5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【魔術】魔術修行しよう【カバラ】

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/15(土) 10:49:54 ID:zaqQjrUD
西洋魔術の修行、能力開発について。

 ∧∧
..(*゚∀゚)アヒャヒャ 魔術の修行、実践について語るのじゃ。




2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/15(土) 10:55:58 ID:ZKM95Qc1
オカ板池

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/15(土) 10:58:17 ID:g0oHtP9e
つか、エス板では理論面・研究面はおいといて
どんだけ楽しめるかでいいんじゃまいか

フィクションの中での魔術とかさ

修行・実践・研究でくくると、他板とかぶってくるし
もっと気楽にいこうYO

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/15(土) 11:11:12 ID:zaqQjrUD
じゃあ、ここはラノベ、スピチュアリズムもOKということで。
そう、魔術は超能力だ!

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/15(土) 12:08:19 ID:rqUnvbsO
ちなみに本来のスピリチュアリズムは超能力とは関係ないから。

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/15(土) 12:19:19 ID:g0oHtP9e
基本的に、型月やら茄子茸が扱ってる”魔術”は
魔術的超能力って言ってしまっていいと思うんだ

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/15(土) 12:58:27 ID:CCYQQPWD
ん?デルタ波に合わ・・
・・消されそうだから、いいや。

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/15(土) 20:05:11 ID:hnft4RWA
ちょっと期待。オカ板のほうの魔術スレは停滞感があるから。
こっちの方が自由に話せそう。

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/15(土) 20:58:04 ID:4Y0RDcyW
魔術、ロマンティストでないと出来ないんじゃ?
自分は理工系です
科学と想像を絶するテキストを読むと(釣られて某魔術関係書読みました)
これはなーだな



                               本物が板ら失礼ですが

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/15(土) 21:30:34 ID:CXAQecrO
理工系であることと、ロマンティストである事が矛盾するという前提が間違っているとは思わんのかね?
職業が理系の学者だったり、エンジニアだったりする魔術師は掃いて捨てるほどいる訳だが。

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/15(土) 21:57:36 ID:fHMLu+ir
流派(?)にもよるけど、概して儀式魔術いうのはリクツっぽい。
むしろ理工系のほうが向いてるかもよ。

情緒を重視するのは、むしろウイッカン(魔女術)。

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/15(土) 22:05:45 ID:g0oHtP9e
>>9
君が読んだ書籍が何かは知らないけど
理工系だって浪漫がなきゃ何もできないと思うよ

宇宙の謎を解き明かす
ロボットを作る
生命の神秘を解明する
最も微細な物質の構成単位を操作しまくる
まさかそういったことが【ただの作業】とかいうわけ?w

モチベーションとかハートに関わるものは
文理問わず何かを成すには重要だと思うけど

従い、理工系でも魔術は実践可能です

言ってしまえば魔術って世界に変数を与えて
それを操作しようって体系でしょ
フィクションとかだとそれが超能力的に扱われるし
隠秘学だと学問的に扱われるだけ

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/16(日) 08:11:14 ID:YJRr5hUM
ロマンにもいろいろタイプがあるんじゃないか

理工系 化学系 水瓶座的ロマンティスト

魔術 オカルト系 魚座的ロマンティスト

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/16(日) 10:39:10 ID:JYS8ELti
なるほど、興味深い指摘だw

じゃあ、超能力系ロマンも存在しうるんだろうか
だとしたらそれはどういうカタチをしているんだろ

魔術の定義では「意志のままに意識に変化を起こすすべである」
(by D.フォーチュン)っつーのがあるけど、超能力の場合は
「意志のままに現実に変化を起こすすべである」
とかになるんだろーか

でも、超能力って、どっちかっていうと制御できる力の方がまれで、
圧倒的かつ暴力的な力で、御しがたい変化を現実に巻き起こす
言ってみれば自然災害的な面も含んでいる気がする

だからもし超能力系ロマンがあるとしたらそれは
圧倒的で暴力的な非日常の力の発露であって
魔術的超能力はその暴走を(術式という手続きを踏んだ)意志の力で
(かろうじて)御しているところにロマンがあるのかも知れない・・・とか

チラ裏で失敬www


15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/16(日) 10:39:12 ID:kMBddtwe
魔術の超能力開発は。
オーラ視
幽体離脱
透視
念力はどういうわけか否定する人多いよね。他のESP系だって物理法則超えてるのは同じなのに。
魔術のスプーン曲げ訓練やるとしたらどうしたらいいだろう
中央の柱で生体エネルギー強化して、視覚化訓練でイメージを鮮明にできるようにするとかか。


16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/16(日) 13:55:17 ID:pWt2NjLi
>>15
そもそも通常言われているスプーン曲げって超能力じゃなくて
指の力のコントロールだから、普通の魔術的なイメージコントロール
で出来るよ。

一切手を触れずにスプーン曲げをやる方法を
ぜひ魔術で開発してほしいな。

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/16(日) 16:37:45 ID:kMBddtwe
超能力的なスプーン曲げなら見つめるだけで曲げる奴いるだろ
(トリック除く)

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/16(日) 18:40:56 ID:pJ4XtRp2
ある黒魔術師にうん十万円だして魔術をかけてもらったことがあるのだが、何ていうのだろう、漫画のような展開が訪れる。
力が備わるわけでもない、超常現象が起きるわけでもない、ただ、タイミングと因果の進む方向が、やばい。
色々な体験をしたが、その中のひとつをあげてみると、

海外。朝方に繁華街を歩いてみる気になる。横断歩道を渡っていると、スーツ姿の中年が声をかけてくる。
俺はどこだかわからない高級マンションのロビーにいる。イタリア人マフィアのようなその中年男の車に乗せられて
ここまで来たようだ。中年男性が部下のような男に、俺はフレンドだと言い聞かせている。
君のほくろが気に入ったんだ。今までも若い友達がいた。毎日を共に過ごし、今でも彼を懐かしく思う。
そんなことを車の中で俺に伝える。この国の移住権と、十分な職、生活に困らないだけの収入を約束する、
などと言ってくる。高級マンションでは、部下と人身売買を臭わせるような話をしていたのを思い出す。
俺は日本に帰り、やらなければいけないことがあると伝え、その男性のフレンドになるのを断り、近くの歩道で下ろしてもらう。
車が見えなくなるまで、軍隊のようにまっすぐと伸ばした手を額にあてがい、俺は彼に向かって敬礼する。

その直後、黒魔術師に電話をして、ことの成り行きを説明した。不用意に外出するな、今から新たな祈祷を始める、と告げられた。
その後、数ヶ月たった頃か、俺は別の術師と会った時に、その時施された術を解いてもらった。
と同時に別の術をかけられてしまったかもしれないが。
とりあえず、俺は、普通の人の生活は今後歩めない。

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/16(日) 19:21:18 ID:kr79/bgy
そんなもんだよ。魔術ってのはなんにせよ不可逆的だから覚悟がいるんだ

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/16(日) 19:25:15 ID:5XPmdIgN
>>18
そんなことに、うん十万も使うなよw

魔術の力は、極端に「偶然」を操作するってよく聞くね。
現実ではありえないような偶然を多発させる。

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/16(日) 19:41:10 ID:pJ4XtRp2
>>20
なんていうのかな、他の体験も沢山したが、俺の意志でそのうん十万を一銭にもならない結末にした感じはある。
自分が都合よく、〜〜なんてことにはならないかな〜と夢に思ったりとか、そんなレベルじゃない想定外のイベントに遭遇するよね。
とりあえず、それらの魔力がもたらした好転?には屈しない自我に従うことにしたよ。
ただ、魔力がどういうものかは心得た気はする。
これは主観的に感じ得ない限り、言葉による状況伝達で他人に理解されるものじゃないだろうね。

ちなみに、術者も具体的に何が起こるかは予測できないのが実情に思う。
また、人によっては術者に術をかけてもらえるような状況にすら到達しないかもしれない。
また、くだらないパワーストーンを与えられたり、調合した薬品を身体に塗るように言われたりもしたが、
このあたりは、術者側としても半信半疑の実験的な試みだったと思う。

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/16(日) 19:49:23 ID:kr79/bgy
魔術で働きかけられるのはその偶然の部分だけだからね
そこが強烈な奴ってやっぱいるよ。ぐいと曲げる奴。よくも悪くも。

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/16(日) 20:11:57 ID:pJ4XtRp2
他の業界ではなんというのか、いわゆる顔パスみたいな、
「君はこの世界の人だね」というような雰囲気が出てる人とかあるよね。

ある人に、とある断食修行にコネで今すぐ参加できるように手配するとか言われたが、
未熟な俺には断ることしかできなかった。でも、もう、なるようになることなど無く、ならなければ不幸にしかならないかもしれない。
今といえば、その断食修行を薄めたような効率悪い瞑想生活が続いているようなものだ。

変なことを言うが、魔術って実は、あらかじめ押さえつけられた地球にぐるぐるまきになっている力を
自然に戻すというだけのことかもしれない。なんかもう、一般人には電波と言われてればそれでおk、な内容だよ。

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/16(日) 23:47:08 ID:VOJiRU6o
タットワやってる方います?

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/17(月) 13:57:46 ID:BJ19uLZ5
なんか偶然を呼び寄せるって凄く良くわかる

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/18(火) 19:11:21 ID:o7QSebEv
スプーン曲げの話は定番だよな

金属だと通常力が適切にかかれば曲がるのは物理的に当たり前
前どっかの過去スレにあったけど、スプーンは、ステンレスなどの金属でなく
ガラスか、瀬戸物(ファインセラミックの棒で結構)
これを現実に曲げてほしいですな

レス読んで、なるほど、なぜスプーンにコダワルか
事実上、曲がりやすい金属でないと無理なわけ
超能力じゃなくて、手品
魔術なら、確かに、離れていて(手を触れずに)
ファインセラミックの棒を割らずに90度まげてほしい




                   一部のセラミックスに曲げられる(成形可能)のはあるが例外

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/18(火) 20:06:01 ID:om1bvZv5
だから見てるだけで曲げる超能力者の人もいるよ
(たしか前にマリックがやったのも見たこともある気がするから、それもトリックは考えられるんだろうけど)

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/18(火) 21:00:42 ID:Z9oZxfey
念で切断した挙げ句裏返してくっつける人も
いたんじゃなかった?どっかのレストランに
サンプルが保存されてるとかなんとか。

あと、コーラのビン(ガラス瓶の時代)にぶっとい針金入れて
注ぎ口塞いだ状態で曲げる実験もTVでやってたな。

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/18(火) 22:12:14 ID:FEoagBRY
魔術ではないが、魔術モドキで(失礼を先にお詫び)近いところのうらないありますが、
BLOG有名人は、おおむねタロットカードで言うところの愚者、
もしくは魔術師とプロファイルしています
私の中では、占い師=魔術モドキ です

愚者:ロマンスを理想的に表現
魔術師:いわゆる魔術師 (世界の極一部をコントロールか)

この解釈だと思う

愚者が理想とするのがわからない
0番ははじまりの数字だから、生計を建てるなら魔術師(1番)とするのがベスト
すみません
素人の考え方でした

すでにちらっと調べたところ確定的な話でないが、
ヨーロッパ系・アメリカ系でおおきく異なるようだ

考え方の違いかね

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/18(火) 22:28:48 ID:j3qNBEbf
理工系の人間は、世界を科学的にモデリングすることでこの世界を理解しようとするわけで、
モデリングすること自体は魔術と共通な行為だと思います
魔術の基本原則は、科学とは違います
魔術の本を読む限り、定義があり、派生する定理に相当するものはありますが、
万人に受けいられるだけの(科学的な)客観性に若干欠くことが示唆されると思います

ここまで書いて、100%否定するわけではありません
ないものの証明は出来ないし、人間としてロマンは、新たな発見とか、これは科学とも共通です
科学でも解決、証明できていないことはまだ沢山あるわけですから
魔術ももしかしてと思います
あるいは公開されていない奥義が(もしかすると)あると思うのも人情です

オカルトの類は(心霊写真など)、科学現象で現象として現されますが、
その先にある原因がなにかわからない場合
もあると思います
例 A(原因)→B(経路、光散乱の現象、物理現象として表象)→C(写真としてネガに焼き付いた)
この場合、Aが科学で説明がつく場合と、つかない場合がある
証明できないだけとする説もある(まだまだ深く探究することは世界にはあります)
魔術があるとすると、Aに相当する原因が、人間の力で自然界に対し
なんらかの科学的・物理的作用を行ったことになると思います
これは証明できないし、もしかしてと思うのが人情だと思います

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/18(火) 22:42:39 ID:sd6AqTp7
魔術にしろ、他の同様な方法については
たぶんはまる人(自分を含めてか)は、自分の決まりきった人生を書き換えるtoolsとして
利用することを第一に考えるはず

人生、学生の頃から大人になると学歴・才能などで航路がほぼきまってしまう
その際うまくリスクを少なくして方向を変えられれば
(よほど先の先がみえる場合を除き)有意義な人生を送れるかも、、、、、

結果的には、これまでの自分の人生を振り返っても
ほぼ無理ぽい魔術よりもこまめに努力した方がかもと思う

話題提供ですが、最近 非常に参考になったネタにウィキの(フラグ)ストーリーがあります
適切な人生の位置でフラグをたてて、次のシーンに進むとハッピーエンド
いわゆるアドベンチャーゲームに似たやつです
逆に○亡フラグ/台詞もあるそうです

フラグ(立て)分岐ならもしかすると、toolsさえあれば、、、、、、
あわい期待ですか   魔術ってもしかすると 100%否定できないか(もしかして未練)

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/19(水) 00:15:33 ID:mMChXyow
魔術の世界は外から理屈で考えてもわからないよ。
実践してナンボの世界だからね。

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/19(水) 18:09:46 ID:TNrYAnPL
だあああああああああ!!視覚化できねーーーーーー!!
タットワで残像残すやつを一日30分、3週間続けても相変わらず
残像残る時間が10秒ぐらいってなんだこれ!?俺には才能ないのか!?
誰かコツ教えて・・・

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/19(水) 19:22:49 ID:a0hWgY1J
実践するにしても効能が高い費用対効果がテキメンに凄いのをチョイスするとおもいます
世間での評価人気もある 現時点では科学の方がベターだと

魔術の実践で効果があるとしても心の問題と醒めた見かたしてます
ただまじで魔術に効能があれば誰しも学問よりも熱が入るはず
魔術は自分の中では異質な感じ方かな

タロットカードをもちだすのは 不適切かわかりませんが
これは自らの心をコントロールして 深層意識を意図的に更新させる作用を引き出す
他人には作用されないが 自分の心の問題なら、、、、、、、、
のかと 魔術なら大きいところから小さいところまであるなら
小さいところの方が身近で親しみやすいです
心理学が対面なら タロットカード(魔術)は自らを見つめる
通常占い師なら自らを占うことはないといいますが、、、、、、、、

失礼だとは思いますが この意味では魔術に一理あるかなと
知っている範囲だけで判断するのは科学でもあまり意味ないです
知らない部分(オカルト)は本当に隠された存在だとすると ロマンがあります


35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/19(水) 20:18:12 ID:7VtlSR1X
>33
実際どうやればいいんだろうね
「西洋魔物図鑑」や博物館ページをみると、単にドア大の大きさのタットワに入り込めばいいみたいだけど、
他のだと、残像を大きくして、入り、さらにその色が戻り始めたら帰れとかよくわからん。

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/19(水) 22:23:04 ID:dvnYX49h
>>33,35
ttp://magicalgikolog.blog92.fc2.com/blog-entry-6.html
ttp://magicalgikolog.blog92.fc2.com/blog-entry-15.html



37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/20(木) 04:38:15 ID:u5paxwui
とりあえず呼吸法から始めてる

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/24(月) 02:50:06 ID:2slVF2wA
魔術というか19世紀の物理霊媒達は凄まじい。

D.D.ホームのように空中浮揚(2Fまで!)を200回以上したり
エクトプラズムで霊を「実体化」させたり。

トリックかもしれんが、証明されてない事例も幾つもある。

彼らと比べると、単に電波を口にするだけでいい現代の霊能者達は
なんて安直な芸なんだろうと思う。

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/24(月) 11:43:18 ID:SpXxZZlJ
まぁなんてゆーか、現代だとあっちゅーまに検証されて
瞬殺でインチキ認定され再起不能がみえちゃうからじゃね?

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/24(月) 12:55:37 ID:rYYa3GJB
せっかく超能力板に立てたスレなんだからここは積極的に物理的な作用とかを求めていく方向がいいな。
ESP的現象だけでも物理法則超えてんのはいっしょなんだし、初めからできないとおもってたら自分でブレーキかけちゃうだろ。
否定派はオカ板でどうぞ

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/24(月) 16:27:16 ID:XFJIkOh1
>>40
野暮を承知で・・・

> ESP的現象だけでも物理法則超えてんのはいっしょなんだし、

ESP的現象なら飽きる程体験しているが「物理法則を超えている」
と思わざるを得ないようなケースは、正直1つも無かったな。
若い頃はそういう可能性についても真剣に考えていたけどね。

一応物理的現象が起こったケースについても、間に人の手が介在しているから、
物理法則を超えた何かよりは、生理的・心理的要因を考えた方が
スッキリ説明できるケースばかり。
(勿論、物理法則を超えた何かが関与している可能性も0%ではないが・・・)

以上、個人的な体験に基づく意見でした。ではオカ板に帰ります。

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/24(月) 17:22:32 ID:rYYa3GJB
どんなESP現象だったのかは知らんが情報得てたり他人と共有してたりしてたら
物理的にはアウトだろ。

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/24(月) 17:48:54 ID:XFJIkOh1
>>42
その程度なら物理現象を超えてるって程でもない、と個人的には思ってる。
目に見える範囲に居るとか事前にある程度情報を共有している位の条件なら、
意識的或いは無意識の抜け道は山程ある。

全く無関係で物理的にも完全に隔たれた人の間でそれが起これば話は違うが、
超心理学の実験でも、そこまで厳密な環境でESPが成立した、
という事例は無かったと思う。

有名なノーチラス号の実験結果はガセだと言われている。
http://homepage1.nifty.com/you/k2_tyo.htm#%83e%83%8C%83p%83V%81[%81i%8AC%8CR%81j

是非とも、魔術においても効果を厳密に検証して欲しいなあ、というのが漏れの希望。
余計な事かもしれないが、是非とも説得力のある結果を出して欲しいので、
このスレの趣旨には合わないとは思うが、敢えて希望を出してみた。

44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/24(月) 19:29:06 ID:rYYa3GJB
>>43
目に見える範囲とか事前にある程度情報を共有してるなら認めるというのがわからん

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/24(月) 19:36:10 ID:rYYa3GJB
違った。物理法則を超えた知覚などそもそも物理では認められてないので、
なにを知ろうが一致しようが、物理的にはすべて偶然の一致以上のものではありえない。
じゃあ物理以外でそれをどう解釈するかということだけど、
「目に見える範囲に居るとか事前にある程度情報を共有している位の条件なら、
意識的或いは無意識の抜け道は山程ある。」
というのも結局仮定以上のものではなく、単にそれくらいならありそうだから信じる、ということでしょう


46 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/24(月) 19:55:59 ID:XFJIkOh1
>>44
認めるとは書いてないけど、判りにくかったと思うのでもう少し具体的に書いてみる。

人間の感覚って結構膨大な情報をキャッチしている。
例えば、何気ない仕草とか声色とか微妙な表情の変化とかに
その人が何を考えているのか、という情報が微妙に含まれる。
その情報の大半は脳のオーバーフローを避けるために意識上にはなかなか
上がってこないが、特に長年付き合いのある人同士、例えば仲の良い
夫婦なんかだと何も言わずに情報が伝わってしまうことがある。

情報共有の例だと、魔術結社の共同アストラルワークなんかかな。
出発点と象徴体系がある程度定まっているから、
相性の良い人同士ならある程度連想の枠組みが決まっているので、
離れていても同じような場面展開になる事は
それほど不思議なことでは無いと思う。

心理学の集団セッションにおける幻視の共通体験なんかは
この2つの要素が絡み合ったものだと思う。

という考え方なので物理的に説明できないケースってのは
結構条件が厳しいと思っている。

47 :43:2007/09/24(月) 20:23:48 ID:XFJIkOh1
漏れが経験した事柄をすべて>>46のような考え方で
スッキリ説明できるか、というと必ずしもそうではないが、
物理法則を超えているかと言われると、そうとも言い切れない。

暇があったら4例ほど書き込んでみようとは思う。

とりあえず、アメリカ人の友人から聞いた微妙な例
で締めくくっておこう。

「海岸でよ、火星の霊の召喚したんだ。そしたら、
 何と五芒星を付けた奴が目の前に現れやがった。

 『こら!お前らナニやってる?!』

 ってポリ公がやってきやがったのさ。
 五芒星の印を付けた帽子を被ってね。HAHAHA!」

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/25(火) 20:17:19 ID:m0Hvk5WD
>>40
心身相関ってあるじゃん
例えば、医者に薬だといって患者に小麦粉を飲ませるとほんとに治るみたいなやつ
魔術を学んでる者からすればあれは物理的に分りやすい魔術だと思うけどねー

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/29(土) 22:08:16 ID:ETHPZ5BE
初歩向けの心理学の本で(とんでも本でないなら 専門家でないし)潜在意識をとあった
人間の心を3階層にわけ、心理的・精神的作用を説明するためにモデルとした
微妙に引用すると
認識/心=自我/エゴ+(潜在意識+超意識)
説明するためにモデルを組んで超意識が認識していると説明するのはちょっとかな

魔術があることが前提なら極めて少数だけでなく大部分の人間、大多数が使えるはずでそのような世界は
必然的に破綻を来すのではないかと(世界として成り立たない)

魔術のHPを参照してみるとコンピュータの構造、オペレーティングシステム(OS)の構造を勉強する
ために参考図書として掲載されているところがある(複数、興味ある人はググ)
魔術があることが前提でいくつかの仮定が入るが(証明できないはず)、ユーザーランドから
(プログラムがOSの)特権命令(スーパーバイザー)を限定的ではあるにしても取り扱えるということ
映画マトリックス3部作は何度も見直しました 私にとっては衝撃的な映画でした
あの世界の構成ならありえるかも(現実的ではありません 映画の世界ですが)
魔術スレ的には仮説的な例示を挙げるには映画を引用するのもよいと思うが
廃魔術的にはプログラムから発行するシステムコールはイレギュラーな ほぼバッファーオーバーラン的取扱いとかになる?

50 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/30(日) 11:35:24 ID:nTBNe2VP
オカ板のとあるスレで、実況に近い形でなにやらやっているようだが、この板的にはどうなんだ?

51 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/30(日) 14:47:15 ID:L6t+AET3
そのスレどれか全くわからんが
オカ板は昔から恐怖スポット潜入実況スレや
それを利用した釣り師ネタなんかも盛んだし
あまりに消費早いとか、度をこえなければいいんじゃないの

52 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/30(日) 20:17:12 ID:Bbjg4MKS
で魔術によるPK開発法はまだー


53 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/04(木) 21:05:17 ID:XXgSpeP6
保守

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/06(土) 19:13:54 ID:10N0IGwA
魔術に出来るのはPKよりもESPの方だろうね。心の力。
アストラルプロジェクションが出来るようになると、付属していろいろついてくるみたい。

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/07(日) 21:20:41 ID:aT5Tx+Tn
私は仙術師ですが、使えるのはベホイミ位ですね・・・。
先輩は、悟りを開いたのでベホマも使えるそうです。

あ、ここは西洋魔法か・・・。


56 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/07(日) 22:08:17 ID:oAkKvKzX
オカ板の魔術スレでは、ラノベ的なのは超能力板って意見もあったから、
ある程度は東洋魔術も混ぜても大丈夫なんじゃないの?

57 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/08(月) 19:47:55 ID:rs5s8aJt
タロットカードの幻視というのを実践したことがある。
92年のことだが国書刊行会からでていた「トートの書」に掲載していた{技}のカード

馬の映像と財団法人というキーワードが得られたが、当時はどういう意味だか解らなかった 
しばらくたって海外投資の情報を得られるようになってから「財団を設立して資産保護」という
ちょうど必要な情報を偶然得ることができた そのコンサルタントの事務所のマークが
「馬のマーク」だった

まあ信じる信じないはともかく、幻視が効果を現した一例だと思える

58 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/12(金) 22:02:04 ID:aLObCBkR
トートは幻視にいいねぇ

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/15(月) 08:45:18 ID:Gdj4HFb/
社会的な肩書きがありながら、魔術系にも詳しければGJ

でも現実的に歴史上のほとんど全ての統治者が白にせよ黒にせよそうゆう物の信仰があった。
だから寺と神社がある。

60 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/19(金) 02:47:39 ID:cBZG7D0N
普段はただのサラリーマンだが、実は裏では熟練の術士、という設定にも萌える

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/20(土) 11:50:29 ID:M/+R0C0x
それなんて邪気眼なんだぜ?

62 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/20(土) 19:15:29 ID:7Eh0+nOj
「AIKI」の師匠がそんな感じだった

63 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/22(月) 05:38:31 ID:RyD38a1d
>>57
それ、普通にArtのサジタウルスから馬を連想したんじゃないの?星座照応で。

ってか、普通に偶然の範囲内の話しな気もする。

でも、馬の象徴性と投資への推進力は関係あるんだろうね。

そういうことがあるとこれが記憶にも残るし。

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/22(月) 05:39:19 ID:RyD38a1d
ってか、だれもカバラの話とか実践的な話ししてないじゃん

65 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/28(日) 03:30:22 ID:8xy9vu7M
タロット大学のカバラー講座ってどんなもんでしょ

66 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/06(火) 16:42:08 ID:n1jGsQ/Y
NHKで明治の超能力実験の話を放送するお
http://www.nhk.or.jp/shiruraku/200711/thurseday.html

67 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/07(水) 16:22:32 ID:cWhv5hR1
俺もカバラの本読んでるけどさ〜〜〜〜
ホイミとか、キアリーとか、トヘロスとか、召喚とかも、ど〜でもい〜んだよッ!!!!
ギラ教えろボケッ!!!!
ギラ出来ないなら魔術意味ねww!!!!

68 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/10(土) 14:30:36 ID:ZwQw4Uwu
http://tmp4.2ch.net/test/read.cgi/ihou/1094566584/

69 :名無しさん@お腹いっぱい:2007/11/13(火) 20:18:24 ID:5BTsK7T+
ゴメンンサイ・・・。

70 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/20(火) 22:49:09 ID:EJiJT9DP
松本:
うん。自分の理性で、意志を持って戦ったのは太田さんが初めてだった。それまでのは、
やっぱり頼まれ仕事だったから…、それほど、何ていうのかな、自分の意志みたいなものまでは
出なくて。とりあえず本当に売れんのかなっていう不安もあったしね。だから腰を据えて、
よしっ、戦うぞっていう意志を持って戦ったのは太田さんだった。で、
試行錯誤が3枚あったのかな? 「雨だれ」「たんぽぽ」「夕焼け」ってね。
これ試行錯誤なんですよ、僕のなかでは。ある程度セールスしたから、良かったんだけど。
やっぱり本気で、何ていうかな、自分の世界みたいなのを構築しだしたのが
「木綿のハンカチーフ」が入っている「心が風邪を引いた日」というアルバムだった。
それが売れちゃったんで、あとはもう、凄く、何ていうのかな、戦いやすくなったっていう。
今野:
そうすると、松本さんの作詞家としての本当の出発点っていうのは太田さん?
松本:
そうですね、スタートラインだし。

今野:
当時は僕、よく分からなかったんですけど、例えばこの『まごころ』なんかはですね、
普通“作詩・松本隆”になってるのが“構成・松本隆/音楽・筒美京平”なんですよね。

松本:
知らないなあ(笑)

http://www.sonymusic.co.jp/Music/Info/hiromiohta/interview.html

71 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/27(火) 00:31:34 ID:ahcjb8nB
やっぱりとにかく松本なんだ

72 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/29(木) 16:44:21 ID:dZro97hc
30歳まで童貞でいれば魔法が使えるんだろ!?
頑張ってみるぜ(-V-)b

73 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/01(土) 16:05:43 ID:5NOmJTHx
テス

74 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/08(土) 15:06:40 ID:WZJMSIDO
ダイアンフォーチュンの「神秘のカバラー」を再読している。
7年前に最初に読んだ時とは比べものにならないほど、細かい部分が頭に入ってくる。
前は生命の樹の10個のセフィロートの名前と位置を覚えるだけでもおぼつかない状態だったのが、
今回は以前読んだ記憶がすっかり抜け落ちていたにも関わらず、22の小径についても
覚えられるようになったし、細かい記述の一つ一つにも重要な意味があるものとして注意を
払って読めるようになってきた。
そして読み始めてからいろいろと起こるようになった。
まず第一部を読み終わってから6年ぶりに風邪を引いた。
そして風邪のプロセスを薬に頼らずにわずか4日で経過することができた。

第二部のケテルを読み終わった翌日、なぜか急に厭世観のようなものに捕らわれて
破滅的な願望に取り憑かれる一夜を過ごした。そして、翌朝目覚めた時にはなぜか
大きなハエが部屋の中でブンブンとうるさく飛び回っていた。
すぐに窓を開けてそのハエを逃がしてやった。
夜は寒く窓は閉め切っているので夜中のうちに大きなハエが入ってくる余地は全くない。
ハエはベルゼブブ・魔界の王の象徴であり、映画「グリーンマイル」でも悪に取り憑かれた男が
口から大量のハエを吐き出すシーンがあったように、僕の中の破滅的な悪意もハエの形で
出てきたのかもしれない。
「神秘のカバラー」はこのように、心身の浄化の過程を経ながら読み進めるべき本なのだろうと思う。

75 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/08(土) 15:15:12 ID:lXO8G8OY
偶然開いたら似たような事を経験してる人がいて驚いた・・・

俺の場合は別の本の修行法を試してた時なのだが閉め切った部屋の中に
なぜかナメクジが入ってた事があった
殺すのも気持ち悪かったので外に逃がしたのだが次の日の晩もナメクジが侵入してた
一回目の時に部屋中確かめたからどう考えても入る余地があると思えないのだが
二晩続けて入ってたから気味が悪くなってその修行法はやめてしまった

ただ>>74を読んで思い当たるフシがあったので少し心身浄化の事を考えつつ
機会があったらまた試してみようかな


76 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/13(木) 11:03:22 ID:Tvdi7Fn5
すごい。頑張ってほしい。

77 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/15(土) 23:48:15 ID:yNhK0o7w
>>18
僕もそんな黒魔術師になりたい。

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/16(日) 00:37:30 ID:G6eLpaZf
…で
魔術とか全然解らない素人の私が修行したいとなると、何をしたらいいのか?

教えてえろい人

79 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/16(日) 12:20:22 ID:x/Lm9bG6
>>77
黒魔術、なんてフレーズに何の疑問も抱かない時点で既に道を誤っているから。

>>78
弛緩、四拍呼吸、視覚化の練習はどんな流派でも最初にやる訓練。
とりあえず、アマゾンで参考書を買え。

80 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/18(火) 15:46:48 ID:aR5pATNY
ヘブル文字の読み書きから始めないとダメ。

81 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/21(金) 22:23:53 ID:KV+ILGMd
極道が東洋の術を使って他人を誑かしていたが妙な具合に話が拗れて海外宗教組織が接触して来たりして命が危険になっていた。極道は何故か私に助けを求めて来た。
テレパシー送信した人が私に執着し名前を連呼したり 私をもう一人の良く出来た自分の化身として考えていたかららしい。


テレパシー送信時(日本)「見たままを言え」
啓示受信時(ヨーロッパ辺り)「ミトラ母神よ おぉ!全面的肯定をしなさい!!」他
テレパシー受信者団体の状況再生行動→テレパシー送信者と推定される人をミトラ的名前の人の子供にする。

テレパシーは電波なので時間を逆に遡ったりするが順番が入れ替わる所為で間抜けになる事が多い。発信した人間が複数だったり特定出来ない事も有る。

…魔術は危ないよ。

82 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/21(金) 23:00:02 ID:KV+ILGMd
何故か西洋魔術大好きっ子が多いようだが
派手な小道具とか達成される目的が明確だったりするところが良いのだろうか?
東洋的仙術っぽいものだと術を相手に掛けて操るのではなくて相手と意見や情報を共有する系だから地味なんだと思う。

掛けられた方が不利益だったり不愉快になる術は迷惑行為なのでは?


83 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/22(土) 00:22:39 ID:x11WEm+B
西洋魔術は宇宙の仕組みを解明するための手続きとみるべき。
それはある意味人間の義務だ。

84 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/22(土) 01:06:21 ID:+SvPLkcg
>>81
それは俺の経験からすると意味不明な内容だ
単に心が病んでいて、幻聴などが聞こえている(又は聞こえるフリをしている)だけだと思われ
テレパシーは直接言葉で訴えかけられるようなものではない
実際に使える人間や、経験のある人間は、オカルト板に書いてあるような内容を見て
何言ってんの?( ゚д゚)ポカーン って感じだと思う

85 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/22(土) 03:38:16 ID:XOPfKCC6
ポカーンってか、宗教とその信者ほどウザイ存在はない。
俺、実際に今こーゆーの信じない人多めで活動してるんだけど、
宗教信じてる奴は通用しないってか、心理学でいう順応の作用が働きすぎてて
むりぽ(´д⊂)
後、江原も疑わしいね、なんで金とるのってw

86 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/22(土) 07:41:50 ID:y3g2/k8h
疑わしいつーか、江原は完全に詐欺師だろ

87 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/22(土) 08:57:36 ID:XOPfKCC6
まぁ、嫌だけど立場としては俺も同じだから一様「疑わしい」としとかんと、
クライアントに顔向けできんOTL
つーか、何回も実践してみてわかったんだけど、本当に俺に力があるって
信用させるのに、一人につき大体一年は掛かった。
実際にやってみても、それは科学的云々って言われるから何回もやらなきゃいかん。
で、江原がやるような方法ははっきり言ってずるい。
要は感動させるようなこといって、悪く言えば洗脳してるようなもん。
感動させてクライアントの思考力を鈍らせてる気がしてならない。
でも、本当に江原位の透視ができたらもう神がかってるね。
そんな奴が世の中に仮にもいたら俺は会いたいね


88 :>>81:2007/12/26(水) 12:11:29 ID:dVkVyvII
>>83に心が病んでいて、幻聴などが聞こえている(又は聞こえるフリをしている)だけだと思われてしまいました。

テレパシーっていうか、電波送受信する人のタイプにも各種あると思うんですけど…。
意味が判らない音声(発信者自信が口や咽喉に神経を動かす為の信号を送る感覚)を何度も繰り返してテレパシーを送るタイプの人も居るのですよ。

…っていうか、そういう能力が備わってないと幼児が大人の喋っている言葉に意味を見つけるのが非常に困難になるよ。後で他の人に尋ねても同音異語と間違う可能性が高すぎるし。



89 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/26(水) 12:20:34 ID:dVkVyvII
>>88


90 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/26(水) 12:48:46 ID:dVkVyvII
>>89失敗しました…

>>88自己レスになるが、
「意味が判らない音声(発信者自信が口や咽喉に神経を動かす為の信号を送る感覚)を何度も繰り返してテレパシーを送る(と同時に受信する)タイプの人」は
送受信する範囲が広過ぎるとかえってピエロのような可笑しい事になるのでもはや超能力では無くて低能力と言える。…と思ったりもする。
どうしてそういう事態に自ら陥るかというと母親の様に信頼依存している人間に存在を否定する言葉を言われた時に何とか別解釈を見出そうとする為らしい。

因みにテレパシーの一番簡単なヤツは自分自身の未来や過去と対話する事だと考えている。
未来の自分の助言を当てにして今の自分が何種類もの行動しない(可能性が無い)と返答の種類も限られてきたり
出来もしない事をやれると言う設定で考えていても未来の自分からの手ごたえは帰ってこない。
勘のいい人は意識しないで使っているが、時々他の人が満足した電波と自分が満足した電波を取り違えることがある。
…と私は思っている。(他人にコレこそが唯一の真実であると強要している「認識」では無い。)

91 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/27(木) 00:55:18 ID:Meju/bbx
思考と超能力の違いを思いついた。
思考は負荷の軽いアクションを幾十にも連ねて行う。
霊的とか超能力での思考みたいなそれは一つのアクションで、
実行結果は思考結果と同じようなフィードバックを受ける。
おそらくその後者のアクションが何かは実感による相対的な時間の観念において
停止して感じられるものであり、前者の連なる小アクションは物質的な
時計を基準としたような時間の流れを感じる。
ところで、>>81、届いた?

92 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/27(木) 14:04:29 ID:YzM4u7Y9
思考と思い付き(超能力)の違いは
自分で集めたデータを基に構築しているか
既に誰かが何処かでパターン化した思考の波系を捉えてコピーしてその情報を基にするか
の違いのように思う。

魔術ともなると、フラットな状態で待機している他人の思考力(脳波?)の傾向を 強い思考力で変えて行動を支配するもの…なのではないか?

93 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/27(木) 21:21:51 ID:Meju/bbx
念を飛ばすのと、霊的とか超能力のものと、学校で学ぶ思考とでは、
空間的に表現すると、力を向ける方向が違うような気がする。
俺の場合では、念は前方、超能力?は上の方、思考は力を外に向けない。

学生の時に、数学のテストの最中などに、このギアの入れ方わからずに
問題を眺め続けてるだけで何もできないとかいう事態によく嵌ったのを覚えているよ。

最近でも、考え込んだときなどに無意識に前方に意識が向かっていると、
良くないことにしかならないというのに気がついた。

94 :脳内で怪しい伝説を受信した様だが英語力が低いので解析が進まない。:2008/01/15(火) 15:37:51 ID:Y6B7wo+q
「異母」eve

私生児を生ませた極道な親父が
未婚女性の瑕となった子供を本家で引き取って育てられない時に
正月前に母子家庭の母親と園児に言うお断りの御挨拶。
「無理!苦します!」merry Christmas

土産をもった見知らぬ親父が 今夜 進入して来ている。
「散々苦労するし …仮眠中。な!?」santaclaus is come in to night

見知らぬ親父は何処…誰?
「銭湯。憎らしぃ…」セント ニコラウス ←寝取りが失敗して出産した子供の存在が瑕(キッズ)になった母親(ヤハウェ)の発言。

「年が明けたら 妻の弟の隠し子として会わす。」トゥ シュガー アークティル アット ムーン アト タウン クック シー ゴー トゥ スター アワース

「…ハッとした?可能っぽいっしょ?」ハットスター カノープス?

語り部に滞在が贈られた
「義父としてだったら。」gift stay the teller

「…リエちゃんとじゃ異父?」レジェンド ザ イブ

95 :脳内で怪しい言葉の応酬を傍受した設定だが洒落にならない。:2008/01/15(火) 15:52:41 ID:Y6B7wo+q
>>94
>「年が明けたら 妻の弟の隠し子として会わす。」トゥ シュガー アークティル アット ムーン アト タウン クック シー ゴー トゥ スター アワース
>「…ハッとした?可能っぽいっしょ?」ハットスター カノープス?

↑こういう風な英語の誤聴が出来そうなんだが 出鱈目ポエムみたいなんだよね。





96 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/17(木) 21:28:06 ID:pi40s18n
カバラを極めると、
@死ぬ
A現世と折り合いがつかなくなって変人扱いされる
B隠者になる
これホント。マジ?


97 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/20(日) 15:23:02 ID:VJSLSkYz
魔術による不思議現象なのか、それとも実は政府の大いなる
陰謀なのか、漏れ自身わかんなくなることある。

シンクロ現象とか、やばいぐらいおきるよね。
氏を覚悟で食い入るようにするのもいいが、
日本ぐらいじゃないのかね、現代の技術が魔術じゃないと
錯覚してるのは。海外から見たら、日本の科学技術は
魔術や神秘体験並の迫力あるのでは。

アナタハトモダチって魔術師がでてくるか すげぇな

98 :97:2008/01/20(日) 15:27:00 ID:VJSLSkYz
念力で、憎い人間のいる直下に、冷気や電流や臭いや熱を
送れるんだろうか。その人間の自宅だぞ。

そういえば、家の床下や天井で何が起きてるかわからない。
漏れが風呂に入っていると、いきなり冷たくなって、文字が
出てきて。アニメキャラの形が出てきて。普通なら、
漏れは統合失調症だから、またいつものあれかとおもうが、
今回は振り返ってもう一度見ても消えない。

そして、その周りが異常に寒くて。

真冬に、電気式毛布を敷き布団の上に重ねても、それを
帳消しにするぐらい冷たくなる。まるで、漏れの銀歯と
めがねに反応しているように、性格に漏れをねらってくる。

図形が出てきて困っている。

漏れの骨だけに聞かせているのかな

99 :kristal:2008/01/20(日) 21:09:59 ID:Boaj1hbt
魔術って神秘ですね。
いいお店見つけました。link先>>http://www.majyutsudo.jp/

100 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/21(月) 21:27:44 ID:O48TcAnc
>>99
くりすたるさん・・・・スペル間違ってるのはわざと?

101 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/02(土) 09:58:21 ID:K1BVMTp4
ソロモン王の悪魔を呼び出すやつってやってもヤバくないよね?

102 :現代に顕われた織田信長の霊:2008/02/02(土) 18:48:44 ID:Tw2tJV0u
http://www14.atwiki.jp/415mattari/
篩いの目は日毎、確実に大きくなっている。私から民衆に知らせられるのも、この形が精一杯。
今の世界に蔓延する仕掛けをあらゆる論争の中に仕込んだ。皆々御苦労であった。全て保存しなさい。
小さな一言にも意味がこもっている。各自で読み解いてもらうしかない。
私はミノオワリの魂。ミノオワリは美濃尾張ではない。
言霊を読み解きなさい。一人でも多く。この者はイチリンの仕組。

皆よく聞きなさい。この星は自浄作用に動き出し始めている。
風邪もひき始めならば軽い養生で治せるが、病状が進むとどうなるか考えてみなさい。
発熱や悪寒はなぜ出るのか考えてみなさい。
無駄に恐れおののいている場合ではない。もう目を覚ましなさい。次元上昇などと寝ぼけたことを言っている場合ではない。
人が思っているような神など存在しない。よく現実に目を向けて、人間としてできる事をいますぐ実行しなさい。
祝詞だ祈りだ瞑想だと非現実的な事ばかりに目を向けるのはもう止めなさい。

現実に今を生きて動いて、とにかく有効手段として自然環境を蘇らせるしか道が無い事に気付きなさい。
人間が自然にしたことが人間に返ってくるだけなのだから、天変地異などと呼んで自分ばかり生き残りたがっている場合ではないぞ。
人間が人間の為だけにした事によって、人間以外の獣、草木、虫達、みんな道連れになるのだぞ。

不思議ぶったまやかしの霊的世界から離れなさい。
神はお前達が思っているような霊的存在ではない。神と呼ぶものは生命の摂理、自然や宇宙の法則そのものを指す。
人が思っているような神は霊、それも大半はまともではない霊だ。今降りている神示も殆どまやかし。マコトは一部だぞ。
火水、艮はマコト。だが艮の器はおかげをおとしたぞ。ハナサクモノは偽物だぞ。日月地は鏡だぞ。片方は虚、うつし間違えるなよ。
私は神霊の一人。クニトコタチ、スサナルの直下、アマカケルタケイサオ。人であった最後の名は織田信長。
人が幻想を抱いてきた、無い神も無い霊も本当に無くなる時がやってきた。

103 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/04(月) 05:09:59 ID:grlYmHZ/
ここにも書き込んであげてね♪
http://jbbs.livedoor.jp/computer/39929/

104 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/04(月) 18:16:25 ID:E1aErdfW
ジャパニーズマフィアに囲い込みされてたんだけどさ、
怪しい揮発系の薬を吸わされて救急車仕様のマフィアの特殊車両内に拉致されたときは
視覚認識する神経が狂って世の中が絵の具を混ぜたようになって怖かった。
何が言いたいかと言うと、通常有り得ない空間や物が見えるのは神経が壊れかかっている状態の時だと思う。

白衣を着てた彼らは私の事を「貧血等で具合が悪くなった人」とか「認知障害の人」として担架や車椅子で運ぶし
実の親族がマフィアに生活させて貰ってて偽証するし(娘を斡旋した相手の資産家等に天皇だのマスコミ芸能界だの海外宗教だのの規定だと思い込ませもする)
味方してくれる人も個人攻撃する(勤め先の上司等に悪い噂を流布する、家や店舗に放火する、行動範囲圏内に出没して笑気ガスや薬物を吸い込ませ別働隊に自動車で接近させる等)。
私が死亡してしまう様な扱われ方をしている事件では無いと判断されていたらしくて新聞沙汰になったこととかないけどね。(当人の認識力が無いときは親などの判断で取り扱われても法的に問題が無いらしい。)
(新聞沙汰といえば、親しくしていたクラスメイトの女子が健康優良児に選ばれ健康診断している半裸の写真を撮られたり集合していた知識人とかに眺められたりした挙句
「セクハラじゃない」とか「偉い人には医師でなくても視る資格とか嫁候補として付き合う責務が発生してる」ような言い逃れをされていた。)

議員立候補者の事務所に現れるという伝説の「地元の票を左右できる支援団体」とかもジャパニーズマフィアだと思っていたので誰にも相談できなかったよ。

105 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/04(月) 18:32:34 ID:E1aErdfW
超能力を身につける方法を知っていると主張するマフィアの人に付いて行くと薬漬けにされちゃうぞ。
それで「異空間の超存在からの命令」とか「死んだ後楽しい暮らしが出来る」とか言い出すような
世間的に迷惑な行為を働く人に洗脳されるよ。

106 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/06(水) 00:49:12 ID:3hRJ22Zy
カバラとかガンダムかよWW

107 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/06(水) 00:52:31 ID:Lena7Rva
エコエコアザラクエコエコザメラク
良い子良い子働く良い子良い子駄目楽→仕事(シーゴート)に入れ込んでる人の呟き

108 :NSAロスチャイルド・ロックフェラー:2008/02/09(土) 06:56:02 ID:76eqht7l
日本人の影の政府(シークレット・ガバメント)陰謀関係(増補版)
数十年間に渡って、関係者の監視、陰謀工作(事件・事故等を起こす)をしています。
今までの過去の事件関係者、有名人に良く出てくる名前を組み合わせるだけで、彼等の
氏名全体が現れます!!(彼等はある方法で様々な出来事や事件を、全く赤の他人に
起こさせる事が出来るのです。チップ埋め込み、催眠、洗脳等全く不要。あえて事件等
に自分達の本名等を入れるのは自分達の存在・氏名がばれていないか探るためです。
kojimaも一般では多くないですが、事件・有名人関係では多いと思いませんか?小島・
児島・小嶋・コジマ等、字・読み方を変え、自分達がばれていないか探るためです。
しかし基本的には、身元が発覚しにくいようありふれた名前が中心。
キーワード matsumoto,kojima,murakami,yamada,imai, tamura,nakajima,nakashima,
yamamoto,yamazaki,Yamasaki,kimura,saito,katoh,takahashi,yoshida,kohda,shibata,
masuda,shinohara,yasuda,yasu,yamaguchi,hata,hatake,hatakeyama,ohtsuki,masato,
masa,miyabi,daisuke,kenta,kentaro,ken,akira,ichiro,tsuyoshi,shiroh,kan,ryoh,
atsushi,yuu,kazuki,kazu,asuka,izumi,megumi,azu,azumi,azusa,chizu,kaori,yuri,
yuriko,mari,mariko,junko,jun,hiromi,momoko,momoe,momo,moe,natsuki,misaki,hitomi,
ai,aiko,ayumi,mika,miki,ami,eri,eriko,erika,anna,an,nana,maki、ビル、ビリー、
ウィリアム、デヴィッド、ピーター、ジョージ、ジョニー、トム、トミー、リンダその他。
警官、刑事、自衛官、自衛隊、魚屋、磯、タクシー運転手、郵便局員、ラグビー、
ラガー、双子、兄弟、姉、サングラス、マスク、白ワンボックスカー、コリアン、居酒屋、
フィリピーナ、灰色瓦屋根、アパート、その他。埼玉、川口、熊谷、関西、宇都宮、
名古屋、宮城、福岡、青森、宮崎、福井、北海道、三重その他。下記に続く。


109 :NSAロスチャイルド・ロックフェラー:2008/02/09(土) 06:56:52 ID:76eqht7l
顔は、赤ひげ薬局社長、フジ朝8時解説者、布施博、マーフィー岡田、波田陽区、
かまやつひろし、松本亨、時津風部屋元親方、オレンジレンジ、asuka社長、山田雅人、
高橋ジョージ、さまーず三村、スマイリーキクチ、阿藤快、前川清、桑田圭祐、内藤大介、
長州小力、サッカー北澤、加護亜衣、2004年後期マックCM男、黒烏龍茶CM男、山本
コータロー、メジャー田口、シーモ、メジャー岡島、パックンマックン、恵俊彰、村上
ショージ、ルナシーシンヤ、橋本真也、白影、矢口真里、辻希美、階藤愛子、
リナ美神、藤村さおり、エグザイルサングラス、東京プリン、横浜銀バエ、シャネルズetc.)
タレント同士が似ているのは偶然かと思われるかもしれませんが、実は自分達の発覚を
探るため。つまりこれらの著名人は、自分でも全く知らないうちに、操作によって芸能人・
スポーツ選手等の道に進み成功している!!
以下にもキーワード等が含まれているのです。
桑田啓祐の昭和出来事CM、松本サリン事件その他事件・事故、キルビル、ビリーズ・
ブート・キャンプ、だんご三兄弟、魔法使いサリー登場人物、ニコラス・ケイジ、
たまごっち、ごっつええかんじ、ごちバトル、ごっちん(後藤真希)、ダイヤルQ2、
シャ乱Q、高橋尚子(Qちゃん)、ソフト99、ナインティナイン、ヨッシー(の卵)、
ヨッピー、モモ、萌え、マルサの女、マルシア、○(酒)、モーニング娘。、
マルーン5、イングヴェイ・マルムスティーン、やまちゃん、ウッチー、ウチ、Kinkikids、
関ジャニ8、コージーコーナー、コジコジ、やりすぎコージー、コージー・パウエル、
女優ミムラ、マツケンサンバ、ケンシロウ、姉歯建築、山田洋行etc.
企業もマツモトキヨシ、コジマ電気、ヤマダ電気、松本引越しセンター等
 これらも上記の方法で現れた。もちろん経営者・関係者自身達もそのことは全く
知らないし、全く信じないでしょう。
以上大雑把に書きましたので信じられないかもしれませんが(詳細に書いても
信じられないかもしれませんが)、厳然たる現実です。数十年に渡り、関係者の監視や
事件・事故等を起こすことを行っています。尚、上記の連中が、上の方法で適当な事を
書き込ませる可能性がありますので、RESにはお返事出来ないかもしれませんが、
ご留意ください。


110 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/12(火) 12:49:13 ID:vzMYKTvQ
某「超テレパス」の人が脅かされている「コジ」は「孤児になるぞ」って事だと思う。
その人以外の普通のテレパスの人に音の意味を尋ねても「固持」だの「誇示」だの「古事」「虎子」だのと返されていると思う。

超テレパス(園児)の人でさえ、「コジ」の意味が判っていないので名前だと思い込んでいる可能性が高い。

超テレパシストは前後の関係性を理解しない傾向があるので
端から聞かされると笑い話のようだったり無限地獄のようだ。
テレパシー送受信啓示実行主義者がどんなに偉そうで闇の政府撲滅を願っていても
只の勘違いした薬物中毒系シンパシスト達の集まりなので彼らの気配に感化されたら危ない。

極道とかゴッドファーザーが呪術を使って「切羽詰っているシンパシスト連中=キリスト(切捨て)教徒」を従わせて他家の資産を強奪しようとしている
と私は主張中である。

111 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/13(水) 01:52:20 ID:Nag6jCby
キリスト教徒が切羽詰って誰かの保護を求めて生け贄の家畜的同胞を捧げようと活動するのはゴッドが「食う」と脅しているから。これって呪術だよね?

人を救済する教皇やシスターは異端なキリスト教徒。

112 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/12(土) 17:14:19 ID:IzyINVkb
mixiのアルケミストの正体はインチキ太極拳インストラクターの矢嶋新一

113 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/17(木) 23:46:53 ID:58ysogrW
鍛錬してる最中どんなもの着てる?自分はジャージなんだけど、ちゃんとした衣装があった方がいい?

114 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/22(火) 12:29:15 ID:m2JLiL2T
幽体離脱の訓練

寝る→寝付く瞬間に幽体が起き上がるようにイメージ。


115 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/05(月) 06:41:11 ID:H/CocTIp
黒い法衣着て

116 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/05(月) 19:07:17 ID:eCtyKQNE
ほーい、ほい

117 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/07(水) 19:06:13 ID:Q2iRMn24
知人に土御門家に縁の者がいます。本当の魔術師でした。

118 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/18(日) 22:51:55 ID:YROfZp4I
age

119 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/21(水) 19:32:22 ID:kMTd8stQ
悪魔召喚術を試したら声が変わってしまった件

120 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/22(木) 20:55:18 ID:dhKuKJ6J
>>44
> 目に見える範囲とか事前にある程度情報を共有してるなら認めるというのがわからん
それは形(環境)を脳内で共有しているということでしょう。
形(環境)の中で起こりえる現象は、多少違っていても類似していれば
類似度の度合いで、その中で起こりえる現象や意味は類似性をもつということ。
一致ではなく類似であり、ときどき一致することが平均分布になる確率を狂わす。
それは形に依存するから。
完全な隔たりでは因果は薄く、物理的な実験では完全性を目指す実験しか
行わないのでオカルト的な現象を全面否定されてしまう。
意味と非意味の間に存在するのがオカルトの現象なんですよ。
秩序と無秩序の中間にある時々現れる秩序、これを科学ではモデル化できず
反証できない為に考えることすらできない愚かなものが多いだけですな。
意味になりえない現象、たとえば自然にできる波の模様、不規則な中にも
なんらかの相似模様ができる、これは完全な不規則ではないのが自然だという
こと。秩序があるんだけど、それが複雑すぎて計れない域に存在するだけでしょう。
それらを計るのは三体問題を厳密に解けということに等しい。
痛い科学万能主義な人がオカルト系にくると必ず、全てを決定論的に
主張する、物事は全て理屈どおり、物理法則どおりに働くという。
それは違うんです、本質的な法則はあるでしょうが、人間が定義する物理法則は
神(世界そのもの)が持つ本質とは違うもの。
故に科学にはたどり着けない領域が生まれてしまう。

121 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/27(火) 15:04:34 ID:ry4Lizk6
>>96
> カバラを極めると、
> @死ぬ
> A現世と折り合いがつかなくなって変人扱いされる
> B隠者になる
> これホント。マジ?
@極限の神域まで極めたら死ぬかもしれない。それは死と一体になる
域まで能力が上がったため。神の域だから死も生もない、人間でなくなった
時点で死。
A極めると極めるほど現世を読み解く力が出来てしまう。究極のKYだ
流れを読めれば、他人はすでに同属ではなくなる、価値観が変わってくる。
B隠者になるしかないだろ、力ゆえに。
ただカバラだけでは無理、全てを見通す占い、それは完全な予知、
予知とは起こることが分かるから実現する能力にも等しい。
つまり、これから日食が始まると古代人にいえば、それは超能力で
太陽を隠したのに等しくなる。完全に近い予測になるほど、科学では不可能で
オカルト的な技術ではその不可能の領域深くまで辿り付けることができる。
計算では線形予測で直後なら予測可能だが、オカルト的な技術では予測する
んではなく、結果を誘導する淘汰現象を見抜き、根本となるパラメータを
微調整することで任意の方向へ誘導してしまう。これは確率の変動を誘発する
ことになるんだけど、1兆回やって現実なら50%:50%をオカルト的なら
40%:60%などに修整可能なわけだ。特に能力が優れ極めれば確率は
どんどん上がってゆくが100%でない。つまり確実には再現しないのも
オカルトの域の技術である。
もしこんな未来を操作したり、予知する能力があれば、他に対して異形な
存在でしかない、能力がばれれば、科学的に否定するような内容でも
差別される。これは身近に現実的な能力を発揮できるありえない超能力者が
いれば恐怖するのは人間の常である。

122 :題「影の政府が駆使し続ける魔法」:2008/06/03(火) 16:08:09 ID:k2Slzz/c
「影の政府(シークレット・ガバメント)の日本人関係者・エー
ジェント」についての、独自情報HPは、7月8月頃になりそうですので、もうしばらくお
待ちください。先に、内容の一部が、飛鳥昭雄氏情報(NSA・NASA・JPL情報)に対しての「非科
学的中傷本」のスレッドに載っています。なお批判意見・批判サイトにより混乱
したり惑わされてしまっている方は、絶版ですが、「ロマン・サイエンスの世界」
(雷韻出版)が真相を知ることが出来必読です。5月現在、ログ倉庫内でなく普通にすぐ
読める飛鳥昭雄氏2chスレッドはいくつか存在しますが(NSA・NASA・JPL情報の信用を
落としめる情報操作を目的としたスレッド・記述もありますので十分ご注意ください)、
当方が掲示しましたタイトル「日本人の影の政府関係者(警察・自衛隊)」
「影の政府日本人関係者の人相」「影の政府の日本での今後の陰謀」
「「影の政府」による 長期の陰謀実例」「影の政府の日本人へのシナリオ」の
全てが載っているのは、その内の一つだけです。一部のタイトルしか載っていない
スレッドもありますのでご留意ください。


123 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/06(金) 02:24:17 ID:/aCIo89f
幕屋みたいな仮設神殿を持ち歩るいて、
霊山とか霊所を行脚して儀式を繰り返したら霊性が高まりそう。
基本は野宿でさ。カバラ的な儀式を霊的な力を持った場所でやるの。

124 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/08(日) 23:36:39 ID:6kIkwFVy
>>123
儀式に意味はない、儀式で得られるものに意味がある。
故に儀式を真似してもなにも得られることはない。
「霊的な力」と自分で用語を使っているでしょ?
それは霊的な意味だけでそれ以上のものはない、霊的な意味を感じ取れない
時点でそれは形式的な儀式にこだわりすぎている。
現代の知識に染まりきった、そして知識を認知する目や心が見えすぎる時点で
霊的な何かを読み取る力が薄いわけだ、まず知識を全てすてることができな
ければ霊的な何かは読み取れない。そもそも霊的な力を物理的な力と
勘違いしていないだろうか?それは精神世界にあるもの高次元の領域に
あるもの、知識や物理の領域ではない違う世界のもの。
理屈で考えても得られるものではない、感じ取れ。
ジュダイマスターがフォースを信じよ、感じ取れと説明しているだろ。
霊的なものを信じ、感じ取れ、それは霊界に自分の体を晒すことだ。
自分の霊的な体が存在しないと思っている時点でそれは不可能なんだよ。


125 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/10(火) 07:06:15 ID:eMchL0xR
>>124
>霊的なものを信じ、感じ取れ、それは霊界に自分の体を晒すことだ。
>自分の霊的な体が存在しないと思っている時点でそれは不可能なんだよ

うーん。なるほどなぁ。
こういうスタンスが「オカルト的世界観」なんだなぁ(スゴイなぁ!)と思ったわけですが、自分のスタンスを軸に
比較してるようでは
「現代の知識に染まりきった、そして知識を認知する目や心が見えすぎる時点で 霊的な何かを読み取る力が薄いわけだ」
ということですよね。

とても勉強になりました!


126 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/10(火) 18:02:20 ID:LV0dkEfy
自分のスタンスというよりは魔術における基本的なスタンスだと思うけどな

あ、俺は124じゃないからね

127 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/10(火) 23:21:28 ID:vhUuH/nq
>>125
魔術ができると信じている奴ほど、124みたいな説明を拒否し、そんなことはない
と述べもしない自説をあるように語る。
ときどきマトモなオカルトの説明をしてくれる人はいる。しかしなんかの理由を
つけて叩いたり煽ったりするだけ。
2ch風なら KY 空気嫁。これだけで問題なし。
秘密にしているのは論理的に説明できないからであって、隠しているわけではない。
オカルトの類いはほとんど説明できないものだらけだから。

128 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/17(火) 12:10:57 ID:0PKCEpHG
相手(の精神心理世界)に/を直接
編集/カキコして
特定の理解/技能を獲得させたら
ふつうに一発で信じるもんじゃないの?

あと、説明に問題はあっても、
運用理論はとっくにガイシュツだと思うよ?
あ…と、自分以外に技能自体を
習得させたことがない私が言っても
説得力に欠けるとは思うけど。
そのための理論だもんね?

129 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/18(水) 02:29:54 ID:tvUbvEg3
>>128
また理論先行君?本来の魔術は理論で表せない域のものであり。
それを理論で表せば歪むことぐらい学ばなかったのかなぁ。
習得?なにそれ。体験することが基本だろ。
習って覚えて、そんなのは科学的な学術的なものだろ。

魔術が秘密にされた古来の流れや、儀式や方法論が記録してはいけないもの
とされた理由すら君は受け入れないんだろうね。
学問を目指すものが、神秘主義を何故に嫌うか、そして罵倒するか。
その辺も理解していないと思われる。

>自分以外に技能自体を習得させたことがない私が言っても
そもそも習得させるものではない、故に習得しても無意味。
口頭伝承や、儀式伝承で形式だけを継承し、儀式を体験しなければ
それは中身が継承されていない、それが分かっていないんだろう。
これらを論理立てして理屈で説明してもいいが、君がそれに意味を
見出せないだろう。数秘術の技術に絶大なる意味を感じ取れるか?
できないなら説明しても無意味だ。無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄

一言でいえば、理論ではない。理屈でもない。そういうことさ。
分かりやすい例なら、天空に輝く星を掴むこと、星に願いを聞くこと。
そして星から何かを受け取ること。
この古来から続く超技術(技術の域を越えたもの)を受け取るには
技術そのものを捨てなければならない。ワカレ!

130 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/18(水) 11:51:22 ID:yh+Nqbpw
> この古来から続く超技術(技術の域を越えたもの)を受け取るには
> 技術そのものを捨てなければならない。ワカレ!
技術=科学技術として話しているよね。
魔術>科学技術なのはどうして?
パラダイムが違うのに単純に比較してもいいの?


131 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/18(水) 15:33:00 ID:tvUbvEg3
>>130
超とは、大小で比較できるものではない
科学を越えたもの、科学ではないもの。つまり大小関係で物事を捉えている
時点で科学に汚染されていることに気がついたほうがいい。
人は学識を得たためにどうしても記号論に誘導されてしまう。
現代の言葉はそもそも記号であり、古代の言葉のように現象や象徴を意味
することが失われた概念である。
根本的にイメージで連鎖する概念が魔術であり、記号論で考える時点で
形式だけを成す建前、形だけの行為となってしまう。
故に形式だけで結果を生むなんて考えている時点でまったく魔術をわかって
いない。形とその中身、現代では形を重要として形の中で起こりえる現象が
定義できないから形のみを重視する。
この現象とはオカルト的なもの、あやかしの類いともいえる。
形は言葉や記号論で陳述可能であるが、本質である現象は高次元に存在し
記号論で陳述できるものではない、これを陳述すれば本質は歪むだけ。
高次現象を低次で表せば、それは雲を絵に描くこと、海の波を絵に描くこと
物事の一面で正しくはあるが、揺れ動く本質は歪めてコピーされるだけ。

132 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/18(水) 20:42:39 ID:yh+Nqbpw
>>131
魔術がわかっていないということは否定しない。
繊細なものを扱っているようだから言葉を選んで欲しい。
超という言葉の意味を考えればあるものを乗越えたものと判断するでしょ。
私はパラダイムが違うのだから比較はできないと考えているんだ。
前提も思想も違う平行線上に存在するようなものを比較してもいいの?
パラダイムが違うのにそれを理解しないで他方を排除してもいいの?
「技術そのものを捨てなくてはいけない」の本質は
”現代科学”の外にある概念に対して科学では完全に理解できないではないの?
このことに超えるとか越えるという優劣をつけるような言葉を使ってもいいの?
教えて君ですまないけど研究史に興味があるんだ。

133 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/18(水) 23:19:43 ID:ewLLyfvW
技術を習得していない者が「技術を捨てる」などというのは
生まれてからずっと乞食でいたものが「俺は有り余る財産を捨てた」
と言っているのと同じで極めて滑稽。

技術がどういうものか判らない、
その限界を見極められない人間には
捨てることすら出来ない。

乞食の自慢話ほどみっともないものはない。

134 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/19(木) 00:36:18 ID:ZbDMnUVt
実際は「技術を捨てる」というのは、変な固定観念を持たずに
柔軟な発想を持って物事を見なさい(感じなさい)程度に補間すればいいんだけど、
科学(現代の知識?)は劣るものである的な流れがあるから突っ込んでみたんだ。
両立できるものでしょ。
例えば日本の教育からすると地動説は当たり前のことで、
ときにアメリカでは未だに天動説を・・・とバカにすることがある。
キリスト教的世界観を持つ人々を現代科学的世界観を持つ人々が嘲笑することは許されるの?
前提も思想も違うのにお互いを比べることはできないと思う。
私は「捨てる」必要は全くないと思ってる。変に視野を狭めなくてもいいんじゃないかな。

135 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/19(木) 12:49:32 ID:nxiPswbG
>>134
絶対音感は赤ん坊は皆もっている、だが知識と共に失われてゆく。
訓練すれば再度得られるが、並の努力では不可能である。
普通は常人を越えた努力して10年程度かかるもの。

曇りのない真の眼、柔軟な発想で見ることがどれだけ難しいことか
君は理解していない。才能がある人でさえ無意識の判断で常識的な知識へ
思考が誘導されるのは必然。

本来誰もがもっている技術亡き素の感性、それは赤ん坊が持っている感性で
原始人なども同じく知識をもたない為に感性は鋭い。
両立できるとすれば、脳が2重構造で2重人格者であるのは間違いない。
知識をもった人が古来からこの曇りのない眼で物事の本質を見る方法として
瞑想や巫術(憑依&霊体分離)や薬を使ったトランス状態などの方法がある。
薬を使うのが一番簡単なんだけど、弊害も多い。(法で規制されている)

これらは潜在意識を意識と繋ぐ方法であって、技術を捨てるというのは
意識下の意味や記号的な思考を捨てるという意味になる。

感じるとは、記号的、意味的な知覚をしないということであり、意味になら
ない知覚とは潜在意識で感じ取るということになる。

潜在的&神秘的な概念を言葉にする過程で情報の大多数は失われるので
これは論理的な思考ではその記号的な識覚によって四捨五入されるということ。
常識を捨てることができなければ、潜在的なことを読み取ることの形式論だけを
知りたい人は創作物の範囲で楽しめばいいだけで、実際に潜在的なことを得よう
とする人の領域へは立ち寄らないでほしい。
潜在的なことを得るには常識を捨てる必要があるわけだ、形式儀式だけでは
その感じ取るものが無い、知識だけなので体験できない。
体験で感じ取るものこそが、潜在的なものを把握する方法であり感じたもの
以外にそれを認めることは不可能だし、知らないものに知らないものを
説明するのも困難(不可能)である。

136 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/19(木) 13:05:25 ID:nxiPswbG
悟りを知識人は「得る」ものだと思い込んでいる。しかし現代的常識に当てはめれば
悟りは捨てること諦めることであり、仏教でいう悟りの境地は全ての煩悩を捨て
【好き嫌い】すら存在しない極楽へ到達すること。
欲がない状態こそが悟りの境地であって、それを得るとは捨てることになる。
ヨーガでも仏教でも瞑想術で悟りの域へ達する、これによって自我をすて
我をすて仏(彼の世の死人)となる。
輪廻転生を信じる考えかたから、生まれ変わること、この世こそが地獄であり
その地獄から救済する為に生まれた考えかたが背景に存在するわけだ。
日常の苦から開放されるには、苦を思う心を捨てる、苦という知識もすてる。
それを悟ったものは仏さまのような表情になる。
好き嫌い、苦すら感じない極楽へ到達したという意になるわけだ。

このような知識から開放された世界でのみ物事の本質を見ることができる。
何故なら潜在した本質は次元が違う域にある為に、固定した概念に変換される
と歪んでしまうからである。知識とは近似にすぎず、それは歪んだ存在である。
深い次元にあるものを現実の域へ取り出せば、更に歪みは極大化する。
霊や魂を現実に表現すればそれは歪んだ具体例にしかならない。
渦や波を写真に取れば動きは全て消えてしまう。
高次元の域の潜在的なものを扱うには高次元のまま感じ取らなければならない
故に知識がそれを低次元の意味へ劣化させることを防ぐ為に知識は捨てる必要
がある。(一時的に)

137 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/19(木) 13:16:20 ID:nxiPswbG
知識先行で創作物を楽しむ、それはそれで趣味の世界だろう。
だが体感してオカルトを行う人は、創作物の建前の形式論のデザインを
楽しむ娯楽ではない。オカルトを感じ取る、その才能を得る、技術を知るのでは
なく、技術は使うものである。
技術を使って得た結果にこそオカルト的な意味がある。
結果を得られない技術(魔術)などオカルトの道をすすむ者になんの意味も
ない。感じ取れない、感じ取ることに意味を見出せない者は創作物の閲覧者
つまり他人、遠くから見ているだけの第三者にすぎない。
言葉で記録しても、記録した内容はオカルト文化を継承するものにもならない
感じ取ることにオカルトの真意がある。

興味本位では本質へはたどり着けない。本質は具現化された時点で本質では
ないからだ。潜在のまま受け入れるそれが感じ取ること。
何も足さない、何も引かない。分からないものを理解する必要すらない。
曇り無き眼で完全に感じること(神秘憑依)が即ち本質なのだから。

138 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/19(木) 13:37:06 ID:nxiPswbG
>>132
>超という言葉の意味を考えればあるものを乗越えたものと判断するでしょ。
線形予測では直後のことを予測できる。
非線形予測では近未来のことを予測できる(線形予測より先)
その後の未来はどんな方法でも予測はできない(完全なカオス領域)

現代科学では線形予測までの領域であり、最先端の複雑系では
この「非線形予測」の領域まで学術として研究はされている。
非線形方程式は数学的に解は無数に存在、つまり1つの解という概念で
捉えれば存在しないことになる。
科学ではこの反証できない領域で秩序が存在する非線形の概念は否定されて
きた歴史があるわけだ。
何故なら実証できないから、毎回違う結果となるからモデルが一定ではない
から、常に変動しているから。主な理由はこんなところだろう。

これは秩序と混沌の狭間にある現象であり、混沌でも秩序でもなく、
混沌に近い現象であるからこそ秩序として表現することが非常に困難なのである
見えないものを見ようとすれば、それは誇張や幻想になるわけだ。
法則が陳述が困難な高次元にある、それは陳述形式で表現したとしても
取り扱いができないほどの膨大な量でしか表現できない対象が。オカルトが
扱う領域に残されている。これは科学では扱い切れないからこそ超科学という
超えられない壁、つまり「現象になっていないものを捉えることが」科学には
できない超えられない領域にあるだけ。
できると思うのなら精神世界を科学してみてください。

超えられない壁、つまり「現象になっていないものを捉えることが」を超える
のが超科学であり、科学を越えた領域、揺蕩う(たゆたう)所に存在する
概念なのです。ビックバンの終焉を越えたところの宇宙科学を扱うとか
宇宙次元を越えた領域を扱う、無限の域の概念はオカルトでしか扱えません
何故ならそれは測定や観測ができないから、超えられない壁はそういう
場所にあり。科学でいえばトンデモという概念にしか当てはまりません。

139 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/19(木) 13:45:47 ID:nxiPswbG
>>132
【揺蕩う存在】は、定まらないもの

それを定めてしまえば、異形になるだけ
それは本質が失われた違うものでしかないわけでう。

科学では定めて客観論で物事を判断しますが。

オカルトでは主観論で定めなど無視した感覚で物事を受け取るんです。
それゆえ、定まらないもの、定めることが不可能と証明された純に
デタラメなものを扱えるんです。科学にはデタラメは扱えませんよね?

140 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/19(木) 13:52:19 ID:5HJ4srhz
>>138
>非線形方程式は数学的に解は無数に存在、つまり1つの解という概念で
>捉えれば存在しないことになる。

・・・中学校の数学から勉強し直されることを強くお奨め致します。

義務教育レベルの事すらあやふな人が科学や技術云々を語る・・・まあ2chだから良いのかもね。

141 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/19(木) 13:53:37 ID:nxiPswbG
扱えるデタラメの具体例

/海をみて、それを赤い色だとおもった、
/海をみて、それを黄色い色だとおもった、
/海をみて、それを青い色だとおもった、
/海をみて、それを緑色い色だとおもった、
オカルトでは全て主観なのでこれは全て正しい。科学では青という客観論しか
でてきません。(統計的、平均的な解しか生まれない)

/夕日をみて、巨大なオレンジ色のにくいやつだとおもった。
/夕日をみて、手にとれるほどの距離にあるようにおもった。
/夕日をみて、魔界への入り口だとおもった。
/夕日をみて、普通の太陽が沈む、日中と同じ大きさの太陽だとおもった。
全て正しいのがオカルト的な方向、主観では全てが感じられたことで正しい。
これが必然というもの。

学問や知識や技術だけで囚われると、その感じ方の部分は無視され絶対的な
記号論へと情報が減る。

科学では>/夕日をみて、普通の夕日だと観測できた。
これが科学なんです。

142 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/19(木) 13:55:07 ID:nxiPswbG
>>140
ここは超能力板だ、学校厨はカエレ!

143 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/19(木) 14:29:59 ID:mzorTOHc
つまりものすごくお腹が痛いとしてその痛み方を
人に言葉にして伝えるような物って事ですか?
痛みは痛みとしてあるけどそれを言葉にする場合、
ズキズキでもガンガンでも変わらない…というか
言葉になんかできない

144 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/19(木) 14:45:02 ID:nxiPswbG
>>143
ものすごい表現できない痛みを経験したことの無い人に痛いのを説明するのは
先天的な盲目な人に色の鮮やかさを説明するようなもの。

蝶に知能があったと仮定して、人間に紫外線領域の色がどんなに興味深い
ものかを説明するもの。
感動は感じる意外の方法では正しく伝わらない。
1つの感じ方は100万の言葉で説明しても1回の感覚で得ることに
及ばない。

マゾが縛られて鞭で叩かれ、ろうそくで熱いヤケドをしても
それは常人に理解されない。

言葉や知識では語れないことは沢山ある。





145 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/19(木) 16:27:07 ID:ZbDMnUVt
>>135
> 本来誰もがもっている技術亡き素の感性、それは赤ん坊が持っている感性で
> 原始人なども同じく知識をもたない為に感性は鋭い。
まず原始人とはいつの時代・どこで生活していた人か定義して←とても大切
人類が目に見えるだけの物事だけでなく、抽象的な概念を理解するようになったのは
ネアンデルタール人以降だと考えている。
(ex.ネアンデルタール人の埋葬例・死という抽象的概念の理解、ただし最近では否定もされている。
それならば、はたしていつから抽象的な概念を理解するようになったのか)
旧人が知識をもたなかったか。それはない。
石器の技法の伝承は旧人の間だけでなく旧人→新人へもされたといわれている。
種の違う人類同士で知識の交換をしていたわけだ。
ルヴァロワ技法と呼ばれる石器製作技法は本能だけでは使えないよ。
日本列島の縄文時代であっても知識の存在はある。
土器を焼くのはただ土を焼けばいいわけじゃない。
現在科学的に分かっている事柄について当時は経験として知識の積み重ねがあった。
原始人という人はいったいいつの時代どの場所で暮らしていた人類だろうか。
そもそも知識を持たない段階の人類が抽象的概念を理解していたのだろうか。

146 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/19(木) 16:40:50 ID:ZbDMnUVt
ごめん、ちと足りなかった。
感性が何かを感じることだとしたら
そもそも感性は人類以外の動物も持っている。
だからここでは人間特有の抽象的概念を理解することに置き換えてみた。
犬や猫は死、あの世みたいな概念は理解しないよね。

147 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/19(木) 17:32:31 ID:MH2LwyW1
>まず原始人とはいつの時代・どこで生活していた人か定義して←とても大切
シャーマンという呪術を行う原始人が現れた時代、これは幅が広いので
現代にまで続いている話で時代は特定できないとおもわれます。
まあ少なくとも1万年は溯れるんだと思うんですが、

>それならば、はたしていつから抽象的な概念を理解するようになったのか)
>旧人が知識をもたなかったか。それはない。
抽象的なイメージを感じる能力ならその辺のペット程度でもできますよね。
親を親として敵を敵として区別する、その域の抽象てきイメージ。
イルカでも文章の構文を作ることができるし、簡単な会話もできる
創造しろという命令で自由な劇を演じることも可能。
これは原始人並以上の知能があるといえるんじゃないかな。

>日本列島の縄文時代であっても知識の存在はある。
日本のひらがな文化は会話言葉として縄文初期ぐらいまであるような
主張をする人もいるね。特にカタカムナの分析手法は一度 検索して確認
しておいたほうがいい。カタカムナは後から説明をつけたような記号だが
その主張は道理に叶っている、本来生まれた言葉を分析して後付けの説明
と思う。

抽象的概念とは象徴的概念です。つまり事象を意味し、好きとか嫌いとか
動くとか止まるとか、そんな低レベルのイメージのことです。
具体的&絶対的名前に拘るのではなくて、それのグループ全体を示す
大意の象徴、事象をシンボル的な概念として扱う能力のことおもいます。

>犬や猫は死、あの世みたいな概念は理解しないよね。
彼の世なんてカタカムナの解釈方法から古来日本語を分析すれば
死語の世界など存在していないことが理解できるはず。
世界観すらないし、言葉自体も神秘的な物の1つという流れでしょう。

海外の古典的文字や言葉、シュメールやバビロンとの時代でも
カタカムナ(明治に解釈したという噂もある)ほど完璧に説明
できる手法は無いと思う。日本の縄文文化はシュメール文明よりも古いかも
しれない。wikiによると紀元前10世紀、今から約16500年前からと
説明がある。
どこかの説でソース不明、血液型と移動した民族移動の関係を説明した話で
O型(旧縄文人=狩猟民族)、B型(新縄文人=放牧民族)
A型(弥生時代=農耕民族)という人口の歪みあるようです。
アフリカ、中南米の縄文人の移動した国などのモンゴル系はO型が多い。
日本でも小人伝説でその存在を語る人もいる。(O型とおもわれる狩猟民族)
狩猟型が移動に優れ、遊牧型が次に移動し、農耕型は伝わるのが遅い。
という流れで民族移動がなされたという話です(話が違ってすみません)

マイナーだけど「相似像学」を一度、知的趣味の学として覚えては
どうでしょう?

148 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/19(木) 18:34:41 ID:ZbDMnUVt
>日本のひらがな文化は会話言葉として縄文初期ぐらいまであるような
>主張をする人もいるね。
実際の出土例を挙げて。ググッたがとんでもにしか思えない。
考古学と歴史ロマンを厳密に分けて考えて。歴史ロマンは歴史ではないよ。
考古学を真面目に学んだ人間からするとそんな言語の確認はできない。
そもそも血液型で民族の文化は決まらないし、モンゴロイドが中南米に移動したことがあっても
それを短絡的に縄文人にしてはいけない。だからいつの時代どこの場所でと言ったんだよ。
文化を語るならさらに自然条件や物質文化(どんな物質を使っているか)まで考えなきゃいけない。
少なくとも縄文時代に放牧をする必要がある家畜は確認できてないよ。馬も牛もいなかった。

私が言っている抽象的概念とはなにか、言葉が足りなかったと思う。
今は自然現象で起こる現象以上のことを想像する能力として挙げてるんだな。
死とはどういう意味か。死は悲しい。なぜ悲しいのか。
死を迎えたものはもう二度と同じように動かないことを知っているから。
犬や猫がそういう動かなくなったという自然現象以上のことを理解するの?
他の動物が供養のために墓を立てるという自然現象的に何の意味もないことをするの?

149 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/19(木) 23:26:24 ID:ZbDMnUVt
>日本のひらがな文化は会話言葉として縄文初期ぐらいまであるような
>主張をする人もいるね。
実際の出土例を挙げて。ググッたがとんでもにしか思えない。

ごめん訂正
ひらがな文化とカタカムナを混同してた。
ちなみにカタカムナは信じない。
日本語の成立過程を考えればひらがな文化がとはいわないけど
現在の日本語に縄文時代の"ことば"が残っていても不思議ではないね。
日本語はいろいろな文化の言葉を受け入れて形成された言語だからね。
あれ?ひらがなって漢字から生まれたと記憶してたけど
ひらがなとひらがな文化は別ものかな。

これに関しては板違いになるんでスルーをお願い

150 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/20(金) 07:10:09 ID:FTU0htad
面倒だから質問内容を直球に変えるよ。
「魔術は人間以外の動物も可能か?」
Yesなら私が繰り返した質問はすべて空振り。
Noならいままでの答えでは満足できない。

人間が動物から人間になったとき、つまり抽象的概念
(信仰、宗教、芸術といったものを想像してみて)を理解したときには
知識の積み重ねがあったと私は主張している。
知識を捨てることは人間以前の猿人や原人、猿に戻らなくてはいけなくなってしまう。
人類の祖先はわかっているだけで約700万年前のサヘラントロプス・チャデンシスがいる。
石器を定型的に作り出すようになったオルドヴァイ文化は200万年とか300万年前のこと。
ネアンデルタール人の埋葬例がわずか10万年ほど前。
ホモ・サピエンスの祖先とネアンデルターレンシスの祖先が
分化したと考えられるのが50万年前とかその程度。
それらの前段階にいたホモ・エレクトスでは埋葬例は見つかっていない。
がんばって見積もって約50万年前からしか抽象的概念は存在しない。
再度いうけど、そのときにはすでに知識の積み重ねがあった。
抽象的概念を理解できないのにはたしてオカルトを認知できるのか。
できるのであればすべての動物にとって魔術は可能になるだろう。
また知識を捨てたら人間が人間ではなくなってしまう可能性もある。

さてYesとNoどちらですか?

151 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/21(土) 00:16:19 ID:buFhv0t9
カバラってなんですか?


152 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/21(土) 03:31:46 ID:1PYabIOE
>>151
バカラのことで、BaKa erと書き、バカな人を意味する。wwwwwwwwww
つまり超能力板の獣人のこと。
まあバカじゃない 超能力板で超能力じゃない話題に固執しているのは
正常なんだろうけどwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

153 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/22(日) 01:26:39 ID:wuU+dV0D
いえ違います、カバらとはカバの真似をする人たちをいいます。

154 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/24(火) 08:48:59 ID:i3LHPfiZ
カバとんとん、じゅしーじゅしー

155 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/24(火) 15:08:52 ID:QQIIUIOe
河馬達(かばら)か。
俺達(おれら)
私達(うちら)


156 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/25(水) 15:08:49 ID:bgaw2CFL
カバラをしらないライトノベル厨はまだこない?

157 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/28(土) 00:09:16 ID:CGbBK/m7
カバラぐらい知っているよ

158 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 02:46:29 ID:88dwW+CK
カピバラさん

159 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/30(月) 00:17:06 ID:WLSpCGNT
イシス学院のカバラー講座を受ける人間はいる?

160 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/30(月) 14:00:14 ID:XzoE/bnk
かばら

161 :朽木四郎改め松本隆:2008/07/01(火) 18:16:53 ID:BmW5fKvm


作家 松本隆のスタイルは、まず暴力を見せるために私の周辺の人物を予告したとおりに殺すことから始まった。
次に第三者、亡くなった人間の名前「阿子島たけし」を挙げ、「ああなりたいか?」をしばらく続けた。


その後が、私。「お前を自殺に追い込んでやる」と言ってきた。
次は、私の3歳だった姪を「殺すぞと」繰り返してきた。
私の父母にも同じことを繰り返した。
併せて、90歳を越えた私の祖母をベッドから間接的に突き落とした。
現在は私の女性友達、その女性をレイプするとしつこくしつこく繰り返した。


この姉妹(次女は美緒)の私の友人や家族に対する脅迫(「もしこのことをばらしたら、お前の〜を・・」等)
は執拗でいつまでも収まることはなかった。私が今文章を書いているのは、先程も繰り返されたその声が起点にもなっているのだから。


松本は、有名処のアーティストに盗品を投げ与えると言う形で飼い慣らしてきた。
自分の手を汚さずに事を為してくれそうな人物を、おそらく今でも捜しているだろう。
真偽は黄金の夜明けMLの主催者TRK氏に確認していただきたい。


162 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/01(火) 21:02:29 ID:mBFrxdGe
いい加減にしろ、この既知外が!

163 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/02(水) 18:38:14 ID:1cQHdVj9
とマヌヌが申しています

164 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/03(木) 21:15:52 ID:kfFi7ji+
>>162
だからオマエが

165 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/07(月) 19:36:11 ID:DEZzKgWg
どうやら既知外と主張する本物は消えたようです

166 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/18(金) 01:36:49 ID:AqxXtJfx
もう修行なんてやめちまえ!

167 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/18(金) 01:37:47 ID:AqxXtJfx
そんないいかげんな気持ちなら・・!

168 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/12(火) 18:48:14 ID:R2w11562
4次元空間をイメージする = 魔術修行 ??

普段見ている2次元の鏡の全体は、3次元空間内でなければ見ることができない。(XY座標の写像)
4次元人は、3次元の鏡で自分の姿を確認することになる。(XYZ座標の写像)

もし2次元の鏡の全体を2次元空間内の制限下でイメージできる方法がみつかれば、
3次元の鏡の全体を3次元空間内でイメージできるかも知れない。
→透視

もし4次元空間を具体的にイメージできれば、
Dr.レオンの超魔術をギミック無しで再現できるかも。

169 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/19(火) 01:16:43 ID:Tw/ax/dm
【ためして】「メロンパンを食べると乳首の感度が良くなる?」女子高生6人がパン屋で公開実験へ【ガッテン】
http://science6.2ch.net/test/read.cgi/bake/1218880775/
一言カキコで動画有

82 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)