(木) 01:29:51
          カナリエ
            ↓

          .,..-'''''"゙゙゙゙゙゙゙゙゙''''- 、
    . . -''´;;;;;;;;           `'''-、    コクッゴクッ
   .,,ー.;.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:.   ...-'''''''''l、゙`., 
 ,,i´";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: : : : : : .:.._,,..v.‘ゝ..、
 l;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: :       :υ      . `i     
.l;;;;;....;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;..;;;;;;;::: : :          .:!::::'゙;: !.^) 
il.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;..;__;;;;;:;:;;;;.;;...:: : : : : : : : :      //""'''''''---,,,,,,______ ;;;;--
.|;;';;;;;υ;;;;;;;;;/lニ'-、:::::::::;:;;;;;;::::: : : : :      : /;/  υ  ・  υ""""::::::::もっとくれ給え。もっともっともっとだ。
.l.;;;;;;;;;;;;;;;;.l丶::゛,!:ili.._:::;:;;;;;;;;;;:.::::::: : : : : : : ::!υ\:::::::::::υ.........  〜  〜
゙lli;;;;;;;;;;;;;;;;ゝミ;;-:: `″;.'!   ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...´: : : ゙υ ) ̄"""---,,;;;;;::::::::::
 .゙!i_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;~'T'ー-;;;..;;;.;;;;;;;;;;..;;;;;..............;   ;;;;      /  ̄ ̄  〜    \
  ゙゙k.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...;...;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/    /  〜   :    υ ::::::::丶
   `!l、;;;;;;;';;;;;;;;;...υ;;;;;;;;;;;;;;;;..;......'-、,;;;;;;;;;;;;;;;;;./     `、  υ  ::    〜  :::::|
     .゙'!ii;い;.;;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;....;;;;~''.;;;'''γ         ヽ 〜   ..::: 〜 〜  ::::::/
     i'゙ ゙̄''- 、;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.!         `i、__;;;;;;:::/\  :::::::/
     !;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'-、.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; /    


          カナリエ
            ↓

          .,..-'''''"゙゙゙゙゙゙゙゙゙''''- 、
    . . -''´;;;;;;;;           `'''-、    コクッゴクッ
   .,,ー.;.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:.   ...-'''''''''l、゙`., 
 ,,i´";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: : : : : : .:.._,,..v.‘ゝ..、
 l;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: :       :υ      . `i     
.l;;;;;....;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;..;;;;;;;::: : :          .:!::::'゙;: !.^) 
il.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;..;__;;;;;:;:;;;;.;;...:: : : : : : : : :      //""'''''''---,,,,,,______ ;;;;--
.|;;';;;;;υ;;;;;;;;;/lニ'-、:::::::::;:;;;;;;::::: : : : :      : /;/  υ  ・  υ""""::::::::もっとくれ給え。もっともっともっとだ。
.l.;;;;;;;;;;;;;;;;.l丶::゛,!:ili.._:::;:;;;;;;;;;;:.::::::: : : : : : : ::!υ\:::::::::::υ.........  〜  〜
゙lli;;;;;;;;;;;;;;;;ゝミ;;-:: `″;.'!   ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...´: : : ゙υ ) ̄"""---,,;;;;;::::::::::
 .゙!i_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;~'T'ー-;;;..;;;.;;;;;;;;;;..;;;;;..............;   ;;;;      /  ̄ ̄  〜    \
  ゙゙k.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...;...;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/    /  〜   :    υ ::::::::丶
   `!l、;;;;;;;';;;;;;;;;...υ;;;;;;;;;;;;;;;;..;......'-、,;;;;;;;;;;;;;;;;;./     `、  υ  ::    〜  :::::|
     .゙'!ii;い;.;;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;....;;;;~''.;;;'''γ         ヽ 〜   ..::: 〜 〜  ::::::/
     i'゙ ゙̄''- 、;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.!         `i、__;;;;;;:::/\  :::::::/
     !;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'-、.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; /    

236 :゙`|',;_д゚∵ロ.:) ◆groMilKs4. :2008/03/08(土) 02:16:50
ベッドが燃えています。
ここは洗濯機の中でした。

237 :゙`|',;_д゚∵ロ.:):2008/03/08(土) 02:30:55
          カナリエ
            ↓

          .,..-'''''"゙゙゙゙゙゙゙゙゙''''- 、
    . . -''´;;;;;;;;           `'''-、    コクッゴクッ
   .,,ー.;.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:.   ...-'''''''''l、゙`., 
 ,,i´";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: : : : : : .:.._,,..v.‘ゝ..、
 l;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: :       :υ      . `i     
.l;;;;;....;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;..;;;;;;;::: : :          .:!::::'゙;: !.^) 
il.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;..;__;;;;;:;:;;;;.;;...:: : : : : : : : :      //""'''''''---,,,,,,______ ;;;;--
.|;;';;;;;υ;;;;;;;;;/lニ'-、:::::::::;:;;;;;;::::: : : : :      : /;/  υ  ・  υ""""::::::::もっとくれ給え。もっともっともっとだ。
.l.;;;;;;;;;;;;;;;;.l丶::゛,!:ili.._:::;:;;;;;;;;;;:.::::::: : : : : : : ::!υ\:::::::::::υ.........  〜  〜
゙lli;;;;;;;;;;;;;;;;ゝミ;;-:: `″;.'!   ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...´: : : ゙υ ) ̄"""---,,;;;;;::::::::::
 .゙!i_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;~'T'ー-;;;..;;;.;;;;;;;;;;..;;;;;..............;   ;;;;      /  ̄ ̄  〜    \
  ゙゙k.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...;...;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/    /  〜   :    υ ::::::::丶
   `!l、;;;;;;;';;;;;;;;;...υ;;;;;;;;;;;;;;;;..;......'-、,;;;;;;;;;;;;;;;;;./     `、  υ  ::    〜  :::::|
     .゙'!ii;い;.;;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;....;;;;~''.;;;'''γ         ヽ 〜   ..::: 〜 〜  ::::::/
     i'゙ ゙̄''- 、;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.!         `i、__;;;;;;:::/\  :::::::/
     !;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'-、.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; /    


          カナリエ
            ↓

          .,..-'''''"゙゙゙゙゙゙゙゙゙''''- 、
    . . -''´;;;;;;;;           `'''-、    コクッゴクッ
   .,,ー.;.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:.   ...-'''''''''l、゙`., 
 ,,i´";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: : : : : : .:.._,,..v.‘ゝ..、
 l;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: :       :υ      . `i     
.l;;;;;....;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;..;;;;;;;::: : :          .:!::::'゙;: !.^) 
il.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;..;__;;;;;:;:;;;;.;;...:: : : : : : : : :      //""'''''''---,,,,,,______ ;;;;--
.|;;';;;;;υ;;;;;;;;;/lニ'-、:::::::::;:;;;;;;::::: : : : :      : /;/  υ  ・  υ""""::::::::もっとくれ給え。もっともっともっとだ。
.l.;;;;;;;;;;;;;;;;.l丶::゛,!:ili.._:::;:;;;;;;;;;;:.::::::: : : : : : : ::!υ\:::::::::::υ.........  〜  〜
゙lli;;;;;;;;;;;;;;;;ゝミ;;-:: `″;.'!   ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...´: : : ゙υ ) ̄"""---,,;;;;;::::::::::
 .゙!i_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;~'T'ー-;;;..;;;.;;;;;;;;;;..;;;;;..............;   ;;;;      /  ̄ ̄  〜    \
  ゙゙k.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...;...;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/    /  〜   :    υ ::::::::丶
   `!l、;;;;;;;';;;;;;;;;...υ;;;;;;;;;;;;;;;;..;......'-、,;;;;;;;;;;;;;;;;;./     `、  υ  ::    〜  :::::|
     .゙'!ii;い;.;;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;....;;;;~''.;;;'''γ         ヽ 〜   ..::: 〜 〜  ::::::/
     i'゙ ゙̄''- 、;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.!         `i、__;;;;;;:::/\  :::::::/
     !;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'-、.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; /    

238 :名無しちゃん…電波届いた?:2008/03/08(土) 07:58:08
顔パーツ分解能

239 :゙`|',;_д゚∵ロ.:):2008/03/10(月) 00:13:43
          カナリエ
            ↓

          .,..-'''''"゙゙゙゙゙゙゙゙゙''''- 、
    . . -''´;;;;;;;;           `'''-、    コクッゴクッ
   .,,ー.;.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:.   ...-'''''''''l、゙`., 
 ,,i´";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: : : : : : .:.._,,..v.‘ゝ..、
 l;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: :       :υ      . `i     
.l;;;;;....;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;..;;;;;;;::: : :          .:!::::'゙;: !.^) 
il.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;..;__;;;;;:;:;;;;.;;...:: : : : : : : : :      //""'''''''---,,,,,,______ ;;;;--
.|;;';;;;;υ;;;;;;;;;/lニ'-、:::::::::;:;;;;;;::::: : : : :      : /;/  υ  ・  υ""""::::::::もっとくれ給え。もっともっともっとだ。
.l.;;;;;;;;;;;;;;;;.l丶::゛,!:ili.._:::;:;;;;;;;;;;:.::::::: : : : : : : ::!υ\:::::::::::υ.........  〜  〜
゙lli;;;;;;;;;;;;;;;;ゝミ;;-:: `″;.'!   ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...´: : : ゙υ ) ̄"""---,,;;;;;::::::::::
 .゙!i_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;~'T'ー-;;;..;;;.;;;;;;;;;;..;;;;;..............;   ;;;;      /  ̄ ̄  〜    \
  ゙゙k.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...;...;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/    /  〜   :    υ ::::::::丶
   `!l、;;;;;;;';;;;;;;;;...υ;;;;;;;;;;;;;;;;..;......'-、,;;;;;;;;;;;;;;;;;./     `、  υ  ::    〜  :::::|
     .゙'!ii;い;.;;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;....;;;;~''.;;;'''γ         ヽ 〜   ..::: 〜 〜  ::::::/
     i'゙ ゙̄''- 、;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.!         `i、__;;;;;;:::/\  :::::::/
     !;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'-、.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; /    


          カナリエ
            ↓

          .,..-'''''"゙゙゙゙゙゙゙゙゙''''- 、
    . . -''´;;;;;;;;           `'''-、    コクッゴクッ
   .,,ー.;.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:.   ...-'''''''''l、゙`., 
 ,,i´";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: : : : : : .:.._,,..v.‘ゝ..、
 l;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: :       :υ      . `i     
.l;;;;;....;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;..;;;;;;;::: : :          .:!::::'゙;: !.^) 
il.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;..;__;;;;;:;:;;;;.;;...:: : : : : : : : :      //""'''''''---,,,,,,______ ;;;;--
.|;;';;;;;υ;;;;;;;;;/lニ'-、:::::::::;:;;;;;;::::: : : : :      : /;/  υ  ・  υ""""::::::::もっとくれ給え。もっともっともっとだ。
.l.;;;;;;;;;;;;;;;;.l丶::゛,!:ili.._:::;:;;;;;;;;;;:.::::::: : : : : : : ::!υ\:::::::::::υ.........  〜  〜
゙lli;;;;;;;;;;;;;;;;ゝミ;;-:: `″;.'!   ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...´: : : ゙υ ) ̄"""---,,;;;;;::::::::::
 .゙!i_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;~'T'ー-;;;..;;;.;;;;;;;;;;..;;;;;..............;   ;;;;      /  ̄ ̄  〜    \
  ゙゙k.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...;...;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/    /  〜   :    υ ::::::::丶
   `!l、;;;;;;;';;;;;;;;;...υ;;;;;;;;;;;;;;;;..;......'-、,;;;;;;;;;;;;;;;;;./     `、  υ  ::    〜  :::::|
     .゙'!ii;い;.;;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;....;;;;~''.;;;'''γ         ヽ 〜   ..::: 〜 〜  ::::::/
     i'゙ ゙̄''- 、;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.!         `i、__;;;;;;:::/\  :::::::/
     !;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'-、.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; /  

240 :゙`|',;_д゚∵ロ.:) ◆groMilKs4. :2008/03/10(月) 21:35:46
手遅れの毒の水は黒。

241 :゙`|',;_д゚∵ロ.:) ◆groMilKs4. :2008/03/10(月) 21:59:02
TBSが東京を燃やしていますね。

242 :゙`|',;_д゚∵ロ.:):2008/03/10(月) 23:42:53
          カナリエ
            ↓

          .,..-'''''"゙゙゙゙゙゙゙゙゙''''- 、
    . . -''´;;;;;;;;           `'''-、    コクッゴクッ
   .,,ー.;.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:.   ...-'''''''''l、゙`., 
 ,,i´";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: : : : : : .:.._,,..v.‘ゝ..、
 l;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: :       :υ      . `i     
.l;;;;;....;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;..;;;;;;;::: : :          .:!::::'゙;: !.^) 
il.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;..;__;;;;;:;:;;;;.;;...:: : : : : : : : :      //""'''''''---,,,,,,______ ;;;;--
.|;;';;;;;υ;;;;;;;;;/lニ'-、:::::::::;:;;;;;;::::: : : : :      : /;/  υ  ・  υ""""::::::::もっとくれ給え。もっともっともっとだ。
.l.;;;;;;;;;;;;;;;;.l丶::゛,!:ili.._:::;:;;;;;;;;;;:.::::::: : : : : : : ::!υ\:::::::::::υ.........  〜  〜
゙lli;;;;;;;;;;;;;;;;ゝミ;;-:: `″;.'!   ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...´: : : ゙υ ) ̄"""---,,;;;;;::::::::::
 .゙!i_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;~'T'ー-;;;..;;;.;;;;;;;;;;..;;;;;..............;   ;;;;      /  ̄ ̄  〜    \
  ゙゙k.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...;...;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/    /  〜   :    υ ::::::::丶
   `!l、;;;;;;;';;;;;;;;;...υ;;;;;;;;;;;;;;;;..;......'-、,;;;;;;;;;;;;;;;;;./     `、  υ  ::    〜  :::::|
     .゙'!ii;い;.;;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;....;;;;~''.;;;'''γ         ヽ 〜   ..::: 〜 〜  ::::::/
     i'゙ ゙̄''- 、;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.!         `i、__;;;;;;:::/\  :::::::/
     !;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'-、.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; /    


          カナリエ
            ↓

          .,..-'''''"゙゙゙゙゙゙゙゙゙''''- 、
    . . -''´;;;;;;;;           `'''-、    コクッゴクッ
   .,,ー.;.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:.   ...-'''''''''l、゙`., 
 ,,i´";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: : : : : : .:.._,,..v.‘ゝ..、
 l;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: :       :υ      . `i     
.l;;;;;....;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;..;;;;;;;::: : :          .:!::::'゙;: !.^) 
il.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;..;__;;;;;:;:;;;;.;;...:: : : : : : : : :      //""'''''''---,,,,,,______ ;;;;--
.|;;';;;;;υ;;;;;;;;;/lニ'-、:::::::::;:;;;;;;::::: : : : :      : /;/  υ  ・  υ""""::::::::もっとくれ給え。もっともっともっとだ。
.l.;;;;;;;;;;;;;;;;.l丶::゛,!:ili.._:::;:;;;;;;;;;;:.::::::: : : : : : : ::!υ\:::::::::::υ.........  〜  〜
゙lli;;;;;;;;;;;;;;;;ゝミ;;-:: `″;.'!   ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...´: : : ゙υ ) ̄"""---,,;;;;;::::::::::
 .゙!i_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;~'T'ー-;;;..;;;.;;;;;;;;;;..;;;;;..............;   ;;;;      /  ̄ ̄  〜    \
  ゙゙k.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...;...;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/    /  〜   :    υ ::::::::丶
   `!l、;;;;;;;';;;;;;;;;...υ;;;;;;;;;;;;;;;;..;......'-、,;;;;;;;;;;;;;;;;;./     `、  υ  ::    〜  :::::|
     .゙'!ii;い;.;;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;....;;;;~''.;;;'''γ         ヽ 〜   ..::: 〜 〜  ::::::/
     i'゙ ゙̄''- 、;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.!         `i、__;;;;;;:::/\  :::::::/
     !;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'-、.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; /  

243 :゙`|',;_д゚∵ロ.:):2008/03/12(水) 01:03:06
          カナリエ
            ↓

          .,..-'''''"゙゙゙゙゙゙゙゙゙''''- 、
    . . -''´;;;;;;;;           `'''-、    コクッゴクッ
   .,,ー.;.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:.   ...-'''''''''l、゙`., 
 ,,i´";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: : : : : : .:.._,,..v.‘ゝ..、
 l;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: :       :υ      . `i     
.l;;;;;....;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;..;;;;;;;::: : :          .:!::::'゙;: !.^) 
il.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;..;__;;;;;:;:;;;;.;;...:: : : : : : : : :      //""'''''''---,,,,,,______ ;;;;--
.|;;';;;;;υ;;;;;;;;;/lニ'-、:::::::::;:;;;;;;::::: : : : :      : /;/  υ  ・  υ""""::::::::もっとくれ給え。もっともっともっとだ。
.l.;;;;;;;;;;;;;;;;.l丶::゛,!:ili.._:::;:;;;;;;;;;;:.::::::: : : : : : : ::!υ\:::::::::::υ.........  〜  〜
゙lli;;;;;;;;;;;;;;;;ゝミ;;-:: `″;.'!   ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...´: : : ゙υ ) ̄"""---,,;;;;;::::::::::
 .゙!i_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;~'T'ー-;;;..;;;.;;;;;;;;;;..;;;;;..............;   ;;;;      /  ̄ ̄  〜    \
  ゙゙k.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...;...;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/    /  〜   :    υ ::::::::丶
   `!l、;;;;;;;';;;;;;;;;...υ;;;;;;;;;;;;;;;;..;......'-、,;;;;;;;;;;;;;;;;;./     `、  υ  ::    〜  :::::|
     .゙'!ii;い;.;;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;....;;;;~''.;;;'''γ         ヽ 〜   ..::: 〜 〜  ::::::/
     i'゙ ゙̄''- 、;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.!         `i、__;;;;;;:::/\  :::::::/
     !;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'-、.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; /    


          カナリエ
            ↓

          .,..-'''''"゙゙゙゙゙゙゙゙゙''''- 、
    . . -''´;;;;;;;;           `'''-、    コクッゴクッ
   .,,ー.;.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:.   ...-'''''''''l、゙`., 
 ,,i´";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: : : : : : .:.._,,..v.‘ゝ..、
 l;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: :       :υ      . `i     
.l;;;;;....;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;..;;;;;;;::: : :          .:!::::'゙;: !.^) 
il.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;..;__;;;;;:;:;;;;.;;...:: : : : : : : : :      //""'''''''---,,,,,,______ ;;;;--
.|;;';;;;;υ;;;;;;;;;/lニ'-、:::::::::;:;;;;;;::::: : : : :      : /;/  υ  ・  υ""""::::::::もっとくれ給え。もっともっともっとだ。
.l.;;;;;;;;;;;;;;;;.l丶::゛,!:ili.._:::;:;;;;;;;;;;:.::::::: : : : : : : ::!υ\:::::::::::υ.........  〜  〜
゙lli;;;;;;;;;;;;;;;;ゝミ;;-:: `″;.'!   ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...´: : : ゙υ ) ̄"""---,,;;;;;::::::::::
 .゙!i_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;~'T'ー-;;;..;;;.;;;;;;;;;;..;;;;;..............;   ;;;;      /  ̄ ̄  〜    \
  ゙゙k.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...;...;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/    /  〜   :    υ ::::::::丶
   `!l、;;;;;;;';;;;;;;;;...υ;;;;;;;;;;;;;;;;..;......'-、,;;;;;;;;;;;;;;;;;./     `、  υ  ::    〜  :::::|
     .゙'!ii;い;.;;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;....;;;;~''.;;;'''γ         ヽ 〜   ..::: 〜 〜  ::::::/
     i'゙ ゙̄''- 、;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.!         `i、__;;;;;;:::/\  :::::::/
     !;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'-、.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; /  

244 :゙`|',;_д゚∵ロ.:) ◆groMilKs4. :2008/03/13(木) 23:51:40
虎ノ門駅1番出口でホームレスが社会問題を叫んでおりました。

245 :゙`|',;_д゚∵ロ.:):2008/03/14(金) 00:18:47
 司郎も一度始めてしまうと、そのたまらない快感に止める事ができず、妹を屈服させるよりも自分の快楽を求めて激しく腰を振り続けた。
「やっ、はぅっ、あっ、ああんっ……はっ、あっ、やんっ……こ、こんなのぉ、あっ……いい、はぅっ……いいよぉっ……」
 妹はすでに兄の行為を否定するのを忘れたのか、頭を左右に振って髪を振り乱し、快感を受け入れる言葉を吐いている。
 それに司郎が興奮しない訳がない。
 さらに腰の動きが早くなっていく。
「あっ、ああっ、はぁぅっ……おにぃ、ああっ……お兄ちゃん凄いよぉっ……あぅっ、あっ、やぁんっ……」
 腕を崩し、上半身で体を支えながら、腰だけを高く突き出し兄の動きに合わせる様に腰を振っている。
「やぁっ、はんっ、あっ、いやぁんっ……はぅっ、あっ、ああんっ……もっと、あっ……お兄ちゃんもっとぉっ……あぅっ、あっ、やんっ……もっとしてぇっ……あああんっ……」
 妹の自分を求める言葉。
 それが凄まじい快感を司郎にもたらした。
 射精感が急激に高まり、最後の動きとばかりに激しく腰を動かしていく。
「ああっ、あっ、あんっ……やぁぅっ、はぁっ、ああんっ……激し、ああっ……お兄ちゃん激しいよぉっ……あんっ、あんっ、ああんっ……そんなにされたら、
あっ……私イっちゃう、ああっ……私イっちゃうのぉっ……やんっ、あっ、ああっ……お兄ちゃぁんっ……あああああっ……!」
「うおおっ……真奈美っ、真奈美っ、真奈美ぃっ……!」
 妹の絶叫に合わせて精を放つ。
 凄まじい開放感と快楽が脳に襲い掛かる。
 まるで連射する銃の劇鉄であるかの様に、体を激しく前後に揺らし、そのたびにドピュッ、ドピュッ、と精液が妹の膣に注がれていく。
 最後の射精を終えると体の力が抜け、そのまま妹の背中に身を横たえた。
 妹も膝を折り、二人は布団の上に重なる様に倒れこむ。
 耳元で妹の荒い息が聞こえる。
(やっぱり……気持ちいいなぁ……)
 妹を襲ってから忘れることのできなかったセックスの味。
 まさか再び妹とするとは思わなかった。
(真奈美が悪いんだよ……)
 興奮が冷めると、また罪悪感が押し寄せる。
(俺だって悪いと思ってたのに……あんな風にするから……)
 だが今回は「自分は妹にいやがらせを受けたから仕方なくしたのだ」という逃げがあった。
(そうだよ……だからこれは正当な行為だ……俺の復讐なんだからな……)
 ゆっくりと起き上がる。
(だから……もっとしていいんだ……まだ俺の怒りは治まっていないんだから……)
 本当は、怒りよりも肉欲が治まっていないのだ。

246 :゙`|',;_д゚∵ロ.:):2008/03/14(金) 01:12:42
その日以来、司郎は地獄の日々を味わっていた。
 小遣いは全て取られ、部屋の掃除から今まで妹がしていた家の手伝いまでをさせられているのだ。
(まるで鬼だ……)
 それは比喩ではなく、二人きりになると妹は般若の形相で司郎を責め立てる。
「ほら、お兄ちゃん、こっちが汚れてるよ。ちゃんとしてよね」
 今日もいつもの様に、妹に睨まれながら部屋の掃除をさせられている。
 だがいつしか司郎の中には、妹に対する恨みの思いが湧き起こっていた。
 時間とは都合のいいもので、あれほどあった後悔の念もすっかり無くなっている。
 妹の態度がこの様な状態でなければそれも無かったであろうが、これほどキツク扱われては、罪を償う思い以上に、恨みの念が強くなっても仕方のない事だろう。
 司郎は、機会があれば復讐をしてやろうと思っていた。
「ここっ、ここだって言ってるでしょっ。まったくもうっ、トロいんだから」
 呆れた様に言いながら、妹は近くによって場所を示す。
 その瞬間、えも言われぬいい匂いが漂ってきた。
 それは妹を抱いた時、つまり裸で抱き合い、肉棒を押し込んでいた時にさんざん嗅いだ匂いだった。
 妹の体の感触が蘇り、バクバクと心臓が脈打つ。
 一気に一物が硬くなった。
(真奈美の……体……)
 視線を胸に向けると、以前自由に揉みしだいたつつましい膨らみがシャツを持ち上げており、スカートから伸びる脚も健康的で、どちらにもむしゃぶりつきたくなる衝動が起きる。
 隠されているのが興奮を誘うのだろうか、裸の時よりも艶かしさを感じさせた。
 ゴクっと唾を飲み込む。
「なにボーっとしてるのっ、早くしてよっ」
 妹の言葉にカチンとくる。
(なぁに言ってやがるんだ……俺にチンポを押し込まれた時は、あんなに痛い痛いって泣いてたヤツが……)
 その時の感触を思い出し、肉棒がグンと力を増す。
(それに……入れるまでは気持ち良さそうによがってた……あれだけ感じてたくせに……俺にしてもらいたがったくせに……どうして俺だけがこんな酷い目に遭わなきゃいけないんだ……?)
 同じ様に気持ちの良さを感じたのに、なぜ一方的に非難されなければならないのか。
 本来は強姦したのだから司郎が悪いのは当然である。
 だが数日に渡る酷い扱いにより、その事は記憶から消え去ってしまっていたのだ。
 今の司郎の頭には、妹に仕返しをし、兄としての威厳を取り戻すことしかなかった。
 掃除機のスイッチを切ると、ゆっくりと妹の方に体を向ける。
「あれ? なに、どうしたの? まだ終わってないでしょ」
 怪訝な顔でこちらを見ている。
「いや、終わりだよ……」
 ボソッと呟く。
「何言ってるの、そっちがまだでしょ」
「いいや、終わりだ……」
 そう言いながら妹が腰掛けているベッドに近づいていく。
「な、なに?……ちょっと、どうしたの……?」
 兄の様子がおかしいのに気づいたのか、少し怯えた様にしている。
「ふふ……もうこんな事は終わりだ……お前に目上の人間に対する態度ってのを教えてやるっ……」
 そう叫ぶと妹の体をベッドに押し倒す。
「きゃあっ……お兄ちゃん、いやっ……止めてぇっ」

247 :゙`|',;_д゚∵ロ.:) ◆groMilKs4. :2008/03/20(木) 19:54:35
Sweet脳死で植物の転生朝焼けの光の如く、
裏返しになりました、眼から上をスコーンです。

248 :゙`|',;_д゚∵ロ.:):2008/03/20(木) 20:04:25
「ああんっ……だ、駄目ぇっ……やんっ……毎日なんて駄目だよぉっ……」
 司郎は、頭を仰け反らせて叫ぶ妹を抱きしめながら、再び肉棒を押し込んでいった。
 たまらない快感が肉体を包む。
「あぅんっ……駄目、止めてぇっ……」
 押し返そうとしてくる妹に逆らって、ピッタリと体をくっつける。
「お前だって……ホントはしたいんだろ……?」
 腰を動かし始めながら耳元で囁く。
「あんっ、やっ、はぁんっ……したくないよ、やぁっ……」
 首筋に舌を這わす。
「あっ、あっ、ああんっ……だ、駄目だよぉ、やっ……こんな、あんっ……こんなのぉ、やぁんっ……」
「いいじゃないかっ……俺は真奈美が大好きだぞっ……」
「あんっ、あんっ、あああんっ……私はお兄ちゃんなんか、はぅっ……大っ嫌い、ああんっ……なんだからぁっ……」
「こんなに気持ちのいいことっ……してもらってるくせにっ……何言ってるんだよっ……俺はいい兄貴だろがっ……」
 腰を強く叩きつける。
「気持ち良くなんか、あふっ……気持ち良くなんかぁ、ああんっ……気持ちぃ、やんっ……気持ちいいよぉっ……」
 否定しようとしてできなくなっている妹に苦笑する。
「やんっ、やっ、ひゃぁんっ……すご、あっ……凄い、あんっ……凄いよぉっ……」
 妹は言葉で否定しようが、結局は自分を受け入れている。
 自分と同じで肉体の快楽には逆らえないのだ。
 だったらそれで構わないではないか。
 これからも嫌がる妹を犯していこう。
 そんな強姦の興奮が司郎を高めていった。
「あっ、あっ、ああんっ……やぅっ、やっ、やぁんっ……おにぃ、あっ……おにぃちゃ、ああっ……おにぃちゃぁんっ……」
 激しく擦れ合う肉と肉が快感を呼び起こしていく。
(こんな気持ちのいいこと……止められるもんか……)
 目の前で乱れる妹の姿が視覚的に刺激を与えてくる。
「あふっ、あっ、ああんっ……駄目、あんっ……駄目だよぉっ……やっ、やぁっ、やぁんっ……もうイく、
あっ……もうイくのぉ、ああっ……イっちゃうぅっ……ああああんっ……!」 
「真奈美ぃっ……!」
 妹の絶頂に合わせて精を放つ。
 ドクドクドクと先を争う様に精液が放出されていくのを感じながら、司郎はたまらない快感に浸っていた。
(これから毎日できるんだ……真奈美と毎日……俺ってスゲェ幸せだぁ……)
 幸福感を感じながら、射精を終えた司郎は、力を抜くと愛おしい妹の肉体に倒れこんでいくのだった。

249 :゙`|',;_д゚∵ロ.:) ◆groMilKs4. :2008/03/22(土) 23:54:01
さり気無い急落下の不発弾を地上で抱きしめる傷痍軍人が居ます。

250 :゙`|',;_д゚∵ロ.:) ◆groMilKs4. :2008/03/22(土) 23:54:47
光が・・・・・・

251 :゙`|',;_д゚∵ロ.:) ◆groMilKs4. :2008/03/22(土) 23:56:52
蕾はまだ芸術ではありません。

252 :゙`|',;_д゚∵ロ.:) ◆groMilKs4. :2008/03/22(土) 23:57:10
おぉ、光が・・・・・・

253 :゙`|',;_д゚∵ロ.:) ◆groMilKs4. :2008/03/22(土) 23:58:24
それは一瞬に華開きます。

254 :゙`|',;_д゚∵ロ.:) ◆groMilKs4. :2008/03/22(土) 23:59:02
眩し過ぎる光が・・・・・・

255 :゙`|',;_д゚∵ロ.:) ◆groMilKs4. :2008/03/22(土) 23:59:50
その時、私の体は紙くずのように吹き飛び、
目を失いました。

256 :゙`|',;_д゚∵ロ.:):2008/03/23(日) 00:07:12
「ああんっ……だ、駄目ぇっ……やんっ……毎日なんて駄目だよぉっ……」
 司郎は、頭を仰け反らせて叫ぶ妹を抱きしめながら、再び肉棒を押し込んでいった。
 たまらない快感が肉体を包む。
「あぅんっ……駄目、止めてぇっ……」
 押し返そうとしてくる妹に逆らって、ピッタリと体をくっつける。
「お前だって……ホントはしたいんだろ……?」
 腰を動かし始めながら耳元で囁く。
「あんっ、やっ、はぁんっ……したくないよ、やぁっ……」
 首筋に舌を這わす。
「あっ、あっ、ああんっ……だ、駄目だよぉ、やっ……こんな、あんっ……こんなのぉ、やぁんっ……」
「いいじゃないかっ……俺は真奈美が大好きだぞっ……」
「あんっ、あんっ、あああんっ……私はお兄ちゃんなんか、はぅっ……大っ嫌い、ああんっ……なんだからぁっ……」
「こんなに気持ちのいいことっ……してもらってるくせにっ……何言ってるんだよっ……俺はいい兄貴だろがっ……」
 腰を強く叩きつける。
「気持ち良くなんか、あふっ……気持ち良くなんかぁ、ああんっ……気持ちぃ、やんっ……気持ちいいよぉっ……」
 否定しようとしてできなくなっている妹に苦笑する。
「やんっ、やっ、ひゃぁんっ……すご、あっ……凄い、あんっ……凄いよぉっ……」
 妹は言葉で否定しようが、結局は自分を受け入れている。
 自分と同じで肉体の快楽には逆らえないのだ。
 だったらそれで構わないではないか。
 これからも嫌がる妹を犯していこう。
 そんな強姦の興奮が司郎を高めていった。
「あっ、あっ、ああんっ……やぅっ、やっ、やぁんっ……おにぃ、あっ……おにぃちゃ、ああっ……おにぃちゃぁんっ……」
 激しく擦れ合う肉と肉が快感を呼び起こしていく。
(こんな気持ちのいいこと……止められるもんか……)
 目の前で乱れる妹の姿が視覚的に刺激を与えてくる。
「あふっ、あっ、ああんっ……駄目、あんっ……駄目だよぉっ……やっ、やぁっ、やぁんっ……もうイく、
あっ……もうイくのぉ、ああっ……イっちゃうぅっ……ああああんっ……!」 
「真奈美ぃっ……!」
 妹の絶頂に合わせて精を放つ。
 ドクドクドクと先を争う様に精液が放出されていくのを感じながら、司郎はたまらない快感に浸っていた。
(これから毎日できるんだ……真奈美と毎日……俺ってスゲェ幸せだぁ……)
 幸福感を感じながら、射精を終えた司郎は、力を抜くと愛おしい妹の肉体に倒れこんでいくのだった。

257 :゙`|',;_д゚∵ロ.:):2008/03/23(日) 00:08:38
 股間の一物はすでに嫌というほど硬くなっており、先漏れの液がダラダラとたれている。
 さすがに挿入まではするまいと思っていたのだが、ここまで乱れた妹のいやらしい姿を見てしまうと、途中で止めることなどできそうもない。
 肉棒を軽く持つと、ゆっくりと妹の秘所に近づけていく。
「あ……」
 亀頭が膣穴に触れた瞬間、妹の弱々しい声が聞こえた。
 それに興奮しつつ、グイと押し込んでいく。
「いやっ……ああっ……止め、あぅっ……お兄ちゃん止めてぇっ……」
 胸に妹の手が置かれ、必死に押し返そうとしてくる。
 だがしょせんその程度の力では司郎を離すことはできない。
 ズブズブと肉棒が奥へと入り込んで行く。
「あぐっ、痛っ、痛いぃっ……」
 何かを突き破る様な感触と共に、妹が苦痛の声を上げた。
 だが司郎はその様子を知る事ができなかった。
 あまりの快感に意識が朦朧としていたのである。
(ああ……何て……何て気持ちいいんだぁ……)
 天にも昇るとはこの事ではないのか。
 頭の中が快感で占められ、何も考えられない。
 妹の膣に押し込んだ肉棒から凄まじい気持ちの良さが押し寄せ、体がブルブルと震える。
「おおっ……おおぅっ……」
 肉棒を包むヒダヒダが微妙に蠢き刺激を与えてきたため、情けない声を上げてしまう。
(スゲェ……スゲェよぉ……女の中ってこんなにスゲェんだぁ……)
 これまでの人生で体験した事のない激しい快感に悶える。
 それに肉体が反応したのか、意識しなくても腰が勝手に動き出した。
(あ、ちょっと待て……駄目だ動いたら……駄目だって……)
 ただでさえ気持ちのいい部分に摩擦が加わり、射精をしてしまいそうになる。
「痛っ、痛いっ、痛いよぉっ……」
 妹が苦悶の表情を浮かべているのが意識の片隅に見える。
(真奈美……ごめん……痛いのは分かるけど……やめられないんだ……お前の中……気持ち良すぎるんだよぉ……)
 心の中で謝りながら、どうせ出てしまうのなら自分の意思で腰を動かして射精しようと激しく前後させ始める。
「あぐっ、痛っ、いっ、うぐっ……」
 妹の苦痛の声を可哀想に思いながらも、それを与えているのが自分であるという事に、何やら快感が湧き起こってくる。
(俺が真奈美を……真奈美を支配してるんだ……)
 腰を動かしながら、妹の体を自由にしている興奮を感じる。
「うぐっ、いっ、いやっ、うぅっ……」
 苦痛の表情がたまらない快感となり、射精感が高まっていく。
 まだ小学生であるせいか、キツイ妹の膣はギュッと肉棒を締め上げ射精を促してくる。
「うっ……もう駄目だっ……出るぞっ、真奈美ぃっ……お前の中にっ……出すぞぉっ……」
「いやっ……止めてっ……あぐっ……そ、それだけは止めてぇっ……駄目だよぉっ……」
 必死な表情で妹が止めてくる。
 だがそれが膣に影響を与えたのか、今まで以上に締まりが強くなった。
「うおっ……こんなのっ……止められるかぁっ……出すぞっ……俺は出すっ……」

258 :゙`|',;_д゚∵ロ.:) ◆groMilKs4. :2008/03/26(水) 23:56:55
私の魂は今、バラバラ殺人事件に憑り付かれています。
上空を覆う幾万の蝗の大群の如く。
虫皇子はハツ裂きにされてしまいました。

259 :゙`|',;_д゚∵ロ.:) ◆groMilKs4. :2008/03/26(水) 23:58:10
それはテレビノイズを構成する一点であります。

260 :゙`|',;_д゚∵ロ.:) ◆groMilKs4. :2008/03/27(木) 21:42:18
倒壊した家屋に押し潰されたまま、
逃げる事も出来ず追って来る火災に巻き込まれました。
尤も、動こうとすると骨が砕かれている為激痛が全身を走り、
只々生きたまま足元から焼かれるのを待つ他ありませんでした。

261 :名無しちゃん…電波届いた?:2008/03/28(金) 10:40:08
ギギギ・・・

262 :゙`|',;_д゚∵ロ.:) ◆groMilKs4. :2008/03/31(月) 22:19:44
頭に物凄い圧力を受けております。
指は振るえ思考が纏まりません。

263 :゙`|',;_д゚∵ロ.:) ◆groMilKs4. :2008/03/31(月) 22:20:26
誰か助けて下さい。

264 :名無しちゃん…電波届いた?:2008/04/01(火) 14:13:53
わかりました
待っていて下さい
すぐ行きます

265 :゙`|',;_д゚∵ロ.:) ◆groMilKs4. :2008/04/04(金) 20:03:04
ジェットコースターの始点と列車に磔られ、
それはカタンカタンと動き出し頼りなく山を登っては、
奈落の底への急転直下や巡り巡る流転を繰り返し、
気が付けば私の体は無傷で引き伸びていたのです。
昨今のスキンケアが宜しかったのか皮膚は裂ける事も無く、
しかし体内の血管や神経は既に断線していました。
突然目の前は真っ暗になり、強風に息も出来ず。
ゴオ・・・・・・ゴオォォ・・・・・・

266 :酸処理を伴わないカナリエ精製 ◆groMilKs4. :2008/04/05(土) 01:46:54
絡み合い沈み行く
波紋無き湖の底50mで
酸素が無いから愛し合わない

267 :名無しちゃん…電波届いた?:2008/04/05(土) 12:51:06
湖底に巨大生物が棲む可能性よりも低いのでしょう

268 :゙`|',;_д゚∵ロ.:) ◆groMilKs4. :2008/04/14(月) 22:07:16
反96系統、五反田ターミナルにて。
二匹の知障を連れたお母さんがバスに乗り込みますと、
再後部座席に三人座っておりました、暖かい日差しの差し込む中。
欲情した男の子の知障がお母さんを犯しておりました。
お母さんはただ歯を食い縛り耐えておりました。
耐えておりました。
女の子の知障は猿のようにキィキィ愉しそうに喚いておりました。
この知障の男の子は三ヶ月前の夜、
塾帰りの女の子を歩道橋の上から突き落としたのです。
女の子は車道に体を強く叩き付け車に轢かれて死んでしまいました。
またある時は、学校帰りの男の子を駅の階段の上から背中を突き飛ばし、
男の子は今も未だ意識が回復しておらず夢の世界の中です。
被害者のご両親は自殺させられたそうです。

269 :゙`|',;_д゚∵ロ.:) ◆groMilKs4. :2008/04/14(月) 22:08:47
お年寄り達の釈迦見原、蓮台野ハイキング。

270 :゙`|',;_д゚∵ロ.:) ◆groMilKs4. :2008/04/14(月) 23:22:56
ファミコンのゲームなんですがタイトルを覚えている方が居ましたら教えて下さい。

内容は垂直に立った加熱された鉄板の壁にゴム紐が付いており、
(加熱した鉄板でゴムが溶けないのかという疑問は所詮ファミコンのゲームなのでスルーして下さい)
そのゴム紐の反対側はたけし軍団の体に巻き付いており、
ひたすらAボタン連打でゴム紐を伸ばしながら前進するというゲームです。
連打をやめるとゴムが縮みたけし軍団は鉄板に叩き付けられ背中が焼かれると言う、
子供騙しのたわいもない内容のゲームでした。

対戦モードもありました。
1Pは連打でゴムを引っ張り鉄板から遠ざかり、
2Pはそれを妨害する形で同じくボタン連打で1Pに対し巨大な扇風機を回し強風を送っていました。
ちなみにたけしの挑戦状ではありません。

271 :゙`|',;_д゚∵ロ.:) ◆groMilKs4. :2008/04/14(月) 23:51:54
ゲーム画面はこんな感じだったと記憶しております。

           |;;| ,へ、  ,.ヘ、.|::|
1P らっきょ  r'レ'  .・ .::::::. ・  .'y^i   だんかん 2P
■■■■□□ ゝ'、   '、___,'.  ,;'-'  □■■■■■
            '、  ----  .,;'


|/| [230℃]              〃|lヾ
|/|;′           〜      -0−)
|/|,;′     ((;゚Д゚)    〜    ` |ノノ <`∀´>
|/|;…─--━(=)   〜    〜  | |¶ヽ(   )
|/|';    ... )) / >  ▲       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|_| ̄ ̄  THEガンバルマン

272 :゙`|',;_д゚∵ロ.:) ◆groMilKs4. :2008/04/21(月) 23:38:35
くるくる回る、回る男女。
恋人は背中合わせで背中を縫われ、
暗い土の部屋、回る恋人同士は互いの顔が見えません。
それでも二人はいつも一緒でした。

273 :酸処理を伴わないカナリエ精製 ◆groMilKs4. :2008/04/22(火) 20:51:30
シュレッダーで裁断された紙くずで構成された人型。
赤い紙くずはハートになり鼓動する。

274 :゙`|',;_д゚∵ロ.:) ◆groMilKs4. :2008/04/27(日) 21:43:01
目を閉じれば赤黒い瞼の裏が見えます。
真っ暗な深夜の寝室、目を閉じていても光は感じられます。
仰向けに寝ていると目の前に眩しさを感じ目を開けましたがそこには光源はありません。
気のせいかと思い再び眠ろうと目を閉じましたが、
またしても光が下から上へと流れ目を開きました。
窓から光が入ったのかもしれないと思いましたが暗幕のカーテンが外部の光を遮ります。
次こそは正体を掴もうと思い、まだかまだかと待ちわび目を閉じ待っておりました。
その時、光を感じ開いた目に映ったのは下から上に高速で流れる外国人女性の醜い生首でした。
それはすぐに消えてしまいましたが私は慄いてしまい、
それでも気を取り直し「Who are you(お前は誰だ)」と言おうとしたのですが、
何分気が動転しておりましたので「How are you(お元気ですか)」と言ってしまい、
すると暫くして耳元にか細い声で「I'm fine, thank you」と聞こえ私は思わず赤面してしまいました。

275 :゙`|',;_д゚∵ロ.:){/mes-sage:2008/04/29(火) 01:24:28
私は昨日、自宅でナイフでめった刺しにされ殺されました。
衣服は可能な限りの血を吸い込み真っ赤に染まり、
溢れた血も今や黒くなり全身にこびり付いています。
私は昨日、自宅でナイフでめった刺しにされ殺されました。
今も床に仰向けで斜め上の天井を眺めています。
私をナイフでめった刺しにした人は見知らぬ人でした。
私は昨日、自宅でナイフでめった刺しにされ殺されました。

276 :゙`|',;_д゚∵ロ.:) ◆groMilKs4. :2008/05/05(月) 00:17:21
こんなにも簡単に人権も生命も蹂躙されるのです。

277 :゙`|',;_д゚∵ロ.:) ◆groMilKs4. :2008/05/06(火) 04:14:30
全ての光を差し上げました。
蛍光が光の内で蓄積するように、
有り余る幸大き優しき発光が暗闇を蝕むように。

278 :゙`|',;_д゚∵ロ.:) ◆groMilKs4. :2008/05/08(木) 01:54:03
地震ですっかり目が冴えてしまいました。
地震は楽しいですね、世界が酔っ払っているのです。
そして世界嘔吐を待望する者です。

279 :゙`|',;_д゚∵ロ.:) ◆groMilKs4. :2008/05/12(月) 22:31:56
火傷の手の甲より綿菓子の香が。

280 :゙`|',;_д゚∵ロ.:) ◆groMilKs4. :2008/05/12(月) 22:32:54
水に濡れて溶け萎んでしまいます。

281 :゙`|',;_д゚∵ロ.:) ◆groMilKs4. :2008/05/25(日) 14:54:51
私の体がシーツに溶け込みます。
汗というのは体内、汗腺から分泌される水分ですが、
言わば氷、それ自体の表面から固体が液体へと変わっていっているのです。
そして私から離れる外部、まずは皮膚は、次第に私ではなくなるのです。
したがって私が三十八日間寝たきりの生活を送った場合、
シーツに等身大の黒い人型の染みを残し私は消えるでしょう。

282 :゙`|',;_д゚∵ロ.:) ◆groMilKs4. :2008/06/27(金) 01:00:46
目が、痒いのです。
目じりにイケナイ物が貼り付いて、
乾いてソコを爛れさせ、膜を薄くして刺激に敏感にさせるのです。
なので私は涙目で視界が潤んでいるのです。
初夏の影法師、陽炎。
兎のように赤い目玉でコンクリートの霞ケ関、虎ノ門、溜池山王。
六本木、赤坂、青山。

283 :゙`|',;_д゚∵ロ.:) ◆groMilKs4. :2008/07/05(土) 01:56:49
そのアナウンスに気付き目を開くと、
窓の外は一面の紫陽花が咲き誇っておりました。
午後八時二十分、照明に照らされた紫陽花の一面は、
正常な夜の暗闇を背に抱え不自然にクッキリと浮かび上がり、
平面の写真のような偽者の真昼の世界を演出しておりました。
この世界が暗闇に包まれて、人々が光を求める時、
街の空には無数の電燈が吊り下げられ、
自治体の定めた二十四時間の光量制御により昼が作られる時、
太陽の欺瞞に気付く、必要以上の光で陽炎で君の顔を歪ませ、
思わずそこに映る懐かしい人の面影に心臓が凍る思いをし、
輪郭を暈し君は、君は、一体何処の誰か後退りせざるを得ないのです。
追われる、幽霊は影、肩を揺らし震える君、灯台下暗し。

284 :酸処理を伴わないカナリエ精製 ◆groMilKs4. :2008/07/05(土) 02:00:17
傷口や、瘡蓋の陰翳もクッキリみえるんだってねぇ。

285 :酸処理を伴わないカナリエ精製 ◆groMilKs4. :2008/07/05(土) 02:05:53
銀座線の駅構内の女のポスター。
通勤客に微笑みながら口から血を流す。

286 :酸処理を伴わないカナリエ精製 ◆groMilKs4. :2008/07/05(土) 02:06:34
銀座線の駅構内の女のポスター。
口から血を流しながら通勤客に微笑む。

287 :酸処理を伴わないカナリエ精製 ◆groMilKs4. :2008/07/05(土) 02:15:21
殺して、殺して、殺して、殺して――。
肺を病んだ女、通り過ぎる病美の虜なる少年、
筆箱からシャーペンを取り出しポスターに突き刺して、
女の首から右胸の下にかけて斜を描き破りつけ、
滲んだ繊維からは血に染まり床のタイルの目地に注ぎ込む。
そのまま線路内にまで注ぎ一旦運行は中止となった。
駅員が掛け付けた時、既に女の左半身はだらりと垂れ下がり、
相変わらず口から血を流しながら微笑みかけていたポスターの女。

288 :酸処理を伴わないカナリエ精製 ◆groMilKs4. :2008/07/07(月) 23:38:58
肺病の女が笑いながら口から血筋を垂らしている。
一本の赤い糸は胸の刺繍のようにこんがらがって蝶になる。

289 :酸処理を伴わないカナリエ精製 ◆groMilKs4. :2008/07/08(火) 00:49:51
銀座線青山一丁目向かいのホームから、
肺病の女のポスターが口から血を流し微笑んでいる。
その薄桃色の血はエクトプラズムと成り下方で微笑んでいる。
待ち人来ず。

290 :゙`|',;_д゚∵ロ.:) ◆groMilKs4. :2008/07/13(日) 20:17:36
ざこば缶が笑う・・・・・・

笑わない君には幸せも不幸も訪れません。

291 :゙`|',;_д゚∵ロ.:) ◆groMilKs4. :2008/07/31(木) 00:44:32
私の顎と鼻が爆風に抉り取られました。
おそらく、吹き飛ばされた木片か鉄片が、
物凄い勢いで私の骨を砕き肉を持って行ったのでしょう。
一瞬の事でしたので私は痛みすら感じる事が出来ませんでした。
欠損した私の顔は、お薬を塗ってももう戻りません。
宮沢賢治の注文の多い料理店も、
二人の皺くちゃ顔は東京に帰っても元に戻らないのです。
心が宿る顔は整形手術では戻らないのです。

292 :゙`|',;_д゚∵ロ.:) ◆groMilKs4. :2008/08/12(火) 23:47:00
先日、私の叔父が朝の電車に飛び込んでお亡くなりになられました。

414 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)