5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

 超常現象関係ぶっちゃけスレッド

1 :、 ミジンコ:2008/01/06(日) 09:53:32 ID:qRuwUWQC

              ,イ :::《:ヘ/:|:::::::::|:: ..::::/:: |::::::   i::|./|:::.  \
              / ..:| :::::f::/::|::::|i::i|::::::: |i::: |i:::::: |.::|-、:::::|::::   i, \
            /../ヘ:::::Y:::::|::::|ヘト:::::::::| |:::||:::: i|:::|  ̄'|::|:: 、 |::  ヽ
           //::::i:::>‐‐|::::::\|-|=i≡|ミ|三|ミ | |::|   |::|i::  |: |:...  i
          /'/..:::::::|:/ 仁|:::::: i::: ::|,=テ=-ヾ:!\:| ヾ  _|:ハ::  |:::|::::|i: |
        ,イ´/ ..:::::::::::|ヽ ヽ|:::::: |:::: i`!f;;r`}ヾミ `  =≡i|ミ|::: |i: |i:::| |::|
   ィ= ̄...::/ ..::::::::/ヘ:::\_l::::::..ハ:::: {!=ン     ,テ卞t ヾリ_| !:||:::| |::|
- ̄,   ..::::/ ..:::::::::/::::/ヽ:::::|::::::::.∧:: t       fゞkリミ ,/::::/;:;リ|_:| t;!
::::/  ..::::/  ..::::::::/::/三≧ユ=- 、::..ヘ_|      j `=´/`::T |/
/ ..::::/  ..::::::::::/::∠/.:_イ ̄   ーミヽ:::ヽ  rー‐ァ   イ::::: ::|
 ::::/  ..:::::::::::/ン/.:/´ /         ヽ::ヽ `´ _,.イ::::i|::: ::| |
::::/ ....:::::::::::::://.:/ /            、j-':::::::::::::l:::| |:: |i !
/ ..:::::::::::::::::/.:./  /          [   }::::::::: ::::::: |!,! |:  |ヾ|
 ::::::::::::::::://   /            |  /::::::::::: ::|::: | |:_!
:::::::::::::::/`    |             | ,イ:::::::::::  |::: | `
::::::::::/      |  i            Y: :|:::::::|::: |::: |
::::/        | |            |: :|:::i |::. |: |
/          | ,|           | /.:: :|:::ト:: ト、 ヘ |
           | |           |´.:.:.: :t::| i:: iヘ  ヘ
           V          /.:.:.:.:.:.: :l:::| i:. i ヽ Y
           |          ,!.:.:.:.:.:.:.:.: :|::| t: |  ヘ 'i


2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/06(日) 09:59:06 ID:UDP/9UgU ?2BP(0)

              ,イ :::《:ヘ/:|:::::::::|:: ..::::/:: |::::::   i::|./|:::.  \
              / ..:| :::::f::/::|::::|i::i|::::::: |i::: |i:::::: |.::|-、:::::|::::   i, \
            /../ヘ:::::Y:::::|::::|ヘト:::::::::| |:::||:::: i|:::|  ̄'|::|:: 、 |::  ヽ
           //::::i:::>‐‐|::::::\|-|=i≡|ミ|三|ミ | |::|   |::|i::  |: |:...  i
          /'/..:::::::|:/ 仁|:::::: i::: ::|,=テ=-ヾ:!\:| ヾ  _|:ハ::  |:::|::::|i: |
        ,イ´/ ..:::::::::::|ヽ ヽ|:::::: |:::: i`!f;;r`}ヾミ `  =≡i|ミ|::: |i: |i:::| |::|
   ィ= ̄...::/ ..::::::::/ヘ:::\_l::::::..ハ:::: {!=ン     ,テ卞t ヾリ_| !:||:::| |::|
- ̄,   ..::::/ ..:::::::::/::::/ヽ:::::|::::::::.∧:: t       fゞkリミ ,/::::/;:;リ|_:| t;!
::::/  ..::::/  ..::::::::/::/三≧ユ=- 、::..ヘ_|      j `=´/`::T |/
/ ..::::/  ..::::::::::/::∠/.:_イ ̄   ーミヽ:::ヽ  rー‐ァ   イ::::: ::|
 ::::/  ..:::::::::::/ン/.:/´ /         ヽ::ヽ `´ _,.イ::::i|::: ::| |
::::/ ....:::::::::::::://.:/ /            、j-':::::::::::::l:::| |:: |i !
/ ..:::::::::::::::::/.:./  /          [   }::::::::: ::::::: |!,! |:  |ヾ|
 ::::::::::::::::://   /            |  /::::::::::: ::|::: | |:_!
:::::::::::::::/`    |             | ,イ:::::::::::  |::: | `
::::::::::/      |  i            Y: :|:::::::|::: |::: |
::::/        | |            |: :|:::i |::. |: |
/          | ,|           | /.:: :|:::ト:: ト、 ヘ |
           | |           |´.:.:.: :t::| i:: iヘ  ヘ
           V          /.:.:.:.:.:.: :l:::| i:. i ヽ Y
           |          ,!.:.:.:.:.:.:.:.: :|::| t: |  ヘ 'i

3 ::2008/01/09(水) 09:04:00 ID:LivJZ5vm





http://etc7.2ch.net/test/read.cgi/denpa/1174920756/l50x
何でもスレッド保管スレ [電波・お花畑]








4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/09(水) 20:42:05 ID:4P+y8ksj

結局、「ソルジャー・シンドローム」って何?



5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/17(木) 09:22:33 ID:3gHeo2v1
>4
過去ログ倉庫より

http://hobby2.2ch.net/occult/kako/1045/10456/1045620931.html

6 :,:2008/01/25(金) 08:08:38 ID:r4l9J1LY
,

7 ::2008/02/02(土) 09:24:55 ID:qv8hOCa6
http://life9.2ch.net/test/read.cgi/utu/1176831538/l50

8 ::2008/02/08(金) 19:03:14 ID:w2mlj4MT
,

9 :,:2008/02/16(土) 09:35:31 ID:nBxFEioG
,

10 :,:2008/02/26(火) 18:29:27 ID:BGd/kmoy
,

11 :,:2008/03/06(木) 14:31:38 ID:sQ06F5Ci
,

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/07(金) 17:21:39 ID:YttV9TZD
てす

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/12(水) 02:34:46 ID:BZRG4oLt
    ,,,..-‐‐‐-..,,,
   /::::::::::::::::::::::::ヽ        _,..-‐‐-..,,,
  l::;;-‐‐-:;;::::::::::::ヽ//-‐,,__ /:::::::::::::::::::::ヽ
  l:l     :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
  ヽ   /   :::::::::::::::::::::::::::::::::::::;-'^~~^'‐;;:l  募金するなら黒柳徹子さんのユニセフへ!
   ~ヽ/      :::::::::::::::::::::::::::::::ヽミ   .ll   『黒柳徹子』さん名義の口座があります。
    / /て^ヽ   ::::::::::::::::;;;;;;;:::::ヽ  ,.ノ 
    /  |o ゝ,_ノ|     ::/^'ヽヽ::::::l'^~    
  ‐/-,, ヽ( )_,,ノ      |ゝ.,_ノ o.|:::::l    
   l  ~^''     `‐'   ヽ..,,_( )ノ  :l    『日本ユニセフ』は小和田関連のあやしい団体。
  '''l^^~~~   (         -‐‐‐--l-   あなたの善意は25%も小和田のふところに逝っちまいます。
   ヽ、 ,,,,   `'''''^''''~    ~^'‐..,,_/
    / (:::::}         ,,,,   イ~''       TVのCMに騙されないで!
    l:  ~~         {:::::)  ::l
   l:              ~~   l    コンビニの募金箱もアブナイよ。よく見てからネ!
   l、                 l>
   /^‐-,,____,,,,,,,,..................,,,,,,,__,,,.--ヽ
   ~‐‐'~             ^'‐‐~


   銀行口座 みずほ銀行 六本木支店 普通1546555 ユニセフ親善大使黒柳徹子

   郵便口座 00130-5-8060 ユニセフ親善大使黒柳徹子

14 :,:2008/03/22(土) 19:41:45 ID:HtCJi8Ph

[  ケネス・アーノルド  支離滅裂な宇宙人の話だらけにも関わらず、人々が、宇宙人が地球の外から私たち
を観察していると信じるのは、一体何故かというと各国政府が宇宙探検についてはじめて真剣に考えてい
た時期に、いみじくも、ケニス・アーノルドの空飛ぶ円盤目撃事件が世間の注目を集めたという事実が示してく
れるのではないか。この時期は、戦慄すべき破壊のエネルギーが原爆と言う形で放出された直後の、東西冷
戦の真っ最中で、多くの人々がにわかに自分の未来と人類の未来について強い不安感を抱き始めt時代
でもあった。地球外の別の種族が、何か模範や前向きな指標を示してくれて、人類が自ら生み出した恒久
的な脅威を解決してくれるかもしれない、と多くの人々はそうしんじたかったのではないだろうか。恐らく、宇
宙人の哲学と言われるものの多くが、平和と友愛に満ちた生き方と結びついているのは、決して偶然では
ないだろう。 地球外来説の妥当性に疑念を抱かせる問題がある。いわゆる宇宙人の技術レヴェルが私た
ちのレヴェルと全く違わない面に関しては、UFOが、既に、誰もが知っている事実に基づいてこしらえた、
純粋な想像の産物であることを暗示している(これに対しては、いたって論理的な反論もある。つまり、人類
学に精通した宇宙人は、地球人に一足飛びに彼らのテクノロジーを見せ付けて驚かせたりせず、まだなじみ
の無い思想や文明は地球人の目に触れないように気を配っている、と言うのである。)UFOの地球外来説
(ETH)ナットとボルト派   地球外来説ではなく政府の陰謀説や軍の秘密兵器説をほのめかす人もい
る。


15 :,:2008/03/22(土) 19:45:27 ID:HtCJi8Ph
新UFO学 UFOは超常的な、すなわち通常の論理では説明のつかない現象には違いないが、本質的には
‘地球上‘の現象であり、事によると人の心が生み出した産物なのかもしれないと言う立場。           
UFO体験を単なる錯覚や複雑に入り組んだ錯覚の一種だと考える説とナットとボルト派の中間

UFO目撃事件には霊的作用と物質的作用との得意な複合が含まれているという仮説まで飛び出している。
つまり、UFOの存在を固く信じるあまり、そのものきっかけが何であろうと(ただの飛行機をUFOと見間違
えたのかも知れないし、全くの夢だったのかもしれない)、そうした思念が物質的に実体化するのではない
が、と仮定しているのである。こうして物質的に実体化した‘物体‘が、そもそものきっかけとは全く無関係の
人々によって目撃されているのかもしれない。これは何ともとっぴな発想だが、ポルターガイストやその他の自
然発生的心霊現象に関して判明している事実を考慮してみると、最初に思ったほどこじつけじみた話でも
なさそうだ。しかし、実際にこれをどう研究し立証していくかとなると、全く別問題である。

UFO体験を単なる錯覚や複雑に入り組んだ錯覚の一種だと考える説  陰謀説の正反対の立場のUFO
体験、宇宙人との接触を伴うような体験を‘全て心の中の体験‘の出来事だととみなす。しかし、‘彼方に‘いる
誰かが、あるは、何かが、私たちに推測以上のことが出来ないように、選ばれた人間だけにしか情報を提
供しないのだ、と言う人も居る。

ビリー・マイヤー は八百長

セルジー・ポントワーズ事件 曰く付 、、、、、省略、、、、。





16 ::2008/03/22(土) 19:48:38 ID:HtCJi8Ph

人々が不可解この上ない何かの体験をしていることは、紛れも無い事実である。 第一次世界大戦の直前
に、イギリス諸島の上空に奇怪な飛行船が現れた‘幽霊飛行船の侵略‘が、そのいい例だろう。この事件の関
心をいっそう高めてくれるのが、アメリカでも同様の目撃事件が集中発生したという事実である。1896年から
1897年にかけて、アメリカでは、特に、ネプラスやアイオワなど、大草原の広がる中西部の州で、なぞの飛行船
が度々目撃されているのである。このアマリカ目撃事件は、当時の地球の技術よりほんの一歩だけリードして
いる‘宇宙人‘の技術を見事に例示してくれており、まことに持って、興味深い。当時、飛行船は、非常に新し
い、まだ開発途上の乗り物だったのである。これとは対照的に、イギリスでは、1913年までにドイツで開発さ
れた飛行船のデザインが良く知られていたし、そのうえ、大陸の列強との大規模な兵器開発競争に明け暮れ
ていた時代だった。当時のアメリカとイギリスの両方で、何らかの集団ヒステリーや集団幻覚が生じたのだろう
か?もし、そうだとしたら、アメリカでこうした心理現象が起きたのは、何が原因だったのだろうか。それとも、も
っと何か奇妙な超常現象(集団によるある種の超感覚的知覚の体験)が連続発生していたのだろうか。



17 ::2008/03/22(土) 19:50:56 ID:HtCJi8Ph

恐らく、UFO関連の体験の中で何よりも気味が悪いのは、UFO事件の後目撃者の前に姿をあらわす黒服
の男たち(MIB;Men in Blackの略)との遭遇事件だろう。事件をどう解釈するかは、それに関わる分析者
やUFO学者の先入観によっても左右される。しかし、この謎の人物の特徴は、どう控えめに見ても薄気味
悪いものだ。彼らは、我々がUFO現象の真の本質について問い掛けてきた全ての疑問が集約されている
ほど、不気味な存在なのである。黒服の男たちは、UFOの目撃者のところへやってきて、事件を口外しない
ように命令する(目撃者は、しばしば彼らの命令にそむく。そうでなければ私たちがMIBの存在を知ることな
ど出来ない)。彼らは、安物のB級映画に出てくるGメンのような実に陳腐な言動を取り、おまけに時代遅れ
の服装をしている。彼らは、実行できない、あるいは実行する気の無いような脅迫をする。しかし、彼らは、
目撃者しか知らないことを知っている。かと思うと、彼らは非人間的な雰囲気を漂わせ、時には礼節を重ん
じる社会で認められる態度と言うものを全く知らないかのように見える。果たして彼らは、例えその1部でも、
本当に政府の関係者なのだろうか(何か彼らなりの理由があって意図的に奇妙な態度を見せているのだろ
うか)。それとも、何か壮大なペテンの一部なのだろうか。ひょっとしてただのいたずらではないのか。非現実
的だが極めて不快な事件によって触発された一種の幻覚なのではないだろうか。この中のどれなのだろう
か、それともどれでもないのだろうか。




18 ::2008/03/22(土) 19:55:28 ID:HtCJi8Ph


 以上、コリンウィルソン監修 超常現象の謎に挑む 


   第一章、エイリアンワールド  


 第1章をはじめるにあたって   、、、より、、、。




19 ::2008/03/22(土) 19:57:42 ID:HtCJi8Ph


  以上、コリンウィルソン監修 超常現象の謎に挑む 
 
      第一章を始めるにあたって

             、、、、、、、、より






20 :、白からす黒ひつじ:2008/03/22(土) 20:01:16 ID:HtCJi8Ph

   、、、、、、あれ?、、、まぁ、いいか、、、。

 http://life9.2ch.net/test/read.cgi/utu/1176831538/675  >>

中には、↓のような例外的に真面目な軍人さんも居るようですが、、、、。

こうした事件が現実に発生しているという事実は、アメリカ空軍が認知している。空軍は、合衆国空軍の職
員と偽る人物がUFOの目撃者の所へ訪れることに、重大な関心を持っている。1967年2月、国防省のジ
ョージ・P・フリーマン大佐は空軍のプロジェクト・ブルーブックのスポースクマンとして、UFO研究家jyonn・
キールとのインタビューの中でこう語っている。

「空軍の制服を着た謎の男たちが、政府機関が発行したらしい無分証明書を携えて、UFO目撃者に‘沈黙
‘を強要している。我々はいくつかの事件を調査したが、この男たちは空軍とはいかなる関係も無い。彼らに
ついては、今のところ一切が不明である空軍の軍人や政府機関の職員のも身分を偽るのは、合衆国の法
律に違反する行為だ。何としても彼らを逮捕したい。だが残念なことに、我々が事件の報道を受けたときは、
いつも、彼らが跡形も無く姿を消してしまったあとなのだ。」



21 ::2008/03/25(火) 18:15:33 ID:Vks4EWPz


22 ::2008/03/29(土) 19:30:48 ID:3/ne2yC+
1909年に、イギリス上空で目撃された謎の飛行船は、実際は、ドイツのツェッペリン飛行船ではなか

ったようだ。ドイツの飛行船研究の先駆者は、フェルディナント・フォン・ツェッペリン伯爵である。彼は、

1900年7月にボーデン湖の上空で、最初の飛行船ルフトシフ・ツェッペリン1号(LZ1)の諸飛行を行

った。彼の62回目の誕生日の本の数日前のことだった。LZ1は、ガスをつめた巨大な袋に

エンジンを取り付けて動かすだけの単純なもので、17分あたりしか飛行できなかった。だが、

この短時間の飛行は感動的で、飛行船の未来は明るいと思われた。


23 ::2008/03/29(土) 19:31:59 ID:3/ne2yC+

 ツェッペリン伯爵は、大規模な飛行船建造計画に着手した。しかし、1909年ごろは度重なる墜

落と資金不足のために、飛ばす事の出来る飛行船は3隻(LZ3、LZ5、LZ6)しかなかっ

た。このうち、群の管理下にあったのはLZ3とLZ5の二隻だけだった。しかも、この2

隻はまだ実験段階で、長距離飛行は不可能だった。また、イギリスの幽霊飛行船の目撃者たち

がほうこくしたような高速度飛行が出来る性能は持っていなかった。


24 ::2008/03/29(土) 19:32:48 ID:3/ne2yC+



第一次世界大戦前、イギリスはほとんど飛行船の研究を行っていなかった。政府による建造計

画は1907年に開始されたが、1914年の回線時に、イギリスではまだ5隻の飛行船しか建造さ

れていなかった。



25 ::2008/03/29(土) 19:35:47 ID:3/ne2yC+
最初の目撃は、1909年3月23日の朝、ケンブリッジシャー州の警官ケトル巡査が、ピーターバラのクロムウェ

ル通りをパトロールしていたとき、遠くから自動車のエンジンの音が聞こえてきた。そのまま、ブ

ンブンうなる絶え間ない大馬力のエンジン音を聞いているうちに、彼はふと、それが頭上から

響いている事に気が付いた。上を見上げた瞬間、星空を背景に、まぶしいライトを取り付

けた長い楕円形の物体に見えた。この不思議な空飛ぶ物体は凄いスピードで上空を通り過

ぎ、たちまち見えなくなった。


人々は、このニュースに大きな疑問を抱いた。しかし、この目撃談は、その後、数多くの飛行

船の置くのも目撃談の原型をなすものだった。それからまぶしい強力なライトやサーチライトを取り

付けた黒い物体の騒音を立てながら夜空を横切るのを見た、と報告するものが次々と現れ

た。



26 ::2008/03/29(土) 19:39:06 ID:3/ne2yC+
この頻発する目撃報告に共通したもう一つの特徴は、不思議な目撃物に対する各種の解釈

を、いとも簡単に信じ込む自称専門家達が多数居た事である。ケトル巡査の目撃事件に関して

は、ピーターバラ警察の警官がコブデンどおり近辺の上空を飛んでいた超特大の凧がその正体だ

った、とマスコミに発表した。まぶしいライトは、凧に取り付けられたちょうちんだった、と安直

な解釈が加えられた。

「でも、飛行機が猛スピードで飛び去った、と言う問題はどうなんでしょう」と記者の一

人が尋ねた。「それは、ケトルがあんたがたマスコミへのサービスにちょっと私的な味付けをしたんで

しょう。彼は、公式にはそんな報告はしていませんよ。風にあおられていたので、凧が動

いていたような感じだったんでしょう」とその計画は答えた。「では、ブンブンうなるエンジン

音については、どう説明しますか」と、まだ、納得いかない記者が質問した。

「ああ、それは」と、警官は立ち去るそぶりを見せながら、こう答えた。「コブドンとおりに

あるパン屋で一晩中動かしているモーターの音ですよ。!」


27 ::2008/03/29(土) 19:46:14 ID:3/ne2yC+

ケトル巡査の目撃報告を黙殺しようとするこの無難な見解が目撃の直後に発表されていたな

ら、もっと重みもあっただろう。ところが、飛行船の謎に対するこの単純な回答にいたる

までにピーターバラ警察は6週間以上もの時間を要したのである。どうやらピーターバラ警察とし

ては、こんな信じられない話を間に受けて面倒な事になるよりも、ケトル巡査を風と飛行船の

区別も出来ないようなぼんくらに仕立てるほうが得策だと考えたようだ。



28 ::2008/03/29(土) 19:48:42 ID:3/ne2yC+


最初、ケトル巡査の目撃事件は、そのまま何事もなく忘れ去られるかと思われた。しかし、

5月のはじめごろから、イングランド南東部一帯で飛行船の目撃事件が毎日報告されるようにな

った。その典型的事例が、C・Wアレン氏なる人物の報告であろう。5月13日、彼が、友人数

人と、ノーサンプトンシャー州のケルマーシュ村を車で通り抜けようとしていた時、ドーンと大きなおとがし

た。その後、頭上から、ドルンドルンというエンジンの音が聞こえてきた。夜は暗かったが、船首

と船尾にライトをともした全長30くらいの魚雷型の飛行船に見えた。飛行船はまたたくまに

上空を通り過ぎたが、船体の下につるされたゴンドラと、その中に居る乗組員らしき人影が

見えた。飛行船は、ピーターバラーの方向へ消えた。



29 ::2008/03/30(日) 16:33:14 ID:WqkLQ1RF
他にも数多くの目撃談が報告されている。しかし、この飛行船の正体はいったいなん
だったのだろうか。ツェッペリン伯爵の偉業は、イギリスでも有名だったし、当時ドイツとイギリスとは
敵対関係にあった。こうした背景から、人々はすぐさま将来の侵攻に備えてド
イツの飛行船が偵察にやってきたものに違いないと思い込んだ。

しかし、この仮説のさいだいの欠点は、イギリス国内で数え切れないほどの飛行船目撃事
件が報告されている点である。当時のドイツには、せいぜい、1,2回イギリスへの偵察飛行が
来ればよいていどの資力しかなかった。このため、2,3の新聞は、この現象そのものを
幻想と決め込み、飛行船を目撃したと言う読者をご乱心の大家たちと呼んで取り合わなか
った。そうした新聞記者の下に、その大家の一人から投書が届いた。

毎晩1000人に二人の割合で、色鮮やかなねずみや発行するフクロウ、動き回る光、燃え上がる彗星などの奇妙なも
のを目撃しています。したがって、この種の事件の証拠を探す気になれば、いくらでも見
つかるはずです。特に体験者に先ず、その旨を伝えれば喜んで証拠を提供してくれるでし
ょう。


30 ::2008/03/30(日) 16:46:15 ID:WqkLQ1RF

もっとも不可解で衝撃的な事件は、初老の操り人形師レスプリッジ氏の目撃例である。

5月18日のこの目撃報告によって、飛行船の活動の中心は東海岸からウェールズのグラモーガン州中部へと移った。

前日の5月17日にも、赤い閃光を放つライトをともしたながい物体が、

北アイルランドのベルファストで何人もの人々に目撃され、事件の確証も得られていた。

もはやイギリス国内で、この騒動に巻き込まれていない地域は残っていないようだった。

レスプリッジ氏は、飛行船の目撃(接近遭遇からわずか数時間後)に、興味津々の記者を相手にこう語っている。



31 ::2008/03/30(日) 17:01:25 ID:WqkLQ1RF
 
昨日、わしはセニングヘードへ出かけて、カーフィリー山を越えて帰宅する途中だった。

ほら、あの山の頂上はえらくさびしい場所だろう。頂上に着いたのはもう、午後11時ごろだった。

ちょうど、道のカーブを曲がったところだった。びっくりしたよながいチュウブのような格

好のものが道端の草むらの中にあって、そのそばで2人の男が忙しそうに何かやっていた。

わしは連中を観察した。奴らの身なりがずいぶん変わってたんだ。二人とも大きな分厚い

毛皮のコートと、頭にピッタリの毛皮の帽子をかぶっていたようだ。わしはちょっとばかり驚いたけど、そのまま通り過ぎた。

通り過ぎて20mも行かないうちに、奴らの服装がわしの思ったとおりだったことがわか

った。連中は、わしのちっぽけな荷車の音に気が付いたらしく、わしの姿を見て飛び上が

ると、奴らは互いに、何か訳のわからん言葉でまくしたてていた。あれはウェールズ語か何か

だろう。英語でなかった事だけは確かだ。奴らは急いで地面の上から何かをかき集めた。

わしが本当にびっくり仰天したのはそのときだ。


32 ::2008/03/30(日) 17:05:30 ID:WqkLQ1RF
地面の上にあった例の長い物体が、ゆっくりと浮き上がったんだよ。わしは、ただただ呆

然と、そこに立ち尽くしていた。その物体地面から2,3mくらいのところで停止すると、

その下に釣り下がっている小さなゴンドラみたいなものに男たちは飛び乗った。すると、奴

らを乗せたその物体は、ゆっくりとジグザグに上昇していった。そいつが、山の上を通っ

ている電線をうまくかわしたと思ったら、そのとき電燈のような明かりが二つともった。

そして、ぐんぐん上昇していってカーディフのほうへ飛び去ったんだ。

レスプリッジ氏が記者たちと共に、接近遭遇の現場に戻ってみると、果たして、飛行船が存

在した痕跡がいくつか見つかった。14mくらいの例の長い物体が目撃された場所には、

鋤の刃で引っかいたような跡が残っていた。あたりには、飛行船の目撃記事やドイツの皇帝

と軍隊の関連記事の載った新聞の切抜きが、いっぱい散乱していた。このほかにも、大量

の紙張り子の詰め物の材料や、つつやかな缶のふたや、見慣れぬ文字を書き連ねた何十枚

と言う青い紙片、そして、赤いラベルのついた金属のピンのラベルには、フランス語の説明が書か

れていた。


33 ::2008/03/30(日) 18:09:43 ID:WqkLQ1RF


一部の人たちがこのピンの爆破装置の部品らしいとコメントしたため、一時は騒然となったが、

更によく調べると、自動車のタイヤのプランジャーだろうということになった。

 レスプリッジ氏の話を裏ずける承認も何人か名乗り出た。カーディフ州キャセイのソールズベの一人はリー

通りの住人が、同じ夜の10時40分から10時50分にかけて、空に浮かぶ飛行船のような

ものを見たと言った。



34 ::2008/03/30(日) 18:11:10 ID:WqkLQ1RF

    葉巻型のボート

  さらに別の証言も寄せられた。レスプリッジ氏の遭遇から2時間後、カーディフのドックの作業

員数名が、ニューボートの方角から葉巻型のボートが高速でやってきて東のほうへ飛び去るのを見

たと語った。この飛行船にはライトが二つ付いていて、ブンブンうなるエンジン音をとどろかせ

ていた。目撃者の一人はこういった。「中に乗っている人間は見えなかった。「中に乗って

いる人間は見えなかった。夜だったし、飛行船はかなり航空を飛んでいたからね。でも、

大型の飛行船だったことは間違えない。」



35 ::2008/03/30(日) 19:12:02 ID:WqkLQ1RF

 グレアム氏とボンド氏の体験談はこれに輪をかけてとっぴな話だった。この二人の紳士は、5
月13日、ロンドンのハム・コモンで端が広がった大きなシガー箱を束にしたような全長60〜70m
の飛行船を見た。彼らが、この夜であった飛行船の乗員は、きれいにひげをそったアメリカ人
と、ヒョウタンで作ったパイプをくわえたドイツ人だった。ドイツ人がタバコを少しくれないか
と言うので、グレアム氏は自分の煙草入れから出して分けてやった。彼らは、真正面から浴び
せられるサーチライトの光で目がくらんだが、それでも、そのアメリカ人が金網のかごのようなもの
の中にいて、彼の前にビールポンプの取っ手のようなレバーが並んでいるのが見えた。ドイツ人の
前には地図がおいてあり、その地図のところどころに何本もピンがさしてあった。この遭遇
事件はアメリカ人がレバーの一つを引きおろした瞬間、突然幕切れとなったらしい。そして、彼
は、サーチライトを消し、飛行船は飛び立っていった。2人ともさよならの一言も言わなかった。

 こうしたさまざまの奇妙な事件を聞くと、1909年にイギリスをおびやかした幽霊飛行船の謎
の解明がけっして容易ではない事をお分かりいただけるだろう。
 

36 ::2008/03/30(日) 19:14:17 ID:WqkLQ1RF

1909年の幽霊飛行船の目撃騒動が下火になったとき、この物語はそのまま終焉を迎えるか
と思われた。だが1912年、以前にもまして不可思議な目撃事件が再び報告されはじめた。


1912年12月14日の夜。イギリスのケント州シネアス上空にツェッペリン型飛行船が飛来したと言ううわ
さは、英国下院の査問にまで発展した。1912年11月27日、反対党の下院議員ウィリアム・ジョ
インソン=ヒックス氏は、海軍大臣ウィンストン・チャーチル氏に対して、この問題について何か知っているか
と質問した。チャーチル氏は、問題の日に正体不明の航空機の報告があったと断言した。同地区
では、午後、7時に上空を飛行する未確認機の爆音が聞こえ、、その機が着陸すると予想さ
れた近くのイーストチャーチで火の手が上がった。しかし、夜空からは何も降りてはこなかった。
この未確認機の国籍や、何処から飛んできたかについては依然謎のままである、とチャーチル氏
は認めるしかなかった。


37 ::2008/03/30(日) 19:16:33 ID:WqkLQ1RF



 イーストチャーチの報道機関の調査によって、10月14日午後6時30分から7時にかけて、町の
住民がブンブンうなる騒音を聞いた事が明らかになった。しかし、このとき、人々は、海軍
の空港学校へ向かう飛行船か飛行機の音だと思った。しかし、問題の日、夜間にその基地
を発着したいかなる航空機も存在しなかった。

ジョインソン・ヒックス氏とチャーチル氏の質疑応答の原因となったこの話は、数々の予期せぬ結果をも
たらしたのである。



38 ::2008/03/30(日) 19:17:59 ID:WqkLQ1RF

 すぐさま、ツェッペリン1号にシネアス事件の嫌疑がかけられた。このドイツの飛行船は、前日の10
月13日に30時間のテスト飛行に出発していたのだ。1912年にシネアスに飛来した航空機が、果
たしてツェッペリン1号などのドイツ製飛行船であったかどうかは、いまなお議論の種になっ
ている。事件の真相が何であれ、英国政府は、国民と官公庁の不安を抑えるため、1911年
に制定した航空管制法の強化を決定した。法案は速やかに議会を通過し、1913年2月14
日国王裁可を得た。これによって内務大臣は、イギリス領土および了解全般にわたって航空機
の飛行を禁止する権限を与えられた。これはまた、航空機が地上信号に応答しなかったり、
禁止区域を飛行した場合には、砲撃を受ける可能性を示唆するものであった。


39 ::2008/03/30(日) 19:39:28 ID:WqkLQ1RF

 だれもがこの法改正に満足したわけではなかった。政府は、高性能の高射砲の製作を躍
起になって急いだ。が、こうした計画は所詮実験段階に過ぎず、多くの人々が、この法律
を勇ましく吠え立てるだけの牙のない犬のごときものだと論じた。こうした出来事の背景
となったのは、1913年1月に始まった幽霊飛行船目撃の新たな集中発生であった。

1月4日早朝、警官1人を含む3人が、ドーバー上空を飛行船が飛んでいるのを見た。その
飛行船は、海のほうからやってきて、北東のほうへ消えた。強い西風にもかかわらず、飛
行船はライトをともし、ブンブンという爆音をとどろかせ、猛スピードで飛び去った。この事件に
限っては、200kmはなれたベルダンの基地からやってきたフランスの飛行船だと言う話に落ち着
いた。もっともどうしてフランスの飛行船が、悪天候の中をこんな朝早くに危険を冒してまで
やってきたのか、その理由は推測できなかった。


40 ::2008/03/30(日) 19:45:15 ID:WqkLQ1RF


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A3%9B%E8%A1%8C%E8%88%B9#.E6.A6.82.E8.A6.81 

                飛行船




41 ::2008/03/30(日) 22:10:50 ID:WqkLQ1RF
 もう一つの重要な目撃例は、グラモーガンシャー州の警察署長ライネル・リンゼー警部が、1月17日に、

報告した事件である。警部は、午後4時45分カーディフ上空を通過する飛行船を目撃した。

彼は、こう証言している。

  あれは、ウィローズ飛行船よりはるか大きくて、スピードがあった。そして、

後ろに濃い煙の尾を引いていた。私が、そばにいた人にその物体の事を告げると、

彼も私と同意見で、何か大きな航空機の一種に違いないと言った。スピードの速さを見せ付けるように

それはあっという間に見えなくなってしまった。


 リンゼー軽侮の目撃から30分後、マーサーのスティーブン・モーガンも、自分の寝室の窓から

同じような物体を見た。彼も飛行船のかなたの煙の尾が印象に残った。

かれが、高性能の望遠鏡を持ち出して、見ようとしたときには飛行船はもうアバデア・ベリーの

上空から姿を消していた。


42 ::2008/03/30(日) 22:28:54 ID:WqkLQ1RF
こうした事件に触発されて、更に多くの目撃者が名乗り出た。その一人、スヴォンジーの

郵便局員は、1月21日の午後7時、まぶしく輝く光がクラインの森の上空に浮かんでいるのを見た。

その4日後、謎の飛行船が、時速40kmのスピードで飛んでいるのを、リバプールの何人もの人が目撃した。

この日、地元の飛行クラブのメンバーが飛行していたが、彼らの話によると、その飛行船が目撃された時刻には、

風が強すぎてそれ以上の飛行を続けられなくなっていたそうだ。1月末ごろ、幾晩にわたって数多くの目撃者が、明るい光が

マンチェスター上空を飛ぶのを見たと報告し、不穏な空気が流れた。


飛行船病

飛行船の目撃事件は全国に波及し、とうとうある新聞は、多発するこの目撃報告を

飛行船病と呼ぶようになった。

ジョイソン・ヒックス氏は、、リンゼー警部の目撃報告について意見を求められて、こう答えた。

私は、この報告に対していささかの疑問も抱いていない。わが国の飛行船にはわずか50〜65km

程度の飛行距離しかないが、ツェッペリン飛行船なら海峡を超える事も可能だ。実際、私は、外国の飛行船が

自由にイギリス海峡を横断しているに違いないと信じている。これは、きわめて深刻な問題だ。



43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/30(日) 23:54:53 ID:2C5p2tZe
http://www.geocities.jp/yhp20010911/index.html

44 ::2008/04/01(火) 19:51:30 ID:yYDWlNAJ


45 :,:2008/04/03(木) 20:08:45 ID:YxCFAhS8
,

46 :,:2008/04/03(木) 22:13:41 ID:YxCFAhS8
2月になると、ユークシャー州が目撃事件の新たな中心地となった。スカーバラの2人の若者が、

夜空に異常物体の最初の目撃者となった。2月初旬のある日、タイラー氏とホリングス嬢が、

スカーバラ競馬場の上空に浮かんでいる光を見た。2人は、その光が発しているらしい機会音で

それに気がついた。数分後、この物体から白い円錐形の光芒が下方へ投射され、その光は

6〜7分間競馬場のあちこちをはいまわっていた。一度その光芒が消え、それから再び点燈したかと思うと

物体はセルビーの方へ飛び去っていった。

ヨークシャー州のもうひとつの目撃事件は、2月21日の午後9時から9字30分の間に起きた。砂運搬船のスター号でウーズ川の

浚渫作業を行っていた2人の男が、空に浮かぶ光を目撃した。この目撃者の一人リブリー氏は、甲証言している。

「その光はぐるぐる旋回して、停止した。そのまましばらくじっとしていたかと思うと、

ビリンダトン・ロックスの方へ飛んでいった。そこでまたしばらく停止していて、またぐるぐる旋回し始めた。

まるで、この土地の測量でもしている感じだったよ。」その光は、何度か同じ動きを繰り返し、ついに姿を消したようだ。


47 :,:2008/04/04(金) 18:04:27 ID:Smy1PIEz
,

48 :,:2008/04/04(金) 18:33:07 ID:Smy1PIEz

同じころセルビーでは、自宅にいた弁護士のマーチ氏が、ハムプルトンの上空に明るい星を見た。

その星は上下に動いたり、前後に動いたりしていた。まるで、その一帯の測量をしているか、

あるいは何かを探しているようだった。45分後、量はリーズの方へ高速度で飛びさった。

2月21日は、飛行船の乗組員にとって多忙な一夜だったに違いない。もし飛行船が1隻だったとしたらの話だが

と言うのも飛行船のライトを見たり、エンジンの音を聞いたと言う報告は、ヨークシャー州の人ばかりでなく、ヴォリックシャー州のエクスホールや

ノーフォーク州のハンスタントンなどの住民からも寄せられたからである。

 陸軍省がこうした目撃報告に関心を持ち、謎の飛行船の正体を突き止めようと調査に乗り出したのは、

ちょうどこのころだった。しかし、結局陸軍省の調査結果は発表されなかった。


49 :,:2008/04/04(金) 18:45:31 ID:Smy1PIEz

二月末ごろには、イギリス全土で何百と言う目撃報告がなされた。しかし、その多くは、金星を見間違えたとか

誰かがいたずらで飛ばした気球だろうと言う解釈でかたづけられた。事実、そうした例も数多くあった。

こうした単純な解釈では説明のつかない、強烈な事例が蒸気船シティー・オブ・リーズ号のランディー船長と乗組員たちの

目撃報告である。2月22日午後9時15分、彼らがハンバー川の河口から出ようとしていたとき、

ヨークシャー海岸のはるか上空にその物体が見えた。「サメによく似た格好だった」と船長は語った。

「そのマシンには、両側に翼がついていたマシンはこちらに船尾を向けていた。ライトは見えなかったが、

月は出ていたから、ライトは必要なかったろう、、、私たちは5分くらいの間じっとその物体を観察した。

その間、ずっとマシンは高い高度を飛んでいて、やがてグリムズピーの上空へ消えた」



50 :,:2008/04/04(金) 19:06:39 ID:Smy1PIEz
謎の複葉機

幽霊飛行船事件と関係のありそうな興味深い報告例に、アイルランドのキラリー港でコリンズ氏なる人物が、

自分のヨットの上から目撃した事件がある。。2月下旬のある日、港の上空からブーンとうなる音が聞こえた。

見ると、海のほうから飛行機が一機こちらへ飛んでくる。飛行機は、突然下降して来て島に着陸した。

コリンズ氏はこうかたっている。

  私は、浜辺へ走った。もし飛行機の故障だったら助けや案内が必要かもしれないと思ったからだ。

その飛行機は、複葉機だった。乗組員は3名で、1人は整備士のようだった。姿は見えなかったが、エンジンをいじっている様子だった。

ほかの2人はかっぷくのいい外国人だった。赤ら顔で秀でた額をしていた。一見ドイツ人のように見えた。


51 :,:2008/04/10(木) 18:32:30 ID:IWigR/am
,

52 :,:2008/04/17(木) 22:39:26 ID:JBMRHEu4
,

53 :k:2008/04/20(日) 21:43:20 ID:oHBOtm+c
MXDM3OOUgA
これはアメリカのゲームです。1度やってみてください。
> > これは、たった3分でできるゲームです。試してみてください。
> > 驚く結果をご覧いただけます。
> > このゲームを考えた本人は、メールを読んでからたった10分で願い事が
> > かなったそうです。このゲームは、おもしろく、かつ、あっと驚く結果を
> > 貴方にもたらすでしょう。
> >
> > 約束してください。絶対に先を読まず、1行ずつ進む事。
> > たった3分ですから、ためす価値ありです。
> >
> >
> > まず、ペンと、紙をご用意下さい。
> > 先を読むと、願い事が叶わなくなります。
> >
> >
> > @まず、1番から、11番まで、縦に数字を書いてください。
> > A1番と2番の横に好きな3〜7の数字をそれぞれお書き下さい。
> >
> > B3番と7番の横に知っている人の名前をお書き下さい。(必ず、興味の
> > ある性別名前を書く事。男なら女の人、女なら男の人、ゲイなら同姓の名
> > 前をかく)
> >
> > 必ず、1行ずつ進んでください。先を読むと、なにもかもなくなります。
> >
> > C4,5,6番の横それぞれに、自分の知っている人の名前をお書き下さ
> > い。これは、家族の人でも知り合いや、友人、誰でも結構です。
> >
> > まだ、先を見てはいけませんよ!!
> >
> > D8、9、10、11番の横に、歌のタイトルをお書き下さい。
> >
> > E最後にお願い事をして下さい。さて、ゲームの解説です。
> >
> > 1)このゲームの事を、2番に書いた数字の人に伝えて下さい。
> >
> > 2)3番に書いた人は貴方の愛する人です。
> >
> > 3)7番に書いた人は、好きだけれど叶わぬ恋の相手です。
> >
> > 4)4番に書いた人は、貴方がとても大切に思う人です。
> >
> > 5)5番に書いた人は、貴方の事をとても良く理解してくれる相手です。
> >
> > 6)6番に書いた人は、貴方に幸運をもたらしてくれる人です。
> >
> > 7)8番に書いた歌は、3番に書いた人を表す歌。
> >
> > 8)9番に書いた歌は、7番に書いた人を表す歌。
> >
> > 9)10番に書いた歌は、貴方の心の中を表す歌。
> >
> > 10)そして、11番に書いた歌は、貴方の人生を表す歌です。この書き
> > 込みを読んでから、1時間以内に10個の掲示板にこの書き込みをコピー
> > して貼って下さい。そうすれば、あなたの願い事は叶うでしょう。もし、
> > 貼らなければ、願い事を逆のことが起こるでしょう。とても奇妙ですが当
> > たってませんか?


54 :,:2008/04/27(日) 21:08:47 ID:BT6B5BE4
,

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/29(火) 00:17:30 ID:z7k9e7a2
ぶっちゃけ何?このスレ?

56 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/03(土) 04:54:25 ID:OEJLgXVs
>>1
【追儺】胡錦濤の日本接近阻止祈願スレ2【退去】
http://hobby11.2ch.net/test/read.cgi/occult/1209634194/

皆さんの尊き祈願を一日一つでも二つでも書いてください。塵も積もれば山となります。
この国を護りましょう。どうか一度だけでも良いので貴方の国を護りたい思いをこのスレに
打ち込んでください。5月5日までに20スレ完成で願いは実現します。世界中の人達が
中国の横暴に対して怒りに燃えているので我々日本人は先駆けてその怨念の通る道筋を
神仏に祈願するだけで良いのです。神風は吹きます。雷も落ちます。天変地異、災い
何でもありで天にお任せしながら祈りを捧げてマコトを形にしましょう。

尊き1票を!尊き1レス祈願をお願いします。

中国はチベットと同様な侵略を政治的威圧で行って来ています。今、阻止しないと
日本の数年後は悲惨です。真剣に気が付いてください。この日本の危機を!



57 :,:2008/05/06(火) 07:05:29 ID:9IpfgM2b
,

58 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/06(火) 18:37:26 ID:vqT4gXZP
全国のサイキッカー日本のために力を貸してくれ!集まれサイキッカー!

【サイキッカー達の能力】+【普通の人の祈り】+【普通の人の嫌悪】+【普通の人の怨念】に

【虐殺された人々の怨念】+【日本を守る英霊の怒り】+【精神異常者の怒りと怨念】と

【自然界の精霊達】+【聖なる山々の神々】+【天地八百万の神々】に

【オカルト板の少しパワーのある人たち】がプラスされて極悪人たちを地獄に叩き付けて落とすのだ!


神国日本は邪悪胡錦濤を拒むksk

↓他板に貼ってください

  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
  | オカ板のちから発動.|
  | 記帳お願いします .|
  |_________|
    ∧_∧ ||
   (`・ω・´).||
    / づ  Φ

【追儺】胡錦濤の日本接近阻止祈願スレ4【継続】
http://hobby11.2ch.net/test/read.cgi/occult/1210039153/

59 :,:2008/05/13(火) 20:18:39 ID:NoiluXfy
>>50の続き

彼は何かお手伝いしようかと、ドイツ語で話し掛けたすると彼等の一人が、何を言っているのか解らないと

フランス語で答えた。そして、なんでもないからとっとと消えてくれと、けんもほろほろに追い払われた。

コリンズ氏はその後、飛行機が離陸するところは見なかったが、水平線上に居る蒸気船を見た。

例の飛行機と礼儀知らずの乗組員たちの帰りを待っている様子だった。

 圧倒的な数の多さが、1913年の初め頃に起きたこの1連の目撃事件の調査と分析を困難にしている。

当時の有識者達は、事柄と同じ数ほどの各者各様の仮説を立て、混乱に輪をかけただけだった。

UFO研究かが、この問題を解明をしようと必死の努力をしてきたにもかかわらず、

目撃事件の多くは依然として謎に包まれたままである。その調査結果は、それぞれのデ^タをよく吟味してみると

現代のUFO研究にとっては興味深いものを多く含んでいる。


60 :,:2008/05/15(木) 21:06:27 ID:pkkTxKwY
,

61 :, メン・イン・ブラック:2008/05/17(土) 08:46:04 ID:2W3IzeXh
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AF

「私は、この夢を追い求め、謎の解明に成功した」とこう断言したのは、アメリカのコネチカット州
に本部を置くアマテュアUFO研究団体「国際空とぶ円盤局」の会長アルバート・ベンダーである。「私
は空とぶ円盤の正体を知っている」と彼は語る。ところが残念なことに、彼をのぞく世界
の人々は、いまだに何も知らないままである。それは、ベンダーが自分の発見を世界に公表
しようとしたのを、3人の不気味な訪問者によって阻止されたからだ。この訪問者とは、別
名サイレンサー(沈黙を強要する者)とも呼ばれる黒服の男たちであった。

 ベンダー自身は、自分が発行している「スペース・レヴュー」誌に、この重大な発見を公表する
つもりでいた。しかし彼は、いよいよ発表しようという段階になって、自分の推論につい
て仲間にも意見を求めるべきだと考えて報告書を郵送した。彼らがやってきたのは、それ
から数日後のことだった。

 ベンダーはめまいの発作に襲われ、寝室で横になっていたそのとき彼は「部屋の中にぼん
やりとした人影が存在している」のに気づいた。「この人影は次第に鮮明になってきた。彼
らは全員黒服を着ていた。神父か牧師のようにも見えたが、ホンブルグ帽のような帽子をかぶ
っていた。顔ははっきりと判別できなかった。帽子で顔が半分隠れ、陰になっていたから
だ。恐怖感が薄れていった、、、。突然、3人の目が懐中電灯の電球のように輝きだした。そ
の目はすべて私のほうへ注がれていた。まるで私の魂そのものを焼き焦がすような輝きで、
私は目の上が耐え切れないほど痛くなってきた。そのときだ。彼らが、私にテレパシーで話し


62 :, 白からす黒ひつじ:2008/05/17(土) 08:57:52 ID:2W3IzeXh
>>1

実は、神霊研究について先ずはじめたかったんだが、、、、。

http://life9.2ch.net/test/read.cgi/utu/1176831538/843


超常現象方面では、奇跡という光系の展開もあるが、間違えなく闇系の展開のものが

多く見出されると言わねばなりません、、、。闇系の超常現象の展開には次元があるらしく、

単なる先祖による誘導による不気味な偶然の一致から、生死に関わるジンクス、憑依による人格変容、

その支配力による運命の決定の働きかけ、そして、ポルターガイストや空中浮遊等の、超常現象等、

が上げられるでしょう、、、。宗教の方面からでも、科学の業界、精神医療からなど、各方面から報告があります。

そして、更に、コズミック領域の方面からも報告がある。特に、アメリカの軍事方面ではそれが際立っている。


63 :, :2008/05/17(土) 08:58:52 ID:2W3IzeXh
>>62

呪い代行行為もその中に入りますかね、、、、。



64 :, :2008/05/17(土) 08:59:33 ID:2W3IzeXh
かけていることに気づいたのだ」

 この訪問者たちは、UFOの本質に関するベンダーの推論が正しいことを認めた。彼はベ
ンダ-の報告書を持っていた。そして、さらに新しい情報まで彼に教えた。それを聞いて、
ベンダーは恐ろしさのあまり、彼の団体を解散し雑誌の発行を中止しろという男たちの要求
に同意せざるを得なかった。彼は、「アメリカ市民としての名誉にかけて」真実を誰にも告げな
いように指示された。
 ベンダーは、こんな話を誰かが信じるとでも思ったのだろうか?彼の友人や研究家仲間は、
彼の話を聞いて困惑するばかりだった。その一人、グレイ・バーカーは「空とぶ円盤を知りすぎ
た男たち」と題した衝撃的な本を出版した。そしてベンダー自身も、彼に説明を求める昔の
研究仲間の執拗な要求にこたえて、数年後「空飛ぶ円盤と3人の男」を出版し、その中で
奇妙な話を語っている。彼の異常な物語には、南極大陸に基地を持つ異性人の宇宙船まで
登場し、到底信じられない夢物語のようなコンタクト・ストーリー(宇宙人会見談)なのである。ベン
ダーの語るこの荒唐無稽な物語は、まじめなUFO研究家の目を惑わすのが目的だったので
はないか、と一部ではささやかれている。


65 :, :2008/05/17(土) 09:03:18 ID:2W3IzeXh

 ベンダー自身が語った3人の訪問者の話は、UFO研究家たちにとって重大な関心ごとで
ある。というのは、ベンダーの話は、これとよく似た他の多数の報告と一致しており、その
中にはベンダーや彼の体験談についてよく知らないはずの人々の報告も数多く含まれている
からだ。UFO目撃者やUFO研究家も、同様に黒服の男たち(MIB=Men In Black
の略)の訪問を受ける可能性がある。こうした報告の大半はアメリカからのものだが、スウェーデン
やイタリア、イギリス、メキシコからも同じような報告が寄せられている。そしてUFO現象と同様に、
MIBに関する事件は過去30年間にわたって報告され続けており、しかも、彼等の先達とも
言える存在が何世紀もの前から暗躍していたと思われる節もあるのだ。

 ベンダーの話と同様に、その後の報告のほとんどは、その内容に信じがたい部分が多く、
しかも本質的に非論理的である。しかし、だからといって謎が解けたわけではない。ただ、
この問題をもつと別の角度から研究史直す必要があるということだ。というのは、こうし
た事件が現実に起きたかどうかはともかく、現にこうして報告されているという事実を無
視することはできないからだ。これほど多くの、まったくかかわりあいのない人たちが、
しばしば嫌がりながらも、この奇妙で不気味な訪問者について報告をしているのはどうし
てなのだろうか?そして、彼等の話が同じ内容をなぞるように酷似しているのは、なぜな
のだろうか?


66 :, :2008/05/17(土) 09:07:45 ID:2W3IzeXh

 MIBに関する典型的な報告例とは、こういうものである。UFOを目撃してからまも
なく、問題の人物(目撃者本人か事件を調査中の研究家)のところに訪問者がやってくる。
しばしば事件直後、まだ公式の報告やマスコミ報道さえ行われていないときに、早々やってく
るのだ。すなわち彼らが現に持っている情報(目撃者の住所、氏名、事件や事件関係者に
関する詳細な事実など)は、真っ当な手段ではどうやっても入手できないものなのである。

 彼らが訪問するのは、たいてい本人の自宅で、しかも被害者が1人でいるときなのだ。
訪問者はたいてい三人で、黒塗りの大型車でやってくる。アメリカでは、高級車のキャデラックが一
番多く、新型車というのはめったにない。しかも、型は古いのだがどうやら新車らしく、
車の外見も調子も何もかも完璧で、新車特有の匂いさえする。かりにこの車のナンバーを
控えておいて後で問い合わせたとしても、存在しないナンバーであることが判明するだけなのだ。

 訪問者はほとんどの場合が男である。ごくまれに女が1人まじっていることもあるが、
それ以上ということは絶対にない。彼等の外見は、CAIあたりの諜報部員の陳腐なイメージに
ぴったりだ。黒いスーツに黒い帽子、黒いネクタイに黒い靴と黒い靴下という黒づくめのスタイルだが、
シャツだけは白い。しばしば目撃者は、彼等の清潔な服装について、買ったばかりの新品のよ
うだった、と触れている。



67 :, :2008/05/17(土) 09:09:14 ID:2W3IzeXh

 この訪問者の容貌については、漠然と外国人らしいという意見が多い。とりわけ東洋人
らしいと言う印象が強く、つりあがった目という特徴が多くの報告の中で述べられている。
肌はかなり日焼けしているようだ。ときおり奇妙な特徴もいくつかみられる。ホプキンズ博士のケースでは、この黒服の男が真っ赤な口紅をさしていたらしいというのだ!

たいてい、MIBは笑顔一つ見せず無表情で、その動きは固くぎこちない。態度は形式的
で冷たく、薄気味悪く、威嚇的ですらある。あからさまな敵意を見せない代わりに、温か
みや親しみやすさなどつゆほどにも見せはしない。目撃者の中には、彼らがまったく人間
とは別のものだと感じたものも多い。

 MIBが身分を証明するようなものを示す場合もある。事実、アメリカ空軍などの制服を着
て現れることもある。彼らの身分証明書は彼らが捏造したものなのかもしれないが、ほと
んどの人は、そんなもの見せられたところで、何の証明にもならない。例え彼らが名前を
名乗ったとしても、いつも決まって偽なのだ。

 彼等の会見のやり方は、尋問の場合もあれば、警告だけの場合もある。どちらの場合に
も、彼らは質問をして入るが、その実、極秘情報に通じ、明らかに何でも知り抜いている
のだ。彼らは完璧なイントネーションや言い回しで話し、その口ぶりもなにやら古い犯罪
映画のセリフによく似ている。「正直にはいちまったほうが身のためだぜ!」とか「こんな報
告費を郵送するなんて馬鹿な野郎だぜ」と、ハリウッド映画の脚本家たちが好みそうな文句な
のである。


68 :, :2008/05/17(土) 09:11:12 ID:2W3IzeXh

 彼らは最後に報告を言い残していく。UFOの目撃者が相手なら、事件のことを誰にも
しゃべらないといい、UFO研究家なら研究をやめろという。危害を加えると言って脅す
こともある。そして、やってきたときと同じように突然去っていくのである。典型的なM
IB訪問事件について説明を求めると、事情通のUFOマニアならいま述べたような内容
の話をしてくれる。ところが、比較調査を行ってみると、MIB訪問事件の中でこうした完
全なケースというのは、実際にはまれなのである。比較的信頼度が高く詳細な32件の事例
を検討したところ、事件の細部はこうした典型的なケースとは異なっていることがわかっ
た。電話だけで実際には誰もやってこなかったケースが4件あった。さらに、3人の男がや
ってきたのが5件、4人できたのが2件、2人できたのが5件で、残りのケースはすべて1
人だけでやってきている。

 訪問者たちの外見や態度は、誰かにこの標準的ケースとほぼ一致するが、いたって自然なも
のから極めてとっぴなものまで、実にさまざまなケースがある。アメリカでは自動車が何より
一般的な交通手段であるが、車について触れている報告は全体の三分の一しかない。年式
はずいぶん古いのに傷一つない新車同様のキャデラックという表現は、実際にはまったく例外的
なものなのだ。アメリカの22件のうち、車について触れているのはわずか9件しかない。とこ
ろがその反面、信頼度が劣るケースでは、典型的な事例と部分的特長が一致するのが目立
ってくる。特に、目撃者よりUFO研究家がかかわった場合があるそうだ。これからMI
B事件の解明を試みるにあたってこの点が一つの問題になるだろう。


69 :, :2008/05/17(土) 18:58:04 ID:2W3IzeXh

このように理想的MIB事件は実際には決して一般的ではないが、しかし、これまでに報
告された様々な特徴を統合するための、いわば合成写真のような価値はありそうだ。おそ
らく、この典型例に最も近いケースが、オイハオ州トリードに住むロバート・リチャードソンの体験した事件で
 あろう。彼は、1967年7月に空中現象研究機構(APRO=Aerial Phenomena Research 
Organization)へ、夜道を車で走っているときUFOと衝突したと報告した。彼がカーブを曲
がると、そこに奇妙な物体が道をふさいでいた。ブレーキをかけたが間に合わず、その物体に
衝突した。が、さほどの衝撃はなかった。車がぶつかると同時に、UFOが消えた。リチャード
ソンに同行して現場にやってきた警官は、彼の車のブレーキの跡しか発見できなかった。が、そ
の後で彼がもう一度現場に行ってみると、UFOの一部と思われる金属の塊が見つかった。

 3日後の午後11時、20代の男が2人、リチャードソンの自宅に現れ、10分くらいの間、彼
に質問をして去った。彼らは名前を名乗らなかったし、リチャードソンも(後に彼自身驚いたこ
とだが)、彼らが何者か尋ねなかった。彼らはすごんで見せたりしなかったし、警告もせず、
ただ質問をしただけだった。彼は、2人が1953年型の黒塗りのキャデラックに乗って去って
いったのを見た。車のナンバーを照会したところ、該当するナンバーは存在せず、この男
たちが何者であったにしても、あの種のいかがわしい人物であることは間違えなかった。

 1週間後、リチャードソンのところにまた訪問者が訪れた。今度は、別の二人組みで、ダッジの
新型車でやってきた。2人は黒いスーツを着込み、浅黒い顔をしていた。1人は完全な英
語を喋っていたが、もう一人にはなまりがあった。リチャードソンは、2人に何となく外国人ら
しい雰囲気を感じ取った。最初のうち二人は、あの晩の衝突自己は彼の勘違いで路上には
何もなかったのだと、彼に思い込ませようとしていた。ところがその後、金属の破片につ
いて尋ねて来た。彼が、分析のためにAPROに渡したと答えると、彼らはこう脅迫した。
「あんたのかわいい奥さんに美人のままでいてもらいたかったら、あの金属を取り戻した
ほうがいいぞ」


70 :, :2008/05/17(土) 19:02:51 ID:2W3IzeXh



 金属の存在を知っているのは、リチャードソンと彼の妻、そしてAPROの二人の幹部会員だ
けだった。この見知らぬ訪問者が金属の存在を知るには、彼の家の電話かAPROの電話
を盗聴したとしか考えられない。この2組の訪問者の関係ははっきりとしていない。しか
し、この2組に共通しているのは、公表もされずに自由に入手できないはずの情報に通じ
ていたということだこの点こそまさしく、MIBの謎を解く鍵になるかもしれない。




71 :, :2008/05/17(土) 19:06:52 ID:2W3IzeXh


黒服のエージェント

1976年9月、当時53歳の催眠療法を行う医師のハーバート・ホプキンズ博士は、アメリカのメイ
ン集で起きたUFOの瞬間移動事件に関する調査の顧問を務めていた。ある晩のこと、妻と
子供たちが外出して彼が一人でいるとき、電話がかかってきた。相手の男は、ニュージャージー
UFO研究機構の副会長だと名乗り、お宅に伺って例の事件について話あいたい、と言っ
て来た。博士は承諾した。駐車場から現場までの道が暗くて解りにくいだろうと思い、彼
は裏口に行って明かりをつけた。すると、なんとその男はすでに玄関のポーチを上がってき
ているではないか。「車は見えなかった。例え車できたとしても、どこかで電話をかけてか
ら、あんなに早く私の家までやってこれるはずがない」と、彼は後に愕然とした様子で語
っている。

 しかしこのとき、ホプキンズ博士は特に驚きも感じないまま、訪問者を迎え入れた。男は黒
いスーツに、黒い帽子、黒いネクタイと黒い靴、そして白いシャツといういでたちだった。「まる
で葬儀屋だな、と思いました」彼の服装は清潔そのものだった。スーツにはしわ1つなく、ズ
ボンはきちんと折り目がついていた。彼が帽子を取ると、頭には怪我一本もなかった。それ
もただ頭がはげているというのではない。まゆやまつげさえないのだ。肌はやけに青白く、
唇は真っ赤だった。会話の途中、男が灰色のスエードの手袋で唇をこすったとき、手袋に口紅
のしみがついたのを見て、博士はびっくりした。何と、この男は口紅を塗っていたのだ!



72 :, :2008/05/17(土) 19:07:53 ID:2W3IzeXh


異次元からの訪問者?

しかし、この訪問者の奇妙な外見や態度について博士が深く考えてみたのは、全てのちに
なってからのことだった。この時は博士をごく自然に、事件について話した。博士が自分
の所見を話終えると、訪問者は博士のポケットの中にコインが2枚あるだろうと言った。まさに
そのとおりだった。男は、どれか一枚を自分の手の上に乗せてくれと博士に言った。彼は
言われたとおりにした。男は、そのコインをよく見てほしいと、ホプキンズ博士に言った。博士
がじっと見ていると、その目の前でコインがぼやけていき、やがてゆっくりと消えていった。
「この空間にいる人間には、もう二度とそのコインを見ることはできないよ」と男は言った。

 それからしばらくUFOの話をしているうちに、ホプキンズ博士は、この訪問者の話すスピー
ドが鈍ってきたのに気づいた。男はふらふらと立ち上がると、ゆっくりした口調でこうい
った。「そろそろエネルギーが切れかけてきた。もう帰らなければ、、、、失礼する」彼はよろよ
ろと玄関まで歩いて行くと、そとのポーチの会談を危なっかしい足取りで1段ずつ降りてい
った。このときホプキンズ博士は、ドライブウェーでまばゆく光を見た。青白い光で、普通の車の
ヘッドライトと比べて際立って明るかった。しかし、このとき博士は、この光が男の車の
ものだろうと思い込んだ。もっとも、博士には車は見えなかったし、車の音も聞こえなか
ったのだが。


73 :, :2008/05/17(土) 19:11:34 ID:2W3IzeXh

 この後、ホプキンズ博士の家族が帰宅した。そこで彼等がドライブウェーを調べてみると車のタ
イヤの後とは違う何かの痕跡が見つかった。その痕跡はドライブウェーの真ん中にあり、車のタ
イヤでこんな場所に跡がつくはずがないのだ。次の日にはその痕跡は消えていた。

 ホプキンズ博士は、この一件ですっかりおじけづいてしまった。特に訪問者の異常な行動を
考えてみると、慄然とする思いだった。彼は恐ろしさのあまり、訪問者の言い出した命令
に従った。当時彼がかかわっていた事件調査のために行った催眠加療中の録音テープを消
去してしまったのである。そして、以後一切その事件にはかかわらなかった。

 その後、ホプキンズ博士と彼の長男の家族に奇妙な事件が続いた。博士は、例の奇怪なほう
もん者と何かかかわりがあるのではないかと思ったが、この訪問者からはその後何も言っ
てこなかった。なお、ニュージャージーUFO研究機構についてだが、こういう名称の団体は実
在しない。

 ホプキンズ博士の体験は、一般に知られているMIB事件の中でも最も詳細な報告だろう。
そして同時に、ここで最も不可解な問題に直面させられる。まず第一に疑問に思うことは、
経験も豊富で社会的地位もある医師が、このような奇妙な話をでっち上げたりするだろう
か。仮に作り話だったとして、果たしてどんな機会があるというのだろう。かるいは、彼
の家族が何かの痕跡を見たという事実はこの際無視するとして、この出来事そのものが幻
覚だったとは考えられないだろうか?あるいはまた、現実と空想とが入り混じったもので
はないだろうか。つまり、こうだ。確かに訪問者は実在した。だがしかし、その男は、何
か彼なりの理由があって身分を偽り博士の家を訪問した。そのことが引き金になって、第
3者にはいたって自然に説明がつくかもしれない問題を、むやむに勘ぐって異様な物語に
練り上げてしまったのではないだろうか?

74 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/23(金) 11:08:51 ID:kyEnnJHB
UFO自体を人が作ったと考える方が自然だと思う。強力なブレーンを持つ
最先端科学で(普通の人には内緒で)作ったと考えると楽に答えが出る。
発表すればどうせコピーされるし、特別な金属は少ない、一般には流通させられない
ような秘密の超科学があるとすればね、ポプキンズ博士はコロッと騙されただけと
考える、見られたからDQN情報とセットで見せて記憶操作して妄想みたいにすれば
博士もDQN扱いされる。あると思うんだよな、もっとすげえテクノロジ。
UFOをラジコンだとすればそんなに難しくないと思う、カメラ積んで飛ばすだけ。

75 :, :2008/05/25(日) 21:02:08 ID:WeUuCxz9
,

76 :, :2008/05/29(木) 19:55:33 ID:0lCkUPyL
このスレを見ている人はこんなスレも見ています。(ver 0.20)
何でもスレッド保管スレ [電波・お花畑]
精神の病いと奇怪な現象との関係 [メンタルヘルス]
世界史に記されている超常現象 [世界史]


77 :, :2008/05/29(木) 20:04:00 ID:0lCkUPyL

アダム・クラブツリーは精神療法医であり、人々の精神的トラブルを治療することがかれのしご
とだった。彼にしてみれば、それがフロイトの抑圧であれ、多重人格であれ、「悪魔憑き」であ
れ、たいした違いはないだろう。しかし科学界における立場を考えれば、当然最後の仮説
を捨て、」正統な精神分析用声を使うことが望ましい。彼自身がそうした傾向を示している。

 アダム・クラブツリーはミネソタの神学生だったころ、カール・フォーゲル師の「悪魔よ去れ」という小パ
ンフレットに出会った。

それによると、1920年代、ウィスコンシンで、アンンア・エックランドという少女が「口にしがたい性的行
為」をしたり、冒涜的言葉を吐きたいという欲求にとりつかれた。彼女が「憑依」の典型
的な兆候を見せ始めたので、聖アントニウス共住団からきたカプチ会(カソリック、フランシスコ会の一派。禁
欲と清貧を守る)修道士テオフィルス・リージンゲル神父が、悪魔祓いを行うようになった。

アンナはベッドに横たえられ、悪魔祓いの儀式が始まった。まもなくアンナの体がベッドから浮か
び上がり、ドアの上の壁にたたきつけられ、はりついた。人々は懇親の力を振るって彼女を
引き剥がし、儀式を続けた。すさまじいうなり声や悲鳴を聞いて、町中の人が、何が起こ
っているのかと集まってきた。


78 :, :2008/05/29(木) 20:04:52 ID:0lCkUPyL

儀式は翌日から数日間続けられた。様々な言語の声が聞こえたが、アンナの唇は固く閉ざされ
たままだった。彼女の頭が「水差しくらい大きく」膨れ上がり、体が風船のように膨らん
だこともあった。激しい痙攣のため、鉄製のベッドの枠は曲がって床についた。また、悪魔
と自称する様々な存在が悪魔祓いに話しかけ、彼等が子供のときに犯した罪を事細かに言
い立てたこともあった。
 ついにはアンナの死んだ父親が「召喚」され、娘を犯そうと狙っていたこと、彼女が抵抗し
たので娘を呪詛し、悪魔を呼び寄せて憑依させたことを認めた。父親の愛人も現れて、生
まれたばかりの赤ん坊を何人も殺したことを告白した。その間中、アンナは深い眠りかトランス状
態のようなものに陥っていた。

最後に、アンナの体がかかとだけを残してベッドから跳ね上がった。神父が悪魔祓いの祈祷を
繰り返しているうちに、奇妙な悲鳴のような音が聞こえ、次第に遠ざかっていった。それ
からアンナは目を開け、泣き出した。「憑依」が終わったのだった。

 クラブツリーと同じ修道院に、パンフレットをドイツ語から翻訳した修道士が居た。彼はこの話が細
部まで事実であることを証言した。クラブツリーは彼が冷静で陽気な人間であることを知ってい
たが、それでも、あまりにもとほうもない話だと思わずにはいられなかった。


79 :, :2008/05/29(木) 20:06:00 ID:0lCkUPyL

アダム・クラブツリーと「頭の中の声」を聞く患者

アダム・クラブツリー博士は、カナダのトロントに住む精神療法医である。1966年に開業してまもなく、
他の多くの精神科医と同様、彼の元にも頭の中に「声」が聞こえるという患者がやってく
るようになった。
現代ではこのような症例は格別珍しいものではないし、「声が聞こえる」ことも狂気の兆候
と見なされていない。
プリンストンの心理学者ジュリアン・ジェインズ博士が幻聴の研究を始めたのは、自分でも一度体験し
たためであった。ソファに横になっているとき、頭上から語りかけてくる声を聞いたのだ。ジ
ェインズは自らの正気を疑ったが、一割の人間が何らかの幻覚体験を持ち、そのうちの約三分
の1が「幻声」の形態をとっていることを知って、大いに安堵した。
あるまったく正常な若い主婦などは、毎朝ベッドを整えながら、死んだ祖母と長い会話を
交わすという。ジェインズは当然ながらこうした体験すべてを幻覚とみなし、アダム・クラブツリー
も長い間その見解を支持していた。しかしクラブツリーはあるとき、この基本的見解に疑問を投
げかける症例に出会った。それはセイラワージントンという若い女性に関するものである。セイラはジ
ェニーという女性精神科医の患者だったが、初期療法がうまくいきかけてまもなく、うつ病に
取りつかれ自殺を図った。


80 :, :2008/05/29(木) 20:09:04 ID:0lCkUPyL

クラブツリーは二人をオフィスに迎え入れ、セイラの問題点を探った。質問の一つに、頭の中の声を
聞いたことがあるか、というものがあった。聞いたことがある、とセイラは答えた。クラブツリ
ーは彼女に、横になってリラックスし、頭の中で行われた会話をできるだけ再現して欲し
いと頼んだ。すぐに反応が現れ、彼女は体をこわばらせて叫んだ「ああ、すごい火だわ、
なんて熱さなの!」。二人の精神科医は、その声がまったく別人のものであることに気づ
いた。セイラは自信のない話し方をするが、新しい声は命令することになれた人間のものだ。
一体どうしたのかと訪ねると、声は「セイラを助けてやって欲しい」と答えた。それで、そ
の声がセイラ・ワージントンではないことが明らかになった。
名前をたずねると、「セイラ・ジャクスン」と答え、セイラの祖母だと名乗る。クラブツリーは、自分も
セイラを助けようとしているのだと語り、協力して欲しいと頼んだ。「祖母」は承諾した。第
一回の実験はそれで終わった。
次の実験でも祖母はすぐに現れた。そしてまた火について語り、不意にたずねた。「ジャク
スンはどこ?」。ジャクスンは彼女の息子の名前で、火とは1910年に起こった火事のことだった。


81 :, :2008/05/29(木) 20:10:33 ID:0lCkUPyL

セイラ・ジャクスンは近所が火事だと聞いて、すぐさま家に駆け戻った。7歳の息子が一人で留守
番をしていたからである。あたり一体は火の海だった。ジェイスンは近所の人が安全な場所に
避難させていたが、セイラ・ジャクスンはそれを知るまで1時間ほどの間、熱風に息を詰まらせな
がら通りを駆け回った。その体験は、彼女の意識の奥深くに刻み込まれた。

セイラ・ジャクスンによると、彼女はセイラ・ワージントンがピアノを弾いているときに、孫娘に「憑依」し
たのだという。どちらのセイラも音楽が好きだった。

やがて意外なことが明らかになった。孫を助けて欲しいといいながら、実際に助けを必要
としているのはセイラ・ジャクスンのほうだったのだ。彼女は自分の人生に関してー―取り分けセイ
ラの母エリザベスにつらくあたったことで、罪の意識に苛まれていた。エリザベスは陰気で神経症
的な娘に育ち、成人してからは自分の娘につらくあたるようになった。セイラ・ワージントンとそ
の母エリザベスは、エリザベスとセイラ・ジャクスンの関係をそのままに繰り返していた。どちらの母親
も、娘より息子を溺愛し、男こそすべてで女は無に等しいと、娘に教え込んだのだ。



82 :, :2008/05/29(木) 20:12:21 ID:0lCkUPyL


祖母は死の間際にそれをはっきりと自覚し、いまでは孫娘を助けてやらなくてはならない
と考えている。しかし助けるどころか、彼女は事態をさらに悪化させてしまった。セイラは内
なる声に混乱し、恐れ、絶望しているのだ。

しかしいま、祖母が「外に出て」きたことで、事態はずっと容易になった。二人の精神科
医は彼女から、セイラの家族背景に関する貴重な情報を入手したのだ。セイラははじめ、祖母が
自分を通じて話していると聞かされて驚きを示したが、次第にそれを受け入れ、自分の問
題に深い洞察力を持って望むようになった。

二ヵ月後、セイラは全快した。祖母はまだ「憑依」したままだったが、セイラはすでに彼女を恐
れる必要のないことを理解していた。それどころか、自分の人生を慈愛をもって見守って
くれる祖母の存在に、慰めすら覚えるようになったのである。



83 :, :2008/05/29(木) 20:13:55 ID:0lCkUPyL

娘への性的妄想にとりつかれた父親の「憑依」、、、、事例


この物語を読んで、読者は恐らく私と同じ様な反応を示すだろう。私は、アダム・クラブツリーの
タイプ原稿「多重人格」をはじめて読んだ時、この事例に対して純粋に心理学的な解釈を試みた。
――セイラは子供時代に祖母と出会っている。恐らく、祖母自身の口から火事の話しを聞かさ
れたことがあるのだろう。また、自分と母親が非常によく似た問題を抱えていることにも
気づいただろう。彼女の無意識精神が、自分の苦悩を合理化するために、この話を「再現」
したのだ、、、。
しかし私は、クラブツリーの本(序文を書いてくれと編集者が送ってよこした)を読んでいくう
ちに、そうした説明では納得できないものを覚えるようになった。彼はさらに、いわゆる
「憑依」患者の症例を8件あげているが、その3つめか4つめあたりで、無意識精神論は
ひどく説得力を失い始めるのだ。
スーザンというソーシャル・ワーカーは、どうしても、男友達との交際を長続きさせることができなか
った。それは自分が父親を深く恨んでいるせいだ、とスーザンは説明した。クラブツリーはセイラの祖
母のときと同じ様に、自動車事故で死亡したスーザンの父親を呼び出し、話し合った。


84 :, :2008/05/29(木) 20:15:41 ID:0lCkUPyL

彼は娘に対して性的な執着を抱き、スーザンが16歳になるまで、眠っている娘の寝室に忍び
込んでは性器を愛撫していた。スーザンは無意識レベルでそれらの出来事に気づいていた。そし
て自分に対する父親の欲望を認識すると、父親を軽蔑し、今度は自ら挑発的な行動をとっ
て、父親を苦しめるようになった。その侮蔑感がボーイフレンドとの関係にまで及び、トラブルの
原因となったのだ。
父親は自動車事故で死亡したとき、「避難場所」として娘の中に引き込まれた。性的な干渉
を受けていたため、スーザンは父親の憑依を拒否することができなかった。娘の「内部」にと
りこまれてしまうと、父親は「朦朧状態」に陥り、みずからのアイデンティティも現状も
把握できなくなった。
クラブツリーは父親に、彼がすでに死んでいること、娘を放っておいてやらなくてはならないこ
とを辛抱強く言い聞かせた。やがて、ある日を境に、父親は治療実験にあらわれなくなっ
た。スーザンは開放され、安堵した。
また私が特に面白く思ったのは、アートと呼ばれる大学教授の症例である。彼は最初の結婚に
失敗し、二度目の結婚を目前にしながら、結婚したいという意欲を次第に失いつつあった。

彼は説明した。それは「心の中の嵐」のせいだ、厳しい声が自分や知識人を批判するのだ。
それはデトロイトに住んでいる母親の声に似ているー―。アートは常識的な解釈を試みた。そ
の声は、アート自身が持つ否定的な一面であり、自分と母親にはどこか共通要素があるのだろ
う。母親は常に、彼に対して強い所有欲を示していたから。


85 :, :2008/05/29(木) 20:17:42 ID:0lCkUPyL

クラブツリーは例によってアートを完全にリラックスさせ、ヴェロニカとなのる母親との会話を始めた。
ヴェロニカは、自分の息子の関係について語り、息子の友人関係の多くになぜ反対するかを滔々
と説明した。「ヴェロニカは非常に、「まるで天真爛漫といえそうなほど、自己中心的だった、、、」。
自分は、息子の婚約者を含め、彼の信用している多くの人間が、いかにおろかで狡猾で尊
敬に値しないかを、ただ息子に認識して欲しいだけなのだ、、、、、、。

クラブツリーは彼女に、そうした干渉が息子の、ひいては自分自身のためになると思うかとたず
ねた。彼女はやがて、たぶんためにならないだろう、と認めた。クラブツリーはさらに指摘した。
彼女はデトロイトで自堕落で退屈な毎日を送っていた。息子とことよりも自分自身のこと
に関心を向けたほうが、すべてはうまくいくのではないか。

アートの治療中、母親に癌が発見され、手術をすることになった。アートに内在する「ヴェロニカ」
は、息子に「憑依」することで生気が奪われたためだろうと説明した。以後、アートの「内な
る声」は薄れ、やがてまったく聞こえなくなった。

いっぽうデトロイトの母親は驚くべき変化を遂げた。体が次第に衰弱し、精神的にも厭世観に
浸っていたのだが、不意に活力を取り戻し、積極的に外出して新しい友人を作り始めたの
だ。「彼女はまさしく、諺にも言う新たな人生を手に入れたようであった」。

いっぽうデトロイトの母親は驚くべき変化を遂げた。体が次第に衰弱し、精神的にも厭世観に
浸っていたのだが、不意に活力を取り戻し、積極的に外出して新しい友人を作り始めたの
だ。「彼女はまさしく、諺にも言う新たな人生を手に入れたようであった」。

クラブツリーは、自分はこれらの症例が超常現象であると信じているのではない、単なる観察
者・現象学者として、各々の事例を憑依現象で「あるかのように」あつかったにすぎない
と主張している。(ひっかかる)
それは別に矛盾した態度ではない。スーザンやセイラやアートが聞いた声は、確かに彼ら自身が作り
出したものだったかもしれないからだ。無意識精神は、それよりもはるかに驚異的な芸当
をやってのける。しかしそれらすべてを考え合わせても、これらの事例は間違えなく、無
意識的な自己欺瞞だけでは片付けられない圧倒的な印象を、多くの読者に与えることだろう。


86 :, :2008/05/29(木) 20:21:10 ID:0lCkUPyL

アダム・クラブツリーが確信に至るまで


やがてクラブツリーは修道院生活になじめず、1969年に精神療法医になった。

私は程なく精神療法医として、同じくらい驚くべき超常現象、とりわけテレパシーと透視体験
の実在を受け入れるようになった。患者たちが自発的に提供してくれる、直感や、取り分
け夢から得られる広範囲にわたる証拠は、否定のしようが内容に思われた。しかし当時、
私はそれをわずかでも受け入れることに非常な抵抗を覚えた(1989年1月1日づけ、著者
あての手紙より)

1976年、ある同僚の患者が「憑依」の兆候を示しているという話を聞き、クラブツリーはその症
状を見せてもらった。しかし、クラブツリーは、それを真剣にとりあげようとはしなかった。そ
の翌年、彼自身の患者にも先ほど始め紹介した症例が見られるようになった。そこでクラブツ
リーも、純粋に実用的観点から、それを憑依として扱うようになった。クラブツリーは主張してい
る。自分は精神療法医として、現象学的態度を維持する。つまり、「これは憑依である」と
はいわず、「この患者は「憑依」の前徴候を示しているから、憑依として扱うことが、おそ
らく最もよい治療方法となるだろう」というのだ。

だが、彼はSPRの一員であるし、彼の著書を読めば、彼が「憑依」仮説を真剣に考慮していることは明らかである。


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BF%83%E9%9C%8A%E7%A0%94%E7%A9%B6%E5%8D%94%E4%BC%9A  SPR


87 :, :2008/05/29(木) 20:22:30 ID:0lCkUPyL








,





88 :, :2008/05/29(木) 20:23:29 ID:0lCkUPyL

会議の3日間吸収すべきことは山ほどあった。リーア・ホワイトは「特異体験」と題する講演で、
この現象に十代で興味を持つに至った顛末を話した。きっかけは、吹雪の中を運転中に横
滑りした石炭トラックに追突されたときだった。気がつくとホワイトは車の上に浮かんでいた。非
常に高く浮かんでいたので、東海岸が見えるかと思ったほどだ。そこでホワイトは愕然とする。
「つまりこれが死ぬということなんだ」。完全な劣等感を感じたと思ったとたん、自分が雪
まみれで車のボンネットにのっているのだと気づいた。フロントガラスを突き破り、骨折十三箇
所の大怪我だった。後になって同業者は即死だったと知った。

 この体験でホワイトは宗教や哲学関係の書物を読むようになり、最後にはJ・B・ライン主宰の
ヂューク大学超心理学研究所で助けを勤めることになる。

しかし、この会議で何よりも強い印象を受けたのは、偶然ある話題が持ち上がったときだ
った。リーア、ピーター・ラッセル、スタン・グロフと私の4人が討論会に出ていたときのこと、悪の力を
目の当たりにしたことがあるとスタンがいいだしたのだ。詳しく話すように私が促すと、長く
なるからとグロフは渋ったが、他の二人や、そして聴衆にも後押しされ、かまわないから話
して欲しいと私も促した。

初めてアメリカにやってきた頃、グロフはある心理学関係の会議に出席した。一人の心理学者が
がフローラという28歳の女性の症例を紹介しているところだった。激しい自殺傾向を示す抑う
つ症患者で、16歳のとき、夜警殺しの絡んだ窃盗にかかわって服役の判決を下される。4
年後に仮釈放になるが、こんどは麻薬とアルコール中毒になり、運転中に旧に崖から飛び出した
いとか、別の車に追突したいという衝動と戦わねばならなかった。その後、ヘロインを服用中

会議が終わると、furo−raの主治医がグロフに、LSD療法を施してもらえないかと
頼んできた。これは難しい決断だった。というのも、当時すでにサイケデリック・ドラッグをめぐ
って相当なヒステリー状態がおきており、もしLSD投与後にフローラが殺人でも犯せば投薬の聖に
されナ寝なかったからだ。しかしフローラにはほかに望みはなかったため、グロフはあえて危険を
冒そうと決断した。仕事場のメリーランド心理学研究センターへ戻り、フローラの治療に取り掛かったの
だ。


89 :, :2008/05/29(木) 20:24:46 ID:0lCkUPyL

多量のLSDを投与した最初の2回の治療では、、特に変わったところはなかった。フローラは
産道でもがき苦しむ自分を再体験し、自分の葛藤と自殺傾向が誕生時のトラウマにあることに
気づいたが、相当量の緊張を開放したにもかかわらず、本の少し快方に向かっただけだった。
3度目の診療に入って2時間が経過したところで、フローラが普段から悩まされていた顔面の痙
攣がいっそうひどく、苦しげになった。と、その顔が凍りつき、グロフの表現を借りれば「邪
悪な仮面」のようになった。低い男の声になり、その正確はがらりと変わってしまったよ
うに見えた。
男の声は、悪魔だと名乗った。フローラにかまうなとグロフを脅し、この女は自分のものだ、奪
おうとする奴は誰でもひどい間にあうぞと警告した。そして、もしこのまま治療を続けれ
ばグロフや部屋に居た同僚たち、研究プログラムにどんな災難が降りかかるかを言い立て始めた。
一同は部屋の中にいた同僚たち、研究プログラムにどんな災難が降りかかるかを言い立て始め
た。一同は部屋の中に「何か異質な存在をはっきりと」感じたとグロフは言う。脅しの内容
から、グロフ自身や助手たちの私生活について驚くほど知っていることが解った。フローラ自身
がそんな詳しい知識を得られたはずがない。その病院の患者でさえなかったのだから。

恐怖と反撃したいという感情の入り混じったグロフの精神状態が、何らかの形でその存在に
力を与えているらしかった。その存在をおいだすために、グロフは十字架を使おうとさえ思
ったという。その代わりに、グロフは自分を瞑想状態におき、自分とフローラ2人の周囲に光の
カプセルがあるところを想像しようとつとめた。


90 :, :2008/05/29(木) 20:26:39 ID:0lCkUPyL

その後の2時間は、グロフにとって実に長い2時間だった。悪魔が主導権を握ってから鉤爪
のようになっていたフローラの手が、グロフの手の中で徐々に弛緩していくと、「邪悪な仮面」も
また消えてった。
 治療の後、フローラは憑依状態のあいだのことはなにひとつ記憶になく、その前後のことし
かおどえていなかった。
まったく突然に、フローラは快方に向かった。酒や麻薬と縁を切り、宗教集会に出るようにな
った。顔面の痙攣もおさまっていった。異性との性交渉も試みて、3ヶ月ほどは結婚生活さ
え経験した。ただ、異性との性交渉は苦痛なだけとわかり、結局はレズビアンに戻ってしまっ
たが、ただし今回は、それまで苦しんできた罪の意識にさいなまれることはなかった。そ
して、タクシー運転手の職に就いた。
我々一同はみな、この話に夢中で聞き入っていた。間違えなくこれが、この討論会のハイライトだた。
グロフは憑依説にはくみせず、むしろ一種のユングの元型の発想ではないかと考えていた。言
い換えれば、人類の遠い過去かが発言したもの、という説である。しかし私としては、多
重人格についてずいぶんと本を書いた経験で、ユングの説にはそれほど長所を認めていなか
った。なんとなれば、リーア・ホワイトが自分の身体から抜け出せたのならグロフの患者の身体を誰
か、あるいは何ものかが一時的にでも居を求められないという理由もないはずだからだ。
、、、、、、、、、、、、、、、、、


91 :, :2008/05/29(木) 20:42:21 ID:0lCkUPyL

、、、、、、、、、、、、、、、、
、、、、、、、、、、、、、そこまで読んだ中で私がポールの例に一番興味を持ったのは、スタン・グロフの体
験談に登場するフローラを思わせるところがあったからだ。二人とも明かに二重人格なのだ。
ただポールの二重人格はフローラのものより害がないが。二人の間の最も重要な共通点は、純粋
の精神医学的視点から見て、二重人格と自己欺瞞の非常に魅力的な症例として考察可能で
ありながら、両者ともそうした解釈だけでは済まされない要素があることだと私には思わ
れた。フローラの幼児期は心に深い傷を残した。彼女は犯罪者、薬物中毒者になり、同性愛で
あるという罪悪感に悩まされていた。そこで暴力的、反社会的な第二の自我が無意識レベル
で発達し、悪魔的人格として表出した可能性は十分にある。、、、、、、、、、、、、、
、、、、、、、、、、、、、、、
こうした説明はいかにもっともらしい印象を与えはするものの、どちらの疑念も完全に払
拭しきれるものではないー―特に他の同様な事例を考慮に入れた場合には。私は多重人格
について多数の書を執筆しており、最初のうちはもう一つの自我とは完全な人格から乖離
した断片なのだと言うとおりのいっぺんの説明を鵜呑みにしていた。しかし、アダム・クラブツ
リーやラルフ・エリソン、そして(もっと最近では)デヴィッド・コーエンなどの精神科医が記している奨
励中にはこのパターンに当てはまらないものがあり、霊憑依説の可能性を考慮しなくてはなら
ないという結論をしぶしぶ認めなくてはならなくなっていた。ポールに関しては、自分は一
部分エイリアンであり、自分の属するのはこの地球ではないと感じているアブダクティーがいかに多
いかという覚書を、マック自身も残している。

>>62 ,,,,,,,,,,,,メン・イン・ブラック関係のぎゃくば-じよん↓、、、、なんでもありってやつ


92 :, :2008/05/29(木) 20:43:50 ID:0lCkUPyL

やがて、ひょんなことから私は視野を広げることなる。1960年代に、超常現象についての
執筆を依頼されたのだ。テレパシー、予知、千里眼、体外離脱体験などといった事柄に首を突
っ込んだとたん、世迷い言として片付けることなどできるものではないと気づいた。人々
が間違った動機――つまり現実逃避の類-−から超常現象に興味を持っているのだという意
見に変わりはなかったが、それでもなお、幽霊やポルターガイスト、予知の証拠は原始や電子が
存在するという証拠と同じくらいしっかりしているという感触をもったのだ。

拙著「オカルト」の最後のほうで、完璧を期すためという理由からではあったものの、一章をソ
空飛ぶ円盤に割かなくてはならないと思った。私はケネス・アーノルドの目撃談とトーマス。マンテル機長
のUFO追跡墜落事件について触れた。その後で触れた事例は、今にして思えば、当時思っ
ていたより遥かに重要な事例だったのである。

以下は、カリフォルニア在住の知人、リTY-ド・ロバーツから聞いた話だが、オランダのヨガ行者ジャック・シ
ュワルツは、長く尖った針のベッドに寝て、さらに自分の上に体重の重い人間を乗せるという荒
業ができた。針が身体に深く食い込んでいるにもかかわらず、傷口からは出血もせず、シュワ
ルツは苦痛など何処吹く風だったという。
1958年、このシュワルツがオランダ海軍の厚生仕官として乗船していた船舶がスエズ運河を通過中の
ことだった。ちょうど将兵慰安の役目として奇術師が出演していた。そのとき突然、長身
痩躯のアラブ人がシュワルツに近づき、「あなたはわが師です」と言いながら、シュワルツの足に接吻す
ると歩み去った。シュワルツは後を追おうとしたが、その姿はどこにもなく、舷門の当直兵もそ
の姿を見てはなかった。



93 :, :2008/05/29(木) 20:44:58 ID:0lCkUPyL

その1年後、ロサンゼルスでのある講演を抜け出したシュワルツに小柄な男が近づき、話がしたいと
告げた。妻が心配するのもかまわず男の中の乗り込むと、 男はシュワルツの手に接吻して、以
前シュワルツの足に接吻し、師と呼んだことを思い出させた。シュワルツは困惑した。この小柄な男
は、あのひょろっとしたアラブ人とは似ても似つかなかったからだ。ところが、男はシュワルツ
の心の内を読んだらしく、「我々は好きな姿になることができるのだ」と告げた。そして
「我々は何千年も前にロケットで地球に不時着した人々の子孫だ」と説明した。次に男は、ネパ
ールにいるシュワルツの師からのメッセージを携えてきたと言った。そのメッセージとは、「霊感によって
与えられる霊的真実を皆に広める時期だ。お前は実現することになっている真実を告げる
ため、神の使わした運び手なのだ」と言うものだった。またあうことになると約束すると、
男はシュワルツを車から降ろした。

数年後、シュワルツは自分の使命に関するテレパシーのメッセージを受け取り始めた。ある女性患者は金
属的な声でシュワルツに話しかけ、お前は冥王星の出身で、自分――声の主-―は金星人だと告げ
た。この金星人はリヌスと名乗り、金星に棲息するガス状生物について専門的な話を並べ立て
たが、それはこの女性患者の知的能力を遥かに超える事柄だった(後の面接中のテープを聞
かされた本人が驚いている)。その二ヶ月後、また別の患者の口を借りてリヌスはシュワルツに話し
かけた。さらにヴァンクーバーの心霊少女が、前夜アストラル体となって金星へ赴き、そこでリヌスとあ
ったとシュワルツに語ったりもした。



94 :, :2008/05/29(木) 20:50:18 ID:0lCkUPyL

当時は単にばかげた話だとしか思われなかったが、今ではそこにおなじみのパターンが見て取
れる。一風変わった能力を有する人物が、超自然と思しき手段でメッセージを受け取り、救世
主となる運命、おそらくは地球を救う運命を背負っていると告げられる、と言うパターンだ。
何らかの徴が与えられることも多い。たとえばメッセージの主から未来に関する予言があり、
それが的中すると言ったような。しかし、メッセージを受け取った人間が無邪気にも完全にこ
れを信じきってしまうと、待ち受けているのは混沌と狼狽である。例えば大惨事、いやそ
れどころか世界の終末の予言が結局実現せず、この神の恩寵を受けし者をひどく情けない
気持ちにさせてしまったりする。
この不可解で曖昧模糊としたUFOの世界に私が再開したのは、その2,3年後1970年代
中ごろのことだ。「オカルト」が好評を博すと、超常現象にかかわりのある企画に加わって欲し
いと言う誘いがどんどん来るようになった。例えば、BBCテレビの連続番組への出演であ
り、「未解明現象」シリーズ本の編集スタッフへの参加である。スプーンを軽くこすって曲げることで
一夜にして名声を築いたあのユリ・ゲラーと出会うことになったのは,そうした立場からだっ
た。
ゲラーなど単なる腕のいい手品師に過ぎないと言う懐疑派の言葉につられ、私もほとんどそ
の気になっていたのだが、背を向けたままで私の心を読み、私がメニューの裏面に描いた絵-―
子供たちを喜ばせようと私がでっち上げた不細工な怪物の絵を再現して見せられ、これは
本物だとすぐさま納得させられてしまった。私が絵を下にして片手で覆うとゲラーは振り向
き、自分の目を見つめて画像を送って欲しいといった。するとだしぬけに、ゲラーは自分の
メニューに、多少正確さには欠けるものの、間違えなく同じものだと解る大きなぺらぺらの耳
と大目玉の生き物の漫画を再現して見せたのである。


95 :, :2008/05/29(木) 20:52:16 ID:0lCkUPyL

この時点で、アンドリア・プハリックの「ユリ――ユリ・ゲラーの謎の日記」を読んで以来私を悩ませ続
けていた疑問を本人にぶつけてみた。多くの人々と同じく私も、あの本は読み終えるのが
極端に難しいと思っていたのだ。問題は実に単純で、まるで信じられなかったからである。
プハリックが途方もないうそつきだと思っているわけではないー―たんにどうがんばっても私
には内容を本気にできなかったのだ。
私はあの本に書かれていることがすべて本当にあったのかどうか知りたかった。そのとき
ゲラーがすでにプハリックと袂を分かっており、しかもゲラーが何らかの反感を抱いていることも
知っていたので、本当のことを答えてくれない理由もないはずだった。
ところがゲラーはじつにきっぱりと、「何から何までアンドリアの書いたとおりだった」と答えた
のだ。
「ということは、君のパワーの源はどこか地球の外から来ていると信じているのかね?」
「わからない。どこから来ているのかは、わからない」
「しかし、自分自身の無意識の表出――というか、一種のポルターガイスト現象だとは思っていない?」
ゲラー被りをふった。「そうは思えない。このパワーの背後にあるものが何であれ、知的なもの
だという印象を持っている。こちらをからかったりすることもあるんだ。僕は自分の本(ユ
リ・ゲラー著「私記」1975年)の中で、それを宇宙の道化師(コズミック・クラウン)と呼んでいる」
私が疑問を抱いた理由は、プハリックの本の第3章を読めばわかる。そこには、ある日テルアビフ
のホテルの一室で軽い催眠下にあったゲラーの様子が記されている。自分は今、子供の頃よく勉
強に没頭したキプロス島の暗い洞窟に居ると言った。「何を勉強しているのかな?」とプハリック
がたずねると、ゲラーはこう答えた。「宇宙からやってきた人々について。でもまだそのこと
を話しちゃいけないんだ」


96 :, :2008/05/29(木) 20:54:19 ID:0lCkUPyL

ゲラーは次に、1949年、3歳の誕生日のすぐ後で、テルアビブの庭でおワン型の光が空に見えた
ときの様子を話した。そして目の前に光る人影が見えた。頭の上に挙げた両手には、何か
太陽のように輝く物体を頭の上に捧げもっていた。
プハリックの本がおよそ信じられなくなりだしたのは、この部分からだった。というのも、そ
れに続けてプハリックは、催眠面接の途中でゲラーが口をつぐむと、途中から奇妙な、金属的な
声が聞こえ始めたと書いているからだ。声は「3歳のとき庭でユリ・を見つけたのは我々だ」
と言った。彼らは目的進行のためにユリをプログラムしたが、接触時の記憶は消しておいたと言
う。目的とは世界戦争を回避することで、エジプトとイスラエルの間に起きることになっている。
ゲラーはその目的のための、何らかの道具になるはずなのだと言う。
彼らとは、後の明らかとなるのだが、ナインと呼ばれる超人グループだった。プハリックがはじめて
ナインを知ったのは、ヴィノド博士というヒンドゥー教の超能力者を研究中のことだった。ヴィノドは
出し抜けにまったく別人のような声で、しかも訛りのない完璧な英語を話し始めた。その
存在は言語明瞭にして高度の知性を備え、自分は9つの原理と力のメンバーであり、人類進化
の一助となることがその使命だと説明した。
その4年後の1956年、プハリックは知り合いになったチャ-ルズ・ラフェッド博士夫妻というアメリカ人か
ら9つの原理と力からの長文のメッセージを受け取ったが、そこにはヴィノド博士を介して伝え
たメッセージの内容が言及されていた。二番目のメッセージがなんらかのトリックでもないかぎりナイン、
あるいは少なくともその代弁者とは一種の肉体を持たない知性であるようだった(しかし、
のちにラフェッド博士自身が、チャネリングによるメッセージに惑わされる危険を、身をもって示すこと
になる。ある特定の日に世界の週末が来ると公言したものの当日何も起こらず、結局ミシガン
州立大を辞職する憂き目にあったのだ)。


97 :, :2008/05/29(木) 20:55:30 ID:0lCkUPyL

こうした出来事すべてが、テルアビブで金属的な声を聞いたプハリックがまたもやナインが現れたと
早合点した説明になる。
催眠から覚めたゲラーは、何がおきたかまったく覚えていなかった。プハリックが庭での出来事
を描写したテープを再生すると、ゲラーは「ぜんぜん覚えていない」と呟いている。

金属的な声のくだりになるとゲラーは出し抜けにテープを引き抜いて脱兎のごとく部屋から出
て行ってしまう。ゲラーがつかんだときテープが消えるのを見たとプハリックは証言する。30分後
にゲラー(ただショック状態だったようだ)を見つけたが、テープはもう陰も形もなかった。
この逸話を手始めに、続く一連のあまりに常軌を逸した出来事は、読むものの驚きさえ麻
痺させてしまう。ゲラーが本箱に入れた指輪を消したり出したりする。するとプハリックは、こ
の物体を消したり出したりする能力を研究すれば知りたいことが解るかもしれないと決め
込む。「物体を消すというこの能力がユリ自身のものであると断言できれば、話は簡単だ。し
かし、この能力が地球外知性によってコントロールされているとすれば、非常に重大な発見を目
の当たりにしていることになるのだ。」



98 :, :2008/05/29(木) 21:02:08 ID:0lCkUPyL

そこでプハリックははっきりさせようとした。パーカー万年質の部品3つに数字のコードを刻みつけ、
本箱に入れたのである。ゲラーはその上に9分間手をかざしていた。箱を開けると、万年質
には何処もおかしなところはなかった。だが、仔細に調べてみると、真鍮のカートリッジが消え
ていたのである。

その日、後ほどゲラーが催眠状態にあったとき、再び金属的な声が話しかけてきて、いま「ス
ペクトラ」という宇宙船で「5万3069光年のかなたにいる」と説明した。そしてプハリックは、
ゲラーの面倒をよく見るようにと言い渡された。ゲラーには達成せねばならない大切な使命が
あるというのだ。声は続けて、万年筆のなくなった部分を持っており、やがてプハリックの手
元に戻されるということになると告げた。


99 :, :2008/06/02(月) 22:48:18 ID:MW+zxury

その夜、二人がテルアビブ市内を車で商工中、道路の突き当たり上空に「翼のついた、発行す
る円形の宇宙船」が出現した。

2日後、プハリックはゲラーがUFOを目撃した別の場所を見ておきたいと思った。彼を迎えにガ
ールフレンドのアイリスのアパートへ行くと、ゲラーはまだ食事を済ませていなかった。アイリスが冷蔵庫か
ら卵を3つ取り出し、深鍋に水を満たした。卵をとりに行ったアイリスは悲鳴をあげた。卵は
熱く、すでにかたゆでになっていたのだ。

そののち、ゲラーの運転で3人がテルアビブの外れに行くと、コオロギの鳴き声のような声が聞こ
え、やがて空中に振動する青い光が見えた。ゲラーはプハリックとアイリスに待っているように言う
と、チーチーという音と青い光のほうへいった。しばらくしてもどってきたゲラーの様子は、ま
るでトランス状態のようだった。後にゲラーがかたったところでは、明滅する青い光に近づくと、
頭が真っ白になったと言う。次にわれに返ると、万年筆のカートリッジをもって戻ってくるとこ
ろだった。



100 :, :2008/06/02(月) 22:49:35 ID:MW+zxury

無理もないことだが、こうした出来事のおかげでプハリックは自分が相手にしているのは地球
外の知的生命体に間違えなく、街ほどの大きさの宇宙船で地球を800年間見守ってきたと
言うそのことばもおそらくは本当だろうと思い込んでしまった。不可思議な出来事を立て
続けに目の当たりにして、ゲラーのトリックではないかと言う疑念はすべて吹き飛んでしまった
のだ。テープレコーダーが勝手に回りだし、やがてとまると金属的な声のメッセージが録音されてい
る。録音テープが目の前で消失する。ニューヨークに置いてきた革のカメラケースがテルアビブで見つかる。
腕時計がだしぬけに狂ってしまう。1度など、テーブルに置いた腕時計を見ていたところ、ゲ
ラーが叫び声をあげた。手首にその時計が出現したのだ。ゲラーがアメリカから取り寄せようと思
ったものの、テープレコーダーが録音を始めると、そのコンセントがソケットから引っこ抜けてしまった。
何度か戻そうとしたが、そのたびに飛び出してしまうのだ。

ここでプハリックの立場に自分を置いてみるのはたやすいだろう。ゲラーに出会ってからと言う
もの、奇跡は日常茶飯事になっている。空中からは謎の声が聞こえ、自分とゲラーには重大
な任務があると、世界の未来の平和はその任務にかかっていると告げられるのだ。プハリック
は、超自然的な力とじかに交信していた古代ヘブライの預言者と同じ立場に自分たちはい
るのだと感じはじめる。プハリックは、族長に神の声が話しかけたという聖書の記述は修辞的
なスタイルだと解釈してきた。ところがそれは文字通りの真実だったのだと思うようになった
のである。


101 :, :2008/06/03(火) 08:57:01 ID:hDHZIlBv

誰しも納得するところだろうが、こうした状況下では大半の人々が、この超自然的(ある
いは地球外の)力は本物であり、幻覚やトリックなどではないと思うことだろう。日ごとに自
然法則が否定され、目前で様々な現象を声の能力を証明されては、どんな頑固な会議論者
も信じ込んでしまうはずだ。

目撃できるのは当事者に限られている場合が多い。砂漠を走行中にゲラー、プハリックともう一
人が巨大な宇宙船を目撃するが、フロントシートにいた3人の軍人には見えなかった。宇宙の知性
は明らかに人心を操る不思議な能力を有しているのだ。

しかし、目的は何なのだろうか?ゲラーがとてつもなく重大な任務をはたすために選ばれた
のだとしたら、それは何なのか?声は、間もなく自分も参加する惑星地球への大規模な着陸がある予定で、超自然の力が現実に存在するのだと人類もとうとう知ることになるとい
う。だが、プハリックが「われわれの務めが何であるかを明らかにしてもらわなくては」と異
議を唱えると、声はこう答えるのだ。「忍耐だ。忍耐強くあらねばならない。24時間をわれ
われに捧げているあなたたちでさえ、まったく理解できないのだから」

ここに至ってようやく、宇宙知性体にも自分たちの目的が何なのか明確ではないのではと、
読んでいるほうも疑い始める。「ユリの映画を作れ」とプハリックは命じられる。だが、その映画
は失敗に終わる(やがて私もロバート・スティグウッドという興行主に雇われてユリの映画に関わる
のだが、これも失敗に終わる)。ユリにドイツ行きを命じた宇宙知性体は、ユリの力を見せ付けれ
ば誰もが霊的な力が現実に存在すると認めるだろうと自身ありげだった。だが、エスカレ^ターや
ケーブルカーをとめて見せたにもかかわらず、ユリの大業にドイツ人はたちまち興味を失ってしまっ
た。


102 :, :2008/06/03(火) 08:58:20 ID:hDHZIlBv

宇宙知性体は、これにつづくゲラーのアメリカ・ツアーについてもしくじったようだ。どういうわけ
か、科学的テキストを拒むようにとゲラーに支持したのである。ともあれゲラーは承諾し、スタンフォード
大学のハル・パソフとラッセル・ターグとともにテストを行った。結果ではテレパシーの存在を示す明らかな
証拠であり、コンパスの針を左右に振ったり金属製の小さな道具類を曲げたり壊したりする能
力を実演している。

しかし、<タイム>誌に後押しされたアメリカ人奇術師のグループはすでにインチキだと決め込んでおり、
スタンフォード大の科学者よりも、<タイム>のほうが声が大きかった。ゲラーの憤りは募るばかりで、
やがてプハリックと意見が衝突するようになる。ゲラーは声に疑念を抱き始めたため、「ただのお
調子者にからかわれているだけ」なのではないかと思うようになっていく。

こうした事情など何処吹く風で、宇宙生命体はその力を誇示し続ける。ある日にはプハリック
の飼い犬が二人の目の前で消えたかと思うと庭に現れる。ゲラーと口論している途中でプハリッ
クが宇宙知性体などうんざりだというと、大音響の雷鳴がとどろき、大型振り子時計が玄関
の反対側へ凄い勢いで飛んでいき、粉々に砕けてしまった。

ついには、沈黙の誓いを破ってすべての出来事を本に書くようにとの指示がプハリックに出た。
その結果が、もちろん「ユリ――ユリ・ゲラーの謎の日記」(1974年)である。だが、ここでも「ス
ペクトラ」の乗員たちには誤算があったようだ。本が出版されてどうなったかといえば、ただ
真摯な研究者というプハリックの評判が地に堕ちただけだったのである。プハリックの良心的誠実
さが勝利を収め、何かがあったことは示せたはずだった。だが、50ページも読み進むと記
されている出来事は信憑性の範疇を飛び越えてしまい、その後は妙に一本調子な奇跡のご
った煮と化してしまう。この本のおかげでゲラーとプハリックは有名になったが、そのなり方は、
ならなかったほうがよかったと思わせるような種類の名声だった。


103 :, :2008/06/03(火) 08:59:43 ID:hDHZIlBv


ユリ・ゲラーとの出会いは私にとって、UFO問題になんら巧妙をもたらしてはくれなかった。
ゲラーという人物をかなり知るようになり、「ゲラー現象」なる本も著した。バルセロナでゲラーとす
ごした数日の間に、いくつかの小さな奇跡が起きたりも下が、どれをとっても懐疑論者を
納得させるようなものではない。物品が柱から降ってきたりもしたが、私の目の前に落ち
てくることは一度もなかった。そうであればゲラーが投げたのではないと断言できたのだが。
実際にゲラーがやったとは思ってはいない。名声を楽しむゲラーに一抹疑念がないではないが、
本人は何処までも誠実な男だと感じるようになっている。

私自身の当時の感触としては、ゲラーの能力にはプハリックが何らかの形で関与していると確信していた。
プハリック自身、テルアビブでゲラーの母親と無二の親友シピ・ストラングを交えた夕食に赴
いたり、不意にユリからのテレパシーのメッセージを受信できることに気づいたと述べている。「私
たちは数を、、、色を、そして英語、ヘブライ語、ギリシャ語、の単語を試してみた。私のテレパ
シー能力は実に桁外れだった」。ユリは、シピの存在で自分の能力が増大したと信じている。

そうかもしれない。だが私の感触では、プハリック自身にも、そして本書で明らかになるよう
に、万人に強い超能力があるという印象を持っている。そしてユリといっしょになったと
き、二人のコンビネーションがどっとばかりに不可思議な現象を立て続けに起こしたのだ。
そして、プハリックがそれ以前からナインの存在を信じていたために、当然のごとくトランス状態のゲ
ラーのメッセージはナインからのものということになるのだ。


その翌年の1976年、私はプハリックに出会い、その友人のジョイス・ペトシェクと3人で夕べのひと
時を過ごした。プハリックは白髪交じりに濃い口ひげの小男で、人柄は気さくで控えめだった。
私が持論のプハリックとゲラーの超能力相互作用説を疲労すると、しばらく考え込んでから、「な
いとはいえない。私はないと思うが」と答えた。


104 :, :2008/06/03(火) 09:01:10 ID:hDHZIlBv

その極めて興味深い夕べのひと時を過ごすうちに、不可思議な体験があまりにも多すぎて、
プハリックはほとんど不感症に近くなってきているこがわかった。他界した超能力者ピーター・ハー
コスを対象に行ったテレパシーのメカニズムに関する徹底的な実験について論ずる間にも、じつに奇
怪なエピードが幾度も話題に上ってはすぐに消えるのだ。

プハリックの書いた「ユリ」の影響力が低かったのは、信じがたい出来事の紹介があまりにも多
すぎたためではないか、と私は批評してみた。ところがプハリックは、実はあれでも、あまり
に信じがたいエピソードはいくつか削ってあるのだと力説した。読者に負担を掛けすぎて、信
じてもらえなくなる危険性にきづいていたからだという。

プハリックは一例を挙げて見せた。プハリックの自宅のあるニューヨーク州オシニングから200マイルも離れ
た建物の寝室で、男女が性交中のことだった。ノックがあったので男がドアをあけると、ユリ・
ゲラーがたっていて、手に持っていた大きな石塊を差し出したと言うのだ。男が石を取ると
ゲラーは一言も口を利かずに立ち去ってしまい、男は面食らってしまったと言う。

実はその石はプハリックのもので、貴重な考古学標本だった。だが、ゲラーはそのときオシニングに
おり、200マイルかなたでドアを叩き、手渡したのは彼のドッペルゲンガー(分身)だった。

さらに、1973年11月には、ゲラーはニューヨークの路上からオシニングのプハリック宅まで実際にテレポート
したという。


105 :, :2008/06/03(火) 09:02:09 ID:hDHZIlBv

プハリックがこうした逸話を本に載せずに置いたのも、むべなるかなと思わざるを得なかった。

私の著書「ミステリーズ」には、こう記してある。「プハリックはどうやら私の唱えたポルターガイスト無
意識活動現象説は不必要だと考えていたらしい。9つの原理と力が現実のもので、わが地
球は何千年も宇宙人に観察されてきたと言う結論をはるか昔に出していたからだ。9つの
原理と力がもう少し介入が必要だと感ずる時期に地球は達したと彼は信じている」。そして、
プハリックとジョイス・ペトシェクの見解を引用した後に、こう続けている。「私はこれがある点まで
は説得力を持つと思った。プハリックとペトシェク夫人が語った一部始終は完全な真実だと言う事
実は歴然としている。だからといって、私は、9つの原理と力が存在すると納得するだろ
うか。どうかんがえても、そんなことはありえない」

私が彼にあった頃プハリックはすでに、宇宙人ともうひとつの驚異的体験にかかわっていた。
その一部始終はスチュアート・ハルロイドの「地球上陸への序曲」と言う本に詳細に記されている。

「ユリ」に書かれたゲラーとの決別のあとまもなく、プハリックがフィリス・シュレマーという心霊能力者を
通じて受け取るナインからのメッセージは、一段と多くなる。今度は奇跡はまったく抜きだった。
少なくとも、フィリス・シュレマーのイヤリングが消え、数時間後に再出現するという出来事異常に派手
なエピソードはなかった。プハリック、ジョン・ホイットモア卿なる英国人、そしてフィリス・シュレマーを加えた3
人は、すでにナインのエネルギー・チャンネルなのだという御託宣を賜った。その任務は、エジプト、レバ
ノンとシリアがイスラエルに侵攻するさい発生するはずの中東戦争を回避することだった。


106 :, :2008/06/03(火) 09:03:05 ID:hDHZIlBv

今回のナインのメッセンジャーは憑依状態のフィリス・シュレマーを通じてトム(アトムの略)と名乗った。3人は

世界中を飛び回り、様々なホテルの部屋で世界の破滅回避を願って祈り、瞑想した。例えばモ
スクワでの瞑想では、キューバの記者会見場でのヤセル・アラファト議長暗殺を回避したらしい。

だがナインの真の目的は大規模なUFO地球着陸を宣言するためだった。これは9日間続き、
宇宙人が存在すると言う真実をついに地球人類に知らしめることになるはずだった。

トムによれば、ナインの目的は「惑星地球」に意識変革をもたらすことだった。人類の意識が宇
宙の障害となってしまっているというのである「この惑星は本来(人類における)霊的世
界と物理的世界のバランスを教えるために創造された。だが、この物理的世界で人類は物質界
にとらわれてしまったため、この惑星の束縛を逃れ、それ以上、進化できなくなってしま
った、、、、、この惑星における意識のレベルを高めることこそ重要なのだ。」

もちろんプハリックを、恐らくは心霊能力者の無意識を根源とする霊のメッセージに惑わされて道
を誤った、騙されやすい夢想家として片付けてしまうのは簡単だろう。しかし、彼の体験
の全体像を視野に入れると、そう、乙に構えてもいられなくなる。ナインからの最初のメッセージ
はヴィノド博士を通じ、1952年にやってきた。1956年にチャールズ・ラフェッド博士に出会った折に
は、それを裏書するようにナインからさらなるメッセージが手渡されている。これはつまり、ナイン
がヴィノド博士の無意識の産物ではないことを示していると見て間違えないのではないか。


107 :, :2008/06/03(火) 09:04:47 ID:hDHZIlBv

だとすれば、テルアビブのホテルの一室でゲラーがトランス状態に陥っていたさいナインが再び話しだした
とき、プハリックが本物だと信じたのも理の当然」ではないだろうか。その時点では疑念があ
ったとしても、それにつづく奇跡で雲散霧消したのは間違えない。街路の果てに浮かぶU
FO、手も触れずに録音を始めるテープレコーダー、眼前から消えるカセットテープ――こうした現象
を目の当たりにすればだれでも現実に存在する力に直面しているとおもいこむのもむりは
ない。

ここで、1974年に「ユリ」を読み、その1年後に拙著「ゲラー現象」を書いた時点とは、私自
身の姿勢に変化がおきていることを認めておかなくてはならない。当時の私は、ポルターガイス
ト現象とは十代の少年少女による一種の無意識的サイコキネシス(念力による物体移動)に間違い
ないと思い込んでいた。精神は、自らがコントロール不可能な、無意識レベルの驚異的な力に溢れ
ていると信じて疑わなかった。ゲラーとプハリックが同席しているさいに起きた物質化現象は、
私には説明困難だった。二人ともティーンエイジャーではない。だがそれでも、論理的な説明はそ
れしかないと思えたのだ。

5年後の1980年代初め、私はポルターガイストに関する執筆の依頼を受けて調査を始めたのだが、
手始めとして、長期間にわたって激しいポルターガイスト現象がつづくポンテクラフトのある人家を訪
れた。われながら困ったことに、まもなく私は、ポルターガイストとは姿なき霊が精神的に不安
定な人々のエネルギーを利用して起きる現象だと信じるしかなくなっていた。


また霊憑依を一種の中世的な迷信だと言う説明では片付けられないと思い始めてもいた。
グロフがフローラの例を話したとき集合無意識の元型による憑依の例ではありえないと思ったの
もそのためだ。フローラに憑いた霊がサタンだとも悪鬼の一つだとさえ思えないが、極端に不快な
肉体のない姿なき存在であるのは間違いない。


108 :, :2008/06/03(火) 09:05:51 ID:hDHZIlBv

その結果、本書のための調査の途中で「ユリ――ユリ・ゲラーの謎の日記」を再読する段になっ
て、自分の姿勢に変化がおきているのに気づいたのである。その時点ではすでにジョン・マック
の「アブダクション」またバッド・ホプキンズの「失われた時間」や「イントゥルーダー」、それにデヴィッド・
ジェイコブズの「シークレット・ライフ」を読み終えており、これが最初思ったより遥かに異様で複雑
な問題だとわかっていた。ポルターガイスト現象の源はゲラーやプハリックたち自身だとする私の説に

二人が同意しなかったわけが、今では理解できる。ひどく不見識な人物と思いはしたが、
そう口に出すには教養がありすぎたのだ。二人はテープが消え、コンセントがはじけとび、車のエ
ンジンが停止してしまうのを目の当たりにした。自分たちの念力等ではなく、なんらかの
超自然的力に直面していることが、二人にはわかっていたのだ。ユリがひったくった最初
のテープがその手の中から消えたとき、ユリがこうした力の道具として――ちょうどジョン・
マックのキャサリンが夜半すぎにボストン郊外周辺をドライブしたいという妙な欲求を感じたときのよ
うに――使われているのだと二人ともわかっていたのだ。明らかに、見えざる存在が穏や
かならざる力を有している兆候である、、、、。


109 :, :2008/06/03(火) 09:06:58 ID:hDHZIlBv


だがこの存在とは何者なのだろうか?プハリックが信じるような宇宙から飛来した知的生命で
あり、われわれの惑星を何千年間も見守り、一度ならず人類の歴史に干渉してきたのだろ
うか?それとも大半のポルターガイストのように、霊界の非行少年少女の時間つぶしでしかない
のだろうか?

この疑問こそが、マリオンへの旅を終えた時点で回答を見出そうとした問題だった。何よりも
まず知りたかったのは、この存在には知性があると見なせるのだろうか?と言う問題だっ
た。ほとんどの場合ポルターガイストが示すのはほんの痕跡的知性に過ぎず、完全に愚鈍である
場合も多い。もしこの宇宙人がそれ以上の知性を示せば、その主張の一部を裏づける力強
い論拠となるのは間違いないはずである。

天文学者ジェラルド・ホーキンズのミステリーサークル調査が耳に入ったのは、ちょうどその時点だった。


110 :, :2008/06/03(火) 09:13:31 ID:hDHZIlBv
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A6%E3%83%AA%E3%83%BB%E3%82%B2%E3%83%A9%E3%83%BC ユリ・ゲラー



111 :題「瞑想で確認すれば実話と分かる下記人相群」:2008/06/04(水) 14:02:56 ID:w3zgAfi9
以前予告しておりました「影の政府(シークレット・ガバメント)の日本人関係者・エー
ジェント」についての、独自情報HPは、7月8月頃になりそうですので、もうしばらくお
待ちください。先に、内容の一部が、飛鳥昭雄氏情報(NSA・NASA・JPL情報)に対しての「非科
学的中傷本」のスレッドに載っています。なお批判意見・批判サイトにより混乱
したり惑わされてしまっている方は、絶版ですが、「ロマン・サイエンスの世界」
(雷韻出版)が真相を知ることが出来必読です。5月現在、ログ倉庫内でなく普通にすぐ
読める飛鳥昭雄氏2chスレッドはいくつか存在しますが(NSA・NASA・JPL情報の信用を
落とす情報操作を目的としたスレッド・記述もありますので十分ご注意ください)、
当方が掲示しましたタイトル「日本人の影の政府関係者(警察・自衛隊)」
「影の政府日本人関係者の人相」「影の政府の日本での今後の陰謀」
「「影の政府」による 長期の陰謀実例」「影の政府の日本人へのシナリオ」の
全てが載っているのは、その内の一つだけです。一部のタイトルしか載っていない
スレッドもありますのでご留意ください。


112 :,捕獲:2008/06/14(土) 11:09:30 ID:qSoM+7pj
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/whis/1157202981/201-300

このスレッドだけじゃ足りないだろうから、少し使う事になるね、、、。



113 :,ミジンコ:2008/06/14(土) 11:11:47 ID:qSoM+7pj


色々、あるんです、、、。UFO問題、、。超常現象問題、、、。

サイキックの連中の問題、、、。SPRの連中の問題、、。

シュタイナーやブラバッキーなどの結社の問題、、、。死後生存の科学研究もんだい、、。



114 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/18(水) 23:56:52 ID:VAE6mW/9
精神世界で癒される第39章
http://life9.2ch.net/test/read.cgi/healing/1210246310/
「替わりべんたん、替わりべんたん、のスレ主さん、募集中!」
このスレのスレ主さんである単、直さんが、リアルのほうが忙しいので顔をなかなか出せないと言う事で、スレ主さんを下りられるそうです。
単、直said:【カップル】このヒトはこれ以上、無理だと思った瞬間。それはHの時のピストンのリズムが、三三七拍子だった時ぃー。
そこは、無国籍男女混浴風呂。どなたも、癒やされますよ。ひとっぷろ、どうですか?
あなたのいやしに尽いて、ひとこと いただけませんか?もの言わぬは、腹ふくるる技なり。


↓ ここでは、さとりの語り手をつのっています。<(_ _)>

坐禅と見性第58章 二は二ではない一の如し
http://life9.2ch.net/test/read.cgi/psy/1213112495/

なにかしらその意のあるところを語ってください。

宗教とは、インドにおける原意では、いかに生きるか、と言う事。

【前スレ】
坐禅と見性第57章ろうそくの炎を吹き消せ
http://life9.2ch.net/test/read.cgi/psy/1210832703/
【過去スレ】
坐禅と見性第56章 名詞を剥ぎ取る、なんと呼ぶか
http://life9.2ch.net/test/read.cgi/psy/1205841481/

物質には、名詞があります。その名詞を剥ぎ取った時、これをなんと呼ぶか、と言う公案です。

また、片手の人が叩く拍手の音を聞いてこい。
ほかに、30メートル先のろうそくの炎を坐のままで、吹き消せ!
と言う公案に参禅しています。
カキコ、のほどよろしくおねがいします、m(__)m

115 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/19(木) 02:44:17 ID:iuOBBmlM
蓮佛美沙子、予知夢の経験を明かす
6月18日6時30分配信 オリコン
若手女優・蓮佛美沙子が17日(火)、都内で行われたNHKドラマ『七瀬ふたたび』の記者会見に登場。
同作で超能力を持った少女を演じる蓮沸は、実際に予知夢の経験はありますか? という報道陣からの問いかけに「友達とお弁当のおかずを取り合う夢を見た次の日、本当に学校で友達とおかずを取り合いました」とエピソードを明かした。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080617-00000009-oric-ent

<蓮佛美沙子>NHKで再ドラマ化「七瀬ふたたび」で連ドラ初主演 「撮影が毎日楽しい」<水野美紀>
6月17日22時20分配信 毎日新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080617-00000036-maiall-ent


116 :,:2008/06/22(日) 09:47:38 ID:Z1JG+gvt
,

117 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/25(水) 10:51:11 ID:zto5CK6X
これはアメリカのゲームです。1度やってみてください。
これは、たった3分でできるゲームです。試してみてください。驚く結果をご覧いただけます。このゲームを考えた本人は、メールを読んでからたった10分で願い事がかなったそうです。このゲームは、おもしろく、かつ、あっと驚く結果を貴方にもたらすでしょう。
約束してください。絶対に先を読まず、1行ずつ進む事。たった3分ですから、ためす価値ありです。
まず、ペンと、紙をご用意下さい。先を読むと、願い事が叶わなくなります。
@まず、1番から、11番まで、縦に数字を書いてください。
A1番と2番の横に好きな3〜7の数字をそれぞれお書き下さい。
B3番と7番の横に知っている人の名前をお書き下さい。(必ず、興味のある性別名前を書く事。男なら女の人、女なら男の人、ゲイなら同姓の名前をかく)
必ず、1行ずつ進んでください。先を読むと、なにもかもなくなります。
C4,5,6番の横それぞれに、自分の知っている人の名前をお書き下さい。これは、家族の人でも知り合いや、友人、誰でも結構です。まだ、先を見てはいけませんよ!!
D8、9、10、11番の横に、歌のタイトルをお書き下さい。
E最後にお願い事をして下さい。さて、ゲームの解説です。

1)このゲームの事を、2番に書いた数字の人に伝えて下さい。
2)3番に書いた人は貴方の愛する人です。
3)7番に書いた人は、好きだけれど叶わぬ恋の相手です。
4)4番に書いた人は、貴方がとても大切に思う人です。
5)5番に書いた人は、貴方の事をとても良く理解してくれる相手です。
6)6番に書いた人は、貴方に幸運をもたらしてくれる人です。
7)8番に書いた歌は、3番に書いた人を表す歌。
8)9番に書いた歌は、7番に書いた人を表す歌。
9)10番に書いた歌は、貴方の心の中を表す歌。 10)そして、11番に書いた歌は、貴方の人生を表す歌です。
この書き込みを読んでから、1時間以内に10個の掲示板にこの書き込みをコピーして貼って下さい。そうすれば、あなたの願い事は叶うでしょう。もし、貼らなければ、願い事を逆のことが起こるでしょう。とても奇妙ですが当たってませんか?



118 :,:2008/06/30(月) 19:54:09 ID:8Al/60FA
,

119 :,:2008/07/06(日) 18:59:16 ID:Qq+SfeG4
,

120 :,ベルトラン牧師の「体外遊離体験」:2008/07/12(土) 08:50:21 ID:xKX1P1qz

状況証拠と関係者の証言双方を照合することによって、真実性が高まることもある。その
一例として、1892年のSPR報告書第8巻に収録された話を紹介しよう。

これはあらゆる点で事実だと証明された事例である。語り手はヌイイ=シュール・セーヌ(パリ北西郊
外の町)のプロテスタント牧師J・L・ベルトランで、関係者の証言も得られている。スイスの若者のパー
ティを率いてティトリスという山にのぼった。だがまもなく頂上というところで、激しい疲労を覚
えて進むことが出来なくなり、ガイドに後を任せ、帰りに拾ってくれと一人残った。

私は絶壁のように危なっかしい斜面に足を投げ出して腰を下ろし、肘掛け椅子ほどもある
岩に背をもたせかけた。その崖を選んだのは、ちょうど雪が無くベルナー・アルペン(スイス・イタリア
国境につらなる中央アルプスの北の部分)の壮大な景観が眺められたからだ。すぐさまポ
ケットに2本のタバコがあることを思い出し、一本を加えてマッチをすり、自分は世界一幸福な
人間だと考えた。

そのとき、青天の霹靂のように発作が起こった。マッチが指を焦がして居るのに、投げ捨てる
ことが出来ない。頭は完全に正常で明瞭に働くのに、体は岩のように無力で動かない。た
めらいは無かった。私は考えた。「これが雪の眠りという奴か!動けば深遠に落ちる。動か
なければ25分か30分のうちに死体になるだろう」。祈りのようなものを神に捧げ、私は
死の過程を静かに見守ることに下。

まず手足が凍りつき、死が少しずつ、肘と膝にはいあがっていった。その感覚は苦痛では
なく、心も穏やかだった。だが死が全身に至ると、頭が耐えられないほど冷たくなり、心
臓から生命がへこんだやっとこでしぼりとられるようなかんじがした。これほど鋭い痛み
は初めてだったが、それも一秒か一分で終わり、私の生命は消えた。

「なるほど。ついに私もいわゆる死者になったのか。だが私は中に漂う空気のボールのよ
うに、しなやかな紐で地面に繋がれ飛んでいけない風船のように、ここにいる。そしてど
んどん上昇している。なんと奇妙なことだ!これまでになくすべてを目にしながら、しか
も死んでいるとは、、、。以前の体はどこだろう?」


121 :,:2008/07/12(土) 08:52:56 ID:xKX1P1qz

眼下を見下ろし、私は自分の抜け殻に驚きを覚えた。「奇妙なことだ。あそこに私の肉体だ
ったものがある。コートが肉体であるかのように、肉体が魂であるかのように私はあれを私と
呼んでいたのだ!何と忌まわしいものだ――色を失い、黄色と青みを帯びて、タバコをくわ
え、火傷をした2本の指にマッチをつまんでいる。二度とタバコなんて吸うんじゃないぞ、汚ら
しいぼろぎれめ!いま手と鋏がありさえすれば、まだ私とあれとをつないでいる紐を切っ
てしまえるのに!仲間たちが戻ってきたら、あれを何て叫ぶだろう。「教授が死んでいる」。
かわいそうな若き友らよ!彼等には、私が今かつてない生命感に溢れていることが分から
ないのだ。その証拠に、私には彼等が見える。左に行くと約束したのに、ガイドは右の道を

とっている。Wはロープの最後につかなくてはならないのに、最初にも最後にもつかず、一
人ロープから離れている。私に見えないと思っているのだろう、ガイドが若者たちの背後に隠
れて私のマデイラ(アルコール分を添加した白のデザート・ワイン)を飲んでいる。飲むがいい、哀れな
男よ。私の体は二度とそれを飲むことはないのだから。ああ今度はチキンの脚を盗むのか。
食べるがいい、欲しければチキンを丸ごと盗むがいい。私の惨めな亡き骸は二度と食べる
ことも飲むこともないのだ」。私は驚愕も当惑も覚えず、ただ淡々と事実を描写していた。

「やぁ。妻がルツェルン(スイス中部の州およびその州都)にいく。明日か明後日まで出発しない
と言っていたのに、、、、。ルンゲンのホテルの前に5人居る。いいだろう、妻よ、私は死んだのだ。
さようなら、、、」。

紐を切ることが出来ないのが心残りだった。あまりにも美しい世界をいたずらに旅したた
め、地上がつまらなく思え始めた。私の望みは二つだけだ 。地上に戻らなくていいという
保証。そして、新しいすばらしい肉体を見つけることだ。肉体なしではどうにも頼りなく
ていけない。私は面白くなかった。以前よりも細くなったとはいえ、紐は依然として繋が
っているし、望みの肉体が何処にも見当たらないからだ。

不意に衝撃と共に上昇が始まった。風船を引き戻すように、誰かが私を引き戻しているの
だろうか。私は計り知れない悲嘆を感じた。つまり、、、、、ガイドが死体を発見し、おなじみ
の処置として体を雪でこすり始めたのだ、、、。そして、すべてが曖昧になる。覚えているの
は、すべてがひどく混沌としていたことだけだ。そして、報酬を期待し、自分が奇跡を起
こしたことを私に理解させようとしているガイドに、軽蔑の念を抱いたこと、、、、。これほど
激しい苛立ちをおぼえたことはない。ついに私はかわいそうなガイドに言った。「自分が愚
かであるがゆえに私までをも愚かと見なすのか。病んでいるのは体だけだ。ああ、あの紐
を切ってさえくれていれば」。


122 :,:2008/07/12(土) 08:54:44 ID:xKX1P1qz

「紐ですって。何の紐です。あなたはもう少しで死ぬところだったんですよ」。

「死だと!私は死んでなどいなかった、今お前が死んでいないようにな。その証拠に私は、
お前が約束した左の道ではなく、右の道からティトリスにのぼったことを知っている」。

男は目を白黒させながら答えた「そっちのほうが雪がやわらかくて、滑りにくかったから
です」。「私が遠くに居ると考えたからだ。お前は右の道を取り、二人の若者がロープをはず
しているのを放っておいた。愚かなのは誰だ?お前だ――私ではない。マデイラの瓶を見
せてみろ。いっぱい入っているかどうか」。

衝撃のあまり、男は私から手を離し、はいつくばっていった。それは明らかに独り言だっ。
「この人は後からついてきたのだろうか?いいや、それならば見えたはずだ。山越に見た
のだろうか?肉体は死んでいて、幽霊が私のしたことを責めているのだろうか?」。
私は容赦なく続けた。「はいつくばって好きなだけ私を見つめ、下手な言い訳をでっち上げ
るがいいだが、チキンの脚が片方しかないことは、どう釈明するつもりか」。

善良な男にはこれで充分だった。彼は立ち上がり、ナップザックをからにしながら懺悔のよう
な事をつぶやき、逃げていった。

ベルトランの妻が予定より一日早くルツェルンにいったことは、のちに事実と判明した。

ガイドの行動についても関係者の証言が得られているが、その場にいなかったベルトラン牧師が
それを知るのは、一見「不可能」に思われる。つまり、死を体験したという解釈が誤って
いるとしても、彼は明らかに、何らかの奇妙な超感覚的知覚(既知の感覚経路によらず外
界についての知識を得ること。一般に、テレパシー、透視、予知能力の3能力を包括し、ES
Pと略される)を体験したのである。


123 :,:2008/07/12(土) 21:14:45 ID:xKX1P1qz
>>73   続き、、、、。

事件の波紋

最も可能性の低い仮説は、事件そのものがすべて博士の空想だったとするものである。婦
人と子供たちが帰宅したとき、彼は激しく震えていたそうだ。家中の電気はこうこうとと
もり、彼の傍らのテーブルには拳銃が置かれていた。彼はドライブウェーの痕跡を確認している
し、この訪問の直後からいたずら電話が続いたらしい。したがって、現実に何か事件があ
ったことは間違いないようだ。

 こうした事件が現実に発生しているという事実は、アメリカ空軍が認知している。空軍は、
合衆国空軍の職員と偽る人物がUFOの目撃者のところへ訪れることに、重大な関心を持
っている。1967年2月、国防省のジョージ・P・フリーマン大差は空軍のプロジェクト・ブルーブック
のスポークスマンとして、

ここで疑問が一つのこる。フリーマン大佐の言う謎の男たちと、ホプキンズ博士の家に現れた奇妙
なほうもん者は、同類の人間なのだろうか。UFO目撃事件と同じように、精神的な不安
定な人々の興味を引き、彼等がUFOの目撃者に近づくために政府の役人のふりをしてい
るとも十分考えられる。MIBとされている人物の中には、この種のえせ研究家も含まれ
ているようだ。

 MIB報告の中でよく見られる興味深い特徴の1つは、この訪問者たちの愚鈍さである。
彼等が人間に化けているのだとしたら、あまりうまくはないようだ。彼らは、その風変わ
りな態度や、目つきや話し方、および情報の豊富さと無知振りによって、相手の不審を招
いてしまっている。もちろん、こうして身分詐称がばれたのは、仕事の出際のまずいもの
だけなのかもしれない。


124 :,:2008/07/12(土) 21:15:51 ID:xKX1P1qz


 数あるMIB訪問事件の1つの特徴は、彼等が目撃者に対して、自分が来たことを一切口
外せず、事件から完全に手を引くように命令することである。我々がこうした事件を知る
ことができたのは、明らかに目撃者がこの命令を守らなかったからだ。しかし、そのあと
恐ろしい報復が行われたことはない。しばしば彼らは、命令に従わないと危害を加えると
目撃者を脅迫しているのだから、この点は妙な話である。1976年、カナダ人のUFO目撃者
カーマン・クーネイオは、謎の訪問者にこういわれた。目撃談を二度と喋るな、そしてこれ以上事件
に首を突っ込むな、さもないと3人の黒服の男がやってくるぞ、と。「で、私は聞いたんだ。
『それはどういう意味だ』って。すると彼はこう答えた。『ただじゃすまないってことさ、、、、
痛い目にあうかも知れないぜ』」その一年前、メキシコ人の目撃者カーロス・デ・ロス・サントスは、
テレビのインタヴューに出かける途中、1台どころか2台でやってきた黒いリムジンに阻まれた。
車に乗っていた男たちの1人が彼にこういった。「いいか、よく聞くんだ。自分と家族の命
が大事だったら、これ以上目撃事件のことをしゃべるんじゃねぇ」


 しかし、多くの目撃者が彼らの警告を無視しているにもかかわらず、こうした脅迫が実
行に移されたという確かな例は、これまで一つもない。なるほど、MIBは不気味な存在
かもしれないが、彼等に関する暴力事件が起きていない事もまた、特徴的な事実である。
彼等の及ぼす最大の害悪は、時間をわきまえずに訪問したり電話をかけて目撃者を悩ます
こと、そして彼らの存在自体の不快さである。



125 :,:2008/07/12(土) 21:18:00 ID:xKX1P1qz
脅迫の実行


脅迫が実行に移されていないことは、当事者にとってはまことに結構だが、研究者にとっ
ては、事件の解明を困難にする1つの問題でもある。依然として、証拠の大部分は当事者
あの証言だけで、しかも必ずしも明快なものばかりではない。リチャードソン氏やホプキンズ博士の
事件のように十分な裏づけのあるケースは、残念ながら少数である。あまりにも多くの報
告が、漠然とした内容なのだ。アメリカの人気作家ブラッド・スタイガーはこう断定している。「何百
人というUFO研究家やコンタクティー(被接触者)や偶然の目的が、奇怪な人物の訪問を受けた
と話している。通例3人組で、黒服を着ているようだ」しかし彼が例として取り上げてい
るのは、2,3の逸話に過ぎない。同様に、未解明の現象の専門家であるジョン・キールはこう
語っている。「私は、何度も、うわさに上がっている例の幽霊キャデラックをこの目で見た。中
には、黒いスーツを着た不気味な東洋人風の男たちが乗っていた」しかし奇妙なことだが、
彼をこうした目撃事件を深く追求したり、重要な問題に関する確かな根拠を公表する労を
惜しんでいるかのようだこうしたあいまいな主張は証拠としての価値もない。

 さてそこで、もう一度MIB神話を振り返ってみよう。つまりこうした事件は、まさに
神話そのもの、絵空言とは考えられないか。何もかも幻として片付けることはできないだ
ろうか。つまり、想像力豊かな人々の盲信がこの特異な形態をとって転化した幻想ではな
いか。現代に蔓延している文化的偏見を反映しているのが、その証拠ではないのか。その極端な例が、コンタクティーとして知られるウッドロー・デレンバーガーの証言だ。「私の口を封じようと
した黒ずくめの二人の男はマフィアの手先だった」これとは正反対に、UFO理論研究家のデビ
ット・タンズレーはこう語っている。彼らは闇の力を代表する霊的存在であり、真実が広まるの
を妨害しようとしているのだ、と。これと比べると、アルバート・ベンダーの友人ドミニク・ルーケイシ
の見解はごくありふれている。彼によると、MIBは、地球上のどこかの秘境(アマゾンやゴ
ビ砂漠やヒマラヤなど)の、恐らくは地下に存在する、道の文明からやってきた人間なのだそ
うだ。

126 :,:2008/07/12(土) 21:20:59 ID:xKX1P1qz

 しかし、MIBの報告に共通する1つの特徴がある。いかなる仮説もこの点を避けては
通れないし、恐らくこの問題を解く鍵も隠されているはずだ。それは、MIBが彼等の手に
入るはずのない情報を持っているということだ。マスコミには発表されず秘密にされ、ごく一
部の研究家と公的機関の役人を除いて誰も知らないはずの情報を、彼らはつかんでいるの
だ。ときには、唯一目撃者本人だけが持っている情報さえつかんでいるのである。言い換
えれば、他には誰も知らないはずの情報を、MIBと目撃者本人だけが共有しているのだ。
さらにもう一つ。MIBは、必ずといっていいほど目撃者が一人でいるときにやってくる。
たとえば、ホプキンズ博士のケースでは、訪問者は、婦人と子供たちが家にいないときを見計ら
って電話をかけ、博士が1人だということをあらかじめ電話で確かめている。こうなると
どうやら、MIBと彼等の訪問を受けた人たちの間には、両者を結びつけるなんらかの超
常的な接点があると考えるほかはない。



真実か、それとも妄想か



さらにこの問題は、日常の現実性と相いれない特徴ともあわせて考えなければならない。
たとえば、すっかり有名になったあの黒塗りの車だ。彼等が目撃者のところへ出向かない
とき、この車はいったいどこに置いてあるのだろうか。ガレージはどこにあるのか。何処へ
整備に出すのか。故障したり事故にあったりすることは絶対無いのだろうか。それとも必
要なときだけ、どこか別の空間から現れるのだろうか。


127 :,:2008/07/12(土) 21:24:03 ID:xKX1P1qz

これらは、MIB事件が提起する疑問の本の一部に過ぎない。問題を複雑にしているの
は、MIB事件が、容易に信じられる話からおよそ信じがたい話まで、実に様々な内容に
わたっていることだ。一方では、彼等の訪問中、奇妙な出来事など一切起きなかったとい
うケースもある。唯一奇妙な点は、訪問者が身分を偽っていたことと、どういうわけか秘密の
情報を知っていたことぐらいだ。ところがそれとは正反対に、目撃者が妄想症にでもかか
っているとしか考えようのないケースもある。UFO研究家ラモナ・クラークは、その著書『黒服の
男の真相』の中で、1969年7月3日にある無名の研究家が3人のMIBと対面した事件を
語っている。「彼等が乗っていたクルマノウィンドーには、彼らと彼等の訪問にかかわるシンボルがつ
いていた。そのシンボルはこの男に深く心理的衝撃を与えた。私は、人があれほどまでに激し
くおびえる姿を、あの時はじめて見た」

 彼等の訪問のあとは、嫌がらせが続いた。不気味な電話が何度もあった。彼の家が何者
かに監視されていたのである。彼は、声が聞こえたり、奇妙な幻を見るようになった。「黒
塗りのキャデラックが彼の家の前の通りをうろつき、彼の行く先先をつけまわした。1度は、彼
と家族がちちかづいてくるキャデラックにもう少しでひかれそうになったこともあった。夢にま
でMIBが現れ、うなされるようになった。安眠できなくなり、仕事にも支障をきたし始
めた。かれはくびになるのではないかと不安にかられていた。」

 これがすべて彼の心の中の出来事なのだろうか。できればそう思いたいところだ。しか
し、彼の友人の証言もある。その友人が彼と話しているとき、奇妙ななりの男が1人、い
えのまえをいったりきたりしていたというのである。その男は背が高く、年代は50代半
ばに見えた。そして全身黒ずくめだったそうだ。


128 :,:2008/07/12(土) 21:32:58 ID:xKX1P1qz






、、、、、、、、、。




129 ::2008/07/15(火) 20:33:19 ID:hZ8hkara


>>123 以下の文章の欠落がありのこと、、、。


のスポークスマンとして、

http://set.bbspink.com/test/read.cgi/sm/1162885732/671

ここで疑問が一つのこる。


130 :、伝承に息づく恐怖の影:2008/07/15(火) 20:36:27 ID:hZ8hkara

黒服の男の訪問を受けた人は、決してUFO目撃者や研究家ばかりではない。1905年
のイギリス北ウェールズ地方の信仰復興運動を研究しているケビン・マクルアとその妻スーは、現代のMI
B事件と類似する記録を発見した。近くに住む聡明な農民階級のある若い婦人の寝室に、
3日連続して深夜に黒服の男が訪れた。しかし、この男は、それを口外しないように彼女
に言い残して去った。

 この若い婦人とは、一介の農夫の妻から伝道師に身を転じた、復興運動の指導的人物で
あるメアリー・ジョーンズ女子だった。女子の名は、彼女の伝道活動に伴って現れる不思議な光に
よってよく知られていた。彼女が深夜この不気味な訪問者と直面した3夜のうち、1度は
彼女自身の光に救われたのである。その光は白い光線を放ってその幽姿を射抜いた。する
と、そのとたんにMIBは消えた。

 本来なら、途方もない夢物語としか思えないような話である。ところが、報告されてい
る事件の中には確たる証拠のあるものもある。その多くは何の係わり合いもない人たちが
目撃しており、しかも相した目撃者には懐疑論者を自認する人も含まれている。これは、
MIBが現実に存在し、実際に聡明な農民階級のある若い婦人の寝室に現れたことを意味
するのだろうか。現代に頻発しているMIB事件から得たデータが、昔あったとされている
同様の事件を理解する手助けになっているかもしれない。

 黒服の男は、次々と姿を変えてあらゆる国の民間伝承に登場し、ときおり伝説の世界か
ら日常の現実世界へと姿を現す。1603年6月2日、フランス南西部の法廷で、田舎のある
若者が自分の罪を告白した。彼は幾度となく狼男となって悪事を働き、とうとう子供をさ
らってその子供を食べたと証言した。彼の供述によると、彼は森の神の下僕で、その命令
に従ってやったのだそうだ。彼の言う森の神とは、黒馬にまたがった色の浅黒い背の高い
男で、全身黒ずくめの服を着ていたそうだ。

131 :、夜陰に乗じて、、、、:2008/07/15(火) 20:44:44 ID:hZ8hkara

モンタギュー・サマーズは、その著書『狼男』(1993年)の中でこの事件を取り上げ、このケース
やその他のMIBを、すべてキリスト教の教えで言う悪魔だと断定している。これは、おまも
なお一般に広く信じられているかいしゃくである。現代でさえ、UFOはそもそも磨製の
ものであり、したがって、MIBはサタンの手先に違いないと主張するUFOの理論研究家も
いるくらいだ。善と悪という対立する2つの勢力を前提とした宗教教義が、世界各地に存
在する。そこでは、光は善であり、闇は悪である。善の使いはおおむね金髪で白衣をまと
い、一方悪の使いは黒髪で黒衣をまとっている。この暗示的イメージは他のものに及んでいる。
すべての陰謀は夜陰に乗じて行われる。犯罪もまた然りだ。また、闇は冬を連想させ、そ
れゆえ死の連想と繋がる。世界のほとんどの地域で、死に関連する儀式や習俗は、黒とい
う色と結びついている。だから、MIBの特定の役割が何であれ、彼らは忌まわしい存在に
違いない。彼らは砂防を駆使し、ひそやかに行動する。彼らは真実ではなく偽りを生では
なく死を愛するのだ。

こうした明らかに象徴的な属性ゆえに、多くのUFO理論研究家は、MIBは肉体を持
つこの世の生き物ではなく、目撃者の想像の世界が映じた虚構であって、古くからの伝承
と現代的イメージが融合して形をとったものだと推論している。しかし、問題はそれほど簡単
なものではない。あまりにも多くの報告が、肉体を持つ何者かがこの現実の物質世界で活
動しているという証拠を示しているのだ。MIBとの遭遇事件を報告している人は、彼等
の素性についていくつかの仮説を立てている。中でも最も現実的な説は、MIBが政府機関の
人間だというものだ。時には空軍のような公然とした機関であり、また時にはCIAやFBI
のような密かに活動する組織である。特に一般のアメリカ人は、CIAのような諜報機関
が必ずしも公共の利益のために働いているとは信じていないようだ。そこから、UFOの
情報についての政府が大掛かりな隠ぺい工作を行っているという陰謀説が生まれ、さらに
そういう見方がMIBはこうした政府の策略の一環であり、彼等の唯一の目的は目撃者の口
を封じ、写真などの証拠を盗み取って、真実を押し隠すことらしい、という疑念をもたら
しているのである。

132 ::2008/07/15(火) 20:48:17 ID:hZ8hkara


 MIBの訪問を受けた人々が彼等の身元を問い合わせてみると、必ずといっていいほど彼
等が自ら名乗ったような人物でないことがわかる。こうしたことが、疑惑をますます強
めている。1970年にアメリカのUFO理論研究家トミー・キメリーは大真面目で、次のような論表
を書いている。

 謎のMIBと、彼等が名乗る論客やならず者や高度な訓練をつんだ諜報部員の一味は、複
雑なUFO現象の重大な一面であり、それゆえ、また別の大きく複雑な問題の一面となっ
ている。ご存知のとおり、現在、彼らによって完全なる支配のための政治、金融、宗教、
科学などのあらゆる団体に対する計画が進行中である。彼ら、MIBには、何世紀にもさか
のぼる長い歴史と背景があり、今日その活動は極めて活発化してきている。

 MIBについては、肌が浅黒いとか、英語が下手だということがよく言われている。その
反対に、あまりに正確すぎる英語で、まるで慣れない言語を話しているように以上に気を
配っている、なども言われる。また、ウェストバージニアのジャーナリスト、メアリー・イーアの報告には、その
奇妙なほうもん者は、彼女の手からボールペンを取り上げると、生まれてはじめてみるもの
のように、しげしげと見つめていた、という証言がある。また、UFO目撃者のラルフ・バトラー夫人は、
空軍少佐と名乗る男の訪問を受けた。この時夫人は、男がアメリカの食べ物にあまり
にも無知なことに驚いた。食べ方を教えてやらなければならなかったほどだ。どうやら彼
らは外国人のようだが、おもしろいことに、MIBをソ連人だと思った目撃者は一人もいな
いようだ。彼等の容姿の細かい特徴をとり上げてみると、いずれの場合も、漠然と東洋人
らしいという印象を受ける。釣りあがった目という特徴が多くの報告に見られる。無表情
な顔というのも、なぞめいたアジア人を連想させる。ときには、頭が完全に禿げ上がっていることもあるそうだ




133 ::2008/07/15(火) 20:50:33 ID:hZ8hkara




 このほうもん者が地球外のものらしいと公然と言い切る目撃者はあまりないが、そうほ
のめかしている場合が多い。ベンダーのところにやってきた3人のMIBは、明らかに異星人
である。その他のMIBが示す行動の特徴も、彼等が限られた時間内でしか機能できないと
いうことを暗示しているようだ。彼らは、少し時間がたつと、かえると言い出したり、薬
を飲んだり、水をくれといったりする。ときには急に体の力が抜けたような兆候を示すこ
ともある。

 可能性としてはもう一つ考えられる。MIBは肉体を持つ存在ではなく、かといって妄想
や幻覚でもなく、同時に中間にある何かなのだ。最近フランスで起きた事件を見ると、このケース
のMIBはどこか別の空間に存在していると考えられる。




134 :、誘拐と脅迫:2008/07/15(火) 20:52:45 ID:hZ8hkara

1979年12月、フランク・フォンティーヌという人物が誘拐されて7日間UFOに乗せられたと言う事
件があった。フランスの事件としては世界中の注目を集めた珍しいケースである。誘拐そのも
のがこのケースの中心事件だが、しかしこれはその後続く一連の事件の発端に過ぎなかった。
この事件のもう一人の関係者ジャン=ピエール・プレボは、MIBと対面したときの様子を、次のよ
うに語っている。「1979年12月の、7日金曜日から八日土曜日にかけて、おれとフランクとサロ
モンは、夜遅くまでずっと話をしていた。俺たちが寝たのは、朝5時から朝5時半くらいだ
ったな。7時ごろドアで呼び鈴が鳴ったんだ。サロモンとフランクには聞こえなかったらしい。それ
で、俺が応対に出ることにした。すると、いつのまにか目の前に3人の男が立っていたん
だ。その1人は普通の身長で、ほとんど黒に近い深緑色のスーツにあったベストを、スマートに着
こなしていた。顔には、紙の色と同じ黒い顎鬚と鼻髭をのばしていた。ざっと見た目には、
ぱりっとした感じだった。後の二人は、彼よりも大柄で、背も高くがっしりとした体つき
をしていたよ。

 このことは、警官にも話していないんだが、彼等がやってきたこと自体は知らせてある
けど、これ以上キチガイ扱いされるのは真っ平だからさ!顎鬚の男と一緒に北アの2人は、
現実にはいなかったんだ。きっと間違えない!やつらはぜんぜん見えなかったはずだ。う
まくいえないんだけど。やつらはじっと俺のほうに目をすえていた。だけど、その目はた
だの白いかたまりだったんだ。瞳がなかったんだよ。薄気味悪いやつらさ。

 顎鬚の男がおれにこう聞いた。君は例の3人の一人か、って。奴の言いたい事はすぐわ
かった。このおれがセルジー・ボントワーズ事件にかかわった3人のうちの一人かと聞いているわ
けだ。おれが、そうだ、と答えると、奴はこう続けた。『結構、では君の仲間にも伝えたま
え。君たちはもう喋りすぎた。災難というものはいつ起こるかわからないものだ。君たち
がこれ以上何か喋ったら、もっと重大な事態になるかもしれないよ、、、、』


135 ::2008/07/15(火) 20:54:10 ID:hZ8hkara



それだけ言うと奴らはいなくなった。でも、連中はエレベーターには乗らなかった。乗ったのな
らエレベーターの音が聞こえたはずだ。階段を下りていったのなら、なおさらだよ。あのドアは、
そりゃぁものすごい音を立てるんだから。おれは窓のほうへ行って、駐車場を見下ろした。
こいつは絶対保障するよ、一晩中、少なくとも午前5時過ぎまでは、俺たちの部屋の真下
にメタリック・グリーンのフォード・カプリが止めてあった。これは俺たち全員が知っている。見かけた
ことのない車だったよ。それで、とにかく下を見ると、さっきのフォードがあった。ちょうど
エンジンをかけてスタートするところだった。奴らは階段もエレベーターも使わずに一体どうや
って車のところに言ったんだろう。

 おれはフランクとサロモンを起こして、3人で警察へ行った。彼らには、例の薄気味悪い2人のお
おとこのことは詳しく話さなかった。警官はこういったよ。彼等が実際君たちに暴行や危
害を加えない限り、警官としては打つ手はない、そういうわけだからお引取り願おう、っ
てね。それでおしまいさ」




136 :、邪悪な勢力:2008/07/15(火) 20:55:38 ID:hZ8hkara

ジャンピ=エールが研究形に語った話によると、彼は例の3人をその後も何度か目撃したそうだ。
だいたいは、通りの反対側にいたとか、スーパーで見かけたという程度の話だった。しかし、
タバコを買おうとタバコ屋に入ったとき、彼はまたしても、彼から警告をぷけた。彼らは、
自分たちなったことは誰にも言うな、といって彼を脅迫した。さらに、これはジャン=ピエール
が催眠下で語った話だが、あの3人は地球外からやってきたのではなく地球内から来たも
ので、地球上に存在する何か邪悪な勢力の使いなのだそうだ。また、彼は、意味ありげに
こう付け加えた。顎鬚の男は実在したが、ならず者風の二人の大男は実在しなかった、と。

 こうしたケースは、その不合理であるゆえに厄介な問題である。しかし、これだけははっき
りしているようだ。MIBがやって来るのは、彼らと目撃者の間に何らかの霊的、あるいは
精神的接点があるようだ。これと同様に、彼等の訪問がどういう結果をもたらすかは、MIB
の側ではなく、目撃者の受け止め方のほうにかかっている。MIBの存在を額面どおりに受
け止めるなら、目撃者は神経が参ってしまうだろう。妄想症が悪化して、何処に言っても
誰かにつけられていると思い込み、奇妙な電話やポルターガイスト現象のような超常現象に悩ま
されることになるかもしれない。この現象は彼が生み出した幻影なのだ。彼が自分の体験
談を人に話すのをやめない限り、この現象もやむことはない。もし彼がUFO研究家なら、
研究を断念するしか、この現象から逃れるすべはないのだ。

 もしこれと反対に、彼等が敢然とこの問題に立ち向かうと、つまり研究の中止を拒否し
たり、あくまで自分の体験を話し続けたら、どうなるだろう。MIBは彼らをさいなむ力を
失うようだ。カーロス・デ・ロス・サントスは、テレビのインタヴーに行く途中、ならず者の一段に阻まれ
脅迫を受けた。この時彼は怖気づき、車をUターンさせて家に戻るとインタヴーを断った。しかし
友人に勇気付けられ、びくびくしてはだめだと説得された。2週間後、彼はインタヴーに応じた。
ところが、MIBからはその後何も言って来なかった!

MIB事件は、確かに慎重に研究してみるだけの価値がある。MIBの正体がまったくの
幻想にせよ、何がしかの現実性があるにせよ、彼らは、その哀れな被害者たちの心を左右
する大きな影響力を持っている。MIB事件について理解を深めれば、彼等の影響力がど
のような広がりを持っているかを知ることができるだろう。


137 :白からす黒ひつじ:2008/07/20(日) 17:43:07 ID:vpnMTswQ





http://etc7.2ch.net/test/read.cgi/esp/1204189526/l50 魔術と超能力







138 :,:2008/08/02(土) 11:15:19 ID:BSimLFFK
,

139 :,:2008/08/07(木) 07:30:43 ID:NZDMisTH
,

140 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/12(火) 04:08:12 ID:rwrgR0Ve
http://www.youv.jp/video/atpr00-id-mmn8848CG/
スプーン曲げ実験

141 :,:2008/08/17(日) 10:10:50 ID:V63VEJpj

何でもスレッド保管スレ [電波・お花畑]
世界史に記されている超常現象 [世界史]
|←ガレ場|└|∵|┐三 林道4 三┌|∵|┘|藪コギ→| [バイク]
正攻法で立ち上げる現代の正規の精神医療スレッド [メンヘルサロン]
ほんまかいな !?  事実検証スレッド  [噂話]


142 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/21(木) 06:25:22 ID:KPqqoneS
☆★☆★★☆ラッキーレス☆★★☆★☆

    ⊂⊃   .☆.。.:*・゜
(\ ∧_∧ /
(ヾ ( ´∀`)/ このレスに出会ったあなたは超ラッキー。
''//( つ ☆ つ http://hobby11.2ch.net/test/read.cgi/occult/1217329207/l50 に
(/(/___|″  >>1はSINE とカキコしてごらん。
   し′し′  近々幸運が舞い込んでくることでしょう。

☆★☆★★☆ラッキーレス☆★★☆★☆

143 :,:2008/08/27(水) 01:29:08 ID:zbLWqPMd
,

144 :,ミジンコ ↓解らない人は読み飛ばすように:2008/08/28(木) 10:57:44 ID:PNv81d1w
>> http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/whis/1157202981/340の話を進めてみると、

UFOの情報が提供された時に、
それが誤解によって生じた混乱による誤った情報である場合、
初めから何らかの目的のために捏造された悪質な意図により作成された偽造の証拠の情報の場合、
本物の事実が損傷無く伝わった性質の情報であるが、人間の知力の現状では理解し難い情報の場合、
本物の事実が損傷無く伝わった性質の情報であるが、人間の知力の現状では理解し難い情報に対し、
政治的事情の類等の背景による影響によって、歪曲されたり、隠蔽されたりして、実態の掴めない
曖昧な情報、
等、様々なケースがあるが、大まかに分類すると、

混乱による曖昧なケースの病的カテゴリーのものと、
隠蔽や歪曲や捏造などのペテンや操作を目的とした物によるケースの犯罪的カテゴリーなものと、
本物の事実が損傷無く伝わった性質の情報であるが、人間の知力の現状では理解し難い情報
であるがそれなりの範囲での仕方で人それぞれのある範囲における結論に至る事の可能な事実報告のカテゴリー
の分類が為される事になる。
このとき、それらの情報に対し、http://changi.2ch.net/test/read.cgi/uwasa/1178845673/647 に見られる
               (ウィリアム・バッティのペテンの処世術の系譜)
ペテンの処世術が適応される事が起こりうると言えるだろう。

このようにして、様々な事態のバリエーションが生まれる事が明らかになる。(恐らく、50通りくらいは分類される事になるはず)

人それぞれが、それぞれの見解に解れるようになっていて、それ自体が異なる世界観に生きている事の証明にも
         (↑互いに意思疎通や伝達の成立しにくい意味での)
なっている事がここから明らかになる(つまり、相対的という扱いの話であるが、量子論的確率の世界認識の扱いも含まれる)

このことによって、いかに異なったそれぞれの運命の人間が、一つの現実においてぶつかり合うようになっているかの、

必然と偶然のカラクリも見渡す事が可能となり明らかになってくる。(平行世界論)

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9B%B8%E5%AF%BE%E8%AB%96 相対論
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%8F%E5%AD%90%E5%8A%9B%E5%AD%A6 量子論
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8D%E7%A2%BA%E5%AE%9A%E6%80%A7%E5%8E%9F%E7%90%86 不確定性原理
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%A9%E3%83%AC%E3%83%AB%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89 平行世界(パラレルワールド)

それらの、話のやり取りなどの問題は、支配圏と言う扱いの問題と言う話しにも繋がりますよね、、、。

145 :,:2008/09/06(土) 21:46:33 ID:SVOr6CfO



















,


146 :,アブダクション:2008/09/06(土) 21:47:45 ID:SVOr6CfO
ではわれわれに及ぼす影響とはどんなものだろうか?ジョン・マックは「(アブダクティーの)体験と
総意の現実(コンセンサス・リアリティ)のあいだの不整合」について語り、こう付け加えている。「私
の信じるところでは、理屈をつけるどころか、何が現実で何が可能かという既存の枠組み
の中では納得のいく説明をつける方法はまったくない」(「その現実」<ノエティック・サイエンス・レヴ
ュー>1992年秋季号)。

言いかえれば、こうした現象で重要なのが人類に対する影響であれば、その目的は、総意
の無条件に受容している我々の条件反射を除去することではないだろうか。

多くの場合、この条件反射による当事者の影響は心の痛手だが、同時に刺激的でもある。
その典型的な例がジョンとスー・ディ夫妻のケースだ。1974年10月27日、夫妻はスーの両親の家を
出て、テレビで演劇番組を見ようと車で45分のエセックス州エイヴリーの自宅へむかった。後部座席
には11歳、10歳、7歳の3人の子供たちが乗っていた。最初に楕円形の青い発光体が頭上
を飛んでいるのを見つけたのは10歳の子だった。一同は飛行機だろうと思った。やがてあ
たりが妙に静かになり、前方に広がる緑の霧の中へ入るとカーラジオから雑音がして煙が出始
めたため、ジョンが配線を引き抜いた。するとエンジンがくんと止まった。かと思うと一瞬後に
はまた車を走らせていたが、なぜかジョンは一瞬スーがいなくなったような気がした。「みんな
大丈夫か?」と言ったものの、気がつくと隣にスーが座っていた。

自宅へ戻ると、テレビには何も映らず、時計を見ると午前一時近くだった。2時間以上もの時
間が消えてしまっていたのだ。

この奇妙な体験を境に、ディ家の人々の性格に変化が起こる。ジョンは以前より自身に満ち、
創造的になり、「人生についての詩」などをものするようになった。スーもまた前より自信が
ついた。10歳の子供は読み書きが他の子より遅れ気味だったのだが、出し抜けに進歩を見
せた。一家は菜食主義になり、飲酒はほとんどしなくなってしまった。またヘビースモーカーだっ
たジョンは禁煙してしまう。

やがて家の中でポルターガイスト現象が起きはじめた。裏のドアが乱暴に開き、壁にばたんとあた
る。物品が消え、数日後に現れる。ラベンダーの説明のつかない匂いがする。この奇怪な試練
のせいでジョンはとうとう神経衰弱になり、仕事をやめる羽目になった。


147 :,:2008/09/06(土) 21:51:13 ID:SVOr6CfO
ラジオのUFO番組を聴いたジョンの連絡を受け、UFO研究家のアンディ・コリンズがエイヴリーの家
を訪れ、やはrち、ポルターガイスト現象に遭遇した。コリンズの紹介でレナード・ワイルダーという催眠
術師にかかったジョンは、何が起きたかを思い出し始めた。最初は催眠術にかかるのを嫌が
っていたスーザンも、ひとりでに思い出し始めると、催眠術を受けるようになった。

ジョンは車が白い光に包まれ、上昇していく感じがしたのを思い出した。そこで気を失った
らしく、気がつくと格納庫を見下ろすバルコニーに立っていた。自分の車は白であるにもかか
わらず、眼下の青い車が自分のものだと分かった。前の座席では2人の人間が眠っており、
後部座席にはもっと人がいるらしかった。スーはジョンの隣に立っていたのをおぼえているが、
したの車の横にもジョンと10歳の子どもが立っているのを見た。ただし、そのとき二人は自
分の横にも立っていたという(ジョン・スペンサーは、これはそのときデイ一家が体外離脱体験
をしていたことを示しているようだと言っている)。

ジョンは検査室へつれていかれ、そこで意識を失う。目が覚めると台に載せられており、何
かの装置でスキャンされていた。背の高い3体の生物が見守っており、いっしょにいた2体の
小柄な生物はひどく醜く、大きな耳とくちばしのような鼻、3角の目をした伝説のゴブリン
のような相貌だった。この2体はペンのような器具でジョンを検査していた。

背の高いほうは銀色のつなぎ服をしており、テレパシーで交信しあっているように思われたと
いう。検査が終わると彼らは、ジョンを連れて乗り物のほかの部分を案内してまわり、レクリエー
ション区画や操縦室まで見せてくれた。操縦室では太陽系の画像を見せられ(これはフラッシュバッ
ク的な見せ方だった)、環境汚染で死滅した惑星のホログラム画像も見せられた。最後に別の部
屋で独りになると、驚いたことに息をのむほどに美しい女性が入ってきて、やがて出て行
った。ここでジョンは、自分が車に戻っているのに気付いた。

148 :,:2008/09/06(土) 21:53:54 ID:SVOr6CfO
スーは検査室に連れて行かれ、台に縛り付けられるのを覚えていた。そこで藤色の液体を塗
られ、身体検査をされた。気がつくとガウンを着ていたが、きがえをした記憶は無かった。
身体検査が陰部付近に及んだので悲鳴をあげた。だが、背の高い生物の一体が手を額に置
くと、ふっと気を失ってしまった。

あとでスーも船内を案内され、スクリーン上の画像を見せられたが、その宇宙から見た画像や自
分の住んでいる場所の画像もあった。

スーはこの時点で、自分たちを誘拐した生物に帰りたくないといい、生物たちはいてもいい
と同意したようだ。しかしジョンが車に入り、車が消え始めるのを見るときが変わり、やは
り、帰りたいと頼んだ。するとスーは車の中に戻っていた。これでジョンが一瞬スーが消えたよ
うな気がしたのに、気がつくと隣にスーがいたことの説明になるかもしれない。

デイ夫妻と話した人々はみな、そのきわめて前向きで誠実な人柄に打たれる。ここでおぼえ
ておいていただきたいが、アブダクティーはほかのアブダクション体験談に感化されているのだとい
う、良くある非難はここに当てはまらない。この事件がおきたのは1974年(夫婦が公
表したのは1977年だが)で、この年のアブダクション報告は、イギリスではこのケースだけなのだ
(アメリカでさえ少なかった)。

こ0のケースからは多くの重要な情報が得られる。まず最初に、エイリアンには危害を加えようと
いう意図が明らかになった。不快な身体検査以外エイリアンたちは友好的だったと思われ、デイ
一家を知的生物として扱っている。この体験の影響として夫婦は以前より自信をつけ、自
分たちの健康とこの惑星の健全性により関心を持つようになった。ジョンの神経衰弱は明ら
かに鮮明な夢とポルターガイスト現象が原因だ(ポルターガイストが原因で精神的に参ってしまう例は
これだけではない)。しかしのちにジョンは、より芸術的活動にかかわる仕事に就いた。10
歳の子供は成績が上がったし、一番下の子供は、大人になったら大きな宇宙船を建造して、
何千という人々を地球の外へ連れて行きたいといっている。

大まかに言ってこのケースは、アブダクション体験は「意識の扉を開く」というジョン・マックの見方を
裏付けているようだ。マックはまた、自らのアブダクティー研究ではたくさんの証拠が「宇宙は意
味と知性の真空どころか、、、、普遍的な知性に満ちており、、、その知性には人類も参加でき
るのだ」という自説を裏付けていると述べている。

149 :,:2008/09/06(土) 22:02:25 ID:SVOr6CfO
だが、ポルターガイスト現象が起きたのはなぜか? 最も可能性の高い説明はこうである。ポルター
ガイスト現象はエイリアンとは無関係だが、アブダクション体験でデイ一家が何らかの形で開かれたため
に人間と他の領域の現実(たとえばモンローのローカルU)とのあいだの境界が弱まり、攻撃を受
けやすくなったのではないだろうか。ここでもまた、本書で何度と無く指摘してきたUF
O現象と超常現象領域との関連性が注目される。

私にとって最も興味深かったのは、本書執筆のために調査する過程で浮かび上がってきた、
UFO体験と拡張された(あるいは深められた)意識状態との関連性だ。たとえばジャック・
ヴァレの紹介している事例である。この女性はオックスフォードへ向かう途中にUFOを目撃して以
来、「自然と現実への新規な洞察」を体験し、「不可知論者から霊知論者へ」と宗旨がえし
てしまったという(その後、ジョンとスー夫妻の場合のように超自然的体験をすることになる)。
わたしはこれまでずっと、人間の意識の奇妙な限定的性質に心を奪われてきたが、処女作
「アウトサイダー」ではこれを自己流で原罪と名づけた。後に書いたグルジェフについての本で
は、もっと正確を期して「人間は腕時計のゼンマイで動くグランドファーザー・クロックのようなものだ」
と述べた。人間お意識は、時たまひらめく洞察を有効活用するには貧弱すぎるのだ。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9D%E3%83%AB%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%82%AC%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%83%88%E7%8F%BE%E8%B1%A1ポルターガイスト
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%82%AC%E7%9C%A0%E8%A1%93催眠術
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%86%E3%83%AC%E3%83%91%E3%82%B7%E3%83%BCテレパシー
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%AA%E7%A2%BA%E8%AA%8D%E9%A3%9B%E8%A1%8C%E7%89%A9%E4%BD%93#.E3.82.A2.E3.83.96.E3.83.80.E3.82.AF.E3.82.B7.E3.83.A7.E3.83.B3アブダクション

150 :,:2008/09/07(日) 09:43:56 ID:XpprmbZ5


















,


151 :,:2008/09/07(日) 09:44:56 ID:XpprmbZ5


このような洞察がどんなものかを表現した作家がいる。東洋神秘主義を学ぶポール・ロバーツは、
<ホワイ>誌1997年秋季号に寄せた「コンタクト成立」と題するUFO体験談でこう書いてい
るン。ロバーツは1969年、コーンウォールで2人の友人と共にUFOを目撃した。巨大な円盤は電
気的な強い回転音を発し(まったく音を立てないという多くのUFOとは異なる)、20分
間も微動だにせず、ただ色を変化させながら滞空していた。やがて7、8個の小さな円盤
がどこからともなく表れ、この巨大円盤と合体したが、大きな円盤に開口部は見えなかっ
た。円盤はゆるいジグザグな飛行コースをとって大西洋上へ出ると、スピードを上げて天高く飛
び去った。友人の一人である数学者の考えでは、時速2万マイル以上は出ていた。


3人とも、変人と思われるのがいやで通報せず、「冷静に対処」した。

2ヵ月後、月夜の晩にロバーツが今度は友人一人と海辺に行ったときのことだ。2人は警官に、
この近辺では「事件が起きているン」と警告された。

警官が去ると、背後で声が聞こえ、つづいて大きなブーンという音がして浜辺の地面が振動
した。空には何も見えなかった。するとだしぬけに「まるで巨大なフラッシュをたいたように」
あたりが明るくなった。二人がパニックに陥る暇も無く、背後の声が「君たちに危険は無い」
という意味のことを告げた。それから、2体の輝く生き物が物陰から表れた。ロバーツの連れ
はのちに、「翼の無い天使」のようだったと描写している。その後ろにもっといることにロバ
ーツは気付いた。やがて巨大な卵形の光が降下してきて、ふと気がつくと2人はその内部に
いた。液体のように流れる光に囲まれ、2人は寒気を感じた。2人ともそこで夢を見てい
るような感覚に襲われ、テレパシーによるコンタクトを感じた。


152 :,:2008/09/07(日) 09:46:10 ID:XpprmbZ5
ロバーツはこうかいている。

この話をするのは気が重いといわざるをえない。というのも、どの第3種接近遭遇にもつ
きもののことらしいからだ。しかし、われわれの聞いた話の大部分は、地球人が賢明にな
らないかぎりのこの惑星の未来は暗い、という悲観的な警告だった。2人とも30年たっ
てようやく理解できたのだが、多少の違いといえば、地球を破壊する元凶は人間の行為ば
かりか、人間の現在の特性にもあるといわれたことだ。我々が個々のまとまりと考えてい
る存在(人、植物相、動物相、惑星)は、じつは単一の存在だという。古代世界で信じら
れていたように、たとえばシェークスピアなど明らかにそうだが、地震や天変地異は人間界の出
来事と相関関係にあり、前兆であると同時に宇宙規模の非道に対する反応でもあるという
のだ。

だがいいニュースもあった。現状のままでいる必要は無いのだ。この惑星の行く末は、人の運
命と同じく変えられる。ただし、我々自身が自己変革を遂げればの話だが。そして私たち
2人には、時いたればその方法が示されるといわれたが、どうやら人類全員になんらかの
形で示されるものらしい。

その後、頭上をあがっていく卵形の光が見えた。ふたたび振動音がして、光は45度の角
度で尾を引きながら宵闇に消えていった。

2人は無言のまま何時間もへたり込んでいた、とロバーツは言う。やがて友人のほうが口を開
いた。「これで1から10まで事情が変わったようだな」。自分たちの学会での立場を守る
ために、二人はこの体験を誰にも話すまいと誓った。ロバーツは、この生地を執筆するに当た
って事前に友人の許可を取らねばならなかったと記している。


153 :,:2008/09/07(日) 09:47:55 ID:XpprmbZ5



















,



154 :,サイババ:2008/09/07(日) 09:49:28 ID:XpprmbZ5
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%A4%E3%83%BB%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%BB%E3%83%90%E3%83%90サイババ
話はこれで終わりではない。1975年、ロバーツがインドで奇跡の人サイババと出席したときの
ことだ。サイババは物品を空中から取り出したり、病人を治したりするので有名だった。ロバ
ーツが核物理学者のS・K・バガヴァンタムと宇宙旅行について議論していたところへサイババがや
ってきて、何を話し込んでいるのかとたずねた。ロバーツはサイババに、UFOやほかの惑星上
の生命について質問した。サイババはそれに応えて、目を閉じてみなさいと言った。言われ
たとおりにすると、サイババの親指が額に押し付けられるのをロバーツは感じた。

すぐさま脳裏に、身震いするほど美しい光景が広がった。自らの発する渦状の球の中の球、
そのなかの宝石世界が次から次へと見えた。私はそのすべてに同時に存在し、無数の世界
のそれぞれ独特の芳香、感触、音、風景をすべてはっきりと認識していた。私はあらゆる
世界のすべての住人であり、同時にその誰一人として私ではなかった。夢と同じく万物は
私から発し、しまも私とは無関係に存在して、はかなくも欠くべからざる吸気吸気のよう
に私の内外を流れめぐっている。さらにそこに真の果ては無く、純粋に喜びで形づくられ
たかにおもえる無限の生命に不可能は存在しない。この宇宙の存在は文字通りの永遠であ
り、無限の世界に終わりは無く、、、、

サイババは二人に言った。「外宇宙、そして内宇宙。内宇宙こそ唯一無二、真の宇宙なのだ」

UFOはわれわれの誠心内部から来ているのか、とロバーツは聞いた。「精神ではない。心だ。
心とは神の精神、そうだろう?宇宙人は心から来るのだ。神の心から。目を閉じ、鼻、口、
耳を塞ぎなさい。世界はあるかな?匂いも味も手触りも無く、目も見えず、耳も聞こえな
い。そうだね?世界は消えてしまった。それでもあなたは消えていない。どうかな、お二
方。まこと万物はあなたによってあるのだ。ところが今あなたは、この宇宙の壮観をつく
りたもうたのは神だと考えておいでだ」


155 :,:2008/09/07(日) 09:52:27 ID:XpprmbZ5

サイババが立ち去ると、ロバーツとバガヴァンダムは嵐のごとき理解を体感した。「UFOはたしか
に実在する。ただし、その乗員はわれわれのような血肉をそなえた存在ではない。確率が
どうあろうと、われわれはユニークなのだ。宇宙のどこにもわれわれのような生命形態はない。
私が友人と目の当たりにした生物は思考と光からできていた。彼らは概念、真の概念なの
だ。そして彼らが過去に、そして現在も携えてきているのは、超高密度に圧縮された真実
なのだ」

これでは何から何までジョン・スペンサーやジャック・ヴァレの研究したUFO現象とはまるで噛み合
わないように思われるかもしれない。だが興味深い共通点もある。スチュアート・ホルロイドの「地
球上陸への序曲」に登場するトムはフィリス・シュレマーを介して、地球は宇宙の事象に
おいて特に重要な意味を持っているが、現在のところ、その地球が隘路となって他の惑星
の進化を遂げていると説明していた。

「万物はあなたによってある」というサイババの言葉は、どこか妙にコペンハーゲン解釈による宇
宙観のように聞こえる。天文学者のデヴィッド・ダーリングの意見はこうだ。「それは有力な補
強証拠になる、、、何が現実かを確率するうえで、意識は決定的な役割を果たしているのだ。
われわれの五感に届いた時点では、どんな情報もせいぜいが実体のない混沌としたエネルギー
でしかない。視覚、聴覚などどれをとっても、われわれが物理的世界に向けて投影する情
報ほど首尾一貫した状態ではない。我々が知っている宇宙は、完全に脳の中で構築され、
体験されているのであり、精神によって構築されるまで、現実は舞台の袖でまっていなく
てはならないのだ」(D・ダーリング著「永遠の方程式」103ページ)。


156 :ハチ公:2008/09/08(月) 05:53:21 ID:U0RtCct3
自分の中で
ポルターガイスト現象にあっていた時代って

UFOに頻繁に遭遇時代とかぶってますね。

低い世界からの干渉に
振り回されたガキの頃です。

151 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)