5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

15世紀の驍将畠山義就を語ってくれないか?

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/22(土) 11:29:21
もっと語られてもいいはず。オレはよく知らないけれど。

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/22(土) 11:39:27
行商かどうかは知らないが、この時代の典型的な不精ではあるなw

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/22(土) 11:57:36
呂布みたいだよな。

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/22(土) 21:36:31










終了

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/24(月) 09:36:23
1437(永享9)年、管領畠山持国の子として誕生。
1448年、家督後継者となる。

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/24(月) 14:06:00
しかし、義就の相続に対して被官の神保氏らが反対し、畠山持富の子弥三郎を担ぎ上げ抵抗した。
持富は義就の父持国の弟で養子となっていて畠山氏の家督を継ぐはずであったが、持国に実子義就が誕生し後継者の座から外されていたのである。

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/24(月) 14:29:00
>>5,6訂正

1437(永享9)年、管領畠山持国の子として誕生。
1448年、持国の弟で養子の持富が家督後継者の座から外され、代わりに家督後継者に任じられる。
しかし、義就の相続に対して被官の神保氏らが頑強に反対したため、持国は持富の子弥三郎を養子とし後継者とした。

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/25(火) 10:11:38
1454年、義就一派は一旦は弥三郎を放逐するが、9月、細川氏や筒井氏の支援を受けた弥三郎の逆襲を受け今度は義就が伊賀に落ち延びることになった。
しかし12月、義就は河内から上洛すると再び弥三郎を追い、翌1455年、父持国が死ぬと3月、義就は家督を継いだ。


9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/26(水) 12:21:17
1459年、弥三郎が病死すると反対勢力は弥三郎の弟畠山政長を擁立しさらに抵抗、1460年9月、義就は河内へ追い払われ、政長が家督を継承することとなった。
さらに朝敵として討伐の綸旨が下され、義就は嶽山城に篭城し討伐軍を迎え撃った。
しかし1463年、嶽山城はついに落城し義就は吉野へ逃れた。

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/28(金) 10:26:14
家督争いに他家の介入を招きすぎだろ……

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/30(日) 11:57:51
1466年12月、政長を支持する細川勝元と対抗する山名宗全の支持を取り付けた義就は赦免を受け河内より上洛すると政長を追い落とす。
1467年、御霊合戦。政長と上御霊神社において激突しこれを撃ち破った。

>>10
だねえ。

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/31(月) 15:50:17
将軍義政の動きも抜き出さんといかんのではないかね?

13 :中野区民憲章@vip ◆ORWyV99u2Y :2008/04/01(火) 23:36:55
このスレタイが目に入った。感動のあまりモニターが曇ったわ

義就といえば日本史上初の水攻め

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/03(木) 11:15:36
1467年、応仁の乱勃発。義就は西軍側としてなおも政長と争う。
1473年、山名宗全、細川勝元相次いで死去すると八代将軍義政は義尚に将軍職を譲り隠居。
1474年、宗全の子政豊と勝元の子元の間に和議が成立し、応仁の乱は一応終結を見ることになる。

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/03(木) 18:55:03
家督争いのゴタゴタが御霊合戦に行きつき、それが応仁の乱の引き金の一つとなる。
応仁の乱後も朝敵とされながらも河内に勢力を築き、その跡を継いだ基家を討伐するため幕府軍が攻め寄せてくるが、その隙に明応の政変がおこり戦国時代の幕が開く。
どんだけ〜って感じだなw

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/03(木) 22:07:22
>>11
> 1467年、御霊合戦。政長と上御霊神社において激突しこれを撃ち破った。

これ、勝元は政長を支援しなかったけど宗全は義就の支援をしたんだっけ?

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/05(土) 09:48:57
応仁の乱は宗全の子政豊と勝元の子政元の間に和睦が成立した後もなおも惰性的に小競り合いが続き、1477年9月、義就は河内へ攻めこみ政長を支持する遊佐氏を追い制圧する。
1477年12月、西軍の主力であった大内氏が国元へ撤収すると西軍は事実上の解散となり、ここに10年にわたった応仁の乱は終結した。

>>16
そうみたい。
正直、泥縄式にネットでぐぐったり図書館で確認したりしてるんで結構誤認が多そうだ……

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/01(木) 21:45:35
義就って宗全にその剛勇を愛されてたらしいけど、なんかそういった逸話があるのかな?
それとも普段から強情な性格だったからそう思われていたのかな?

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/01(木) 21:58:24
上は剛勇を示す逸話があるのか?ってことね。

5 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)